JAFカードの審査難易度は?年会費・特典・口コミ・メリットなど解説

JAFカードはJAFの会員証とクレジットカード機能が一体となったカードで、AFの会員やこれからJAF会員になろうと思っている方であれば、検討して損はないクレジットカードといえます。

JAFカードの提携先は4社あり、全部で6種類のJAFカードから選べます。

JAFカードは1人につき1枚しか持つことができないので、自分に合った1枚を選ぶことが大切です。

ここでは、JAFカードの審査難易度や、種類、年会費、特典、ポイント、JAFカードの口コミ、発行するメリット・デメリット、解約(退会)方法などを詳しく解説していきます。


もくじ

JAFカードの種類と年会費

JAFカードはJAFカードは「JAF・JCBカード」「JAF・三井住友カード」「JAF・UCカード」「JAF・セゾンカード」「JAF・UCゴールドカード」「JAFセゾンカード・アメリカン・エキスプレス・カード」と、6種類あり、共通することとしては、JAFの会員証とクレジットカードが一体になっているということです。

つまり、JAFの会員でなければ(新規に会員にならなければ)JAFカードを持つことができません。また、どのJAFカードであっても、JAFのロードサービスやJAFの会員特典が利用できるようになっています。

6種類のJAFカードの年会費

JAFカードの種類 年会費
JAF・JCBカード 無料※1
JAF・三井住友カード 初年度年会費無料、翌年から1,250円(税抜)、ただ前年1回以上の利用があれば翌年度も無料。※1
JAF・UCカード 無料※1
JAF・セゾンカード 無料※1
JAF・UCゴールドカード 10,000円(税抜)※JAF年会費(4,000円)を含む
JAFセゾンカード・アメリカン・エキスプレス・カード 3,000円(税抜)※1

※1.JAF年会費(4,000円)は別途必要。

年会費の有無や、JAFカードごとの特典はそれぞれ異なります。

年会費無料で、シンプルな機能のJAFカードもあれば、年会費を払ってより多くの特典がつくJAFカードもあります。

ただし、クレジットカードとは別で、JAFの個人会員に必要な年会費4,000円と、新規で入会する方は入会金が必要です。

入会金は通常2,000円ですが、クレジットカードで支払うことで1,500円になります。JAFへの入会とJAFカードへの申込みを同時におこなえば、入会金を1,500円にすることが可能です。

JAF・JCBカード

年会費 無料
付帯カード ETCカード
電子マネー QUICPayとApple Payが設定可能
ポイント Oki Dokiポイント
締日・支払日 締日は毎月15日で、支払日は翌月の10日
支払い方法 一括払い、分割払い、リボ払い、ショッピングスキップ払い
付帯保険 ショッピング保険

 

JAFとJCBが提携して発行しているJAFカードです。JAF・JCBカードは、シンプルなクレジットカード機能で、JAFカードのなかで最もスタンダードなタイプです。

JAF・JCBカードの付帯カード

JAF・JCBカードは「ETCカード」を発行することができ、発行手数料は無料です。JAF・JCBカードでは、家族カードを発行することはできません。

JAF・JCBカードの年会費

JAF・JCBカードは、本人会員カード、ETCカード、いずれも年会費は無料となっています。ただし、さきほどもふれたように、まだJAFの個人会員でない方は入会金として1,500円が必要です。

また、JAF・JCBカード自体の年会費は必要ありませんが、JAF個人会員の年会費として4,000円が必要になります。JAFへの入会金や継続年会費がかかる、ということは以降で紹介するカードでも同じです。

JAF・JCBカードの特典

JAF会員の年会費をOki Dokiポイントで支払うことができるほか、e-JAFショップを5%割引で利用することができます。

JAF・JCBカードで貯まるポイント・還元率

JAF・JCBカードでは、Oki Dokiポイントが貯めることができ、毎月の合計利用金額1,000円ごとに1ポイントが貯まります。

交換する方法にもよりますが、通常ですと1ポイントは4円~6円くらいの価値がありますので還元率は0.4%~0.6%くらいです。

Oki Dokiポイント400ポイントを4,000円のJAF年会費に充てたときは、1ポイントの価値が10円相当になり、還元率は1%となります。

JAF・JCBカードのキャッシング枠

JAF・JCBカードのキャッシングの利用方法は、インターネット、電話、CDやATMでの借り入れとなっています。

インターネットを使った申込みでも、最短で当日に振り込んでもらうことができ、利率は実質年利で15.00~18.00%です。

JAF・JCBカードのキャッシング枠の返済方法は、リボ払いまたは1回払いから選ぶことができます。

JAF・JCBカードの支払い方法

JAF・JCBカードには、次のような支払い方法があり、3回以上の分割払いやリボ払いには手数料が必要です。

・一括払い
・2回払い
・ボーナス一括払い
・分割払い(3回以上)
・リボ払い
・ショッピングスキップ払い

自動でリボ払いにするサービスの利用やリボ専用カードを追加することも可能です。

一括払いで払ったものをあとからリボ払いに変更したり、海外利用分だけリボ払いにすることもできます。JAF・JCBカードのリボ払いの手数料は、実質年率8.04~18.00%です。

JAF・JCBカードのショッピングスキップ払いは、一括払いの支払い月を、あとから指定した月(最長6ヵ月先まで)に変更することができる支払い方法で、利用金額と手数料の合計を指定月に一括で支払います。

付帯保険

JAF・JCBカードには旅行保険は付帯していませんが、ショッピング保険が付帯しています。ただし、対象となるのは海外で買いものをしたぶんだけで、補償金額は100万円です。

JAF・JCBカードはどんな人におすすめ?

クレジットカードの機能としては、ショッピングの利用ができればよく、付帯保険や特典にあまりこだわりのない方向けです。

クレジットカードの年会費は支払いたくないという方で、家族カードが必要ない方に、JAF・JCBカードはおすすめできます。

JAF・三井住友カード

年会費 初年度無料、翌年から1,250円(税抜)、ただし前年に1回でも利用すると翌年も年会費無料
付帯カード ETCカード、iDカード
電子マネー iD、Apple Pay、Google Pay
ポイント ワールドプレゼントポイント
支払い方法 一括払い、分割払い、ボーナス一括払い、リボ払い、マイ・ペイすリボ
締日・支払日 締日は毎月15日で、支払日は翌月の10日
付帯保険 お買物安心保険

 

JAFと三井住友カードが提携して発行しているJAFカードで、国際ブランドはVISAかMastercardのどちらかを選ぶことができます。

JAF・三井住友カードの付帯カード

JAF・三井住友カードの付帯カードは次のとおりで、家族カードの発行は不可となっています。

・ETCカード
・iDカード

電子マネーのiDカードを発行してもらうには別途申し込みが必要で、JAF・三井住友カードに一体型のiDを搭載することも可能です。

JAF・三井住友カードの年会費

JAF・三井住友カード自体の年会費は初年度無料で、翌年度からは1,250円(税抜)の年会費がかかりますが、年に1度でもショッピング利用があれば翌年度も年会費無料で利用できます。

ETCカードの初年度は年会費無料ですが、翌年度から税込み550円の年会費が必要になります。ただし、1年間で1回でもETCの利用があればETCの年会費は無料になります。

JAF・三井住友カードの特典

JAF・三井住友カードの利用でたまったポイントをJAFの継続年会費に充てることができます。

JAF・三井住友カードで貯まるポイント・還元率

JAF・三井住友カードでは、ワールドプレゼントポイントが貯まります。1,000円につき1ポイントが貯まり、さまざまな景品と交換することもできます。

また、400ポイントをJAF年会費に充当することもでき、JAF年会費にポイントを充当した場合の還元率は1%です。

JAF・三井住友カードの支払い方法

JAF・三井住友カードの支払い方法は次のとおりで、分割払いとリボ払いには手数料が必要です。

・1回払い
・2回払い
・ボーナス一括払い
・分割払い(3回以上)
・リボ払い
・マイ・ペイすリボ

「マイ・ペイすリボ」は、お店で一括払いを指定しても自動的にリボ払いに変更されるサービスです。

マイ・ペイすリボに登録して、リボ払いがあった月にはポイントが2倍になるなどの特典がありますが、リボ払いでは手数料が取られることにも注意してください。 

JAF・三井住友カードのキャッシング枠

JAF・三井住友カードのキャッシング枠を使って、0~50万円の範囲で借りることができます。

JAF・三井住友カードの場合、キャッシング枠が未設定でも、インターネットからキャッシング枠の設定や増額を申し込めば最短で当日にキャッシング利用が可能です。

JAF・三井住友カードのキャッシング枠の利用方法は、インターネット、電話、ATMやCDで引き出す方法があり、インターネットでキャッシング申し込みをした場合は、最短即時振り込みとなっています。

JAF・三井住友カードのキャッシング枠の年利は18.0%で、返済方法はリボ払いのみとなっており、余裕があるときにはATMで繰り上げ返済をすることも可能です。
 

JAF・三井住友カードの付帯保険

JAF・三井住友カードには、年間100万円までのお買物安心保険が付帯しています。ただし、海外での利用および国内でのリボ払いまたは分割払い(3回以上)の利用で購入した商品のみが対象となります。JAF・三井住友カードには旅行保険などは付帯していません。

JAF・三井住友カードはどんな人におすすめ?

JAF・三井住友カードは、ショッピングやETCは、年に1度でも利用しないと年会費がかかってしまうので、クレジットカード(ETCカード)として必ず年に1度は使うという方におすすめです。

また、JAF・三井住友カードには、電子マネーiDがクレジットカードに搭載できるので、iDを使う予定のある方に向いているカードといえます。

JAF・UCカード/JAF・UCゴールドカード

年会費 JAF・UCカードは無料(JAF年会費は別途かかる)、JAF・UCゴールドカードは税抜10,000円(JAF年会費含む)
付帯カード ETCカード
電子マネー Apple Pay、paypay、モバイルSuica、Amazon Pay、Google Pay、QUICPay、iD(OSによって使えるものと使えないものがあります)
ポイント 永久不滅ポイント
支払い方法 一括払い、分割払い、ボーナス一括払い、リボ払い
締日・支払日 締日は毎月10日で、支払日は翌月の5日
付帯保険 JAF・UCカードはなし、JAF・UCゴールドカードには海外旅行保険、ショッピング補償保険が付帯

 

UCカードが発行するクレジットカードで、JAF・UCカードとJAF・UCゴールドカードの2種類があり、国際ブランドは、VISAかMastercardから選ぶことができます。

UCカードは、セゾンカードと提携しているので、セゾンカードと特典が同じところもあります。

JAF・UCカード/JAF・UCゴールドカードの付帯カード

JAF・UCカードでは、ETCカードのみ発行可能で、家族カードの発行はできません。

JAF・UCカード/JAF・UCゴールドカードの年会費

JAF・UCカードのクレジットカード自体の年会費は永年無料で、ETCカードは年会費も発行手数料も無料です。

JAF・UCゴールドカードの場合は、カードの年会費として税抜10,000円が必要で、ゴールドカードの場合、この年会費の中にJAFの継続年会費が含まれています。

JAF・UCカード/JAF・UCゴールドカードの特典

JAF・UCカードとJAF・UCカードゴールドでは、全国の昭和シェルでガソリンの給油代のほか、洗車代、灯油代も2%OFFで利用できます。

また、セゾンポイントモールを経由してネットショッピングをすることで、永久不滅ポイントが最大30倍付与される特典も利用できます。

JAF・UCゴールドカードの場合、ゴールドカード特典としてJAF・UCカードよりもより一層豪華な特典が用意されており、たとえば、ホテルやレストランの特別優待プランが利用できたり、空港ラウンジが無料で利用できる特典があります。

他にも、JAF・UCゴールドカードの場合、海外の様々な情報や、格安航空券、優待料金でのホテル予約などを受け付けてくれるコンシュルジュサービスを利用できたり、エンターテイメント分野でのチケットをゴールド会員限定の先行予約で入手できたりする特典もあります。

JAF・UCカード/JAF・UCゴールドカードで貯まるポイント・還元率

1,000円ごとに永久不滅ポイント1ポイントが貯めることができ、通常のカードでは800ポイントでJAFの継続年会費を払うことができますが、JAF・UCカード会員であれば半分の400ポイントで済みます。このときの還元率は1%です。

JAF・UCゴールドカードではJAFの継続年会費がカードの年会費に含まれているので、ポイントで交換することはできませんが、ロードサービスが1年間未利用の場合、100ポイント(10万円利用相当)が進呈されるという特典があります。

JAF・UCカード/JAF・UCゴールドカードの支払い方法

UCカードで利用できる支払い方法は次のとおりです。

・一括払い
・2回払い
・分割払い
・リボ払い
・ボーナス一括払い

リボ払いには、店頭でリボを指定する方法、あとからリボ払いに変更する方法のほか、あらかじめ設定しておくことで一括払いなどを指定しても自動的にリボ払いに変更できるサービスもあります。

JAF・UCカード/JAF・UCゴールドカードのキャッシング枠

JAF・UCカード/JAF・UCゴールドカードでは、国内だけでなく海外でのキャッシングも可能です。

国内であれば、銀行やコンビニ、郵便局などほとんどのATMで現金を借りることができ、電話やネットからもキャッシングをすることが可能です。

インターネットや電話でも24時間キャッシングの申込を受付しており、平日14:30までにキャッシングを申し込めば、最短数十秒で引き落とし口座に振り込みをしてもらうことができます。

JAF・UCカード/JAF・UCゴールドカードの場合、1万円~300万円までの間でキャッシングの利用可能枠が決められます。

キャッシングの返済方法は、一括払い、または元金定額返済方式(ボーナス月元金増額返済方式やボーナス月のみ元金定額返済方式も可能)です。実質年率は、15.0~18.0%となっています。

JAF・UCカード/JAF・UCゴールドカードの付帯保険

JAF・UCカードには基本的には保険は付帯していません。

JAF・UCゴールドカードには最大5,000万円の海外旅行保険自動付帯と年間300万円までのショッピング補償保険が付帯しています。

JAF・UCカード/JAF・UCゴールドカードはどんな人におすすめ?

JAF・UCカードは、「年会費が無料のほうがいい」という方や「シンプルにクレジットカードとJAF会員証の機能があればいい」という方で、国際ブランドをVISAやMasterCardにしたいという方におすすめです。

JAF・UCゴールドカードは、JAFへの加入を検討していてもしていなくても、自動車を運転する機会のある方でゴールドカードを持ちたいと考えている方であれば誰にでもおすすめできるクレジットカードです。

通常のゴールドカード年会費のみでJAFの継続年会費が実質無料なので、JAF会員の方にとっては通常のゴールドカードよりもお得といえます。

JAF・セゾンカード/JAF・セゾンカード・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費 JAF・セゾンカードは無料、JAF・セゾンカード・アメリカン・エキスプレス・カードは税抜3,000円 ※JAF年会費別途4,000円必要
付帯カード ETCカード
電子マネー Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ、iD、QUICPay、楽天Edy、Suica、PASMO
ポイント 永久不滅ポイント
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、ボーナス2回払い
締日・支払日 ショッピング利用分:毎月10日締め翌月4日払い
キャッシング利用分:毎月末締め翌々月4日払い
付帯保険 月額300円でオプション可能。JAF・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの場合はショッピング安心保険、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、携行品損害保険

 

JAFとセゾンが提携して発行しているクレジットカードは、JAF・セゾンカードと、JAF・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの2種類です。

JAF・セゾンカードは、VISA、MasterCard、JCBの3つの国際ブランドから選択することができます。

JAF・セゾンカードの年会費

JAF・セゾンカードの年会費は無料です。JAF・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は税抜3,000円です。(※JAF年会費4,000円は別途必要)

JAF・セゾンカードの特典

毎月第1・第3土曜日は5%OFFデーとなっており、西友やリヴィンでJAF・セゾンカードを利用することで食料品から衣料品まで5%OFFで買い物をすることができます。

また、JAF・セゾンカードでネットショッピングをする際には、セゾンポイントモールを経由することで永久不滅ポイントが普段の最大30倍貯まる特典があります。

JAF・セゾンカードで貯まるポイント・還元率

JAF・セゾンカードの場合、ショッピング利用1,000円ごとに永久不滅ポイント1ポイントが貯まり、ETC利用分のポイントは2倍となります。

JAF継続年会費は、通常800ポイントで交換可能なのですが、半分の400ポイントで交換できます。

JAF・セゾンカードの支払い方法

JAF・セゾンカードでは次のような支払い方法が選択できます。

・1回払い
・2回払い
・リボ払い
・ボーナス1回払い
・ボーナス2回払い

JAF・セゾンカードの場合、海外での利用は1回払いのみとなります。リボ払いは、店頭でリボ払いを指定するほか、あとからリボ払いに変更したり、あらかじめ設定しておくことで自動的にリボ払いに変更する「リボ宣言」というサービスもあります。

JAF・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの場合は、

・一括払い
・ボーナス払い1回払い

のいずれかの支払い方法になります。

ただし、JAF・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードであっても、そごう・西武・西友・パルコなど、一部のセゾンカード加盟店であれば次のような支払い方法も選択できます。

・2回払い
・リボ払い
・ボーナス2回払い

JAF・セゾンカードのキャッシング枠

JAF・セゾンカードでは、国内、海外でのキャッシングが可能です。全国のATMやCDはもちろん、電話やインターネットでのキャッシングも可能です。

JAF・セゾンカードの場合、平日9:00~14:30の間であれば、最短数十秒で指定口座に振り込みをしてくれます。

JAF・セゾンカードのキャッシング枠の融資額は1万円~最大で300万円までで、実質年率は12.0%~18.0%となっており、返済方法は、一括返済方式か定額リボルビング方式です。

JAF・セゾンカードの締日・支払日

JAF・セゾンカードの場合、ショッピング利用分は、毎月10日締めの翌月4日引き落としで、キャッシング利用分は、毎月末日締め、翌々月4日の引き落としとなります。

JAF・セゾンカードの付帯保険

JAF・セゾンカードでは、月額300円~で、自分に合った保険をつけることができる「Super Value Plus」という保険をオプションで選択することができ、次のようなものがあります。

・お買い物安心プラン:カードで購入したもの破損等を補償
・生活安心プラン:交通事故で怪我をした場合などの補償
・暮らし持ち物安心プラン:携行品損害や個人賠償責任を補償
・ご迷惑安心プラン:他人にけがを負わせてしまった場合の補償
・いつでも安心プラン:入院や通院を補償
・けが安心プラン(女性専用):通院や入院、ひったくりなどを補償
・お留守番安心プラン:空き巣被害等を補償
・おすまい安心プラン:トイレの詰まりや水漏れなど住まいにかかわるものの補償
・キャッシング安心プラン:キャッシングしたお金が盗難された場合の補償
・ゴルフ安心プラン:ゴルフ用品の破損やゴルフ中の怪我などを補償
・お車安心プラン:交通事故被害を補償、ロードサービス付帯

また、JAF・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの場合は、年間最高100万円ショッピング安心保険と、最高3,000万円の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯するうえ、携行品損害保険が自動付帯となります。 

JAF・セゾンカードはどんな人におすすめ?

JAF・セゾンカードは、西友やリヴィンなどで買い物をすることがある方はもちろん、「Super Value Plus」をオプションでつけて、低料金でお買い物保険などの補償をクレジットカードにプラスしたい方におすすめです。

旅行についての手厚い補償をつけたい方には、JAF・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードもおすすめできます。

JAFカードの種類を変更する方法

JAFカードを長く利用していると、JAFカードの種類を変更したくなったということもあるかもしれません。

JAFカードのクレジットカード会社を変更する場合は、もっているJAFカードを一旦解約して、新たに希望するクレジットカード会社へJAFカードを申し込むという手続きが必要になります。

また、JAFカードを変更する場合には、専用の用紙での届け出が必要となります。

勝手に解約して新規申込みをするのではなく、JAFの総合案内サービスセンター(0570-00-2811)へ連絡してください。

JAFの個人会員が受けられるサービス

JAFカードは、JAFの会員証が一体となったクレジットカードですので、JAFの個人会員であること(または新規で JAF の個人会員になること)が必須です。

JAFの個人会員になることで、ロードサービスはじめ様々な特典を受けることができます。

したがって、JAFカードの特徴や特典もJAFの個人会員が受けられるサービスに集約されているといってもよいでしょう。

まずは、JAFの個人会員が受けることができるサービスについて解説していきます。

JAFのロードサービス

JAFのロードサービス自体は、JAFの会員でなくても利用することができます。「なら、わざわざ入会金や年会費を払ってJAF の会員になる必要はないんじゃないの?」と思うかもしれません。

しかし、JAFの会員になることで、 さまざまなロードサービスが無料で受けられるようになります。

例外もありますが、入会金や年会費を払っても、万が一のときには元がとれるくらいのお金を節約できます。

次に、JAFで受けられるロードサービスと料金の例を少し挙げます。

バッテリー上がり:非会員だと13,130円、会員なら無料
パンク:非会員だと13,330円、会員なら無料
キー閉じこみ:非会員だと15,230円、会員なら無料
燃料切れ:非会員だと16,770円、会員なら無料

JAFを利用した方の声には、「燃料切れのときJAFが25分で駆けつけてくれました。ガソリンの実費のみの支払いで済みましたが、JAFに入会していなかったら出張費だけでも1万円は加算されたかも。」といったものもあり、駆けつけてくれる速さや、いざというときのサービスが充実しています。

JAF非会員で「もしも」のことがあると、少なくない出費になります。

また、JAF会員なら自然災害に起因した事故や故障、雪道やぬかるみにはまってしまったときの引き上げなどにも対応してくれます。

さらに、JAF会員の場合、重大なトラブルが起きていなくても、車から変な音やにおいがするなど心配なトラブルを点検してもらうこともできるので安心です。

JAFのロードサービスと自動車保険のロードサービスとの違い

ロードサービスは自動車保険にもついているし、やっぱりJAFの年会費を払うのはもったいない…と感じる方もいるでしょう。

しかし、JAFのロードサービスと自動車保険のロードサービスとでは保険のかけかたが根本的に違うのです。

どういうことかというと、JAFは「人」に保険がかかっているのに対し、自動車保険は「車両」に保険がかかっています。

自動車保険のロードサービスは「車両」にかかっていますので、対象の車両にトラブルがあるときは対応してもらえますが、その他の車両では対応してもらえません。

しかし、JAFは「人」に保険がかかっているので、JAF会員であればマイカー以外の車やバイク(たとえば借りている車など)でもサービスを受けることができます。

また、自動車保険のロードサービスでカバーできる範囲とそうでない範囲もあり、自動車保険にロードサービスが付帯していても、JAFと組み合わせることで、より手厚くカバーしてもらうことができます。

ロードサービスだけじゃないJAF会員の特典

JAFの会員になると、ロードサービス以外の特典も受けることができます。特典の対象となるのは約47,000の施設で、飲食店、テーマパーク、温泉、道の駅やサービスエリアなど幅広いジャンルの施設で優待を受けることができます。

優待内容は施設によって異なりますが、ほとんどが年間を通して何度でも利用できます。さらに、期間限定で優待内容がグレードアップする特別優待が実施されることもあります。

JAFの優待の利用方法は、紙のクーポン券やアプリでの電子クーポン、オンライン申し込みがあります。原則として、施設の利用前や精算前に会員証を提示する必要があります。

JAFカードを持っていると優待をスムーズに受けられる

JAF会員になっていても、優待施設で会員証提示を求められたときに「車に置きっぱなしだった…」なんてこともあり優待のチャンスを逃してしまったことがある方もいるかもしれません。

しかし、JAFカードなら、クレジットカードとJAF会員証が一体となっているため基本的にはお財布に入れて持ち歩くことになると思います。

すでにJAF会員になっている方も、JAFカードに切り替えるだけでこれまでよりスムーズに優待を受けることができるようになるかもしれません。

JAFカードの申込方法

JAFカードの申し込みができるのはJAFの個人会員の方のみで、JAFの家族会員や法人会員の方は申し込みができません。

個人会員1名につきJAFカードは1枚しか発行できません。違う国際ブランドや提携先で複数のカードを持つことはできませんので、JAFカードの中から1枚を選んで申し込みましょう。

すでにJAFの会員になっている方は、新規でJAFに入会する手続きをすることなくJAFカードの発行が可能です。

JAFカード申し込み時に、現在のJAF会員番号が必要となりますので、JAF会員番号がわかるもの(JAF会員証など)を用意してください。

まだJAFの会員でない方は、JAFに入会する必要があり、申し込み方法は変わりませんが、JAFカードへの申込みとJAF入会への申込み手続きが同時に行われることになります。

JAFカードへの申込み方法は、会員・非会員とも資料請求して申し込む方法と、インターネットから申し込む方法の2種類があります。

資料請求をする方法は、どのJAFカードでも対応しており、資料が届いたら記入して返送することで申し込みができます。

インターネットでの申込みは、JAF・JCBカードのみの対応しています。

インターネットで必要事項を入力して送信するだけなので、資料請求をして返送するという郵送にかかる時間を短縮することが可能です。

JAF・JCBカードに申し込む方は、インターネットでの申込みが便利です。その他のカードを希望する方はやや手間はかかりますが、こちらのカード一覧のページから該当するJAFカードの資料請求をしましょう。

JAFカードが届かない!?発行までどのくらいの時間がかかる?

JAFカード申込書が受理されたあとは、審査があり、通過すれば、約2週間で自宅にJAFカードが届きます。

ただし、必要事項の記入に不備があったり、本人確認資料(免許証のコピー等)の添付もれや不鮮明等があった場合、再送や確認などで手続きにより多くの時間がかかることになります。

インターネットから申込みができるJAF・JCBカードについては、約1週間が目安ですので、急いでいる方は、JAF・JCBカードがおすすめです。

JAFカードの口コミ・評判

実際にJAFカードを利用している方の口コミを調べて評判をチェックしてみました。口コミ内容を要約して、カードの種類がわかるものはカードの種類も記載しています。

▼「JAFカードを持っていない時、優待店へ食事に行くとJAF会員証の提示を求められたものの、車の中にあってすぐに提示できませんでした。しかし、JAFカードは財布にいつもあるのですぐに提示できます。」

<コメント>
JAFカードは、JAFの会員証とクレジットカードが一体化しているので、会計時にJAF会員証を提示するときもJAFカード一枚で済むので優待を受けるのも決済をするのもスムーズですね。

▼「通常のゴールドカードの年会費でJAFのサービスも受けられるのがお得。国内旅行保険も付いていて、車で出かける機会の多い自分に合っている(JAF・UCゴールドカード)」

<コメント>
JAFの個人会員でゴールドカードも持ちたいという方には本当におすすめできる一枚です。通常のUCゴールドカードを持っている方も、車を運転する機会があるのであればJAF・UCゴールドカードに切り替えたほうがお得かもしれません。

▼「ロードサービス未使用だとポイントもらえるので嬉しい(JAF・UCゴールドカード)」

<コメント>
JAF・UCゴールドカードならではの特典ですが、ロードサービスを使わなくても、いわゆる「掛け捨て」で終わらないところがいいですね。もらえる100ポイントは10万円利用分に相当します。

▼「JAFとセゾンの双方のサービスが受けられるのがいい。カード自体の年会費は無料なので、運転するなら特にカードを利用しなくても持っててもいい。(JAF・セゾンカード)」
▼「JAF提携のお店の割引等も結構多いです」

提携先それぞれのサービスを受けられるのは提携カードの強みともいえますね。セゾンカードの優待を受けられそうな方は、JAF・セゾンカードを作ったほうがお得になりそうです。

▼「ETCカード利用での永久不滅ポイント2倍が魅力的。(JAF・セゾンカード)」

<コメント>
仕事やレジャー、帰省などでETCを使う機会が多い方にもJAF・セゾンカードはおすすめできます。

▼「JAF継続年会費を通常のカードの半分のポイントで交換できることがうれしい」

<コメント>
継続年会費はどのみち支払わなければならないものなので、ポイントを上手に利用して節約したいですね。

また、ロードサービスは数多くありますが、次のようなJAFのサービスへの口コミもJAFカードユーザーからあがっており、JAFへの信頼感はアツイといえそうです。

▼「一般道と高速道の両方を安定してフォローしてくれるのはJAF」
▼「自動車事故では、やっぱりJAFが心強い」

JAFカードの悪い口コミはこれといって見当たりませんでした。JAFに入会しない人は持たない(JAFに魅力を感じない人は作らない)クレジットカードということもあり、ユーザーの満足度が高いクレジットカードと言えそうです。

JAFカードの審査難易度

審査基準は、どんなクレジットカードでも非公開となっていますが、「入会条件」や「発行元」、クレジットカードの「ランク」から、おおまかに審査の難易度を推し測ることが可能です。

JAFカードの入会条件

まずは、JAFカードの入会条件をチェックしてみましょう。

■JAF・JCBカード、JAF・三井住友カード、JAF・UCカード、JAF・セゾンカード
満18歳以上(高校生は除く)の現在JAF個人会員の方、および新しくJAF個人会員にご入会される方で安定した収入をお持ちの方

■JAF・UCゴールドカード
現在JAF個人会員の方、および新しくJAF個人会員にご入会される方、原則として満25歳以上で年収500万円以上の方

■JAF・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
現在JAF個人会員の方、および新しくJAF個人会員にご入会される方

入会条件からみると、JAF・UCゴールドカードは入会条件が厳しくなっていることがわかります。

JAF・UCゴールドカードは審査も他のJAFカードよりは難易度が高いことがうかがえます。また、年齢が25歳以上となっていることから、ある程度のクレジットヒストリーがあることが求められるのではないでしょうか。

今までにクレジットカードを持ったことがないという方では審査に通らない可能性が高いです。

JAF・UCゴールドカードを持ちたいけれど、審査通過の自信がない方はJAF・UCカードで利用実績を積むことをおすすめします。

JAF・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードは、年齢について言及されていませんが、一般的に考えて最低でも満18歳でなければ入会を断られるはずです。

発行元からJAFカードの審査難易度を考える

発行元の系統は、大きく分けると、銀行系、独自系(交通系など)、信販系、流通系、消費者金融系と分けられ、銀行系は審査難易度が高く、消費者金融系は審査難易度が低いと一般的にいわれています。

JAF自体は、独自系とも流通系ともとらえることができ、やや系統が曖昧ですが、JAFの会員になること自体に審査はなく、JAFの会員を増やすことを目的にクレジットカードを発行していると考えれば流通系のほうが近いようにも思えます。

JAFカードの提携先としては、JCB、三井住友カード、UC、セゾン…といずれも信販系となっています。

三井住友カードは三井住友フィナンシャルグループの傘下にあり、銀行系に分類されることもできますが、三井住友カード自体はクレジットカードの発行をメインとしている会社であり、系統としては信販系と判断して差し支えなさそうです。

JAFと4つの提携先から判断すると、審査難易度は決して低いわけではありませんが、とても高いというわけでもなさそうです。

安定した収入があり、これまでにクレジットカードをつくったことがあり、支払いの遅延などもなくごく普通に(適切に)利用したことがある方なら、まず審査に通るとみてよいのではないでしょうか。

ただし、他社で住宅ローンやマイカーローンといった生活に密着したローン以外の借り入れ(フリーローン、カードローン、消費者金融での借金など)があると、JAFカードの審査に通過しづらいかもしれません。

また、短期間に複数枚のクレジットカードに申込みをしている、いわゆる「申込みブラック」状態では、JAFカードの審査通過は厳しい可能性もあります。

JAFカードの解約方法

クレジットカードの解約は電話一本でできることも多いのですが、JAFカードの解約はクレジットカードとJAF、それぞれの契約があるため、通常よりも少しややこしくなっています。

とはいえ、解約がすごく難しいというわけではなく「総合サービスセンターに電話をする」ということが基本になりますので、オペレーターに希望を伝えながら手続きをすすめることになるので、わからなくて困るということはまずなさそうです。

JAFカードの解約手続きについては、専用の用紙で届け出をする必要がありますので、カードの種類を変更するときと同様に、会員本人が総合案内サービスセンター(0570-00-2811)へ直接連絡してください。

クレジットカードのみ解約してJAF会員を継続することは可能?

クレジットカードのみ退会してJAFは継続したいという場合は、まず総合案内サービスセンターへ連絡します。

クレジットカード解約後に、JAFを継続する方法については払込用紙によるJAF年会費の納入か、金融機関やクレジットカードからの自動引落による納入か選ぶことができます。

金融機関やクレジットカードからの自動引落による納入で継続する場合は、自動振替専用申込書が送られてきますので、記入して返送する必要があります。

JAFの総合サービスセンターへ連絡した際に、その旨を伝えましょう。

JAF会員を退会してクレジットカードは持ち続けたい

JAF会員から退会する場合は、JAFカードも解約する必要があります。このとき、クレジットカードだけを続けて持つことはできません。

JAFカードは一旦解約して、あらためてJAFカード以外のクレジットカードの作成をクレジットカード会社に申し込む必要があります。

その際には、クレジットカード番号はもちろん、カードデザインも変わり、まったく新しいクレジットカードを発行してもらうことになります。

【まとめ】JAFカードのメリット・デメリット

JAFカードのメリットとデメリットを考察してみました。筆者は、家族カードが持てないというデメリットは大きいものの、全体で見ればデメリットよりもメリットのほうが勝っているように感じました。

JAFカードのメリット

・お得なレートでポイントをJAF継続年会費に交換できる
・入会金が安くなる
・JAFと提携先の両方のサービスが受けられる
・年会費無料のJAFカードもある

JAFカードに申し込むことで、入会金2,000円が1,500円で済むのは、これからJAF会員になろうと思っている方の後押しになりそうです。JAFカードの種類も年会費無料のものと、年会費を払って少し特典を増やすこともできるというバランスの良いラインナップになっているといえるでしょう。

JAFカードのデメリット

・JAFカードは家族カードが発行できない
・ポイント還元率がいまいち
・インターネット申込みに対応していない(JCB除く)
・JAFのみ解約することができない

JAFカードは、JAFのサービスはもちろん、提携先の特典もりようできるお得なクレジットカードとえいます。

JAFの継続年会費はかかるものの、お得なレートでポイントと相殺できたり、JAF・UCゴールドカードであれば、通常のゴールドカード年会費のなかにJAF年会費が含まれているという大きなメリットがあります。

また、これからJAFに入会する方は、入会金がお得になることもあり、JAFの会員なら(または、これからJAF会員になるなら)JAFカードに申し込んだほうがお得になる可能性はきわめて高いです。

すでにJAF会員になっている方にも積極的に検討をおすすめできる内容になっていると思います。

年会費無料のカードから、年会費がかかるけれど特典があるカード…と、カードの種類もバランス良く用意されているので、自分に合ったJAFカードを選ぶことができるのではないでしょうか。

一度JAFカードを手にすると、解約や種類の変更がやや面倒なので、JAFカードの種類を選ぶときには慎重に検討することをおすすめします。

この記事の監修者

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している実績があります。

PAGETOP