相鉄カードの審査は甘い?特典やポイントなども解説

通勤、通学で相模鉄道を毎日のように乗っている方の多くは定期券を利用されていることでしょう。

相鉄線の定期券は1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月の3種類があり、現金でもクレジットカードでも購入することができますが、同じ支払うなら「相鉄カード」で支払うのが一番お得だということをご存知でしょうか?

当ページでは相模鉄道が発行しているクレジットカード「相鉄カード」の年会費やポイント、特典、オートチャージ、そして審査の難易度などを徹底的にご紹介しますので、相模鉄道を利用する機会の多い方はぜひ参考にしてください。


もくじ

⇒東京メトロ「To Me CARD」の審査難易度は?種類や年会費なども解説

相鉄カードの特徴

相鉄カードは相模鉄道株式会社と三井住友カード株式会社が提携して発行しているクレジットカードで、特徴は・・・

・年会費が本カード、家族カードともに永年無料
・ETCカードは初年度年会費無料(前年度にETCカードを1度でも利用すれば次年度年会費も無料)
・PASMOオートチャージサービスを利用可能
・相模鉄道・相鉄バスの定期券が買える
・iD一体型カードを選択可能
・ショッピング利用すると、幅広く使えるポイントで還元
・提携する施設が値引きされるなどの優待サービスがある

相模鉄道をよく利用される方には「相鉄カード」のサービスはは見逃せない内容になっています。

特に相鉄カードのポイントについては2018年のシステム改定後、他社のポイントに移行しやすいワールドプレゼントポイントが付与されるようになり、利用の幅がぐっと広がりました。

【相鉄カード 基本情報】

年会費 本カード、家族カードともに永年無料
入会条件 満18歳以上の方(高校生は除く)
※未成年の方は親権者の同意が必要です。
国際ブランド Visa、Mastercard
利用可能枠 総利用枠 10万~80万円
カード利用枠(カードショッピング) 10万~80万円
リボ払い・分割払い利用枠 0~80万円
キャッシング利用枠 0~50万円
搭載機能 PASMO オートチャージサービス
iD一体型カード選択可能
付帯保険 ショッピング補償(お買い物安心保険)
追加カード 家族カード・ETCカード
電子マネー iD・Apple Pay・Google Pay
ポイント還元率 0.5%~
ポイント名 ワールドプレゼントポイント
締め日・支払日 毎月15日締め切り、翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)払い
公式サイト こちら

 

相鉄カードの選べる国際ブランド

相鉄カードの国際ブランドはVisaかMastercardのどちらかを選択可能です。

クレジットカードが初めてならシェアNo.1のVisaをお勧めしますが、Mastercardもシェア第2位ですので、どちらを選んでも安心です。

VisaもMastercardも世界中に何千万もの加盟店があり、国内でも海外でもネットショッピングでもこの2ブランドはたいてい扱われているため、大活躍してくれることは間違いなしでしょう。

相鉄カードならETCカードも年会費無料

相鉄カードの場合、ETCカードの年会費は初年度無料で、2年目から500円がかかりますが、1度でもETCカードの利用があれば翌年の年会費が無料になるので、ほぼ無料と考えても良さそうです。

相鉄カードの付帯保険

相鉄カードには年間100万円までのお買い物安心保険が付帯しており、対象となるのは海外での利用、および国内でのリボ払い・3回以上の分割払いで購入したもののみとなります。

旅行傷害保険は、相鉄カードには付帯していないのが残念なところですが、年会費無料なのでその辺は仕方ないのかもしれませんね。

相鉄カードの特典

ここからは相鉄カードにどんな特典があるのかをご紹介していきます。相鉄カードをただ支払いに使うだけではもったいないので、ぜひ特典の内容を把握しておきましょう。

相鉄カードのポイント還元

相鉄カードをショッピング利用すると、三井住友カードが発行している「ワールドプレゼントポイント」が貯まります。

従来、ワールドプレゼントポイントは1,000円(税込)ごとに1ポイントの付与、1ポイント=5円という計算でしたが、2020年6月1日より新しいシステムとなり、200円(税込)ごとに1ポイントの付与、1ポイント=1円の計算で還元されるようになりました。

還元率は0.5%で変わりありませんが、より無駄なくポイントが貯められるようになったわけですね。

ただこの0.5%、特別低い還元率ではありませんが、年会費のかからないクレジットカードでも還元率1%のものが少なくないことを考えると、0.5%はやや迫力に欠ける数字です。

それでも相模鉄道、相鉄バスの定期券は他のクレジットカードでは支払えませんし、ポイント還元もしっかりあることを考えれば、非常に大きなメリットであることは間違いありません。

また、相鉄カードはPASMOオートチャージが利用できて、こちらについてもポイント還元がありますので、相模鉄道をよく利用するなら必携のカードだと言えるのです。

もし他にポイント還元率の良いクレジットカードをお持ちであれば、普段の支払いにはそちらを利用し、相鉄カードは相模鉄道専用のカードとして持つのもひとつの方法でしょう。

ポイント付与のない利用法も

次の利用では相鉄カードの「ワールドプレゼントポイント」が付与されないので注意してください。

・国民年金保険料の支払い分
・Edy・モバイルSuica・モバイルPASMO・SMART ICOCA・WAON・nanacoのチャージ利用分
・モバイルSuicaチケット購入利用分
・三井住友カードが発行するプリペイドカードの購入およびチャージ利用分

相鉄カードで貯めたワールドプレゼントポイントの使い方

相鉄カードの利用で貯まったワールドプレゼントポイントは次のように使うことができます。

三井住友カード(相鉄カードの発行会社)は、クレジットカード会社の大手だけあって提携先も多く、ポイントの使い道はかなり充実しています。

・景品に交換する
・カード利用代金に充当
・iD利用代金に充当
・VJAギフトカードに交換する
・他社のポイントに移行する

主なポイントの移行先は次の通りです。

Amazonギフト券・Google Play・dポイント・au WALLETポイント・App Store & iTunesカード・ANAマイル・ヨドバシカメラ・Joshin・WAONポイント・nanacoポイント・ビックポイント・スターバックスカード・楽天Edy・楽天スーパーポイント・Pontaポイント・ベルメゾンポイント・PeX・Gポイント・T-ポイント など

相鉄カードの優待サービス

相鉄カードを提示したり利用したりすることで、優待サービスを受けられる提携施設がありますので、その一部をご紹介しましょう。

・乗馬クラブ クレイン東京(町田市)
カード提示により割引(詳細は施設にお問い合わせください)

・ズーラシア・金沢動物園
カード提示により入園料20%割引(会員含め同伴者5名まで) ※現金払いのみ

・新江ノ島水族館
カード提示により入場料10%割引(会員含め同伴者5名まで)

・朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾
カード提示により入会金を割引

・たかの友梨ビューティクリニック
カード提示によりビジター料金5%割引
カード提示によりビジターの入会時に入会金免除(別途事務手数料が必要)

・SBSロジコム株式会社
カード提示により引越代金(車両費および人件費)10%割引

・神奈川新聞
カードを提示し、3ヶ月以上の新規購読者を紹介すると、特製グッズを会員、購読者にプレゼント

・富士急グループ施設(富士急ハイランド・ハイランドリゾートホテル&スパ・ホテルマウント富士・ふじやま温泉・富士ゴルフコース)
相鉄カードでの支払いで割引特典あり

相鉄カードの入会特典

2020年5月現在、インターネットで相鉄カードに申し込んだ新規入会者を対象に、1,000円がプレゼントされるキャンペーンが行われています。

プレゼントを受け取るには次の条件をすべて満たしてください。

・キャンペーン期間終了までに相鉄カードに入会すること
・「マイ・ペイすリボ」を3万円以下で登録してクレジットカードが発行されること
・相鉄カード入会月の3ヵ月後末日までに6万円(税込)以上の買物利用をすること
・プレゼント付与時点で「マイ・ペイすリボ」の登録が3万円以下であること
 (「マイ・ペイすリボ」を解除すると対象外になります。)

※時期によって相鉄カードの入会特典の内容が異なる場合がありますので、詳しくは公式サイト(三井住友カード)をご覧ください。

※プレゼントの付与は原則としてカードの請求額から引かれる形になります(請求額が1,000円未満の場合には決済口座に振り込まれます)。

マイ・ペイすリボは1回払いに指定したショッピング分も自動的にリボ払いになるシステムで、手数料が発生するため、プレゼントを目当てにマイ・ペイすリボに登録することはあまりお勧めしません。

相鉄カードの審査は甘い?難易度は?

相模鉄道をよく利用するならぜひ所持していた相鉄カードですが、クレジットカードである以上、申し込みさえすれば誰でも持てるというわけではなく、審査に通過する必要があります。

そこで気になるのが相鉄カードの審査難易度ですが、相鉄カードを発行する三井住友カードでは審査の基準を明らかにしていません。

しかし、相鉄カードの申込条件や発行元によって、ある程度は審査の難易度を推測することができます。

申込条件から見た相鉄カードの審査難易度

相鉄カードの申込条件は「満18歳以上の方(高校生は除く)」です。ほぼ年齢のみが条件になっており、しかも未成年も申込可能。仕事や年収などの条件は一切ありません。

専業主婦の方、学生の方でも申し込めることから、基本的に審査は柔軟であることが覗えます。

相鉄カードは交通系カード

クレジットカードは「銀行系」「交通系」「信販系」「流通系」「消費者金融系」といった具合にタイプ分けすることができ、それぞれに審査難易度が異なっています。

⇒クレジットカード審査のチカラ|おすすめクレカは?落ちる理由は?

審査難易度が高めとなっているのは銀行系のカードで、銀行は審査を慎重に行いますし、年齢や年収などに高めの条件が設けられているケースも少なくありません。

審査難易度が中程度だと思われるのが交通系のカードで、これには航空会社や鉄道会社が発行しているものなどが含まれ、決して厳しいとまではいきませんが、借入がかさんでいたりこれまでに他のカードやローンなどで金融事故を起こした経験があれば、審査通過は難しいかもしれません。

同じく中程度ですが、交通系カードより少し難易度が低めだと考えられるのが信販系のカードで、比較的難易度が低めだと言われるのが流通系のクレジットカードと消費者金融系のクレジットカードです。

さて相鉄カードですが、こちらは交通系のクレジットカードに入ります。ということで審査の難易度は中程度、これまでにクレジットカードやローンなどで問題を起こしたことがなければ、審査には比較的通りやすいカードだと言えるでしょう。

相鉄カードの審査落ちを避けるには?

比較的作りやすい相鉄カードではありますが、次のような条件にひとつでも当てはまると、審査落ちする可能性が格段に高くなってしまいます。

・返済能力が低いと判断された
・5年以内に債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)を行っている
・カードやローンなどの利用で長期延滞したり強制解約を受けたことがある
・半年以内にカードやローンの多重申込をしている
・クレジットカードやローンを一度も利用したことがない(30代以降の方)
・申込内容に虚偽(間違い)がある
・相鉄カードの申込条件を満たしていない

これらはどのように判断され、審査にどう影響するのでしょうか。

返済能力の有無はどう判断される?

返済能力の判断基準は割賦販売法による「支払可能見込額」が重視されます。また、クレジットカードのショッピング利用枠は、支払可能見込額の90%以内である必要があります。

支払可能見込額とクレジットカードのショッピング利用枠の上限は、次の式で計算されます。

支払可能見込額 = 年収 - 年間請求予定額 -生活維持費

クレジットカードのショッピング利用枠の上限 = 支払可能見込額 × 0.9

年収:相鉄カードに申し込む際に申告した年収(税金、保険などが引かれる前の総支給額)

年間請求予定額:今後1年間に支払予定のあるクレジット金額(一括払いは除く)

生活維持費:経済産業省によって定められた下記の金額

利用者と生計を一にする方の合計 1人 2人 3人 4人以上
住宅所有で住宅ローンなし/住宅なしで家賃支払いなし 90万円 136万円 169万円 200万円
住宅所有で住宅ローンあり/住宅なしで家賃支払いあり 116万円 177万円 209万円 240万円

 

例えば、相鉄カードに申し込んだAさんは、4人家族で賃貸マンションにお住まいで、年収は450万円、クレジットの年間支払予定額が30万円あります。

支払可能見込額:450万円-30万円-240万円=180万円
ショッピング利用可能枠上限:180万円×0.9=162万円

計算上、Aさんは162万円が上限となるクレジットカードが発行可能となります。

この計算からわかるように、年収がもっと低かったりクレジットの年間支払予定額がもっと多かったりすると、ショッピング利用可能枠上限が小さな数字になったり場合によってはマイナスになってしまいます。

この場合は支払い能力が低いとみなされ、相鉄カードの審査に通らなくなると考えられるのです。

審査で重視される信用情報(クレジットヒストリー)

返済能力と並んで相鉄カードの審査で重視されるのが信用情報(クレジットヒストリー)、つまりクレジットカードやローンなどの利用履歴です。

これまでのクレジットカード、ローンなどの利用履歴は、日本に3社ある信用情報機関に取りまとめられ、一定期間保存されており、特に次のような情報が記録されていれば、相鉄カードの審査落ちする確率がかなり高くなってしまいます。

・長期延滞
・強制解約
・代位弁済
・債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)

上記のような信用情報機関に記録される「ブラック情報」はほとんどが5年経過すれば抹消されるのですが、各カード会社内に記録されている情報までは抹消されません。

そのため、以前迷惑をかけたことのあるクレジットカード会社には、今後申し込んでも審査通過は難しいと考えたほうが良いでしょう。

⇒自己破産など債務整理や延滞歴があるとクレカの審査に通らない?

申込内容に嘘は厳禁

相鉄カードの審査に通りたいと思うあまり、他社でキャッシングしているのを申告しなかったり、勤務先や勤務状況に嘘を書いたりしても、審査でバレてしまう可能性大で、嘘が発覚した場合、今回の審査だけでなく、今後の同じ業者の審査にはまず通らなくなってしまいます。

年収は税金や保険代を引かれる前の金額を記載して良いですし、331万円を340万円と記載する程度のことは大丈夫ですが、これを500万、1,000万などと書けば問題があります。

カード発行会社(相鉄カードの発行会社は三井住友カード)が持っている情報とかけ離れていれば、年収を証明する書類の提出を求められることになるでしょう。

中には故意ではなく、本当にうっかり間違えて記入してしまうこともあるでしょうが、審査する側があえて良い方にとってくれることは期待できません。

⇒クレジットカード審査時に虚偽申告したら?年収など嘘つくのはダメ

申込条件はしっかり確認を

「通学に毎日相模鉄道を利用しているから相鉄カードが欲しい」という高校生の方がいらっしゃるかもしれませんが、高校生では相鉄カードには申し込めません。

相鉄カードは申込条件が緩めですが、中には「満30歳以上」「本人に安定した収入があること」「年収500万円以上」などといった条件がついているカードも少なくありません。

申込み条件に合致していなければクレジットカードの審査に通ることはないので、申し込み前にしっかりチェックしておきましょう。

相鉄カードの審査申し込み方法

相鉄カードはオンラインか郵送で申し込むことができますが、ここではオンラインでの申込方法についてご紹介していきます。

郵送での申し込みをご希望の方は、相鉄線の各駅で配布中の入会申込書を入手し、必要事項を記載のうえ、相鉄カードにお申し込みになってください。

相鉄カード発行までの流れ

オンラインでの申し込みから相鉄カードを受け取るまでは次のような流れになります。

1. 相鉄カードの会員規約などを確認し、同意する
2. 相鉄カードの申込フォームに必要事項を入力し、送信する
3. お申し込み番号が通知される
4. 各金融機関のサイトで支払口座を設定する(可能な方のみ ※1)
5. 相鉄カードの審査(※2)
6. 審査結果がメールで届く
7. 「お支払い口座届け」が自宅に送付される(※3)
8. 必要事項を記載・捺印のうえ、本人確認書類のコピーとともに返送する(※4)
9. 相鉄カードの送付

(※1)三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・りそな銀行・インターネット専業銀行・一部の地方銀行ではウェブサイトによる支払口座設定が可能で、行えなかった方も後日郵送にて設定することができます。
(※2)審査の状況はお申し込み番号によってウェブサイト上から各自確認可能です。
(※3)4で支払口座を設定されていない方のみ
(※4)7で「お支払い口座届け」が自宅に送付された方のみ

相鉄カードの発行までにかかる期間

インターネットで申し込んだ場合、申し込みから相鉄カード発行までは最短で3営業日、郵送で手元に届くまで1週間程度だと考えておけば良いでしょう。

もちろん申込状況によってはもう相鉄カードを受け取るまでに、もう少し時間がかかることもありますし、次に該当する場合には最短3日での発行にはなりませんので注意してください。

・19:30以降に相鉄カードに申し込んだ方
・キャッシングを希望した方
・オンラインで支払口座を設定しなかった方
・未成年の方

相鉄カードの申し込みに必要な書類

相鉄カードの申し込みに際して、運転免許証か運転経歴証明書をお持ちの方はそちらを用意し、その他、支払いに設定する口座番号がわかる通帳やキャッシュカードも合わせてご用意ください。

以下に該当する方は、申込後に三井住友カードから年収を証明する書類のコピーの提出を求められることになりますので、スムーズなカード発行のためにあらかじめ準備しておきましょう。

・キャッシング希望の方で、相鉄カードでの借入希望枠と他の貸金業者(クレジットカード会社、信販会社、消費者金融会社など)を含めた借入残高の合算が100万円を超える場合

・三井住友カードでのローンの利用残高とすでにお持ちのカードのキャッシング利用枠、もしくは相鉄カードでの借入希望枠の合計が50万円を超える場合

・個人事業主の方

【年収証明書類】

●給与収入・年金受給の方:以下のいずれか1点のコピー(直近のもの)
給与所得の源泉徴収票(公的年金などの源泉徴収票を除く)
給与の支払明細書(直近2ヵ月分)
確定申告書第一表(控え)(税務署の受領印があるもの)
納税通知書(収入もしくは所得金額の記載があるもの)
所得証明書(収入もしくは所得金額の記載があるもの)
年金証書(年金額の記載があるもの)
年金通知書(年金額の記載があるもの)

●個人事業主の方:以下の2点のコピー(直近のもの)
1)確定申告書B第一表(控え)
2)以下のうちいずれか1点
青色申告決算書(控え1ページ目)・・・青色申告されている方
収支内訳書(控え1ページ目)

相鉄カードの審査時には在籍確認は行われる?

クレジットカードを申し込むと、カード会社から勤務先に確認に電話がかかってくることがありますが、相鉄カードも例外ではなく、全ての方ではありませんが在籍確認の電話がかかってくる可能性があります。

審査の一環で行われること、また勤務先への電話であることから不安を感じる方も少なくないでしょうが、特に難しい質問をされるわけではなく、氏名や生年月日、住所などの確認といったことがほとんどで、電話もすぐに終わるので安心してください。

ただ、タイミングによっては在籍確認の電話に出られないケースもあるでしょうが、在籍確認の電話には必ず本人が出なければならないわけではありません。

例えば在籍確認の電話を受けた方が「◯◯はただ今席を外しています」などといった応答をしても、申込者がその職場に在籍していることがわかるため、それで確認は完了となります。

⇒審査時に勤め先への在籍確認がないクレジットカードはある?

相鉄カードでキャッシングする方法

相鉄カードにはキャッシング枠を付帯させ、現金を借りることができます。

相鉄カードのキャッシングサービスは、国内で利用できる「キャッシングリボ」のほか、海外旅行などで便利な「海外キャッシュサービス」の2通りがあります。

キャッシングの利用を希望する方は相鉄カード申し込みの際に一緒に申し込んでも良いですし、後日インターネットで申し込むこともできます。

後日申し込みの場合、相鉄カードのキャッシング枠の審査は最短30分で回答があり、即日利用枠の設定が可能です。

相鉄カードのキャッシングリボ融資条件

国内でのキャッシングリボには相鉄カードと暗証番号を使ってATMから出金する方法と、口座に振り込んでもらう「キャッシングリボ振込サービス」の2つの借り方があります。

相鉄カードのキャッシングリボ(国内でのキャッシング)の利用は次のような融資条件になっています。

【相鉄カード キャッシングリボ 融資条件】

キャッシング利用可能枠 0~50万円
実質年率 18.0%
遅延損害金 20.0%
返済方式 元利定額返済
締日・返済日 毎月15日締め切り、翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)払い
返済方法 口座引落(ATM、振り込みでの返済も可能)
資金使途 自由
保証人・担保 不要

 

相鉄カードのキャッシングリボは、実質年率18.0%ですので決して低くはなく、しかも返済はリボ払いになるわけですから、支払利息が負担にならないよう、十分に考えて利用する必要があります。

相鉄カードのキャッシングのやり方

相鉄カードのキャッシングリボ振込サービスを希望する方は、インターネットの会員サービスページ(Vpass)か自動音声応答電話(スマートダイヤル24:0120-863724)にて申込可能です。

ATMから出金したい場合には、提携ATMで相鉄カードと暗証番号を使って現金を引き出しますが、出金・返済の都度、下記のATM手数料が発生することに注意してください。

利用金額 ATM手数料(税込)
1万円以下 110円
1万円超 220円

 

相鉄カードが利用できるATMは当ページ下方の「よくある質問」の「相鉄カードが利用できるATMは?」に掲載しています。

相鉄カードの海外キャッシング

キャッシングは国内ATMだけでなく、海外のATMで現地通貨を引き出す利用法も可能です。

両替所の窓口に並ぶことなく現地通貨を入手できますし、両替所の開いていない日や時間帯でも現地通貨を簡単に入手できるのが海外キャッシュサービスの大きなメリット。

必要になるたびに引き出せば良いので大金を持ち歩く必要がなくなりますし、両替手数料よりもかなり安いコストで利用できることが多いのも利点です。

ATMは海外の主な空港や駅、繁華街などに多数設置されており、利用できるATMは海外ブランドごとに次のロゴが目印となっています。

海外ブランド 利用できるATM
Visa Visa、PLUS
Mastercard Mastercard、cirrus

 

ATMの利用ごとにかかるATM手数料や、キャッシングしたお金にかかってくる金利は国内での利用と同じ条件です。

相鉄カードの海外キャッシュサービス利用分の返済は原則として1回払いになりますが、後日リボ払いに変更したり、期日より前倒して返済することも可能です。

なお、相鉄カードの海外キャッシュサービスを利用するには、事前に海外キャッシュサービスの利用枠の設定が必要になりますので、希望する方はインターネット会員サービスのVpassより申し込んでください。

⇒海外キャッシング方法 実践レビュー【ドイツ・アイスランド】

相鉄カードの支払い・返済方法

相鉄カードをショッピング利用した場合の支払いと、キャッシング利用した場合の返済方法についてご紹介します。

相鉄カードの締日と支払日

相鉄カードはショッピング利用分もキャッシング利用分も、締日は毎月15日、支払いは翌月10日の自動引落になり、支払日が土・日・祝日にあたる場合には、翌営業日に引き落とされます。

相鉄カードのショッピング利用分の支払い方法

相鉄カードでのショッピング利用の支払い方法は、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い(3・5・6・10・12・15・18・20・24回)から選択可能。

このうち1回払い、2回払い、ボーナス一括払いは手数料無料で利用できますが、リボ払いと分割払いでは所定の手数料が発生します。

また、相鉄カードの場合、1回払いに指定していたものを後日リボ払いや分割払いに変更することが可能です。

さらに相鉄カードでは、1回払いに指定した利用分が自動的にリボ払いになる「マイ・ペイすリボ」というサービスも提供しています。

相鉄カードのリボ払い

リボ払いは利用件数や金額に関わらず、毎月一定額に分割して支払う方法で、相鉄カードの場合、手数料として年率15.0%の支払いが併せて必要となります。

リボ払いは月々の支払いの負担を軽くできるメリットがありますが、支払いが長引く分、手数料を含めた総支払額が多くなりがちなので、安易に選ぶのは避け、計画的に利用したい支払い方法です。

相鉄カードの分割払い

支払金額をベースに考えるリボ払いに対し、分割払いは利用に対して何回で支払うのかを指定する方法です。実際には商品代金に手数料を加えた額を、指定回数で分割して支払う形になります。

相鉄カードでの分割払いの手数料は次の通りです。

支払回数 手数料率 分割手数料(100円あたり)
3回払い 12.00% 2.01円
5回払い 13.25% 3.35円
6回払い 13.75% 4.02円
10回払い 14.25% 6.70円
12回払い 14.50% 8.04円
15回払い 14.75% 10.55円
18回払い 14.75% 12.06円
20回払い 14.75% 13.40円
24回払い 14.75% 16.08円

 

例えば相鉄カードで、10万円の商品を10回払いで購入したとします。相鉄カードの場合、10回払いの分割手数料は100円につき6.7円ですので、10万円であれば6,700円、これを商品代金の10万円に加えた額を10回で支払っていきます。

(100,000円+6,700円)÷10回=10,670円

つまり、月々10,670円ずつ支払っていけば良いことになります。

海外ショッピング分の支払い

相鉄カードの場合、海外ショッピングの利用分についても国内での利用に対する支払いとそれほど変わりありません。

ただし外貨で決済した場合には日本円への換算の際に、2.20%の海外事務処理手数料が発生します。レート換算日は利用日ではなく、利用データが決済センターに到着した日付になります。

相鉄カードのキャッシング利用分の返済

相鉄カードの場合、国内でのキャッシング利用分については「キャッシングリボ」というサービス名からわかるように原則として全てリボ払いになります。

返済額は月々5,000円から設定可能で、元利定額返済ですので、返済金額の中に元金分と利息分の両方が含まれている形です。

相鉄カードのキャッシング枠の実質年率は18.0%ですので、大手消費者金融での金利とほぼ同じとなり、決して低くはありません。

相鉄カードのキャッシング利用分の返済は、通常よりも増額して支払ったり早めて支払ったりもできるので、賢く利用したいところです。

海外キャッシング分の返済

相鉄カードの海外キャッシング利用分は原則として1回払いになりますが、後日(帰国後など)リボ払いに変更することは可能です。

また、相鉄カードの海外キャッシング利用分は、前倒し返済も自由に行えます。前倒し返済は支払利息を効果的に減らせるので、無理のない範囲で積極的に行いましょう。

海外キャッシング分の返済にはショッピング時のような海外事務処理手数料は発生しません。

追加返済は自由に可能

ショッピングのリボ払い利用分もキャッシングリボも、早めに払ったり残高をまとめて支払ったりすることが可能で、どちらも次の方法で手続きすることができます。

・口座引き落とし
月々の支払時に、金額を増額して引き落とします。手続きはインターネットの会員専用ページVpassで手続きできます。

・振込
自分の好きなタイミングで三井住友カードの指定口座に振り込む方法で、こちらはVpassにて事前予約が必要になります。

・ATM
こちらも自分の好きなタイミングで支払う方法で、相鉄カードを使い、コンビニや提携金融機関に設置されているATMより入金します(※事前連絡不要)。

相鉄カードについてのよくある質問

ここでは相鉄カードに関してよくある質問、疑問点にお答えします。

PASMOオートチャージサービスのの申込方法は?

相鉄カードには、PASMOオートチャージ機能を付けることができます。「PASMOオートチャージサービス入会申込書」を駅係員から受け取り、必要事項を記入して郵送します。

その後、4週間程度でPASMOオートチャージサービスの案内ハガキが送られてきますので、記名PASMOとハガキを持って、最寄りのPASMO取扱駅(相鉄線各駅)へ訪問し、オートチャージサービスの利用設定の手続きをします。

※PASMOオートチャージサービスの入会には審査があります。
※記名PASMOを持っていない方は駅で購入してください。
※PASMOオートチャージサービスについて詳しくは「PASMOオートチャージサービス手続きの流れ」をご覧ください。

相鉄カードで普通乗車券は購入できますか?

多くの私鉄ではクレジットカードの普通乗車券購入には対応していませんが、相鉄カードでも同様で、残念ながら購入できるのは定期券のみで、普通乗車券の購入はできないので注意してください。

相鉄カードが利用できるATMは?

相鉄カードではキャッシングリボの借入・返済、リボ払いの支払いを提携ATMで行うことができ、利用できるATMは次の通りです。

※ATMにより取り扱っていないサービスもありますので、詳しくは各金融期間までお訊ねください。

【コンビニ】
セブンイレブン(セブン銀行ATM)、ローソン(ローソン銀行ATM)、ファミリーマート(E-netATM)、サークルKサンクス(E-netATM、バンクタイムATM、ゼロバンクATM)、ミニストップ(イオン銀行ATM、E-netATM)

【全国金融機関】
三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソンPontaプラス銀行、三井住友信託銀行、全国の信用金庫、ゆうちょ銀行

【北海道・東北】
北海道銀行・北洋銀行・青森銀行・みちのく銀行・秋田銀行・北都銀行・荘内銀行・山形銀行・きらやか銀行・岩手銀行・東北銀行・七十七銀行・仙台銀行・東邦銀行・福島銀行・大東銀行

【関東】
群馬銀行・東和銀行・足利銀行・栃木銀行・常陽銀行・筑波銀行・埼玉りそな銀行・武蔵野銀行・千葉銀行・千葉興業銀行・京葉銀行・東京スター銀行・きらぼし銀行・横浜銀行・神奈川銀行

【東海・北陸・甲信越】
静岡銀行・清水銀行・スルガ銀行・愛知銀行・名古屋銀行・中京銀行・百五銀行・三重銀行・第三銀行・大垣共立銀行・十六銀行・北越銀行・大光銀行・北陸銀行・富山銀行・富山第一銀行・北國銀行・福井銀行・福邦銀行・八十二銀行・長野銀行・山梨中央銀行

【近畿】
滋賀銀行・京都銀行・但馬銀行・南都銀行・池田泉州銀行・関西みらい銀行・みなと銀行・紀陽銀行

【中国・四国】
中国銀行・トマト銀行・広島銀行・もみじ銀行・鳥取銀行・山陰合同銀行・島根銀行・山口銀行・西京銀行・百十四銀行・香川銀行・阿波銀行・徳島大正銀行・四国銀行・伊予銀行・愛媛銀行・高知銀行

【九州・沖縄】
西日本シティ銀行・福岡銀行・筑邦銀行・福岡中央銀行・北九州銀行・佐賀銀行・佐賀共栄銀行・親和銀行・長崎銀行・肥後銀行・熊本銀行・大分銀行・豊和銀行・宮崎銀行・宮崎太陽銀行・南日本銀行・鹿児島銀行・沖縄海邦銀行

相鉄カードの退会・解約方法は?

相鉄カードの解約(退会)は、三井住友カードのインターネット会員サービス「Vpass」か、電話「FORYOUデスク」にて行うことができますので、手元にカードを準備し、会員本人が手続きを行ってください。

FORYOUデスクは基本的に自動音声での対応になりますが、場合によってはオペレーター対応になることがあります。

電話料金が発生するため(着信は東京または大阪)、特に理由がなければインターネットでの解約手続きのほうが良いかもしれません。

FORYOUデスク:0570-783-940
営業時間 9:00~17:00(12月30日~1月3日のみ休業)

相鉄カードのメリット・デメリットまとめ

相鉄カードの特徴や審査の難易度などについて詳しくご紹介しましたが、最後に相鉄カードのメリット、デメリットをまとめてみることにしましょう。

【相鉄カードのメリット】
・本カードも家族カードも年会費永年無料
・ETCカードは利用が1度でもあればその翌年の年会費が無料
・海外ブランドがVisaとMastercardから選べる
・PASMOのオートチャージに対応
・相鉄カードは定期券の購入でもポイントが付与される
・提携施設が割引で利用できる
・相鉄カードの審査はそれほど厳しくなく取得しやすい
・ショッピングリボ、キャッシングリボ支払いの自由度が高い

【相鉄カードのデメリット】
・ポイント還元率は0.5%とやや低め
・相鉄カードには付帯保険がない
・キャッシングリボの金利が高い

相鉄カードのポイント還元率が高くない点は普段遣いのカードとしてはネックになる部分で、付帯保険がないのも残念ですが、その他は基本的にまずまずの内容になっています。

何より相鉄カードは年会費が一切かかりませんし、定期券の購入でポイントがもらえる点も相模鉄道を日常的に利用する方なら見逃す理由がありません。

そのため、相鉄カードはあくまでも相模鉄道や提携施設を利用する際に活躍させるサブカードと位置づけ、メインのクレジットカードは別に用意するというのが賢い利用方法だと言えるでしょう。

 
 

この記事の監修者

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している実績があります。

PAGETOP