KIPSカードの審査は甘い?種類や年会費、ポイントなど特徴を解説

近鉄電車、近鉄百貨店などでおなじみの近鉄グループでは、KIPSカードと呼ばれるクレジットカード、ポイントカードを発行しています。

KIPSとは「Kintetsu International Passport System」を略したもので、近鉄グループユーザーにはお得なサービスが満載となっています。

では、具体的にKIPSカードにはどのような特徴があるのでしょうか?種類や年会費、ポイント還元率、特典についてや、KIPSカードの審査難易度、お得な使い方などを詳しく解説していきます。


もくじ

KIPSカードの種類

まず、一般的にKIPSカードと呼ばれているものには次のような種類があります。

・KIPSクレジットカード(+KIPS PiTaPaカード)
・KIPS ICOCAカード
・KIPSポイントカード/KIPS近商カード

当ページでは主にクレジット機能を持つKIPSクレジットカードについて詳しく解説していきますが、この項では他のカードの特徴についても簡単に触れておきましょう。

KIPSクレジットカード(+KIPS PiTaPaカード)

現在新規申込可能なKIPSクレジットカードは全部で10種類あり、どのカードもポストペイ(後払い)式電子マネーサービスの「PiTaPa」と紐付けが可能となっています。

KIPSクレジットカードと同時にKIPSカードを申し込むこともできます。

ショッピング利用でKIPSポイントが貯まり、特に近鉄百貨店での利用でポイントが多く貯まります。

また、KIPS PiTaPaカードとの組み合わせで近鉄電車の利用が便利・お得になる共通点があります。

ただ、海外ブランドや付帯カード、付帯保険、ポイントの付与条件など、カードによって一部サービス内容に細かな違いがあります。

10枚のKIPSクレジットカードをタイプ分けすると、次のようになります。

【スタンダードなKIPSカード】
・KIPS MUFGカード
・KIPS-JCBカード
・KIPS-三井住友カード
・KIPS UCカード

【JALとの提携でマイルも貯まるカード】
・JMB KIPSカード(一般)
・JMB KIPSカード(ゴールド)

【三菱UFJ銀行ユーザー向けで三菱UFJポイントも貯まるカード】
・ICクレジットカード KIPS「三菱UFJ-VISA」(一般)
・ICクレジットカード KIPS「三菱UFJ-VISA」(ゴールド)

【百五銀行ユーザー向けでDCハッピープレゼントポイントも貯まるカード】
・105 BESTIO KIPS(一般)
・105 BESTIO KIPS(ゴールド)

三菱UFJ銀行と提携しているICクレジットカード KIPS「三菱UFJ-VISA」(一般)、百五銀行と提携している105 BESTIO KIPS(一般)の2枚以外は全て年会費がかかりますが、条件付きで年会費を無料にできる方法があります。

KIPS MUFGカードの概要

国際ブランド VISA、Mastarcard
年会費 [本会員] 1,375円(税込・初年度無料)
[家族会員] 440円(税込)
※年間5万円(税込)のショッピング利用で翌年度年会費無料
※年間に1度のショッピング利用で翌年度年会費無料(KIPS PiTaPaカードをお持ちの方)
申込資格 満18歳以上で安定した収入がある方(高校生を除く)
利用可能枠 10~100万円
付帯保険 不正使用被害の補償サービス
追加可能カード KIPS PiTaPa、家族カード、ETCカード、銀聯カード
ポイント名 KIPSポイント
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 三菱UFJニコス株式会社
申込方法 オンライン・近鉄百貨店店頭・郵送

 

KIPS-JCBカードの概要

国際ブランド JCB
年会費 [本会員] 1,375円(税込・初年度無料)
[家族会員] 440円(税込)
※年間5万円(税込)のショッピング利用で翌年度年会費無料
※年間に1度のショッピング利用で翌年度年会費無料(KIPS PiTaPaカードをお持ちの方)
申込資格 満18歳以上で安定した収入がある方(高校生を除く)
利用可能枠 -
付帯保険 ショッピングガード保険
追加可能カード KIPS PiTaPa、家族カード、ETCカード、QUICPay
ポイント名 KIPSポイント
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 株式会社ジェーシービー
申込方法 オンライン・近鉄百貨店店頭・郵送

 

KIPS-三井住友カードの概要

国際ブランド VISA、Mastarcard
年会費 [本会員] 1,375円(税込・初年度無料)
[家族会員] 440円(税込)
※年間5万円(税込)のショッピング利用で翌年度年会費無料
※年間に1度のショッピング利用で翌年度年会費無料(KIPS PiTaPaカードをお持ちの方)
申込資格 満18歳以上で安定した収入がある方(高校生を除く)
利用可能枠 10~100万円
キャッシング利用枠 0~100万円
付帯保険 お買物安心保険(海外、または国内リボ払い・分割払い利用分のみ)
追加可能カード KIPS PiTaPa、家族カード、ETCカード、iDカード
ポイント名 KIPSポイント
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い/または毎月末日締め、翌月26日支払い
(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 三井住友カード株式会社
申込方法 オンライン・近鉄百貨店店頭・郵送

 

KIPS UCカードの概要

国際ブランド VISA、Mastarcard
年会費 [本会員] 1,375円(税込・初年度無料)
[家族会員] 440円(税込)
[学生] 在学中無料
※年間5万円(税込)のショッピング利用で翌年度年会費無料
※年間に1度のショッピング利用で翌年度年会費無料(KIPS PiTaPaカードをお持ちの方)
申込資格 満18歳以上で安定した収入がある方(高校生を除く)
利用可能枠 -
付帯保険 オプションで付帯可能(有料)
追加可能カード KIPS PiTaPa、家族カード、ETCカード
ポイント名 KIPSポイント
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月10日締め、翌月5日支払い
発行会社 ユーシーカード株式会社
申込方法 オンライン・近鉄百貨店店頭・郵送

 

JMB KIPSカード(一般)の概要

国際ブランド VISA、Mastarcard
年会費 [本会員] 1,320円(税込・初年度無料)
[家族会員] 無料
※年間5万円(税込)のショッピング利用で翌年度年会費無料
※年間に1度のショッピング利用で翌年度年会費無料(KIPS PiTaPaカードをお持ちの方)
申込資格 満18歳以上で安定した収入がある方(高校生を除く)
利用可能枠 10~100万円
キャッシング 0~10万円
カードローン 0~40万円
付帯保険 -
追加可能カード KIPS PiTaPa、家族カード、ETCカード
ポイント名 KIPSポイント、DCハッピープレゼントポイント、JALマイル
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行会社 DCカード(三菱UFJニコス株式会社)
申込方法 オンライン・近鉄百貨店店頭・郵送

 

JMB KIPSカード(ゴールド)の概要

国際ブランド VISA、Mastarcard
年会費 [本会員] 11,000円(税込)
[家族会員] 1人目無料、2人目以降1,100円(税込)
申込資格 満30歳以上で一定以上の安定した収入があり、勤続年数または営業年数(自営の場合)5年以上の方
利用可能枠 50~200万円
キャッシング 0~10万円
カードローン 0~40万円
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
・国内旅行傷害保険
・ショッピングセイバー
追加可能カード KIPS PiTaPa、家族カード、ETCカード
ポイント名 KIPSポイント、DCハッピープレゼントポイント、JALマイル
ポイント還元率 0.5%~(近鉄グループ以外は1%)
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行会社 DCカード(三菱UFJニコス株式会社)
申込方法 オンライン・近鉄百貨店店頭・郵送

 

ICクレジットカード KIPS「三菱UFJ-VISA」(一般)の概要

国際ブランド VISA
年会費 [本会員] 無料
[家族会員] 無料
申込資格 ・満20歳以上で安定した収入がある方または学生の方
・三菱UFJ銀行に口座をお持ちの方
利用可能枠 10~100万円
キャッシング利用枠 0~50万円
付帯保険 ・海外旅行保険(利用付帯)
・ショッピングセイバー
追加可能カード KIPS PiTaPa、家族カード、ETCカード、プラスEXカード
ポイント名 KIPSポイント・三菱UFJポイント
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 三菱UFJ銀行
申込方法 三菱UFJ銀行のホームページ

 

ICクレジットカード KIPS「三菱UFJ-VISA」(ゴールド)の概要

国際ブランド VISA
年会費 [本会員] 11,000円(税込)
[家族会員] 1人目無料、2人目以降1,650円(税込)
※年間100万円(税込)のショッピング利用で翌年度年会費無料
申込資格 ・満20歳以上で安定した収入がある方または学生の方
・三菱UFJ銀行に口座をお持ちの方
利用可能枠 50~300万円
キャッシング利用枠 0~100万円
付帯保険 ・海外旅行保険
・国内旅行傷害保険
・ショッピングセイバー
追加可能カード KIPS PiTaPa、家族カード、ETCカード、プラスEXカード
ポイント名 KIPSポイント・三菱UFJポイント
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 三菱UFJ銀行
申込方法 三菱UFJ銀行のホームページ

 

105 BESTIO KIPS(一般)の概要

国際ブランド VISA
年会費 [本会員] 無料
[家族会員] 無料
申込資格 ・満20歳以上で収入のある方(パート・アルバイト、専業主婦、学生可)
・百五銀行の普通預金口座をお持ちの方
利用可能枠 10~50万円
キャッシング利用枠 0~30万円
付帯保険 ・海外旅行保険(利用付帯)
・ショッピングセイバー
追加可能カード KIPS PiTaPa、家族カード、ETCカード
ポイント名 KIPSポイント・DCハッピープレゼントポイント
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 百五銀行、DCカード(三菱UFJニコス)
申込方法 百五銀行の窓口

 

105 BESTIO KIPS(ゴールド)の概要

国際ブランド VISA
年会費 [本会員] 11,000円(税込)
[家族会員] 1人目無料、2人目以降1,100円(税込)
※年間100万円(税込)のショッピング利用で翌年度年会費無料
申込資格 ・満20歳以上で収入のある方(専業主婦、学生不可)
・百五銀行の普通預金口座をお持ちの方
利用可能枠 50~200万円
キャッシング利用枠 0~100万円
付帯保険 ・海外旅行保険
・国内旅行傷害保険
・ショッピングセイバー
追加可能カード KIPS PiTaPa、家族カード、ETCカード
ポイント名 KIPSポイント・DCハッピープレゼントポイント
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 百五銀行、DCカード(三菱UFJニコス)
申込方法 百五銀行の窓口

 

KIPS ICOCAカード

KIPS ICOCAカードはICOCAの機能と現金専用のKIPSポイントカードとが一体化したカードです。

近鉄電車の定期券を搭載可能で、近鉄線運賃分200円(税抜)に対してKIPSポイントが1ポイント貯まります。また、近鉄電車のIC乗車券の利用でも同様にKIPSポイントを貯めることができます。

さらには、近鉄百貨店、スーパーマーケットKINSHO、Harves(ハーベス)、その他KIPSポイント加盟店で買い物時にKIPS ICOCAカードを提示すると、利用額100円(税抜)~220円(税込)につき1ポイントが貯められます(付与されるポイントは店舗や商品によって異なります)。

KIPS ICOCAカードにはクレジットカード機能はありませんが、12歳以上(小学生は除く)なら持てるカードなので、近鉄グループのサービスをよく利用する学生の方にもお勧めです。

KIPSポイントカード/KIPS近商カード

KIPSポイントカードは近鉄百貨店やスーパーマーケットKINSHO、その他KIPSポイント加盟店での買い物(現金払い)でKIPSポイントを貯められるカードで、こちらも12歳以上(小学生は除く)の方が持てるカードですが、発行手数料として100円(税込)がかかります。

KIPSポイントカードの場合、付与されるポイントは100円(税抜)~220円(税込)につき1ポイント(利用する店舗、商品により異なります)となっており、スーパーマーケットKINSHO、Harves(ハーベス)での利用は即時ポイントが貯まります。

KIPSポイントカードに近商電子マネーの機能を付帯させたものがKIPS近商カードです。

近商電子マネーで決済した場合、通常のKIPSポイントに加え、300円(税別)につき1ポイントプラスしてポイントが付与されます。通常のKIPSポイントカードよりも多くKIPSポイントを貯められるのでお得です。

KIPSカードの特徴・特典

ここからはKIPSクレジットカード、特に券面が緑色の「KIPS MUFGカード」「KIPS-JCBカード」「KIPS-三井住友カード」「KIPS UCカード」を中心に、KIPSカードの特徴・特典をご紹介していきましょう。

KIPSポイントが貯まる

KIPSクレジットカードを利用すると、様々な形でKIPSポイントがもらえます。

KIPSポイントは1ポイント=1円に相当し、KIPSポイント加盟店で使えたり他社のポイントに交換したりすることが可能です。

KIPSポイント加盟店での利用で貯まる

近鉄グループの百貨店、スーパーマーケット、レストラン、ホテル、ゴルフ場などでKIPSクレジットカードを利用すると、利用金額に応じてKIPSポイントが貯まります。

利用場所 貯まるポイント
近鉄百貨店 普通商品:100円(税抜)につき5ポイント
特価品、食品・レストラン:100円(税抜)につき1ポイント
スーパーマーケットKINSHO、Harves 200円(税抜)につき1ポイント
その他の店舗・施設 110円(税込)または220円(税込)につき1ポイント

 イント

近鉄電車の利用でKIPSポイントが貯まる

KIPS PiTaPaカードやKIPS ICOCAカードで近鉄電車のIC乗車券を利用すると、200円(税抜)ごとにKIPSポイントが1ポイント貯まります。

また、KIPS ICOCAカードに定期券を搭載した場合にも、近鉄線運賃分200円(税抜)ごとに1ポイント付与されます。

通常のお買い物でKIPSポイントが貯まる

普段のお買い物をKIPSクレジットカードで支払うと、220円(税込)ごとに1ポイントが貯まります。

公共料金等の月々の支払いやネットショッピング、海外でのショッピングなどももちろん利用可能です。

ただし、KIPSカードのポイント還元率はだいたい0.5%という計算になり、この数字はあまり高還元とは言えません。KIPSカードは普段遣いのカードとしてはやや力不足の印象は否めないところです。

ETCカードの利用でKIPSポイントが貯まる

KIPSカードは追加でETCカードを発行することができ、ETCカードの利用分に対してもショッピング利用分と同様に0.5%の還元率でポイントを貯めることができます。

ETCカードの機能はどのKIPSカードを選んでも同じですが、ブランドによって発行手数料や年会費がかかるため、注意してください。

クレジットカード名 新規発行手数料 年会費(税込)
KIPS MUFGカード 1,100円 無料
KIPS-JCBカード 無料 無料
KIPS-三井住友カード 無料 550円(※)
KIPS UCカード 無料 無料
JMB KIPSカード(一般) 1,100円 無料
ICクレジットカード KIPS「三菱UFJ-VISA」(一般) 無料 無料
ICクレジットカード KIPS「三菱UFJ-VISA」(ゴールド) 無料 無料
105 BESTIO KIPS(一般) 1,100円 無料
105 BESTIO KIPS(ゴールド) 無料 無料

(※)1度でもETCカードの利用があれば、その翌年度の年会費は無料になります。

近鉄百貨店でのショッピングでKIPSポイントが貯まる

近鉄百貨店をよく利用される方に朗報!近鉄百貨店での年間お買い上げ額(KIPSクレジットカードでの支払い分)に応じて、翌年の基本ポイント率が最大10%にアップします。

残念ながら近鉄百貨店でも、食品やレストラン、喫茶利用分や一部ブランド商品、特価品はポイントアップ対象外ですが、10%のポイント還元はかなり大きいですね

年間お買上額 100円(税抜)ごとに貯まるポイント
30万円未満 5%(通常還元率)
30万円~50万円未満 8%
50万円以上 10%

 

家族カードをお持ちの方は年間お買上額が全て合算されますし、ポイント率のアップも全ての会員が対象になります。

※その他、新規入会プレゼントでKIPSポイントが貯まりますが、時期によってキャンペーンが行われたり内容に変更があったりしますので、最新情報は公式サイトをご確認ください。

KIPSポイントの使い方

KIPSカードで貯まった「KIPSポイント」は次のような使い方が可能です。

KIPSポイントを支払いに使う

KIPSポイントを1ポイント1円として、KIPSポイント加盟店で支払いに使うことができます。

【1ポイント(1円)から使える店舗・施設】
近鉄百貨店、近鉄百貨店ネットショップ、スーパーマーケットKINSHO、Harves(ハーベス)、成城石井(上本町店、あべの店、大和西大寺店、四条烏丸店、大和八木店、コトチカ京都店、近鉄丹波橋店)、Time’s Place、ファミリーマートの一部店舗(近鉄駅構内店)など

【100ポイント(100円)単位で使える施設】
あべのアポロシネマ、あべのハルカス美術館、ハルカス300(展望台)

【500ポイント(500円)単位で使える施設】
近鉄グループのホテル、ゴルフ場

KIPSクーポンに交換する

KIPSポイントを、近鉄グループのほとんどの店舗、施設(近鉄百貨店、スーパーマーケットKINSHO、Harves、近鉄駅営業所、ホテル、旅館、飲食・サービス施設など)で利用できるKIPSクーポンに交換することができます。

KIPSクーポン交換は500ポイント単位。KIPS Webサービスで申し込んで郵送してもらえます。有効期限は発券日から3ヶ月後の末日までです。

KIPSポイントを他のポイントに交換する

KIPSポイントは次のポイントに交換可能です。

・近鉄特急netポイント
・近鉄百貨店ネットポイント
・三菱UFJポイント(三菱UFJ銀行)
・DCハッピープレゼントポイント(百五銀行)
・りそなクラブポイント(りそな銀行)
・関西みらいクラブポイント(関西みらい銀行)
・埼玉りそなクラブポイント(埼玉りそな銀行)

※JMB KIPSカードはJALのJMBマイルへの交換も可能です。

KIPSポイントを商品に交換する

貯まったKIPSポイントを、グルメ商品やランチ&ディナー券、ホテルや旅館など宿泊施設、レジャーその他の商品と交換することができます。

KIPSカードの優待サービス

KIPSカードで支払ったり、KIPSカードを提示して現金払いすることでいろいろな優待サービスを受けることがあります。

KIPSカードの優待サービスは非常に多く、ここではほんの一部しかご紹介できないので、全ての優待内容をお知りになりたい方は、公式サイトをご確認ください。

KIPS公式サイト「ご利用可能店舗・施設」

【レジャー】

あべのアポロシネマ 大人一般料金200円割引
志摩スペイン村パルケエスパーニャ パスポート類20%割引(クレジットカード払いのみ)
志摩マリンランド 入館料20%割引(同伴2名まで)
梅田スカイビル 空中庭園展望台 入場料10%割引(同伴4名まで)
京都タワー 入館料70%割引(同伴4名まで)
花吉野カンツリー倶楽部 平日・土日祝ビジター基本料金から1,000円割引(本人のみ)

 
 

【グルメ】

カバリエ 難波店・布施店 2,000円(税抜)以上の利用で割引
シェラトン都ホテル大阪/レストラン 2,000円(税抜)以上の利用で5%割引
大阪マリオット都ホテル/レストラン 2,000円(税抜)以上の利用で5%割引
都シティ 大阪天王寺/レストラン 2,000円(税抜)以上の利用で5%割引
ホテル近鉄ユニバーサル・シティ/レストラン 2,000円(税抜)以上の利用で5%割引

 
 

【その他】

弘川寺 拝観料100円割引(本人のみ)
一休寺 拝観料10%割引(本人のみ)
春日大社(国宝殿・萬葉植物園) 拝観料20%割引(本人のみ)
近鉄レンタリース 10%割引(クレジットカード払いのみ)
アート引越センター 引越代金30%割引

 

KIPSカードの付帯保険

KIPSクレジットカードの中には、カードブランドで提供されている保険が付帯しているものがありますが、「KIPS MUFGカード」「KIPS-JCBカード」「KIPS-三井住友カード」「KIPS UCカード」「JMB KIPSカード(一般)」には人気の高い旅行傷害保険の付帯がありません。

旅行傷害保険付帯のクレジットカードを希望する方は、利用付帯ですが海外旅行傷害保険が付帯する「ICクレジットカード KIPS『三菱UFJ-VISA』」「105 BESTIO KIPS」を選ぶか、海外・国内旅行傷害保険が付帯する「JMB KIPSカード(ゴールド)」「ICクレジットカード KIPS『三菱UFJ-VISA』ゴールド)」「105 BESTIO KIPS(ゴールド)」を検討してみてください。

KIPSカードの審査は甘い?難易度は?

ご紹介したように、近鉄グループのサービスをよく利用する方にはお得になる点の多いKIPSカードですが、クレジットカードを発行するには審査を通る必要があります。

そこで気になるのが審査の難易度ですが、KIPSカードの審査は甘いのでしょうか?厳しいのでしょうか?

各カード会社ともクレジットカードの審査基準を明らかにすることはありませんが、カードの申込条件や発行企業の系統からある程度の審査難易度を推測することは可能です。

申込条件から見たKIPSカードの難易度

新規申し込みできるKIPSカードは全部で10種類あり、カード会社もブランドもまちまちですので、全てのKIPSカードが同じ難易度ではありませんし、カード会社によっては単に「難易度」という一言では推し量りにくい面もあります。

ここでは各KIPSカードに設けられている申込資格から審査の難易度を探ってみることにしましょう。

KIPSカードを申込資格ごとに分類すると、次のようになっています。

・満18歳以上で安定した収入がある方(高校生を除く)
「KIPS MUFGカード」「KIPS-JCBカード」「KIPS-三井住友カード」「KIPS UCカード」「JMB KIPSカード(一般)」

・30歳以上で一定以上の安定した収入があり、勤続年数または営業年数(自営の場合)5年以上の方
「JMB KIPSカード(ゴールド)」

・満20歳以上で安定した収入がある方または学生の方
・三菱UFJ銀行に口座をお持ちの方
「ICクレジットカード KIPS『三菱UFJ-VISA』(一般)」
「ICクレジットカード KIPS『三菱UFJ-VISA』(ゴールド)」

・満20歳以上で収入のある方(パート・アルバイト、専業主婦、学生可)
・百五銀行の普通預金口座をお持ちの方
「105 BESTIO KIPS(一般)」

・満20歳以上で収入のある方(専業主婦、学生不可)
・百五銀行の普通預金口座をお持ちの方
「105 BESTIO KIPS(ゴールド)」

「KIPS MUFGカード」「KIPS-JCBカード」「KIPS-三井住友カード」「KIPS UCカード」「JMB KIPSカード(一般)」の5枚については未成年の方でも作れるカードであることから、審査はそれほど厳しいものではないことがわかります。

ただし、一般的に難易度が「低い」と言われるカードには通常年収についての条件は設けられていないことを考えると、そうしたクレジットカードよりは審査が甘くないこともうかがえます。

また、「JMB KIPSカード(ゴールド)」については年齢の条件が上がることもさることながら、勤続年数や年収にも条件がついていますので、審査の難易度は一般カードよりもぐっと高くなっていることがわかります。

一般カードに比べゴールドカードは審査基準も高めに設定されていることが多いので、審査に不安のある方はまず一般のKIPSカードからチャレンジしてみることをお勧めします。

KIPSカードは流通系+交通系クレジットカード

クレジットカードは発行元の系統から「銀行系」「交通系」「信販系」「流通系」「消費者金融系」などといった形で分類可能で、それぞれ審査難易度が異なっていると言われています。

例えば「銀行系」は銀行が発行しているクレジットカードが分類され、審査が慎重に行われる傾向があり、審査難易度は高めで、クレジットカードの発行までにかかる時間も比較的長めです。

逆に消費者金融などが発行している「消費者金融系」のクレジットカードは審査基準が比較的緩めで、発行までも非常にスピーディーです。

付帯保険やステータス性などはあまり期待できませんが、「とりあえずクレジット機能があれば良い」「急ぎで1枚欲しい」方には消費者金融系は悪くないカードです。

ではKIPSカードが何に当たるのかということですが、近鉄百貨店や近鉄系のスーパーなどで重宝することから「流通系」のクレジットカードであり、近鉄電車やPiTaPa、ICOCAにも深く関係していることから「交通系」の性格も併せ持っています。

「流通系」は審査が柔軟であることが知られ、ご自身に収入のない専業主婦の方や学生の方でも作りやすいクレジットカードの代表格に挙げられます。

ただ「交通系クレジットカード」はそれよりも若干難易度が高い傾向にあります。

これらのことから、KIPSカードは作るのが難しいというほどではないものの、審査がしっかり行われる「中程度」の審査難易度であると言えるでしょう。

KIPSカードは専業主婦や学生でも作れる?

申込条件からもわかる通り、「KIPS MUFGカード」「KIPS-JCBカード」「KIPS-三井住友カード」「KIPS UCカード」「JMB KIPSカード(一般)」「105 BESTIO KIPS(一般)」は専業主婦や学生の方でも申込可能。また、「ICクレジットカード KIPS『三菱UFJ-VISA』(一般)」も配偶者に安定した収入があれば、専業主婦も申込可能です。

一方で「JMB KIPSカード(ゴールド)」は本人に安定した収入が求められますし、「105 BESTIO KIPS(ゴールド)」に関しては専業主婦、学生は申し込みが不可であることがはっきり謳われています。

専業主婦の方、学生の方、また仕事をお持ちでも収入が安定していない方は最初に挙げた7枚のKIPSカードから選ぶのが無難でしょう。

KIPSカードの審査落ちの可能性が高くなるのはどんな人?

KIPSカードに限らず、次の条件に1つでも合致している方は、審査に通りにくくなると考えられます。

・収入が少ない
・他に借り入れが多い
・クレジットカードやローン等の利用で長期延滞、強制解約等などの経験がある
・5年以内に債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)を行った
・同じカード会社のサービスで金融事故を起こしたことがある
・半年以内にクレジットカードやローンの多重申込をしている
・クレジットカードやローンを一度も利用したことがない(30代以降の方)
・申込書に記載した内容に虚偽があった
・申込条件を満たしていない

どのような理由で審査落ちするのか、またこれらに当てはまる場合にはどんな対策を取ればよいのかを見ていくことにしましょう。

収入や借入状況次第では返済能力を不安視される

KIPSカードだけではなく、クレジットカードは申込者に返済能力がないと判断されると発行してもらえません。この返済能力の判断基準となるものに、次の式で導き出される「支払可能見込額」があります。

支払可能見込額=年収-年間請求予定額-生活維持費

クレジットカードのショッピング利用枠の上限は、この式で計算された「支払可能見込額」の90%以内で設定されることになっています。

年収が低かったり年間請求予定額が大きかったりすれば支払可能見込額が非常に小さくなってしまいますし、場合によってはマイナスになってしまうかもしれません。

この方の場合、新たにクレジットカードを持ちたいなら、年収を上げるか年間請求予定額(借金)を減らすかしなければなりません。

信用情報に傷があると審査に通るのは難しい

これまでクレジットカードやローンなどを利用してきた記録は信用情報(クレジットヒストリー)と呼ばれ、指定信用情報機関に保持されています。

そしてクレジットカード会社はそれらの個人情報を、審査の際に参照できることになっています。

そのため、たとえ他社との取引記録であっても、次のようなネガティブな情報(異動情報、ブラック情報)が見つかると、KIPSカードの審査は非常に通りにくくなってしまいます。

・2ヶ月以上にわたる長期延滞
・クレジットカード等の強制解約
・代位弁済
・債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)

上記の記録は5年間(延滞は解消してから5年、全国銀行個人信用情報センターでは自己破産情報は10年)にわたって保持されることから、履歴抹消を待ってから、KIPSカードに申し込むのが効果的な方法だと言えます。

社内情報から審査落ちすることも

信用情報機関に登録されているクレジットヒストリーについては、ある程度の期間が経過すれば抹消されるのですが、迷惑を被った当の業者内では、その情報は以前保持されたままになります。

ですので、違うカード(サービス)であれ、同じ業者に申し込んでもまず審査には通らないと思ったほうが良いでしょう。これを「社内ブラック」と呼んでいます。

幸いKIPSカードは種類が多いので、発行業者やブランドを選ぶことができます。

これまでに長期延滞などを起こしたことのある業者のカードは避けるて、これまで利用したことのない業者のKIPSカードを選ぶと良いでしょう。

多重申込は敬遠される可能性が高い

先ほどご紹介した信用情報には、クレジットカードやローンなどに申し込んだ記録も記載され、その情報は6ヶ月間保持されています。

申込記録自体はあっても問題はないのですが、これが3件、4件と積み重なっていると「半年の間にこんなに申し込みが集中しているのはなぜだろう、この人はお金に困っているのではないか?」と判断されてしまうのです。

あるいは「申込特典目当てで片っ端から申し込んでいるのでは?」「クレジットカードを発行しても当社のものはあまり使ってもらえないのでは?」と疑われる可能性もありますので、多重申込は避けるのが賢明です。

履歴がなければ判断が難しくなる

クレジットカードを1枚も持っていない人やこれまでにローンなどを全く利用したことのない人の場合、クレジットヒストリー自体が全くないことになります。

これを「スーパーホワイト」と呼んでいますが、このスーパーホワイト、審査に有利になると思いきや、実は不利に働いてしまいます。

スーパーホワイトについて詳しくは以下をご覧ください。

⇒クレヒスなし「スーパーホワイト」だとクレカの審査に落ちる?

KIPSカードの審査申込方法

KIPSカードの審査申込方法には次の3パターンがあります。

・インターネット(スマートフォン、パソコン)で申し込む
・郵便で申し込む
・店頭で申し込む

どの審査申込方法を選んでもKIPSカードの申込資格や審査基準は同じですので、ご自身の都合の良い方法で申し込んでください。

KIPSカード発行までにかかる期間

申し込みからKIPSカードが手元に届くまで、3週間程度かかりますが、店舗で申し込んだ場合には、即日「仮カード」が発行されます。

仮カードにはクレジット機能はありませんし、近鉄百貨店でしか使えませんが、買い物時に提示することでポイントがつき、KIPSカードが届いた後にポイントを合算することができます。

また、仮カードを提示しての購入分も年間お買上額の対象になりますので、KIPSカードが手元に届くまでの間に近鉄百貨店を利用する予定のある方は、店頭での発行を検討してみてください。

なお、KIPS PiTaPaカードはクレジットカードと同時申し込みが可能ですが、KIPS PiTaPaカードはスルッとKANSAIから、KIPSクレジットカードは各クレジットカード会社からのお届けになるので、同日の到着にならない場合もあります。

KIPSカード発行までの流れ

KIPSカードの発行までの流れは申込方法によって異なります。また、審査や手続き等は各カード会社が行うため、どのKIPSカードを選ぶかによっても若干の違いがあります。

インターネットでKIPSカードに申し込む

ここではKIPS MUFGカードを例に、申し込みからカード受け取りまでの流れをご紹介します。他のブランドのカードをお選びになった場合は下記と若干の違いがある場合もありますが、大きな流れは変わりありません。

1. KIPSホームページで希望のカードを選ぶ
2. リンクより各カード会社の申し込みページに飛ぶ
3. 申し込みページにて会員規約を確認し、同意する
4. WEB明細チェック登録に同意する
5. 申し込みフォームに必要事項を入力し、送信する
6. 支払口座をオンライン登録する(可能な方のみ ※1)
7. 申込受付のEメールを受け取る
8. 審査
9. 確認の電話がかかってくる(一部の方)
10. 審査終了のEメールが届く

【6で支払口座を登録した方】
11. KIPSカードが発行される
12. KIPSカードがゆうメール簡易書留で届けられる

【6で支払口座を登録していない方】
11. カード会社から書類が届く
12. 書類に必要事項を記入し、必要書類を同封して返送する
13. カード会社に書類到着後、カードが発行される
14. KIPSカードがゆうメール簡易書留で届けられる

(※1)KIPS MUFGカードの場合には三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、auじぶん銀行、イオン銀行、多くの地方銀行、信用金庫がオンライン登録に対応しています。オンライン登録が可能な金融機関はお選びになるカードブランドによって異なるため、各カード会社の申し込みページをご確認ください。

郵便でKIPSカードに申し込む

郵便でKIPSカードに申し込む方は、まず近鉄の主要駅、近鉄百貨店、スーパーマーケットKINSHO、Harves(ハーベス)などで入会申込書を入手して、必要事項を記入し、本人確認書類を同封して申し込みます。

カード会社が入会申込書を受領後、審査が行われ、通るとKIPSカードがお手元に郵送されます。

店頭でKIPSカードに申し込む

KIPSカードは近鉄百貨店のKIPSカウンターでも申込可能なので、希望する方は運転免許証などの本人確認書類、銀行印、通帳の3点を持ってお出かけください。

店頭でKIPSカードに申し込んだ場合には即日、近鉄百貨店での買い物でポイントが付与される仮カードが発行されます(仮カードにはクレジット機能はありません)。

申し込み後、審査が行われ、審査に通るとKIPSカード(本カード)がお手元に郵送されますので、仮カードでポイントを獲得した方は、本カードへのポイント移行手続きを行ってください。

ICクレジットカードKIPS「三菱UFJ-VISA」の申込方法

ICクレジットカードKIPS「三菱UFJ-VISA」の申し込みは近鉄百貨店等では受け付けていませんので、三菱UFJ銀行のホームページから申し込む必要があります。。

なお、ICクレジットカードKIPS「三菱UFJ-VISA」の申し込みには、三菱UFJ銀行の口座が必要ですので、お持ちでない方は、まず口座開設からお申し込みください。

105 BESTIO KIPSの申込方法

105 BESTIO KIPSはオンラインでの申し込みに対応していません。受付は百五銀行の窓口のみとなっているため、希望する方はお近くの百五銀行までお出かけになってください。

KIPS ICOCAカードの申込方法

交通IC機能が付帯したKIPS ICOCAカードの申し込みは近鉄主要駅の定期券発売窓口、近鉄の主な駅営業所にて受け付けています。

発売している駅:
大阪難波駅・大阪上本町駅・大和西大寺駅・京都駅・名張駅・大阪阿倍野橋駅・橿原神宮前駅・近鉄名古屋駅・近鉄四日市駅・津駅・宇治山田駅

駅営業所の営業時間:
平日10:00~19:00 土日祝9:00~18:00

なお、発行には2,000円(デポジット500円+初回チャージ額1,500円)が必要です。

KIPSポイントカードの申込方法

KIPSポイントカードは近鉄百貨店 KIPSカウンター、成城石井、KITTO、チュチュアンナ阿倍野橋店、GOTO-CHI京都店、Time’s Place一部店舗、その他近鉄グループのホテル、レストラン、ゴルフ場などで発行可能です。

KIPSポイントカードの申し込みには、発行手数料として100円(税込)が必要で、さらに身分証明書が必要となる場合があります。

KIPS近商カードの申込方法

KIPS近商カードの申し込みはスーパーマーケットKINSHO、Harves各店のサービスカウンターのみで可能です。発行手数料として100円(税込)がかかります。

KIPSカードの必要書類

クレジットカードを作る際には本人確認が必要になります。本人確認書類が必要になるタイミングはカード会社によって異なりますが、求められたときのために次の書類のいずれかを準備しておきましょう。

【運転免許証または運転経歴証明書の交付を受けている方】
・運転免許証
・運転経歴証明書 ・・・住所変更している場合には表裏両面が必要になります。

【上記のどちらもお持ちでない方】
・パスポート
・在留カード・特別永住者証明書
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・健康保険証
・住民票の写し など

上記の書類に記載されている住所と、KIPSカードの申込書に記載した現住所が異なっている場合には、次のような書類のいずれかも必要になります。

・公共料金等(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)の領収書
・社会保険料の領収書
・国税、地方税の領収書または納税証明書

KIPSカードの支払い・返済方法(KIPS-三井住友カード)

クレジットカードのショッピング利用分の支払い、キャッシング利用分の返済の内容はブランドによって多少の違いがありますので、ここではKIPS-三井住友カードを例に、支払方法、返済方法をご紹介していきます。

他のブランドのKIPSクレジットカードにも同等のサービスがありますが、詳細についてはカード送付の際に同封されるパンフレット等をご確認ください。

KIPSカードの締日と支払日

KIPS-三井住友カードの場合、ショッピング、キャッシングともに毎月15日締め、翌月10日に登録口座からの自動引落で支払いとなり、支払日が金融機関の休業日に当たった場合には、翌営業日に引き落とされます。

※締日、支払日は他のKIPSカードも同じですが、唯一KIPS UCカードのみ異なり、毎月10日締め、翌月5日支払いとなっています。

ショッピング利用分の支払い

ショッピング利用の支払い方法には1回払い、2回払い(※)、ボーナス一括払い(※)、リボ払い、分割払いがあり、このうち1回払い、2回払い、ボーナス一括払いには手数料がかかりません。

リボ払いと分割払いには所定の手数料がかかるので、賢く利用する必要があります。

(※)店舗によっては扱っていないところがあります。

KIPS-三井住友カードのリボルビング払い

リボルビング払いは利用件数や金額にかかわらず、月々(ほぼ)一定の金額を支払っていく方法で、月々の支払いの負担は減りますが、どうしても支払いが長引きやすくなり、その分支払手数料が多くなる傾向があります。

KIPS-三井住友カードでは月々の支払コースを5千円、または1万円以上1万円単位で選ぶことができますので、ご自身の都合の良い金額を選んでください。

コース名=月々に支払う元金分を意味しているため、実際の支払額は一定となる元金分に手数料分を加えた額になります。手数料は年率15.0%です。

他のKIPSカードについてもほぼ同じですが、元金分と手数料分を足した額が一定になる方式を取っているところもあります。

また各カードとも、ショッピング時に一括払いで指定したものを含めて全てリボ払いにできるサービスを行っています。

KIPS-三井住友カードの分割払い

分割払いはリボルビング払いとは逆で、支払回数を先に考える方法で、KIPS-三井住友カードでは3・5・6・10・12・15・18・20・24回払いから選ぶことができますが、店舗やカードによっては指定できない回数もあります。

KIPS-三井住友カードの場合、支払回数と手数料は次のようになっています。他のKIPSカードも同程度と考えて構いません。

支払回数 手数料率 分割手数料(100円あたり)
3回払い 12.00% 2.01円
5回払い 13.25% 3.35円
6回払い 13.75% 4.02円
10回払い 14.25% 6.70円
12回払い 14.50% 8.04円
15回払い 14.75% 10.55円
18回払い 14.75% 12.06円
20回払い 14.75% 13.40円
24回払い 14.75% 16.08円

 

KIPS-三井住友カードを使って、10万円の商品を10回払いで購入したケースを考えてみましょう。

KIPS-三井住友カードの10回払いは上記の表でわかる通り、100円あたり6.7円の手数料がかかりますので、10万円であれば、6,700円の手数料がかかることになります。

この額を商品代金に加えた金額を10回で支払っていくのです。

(100,000円+6,700円)÷10=10,670

ということで、月々10,670円ずつ支払っていけば良いわけです。

海外ショッピング分の支払い

海外でのショッピング利用分や海外ショップでネットショッピングした場合には、外貨での決済となりますが、支払いは日本での利用分とほとんど変わりありません。

ただし、日本円に換算される際に2%程度の海外事務処理手数料が発生します。またレート換算日はショッピングした日ではなく、データが決済センターに到着した日になる点は覚えておきましょう。

キャッシング利用分の返済

キャッシング利用分は一括払いまたはリボ払いで返済していきます。

KIPS-三井住友カードはキャッシングのサービス名が「キャッシングリボ」となっていることからわかる通り、原則としてリボ払いでの返済となっています。

またKIPS MUFGカードの場合には一括返済となるものを「キャッシングサービス」、リボ払いでの返済になるものを「カードローン」と呼び分けています。

ただ、どのKIPSカードを選んだとしても、一括返済するつもりでキャッシングしたものを後日リボ払いに変更したり、逆にリボ払いにしていたものの残金を一括返済することが可能です。

いずれにしても金利は利用した日数分に対してかかってきます。リボ払いにするとどうしても支払利息が大きくなりがちなので、余裕があるときには多めに返済したり臨時返済したりと、その都度工夫しつつ利用されることをお勧めします。

海外キャッシング分の返済

海外キャッシング利用分については原則として一括返済としているカード会社が多く見られますが、これも出発前や帰国後に返済方法を変更できることがほとんどですので、希望する方は会員向けサイト等で設定しておきましょう。

その他の返済方法等については、国内利用分も海外利用分も特に差はなく、海外ショッピング利用時には発生した事務手数料も、海外キャッシング時には不要です。

KIPSカードについてのよくある質問

最後に、KIPSカード(主にクレジットカード)についての質問、疑問にお答えしていきましょう。

KIPSカードで近鉄の乗車券・特急券・定期券は購入できる?

KIPSカード(クレジットカード)での近鉄の乗車券等の購入については、次の利用法が可能です。

利用場所 利用できること
近鉄電車の駅窓口 定期券、特急券、乗車券などの購入
自動発売機 定期券、特急券などの購入(クレジットカード対応自動発売機)
特急券自動発売機 特急券の購入
駅営業所 旅行商品としての乗車券、特急券の購入
インターネット 特急券の購入(登録が必要)

 

なお、回数券カードやICカードへの入金(チャージ)は利用することができません。

KIPSクレジットカードに申し込むと在籍確認はある?

全ての方ではありませんが、KIPSクレジットカードに申し込むと、勤務先や自宅などに確認の電話がかかってくる可能性があります。

勤務先にかかってくる確認の電話は、本人が実際にその職場に勤めているのかを調べる在籍確認の電話です。

在籍確認の電話では、特に難しい質問をされるわけではなく、せいぜい氏名や生年月日、住所などを訊かれるなど形式的なものが多く、時間もほとんどかかりません。

また、本人が席にいない間に在籍確認の電話がかかってきた場合にも、対応した方が「◯◯は席を外しています」「外出中です」等の返答をすれば申込者がその職場で勤めていることはわかるので、それで在籍確認は完了となります。

ただし、本人の携帯電話などにかかってきた場合には、申込内容に確認したいことがあるのかもしれませんので、カード会社からだとわかったら、折り返し電話を入れるようにしたほうが良いでしょう。

⇒審査時に勤め先への在籍確認がないクレジットカードはある?

ETCカードの利用分にもKIPSポイントは付与される?

ETCカードの利用分に対しても、200円ごとに1ポイントのKIPSポイントが付与されます。

ETCカードの利用分はポイント付与の対象にならないクレジットカードも少なくないので、これは嬉しいですね。

KIPSポイントを積極的に貯めたい方は、ぜひETCカードも発行しておきましょう。

KIPSカードのETCカードには年会費はかかりません(KIPS-三井住友カードのみ550円の年会費が発生しますが、1度でもETCカードの利用があれば年会費が無料になります)。

KIPS MUFGカード、JMB KIPSカード(一般)、105 BESTIO KIPS(一般)についてはETCの発行手数料が1,100円かかってしまうのは残念なところです。

KIPSカードの退会・解約方法は?

KIPSクレジットカードを退会したい場合には、手元にKIPSカードを用意したうえで本人が各カード会社に電話連絡してください。住所・氏名・引落口座など届出事項の変更がある場合にも、同じ番号で受け付けています。

・KIPS MUFGカード
0570-050535/東京:03-5489-6165
 [受付時間] 9:00~17:00(年末年始は休業)

・KIPS-JCBカード
0120-800-962/0570-00-5552
 [受付時間] 9:00~17:00(日・祝・年末年始は休業)

・KIPS-三井住友カード
0570-004-980/大阪:06-6445-3501 東京:03-6627-4137
 [受付時間] 9:00~17:00 年中無休(12月30日~1月3日は休業)

・KIPS UCカード
大阪:06-7709-8555 東京:03-6893-8200
 [受付時間] 9:00~17:00(1月1日のみ休業)

・JMB KIPSカード(一般・ゴールド)
大阪:06-6533-6633 東京:03-3770-1177
 [受付時間] 9:00~17:00(年末年始は休業)

・ICクレジットカード KIPS「三菱UFJ-VISA」(一般・ゴールド)
0120-860-777
 [受付時間] 9:00~21:00(年中無休)

・105 BESTIO KIPS(一般・ゴールド)
0120-899-105
 [受付時間] 9:00~17:00(銀行休業日は休業)

 
 

この記事の監修者

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している実績があります。

PAGETOP