JQカードの審査は緩い?種類や年会費など特徴を解説

JR九州では大手信販会社、クレジットカード会社、銀行と提携し、「JQカード」というクレジットカードを発行しています。

JRといえば何と言っても鉄道が有名ですが、グループ企業を含めると商業施設やホテルなどを多角的に展開しており、JQカードを発行する利点も非常に幅広くなっています。

当ページではそんなJQカードの種類や年会費、締め日、支払日、ポイントや特典、審査難易度、退会方法などを詳しくご紹介していきますので、九州にお住まいの方、九州方面に行く機会の多い方は是非ご覧ください。


もくじ

JQカードの種類

JQカードには、「スタンダード型JQカード」「SUGOCA一体型JQカード」の2つのタイプが用意されています。

スタンダード型JQカード 定期券付きSUGOCAに紐づけてオートチャージが可能となるJQカード
SUGOCA一体型JQカード SUGOCAを搭載したクレジットカード

 

このうちSUGOCA一体型JQカードには、銀行のキャッシュカード機能を搭載しているタイプのものも含まれています。

現在新規申し込みできるJQカードは次の18種類です。

1. スタンダード型JQカード
※定期券付きSUGOCAに紐付けてオートチャージが可能なクレジットカード

・JQカード セゾン
・JQカード エポス
・JQカード(MUFGカード)
・JQカード ゴールド(MUFGカード)

2. SUGOCA一体型JQカード
※SUGOCAを搭載したJQカード

・JQカード ANA
・JMB JQ SUGOCA
・BIC CAMERA JQ SUGOCA
・JQ SUGOCA JCB
・JQ SUGOCA

3. キャッシュカード+SUGOCA一体型JQカード
※SUGOCA一体型JQカードで、さらに銀行のキャッシュカード機能がプラスされたもの

・ALL IN ONE JQ SUGOCA:西日本シティ銀行のキャッシュカード機能付き
・ALL IN ONE JQ SUGOCA GOLD:西日本シティ銀行のキャッシュカード機能付き
・ながさきALL IN ONE JQ SUGOCA:長崎銀行のキャッシュカード機能付き
・ながさきALL IN ONE JQ SUGOCA GOLD:長崎銀行のキャッシュカード機能付き
・なんでんJQ SUGOCA:豊和銀行のキャッシュカード機能付き
・なんでんJQ SUGOCA GOLD:豊和銀行のキャッシュカード機能付き
・Melody plus JQ SUGOCA:大分銀行のキャッシュカード機能付き
・WAZZE JQ SUGOCA:南日本銀行銀行のキャッシュカード機能付き
・WAZZE JQ SUGOCA GOLD:南日本銀行銀行のキャッシュカード機能付き

3の銀行と提携しているJQカードは少し特殊で、各銀行の口座がなければ申し込みができませんので、すでに口座を持っている銀行のJQカードを選ぶか、口座を開設した後にJQカードに申し込むようにしてください。

ここでは「1.スタンダード型JQカード」と「2.SUGOCA一体型JQカード」の概要をご紹介します。

JQカード セゾン

国際ブランド American Express、VISA、mastercard、JCB
年会費 1,250円(税別・入会後1年間無料)
※年1回のカード利用で翌年度年会費無料
SUGOCA機能 なし
付帯保険 -
追加可能カード ETCカード(無料)※家族カードなし
ポイント名 JRキューポ ※永久不滅ポイントへの交換が可能
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月10日締め、翌月4日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 クレディセゾン
申込方法 オンライン・各アミュプラザ内カウンター・郵送
公式サイト こちら

 

JQカード エポス

国際ブランド VISA
年会費 1,250円(税別・入会後1年間無料)
※年1回のカード利用で翌年度年会費無料
SUGOCA機能 なし
付帯保険 海外旅行傷害保険 ※自動付帯
追加可能カード ETCカード(無料) ※家族カードなし
ポイント名 JRキューポ ※エポスポイントへの交換が可能
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月27日締め、翌月27日支払い
または毎月4日締め、翌月4日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 エポスカード
申込方法 オンライン・各アミュプラザ内カウンター・郵送
公式サイト こちら

 

JQカード(MUFGカード)

国際ブランド VISA、mastercard
年会費 1,250円(税別・入会後1年間無料)
※年1回のカード利用で翌年度年会費無料
SUGOCA機能 なし
付帯保険 ショッピング保険 ※国内利用分はリボ・分割払いのみ
追加可能カード ETCカード(1,000円(税別)/1枚) ※家族カードなし
ポイント名 JRキューポ
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 三菱UFJニコス
申込方法 オンライン
公式サイト こちら

 

JQカード ゴールド(MUFGカード)

国際ブランド VISA
年会費 8,000円(税別)
SUGOCA機能 なし
付帯保険 ・国内旅行傷害保険(最高3,000万円)
・海外旅行傷害保険(最高3,000万円)
・ショッピング保険
追加可能カード ETCカード(無料) ※家族カードなし
ポイント名 JRキューポ
ポイント還元率 1%~
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 三菱UFJニコス
申込方法 オンライン
公式サイト こちら

 

JQカード ANA

国際ブランド JCB
年会費 1,250円(税別・入会後1年間無料)
※年1回のカード利用で翌年度年会費無料
SUGOCA機能 搭載
付帯保険 海外ショッピングガード保険
追加可能カード ETCカード(無料) ※家族カードなし
ポイント名 JRキューポ ※ANAマイルへの交換可能
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 ジェーシービー
申込方法 オンライン、アミュプラザおおいた内カウンター

 

JMB JQ SUGOCA

国際ブランド VISA、mastercard、JCB
年会費 1,250円(税別・入会後1年間無料)
※年1回のカード利用で翌年度年会費無料
SUGOCA機能 搭載
付帯保険 ショッピングセーフティー保険、カード盗難保証制度
追加可能カード ETCカード(無料) ※家族カードなし
ポイント名 JRキューポ ※JALマイルへの交換可能
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月10日締め、翌月2日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 イオンクレジットサービス
申込方法 オンライン、アミュプラザ小倉、アミュプラザ長崎、アミュプラザおおいた、アミュプラザ鹿児島内各カウンター

 

BIC CAMERA JQ SUGOCA

国際ブランド JCB
年会費 1,250円(税別・入会後1年間無料)
※年1回のカード利用で翌年度年会費無料
SUGOCA機能 搭載
付帯保険 海外ショッピングガード保険
追加可能カード ETCカード(無料) ※家族カードなし
ポイント名 JRキューポ ※ビックポイントへの交換可能
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 ジェーシービー
申込方法 オンライン、ビックカメラ店頭、アミュプラザおおいた内カウンター

 

JQ SUGOCA JCB

国際ブランド JCB
年会費 [本会員] 1,250円(税別・入会後1年間無料)
[家族会員] 400円(税別)
※いずれも年1回のカード利用で翌年度年会費無料
SUGOCA機能 搭載
付帯保険 海外ショッピングガード保険
追加可能カード ETCカード(無料)、家族カード
ポイント名 JRキューポ
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月15日締め、翌月10日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 ジェーシービー
申込方法 オンライン、アミュプラザおおいた内カウンター

 

JQ SUGOCA

国際ブランド VISA、mastercard
年会費 1,250円(税別・入会後1年間無料)
※年1回のカード利用で翌年度年会費無料
SUGOCA機能 搭載
付帯保険 ショッピングセーフティー保険、カード盗難保証制度
追加可能カード ETCカード(無料) ※家族カードなし
ポイント名 JRキューポ
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月10日締め、翌月2日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
発行企業 イオンクレジットサービス
申込方法 オンライン、アミュプラザ小倉、アミュプラザ長崎、アミュプラザおおいた、アミュプラザ鹿児島内各カウンター

 

JQカードの特徴・特典

JQカードはJR九州ではなく、提携している各クレジットカード会社等が発行しています。
そのためカードの機能としては、

・JQカードとしてのサービス(各JQカード共通)
・各クレジットカード会社等が展開するサービス(カードブランドによって異なる)

の2種類が同居する形となっています。

JQカードとしてのサービスはスタンダード型かSUGOCA一体型かで機能が異なりますが、JR利用時の特典などはどのカードを選んでも同じと考えて良いでしょう。

ただしゴールドカードは一般カードよりも上位のサービス内容になっています。

各JQカード共通の特徴

各JQカードに共通する特徴としては次のようなものがあります。

・一般カードは1度でも利用があれば次年度の年会費無料
・ショッピング利用でポイント(JRキューポ)が貯まる
・アミュプラザや駅ビルでの買い物等がお得になる
・SUGOCAオートチャージに対応
・九州から関西へ行くきっぷが割引になる
・JRグループの施設利用に優待特典がある

JQカードの年会費

スタンダード型JQカードの一般グレードカード、SUGOCA一体型JQカードの年会費は全て同一で、次のような条件になっています。

・入会後1年間は無料
・年1回のカード利用で翌年度の年会費は無料
・利用がなかった場合には、年会費1,250円(税別)

利用金額の条件はなく、1度でもショッピング利用があればOKなので、年会費無料のクレジットカードと考えてもよさそうですね。

なお、JQ CARD ゴールド(MUFGカード)は年会費が8,000円(税別)かかります。

銀行と提携しているキャッシュカード+SUGOCA一体型JQカードも、一般グレードカードは初年度年会費無料で、翌年度以降は1,250円(税別)かかりますが、こちらも条件付きで年会費を無料にすることができます。

ゴールドグレードのカードはいずれも年会費10,000円(税別)となっています。

ショッピングでポイントが貯まる

JQカードを支払いに使うと、200円(税込)につき1ポイントのJRキューポが貯まります。JRキューポ1ポイントは1円に相当し、SUGOCA電子マネーなどに交換することができます。

ポイント還元率は0.5%ということになり、これは平均的な数字ではありますが、還元率が1%以上になるクレジットカードも珍しくはないため、JQカードは普段遣いのクレジットカードとしてはやや迫力不足に映るかもしれません。

それでも列車予約、通勤通学に利用する定期券の購入、SUGOCAへのオートチャージでもしっかりポイントが貯まるので、JQカードを持つメリットは大きいと言えるでしょう。

アミュプラザ等での買い物がお得に

アミュプラザや駅ビルでの買い物にJQカードを使うと、次のような値引きやポイントアップなどの特典があります。

【アミュプラザ博多・アミュエスト・博多デイトス・デイトスアネックス】
・ファッション・雑貨店舗(東急ハンズを含む)での支払いは常時5%OFFに
・書籍、飲食店、食品店等一部店舗での支払いは常時3%OFFに
・年に数回、JQカードの利用で10%OFFになるキャンペーンや10回までの分割手数料無料キャンペーンを開催
・9Fの映画館「T・ジョイ博多」で毎週月曜日映画鑑賞料が1,200円に
・ショップによりJQカードの利用または提示でサービス

【JR博多シティ 博多阪急】
・JQカードでの支払い200円(税込)につき4ポイント付与。ゴールドカードなら5ポイント付与
 ※喫茶、食料品など一部対象外のサービスもあります。

【アミュプラザ小倉】
・JQカードの発行から1ヶ月間、JQカードでの支払いが5%OFFに
・毎月10日・25日はJQカードでの支払いが5%OFFに
・期間限定5%OFFセールを毎年開催
・年に数回、10回までの分割手数料無料キャンペーンを開催
・ショップによりJQカードの利用または提示でサービス

【アミュプラザ長崎】
・JQカードの発行から1ヶ月間、JQカードでの支払いが5%OFFに
・期間限定5%OFFセールを毎年開催
・年に数回、10回までの分割手数料無料キャンペーンを開催
・4Fの映画館「ユナイテッド・シネマ」の大人鑑賞料金が300円割引に
・館内でJQカードを利用すると、駐車料金が30分間無料に

【アミュプラザおおいた】
・JQカードの発行から1ヶ月間、JQカードでの支払いが5%OFFに
・毎週日曜日はJQカードでの支払いが5%OFFに
・年に数回、JQカードの利用で10%OFFになるキャンペーンを開催
・ショップによりJQカードの利用または提示でサービス
・駐車料金30分無料

【シティスパてんくう】
・JQカード利用で入館料5%OFF
・駐車料金30分無料

【アミュプラザ鹿児島】
・JQカードの発行から1ヶ月間、JQカードでの支払いが5%OFFに
・期間限定5%OFFセールを毎年開催
・年に数回、JQカードの利用で10%OFFになるキャンペーンを開催
・ショップによりJQカードの利用または提示でサービス
・毎週月曜日、6Fの映画館「鹿児島ミッテ10」の一般鑑賞料金が1,200円に。月曜日以外は200円引きに
・駐車場料金が平日60分、土日祝日30分無料に
・観覧車の搭乗料金が100円引きに

SUGOCAオートチャージに対応

冒頭でご紹介した通り、JQカードはJR九州が発行していることから、JRグループのサービスを有利に利用できる特徴があります。

特に同じくJR九州が発行する交通系電子マネーSUGOCAとの連携にすぐれている点には注目。記名式SUGOCAへのオートチャージが可能ですので、SUGOCAの残高を気にする必要がなくなります。

SUGOCAへのオートチャージでもポイントが付与されますし、そもそもSUGOCAへのオートチャージに対応しているクレジットカードはJQカードのみなので、SUGOCAをよく利用する方ならぜひ持っておきたい1枚だと言えるでしょう。

関西行きのきっぷが割引に

JQカードを発行すると、JQカード会員限定で関西行きのきっぷが割引になります。予約はインターネット限定となりますが、当日予約も可能。3日前までの予約(e早割)であればさらに値引きになります。

九州から関西、もしくは関西から九州に行く機会の多い方には、これだけでもJQカードを発行する甲斐がありますね。

利用区間 通常価格 会員料金 e早割 差額
博多-新大阪 間 15,600円 13,490円 - 2,110円
熊本-新大阪 間 19,200円 17,080円 16,170円 3,030円
鹿児島中央-新大阪 間 22,630円 20,520円 19,040円 3,590円

 

JRグループの施設で優待

JQカードを発行すると、JRグループが運営するホテルや提携施設で次のような優待が受けられます。

・全国のJRグループホテルの基本宿泊料が10%OFF
 (ホテルグループ名の例:ターミナルホテル、ステーションホテル、メトロポリタン、JR九州ホテルなど)
・赤坂うまや・外苑うまや信濃町にてJQカードで支払うと飲食代金10%OFF
・驛亭さつま・驛亭大分にてJQカードで支払うと飲食代金5%OFF
・九州の駅レンタカー営業所で基本料金10%OFF
・ビートル船内で使用可能なドリンク券を博多港ビートルカウンターにおいて1枚プレゼント
・JR内野カントリークラブでの支払いで、200円(税込)につきJRキューポを3ポイント付与
・グリーンエクスプレスゴルフ練習場のポイントカード、ポイントを2倍付与

各JQカードによって異なる特典

最初にご紹介した通り、JQカードにはたくさんの種類があります。それぞれ発行会社が違っているため、同じ「JQカード」のくくりでも受けられるサービス内容は全て同じではなく、カード会社に由来する一部のサービスに違いが出てきます。

そうなると、悩みどころは「どのカード会社のJQカードを選ぶか」ということになってきそうですね。

ということで、ここではカードによって突出した特徴があるものをご紹介していくことにしましょう。

選べる国際ブランド

JQカードはどれにするかによって選べる国際ブランドが以下のように異なっています。

カード発行会社 国際ブランド
JQカード セゾン クレディセゾン American Express、VISA、Mastercard、JCB
JQカード エポス エポスカード VISA
JQカード(MUFGカード) 三菱UFJニコス VISA、Mastercard
JQカード ゴールド(MUFGカード) 三菱UFJニコス VISA
JQカード ANA ジェーシービー JCB
JMB JQ SUGOCA イオンクレジット VISA、Mastercard、JCB
BIC CAMERA JQ SUGOCA ジェーシービー JCB
JQ SUGOCA JCB ジェーシービー JCB
JQ SUGOCA イオンクレジット VISA、Mastercard

 

国際ブランドはどれを選んでも良いのですが、特にこだわりのない方やクレジットカードが初めての方はVISA、またはMastercardを選ぶと無理がありません。

VISAとMastercardについては世界的なシェアも大きいため、どちらを選んでも日本国内でも海外でもそれほど困ることはないでしょう。

JCBは日本発のブランドで、海外で利用できないわけではありませんが、VISAやMastercardに比べると海外でのシェアは少し落ちるので、ショッピング利用は国内が中心、海外利用はそれほど考えていないという方にお勧めです。

American Expressがいい方の選択肢は「JQカード セゾン」一択です。

American Expressは他の国際ブランドに比べて優待サービスがすぐれていますし、ブランドイメージも良く、特に北米では使いやすいカードですが、その他の地域や日本国内では利用できないショップもあるので、すでに他のブランドのクレジットカードをお持ちの方に勧められます。

カード会社由来の特典

JQカードは発行会社によって、グループ企業や提携企業がらみの優待を受けられるものがあります。

ここでは特徴的なものをご紹介しますので、よく利用するサービスでお得になるものがないかもぜひチェックしてみましょう。

「JQカード セゾン」
・全国の西友・リヴィンで5%OFF(毎月「第1・第3土曜日5%OFF」開催日)
・人気チケット先行予約、優待割引など

「JQカード エポス」
・海外旅行傷害保険 ※自動付帯

「JQカード(MUFGカード)」「JQカード ゴールド(MUFGカード)」
・海外アシスタンスサービス(ハローデスク)
・ツアーデスク
・ゴルフデスク
・レンタカーサービス(割引)

「BIC CAMERA JQ SUGOCA」
・BICポイントカード機能(ビックカメラでのクレジット利用でビックポイント10%付与)

「ALL IN ONE JQ SUGOCA」「ALL IN ONE JQ SUGOCA GOLD」
「ながさきALL IN ONE JQ SUGOCA」「ながさきALL IN ONE JQ SUGOCA GOLD」
「なんでんJQ SUGOCA」「なんでんJQ SUGOCA GOLD」
「WAZZE JQ SUGOCA」「WAZZE JQ SUGOCA GOLD」

・各銀行のキャッシュカード機能
・海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険(ゴールドのみ)※利用付帯

「Melody plus JQ SUGOCA」
・大分銀行キャッシュカード機能

JQカードの付帯保険

上でも少しご紹介していますが、カード由来の特典としてもうひとつ忘れてはいけないのが付帯保険についてです。

基本的に一般グレードのカードには、人気の高い旅行傷害保険はついていませんが「JQカード エポス」は別。

これはエポスカードの大きな特徴なのですが、年会費が(ほとんど)かからないのにもかかわらず、次のような内容の海外旅行傷害保険が付帯されています。

【JQカード エポス 海外旅行傷害保険補償内容】

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

 

しかも、自動付帯保険なので、他のカードで決済した旅行でもこれらの補償を受けることができるのです。海外旅行に行く予定のある方ならこれを見逃さない手はありませんね。

またJQカード ゴールドには特典として次の保険が付帯されています。

・海外旅行傷害保険(最高3,000万円)
・国内旅行傷害保険(最高3,000万円) ※利用付帯
・ショッピング保険(年間補填限度額200万円)

ゴールドカードには国内主要空港とダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジサービスを無料で利用できる特典もついてきますので、旅行好きな方には楽しみが広がります。

この他、銀行と提携してキャッシュカード機能を持つSUGOCA一体型JQカードにも海外旅行傷害保険が付帯されていますので、銀行口座をお持ちの方はこちらも合わせて検討してみてください。

家族カード

本会員の信用の元で、配偶者、子供、両親に対して発行される家族カードは、クレジットカードを持ちにくい属性の方でもカードが持てたり、家族でポイントを貯められたりといったメリットがあるのですが、残念ながら各JQカードのうち、家族カードを発行できるのは「JQ SUGOCA JCB」のみとなっています。

家族カードの年会費は400円(税別)ですが、1度でもクレジットカードのショッピング利用があれば、本会員と同時に翌年度の年会費が無料になります。

ETCカード

ETCカードはどのJQカードでも発行可能ですが、「JQカード(MUFGカード)」は有料で、発行手数料として1,000円(税別)が発生します。

他のJQカードのETCカードは発行手数料、年会費ともに無料です。

JQカードで貯めたポイント「JRキューポ」の使い方

JQカードで支払いをすると、200円ごとにJRキューポが1ポイントもらえ、その貯まったJRキューポには次の6つの交換先があります。

・SUGOCA電子マネー
・アミュプラザショッピングチケット
・ギフト券
・九州のグルメ商品
・Gポイント
・各種提携先ポイント

JQカードで貯めたポイントをSUGOCA電子マネーに交換

電子マネーのSUGOCAにチャージし、電車やSUGOCA加盟店での支払いに利用することができます。

JRキューポ1ポイントは1円として利用でき、100ポイント以上、100ポイント単位で交換可能です。1単位が最も小さいので、ポイントを無駄なく使い切ることができる良い方法です。

JQカードで貯めたポイントをアミュプラザ等で使える商品券に交換

JQカードで貯めたJRキューポをアミュプラザ博多・小倉・長崎・おおいた・鹿児島・アミュエスト・博多デイトス・デイトスアネックスで使える商品券に交換することができます。

交換できる商品券 必要JRキューポ
アミュショッピングチケット500円分 500ポイント
JCBギフトカード1,000円分 1,250ポイント

 

アミュショッピングチケットなら等価交換になるのですが、より使い道が広がるJCBギフト券だとポイントの価値が下がってしまうので悩みどころですね。

JR九州グループで使えるギフト券に交換

JQカードで貯めたJRキューポを、焼き立てパンで知られるトランドールやステーションホテル小倉、ホテルオークラJRハウステンボスで利用できるギフト券に交換することができます。

交換できる商品券 必要JRキューポ
トランドールギフト券 3,000円分 3,000ポイント
ステーションホテル小倉ギフト券 5,000円分 5,000ポイント
10,000円分 10,000ポイント
ホテルオークラJRハウステンボスギフト券 5,000円分 5,000ポイント
10,000円分 10,000ポイント

 

JQカードで貯めたポイントを九州のグルメ商品に交換

JQカードで貯めたJRキューポを、九州ならではのおすすめグルメ商品に交換することができます。

交換できる商品券 必要JRキューポ
やまや 新美味 無着色明太子 3,000ポイント
松野下蒲鉾 さつまあげ詰め合わせ 3,200ポイント
かねすえ 佐賀牛ハンバーグステーキ 3,500ポイント
日田天領水 ミネラルウォーター 3,700ポイント
和泉屋 海鮮具入りちゃんぽん 4,100ポイント
菅之屋 鮮馬刺し 赤身たたきセット 4,500ポイント
JR九州 列車プレミアムボトル焼酎詰め合わせ 4,800ポイント

 

JQカードで貯めたポイントをGポイントに交換

JQカードで貯めた「JRキューポ」を有名ポイントサイトのGポイントに交換することができます。GポイントをさらにAmazonギフト券、マイル、Tポイント、WAONポイントなど多種多様なポイントに再交換できるので、ポイント活用の幅がぐっと広がります。

JQカードで貯めたポイントを各種提携先ポイント等に交換

以下のカードは貯まったJRキューポを、通常の交換先に加え、各カード会社等のポイントにも交換することが可能です。

積極的に貯めたいポイントがある場合には、そのポイントに関係したJQカードを選ぶことでポイントをどんどん貯めることができます。

JQカードの種類 交換できる提携先ポイント
JQカード セゾン 永久不滅ポイント
JQカード エポス エポスポイント
JQカード ANA ANAマイル
JMB JQ SUGOCA JALマイル
BIC CAMERA JQ SUGOCA ビックポイント

 

JQカードの審査は緩い?難易度は?

SUGOCAとの連携が大きな魅力のJQカードですが、いくら欲しいと思ってもクレジットカードである以上、審査を避けて通ることはできません。

そこで気になってくるのが審査の難易度ですが、JQカードの審査難易度は緩いのでしょうか?厳しいのでしょうか?

各カード会社とも審査の基準は明らかにしていませんので、こういった条件の方なら必ず審査に通る、と断言することはできませんが、申込条件やカードの系統などから大まかに難易度を推し量ってみることにしましょう。

申込条件からわかるJQカードの審査難易度

JQカードは「18才以上(高校生を除く)で電話連絡が可能な方」であればどなたでも申込可能で、未成年の方でも申し込むことができますし、年収や就業形態などにも特に制限はありません。

これらのことからJQカードは比較的審査が柔軟で、申し込みやすいクレジットカードだと考えることができます。

JQカードは交通系+流通系クレジットカード

クレジットカードは「銀行系」「交通系」「信販系」「流通系」「消費者金融系」などといった具合に、発行元によって系統を分けることができ、これらの系統によって審査の難易度に違いがあると言われています。

例えば銀行が発行するクレジットカードは審査が慎重に行われる傾向にあり、審査基準も厳し目で、反対に消費者金融系や流通系のクレジットカードは審査が柔軟で、基準も緩やかであると言われています。

特に消費者金融系はカードを入手するまでが非常にスピーディーで、中には即日発行されるクレジットカードもあるほどです。

ではJQカードがどの系統に入るのかというと、JR九州のカードであることから「交通系」であると同時に、JRグループが運営するアミュプラザ等と直結していることから、「流通系」の性質も色濃く持っています。

交通系のカードはクレジットカードの中でも審査がしっかり行われる傾向にあるのですが、流通系カードは利用者=商業施設の顧客となることから利用者の獲得に積極的な面があります。

これらを総合するとJQカードの難易度は中程度からやや易しめと考えることができるでしょう。

こんな場合はJQカードの審査に落ちるかも?

比較的に審査が緩い部類に入るJQカードではありますが、次の条件にひとつでも該当すると審査落ちする可能性がかなり高くなります。

・収入が一定の基準を満たしていない
・借り入れが多い(分割払いやリボ払いの残高が一定以上ある)
・クレジットカードやローンなどの利用で長期延滞、強制解約等などの経験がある
・5年以内に債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)を行った
・今回申し込む同じカード会社のサービスで金融事故を起こしたことがある
・半年以内にクレジットカードやローンの多重申込をしている
・クレジットカードやローンを一度も利用したことがない(30代以降の方)
・申込書に記載した内容に嘘や間違いがある
・申込条件を満たしていない

収入、借入等から返済能力に疑問符がついたケース

クレジットカード等の審査において、その業者の色が最も出るのが、申込者の返済能力に対する判断でしょう。

ただどの業者もベースは同じで、申込者の支払可能見込額を算出しなければなりません(割賦販売法)。発行されるクレジットカードの利用枠は、原則として支払見込額の90%を限度とすることになっています。

支払見込額は次の式で計算することができます。

支払可能見込額=年収-年間請求予定額-生活維持費

例えば、年収350万円、3人家族で家賃支払いのある方がJQカードに申し込みました。この方には1年間で支払う予定の分割払い代金が40万円あります。

この場合、

350万円-209万円-40万円=101万円 ← 支払可能見込額
101万円×90%=90.9万円 ← クレジットカード利用可能枠の上限

となり、この方には計算上、利用枠が90万円までのクレジットカードを発行できるということになります。

この例からわかるように、年収が低かったり借入残高が多かったりすると、十分な利用枠が作れなくなってしまいますので、JQカードに申し込んでも審査に通ることは厳しくなると考えて間違いありません。

ブラックに該当するケース

支払可能見込額でわかるのは申込者の現状ですが、審査する側としてはこれまでがどうであったについても重視します。

例えば支払いが頻繁に遅れる方にはクレジットカードを発行したくないな、とどの業者でも考えるはずです。

クレジットカードやローンなどの利用歴(信用情報、クレジットヒストリー)は日本に3社ある指定信用情報機関に記録されており、審査の際に業者はその資料を参照することが可能になっています。

なので他社であっても過去に長期延滞したなどといった情報は筒抜けになってしまうんですね。

・2ヶ月以上の長期延滞
・強制解約
・代位弁済
・債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)

特にこれらの情報は異動情報、ブラック情報と呼ばれており、申込者の信用情報の中に見つかれば審査にきわめて通りにくくなることが考えられます。

ただ、これらのブラック情報は一度記載されたら終わりというわけではなく、実際には5年経てば抹消されます(長期延滞は解消してから5年。自己破産は全国銀行個人信用情報センターのみ10年保持)。もしブラック情報が記載されてしまったら、5年を待って新たなクレジットカードに申し込めば良いことになります。

まれに自分の気づいていない信用情報が記載されており、それが審査の足を引っ張るケースもあるようです。

自分の信用情報は自分の目で確認ができるので、気になる方は信用情報機関に情報の開示を請求してみても良いでしょう(手数料が1,000円程度かかります)。

申し込みブラックに該当するケース

信用情報機関に記録されているクレジットヒストリーには、クレジットカードやローンへの申込情報も含まれています。

申込情報については記録が残るのは半年間のみですが、その半年の間に多くの申込記録があると、審査する側に「この人はお金に困っているのではないか」「申込特典などが目当てで、クレジットカードを発行しても利用してもらえないかもしれない」といった印象を与え、審査に通りづらくなってしまいます。

こうした状況を「申し込みブラック」と呼んでいます。

申し込みブラックにならないためには多重申込をしないことに尽きます。特に審査落ちしてしまった場合、すぐ次のカードに申し込みたくなってしまいますが、できれば半年は間を開けるようにしてください。

嘘や記入ミスが審査落ちにつながるケースも

審査に通りたいばかりに他社に借り入れがあることを隠して申し込んだり、年収や勤務先を偽ったり……、こうした「嘘」がバレると、信頼できない人物だとみなされ、まず審査には通らなくなってしまいます。

今回のJQカードはおろか、同じカード会社のサービスは一切利用できなくなると考えて間違いないでしょう。

中には嘘をつくつもりではなく、本当に間違えてしまったということもあるかもしれませんが、この場合も都合良く「故意ではなかったに違いない」とは判断してくれないので、やはり審査落ちする可能性が高くなってしまいます。

対策としては嘘はつかないこと、そして申込書を提出する前には2度3度と確認すること、これに尽きます。

⇒クレジットカード審査時に虚偽申告したら?年収など嘘つくのはダメ

JQカードの申込方法

JQカードの申し込み方法は以下の3種類となっております。

・オンライン
・郵送
・店頭(各アミュプラザのJQカードカウンター)

各カードの概要でもご紹介しているように、店頭での申し込みは扱っているJQカードが限られているので、オンラインでの申し込みが最も簡単でしょう。

JQカード発行までの流れ

●オンラインでの申し込み
オンラインで申し込む場合にはJQカード公式サイトにてカード一覧から希望のカードを選び、必要事項を入力して申し込んでください。その後、支払口座を登録することになりますが、JQカード申し込みと同時にオンラインで登録できるケースと、審査完了後に郵送で登録を行わなければならないケースに分かれます。

●郵送での申し込み
郵送でJQカードに申し込む場合、まずはJR九州の駅やアミュプラザ、アミュエスト、博多デイトスなどに設置されている郵送用申込書を入手します。JQカードの申込書に必要事項を記入し捺印のうえ、各取り扱いクレジットカード会社に申し込んでください。

●店頭での申し込み
本人確認書類(後述)を持って各アミュプラザのJQ CARDカウンターまでお出かけください。

※JQカード到着までが最もスピーディーなのは、オンラインでカードの申し込みから支払口座の登録までを完了できるケースです。申込後の流れはカード会社によって異なりますので、まずは審査結果の連絡があるまでお待ちください。

JQカード発行までにかかる期間

JQカードの発行までにかかる期間はカード会社によっても異なりますが、オンラインでの申込であれば手元に届くまで1~3週間程度を見ておきましょう(未成年の方が申し込んだ場合や審査の進行によっては、もう少し時間がかかることもあります)。

また手続きを郵送で行う場合にはさらに時間を要しますので、JQカードを利用したい時期が決まっている方は、できるだけ余裕を持って申し込むようにしてください。

JQカードの申し込みに必要な書類

クレジットカードの発行には本人確認書類の提出が必要になります(カード会社や手続き方法によっては他の方法で本人確認が行われ、改めての書類提出を求められないケースもあります)。

本人確認書類としては、一般的に次のような書類を用意すると良いでしょう。

・運転免許証または運転経歴証明書
・パスポート
・在留カード・特別永住者証明書
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・住民票の写し

各種健康保険証(顔写真のないもの)については、他の書類と組み合わせなければ認められないケースがありますので、詳しくは各カード会社の指示に従ってください。

また、申込住所と本人確認書類に記載されている住所が一致していない場合には、次の書類も併せて準備してください。

・公共料金等(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)の領収書
・社会保険料の領収書
・国税、地方税の領収書または納税証明書

JQカードでのキャッシング方法

JQカードにはキャッシング機能を付帯させることが可能です(要審査)。

キャッシングはあらかじめ設定された枠を上限として繰り返しお金を借りられるサービスで、一度枠が決まれば、その後、急に現金が必要になったときなどにその都度審査を受けることなく融資を受けられるので、大変便利です。

クレジットカードと暗証番号を使い、提携銀行やコンビニなどに設置されているATMから出金するという方法が一般的です。

提携ATMからのキャッシングにはATM手数料がかかってしまいますが、セゾンカードならクレディセゾン、MUFGカードなら三菱UFJ銀行といった具合に自社やグループ企業のATMなら手数料無料になるところも多いので、ぜひチェックしてみてください。

利用金額 ATM手数料(税込)
1万円以下 110円
1万円超 220円

 

カード会社によっては会員向けページもしくは電話などで申し込み、支払口座に振り込んでもらう「振込キャッシング」を行っているところもあります。

キャッシング枠を希望すると、入会審査のハードルが若干上がるため、審査が心配な方は当初キャッシング枠をつけずに申し込んでおき、後日新たにキャッシング枠を申し込むこともできます。

融資条件

キャッシングは一括払い、もしくは定額リボルビング払い(リボ払い)での返済となります。

リボ払いは月々の返済の負担を減らせるメリットがあり、ピンチのときには助かりますが、月々の返済時に併せて利息も支払わなければならないため、注意が必要です。

JQカードのキャッシング枠の実質年率は18.0%程度となることがほとんどで、この数字は決して低金利とは言えません。

残金を一括で返済したり余裕のあるときには返済金額を増やしたりするなどして、賢く返済していくようにしましょう。

JQカードで海外キャッシング

JQカードでキャッシングができるのは国内のATMだけでなく、海外のATMから現地通貨を引き出すこともできます。

海外キャッシングというとなんとなく難しそうに感じてしまいますが、国内での利用方法と変わりなく、金利やATM手数料も国内利用と同じです(ブランドによっては一括返済のみ扱っているところもあります)。

利用できるATMは、お持ちのJQカードの海外ブランドによって異なりますので、次のロゴマークを目印にATMをご利用になってください。

国際ブランド 利用可能なマーク
American Express 「AMERICAN EXPRESS」
Mastercard 「mastercard」「cirrus」
Visa 「VISA」「PLUS」
JCB 「JCB」

 

ATMは駅や空港などの公共施設や銀行、繁華街などに多く見かけますが、安全面を考慮し、空港や銀行内に設置されているATMを利用されるのがお勧めです。

JQカードの支払い・返済方法

JQカードのショッピング利用分の支払い、キャッシング利用分の返済は各カード会社ごとのルールに従ったものとなっていますので、詳細については規約や会員向けページでご確認いただくとして、ここでは各カード共通の概要を簡単にご紹介します。

ショッピング利用分の支払い

ショッピング利用分の支払い方法には1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い、分割払い、リボ払いがあります(カードや利用場所によっては選べない支払い方法があります)。利用時にどの支払い方法にするのかを指定してください。

このうち1回払い、2回払い、ボーナス一括払いには手数料がかかりません。3回以上の分割払い、リボ払い、ボーナス2回払いには所定の手数料が発生します。

各カードとも1回払いでの利用分を後日リボ払いに変更することが可能ですし、1回払いでの利用分を含め全ての利用分をリボ払いにできるサービスも行っています。

分割払いとリボ払いの違い

分割払いもリボ払いも利用分を複数回に分けて支払っていくという点では同じですが、考え方が異なります。

分割払いは利用ごとに、何回に分けて支払うかを決定しますので、支払いの終わりがわかりやすいメリットがありますが、他の利用状況によっては支払金額に波ができて、支払いが大変になる月も出てくる可能性があります。

一方のリボ払いは月々の支払額を先に決定し、件数や利用額に関わらず毎月の支払額が(ほぼ)一定になるため、月によって無理が生じるリスクが起こりにくくなるメリットがあります。

ただし、リボ払いにすると支払いの終わりがなかなか見えてきません。完済までに長くかかるということはそれだけ支払手数料も増えるということに繋がります。

一見計画的に見えて、実は計画的な利用になりにくいのがリボ払いの欠点なので、支払手数料を増やしたくない方は特によく考えて利用するようにしましょう。

海外ショッピング分の支払い

海外ショッピング分の支払いも国内利用分とそれほどかわりませんが、円貨への換算の際に事務手数料が発生する点に注意が必要です。

発生する事務手数料はお持ちのJQカードの海外ブランドにより次のように異なっています。

海外ブランド 事務処理手数料(税込)
American express 2.0%
Visa 2.2%
Mastercard 2.2%
JCB 2.15%

 

キャッシング利用分の返済

キャッシング利用分の返済はリボ払いもしくは一括払いとなっており、利用日数に対して金利がかかります。

金利はカード会社や利用条件によって異なりますが、JQカードの一般グレードのカードであれば18%弱程度です。

キャッシング利用分についても一括払いで借りた分を後日リボ払いに変更したり、リボ払いで借りた分の残金を一括で返済したり、余裕のある月に臨時で多く返済したりといったことが可能となっています。

JQカードについてのよくある質問

最後にJQカードに関するよくある質問、疑問点にお答えします。

JQカードは専業主婦、学生でも申込可能?

JQカードの申込条件は「18才以上(高校生を除く)で電話連絡が可能な方」となっていますので、本人に安定した収入のない専業主婦の方、学生の方でも申し込むことができます。

JQカードに申し込むと在籍確認はある?

全ての方ではありませんが、一部の方には職場に在籍確認の電話がかかってくる可能性があります。

カード会社から職場に電話がかかってくることを不安に思う方もいらっしゃるでしょうが、内容はごく簡単な確認のみなので、通話時間もごくわずかで済みます。

また、本人が席にいないときに電話がかかってくる可能性もありますが、応対した方が「ただいま席を外しています」などと返答をすることでも在籍確認は完了します。そのような対応でも申込者がその職場に勤めていることがわかるからです。

ただし、自宅や携帯電話などに電話がかかってきた場合に応答できなかった場合には、折返し電話することをお勧めします。

JQカードには「電話連絡が可能な方」との申込条件がありますので、電話連絡ができなければ資格を満たさないことになり、審査落ちする可能性が高くなってしまいます。

JQカードの締日、支払日はいつ?

JQカードの締日、支払日は共通ではなく、カード会社によって異なっています。

「JQカード セゾン」
⇒ 毎月10日締め、翌月4日支払い

「JQカード エポス」
⇒ 毎月27日締め、翌月27日支払い
または毎月4日締め、翌月4日支払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)

「JMB JQ SUGOCA」「JQ SUGOCA」
⇒ 毎月10日締め、翌月2日支払い

「JQカード(MUFGカード)」「JQカード ゴールド(MUFGカード)」
「JQカード ANA」「BIC CAMERA JQ SUGOCA」「JQ SUGOCA JCB」
全てのキャッシュカード+SUGOCA一体型JQカード
⇒ 毎月15日締め、翌月10日支払い

引落日が金融機関休業日に当たる場合には、いずれも翌営業日の引落となります。

会員向け割引きっぷを申し込むにはどうしたらいい?

まずはJR九州インターネット予約サービスに会員登録をし、JQカードの情報を入力してください。登録が完了すると、JQカード会員専用の割引きっぷが予約可能になります。

JQカードの退会・解約方法は?

JQカードを退会(解約)したい場合には、各カード会社への電話連絡が基本となりますので、お手元にJQカードを用意し、本人から下記の電話番号まで連絡してください。

「JQカード セゾン」
⇒ クレディセゾン:0570-064-133

「JQカード エポス」
⇒ エポスカード:大阪 06-6630-0101 / 東京 03-3383-0101
(受付時間 9:30~18:00)

「JQカード(MUFGカード)」「JQカード ゴールド(MUFGカード)」
⇒ 三菱UFJニコス:0570-050535 / 03-5489-6165
(受付時間 9:00~17:00 無休・年末年始は休業)

「JQカード ANA」「BIC CAMERA JQ SUGOCA」「JQ SUGOCA JCB」
⇒ ジェーシービー:0120-592-196 / 携帯電話・スマートフォン 0570-000-767
(受付時間 24時間 年中無休)

「JMB JQ SUGOCA」「JQ SUGOCA」
⇒ イオンクレジットサービス:0570-064-750
(受付時間 24時間 年中無休)

「Melody plus JQ SUGOCA」
⇒ 大分カード:097-537-4347
(受付時間 9:00~17:00 土・日・祝日は休業)

上記以外のキャッシュカード+SUGOCA一体型JQカード
⇒ 九州カード:092-452-4500
(受付時間 9:00~17:00 土・日・祝日・年末年始は休業)

 
 

この記事の監修者

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している実績があります。

PAGETOP