JRタワースクエアカードの審査難易度・ポイント・年会費・解約方法など

JRタワースクエアカードは、JRタワー(アピア、エスタ、パセオ、札幌ステラプレイス)でポイントやマイルが貯まるお得なクレジットカードで、これ1枚で、ショッピングもJR乗車も搭乗も可能になるため、JRやJRタワーを利用する方にお勧めです。

今回は、JRタワースクエアカードのラインナップ(種類)、それぞれのカードの特徴、審査難易度について調査してみました。

また、ポイント還元率、付帯保険、キャッシング枠、支払い方法、退会・解約方法、メリット・デメリットなどについても解説していきます。


もくじ

JRタワースクエアカードとは?

JRタワースクエアカード(電子マネー搭載・クレジット機能つき)は、以下のように3タイプ用意されていて、希望に合わせて選択できます。

・JRタワースクエアカード ANA Kitaca
・JRタワースクエアカード Kitaca
・JRタワースクエアカード iD QUICPay

また、この他に中高生限定の「JRタワースクエアカード ポイントカード(電子マネーなし・クレジット機能なし)」も用意されています。

ポイントカードは19歳以下の中高生であれば審査不要で発行してもらえるので、ショッピングを楽しみたい10代の方にお勧めです。

ここでは、審査が必要となるJRタワースクエアカード(電子マネー搭載・クレジット機能つき)について詳しく見ていきます。

まずはJRタワースクエアカードの基本情報と、そのラインナップ(種類)についてご紹介します。

JRタワースクエアカードの基本情報

入会条件 高校生を除く18歳以上で、電話連絡が可能な方
※未成年者は親権者の同意が必要
年会費 ANA Kitaca:初年度無料、次年度以降1,100円(税込み)
Kitaca、iD・QUICPay:初年度無料、次年度以降1,375円(税込み)※1年に1度でもカードを利用すると無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
支払方法 1回払い・2回払い・ボーナス一括払い・ボーナス併用払い・分割払い(3回~24回)・リボルビング払いの中から選択
支払期日 毎月末日締め、翌月27日払い ※休業日の場合は翌営業日
付帯保険 紛失・盗難補償
家族カード なし
ETCカード 年会費無料
発行スピード 申込から3~4週間程度で到着
公式サイト こちら

 

JRタワースクエアカードのラインナップ(種類)

JRタワースクエアカード ANA Kitaca

JRタワースクエアカード ANA Kitacaは、電子マネー「Kitaca」と「ANAマイレージクラブ」の機能が搭載された、ポイントもマイルも貯まるクレジットカードになります。

JRタワーでショッピングした際は、他のJRタワースクエアカード同様、ポイントが貯まっていくのですが(一部店舗によってはポイントではなくマイルが付与される場合もあります)、JRタワー以外でショッピングした場合はポイントかマイルのどちらかを選択できます。

さらに、飛行機を利用する際は、「JRタワースクエアカード ANA Kitaca」があると「スキップサービス」でスムーズな搭乗が可能となります。

もちろんKitaca機能がついているので、このカードでJRや札幌の地下鉄、バスなどの乗車も可能ですし、Kitacaへのクレジットチャージも可能、クレジットチャージによるポイント加算もあります。(このカードについているKitaca機能についてはJRタワースクエアカードKitacaについているKitaca機能と同様になります)

つまり、「JRタワースクエアカード ANA Kitaca」1枚で、ショッピングも、チャージも、JR・地下鉄・バス乗車も、搭乗もでき、ポイントもマイルも貯まっていくということになります。

「JRタワースクエアカード ANA Kitaca」の場合、年会費は次年度から1,100円かかってしまいますが、通常Kitacaを購入する場合に必要となる2,000円(このうち500円はデポジット)が、JRタワースクエアカードの場合は不要ですし、お得な機能や特典も満載なので、JRタワーやJR、飛行機を利用する方は持っていて損はないでしょう。

ANA国内線搭乗の「スキップサービス」とは

バーコードやIC機能付きカード(JRタワースクエアカードも含む)を持っている場合、スマホやパソコンから事前にANA国内線の予約・購入・座席指定を行うと、当日はIC機能付きカードを読み取り機にタッチするだけで、直接保安検査場へ進むことができるサービスです。

搭乗口も、同じIC機能付きカードで通過可能ですが、一部スキップサービスを利用できない場合もあるので、詳しくはこちらのサイトをご確認ください。

ANA国内線の搭乗スタイル「スキップサービス」

JRタワースクエアカードで貯まるANAマイルについて
JRタワー以外でのショッピング ①か②のどちらかを選択し貯めていくことができる
①200円につき1ポイント(JRタワー指定店の場合は100円につき1ポイント)
②300円につき1マイル
JRタワースクエアカードポイントとANAマイルの相互交換 可能(10,000マイル→10,000ポイント、3,000ポイント→1,000マイル)
※3,000ポイント以下ではマイルへの交換不可
※10,000マイル以下ではポイントへの交換不可
JRタワー以外の加盟店でクレジット利用した場合のマイル付与日 利用の翌々月までに付与
ANAマイルの有効期限 利用した月から36か月後の月末まで
ANAマイル口座残高の確認方法 「ANA SKY WEB」にログイン後、「マイル口座明細」で確認
ANAマイルの貯め方 ・フライト
・提携ホテルやレンタカーの利用
・加盟店でのショッピング、ネットショッピング
・グルメマイル参加店での利用
など

 

JRタワースクエアカードのKitaca利用時のポイント
IC乗車券として利用時(JR等の乗車)のポイント 付与なし
Kitacaチャージのポイント ・クレジットチャージの場合、100円につき1ポイント貯まる
・現金チャージの場合、貯まらない
クレジットチャージ時のポイント加算日 利用の翌々月
JRタワー内でチャージしたKitacaでショッピング 100円につき1ポイント
JRタワー以外の加盟店、コインロッカーなどでKitaca利用 ポイント付与なし

 

JRタワースクエアカードのクレジット利用時のポイント
JRタワーでショッピング 100円につき2ポイント
JRタワー以外の加盟店でショッピング 200円につき1ポイント(もしくは300円につき1マイル)
JRタワー以外のJRタワー指定店で利用 100円につき1ポイント(もしくは300円につき1マイル)

 

現金でショッピングの際のポイント
JRタワーでショッピング 100円につき1ポイント(カード提示でポイント付与)
JRタワー以外の加盟店でショッピング ポイント付与なし

 

JRタワースクエアカード Kitaca

「JRタワースクエアカード Kitaca」は、電子マネー「Kitaca」が搭載されたJRタワースクエアカードになります。

Kitacaは北海道旅客鉄道が導入したIC乗車券なので、JRタワースクエアカードで、道内やSuicaエリアのJR乗車、札幌市内の地下鉄・バス乗車も可能です。

また、JRタワースクエアカードでKitacaへのクレジットチャージも可能で、クレジットチャージの際はポイントも付与されます。

チャージが完了すると、チャージしたKitacaでJRタワーにてショッピングをすることもできますし、その都度ポイントも貯まります。

その他、JRタワー以外でもKitacaのマークがついた自動販売機やコインロッカーであれば利用できてしまいます。

もちろん、JRタワースクエアカードはクレジットカードになるため、クレジットカードとしてJRタワーやJRタワー以外の加盟店でのショッピングに活用することもできます。

クレジットカードとしても、電子マネーKitacaとしても、IC乗車券としても便利なカードと言えるでしょう。

Kitacaの機能については、「JRタワースクエアカードANA Kitaca」と同様になるのですが、こちらのカードだと年に1度でもカードの利用があると次年度以降も年会費が無料になっていくので、飛行機を利用しない方、マイルを貯めない方はこちらのカードで十分かもしれませんね。

Kitacaの利用 あらかじめチャージが必要(チャージ方法:現金、クレジットカードなど)
Kitaca定期券としての利用 不可
クレジットチャージ可能場所 Kitacaエリア内のJR指定席券売機、みどりの窓口
カード内チャージ上限 20,000円
チャージ単位 1,000円、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円、10,000円
Kitacaの利用エリア ・JR道内55駅
・JR東日本などのSuicaエリアも可
・SAPICA利用可能エリアも可(札幌市営地下鉄、市電、中央バス、ジェイアール北海道バス、じょうてつ)
Kitacaが使える店舗 Kitacaのマークのある加盟店

 

JRタワースクエアカードのKitaca利用時のポイント
IC乗車券として利用時(JR乗車)のポイント 付与なし
Kitacaチャージのポイント ・クレジットチャージの場合、100円につき1ポイント貯まる
・現金チャージの場合、貯まらない
クレジットチャージ時のポイント加算日 利用の翌々月
JRタワー内でチャージしたKitacaでショッピング 100円につき1ポイント
JRタワー以外の加盟店、コインロッカーなどでKitaca利用 ポイント付与なし

 

JRタワースクエアカードのクレジット利用時のポイント
JRタワーでショッピング 100円につき2ポイント
JRタワー以外の加盟店でショッピング 200円につき1ポイント
JRタワー以外のJRタワー指定店で利用 100円につき1ポイント

 

現金でショッピングの際のポイント
JRタワーでショッピング 100円につき1ポイント(カード提示でポイント付与)
JRタワー以外の加盟店でショッピング ポイント付与なし

 

JRタワースクエアカード iD QUICPay

「JRタワースクエアカード iD QUICPay」は、iDとQUICPayが搭載されたクレジットカードになります。

どちらも事前チャージ不要の電子マネーになるため、いつでも残高を気にせず利用できてしまいますね。

決済時にパッドでどちらの電子マネーにするか選択できるので、店舗や状況に応じて好きな電子マネーを使っていくことができます。

また、Kitacaの場合はJRタワー以外で利用するとポイントは加算されませんが、iDとQUICPayの場合は、JRタワー以外(コンビニ、スーパー、タクシーなどの加盟店)で決済する際もポイントが貯まります。

「JRタワースクエアカード iD QUICPay」も年会費は初年度無料で、次年度以降も年に1度でも利用があると無料になります。

iD、QUICPayについて
事前チャージ 不要
QUICPay1回の利用額上限 20,000円まで
JRタワー以外のiDが利用できる加盟店 こちら
JRタワー以外のQUICPayが利用できる加盟店 こちら

 

JRタワースクエアカードのiD、QUICPay利用時のポイント
JRタワーでiD、QUICPayでショッピング 100円につき1ポイント
JRタワー以外のiD、QUICPay加盟店でショッピング 200円につき1ポイント

※iDを利用しても、dポイントは貯まりません。貯まるのはJRタワースクエアポイントだけです。

JRタワースクエアカードのクレジット利用時のポイント
JRタワーでショッピング 100円につき2ポイント
JRタワー以外の加盟店でショッピング 200円につき1ポイント
JRタワー以外のJRタワー指定店で利用 100円につき1ポイント

 

現金でショッピングの際のポイント
JRタワーでショッピング 100円につき1ポイント(カード提示でポイント付与)
JRタワー以外の加盟店でショッピング ポイント付与なし

 

JRタワースクエアカード ポイントカード(中高生限定)

「JRタワースクエアカード ポイントカード」は、中学生・高校生限定の、ポイント機能だけがついたポイント専用カードになります。

現金払いの際にカードを提示するだけでポイントが貯まるので、JRタワーでショッピングする際は持っていて損はないでしょう。

クレジットカードは作れないけれどポイントを貯めたい、よくJRタワーでショッピングをするという中高生にお勧めのカードです。

入会基準 19歳以下の中高生であれば誰でもOK
有効期限 満19歳の3月末日
申込時の必要書類 生徒手帳の原本
JRタワーでカード提示し現金でショッピング 100円につき1ポイント付与

 

JRタワースクエアカードの審査難易度は?

JRタワースクエアカードは、JRタワーに顧客を集めるために発行されているカードになりますが、このように特定の店舗が顧客獲得のために発行するクレジットカードは、審査難易度が低めだと言われています。

難易度を下げて多くの方にカードを発行することで、「ポイントを貯めるために買い物に行く」という方が増え、メリットが得られるからです。

JRタワー内でのショッピング時のポイント還元率が高く設定されていることからも、JRタワースクエアカードは顧客獲得が目的のカードだということがわかるでしょう。

ですから、JRタワーをよく利用する方であれば、それほど審査に対して不安がる必要はないように感じます。

ただし、過去に延滞したことがある、今現在延滞中である、他社からの借入額が多いなど、借入や返済状況に問題がある場合は、JRタワースクエアカードの審査に通らない危険性があるので注意しましょう。

また、JRタワースクエアカードの審査はオリコカードが行うため、過去にオリコカードで延滞などをした経験がある方やオリコカードの審査に落ちたことがある方などは審査通過が難しくなってしまうかもしれません。

まずは、延滞がある場合は早急に解消することが大切ですし、借入額が多い場合は可能な限り返済してから申し込みを検討してみましょう。

専業主婦でもJRタワースクエアカードの審査に通る?

オリコカードセンターへ電話で確認したところ、JRタワースクエアカードは専業主婦の方でも申込が可能とのことでした。

JRタワースクエアカードの審査は世帯主の収入をもとに行うため、パートなどの収入がなくても世帯主に安定した収入があれば大丈夫だそうです。

ただし、審査状況によっては世帯主の収入を証明する書類提出が必要となることもあるそうです。

学生でもJRタワースクエアカードの審査に通る?

学生の場合、ポイント機能のみでいいのであれば学生向けのポイント専用カードがお勧めです。審査も不要なので19歳以下の中高生であれば取得可能です。

しかし、ポイント専用カードはクレジット機能付きのカードよりもポイントが貯まりにくく、電子マネー機能も付いていないためクレジットカードの方が使い勝手はいいかもしれませんね。

ただしJRタワースクエアカード(クレジット機能付き)には家族カードが用意されていないため、学生でも本会員として申し込むしかありません。

学生のクレジットカード申し込みは可能なのか、オリコカードセンターへ確認したところ、「高校生ではない18歳以上の方であればお申し込みは可能です」とのことでした。

アルバイトをしていなくても大丈夫なのか聞いてみると「そうですね~・・・アルバイトをしてご自身に収入があるほうが有利かもしれませんが・・・審査については何とも申し上げることができません」とのことでした。

JRタワースクエアカードへの申し込みは可能ですが、取得できるかどうかについては審査次第のようですね。

しかし学生でもクレジットカードを持っている方はたくさんいるので、その他の借り入れ状況や世帯主の収入などに問題がなければそれほど心配しなくてもいいように思えます。

個人事業主でもJRタワースクエアカードの審査に通る?

こちらもオリコカードセンターへ確認したところ、個人事業主でも申し込みは可能だそうです。

自営業で収入が不安定な場合でも大丈夫ですか?と聞いてみましたが、「まずはお申込みいただいて、申込内容をもとに審査をしてみないことにはわかりません」とのことでした。

審査についてはそれ以上聞き出すことができなかったので実際のところはわからないのですが、自営業の方でもクレジットカードを持っている方はたくさんいらっしゃるので、他社からの借り入れや過去の返済状況などに問題がないのであればそれほど心配しなくても大丈夫なように思えます。

JRタワースクエアカードの審査に在籍確認はある?

こちらもオリコカードセンターへ確認したところ、審査の際に勤務先への在籍確認はあるとのことでした。

パートやアルバイトの場合も、審査状況によってはパート先やアルバイト先へ在籍確認を行うことがあるそうです。

自営業で勤務先の電話番号が自宅になっている場合は、自宅での電話で確認が取れれば大丈夫とのことです。

JRタワースクエアカードのポイント・マイル

JRタワースクエアカードでは、JRタワースクエアポイントを貯めることができます。

また、「JRタワースクエアカードANA Kitaca」では、ポイントもANAマイルも貯めていくことができます。

現金払い・クレジット払い・電子マネー払いなどの支払い方法や、JRタワースクエアカードを利用する場所によって還元率が変わってくるので、利用場所と支払方法別に詳しく見ていきましょう。

※このカードはオリエントコーポレーション発行のクレジットカードとなりますが、基本的にはオリコポイントは貯まらず、JRタワースクエアポイントのみ貯まる仕組みとなっています。

JRタワーにてクレジット利用・現金払いでポイント・マイルが貯まる

JRタワーでは、JRタワースクエアカードでのクレジット払いの場合も、現金払いでJRタワースクエアカード提示の場合もポイントが貯まります。

ただし、クレジット払いの方が還元率が上がるのでお得です。

また「JRタワースクエアカードANA Kitaca」の場合、一部店舗では、ポイントではなくマイルで付与される場合もあります。

<ポイント付与>

JRタワースクエアカードでクレジット払い 100円につき2ポイント
現金払いでポイントカード提示 100円につき1ポイント

 

JRタワーにて電子マネー(Kitaca、iD、QUICPay)利用でポイントが貯まる

JRタワー内では、JRタワースクエアカード搭載の電子マネー(Kitaca、iD、QUICPay)でショッピングした際もポイントが貯まります。

クレジット払いより還元率は下がってしまいますが、Kitacaはリーダーにカードをタッチするだけですし、iDやQUICPayもカードを端末にかざすだけで支払いが完了してしまうので、便利ですね。

電子マネー(Kitaca、iD、QUICPay)でショッピング:100円につき1ポイント

JRタワー以外の加盟店でクレジット利用でポイントが貯まる

JRタワースクエアカードは、JRタワー以外のOrico加盟店や提携国際ブランド(VISA、Mastercard、JCB)の加盟店でも利用することができますし、クレジット払いにするとポイントも貯まります。

また、「JRタワースクエアカード ANA Kitaca」の場合、ポイントかマイルかを選択することができます。

ただし、JRタワー以外で現金払いの場合は、JRタワースクエアカードを提示してもポイントは貯まりません。

<ポイント・マイル付与>

▼Orico、Mastercard、VISA、JCB加盟店でショッピング
⇒200円につき1ポイント(もしくは300円につき1マイル)

▼JRタワー指定店(JRタワーホテル日航札幌、JR北海道の旅行センター、JR北海道駅のみどりの窓口や券売機)で利用
⇒100円につき1ポイント(もしくは300円につき1マイル)

JRタワー以外の加盟店で電子マネー(iD、QUICPay)利用でポイントが貯まる

JRタワー以外でも、iDとQUICPayであれば、それぞれの加盟店で利用することができ、さらにJRタワースクエアカードのポイントも貯めていくことができます。

ただし、Kitacaの場合はポイント付与の対象外となります。

<ポイント付与>

▼iDの加盟店で、iDでショッピング
⇒200円につき1ポイント

▼QUICPayの加盟店でQUICPayでショッピング
⇒200円につき1ポイント

JRタワースクエアカードでポイントが貯まらない利用方法

JRタワー以外の加盟店で、以下のような利用をした場合、ポイントは貯まりません。

・現金払いでカード提示

・Kitaca加盟店やSuica加盟店で、「JRタワースクエアカード Kitaca」「JRタワースクエアカード ANA Kitaca」のKitacaを利用

・「JRタワースクエアカード Kitaca」「JRタワースクエアカード ANA Kitaca」のKitacaで、JR乗車

JRタワー来店でポイントが貯まる

JRタワーへ来店すると、ポイント端末機で来店ポイントを受け取ることができます!スロット式になっているため、運が良ければ100ポイントゲットの可能性も!

<来店ポイントの条件>

回数 1日1回だけ
ポイント 1~100ポイントの範囲
ポイント端末機 アピア、エスタ、パセオ、札幌ステラプレイスに設置(計18か所)

 

ポイントの確認方法・有効期限

JRタワースクエアカードで貯めたポイントは、ショッピングした際のレシートやポイント端末機などで確認することができますが、交換期間を過ぎてしまうと失効してしまうので、期限内に使い切るよう注意しましょう。

ポイント積立期間 カード入会月を基準に1年間
積立期間にお買物券に交換しなかった場合 「繰り越しポイント」として翌年に繰り越し
ポイント交換期間 積立期間+12か月
交換期間を過ぎたポイント 失効
ポイント数・有効期限の確認方法 レシート、ポイント端末機で確認

 

JRタワースクエアカードで貯めたポイントを使う

JRタワースクエアカードで貯めたポイントは、お買物券に交換してJRタワーでのショッピングに利用することになります。

基本的に、他社ポイントや別の商品への交換、チャージなどにポイントを活用することはできませんが、「JRタワースクエアカードANA Kitaca」のみ、ANAマイルへの交換が可能です。

お買物券に交換して使う

JRタワースクエアカードで貯めたポイントは500ポイントから「お買物券」に交換することができ、交換したお買物券は、JRタワーでのショッピングに利用することができます。

<お買物券>

交換方法 アピア、エスタ、パセオ、札幌ステラプレイスに設置のポイント端末機で交換
券種 500円券、1,000円券、5,000円券
お買物券の有効期限 発券日から90日間(有効期限は券面に記載)
おつり 出ない
お買物券利用可能場所 アピア、エスタ、パセオ、札幌ステラプレイス、札幌シネマフロンティア、JRタワー展望室T38など
お買物券利用不可の店舗 ・アピア内(ジェイ・アール北海道バスチケットセンター、宝くじ売り場、保険相談サロンFLP)
・エスタ内(そば処弁菜亭、ナムコ(トーマスステーション札幌、キーズカフェ、あそびパークPLUSを除く)、札幌アイ・クリニック、クオール薬局、アフラックよくわかる!ほけん案内)
・パセオ内(ABCクッキングスタジオ、なんぼや、シンデレラストーリー、チケットぴあ、札幌駅パセオ郵便局、保険見直し本舗)
・札幌ステラプレイス内(かねこ眼科クリニック)

 

ANAマイルに交換する

「JRタワースクエアカード ANA Kitaca」のカードの場合だけ、ポイントとマイルの相互交換が可能です。

マイルを貯めたい場合は、貯まったポイントをマイルに交換してもいいですし、貯まったマイルをポイントに交換してショッピングに活用してもいいでしょう。

<相互交換>

10,000マイル(ANAマイル)→10,000ポイント(JRタワースクエアポイント)

3,000ポイント(JRタワースクエアポイント)→1,000マイル(ANAマイル)

JRタワースクエアポイント:3,000ポイントから交換可能

ANAマイル:10,000マイルから交換可能

交換に必要な日数:申込から1~2か月程度必要

交換申し込み後の取り消し:不可

※同一年度内(4月1日~翌年3月31日)に、提携ポイントへ交換したマイル数の累計が30,000マイル以上となった場合、交換レートが変わります。(10,000ANAマイル→5,000JRタワースクエアポイント)

JRタワースクエアカード会員だけの特典

暗証番号不要でスムーズな決済

JRタワーにて、JRタワースクエアカードでクレジット払いをする際は、暗証番号入力不要でスムーズな決済となります。

また、クイックカードでの支払いの場合はサインが不要となります。

<暗証番号不要となる条件>

対象店舗 ・アピア、エスタ、パセオ、札幌ステラプレイスのレストラン・カフェ・ショップ
・JRタワー展望室T38(入場料金、T’CAFE、T’SHOP、札幌スタイルショップ)
・エスタ大食品街
支払方法 翌月1回払い
利用金額 3万円未満(エスタ大食品街は1万円未満)
対象外 ビール券、ギフト券、商品券などの金券類を購入した場合

 

会員専用コインロッカー無料サービス

JRタワースクエアカード会員の場合、2,000円(税込み)以上のショッピングをすると、無料でJRタワースクエアカード・JRタワースクエアポイントカード会員限定のコインロッカーを利用できるようになります。

<コインロッカー無料の条件>

条件 アピア・エスタ・パセオ・札幌ステラプレイスの各ショップで、当日の利用金額合計が2,000円(税込み)以上であること
※クレジット払い・現金払い・電子マネー払い いずれも可
※ポイント付与率が異なる店舗やポイントサービス対象外店舗での利用金額は対象外
コインロッカー無料時間 当日3時間まで無料
受付場所 ・JRタワースクエアカードサービスセンター
・アピア、エスタ、パセオ、札幌ステラプレイスの各インフォメーション
受付時間 10時~21時
コインロッカー利用方法 当日のレシートとJRタワースクエアカードを提示し、コインロッカー専用コインを受け取り、利用
専用コイン 会員1名につき1日1コインまで
コインロッカーの利用 当日限りの利用
3時間以上利用した場合 延長料金として3時間ごとに現金100円が必要
コインロッカー設置場所 ・アピアやすらぎの広場(12口)
・エスタB1F大食品街 西側広場(12口)

 

年会費無料サービス

JRタワースクエアカード(ANA Kitaca)は1年間にカードの利用があってもなくても、次年度から年会費が発生してしまいますが、JRタワースクエアカード(Kitaca、iD・QUICPay)は、1年間に1度でもカードの利用があれば、次年度も無料になります。

JRタワースクエアカードは毎年使い続けるとずっと年会費無料になるのでお得ですね。

年会費無料の条件 1年間、1回でもクレジット利用があった場合、次年度年会費無料
1年間1回のクレジット利用とは ・JRタワー内でのクレジットによるショッピング
・国内外のOrico加盟店でのクレジットによるショッピング
・国内外の提携国際ブランド加盟店(VISA、Mastercard、JCB)でのクレジットによるショッピング
・公共料金や携帯電話料金、プロバイダー利用などの引き落とし
・KitacaやANA Kitacaのカードの場合、同カードのKitacaへクレジットチャージ
・iD、QUICPayのカードの場合、iD、QUICPay加盟店で電子マネー利用
※KitacaカードのKitacaでのショッピングは対象外
※キャッシング利用分は対象外
※現金払いでカード提示した場合も対象外
※利用金額に制限なし
初年度 カード発行月を含む12か月の末日までにカードを利用すると次年度も無料
2年目以降 カード発行月の前月末日までにカードを利用すると次年度も無料
カードの利用がない場合 入会月の翌々月27日に年会費引き落とし

 

便利なJRタワーアプリ

ポイント確認やポイント計算などが簡単にでき、オリジナルポイントも貯められるJRタワースクエアカード会員向けの「JRタワーアプリ」が用意されています。

顧客番号をアプリに登録するだけで簡単に利用できるので、JRタワーでのショッピングをもっとお得に楽しみたい方にお勧めです。

アプリ登録方法 アプリをダウンロードし、7桁の顧客番号と生年月日を登録するだけ(スマホ専用のため、タブレット端末からの利用不可)
アプリ利用料金 無料
アプリ特典 ・アプリで来店ポイントの取得も可能
・JRタワーにチェックインすると、アプリ内でバルーン(JRタワーショッピングチケットに交換できるオリジナルポイント)が貯まる
・記事のLIKEアクションでバルーンが貯まる
・貯めたバルーンで特典ゲット
・ポイント残高の確認
・おすすめ情報やクーポン入手
・お気に入りショップを「マイショップ登録」し、ショップ情報ゲット
・館内MAP機能つきで、目的ショップを簡単に探せる
・オリジナル計算機つきで、ポイント計算が簡単

 
 

<バルーンについて>
バルーンはアプリ内で貯めることができるオリジナルポイントで、貯めたバルーンはJRタワーショッピングチケットに交換できるためお得です。

バルーンの貯め方 ・JRタワーへの来店(チェックイン)
・ショップニュース、トピックスの記事へLIKEアクション
チェックイン可能時間 7時~24時
チェックイン可能回数 アプリにつき1日1回
1回の抽選に出現するバルーン 10~1,000バルーン
LIKEアクションで付与されるバルーン LIKE1回につき1バルーン(1日最大10バルーン)
バルーンステージ BLONZE、SILVER、GOLDの3ステージがあり、ステージ到達時に特典ゲット
BLONZE 10,000バルーン(JRタワーショッピングチケット1,000円分)
SILVER 20,000バルーン(JRタワーショッピングチケット2,500円分)
GOLD 30,000バルーン(JRタワーショッピングチケット5,000円分)
バルーンの交換方法 アプリ内の申し込みフォームから特典と引き換え
バルーンの有効期限 なし

 

eオリコサービスで利用明細確認

JRタワースクエアカード会員はオリコカードの会員向けWEBサービス「eオリコサービス」の利用が可能で、登録料金は無料です。

eオリコサービスに登録すると、毎月請求額が確定すると利用明細書よりも早い段階で確定金額のメールが届きますし、WEB上でも明細の確認ができるようになります。

利用明細はファイル形式で保存もできるのでデータ管理したい方にも嬉しいですね。

JRタワースクエアカード会員優待特典

JRタワースクエアカードの会員は、JRタワーでのカード提示やカード利用などにより、以下のような様々な特典を受け取ることができます。

ショップ特典

アピア、エスタ、パセオ、札幌ステラプレイスの対象ショップで、JRタワースクエアカードの提示やクレジット利用により、5%~10%の割引特典や、サンプル、ステッカー、ノベルティセット等のプレゼントを受け取ることができます。

アピア、エスタ、パセオ、札幌ステラプレイスの飲食店では、ソフトドリンクやトッピングのサービスも受けられます。

特典は店舗ごとに異なるので、こちらのサイトからご確認ください。

<ショップ特典の注意点>

・清算前(飲食店では注文時)にJRタワーカードを提示すること
・他のクレジットカード払いの場合は対象外
・セール品など除外品もあるので注意

映画特典

札幌シネマフロンティアでチケット購入の際、JRタワースクエアカードを提示もしくはカードを利用すると、300円の割引が受けられます。

また、JRタワースクエアカードでチケットを購入した場合、200円につき1ポイントのJRタワースクエアポイントも受け取ることもできます。

<映画特典の注意点>

割引金額 当日の一般料金から300円割引(メンズデイ、レディースデイ、ファーストディなどは割引対象外)
インターネット事前予約 可能(パソコンや携帯電話から事前予約し、ロビーの専用端末でチケット受け取り)
インターネット事前予約時の映画特典(300円割引) 対象外
JRタワースクエアカード払いのポイント クレジット払い200円につき1ポイント加算(現金払い・カード提示によるポイント加算はなし)

 

展望室特典

JRタワースクエアカード会員は、JRタワー展望室T38(タワー・スリー・エイト)の入場料金を200円割り引いてもらえ、さらにカード払いでも現金払いでもJRタワースクエアポイントが貯まります。

<展望室割引の注意点>

割引特典 入場料金(大人)200円割引
割引方法 利用時に展望室インフォメーションカウンターでJRタワースクエアカードを提示(JRタワースクエアポイントカードの場合は対象外)
他の割引と併用 不可
JRタワーカード払いの場合のポイント 100円につき2ポイント加算
現金払いでJRタワーカード提示の場合のポイント 100円につき1ポイント加算

 

ホテル特典

札幌と帯広のホテルで、以下のような割引や特典を受けることができます。

①JRタワーホテル日航札幌の特典

・レストラン(「The Lobby lounge」、スカイレストラン「丹頂」、レストラン&バー「SKY J」)で5%割引

・スカイリゾートスパプラウブラン入浴料440円割引(JRタワースクエアカード1枚につき3名まで利用可能)※スパの利用は18歳以上~

・レストランもスパも、クレジット払いにすると100円につき1ポイント加算(現金払い・カード提示ではポイントは加算されません)

②ホテルノースランド帯広の特典

・ホテルノースランド帯広宿泊の際、基本室料から20%割引

 ※現金払いの場合のみ対象で、クレジット払いは対象外なので注意が必要ですが、JRタワースクエアカードでのクレジット払いにすると200円につき1ポイントが加算されます。

レンタカー特典

ジェイアール北海道レンタリースにて、JRタワースクエアカードを提示すると、レンタカー基本料金が10%割引となります。

また、JRタワースクエアカードのクレジット払いにすると、200円につき1ポイントが加算されます。

JRタワースクエアカードのETCカード発行サービス

JRタワースクエアカードの会員は、高速道路で便利なオリコのETCカードを発行してもらうことができます。

年会費 無料
申込方法 インターネット、郵送
発行枚数 1枚の本カードに対して1枚発行
ポイント 100円の利用につき1ポイントのJRスクエアポイントが貯まる
利用代金支払い方法 カード利用分と一緒に引き落とし(1回払いのみ)
発行スピード 申し込み後2~3週間程度で到着

 

JRタワースクエアカードの補償サービス

紛失・盗難補償

JRタワースクエアカードには、オリコカードの紛失盗難補償がついています。

紛失や盗難に気づいたらすぐにオリコカードの紛失・盗難ダイヤルへ電話をかけ連絡しましょう。

また盗難などにより、JRタワースクエアカードが不正利用されてしまった場合も、届け出した日から60日前までさかのぼり、損害分をオリコカードが補償してくれます。

ただし本人に過失があった場合や、カード裏面にサインがない場合などは補償されないので注意しましょう。

<紛失・盗難ダイヤル>

①国内の場合
0120-828-013
受付時間:24時間、年中無休

②海外の場合
81(国コード)—11—700-2952
受付時間:24時間、年中無休

もし紛失したカードが「JRタワースクエアカードANA Kitaca」か「JRタワースクエアカードKitaca」の場合、オリコだけではなく、「Kitacaエリア内のKitaca発売駅のみどりの窓口」への連絡も必要です。

みどりの窓口は電話での受付を行っていないので、公的身分証明書を持参し営業時間内に申告しに行きましょう。

ANAマイレージクラブ、iD、QUICPayについてはオリコへ届け出するだけで手続きが完了します。

ショッピングガード保険

「ショッピングガード保険」は、JRタワースクエアカードで購入した商品が、破損や盗難、火災などによって損害を受けた場合に、損害分を補償してくれる保険です。

自己負担金額が高めになっていますが、高級な商品を購入した場合も補償されるので、カード払いだと安心ですね。

支払限度額 100万円(1事故に対し)
自己負担額 10,000円(1品に対し)
補償期間 購入日~90日間
補償金額 利用額か領収書記載の購入金額から、自己負担額を控除した額が限度
国内での購入 対象
海外での購入 対象

 

海外・国内旅行傷害保険

JRタワースクエアカードをはじめ、オリコカードが発行するクレジットカードは、年会費が有料のものに対し、旅行傷害保険が付帯されます。

念のためオリコカードセンターへ電話で確認しましたが、JRタワースクエアカードにも海外・国内旅行傷害保険が付帯されているとのことでした。

海外の場合は旅行費用をJRタワースクエアカードで支払わなくても付帯されるため、旅行の際は持っているだけで安心ですね。

国内旅行傷害保険は、旅費をJRタワースクエアカードで支払った場合に補償されます。

<海外旅行傷害保険>

死亡・後遺障害 最高2,000万円
治療費用 200万円
携行品損害 20万円(免責1事故につき3,000円)
賠償責任 2,000万円
救援者費用など 200万円

 
 

<国内旅行傷害保険>
死亡・後遺障害:最高1,000万円

JRタワースクエアカードのキャッシング枠でお金を借りる

JRタワースクエアカードにキャッシング枠がついている場合は、提携ATMからキャッシングすることができます。

JRタワースクエアカードの場合、平日であれば、13時30分までにインターネットや電話からキャッシング申し込みをすると即日振込も可能で、振込手数料は無料です。

実質年率 18.0%
借入方法 ・提携ATM、CDから
・インターネット、電話から即日振込(振込手数料無料)
借入単位 1万円単位~
返済方法 口座振替
返済日 毎月27日 ※休業日の場合は翌営業日
返済方式 ・1回払い
・リボルビング払い

 

<借入可能ATM>
ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、全国の地方銀行・信金バンク・信用金庫・信用組合など提携金融機関、セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行、E-net、VIEW ALTTEなどのATMやCD

JRタワースクエアカードの審査申し込み方法・発行までの流れ

<JRタワースクエアカード発行までの流れ>

①申し込み(店頭、インターネット、郵送)
②必要書類提出
③審査
④審査結果の連絡 店頭申し込みの場合はクイックカードの発行
⑤引き落とし口座の設定
⑥本カード発行

JRタワースクエアカード審査申し込み方法

店頭でJRタワースクエアカードに申込

JRタワースクエアカードサービスカウンターで、申込手続きを行うことができますので、本人確認書類を提出し、所定の審査を受けましょう。

カード会社所定の審査に通過すると、その日のうちに仮のカード「クイックカード(電子マネー機能なし)」を即時発行してもらえます(申込書記入に約20分、審査に約30分、合計50分程度でクイックカード発行)。

クイックカードは仮のカードではあるものの、そのままクレジットカードとしてショッピングができますし、ポイントも貯まるので便利です。

JRタワースクエアカードは札幌に住んでいる方のためのカードと思われがちですが、このように即日発行してもらえるので、旅行や出張などで札幌に行っただけという方でも、その場でカードを受け取りJRタワーでのショッピングを楽しむというのもいいでしょう。

旅先の札幌でクレジットカードを紛失してしまったという場合でも、即日発行できるカードがあると安心ですね。

JRタワースクエアカード(本カード)は、申込後3~4週間程度で自宅へ郵送されてきます。

<クイックカード即時発行の注意点>

▼電子マネー機能:なし

▼クレジット機能:あり

▼ポイント機能:あり

▼混雑時:発行まで50分以上かかる場合もあります

▼サービスカウンター受付時間:10時~21時まで(クイックカード希望の方は11時~18時半の間に来店すること)

▼必要書類:クイックカードを希望する場合は、写真付き本人確認書類が必要(写真付きの確認書類がない場合は、健康保険証+住民票など現住所記載の書類が2点必要)

▼学生・未成年:親権者と一緒に来店すること

▼クイックカードの限度額:一律10万円まで

※審査によりクイックカードを発行できない場合もあります。

インターネットでJRタワースクエアカードに申込

JRタワースクエアカードのホームページの「お申し込みはこちら」のボタンをクリックし、進みましょう。

申込案内や会員規約、個人情報の取扱いに関する条項などをよく読み、同意すると申込画面に進み、必要事項を入力し、送信しましょう。

※学生や未成年の場合はインターネット申込はできませんので、親権者と一緒に来店するか、郵送申し込みのみとなります。

引き落とし口座として以下のような金融機関を指定する場合は、審査結果を受けてからオンライン上で口座設定手続きを行うこともできます(学生・未成年の方はオンラインでの手続きは不可)。

・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・ジャパンネット銀行
・楽天銀行

この他の金融機関を希望する場合は、後日郵送されてくる口座振替依頼書に必要事項を記入し返送することになります。

郵送でJRタワースクエアカードに申込

JRタワースクエアカードサービスカウンターに、入会申込書が設置されていますので、
必要事項を記入し、本人確認書類のコピーを同封して返信用封筒で郵送しましょう。

書類がカード会社に到着するとJRタワースクエアカードの審査が開始されます。

郵送の場合、書類に不備があるとやり取りに時間がかかってしまうため、不備のないようしっかりチェックしてから郵送することが大切です。

JRタワースクエアカードの必要な書類

JRタワースクエアカード申し込みに必要な書類

現住所が記載された以下のような本人確認書類が必要になります。

また、顔写真のない確認書類の場合や確認書類と現住所が異なる場合、未成年の方は、追加で提出が必要な書類もあるので注意しましょう。

<本人確認書類>

・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・マイナンバーカード
・健康保険被保険者証
・国民健康保険被保険者証
・住民基本台帳カード
・身体障害者手帳
・外国人登録証明書
・在留カード
・特別永住者証明書
・住民票の写し(発行から6か月以内)
・印鑑登録証明書(発行から6か月以内)
など

<顔写真のない本人確認書類・現住所が異なる場合の追加書類>
健康保険証などの顔写真のない確認書類の場合や、現住所と確認書類の住所が異なる場合は、追加で以下のような現住所が記載されている書類(発行日から6か月以内)も必要になります。

・国税や地方税の領収書、納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書(電気、ガス、水道、NHK、NTT東日本・西日本固定電話)

<未成年者の場合の追加書類>

・親権者の本人確認書類

※店頭申し込みの場合は、親権者の本人確認書類(原本)を持参し、親権者と一緒に来店が必要です。郵送申し込みの場合は、申込時に親権者の確認書類(コピー)も同封してください。後日親権者へ確認の電話があります。

<ポイント専用カードの場合>

・生徒手帳原本
・現住所が記載された本人確認書類(現住所と生徒手帳記載の住所が異なる場合)

<キャッシングを希望する場合>
キャッシングを希望する方で借入額合計が50万円を超える場合や、他社の借入額も含め借入総額が100万円を超える場合、以下のような収入証明書類も必要になります。

・源泉徴収票(前年度のもの)
・支払調書(前年度のもの)
・支払明細書(直近3か月以内のものを、2か月分)
・確定申告書(前年度のもの)
・青色申告決算書(前年度のもの)
・収支内訳書(前年度のもの)
・納税通知書(前年度のもの)
・課税証明書(前年度のもの)
・年金通知書(当年度のもの)
など

JRタワースクエアカード受け取りに必要な書類

JRタワースクエアカードは原則「本人限定受け取り郵便(特定事項伝達型)」で郵送されてきますので、受け取る際は、必ず本人が以下のような写真付きの本人確認書類を提示しましょう。

・パスポート
・在留カード
・特別永住者証明書
・外国人登録証明書
・運転免許証
・運転経歴証明書
・個人番号カード
・身体障害者手帳
など

JRタワースクエアカードの支払方法

<支払い条件>

締め日 毎月末日
支払方法(選択可能) ・1回払い
・2回払い
・ボーナス一括払い(夏期:6月・7月・8月、冬期:12月・1月)
・ボーナス併用払い
・分割払い(3回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回)
・リボルビング払い
支払期日 毎月27日(土日祝日の場合は翌営業日)
手数料無料となる支払方法 ・1回払い
・2回払い
・ボーナス一括払い

 

JRタワースクエアカード「あとリボ」

「あとリボ」とは、1回払い・2回払い・ボーナス払いを指定した分を、後からリボ払いに変更できるサービスです。

「あとリボ」は、以下の3種類の支払い方法の中から選択可能です。

マイ月リボ:あとリボ対象分全額を、毎月自動的にリボ払いに変更する方法です。

全部リボ:次回の支払い予定分のうち、あとリボ対象分をリボ払いに変更する方法です。

一部リボ:次回の支払い予定分のうち、一部を選んでリボ払いに変更する方法です。

<あとリボの条件>

申込方法:インターネット、電話から
対象:1回払い、2回払い、ボーナス払い、キャッシングの1回払いを指定した場合

JRタワースクエアカードの切り替え方法

▼ポイントカード、Kitaca、iD・QUICPayからANA Kitacaへ切り替える場合
切り替え申し込みの場合は、切り替え初年度から年会費が発生し、カードの利用があっても年会費1,100円(税込み)が必要になるので注意しましょう。

ただしキャンペーン期間中であれば、年会費相当分のポイントを受け取ることができます。

▼ANA KitacaからKitaca、iD・QUICPayへ切り替える場合1年間にカードの利用があると年会費が無料になりますが、この場合、起算月は持っているカードの入会月になるので、注意しましょう。

▼切り替えの注意点
切り替え時はインターネットから行うことはできませんので、JRタワースクエアカードサービスカウンターへ行って手続きを行いましょう。

サービスカウンターで専用の切り替え申込書に記入し提出するだけで手続き完了しますが、切り替え申し込みから本カード到着まで、約3週間かかります。

JRタワースクエアカードにカードの退会・解約方法

JRタワースクエアカードの解約手続き(退会手続き)は店頭か電話で行うことができます。

①店頭でJRタワースクエアカードを解約する場合
JRタワースクエアカードサービスカウンターへカードを持参し、解約したい旨伝え、解約届に必要事項を記入するだけで完了します。

②電話でJRタワースクエアカードを解約する場合
電話で解約したい場合は、オリコのテレホンサービス(0120-911-004)へ電話をかけましょう。

JRタワースクエアカードにカード退会時の注意事項

・JRタワースクエアカードの退会と同時にポイントも消滅するので、退会前に使い切っておくことが大切です(ただし、ポイントは500ポイントからお買物券に交換となるため、500未満のポイントは切り捨てることになってしまいます)。

・JRタワースクエアカードの退会と同時にETCカードも解約となります。

・JRタワースクエアカードで公共料金などの支払いを行っている場合は、それぞれの契約会社へ連絡し変更手続きが必要です。

・Kitacaを利用している場合は、チャージ残高がないかどうかも確認が必要です。

JRタワースクエアカードのメリット・デメリット

JRタワースクエアカードのメリット

・選べる3タイプ(ANAマイレージクラブ、Kitaca、iD、QUICPayなど希望の電子マネー搭載カードを選択可能)

・「JRタワースクエアカードANA Kitaca」「JRタワースクエアカードKitaca」の場合、Kitacaの購入代金2,000円が不要

・審査がスピーディー(店頭申し込みだと約50分程度で審査終了し仮のカード発行可能)

・Kitaca、iD・QUICPayの場合は、年に1度でも利用があると次年度以降も年会費無料

・JRタワーでクレジット払いにするとポイント還元率アップ

・ショッピング保険、国内・海外旅行傷害保険つき(オリコカードセンターへ確認済み)

・JRタワースクエアカードは会員専用優待特典が豊富

・コインロッカーを3時間まで無料で利用可能

・JRタワースクエアカードの会員は、便利でお得なJRタワーアプリの利用可能(バルーンが貯まる)

・毎年春と秋(3月と10月)に、5倍ポイントセール(ゴバポ)開催(5倍ポイントセール期間中は多くの店舗で割引セールも開催されることが多いのでお得)

JRタワースクエアカードのデメリット

・貯まったポイントの使い道は、お買物券発行のみで、他社ポイントへの交換や電子マネーチャージとして活用はできない(ANA Kitacaのみ、マイルへの交換も可)

・お買物券への交換はJRタワーに行かないとできない

・JRタワースクエアカードは家族カードなし(すべて本人限定のカード)

・学生、未成年のオンライン申し込みは不可(店頭か郵送申し込み)

・JRタワーへ行かない方にはあまりメリットがない(ポイントが貯まらない)

・ANA Kitacaは、JRタワースクエアカードの利用があっても次年度から年会費が発生してしまう

・ANA Kitaca、Kitacaは定期券機能なし

 
 

この記事の監修者

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している実績があります。

PAGETOP