やまやカードの審査は緩い?特典や支払方法なども解説

お酒や飲み物、世界各国からの輸入食品などを取り扱うチェーン店「やまや」では、公式のクレジットカードとして「やまやカード」を発行しています。

やまやカードがあれば、やまやでの買い物がお得になるのはもちろんのこと、同じ系列のイオングループのサービスも受けられます。

ここでは、やまやカードの特典やポイント、締め日・支払方法などの特徴や、審査の難易度などを詳しくご紹介していきます。


もくじ

やまやカードの基本情報

イオングループの傘下やまやのカードということで、やまやカードは同じイオングループのイオンクレジットサービス株式会社により発行されています。

⇒イオンカードの審査難易度は?種類やポイント・特典・年会費など

そのため、やまやカードはやまやでの利用がお得になるだけでなく、一部イオンカードのサービス内容も併せ持っており、年会費は永年無料です。

やまやカードにはWAON一体型、ゴールドカードなどといった別タイプのものはなく、一種類のみですが、国際ブランドはVISA、Mastercard、JCBの3つから選べますし、追加カードとして家族カードやETCカードを発行可能です。

【やまやカード 基本情報】

国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
年会費 本カード・家族カードともに無料
申込資格 18歳以上で電話連絡可能な方
※高校生は卒業年度の1月1日以降であれば申込可能
※20歳未満の方は、親権者の了承が必要
電子マネー機能 なし(電子マネーWAON機能なし、イオンiD非対応)
追加可能カード ETCカード、家族カード
付帯保険 ショッピングセーフティ保険、クレジットカード盗難保障
ポイント名 ときめきポイント、WAON POINT
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 毎月10日締め、翌月2日引落
※引落日が土・日・祝日の場合は翌営業日に引落
発行カード会社 イオンクレジットサービス株式会社
申込方法 オンライン
公式サイト こちら

 

やまやカードの家族カード

家族カードとは、生計を同一にする配偶者・親・18歳以上の子供を対象に発行できるカードです。

やまやカードの家族カードは本カード同様、年会費無料で、本カード1枚に対し3枚までの家族カードを発行することが可能です。

家族カードの発行に際しては家族に対しての審査がなく、本会員の信用のもとに発行されることになりますので、収入がない方など通常は申し込みにくい方でもクレジットカードを持てる利点があります。

特にやまやカードをはじめとしたイオン系の家族カードは、高校生でも卒業年度の1月1日以降であれば発行対象になると明記されている点も注目されます。

家族カードでも本カードとほぼ同等のサービスを受けられるほか、ポイントも家族で合算できるのは大きなメリットですし、クレジット利用代金は本カードと合算され請求されるため、管理も簡単です。

やまやカードのETCカード

やまやカードは追加でETCカードも発行することができます。

やまやカードのETCカードは発行手数料も年会費もかかりません。ETC利用代金に応じてショッピング利用と同等のポイントが獲得できるので、車に乗る方ならぜひ発行しておきたいところです。

ETCカードはクレジットカード1枚に対して1枚を発行可能。もし本カードの他に家族カードを2枚発行していた場合には、全部で3枚までのETCカードを発行できることになります。

やまやカードの特長・特典

やまやカードには次のような特長、特典があります。

・ポイント還元
・「やまや感謝デー」はやまやでの買い物で値引
・「お客様感謝デー」はイオングループでの買い物で値引
・お買い物割引券がもらえる
・イオンシネマで映画鑑賞割引
・提携施設で優待サービス
・ショッピングセーフティ保険、クレジットカード盗難保障が付帯

やまやカードのポイント還元についてはこの後の項で詳しくご説明することとして、ここではその他の特典内容についてご紹介していきましょう。

やまやでの買い物がお得に

毎月20日は「やまや感謝デー」となっており、やまやで買い物してやまやカードで支払うと、商品代金が3%OFFになります。

特売品など一部対象外の商品もありますが、急ぎでないものは「やまや感謝デー」にまとめ買いがお得です。

やまやカードがあればイオングループでの買い物もお得に

毎月20日・30日は全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの各店舗で5%OFFセールが開催される「お客様感謝デー」。

やまやカードでもこの恩恵を受けられ、これらのイオン系列店でクレジット払いすると、買い物代金の5%が値引きされます。

ただし毎月15日に5%OFFになる「G.G感謝デー」と、毎月5日・15日・25日にWAON POINTが2倍獲得できる「お客さまわくわくデー」については、残念ながらやまやカードは対象外となっています。

やまやカードの入会特典でお買い物割引券がもらえる

やまやカードへの入会特典として、やまやで5,000円(税込)以上の買い物の際に利用できる500円のお買い物特別割引券がもらえます(カード送付時に同封)。

そもそもやまやカード発行にも全くコストがかからないのですから、やまやを利用する機会のある方なら申し込まない理由がありませんね。

イオンシネマで映画鑑賞割引

イオンシネマで映画チケットを購入する際にやまやカードで支払うと、一般通常料金からいつでも300円引きになります。

本人だけでなく同伴者1名も割引対象になるので、最大600円割引が受けられることになります。

また、毎月20日・30日のお客様感謝デーの利用なら、やまやカードの提示で700円引きの1,100円に!

イオンシネマでは毎月1日の「ハッピーファースト」や毎週月曜日の「ハッピーマンデー」など他の日にも割引サービスを行っていますが、イオン系のカードユーザーになればさらにお得な日が増えることをぜひ覚えておきましょう。

提携施設で優待サービス

やまやカードをはじめとしたイオンマークのついたクレジットカードを提示することで、お得な優待特典を受けられる提携施設が全国に多数揃っています。

対象施設はレストラン、ホテル、レジャー、ショッピングなど幅広く、値引きが受けられるもの、プレゼントがもらえるものなど様々ですが、例えば次のようなサービスがあります。

HIS 国内・海外ツアー3,000円値引
エクスペディア ホテル8%割引、航空券+ホテル2,500円値引
タイムズ・カーレンタル 利用料金最大35%割引
ニッポンレンタカー 基本料金最大15%割引
ブリーズベイホテルグループ 宿泊プラン料金10%割引
カラオケ館 室料30%割引
シダックス 室料30%割引
ビッグエコー 一般室料30%割引など
カラオケコート・ダジュール 室料20%割引など
ドミノ・ピザ MLサイズピザ30%割引
DK DINING 飲食代金10%割引
Aちけ お得な前売りチケット購入可能

 

上記はごく一部です。知らないと損する内容のものが他にも目白押しなので、ぜひチェックしてみてください。

イオンマークのカードの優待特典

やまやカードの付帯保険

やまやカードには「ショッピングセーフティ保険」と「クレジットカード盗難保障」の2つの付帯保険がありますが、残念ながら海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険の付帯はありません。

ショッピングセーフティ保険

ショッピングセーフティ保険はやまやカードで購入した商品に対して、偶然による事故(破損事故、火災事故、盗難事故)で購入日から180日以内に被害を受けた場合に補償が受けられるというものです。

年間限度額は年間50万円まで。5,000円以上の商品が対象となります。

クレジットカード盗難保障

クレジットカード盗難保障とは、紛失や盗難によりやまやカードが不正使用された場合に、損害額が補償されるというものです。

紛失の届け出がイオンクレジットサービスに受理された日を含めて61日前にさかのぼり、その後に発生した損害額について全額補填されるので、万一のときにも安心ですね。

やまやカードのポイント還元

やまやカードを利用することで「ときめきポイント」や「WAON POINT」を貯めることができます。

これらのポイントには1ポイント=1円の価値があり、様々な使い道があります。

ときめきポイント

「ときめきポイント」は、クレジットカードの利用金額に応じて付与されるポイントです。

貯まるポイントはやまやカードでの支払い200円(税込)ごとに1ポイントなので、ポイント還元率は0.5%になります。

イオングループで使えばポイント2倍

イオングループの対象店舗でショッピング利用した場合には、200円(税込)ごとに2ポイントと、基本の2倍のときめきポイントが貯まります。

対象店舗にはもちろんやまやも含まれています。イオングループで使えば還元率は1%と覚えておきましょう。

【ポイント2倍 対象店舗】
全国のイオン、イオンスタイル、イオンモール、ダイエー、グルメシティー、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、やまや など

優待加盟店で使えば最大2~3倍

イオングループ以外でもときめきポイントクラブの優待加盟店で、やまやカードをショッピング利用した場合には、通常の2~5倍のときめきポイントがもらえます。

ここでは一部の加盟店をご紹介します。

ときめきポイントクラブ優待加盟店
<オンラインショップ加盟店>
日本航空(2倍)、RHトラベラー株式会社(3倍)、サンエックスネットショップ(2倍)

<一般加盟店>
コスモ石油(2倍)、ツヴァイ(2倍)、アート引越センター(2倍)、ワタミグループ(2倍)、神戸・三宮センター街(2倍)、タカキュー(2倍)、ルネサンス(2倍)、得タク(3倍)

ときめきポイントTOWN経由なら獲得ポイント最大21倍

「ときめきポイントTOWN」はイオンクレジットサービスが運営するショッピングサイトですが、こちらのサイトを経由してやまやカードで買い物すれば、獲得ポイントが通常の2倍~最大21倍にアップします。

利用方法はとても簡単で、ときめきポイントTOWNに掲載されているバナーやリンクを経由して、目的のショッピングサイトにアクセスし、あとはいつもどおりやまやカードを使ってネットショッピングするだけです。

掲載サイトはAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、DHC、じゃらん、ユニクロ、ベルメゾンネットなどおなじみの人気サイトが多数。やまやカードで支払うなら、事前にときめきポイントTOWNは絶対にチェックしておくべきですね。

ときめきポイントの使い方

やまやカードで獲得したときめきポイントには、

・他のポイントに交換する
・商品に交換する
・寄付する
・オンラインショップで買い物の支払いに使う

といった使い道があり、ポイント交換への選択肢は次の通りです。

<ときめきポイントの交換先>

交換先 必要ポイント 交換ポイント
電子マネーWAONポイント 1,000 1,000
WAON POINT 1,000 1,000
d POINT 1,000 1,000
JALマイル 1,000 500(マイル)

 

「電子マネーWAONポイント」は電子マネーWAONにチャージすることで支払いに使えるようになるポイントです。この後ご紹介する「WAON POINT」とは別のものなので混同しないようにしてください。

WAON POINT

やまやカードで獲得できるポイントにはときめきポイント以外にももうひとつ「WAON POINT」があります。

WAON POINTはイオングループのWAON POINT加盟店で買い物した際に貯まるポイントです。

WAON POINTは「電子マネーWAONで支払う」「カードを提示して現金払いする」などの方法で獲得できるのですが、やまやカードには電子マネーWAONの機能がありません。

そのため、WAON POINT加盟店カードを提示して現金払いした場合に、利用額200円(税込)ごとにWAON POINTが1ポイント付与される形になります。

※この他、歩数計アプリ(RenoBody・CARADA)を使ってのウォーキングやアンケート回答などでもWAON POINTを貯めることができます。

WAON POINT加盟店はたくさんありますので、ここではごく一部をご紹介します。

【WAON POINT加盟店】
全国のイオン、イオンモール、ダイエー、グルメシティー、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、マルナカ、キミサワ、ミニストップ、コスモ石油、ニッポンレンタカー など

実はやまやはWAON POINT加盟店には入っていません。電子マネーWAONでの支払いは可能なのですが……。このように、イオン系列でもWAON POINTが付与されない店舗もあるので注意してください。

なお、クレジット払いした場合に獲得できるのはときめきポイントのみで、WAON POINTの付与はありません。いわゆるポイント2重取り、3重取りといった手段がないのはかなり残念なところです。

WAON POINTの使い方

やまやカードで獲得したWAON POINTには、

・他のポイントに交換する
・商品に交換する
・イオングループ、WAON POINT加盟店などでの支払いに使う

などの選択肢があり、交換できるポイントは以下の通りです。

【WAON POINTの交換先】

交換先 必要ポイント 交換ポイント
エムアイポイント 1,000 1,000
電子マネーWAONチャージ 1 1

 

WAON POINTは電子マネーWAONポイントとは別のものですが、電子マネーWAONにポイントチャージできる点は共通していて、電子マネーWAONとして合算できるとも言えます。どちらも「ワオンポイント」なので非常に紛らわしく、注意が必要です。

やまやカードの審査は緩い?難易度は?

やまやや、イオン系列のサービスをよく利用する方に多くのメリットがあるやまやカードですが、クレジットカードである以上、審査を避けて通ることはできません。

そこで気になるのがやまやカードの審査難易度です。

やまやカードを発行しているイオンクレジットサービスはクレジットカードの審査基準を明らかにしていませんが、申込条件やカードの分類によって、ある程度の審査難易度を類推することが可能です。

申込条件から見たやまやカードの審査難易度は?

やまやカードへの申込条件は「18歳以上で電話連絡可能な方」でとなっており、年収や就業状況に対して一切言及がないだけでなく、(親権者の了承が必要ではありますが)未成年の方でも申込可能ということは、クレジットカードとしてはかなり申し込みやすい(緩い)条件だと言えるでしょう。

一般的に高校生はクレジットカードに申し込むことができませんが、やまやカードは卒業年度の1月1日以降であれば、高校生でも申込可能となっています。この点からも審査難易度が低め(緩め)であると受け取れます。

やまやカードは流通系クレジットカード

クレカの審査難易度を推し量るもうひとつのポイントに、そのクレジットカードを発行しているのがどういったタイプの企業なのかという点が挙げられます。

クレジットカードは発行元によって「銀行系」「交通系」「流通系」「消費者金融系」「信販系」などのように分類することができ、それぞれに審査難易度が異なっています。

この5つの分類を難易度順に並べるとすると、「銀行系」「交通系」「信販系」「流通系」「消費者金融系」となります。

銀行が発行している銀行系のクレジットカードは審査が慎重で、クレジットカード発行までにも時間がかかることが多くなっています。一般グレードのカードであっても年収や就業状況に条件があるようなものも珍しくありません。

逆に消費者金融系であれば審査も非常にスピーディーに行われており、カードによっては最短即日発行を売りにしているものもあるほどで、審査基準も比較的緩めになっているというわけです。

やまやカードはこれらの中で、デパートやスーパー、ショップなどが発行する「流通系」に分類することができます。この流通系カードは総じてユーザーを積極的に募っており、審査は緩い傾向にあります。

特にやまやはお酒や食品を主に取り扱っている小売店なので、主婦の方は主要な顧客となってくるでしょう。

クレジットカードの中には自身に安定収入のない専業主婦(主夫)の方では申し込めないものもありますが、やまやカードであれば主婦層はむしろウェルカムというところかもしれませんね。

やまやカードの審査で不利になるケースとは?

このように、比較的取得しやすいと考えられるやまやカードですが、次のような条件にひとつでも当てはまると、審査通過は難しくなってきます。

・世帯年収が一定の基準に達していない
・分割払いやリボ払い、キャッシングなどの残高が多い
・5年以内に債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)を行っている
・これまでに利用したクレジットカードやローンで長期延滞、強制解約などの経験がある
・これまでにイオンカードなどイオンクレジットサービスの利用で金融事故の経験がある
・クレジットカードやローンなどの利用経験が皆無(30代以降の方)
・6ヶ月以内にクレジットカードやローンの多重申込をしている
・申込書に記載内容に虚偽や間違いがある
・申込条件を満たしていない

※その他、クレジットカードの審査のことや、やまやカード以外の審査難易度についてはクレジットカード審査のチカラTOPをご覧ください。

やまやカードの審査申し込み方法

やまやカードはインターネットで申し込むことができます。ここではやまやカードの申込方法や必要書類などについてご紹介していきましょう。

やまやカード発行までの流れ

やまやカードへの申し込みは、パソコンやスマートフォンで公式サイトから行えます。カード申し込みから受け取りまでは次のような流れになります。

1. 申し込みフォームに必要事項を入力し、送信する
2. オンラインで口座振替設定を行う(可能な方のみ)
3. 申し込み完了メールが届く
4. 審査
5. 審査を通過した方にクレジットカードが送付される
6. 配達員に本人確認書類を提示し、やまやカードを受け取る

(以下、2で口座振替設定を行っていない方のみ)
7. 同封の預金口座振替依頼書に必要事項を記載し、返送する

【注意点】
やまやカードは通常、佐川急便の「受取人確認サポート」で、一部地域は日本郵便の「本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」にて送付されます。これらは受け取りに本人確認書類(後述)の提示が必要となります。また本人以外がやまやカードを受け取ることはできません。

やまやカード発行までにかかる期間

やまやカードは早ければ即日審査が行われますが、その後カードの発行→送付→受け取りという手順を踏まなければならないため、手元に届くまでにだいたい2週間程度かかることが多いようです。

申し込みから1ヶ月経っても審査結果が送られてこない、審査には通ったけれど一向にやまやカードが送られてこないという場合には、イオンカードコールセンターまで問い合わせてみてください。

▼イオンカードコールセンター
0570-071-090(ナビダイヤル)、043-296-6200
受付時間 9:00~18:00 年中無休

やまやカードの審査時の在籍確認

クレジットカードに申し込むと、勤務先などに在籍を確認する電話がかかってくることがありますが、これは申し込みフォームに記載した勤務先に実際に勤めているかどうかを確認するためのものです。

やまやカード場合にも、公式サイトに「勤務先に申込確認の連絡をさせていただく場合がございます。」と明記されているため、(全ての方ではありませんが)在籍確認の電話はあると考えておくのが無難。申込後しばらくは、イオンクレジットサービスからの電話に注意しておきましょう。

確認といっても特に難しいことを訊かれるわけではなく、名前など簡単な基本情報を確かめられるだけで、通常はすぐに終了します。

場合によっては自宅や本人の携帯電話にかかってくることもあります。やまやカードの申込条件に「電話連絡可能な方」とあることから、電話が全くつながらないとなると審査落ちに繋がる可能性もあるため、注意しましょう。

家族カード、ETCカードは同時に申込可能?

やまやカードを申し込むのと同時に、家族カードやETCカードも申し込みが可能です。

ただしこれらは別便となりますし、場合によってはやまやカードの到着から数日程度遅れることもあります。使いたい日が決まっている場合には、日にちに余裕を持って申し込むようにしてください。

やまやカードの必要書類

やまやカードは本人確認書類の郵送やお届印不要で申し込むことができます。その代わりにカードが送られてくる際、配達員に本人確認書類を提示しなければ受け取ることができません。

通常、やまやカードは佐川急便の「受取人確認サポート」で送られてきます。これを受け取る際には本人確認書類として、次のいずれかを用意してください。

【本人確認書類として有効なもの】
・運転免許証
・個人番号カード(マイナンバーカード) ※顔写真付き
・パスポート
  ※2020年2月4日以前に申請された、日本国政府発行のもののみ可
・在留カード
・特別永住者証明書

運転経歴証明書、各種健康保険証、住民基本台帳カードではやまやカードを受け取ることができないため、注意してください。

なお、パスポートに住所の記載のない場合や、提示した書類の住所と申込書に記載した住所が一致しない場合には、現住所が記載されている下記の書類を併せての提示が必要になります。

・公共料金の領収書(電気・ガス・水道・電話・NHKのいずれか1つ)
・社会保険料の領収書
・国税・地方税の領収書または納税証明書(※6ヶ月以内に発行されたものに限る)

やまやカードのキャッシング枠とは?

やまやカードには、決められた枠内で自由にお金を借りられる機能(キャッシングサービス)を付帯させることができます。

キャッシング枠を作るときに審査を受ける必要がありますが、一度枠ができてしまえば改めてカードローンなどを契約することなく、カードローンと同じサービスを受けられるため、いざというときに大変便利です。

このキャッシング枠はクレジットカード申し込みの際に申請することも、一旦やまやカードを作った後で改めて申請することも可能です。

ただ、やまやカードをキャッシング枠有りで申し込むと、審査のハードルが若干上がる可能性があります。

やまやカードの審査に不安のある方は始めはキャッシング枠なしで申し込み、後日キャッシング枠を申請する形の方が無難でしょう。

やまやカードの融資条件

やまやカードのキャッシグサービスは、次の条件で利用することができます。

【やまやカード キャッシング利用概要】

融資額 利用可能枠内の1千円~300万円
実質年率 7.8%~18.0%
遅延損害金 20.0%
返済方式 一回払い(元利一括返済方式)/リボルビング払い(残高スライド元利均等返済方式)
締日・返済日 毎月10日締め、翌月2日(土・日・祝日の場合は翌営業日)引落
返済方法 口座引落
保証人・担保 不要

 

やまやカードのキャッシング枠の実質年率は7.8%~18.0%とありますが、通常、特に初期段階では18.0%になることがほとんどです。

この数字は大手消費者金融で借りるのと同等なので、返済が長期にわたるような大金を借りるのには向いていません。

しかし前倒し返済自由など利便性は申し分ないので、逆に「給料日が来たら一括で返せる」などという場合には使い勝手のいいサービスだと言えるでしょう。

やまやカードでお金を借りる実際の流れ

やまやカードでは、

・ATMキャッシング
・振込キャッシング

の2種類の方法で融資を受けることができます。このうち振込キャッシングはネットキャッシングとテレフォンキャッシングが可能です。

それぞれに実際のキャッシング方法をご説明しましょう。

ATMキャッシングでお金を借りる

ATMキャッシングはやまやカードと4桁の暗証番号を利用して、イオン銀行ATMや提携ATMから現金を引き出す方法です。

やまやカードが利用可能なATMは当ページ末の「よくある質問」の中でもご紹介していますが、全国に約15万台あり、ATM稼働時間内であれば曜日や時間帯に関わらず利用できるとても便利な方法です。

イオン銀行ATMならお金を借りるのも返すのも千円単位で可能で、しかもATM手数料がかかりません。ATM手数料についてはゆうちょ銀行ATMも無料で利用することができます。

やまやカードの場合、他の提携ATMでのキャッシングは1万円以上1万円単位になります。またゆうちょ銀行以外の提携ATMでは、利用のたびに以下のATM手数料がかかります。

利用金額 ATM利用手数料(税込)
1万円以下 110円
1万円超 220円

 

振込キャッシングでお金を借りる

インターネットや電話で申し込み、支払口座に依頼した額を振り込んでもらうことも可能です。「引落があるのに残高が足らない」などといったときに便利なキャッシング方法です。

振込キャッシングででお金を借りる大きなメリットのひとつに、もし支払口座が即時振込対象金融機関(モアタイムシステム傘下金融機関)のものであれば、平日9:00~15:00に手続きを完了した場合、最短数十秒で振り込まれるというスピーディーさが挙げられます。

※この他の場合は、平日8:59までの手続完了分は同日9:00以降の午前中に、15:01以降の手続完了分は翌営業日午前中の振り込みになります。

【手続完了・振込予定時間】

手続日 申込時間 即時振込金融機関 未対応の金融機関
平日 0:00~ 8:59 申込後最短即時振込 当日午前中
9:00~15:00 申込後最短即時振込 申込後最短即時振込
15:01~23:59 申込後最短即時振込 翌営業日午前中
土・日・祝日 0:00~23:59 申込後最短即時振込 翌営業日午前中

 

また、振込手数料がかからないのもメリットとして挙げられるでしょう。

ネットキャッシングでお金を借りる

ネットキャッシングは、パソコン、スマートフォンで会員サイト「AEON CARD 暮らしのマネーサイト」のマイページにログインし、手続きできます。スマートフォンなら「AEON WALLET」アプリでも手続き可能です。

テレフォンキャッシングでお金を借りる

テレフォンキャッシングは自動音声応答サービスにて申し込むことができます。受付は24時間いつでもOK、年中無休です。

固定電話から:0120-223-212(無料)
携帯・スマートフォンから:0570-064-750(ナビダイヤル、有料)

やまやカードの海外キャッシング

やまやカードでキャッシングができるのは日本国内に限ったことではありません。「海外キャッシング」という海外のATMから現地通貨を引き出す形でお金を借りる方法もあります。

やまやカードの場合、海外キャッシングも日本国内で利用するのと同じ金利とATM手数料がかかります。

返済は全てリボルビング払いになる点が異なりますが、残高を全額返済する形で事実上一括返済にすることも可能です。

やまやカードが利用できるATMはお持ちのやまやカードの国際ブランドによって異なります。ATMに以下のロゴマークがあることを確認してご利用になってください。

海外ブランド 利用可能なATM
VISA VISA、PLUS
Mastercard Mastercard、cirrus
JCB JCB、cirrus

 

※その他、お金を借りる手段はたくさんなりますので、やまやカード以外でお金を借りる方法を知りたい方はお金を借りる即日融資ガイド110番【公式】をご覧ください。

やまやカードの支払い・返済方法

やまやカードをショッピング利用した場合の支払い方法、キャッシング利用した場合の返済方法について、ここでまとめてご紹介しましょう。

やまやカードの締日と支払日

やまやカードはショッピング利用分もキャッシング利用分も、毎月10日が締め日で、翌月の2日にまとめての引落となります。引落日が土・日・祝日に当たった場合には、翌営業日に引き落とされます。

ショッピング利用分の支払方法と手数料

やまやカードのショッピング利用分の支払いは、1回払い・2回払い・ボーナス一括払い・ボーナス2回払い・リボ払い・分割払い(3・5・6・10・12・15・18・20・24・30・36・42・48・60回)から選択することができます。

このうち、1回払い、2回払い、ボーナス一括払いは手数料無料。ボーナス2回払いには3.0%、分割払いには10.05~12.42%、リボ払いには15.0%の手数料が発生します。

ショッピング分割払い

分割払いは商品代金に規定の手数料を足し、合計額を指定の回数で均等分割して支払う方法で、やまやカードの手数料は、支払回数により次のように決まっています。

支払回数 手数料率 分割手数料(100円あたり)
3回払い 10.05% 1.68円
5回払い 11.13% 2.80円
6回払い 11.43% 3.36円
10回払い 12.04% 5.60円
12回払い 12.19% 6.72円
15回払い 12.31% 8.40円
18回払い 12.38% 10.08円
20回払い 12.40% 11.20円
24回払い 12.42% 13.44円
30回払い 12.39% 16.80円
36回払い 12.34% 20.16円
42回払い 12.28% 23.52円
48回払い 12.20% 26.88円
60回払い 12.04% 33.60円

 

他のクレジットカードでは取り扱いの少ない42回払いや60回払いがあるのが珍しいですし、手数料率も比較的低めに設定され、やまやカードは利用しやすくなっています。

やまやカードの月々の支払額は次のように計算することができます。

例:10万円の商品を10回払いで購入したケース

10回払いの分割手数料は100円につき5.60円、つまり10万円なら5,600円になります。これを商品代金にプラスし、10回で均等割りして月々支払っていくことになります。

(100,000円+5,600円)÷10回=10,560円

つまり、月々の支払額は10,560円となるわけです。

やまやカードのショッピングリボ払い

リボ払い(リボルビング払い)も利用分を複数回に分けて支払う方法ですが、分割払いが回数を決めて支払うのに対し、リボ払いはまず月々の支払額を決め、残高がなくなるまで支払っていくというところに違いがあります。

リボ払いは月々の支払額を低額に抑えて余裕を持たせるという考え方が一般的ですが、都合に合わせて月々の支払額を増減したり、一部の利用のみ、もしくは限られた期間のみをリボ払いにするなど、計画的な利用方法も可能です。

やまやカードの支払コースは4つから選べ、月々の支払最少額は2,000円から。これに手数料を加えた額が実際の支払額になるので、厳密には完全に一定の額になるわけではありません。

【ショッピングリボ 4つのコース】

コース名 月々の支払額
Sコース 2,000円+手数料
Aコース 5,000円+手数料
Bコース 7,500円+手数料
Cコース 10,000円+手数料

 

また支払方式は残高スライド方式なので、新たな利用があった場合には、締切日のショッピングリボ残高に応じて月々の支払額も増える形となります(新たな利用がなければ前月と同額の支払い)。例えば支払コースがCコースであれば、月々の支払額は以下の額に手数料を加えた額となります。

【ショッピングリボの支払額(Cコースの場合)】

毎月10日時点の残高 月々の支払額
~10万円 10,000円
10万円超~15万円 15,000円
15万円超~20万円 20,000円
20万円超~30万円 30,000円
30万円超~40万円 40,000円
40万円超~50万円 50,000円
50万円超~60万円 60,000円
60万円超~70万円 70,000円
70万円超~ 80,000円

 

やまやカードの海外ショッピング分の支払い

海外ショッピング利用分の支払いは、やまやカードの申込時に指定した方法(1回払いまたはリボ払い)になります。国内での利用のようにレジで指定することはできないため、注意してください。

また、日本円に換算される際にはVISA、Mastercard、JCBともに事務処理コストとして1.60%が加算され、請求されることになります。

やまやカードのキャッシング利用分の返済

やまやカードでもキャッシング利用分は、1回払い、もしくはリボルビング払いでの返済になります。

キャッシングリボの返済最少額は3,000円となっており、これはショッピングリボとは異なり、利息分も含まれた額になります。

また、新たにやまやカードのキャッシング利用があったときには締日のタイミングで返済額が見直される残高スライド方式になっています。

【キャッシングリボ 最少返済額】

最新利用時の締日残高 月々の返済額
1円~10万円 3,000円
10万円超~15万円 6,000円
15万円超~20万円 8,000円
20万円超~50万円 15,000円
50万円超~70万円 20,000円
70万円超~90万円 25,000円
90万円超~100万円 30,000円

 

上記は最少返済額ですので、余裕のあるときには多めに返済したり、任意のタイミングで追加返済することも可能です。

やまやカードの海外キャッシング分の返済

やまやカードの海外キャッシング分の返済は、全てリボルビング払いになりますが、後日「リボ払いお支払額増額サービス」で「全額返済」を指定することで、実際には一括返済の扱いにすることも可能です。

なお、やまやカードの海外キャッシング利用分には海外ショッピング利用分のような事務処理コストはかかりません。

やまやカードのリボ払い残高の返済

やまやカードの場合、一括払いの利用分はリボ払いに変更することが可能です。

ショッピングリボ、キャッシングリボの残高から以下の3つの方法で増額返済することもできます。

1. 登録口座からの引落
「リボ払いのお支払い額増額サービス」に申し込むと、通常の引落に希望額を加算して返済することができます。全額返済も可能です。

2. ATMで入金
ショッピングリボ、キャッシングリボ利用分をイオン銀行ATMやゆうちょ銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、イーネットなどの提携ATMから1,000円単位で返済することができます。事前連絡は不要です。キャッシングリボの返済をゆうちょ銀行以外の提携ATMから行う場合には、ATM手数料がかかります。

3. 銀行振込
残高を全額返済するケースのみ、銀行振込での返済が可能です。この場合、イオンカードコールセンターに事前の連絡が必要になります。また振込手数料は利用者が負担しなければなりません。

やまやカードのデメリット

やまやカードには様々なメリットがある反面、次のような気になるデメリットも存在しています。

・ポイント還元率があまり高くない
・旅行傷害保険の付帯がない
・イオンゴールドカードへのインビテーション対象外
・イオンカードの一部特典が対象外
・電子マネーWAON非対応

これらやまやカードの欠点についても確認しておきましょう。

やまやカードはポイント還元率があまり高くない

やまやカードはショッピング利用200円(税込)ごとにときめきポイントが1ポイント付与されます。

ポイント還元率は0.5%ですので特別悪いわけではないのですが、年会費無料でもポイント還元率が1%以上のカードも珍しいわけではないことを考えると、普段遣いのカードとしてはちょっとパワー不足の感が拭えません。

やまやカードの場合、イオングループでショッピング利用した場合でもポイント還元率は1%止まりなので、このあたりも今ひとつ、ということになってしまいます。

やまやカードには旅行傷害保険の付帯がない

やまやカードには国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険が付帯されていません。

年会費無料のクレジットカードに旅行傷害保険が付帯されていれば非常に大きなアドバンテージとなるのですが、ここはちょっと残念なところだといえるでしょう。

イオンゴールドカードへのインビテーション対象外

イオンカードといえば、利用状況によってインビテーションがあり、ゴールドカードに無料アップグレードできるという大きなメリットがあることで有名です。

イオンゴールドカードは年会費無料でありながら、国内主要都市の空港ラウンジが利用できたり、海外・国内旅行傷害保険が付帯されていたりといった特長があります。

もちろん年会費のかかるゴールドカードと比べるとサービスは限定的ですが、それでも一般カードとは一段違うサービスを受けられるのが魅力です。

が、やまやカードは残念ながらインビテーションの対象外なので、イオンゴールドカードを無料でゲットするには、まずイオンカードを入手する必要があります。

⇒イオンカードの審査難易度は?種類やポイント・特典・年会費など

イオンカードの一部特典が対象外

やまやではっきりお得になるのは感謝デーの月に1日だけ。さらにはやまやカードはイオンカードで利用できる「G.G感謝デー」「お客さまわくわくデー」の対象外となっています。

もちろんやまやの利用状況によるのですが、イオンカードではなくあえてやまやカードを選択するメリットがどの程度あるのかは考えどころでしょう。

やまやカードは電子マネーWAONには非対応

やまやカードはイオンカードの一種ではあるのですが、やまやカード自体には電子マネーWAONとの連携機能がほとんどないことに注意が必要です。

まず、やまやカードにはWAON一体型がありません。電子マネーWAONのクレジットチャージにも対応していませんし、追加カード「WAONカードプラス」を発行することもできません。

やまやにはよく行くし、電子マネーWAONもよく使っているという方にはちょっとまどろっこしく感じてしまいますね。

ただし、獲得したときめきポイントやWAON POINTを電子マネーWAONに交換することは可能です。

「やまやカードのポイント還元」の項でもご紹介しましたが、イオン系列のカードのポイント周りは少々わかりにくいので、積極的に貯めたい方はルールをしっかり把握するようにしましょう。

やまやカードについてのよくある質問

最後にやまやカードについてのよくある質問・疑問にお答えしましょう。

イオンカード等とポイント合算は可能?

イオンカードなど、イオンクレジットサービスが発行している他のカードとときめきポイントなどを合算することができます。

希望する方は会員専用ページ「AEON CARD暮らしのマネーサイト」でマイページにログインし、手続きしてください。

やまやカードが利用できる提携ATMは?

やまやカードはイオン銀行ATMと提携ATMにおいて、キャッシング、ショッピングリボ・キャッシングリボの返済が可能です。提携ATMの中には返済に対応していないものもありますが、キャッシング(出金)は利用することができます。

★印はショッピングリボ・キャッシングリボの返済ができるATMです

【全国】
イオン銀行★、ゆうちょ銀行★、みずほ銀行★、三井住友銀行★、三菱UFJ銀行★、りそな銀行、埼玉りそな銀行、全国の信用金庫、信用組合

【コンビニなど】
イーネット★(ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラなど)、ローソン★、ミニストップ★、ビューアルッテ、セゾンカード、エポスカード など

【北海道・東北】
北海道銀行、北洋銀行、青森銀行、みちのく銀行、秋田銀行、北都銀行、荘内銀行、山形銀行、岩手銀行、東北銀行、七十七銀行、東邦銀行、きらやか銀行、北日本銀行、仙台銀行、福島銀行、大東銀行

【関東】
群馬銀行、足利銀行、常陽銀行、筑波銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、きらぼし銀行、横浜銀行、東和銀行、栃木銀行、京葉銀行、東日本銀行、東京スター銀行、神奈川銀行

【中部】
第四銀行、北越銀行、山梨中央銀行、八十二銀行、北陸銀行、富山銀行、北國銀行、大垣共立銀行、十六銀行、静岡銀行、スルガ銀行、清水銀行、三重銀行、百五銀行、大光銀行、長野銀行、福邦銀行、静岡中央銀行、愛知銀行、名古屋銀行、中京銀行、第三銀行

【近畿】
滋賀銀行、京都銀行、池田泉州銀行、南都銀行、紀陽銀行、但馬銀行、関西みらい銀行、みなと銀行

【中国・四国】
鳥取銀行、山陰合同銀行、中国銀行、広島銀行、山口銀行、阿波銀行、百十四銀行、伊予銀行、四国銀行、島根銀行、トマト銀行、もみじ銀行、西京銀行、徳島大正銀行、香川銀行、愛媛銀行、高知銀行

【九州・沖縄】
福岡銀行、西日本シティ銀行、筑邦銀行、北九州銀行、佐賀銀行、親和銀行、肥後銀行、大分銀行、宮崎銀行、琉球銀行、福岡中央銀行、佐賀共栄銀行、長崎銀行、熊本銀行、豊和銀行、宮崎太陽銀行、南日本銀行、沖縄海邦銀行、沖縄銀行

なお、イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM以外では、利用(借入・返済)ごとに以下のATM手数料がかかります。

利用金額 ATM利用手数料(税込)
1万円以下 110円
1万円超 220円

 

やまやカードの解約(退会)方法は?

やまやカードを解約(退会)したい場合には、インターネットの会員専用ページ「AEON CARD暮らしのマネーサイト」のマイページにて手続き可能です。

やまやカードの名義本人がやまやカードを手元に用意し、解約手続きを行ってください。

また、イオンコールセンターでも解約手続きを取ることが可能です。

▼イオンカードコールセンター
0570-071-090(ナビダイヤル)、043-296-6200
受付時間 9:00~18:00 年中無休
 
 

この記事の監修者

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している実績があります。

PAGETOP