クレジットカードの還元率とは

クレジットカードにはポイントの「付与率」と「還元率」があります。この違いをしっかり理解できるようになれば、本当にお得なクレジットカードかどうかを考える材料になります。

この記事では、クレジットカードの還元率とは何なのか、ポイントの付与率との違いをふまえて解説します。さらに、さまざまなニーズに対応できるような還元率が高いクレジットカードを5つ厳選して紹介しています。


もくじ

クレジットカードの「還元率」とは?

クレジットカードは、利用した金額に応じてポイントが貯まります。還元率とは、クレジットカードで支払ったお金がポイントでどのくらい還元されるのかを示すものです。

例えば、100円で1ポイント貯まるカードで、1ポイントの価値が1円だとすると、還元率は1%ということになります。

ここでひとつ気をつけたいのが、還元率とポイントの付与率を混同してしまうことです。

ポイントの付与率は、クレジットカードの利用額に対してどのくらいポイントがもらえるかを示すものです。

例えば、100円で1ポイントが貯まる場合の付与率は1%、200円で1ポイント貯まる場合の付与率は0.5%ということになります。

付与率が0.5%のクレジットカードよりも付与率が1%のクレジットカードのほうがお得な気がしますが、大切なのは1ポイントの価値です。

もし、付与率0.5%のクレジットカードでも、1ポイントの価値が2円だとしたら、付与率1%で1ポイントの価値が1円のクレジットカードと還元率は同じということになります。

つまり、クレジットカードをお得に利用するためには、ポイントの付与率を考慮するよりも還元率を考慮する必要があります。

ポイントの付与率にだまされることなく、1ポイントがいくらなのかという1ポイントの価値を調べ、クレジットカードの利用額に対して実際にいくら還元されるのかという見方をするようにしましょう。

還元率が高いor低いの基準とは?

せっかくなら還元率の高いクレジットカードを持ちたいですよね。

どのくらいの還元率であれば還元率が「高い」あるいは「低い」といえるのでしょうか?

一般的な還元率は0.5%程度で、還元率が1%以上になると「還元率が高いクレジットカード」といえます。

中には、カードへの入会後数ヶ月や特定のショップを利用したときなど一定の条件を満たした場合に還元率が2~3%、になるクレジットカードもあります。

2%や3%の還元率は、かなり高い還元率といってよいのですが、最大で10%程度の還元率になるクレジットカードも存在します。

どのくらいの差になる?還元率ごとにシミュレーション

還元率が1%と0.5%といわれても、たった0.5%なら大した差にならなさそうですよね。そこで、年間のカードの利用額と還元率1.5%、1%、0.5%ごとにどれだけ還元されるのかを表にまとめてみました。

カード利用額 還元率1.5% 還元率1.0% 還元率0.5%
20万円 3,000円 2,000円 1,000円
40万円 6,000円 4,000円 2,000円
60万円 9,000円 6,000円 3,000円
80万円 12,000円 8,000円 4,000円
100万円 15,000円 10,000円 5,000円

 

カードの利用額が少なければ、還元される金額に大きな差はありません。年間利用額が20万円のとろこを見ても、還元率1.5%と0.5%で還元される額の差は2,000円分です。

しかし、年間利用額が100万円になると還元率1.5%と0.5%では10,000円分もの差になるのです。

つまり、クレジットカードを利用する機会が多い人ほど還元率の高いクレジットカードを選んだほうがお得になるということになります。1年で10,000円の差でも10年経てば10万円の差になりますから侮れませんね。

還元率が高いクレジットカードの注意点

還元率が高いことが魅力的でも他に不都合な点がないか確認しておかないと、「思っていたより使い勝手が悪かった」「かえって損をした」ということになりかねません。

還元率が高いクレジットカードの落とし穴にはまってしまわないように、注意すべき点を解説していきます。

年会費がかかる

還元率が高いカードのなかには、年会費がかかるカードもあります。

クレジットカードを利用して貯まるポイントも塵も積もれば山となりますが、毎年の年会も5年、10年…と利用すれば本当に年会費の元をとる以上の価値があるのかどうか考えなくてはなりません。

先ほどの表を見ても、年間利用額が100万円の場合、還元率1.5%のカードの年会費が10,000円であったとしても、還元率1.0%のクレジットカードや還元率0.5%のクレジットカードの年会費が無料だとしたら還元率1.0%のクレジットカードのほうがお得ということになります。

もちろん、年会費が高いから必ずしも損をするといっているわけではありません。高い年会費を払うぶん空港ラウンジが無料で利用できたり、付帯保険が充実しているといった特典が充実しており、自分のニーズに合っているのならば年会費を払う価値もあるでしょう。

しかし、還元率だけに注目して、高い還元率だけを目当てに年会費を毎年支払うとなると損をしたり後悔してしまうかもしれません。

条件付年会費無料の高還元率クレジットカードもチェック

年会費がかかるクレジットカードであっても、条件付きで年会費が無料になるケースもあります。

たとえば、年に1度でも利用すれば翌年度の年会費が無料になるという比較的低いハードルをクリアすれば年会費が無料になるということもあります。

こうしたかんたんな条件であれば、実質的には年会費無料と考えても差し支えないでしょう。

比較サイトなどの一覧を見て年会費が「有」になっているからといってすぐに候補から切り捨ててしまうと、年会費が無料になる条件を見落としてしまうかもしれません。

高還元率になるショップを利用するかどうか

クレジットカードによっては特定のショップを利用すると還元率が高くなり、それ以外のショップで利用した場合の還元率はさほど高くないという場合もあります。

たとえば、特定の家電量販店が発行するクレジットカードで、その家電量販店を利用した時に還元率が高くなるとしても、そもそも店舗が近くにないなど利用する機会がなければ高還元率の恩恵を受けられないこともあります。

どこのショップを利用した時に還元率が高くなるのか、事前に確認して自分のライフスタイルに合う高還元率のクレジットカードを見つけましょう。

リボ払いで高還元率は損をする可能性もある

支払い方法がリボ払いの場合に還元率が高くなるカードもあります。しかし、リボ払いはリボ払いの手数料や金利が発生します。

いくら還元率がよくても、手数料の支払いや金利の支払いにお金を使ってしまっていると、結果的に損をしてしまう可能性もあります。

目先の還元率だけにとらわれず、手数料や金利などのよけいな出費を抑えたいのであれば1回払いを選択するのがおすすめです。

高い還元率を謳うクレジットカードのなかには、「リボ払い専用クレジットカード」もあります。

しかも、リボ払い専用であることが大きく書かれておらず、小さな文字で規約などに書かれていることも。いざ利用し始めたらリボ払いになっていてびっくり…ということがないように、支払い方法をよく確認しておきましょう。

ポイント付与のタイミングに注意

高還元率を謳っていても、ポイントが付与されるタイミングによっては利用した金額が切り捨てられてしまい思ったほどポイントがもらえないということもあります。

ポイントが付与されるタイミングとしては、「クレジットカードを1回使用するごとに付与」か「1ヶ月間の利用合計額によって付与」の2パターンが主流です。

たとえば、100円で1ポイントもらえるクレジットカードで月間1,000円利用したとしましょう。

1ヶ月の利用合計額でポイントが付与される場合、もらえるポイントは10ポイントになります。しかし、1回の利用ごとにポイントが付与される場合だと10ポイントもらえるとはかぎりません。

たとえば、1,000円の利用金額のうち、1回の支払額が80円のものならポイントはつきません。190円の利用があっても90円分は切り捨てられてしまいます。

1ヶ月の合計利用額に対してポイントが付与される方式のほうが、ポイントがつかずに切り捨てられてしまう金額が少なく済むでしょう。

ポイント還元率の高いクレジットカード5選

この章では、

・年会費無料(あるいは簡単な条件で年会費が無料になる)
・リボ払いでなくても還元率が高い
・Amazonなど汎用性が高いショップで還元率が高い

という条件にクリアしたクレジットカードを厳選して5つ紹介します。
電子マネーを使っている方や、投資に関心がある方も興味が持てそうなクレジットカードをを選びました。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTは、年会費が無料のクレジットカードです。新規入会後の6カ月間は2.0%という高い還元率が魅力的です。

それ以降も通常の還元率が1.0%ですので、還元率は高いままといって差し支えないと思います。さらに、「オリコモール」を経由すれば還元率が+0.5%以上アップしまう。

オリコモールには、「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」など買いものに便利なショッピングサイトもあります。

オリコモールを利用すればポイントの二重取りもでき、すべてのポイントを合わせた還元率はさらに上がります。貯めたポイントは500ポイントから「Amazonギフト券」などに即時交換が可能です。

ネットショッピングを頻繁に利用する方におすすめの高還元率クレジットカードです。

dカード

dカードは、初年度年会費は無料です。2年目以降1250円の年会費が必要ですが、年に1回でも利用すれば次年度の年会費が無料になります。

実質的には年会費がかからないとおもっていても差し支えないでしょう。通常の還元率は1%と高還元なうえに、ローソンでの利用するときは請求時に3%オフ、カードの提示をするだけでも1%がポイントで還元されます。

合計するとローソン利用時は5%もの還元が受けられることになります。

dカードを利用して貯めたdポイントは、Pontaに交換することも可能です。そのため、Docomoユーザーだけでなくローソンを頻繁に利用する方であれば非常にお得になるクレジットカードといえます。

楽天カード

楽天カードは年会費のクレジットカードで、通常の還元率は1%です。

加盟店のレジで提示すると楽天スーパーポイントが貯まる楽天ポイントカード機能を付けることもできます。

加盟店を利用すればさらに1%のポイント還元があり、最大で2%の還元を受けることができます。楽天市場や楽天ブックスの利用では最大3%、楽天トラベルの利用で最大2%など、楽天関連サービスを利用することでポイントが貯まりやすくなっています。

ビックカメラSuicaカード

初年度は年会費無料です。2年目以降は年会費477円ですが、年に1回でもカードを利用すれば次年度の年会費は無料になります。

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラ利用時に貯まるビックポイントと、ビューカード利用時に貯まるJRE POINTの2種類が貯まり、2種類合わせて1%の還元率となっています。

JRE POINTをビックポイントに交換したり、ビックポイントをSuicaにチャージすることもできます。

ビックカメラで買いものをするときには10%のビックポイントがもらえます。さらに、ビックカメラSuicaカードのSuicaにクレジットチャージし、チャージしたSuicaで代金を支払うと、JRE POINTとビックポイントと合わせ11.5%の超高還元率に。

ビックカメラを利用する方やSuicaを利用する方にはぴったりのクレジットカードです。

インヴァストカード

インヴァストカードは初年度年会費無料のクレジットカードで、次年度以降は1度でも利用すれば年会費は無料です。

どこで使っても還元率は1%と高還元。さらにJACCSが運営する会員限定のショッピングモール「JACCSモール」を経由すれば還元率は1.5%以上になります。

インヴァストカードのおもしろいところは、ポイントが毎月現金化され、海外ETFを自動売買投資する専用サービス「マネーハッチ」によって運用されるということです。

投資に興味があるけれど投資にまわせる資金や知識がないという方でも、クレジットカードを利用して得たポイントが原資になるので元手がゼロでも投資が始められます。

運用の成績によってはお金が増え、長期的に見れば1%より高い還元率も期待できます(反対に下回ることもあります)。

クレジットカードの還元率「まとめ」

クレジットカードは、どのくらいポイントがもらえるのかというポイントの「付与率」よりも、利用金額に対してどれだけバックがあるのかという「還元率」が大事です。

高い還元率を求めるのであれば、1%以上のクレジットカードを狙うのがおすすめです。1%よりも高い還元を受けられるクレジットカードは多数存在しますが、年会費や支払い方法、対象となるショップなどの情報はあらかじめよく調べておきましょう。

とくに、クレジットカードにかかる年会費は敬遠されがちです。

しかし、年会費が必要でも年に1度でも利用すれば次年度の年会費がかからないクレジットカードもあります。

比較的やさしい条件で年会費が無料になり、高還元率で使い勝手がよいクレジットカードであれば検討する価値があると思います。

PAGETOP