クレジットカードの還元率とは?還元率高いカード一覧と選び方・注意点

クレジットカードにはキャッシュレスでスピーディに支払いができるだけでなく、使うだけでポイントが貯まるというとても大きなメリットがあります。

クレジットカード選びは、基本的には自分がよく使うお店やサービスで利用しやすいカードを選択することが大前提になるのですが、ポイント還元率やたまったポイントの使いやすさをチェックすることも、もはや常識と言っても良いでしょう。

この記事では、
・還元率とは?
・還元率の高いクレジットカードの選び方
・還元率が高そうに見えるクレジットカードの注意点
・実際に還元率が良いクレジットカード一覧

などをご紹介しています。

ぜひ自分にとってベストな1枚を見つけてくださいね!


もくじ

クレジットカードの還元率とは

クレジットカードの還元率は、「利用額に対していくら分のポイントが貯まるのか?」を示すものになります。

例えば100円の利用で1ポイント貯まるクレジットカードがあるとします。

●還元率の計算式
獲得できるポイント数 ÷ クレジットカード利用金額

このカードの場合、「100円の利用で1円分のポイントが貯まる」ことになるので、還元率は1%になるわけです。

たまに「ポイント還元率は1ポイント」と表現されていることがありますが、これは間違いということになりますね。

100円で1ポイント貯まる還元率1%のクレジットカードでおなじみなのは、楽天カードでしょう。

100円で1ポイントたまり、1ポイントを1円分として楽天系列のショップやサービスで利用できるので、とてもわかりやすいです。

ポイント還元率がわかりにいクレジットカードもある

例えば三井住友VISAカードは1,000円ごとに1ポイント貯まるクレジットカードになります。

これだけ見ると「還元率は0.1%」と思えてきますが、実は違うんです。

なぜ違うのかというと、三井住友VISAカードで貯めたポイントは、「1ポイント5円相当」になるから。

つまり三井住友VISAカードは「ポイント付与率は0.1%、還元率は0.5%」ということになるんです。

他にもポイント付与率と還元率が異なりわかりにくいクレジットカードは多数存在しますし、あえて還元率をわかりにくく表現してるのかな?と思えてしまうカードもあります。

クレジットカードの申し込みをする前に正確なポイント還元率をきちんと確認するようにしましょう。

還元率ごとの還元額は?

ポイント還元率0.5%と1.0%では価値としてどれくらい違ってくると思います?

クレジットカード利用金額ごとの還元額はこうなります。

カード利用額 還元率0.5% 還元率1.0% 還元率1.5%
20万円 1,000円 2,000円 3,000円
40万円 2,000円 4,000円 6,000円
60万円 3,000円 6,000円 9,000円
80万円 4,000円 8,000円 12,000円
100万円 5,000円 10,000円 15,000円

 

毎月84,000円くらいクレジットカードを使う人であれば年間100万円を超えます。ポイントとして1万円の差が出るのは大きいですね!

何パーセントあればポイント還元率が高いことになるの?

せっかくなら還元率の高いクレジットカードを持ちたいですよね。

どのくらいの還元率であれば還元率が「高い」あるいは「低い」といえるのでしょうか?

あくまでも目安ですが、一般的な還元率は0.5%程度なので、還元率1%以上のクレジットカードは還元率が高いと思っていて大丈夫です。

中には、カードへの入会後数ヶ月や特定のショップを利用したときなど一定の条件を満たした場合に還元率が2~3%、になるクレジットカードもあります。

2%や3%の還元率は、かなり高い還元率といってよいのですが、最大で10%程度の還元率になるクレジットカードも存在します。

還元率が良いクレジットカードの特徴

還元率が良いクレジットカードには、

・常に還元率が1%以上のクレジットカード
・条件を満たすことで還元率がアップするクレジットカード

の2つがあります。

常に還元率が1%以上のクレジットカード

特に利用条件なく還元率が常に1%以上のクレジットカードは還元率が良いクレジットカードです。

上の項目でご紹介した楽天カードなどが該当します。

条件を満たすことで還元率がアップするクレジットカード

入会から6ヶ月間はポイント還元率2%、お誕生月はポイント3%(例:ライフカード)など、条件付きで還元率が跳ね上がるクレジットカードもあります。

また、ポイントモールを利用することで特定のショップで倍以上のポイントがもらえるクレジットカードもあります。

クレカのポイント還元率をチェックする時の注意点

クレジットカードの還元率には相場があります。相場よりも明らかに大きいクレジットカードは、どこかに理由があると思ってポイント付与条件などをしっかり確認するようにしましょう。

還元率が高くても年会費が高い

還元率1%なのに年会費が10,000円の場合、年間100万円以上クレジットカードを利用しなければ年会費分をペイすることができません。

利用額が少ない人は返って損をしてしまうことがあります。

もちろん、年会費を払ってでも利用したいクレジットカードはたくさんあります。

しかし、そういったクレジットカードはヘビーユーザーが対象となる場合が多いものです。

そもそもクレジットカードをそこまで使わない方は、年会費無料のクレジットカードに絞って還元率の高いカードを探してみてください。

付帯カードの年会費にもご注意を

年会費は、家族カードやETCカードといった付帯カードにもそれぞれ発生することがあります。

家族カード利用分のポイントは本会員にまとめて付与されることになりますが、ETCカード利用分は対象外など、利用するカードによって設定がありますので事前に確認するようにしましょう。

還元率が高くなるショップが使いにくい

クレジットカードの中には、イオンカードエポスカードなど、「流通系クレジットカード」と呼ばれているお店が発行しているクレジットカードがあります。

流通系クレジットカードは、自分のお店をたくさん利用してもらうことを主な目的として発行するので、カード種類はファッションビル、大型スポーツ用品店、家電量販店、近所のスーパーなど非常に多岐に渡ります。

また、クレジットカードを使って特定の日にお買い物をしたらポイント3倍などのキャンペーンも頻繁に行っているものです。

しかし、高還元率となるセールやキャンペーンを積極的に利用するにはお店が遠すぎるとか、そもそもサービスをあまり利用しないなど、クレジットカードとの相性が悪いとせっかくの高い還元率も活かすことができません。

還元率が高くてもメインとなるサービスが使いにくい

例えばマルイが発行しているエポスカードは、200円で1ポイント貯まる還元率0.5%のクレジットカードですが、年会費が無料、かつポイントに有効期限がないのでマルイや提携店舗をよく利用する女性に選ばれているクレジットカードです。

また、年4回開催される「マルコとマルオの7日間」では、お買い物が10%オフでできるというカード会員だけの特典もあります。

「たまるマーケット」というネットのショッピングモールもあり、経由するだけでポイントが最大30倍にもなります。

ポイント還元率そのものは高くないのですが、サービスがなかなか充実しているクレジットカードになるのではないでしょうか。

しかし、そもそもマルイを利用しない人や、お住まいの地域にマルイがない方にとってはあまりメリットがないクレジットカードになります。

「自分がよく使うお店やサービスで利用しやすいカード」がクレジットカード選びの大原則になるということを忘れてはいけませんね!

還元率が高くても最低交換ポイントが高い

貯めたポイントを何ポイントから利用できるかどうかもぜひ確認しておいてください。

1,000ポイントから交換可能などハードルが高い場合は、交換可能ポイント数まで貯まる前に有効期限を迎えてしまうこともあります。

楽天カードのように1ポイント(1円分)から使えることができれば有効期限が近くなってしまっても無駄なく使いこなすことができますね。

リボ払いで還元率が上がる場合は手数料も考えて

リボ払いでお買い物をすることで通常の2倍ポイントが貯まるなど、リボ払い推しのクレジットカードも存在します。

じゃあ、リボ払いでお買い物をしよう・・・と思うのはちょっと待ってください。

リボ払いは、お財布にあまり余裕がないときには重宝する決済方法ですが、内容を理解して使用しないとクレジットカードを使いすぎてしまい、返済総額が非常に高くなってしまうことがあります。

リボ払いは実際の購入金額は大きくても毎月の返済額が少額で良いので、「毎月5,000円だったら支払えるから大丈夫だろう」などと思い込んでしまい、気がついたら支払残高がとんでもない金額になっていた、ということもあります。

いくら還元率が上がっても、それだけを理由に支払い方法をリボ払いにするには安易すぎるでしょう。

また、高い還元率を謳うクレジットカードのなかには、「リボ払い専用クレジットカード」もあります。

しかも、リボ払い専用であることが大きく書かれておらず、小さな文字で規約などに書かれていることも。いざ利用し始めたらリボ払いになっていてびっくり…ということがないように、支払い方法をよく確認しておきましょう。

ポイント付与のタイミングに注意

高還元率を謳っていても、ポイントが付与されるタイミングによっては利用した金額が切り捨てられてしまい思ったほどポイントがもらえないということもあります。

ポイントが付与されるタイミングとしては、「クレジットカードを1回使用するごとに付与」か「1ヶ月間の利用合計額によって付与」の2パターンが主流です。

たとえば、100円で1ポイントもらえるクレジットカードで月間1,000円利用したとしましょう。

1ヶ月の利用合計額でポイントが付与される場合、もらえるポイントは10ポイントになります。しかし、1回の利用ごとにポイントが付与される場合だと10ポイントもらえるとはかぎりません。

たとえば、1,000円の利用金額のうち、1回の支払額が80円のものならポイントはつきません。190円の利用があっても90円分は切り捨てられてしまいます。

1ヶ月の合計利用額に対してポイントが付与される方式のほうが、ポイントがつかずに切り捨てられてしまう金額が少なく済むでしょう。

ポイント還元率が高いクレジットカード一覧

ここからは還元率の高いクレジットカードをご紹介します!
年会費無料のクレジットカードばかりを5つ集めてみましたので、ぜひチェックしてくださいね。

楽天カード

 

年会費 無料
還元率 1%~3%
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress
移行可能なポイント・マイル制度 ANAなど

 
年会費無料で、ポイント還元率は1%ですが、楽天市場でのお買い物ならいつでも3倍になるので楽天ユーザーには神カード。ETCカードでも100円につき1ポイント貯まります。

また、楽天カードは楽天関連サービスをよく利用する人ほどポイントが貯まりやすくなるスーパーポイントアッププログラムも実施しています。

例えば、楽天カードの支払い代金引き落とし先を楽天銀行にすればプラス1倍、楽天モバイルユーザーが楽天カードで月額料金を支払えばプラス2倍という感じ。

本当に必要な支払いを楽天カードにするだけでポイントアップしていく仕組みが充実しています。

基本的には楽天市場や楽天関連サービスを普段使いしている人向けのクレジットカードになりますが、維持費がかからないのでヘビーユーザーじゃなくても持っておいて損はないですよ。

Orico Card THE POINT

年会費 無料
還元率 1%~3%
国際ブランド MasterCard、JCB
移行可能なポイント・マイル制度 ANA、JAL、楽天ポイント、Tポイント、dポイント、Pontaポイントなど

 

本ポイントは100円=1ポイントなので還元率1%になるのですが、入会後6ヶ月間はどこでクレジットカードを使っても還元率2%(100円=2ポイント)になります!

また、オリコモールというインターネットショッピングモールを経由してお買い物をすれば0.5%のポイントが特別加算されます。

たまったポイントは500ポイントから利用可能です。オリコポイントとしてそのまま使うこともできますが、ANAマイレージクラブやTポイントなどに移行することも可能です。

高還元率でポイントを貯めやすく、貯まったポイントの使い道も豊富。さらに年会無料というまさに還元率の高いクレジットカードですね!

dカード

年会費 無料
還元率 1%~4%
国際ブランド VISA、MasterCard
移行可能なポイント・マイル制度 JAL、Pontaポイント、GooglePlayギフトコードなど

 
dカードはドコモが発行するクレジットカードです。

ただ、年会費はドコモユーザーじゃなくても永年無料なので、実はみんなが使いやすい還元率の高いクレジットカードなんです。

dカードの還元率は1%(100円=1ポイント)で、電子マネーのiD搭載なので、コンビニでiDを使うだけでもどんどんポイントが貯まりますよ。

なおdカードをコンビニで使うならローソンが絶対おすすめです!

ローソンなら、なんとお買い物が3%オフになり、ポイントが2ポイント付与になりますので、還元率としては5%になるんです。

1%あれば還元率が高いと何度もお伝えしたとおりなので、5%は本当に驚きです!

ただし、dポイントとPontaポイントの両方を貯める二重取りはできないので、dカードで支払いをしてdポイントが付与された後にPontaカードを提示してPontaポイントをもらうといったことはできません。

どうしてもPontaポイントを貯めたい方は注意が必要ですが、dポイントを後からPontaポイントに交換することも可能です。

もちろん、ドコモユーザーにはさらにお得があります。

ドコモ利用料金をdカード払いにすれば1,000円相当のiDキャッシュバックがありますし、スマホ購入日から1年以内で最大1万円分を補償する「dカードケータイ補償」があるんです。

・ドコモユーザー
・ローソン利用が多い
・決済はiDを使うことが多い

この3つに該当する方は、かなりポイントが貯まりやすいクレジットカードになるでしょう。

au WALLET クレジットカード

年会費 無料
還元率 1%~2.5%
国際ブランド MasterCard、VISA
移行可能なポイント・マイル制度 マツモトキヨシ現金ポイント、スターバックスカードなど

※au WALLET クレジットカードはauユーザーさん向けのクレジットカード。その他のキャリアや格安スマホユーザーにはお得感がありませんので、別のカードを検討してください。

au WALLET クレジットカードの年会費は1,250円(税別)なのですが、auユーザーは永年無料になります。

ポイント還元率は1%(200円=2ポイント)ですが、この基本ポイントとは別にauのサービスに対しては1,000円の利用ごとに10ポイントが貯まります。

さらに、入会後最大3ヶ月は200円ごとに4ポイント貯まります!

またセブンイレブン、マツモトキヨシ、イトーヨーカドー、出光(ガソリンスタンド)などの日常使いしやすいお店と提携していて、これらの提携店でau WALLET クレジットカードを使えば200円ごとに3ポイント以上のポイントがもらえます。

貯まったポイントは、au WALLET クレジットカードの支払いに充当することもできますし、auPAYにチャージすることもできます。

auPAYにしておけば、スマホQRコード決済で利用できるのでau関連以外のサービスでも現金代わりに使うことができますね。

JCB CARD W

年会費 無料
還元率 1%
国際ブランド JCB
移行可能なポイント・マイル制度 ANA、JALなど

 
JCB CARD Wは1,000円=2ポイントとなるクレジットカード。

ここで貯まるポイントは「OkiDokiポイント」になるのですが、「JCB プレモカード OkiDokiチャージ」にポイントをチャージすることで1ポイント5円分として利用できます。(つまり還元率1%)

入会後3ヶ月間は、なんとポイント10倍!Apple PayまたはGoogle Payの利用額のうち20%(最大1万円)をキャッシュバックなど、入会特典も充実しています。

年会費無料で還元率も高いクレジットカードなのですが、ひとつだけ注意点があります。

それは申し込みできる年齢が39歳以下というところ。40代以降の方は申し込みができないんです・・・。

また、JCB CARD Wの審査申し込み方法はWEB入会に限られるので、電話や郵送での受付は行っていません。

こういった注意点はあるものの、年会費無料で国際ブランドがJCB、かつ還元率の良いクレジットカードをお探しの方は注目してみてくださいね。

少し前はもっと高い還元率のクレジットカードがあった

還元率は1%以上あれば高い方だとお伝えしましたが、以前は1%では還元率が良いとは言えませんでした。

すこし前は、還元率2~3%のカードもあったのですが、徐々に下がってきてしまい現在は1%あれば還元率が高い方という感じになってしまったんです。

ポイント還元率はなぜ下がってしまったの?

そもそもポイントはクレジットカード会社が私たちにサービスとして付与しているものです。

ポイントがどこから出ているのかというと、クレジットカード加盟店がクレジットカード会社に支払う手数料なんです。

しかし景気が悪くなったり消費税が上がったり、さらにキャッシュレス決済の導入を進めるにあたって政府はクレジットカード会社に手数料の引き下げを要請しました。

<参考>:政府、カード手数料下げ要請へ 消費増税で

手数料が減ってしまうとポイント還元率も今まで通りというわけにはいかなくなり、下げざるを得ないというのが現状なんです。

クレジットカード還元率のまとめ

還元率の高いクレジットカードを狙うなら、以下の内容をチェックするようにしましょう。

・普段使いしやすいクレジットカードであること
・ポイント還元率が上がる特約店が使いやすいこと
・還元率が1%以上
・年会費が無料または安い
・ポイント有効期限や最低交換ポイントもチェック
・ポイント移行先が豊富か?
・リボ払いによる還元率アップには要注意!

この他にもSuicaが付帯しているクレジットカードや、年会費は発生しますが年に1回でもクレジットカードで決済をすれば無料になる「年会費実質無料」のクレジットカードも存在します。

便利かつ還元率が高いクレジットカードが見つかれば最高ですね!

なお、クレジットカードは常に今のライフスタイルに合ったものを持つべきなので、定期的な見直しも必要です。

 
 

この記事の監修者

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している実績があります。

PAGETOP