クレジットカード犯罪の手口

自分はクレジットカードを厳重に管理しているから大丈夫…と思っていませんか?

クレジットカード犯罪の手口はハイテクかつ巧妙です。クレジットカードを持っている方であればだれもが不正利用の被害に遭ってします可能性があるのです。

この記事では、クレジットカード犯罪の手口や、不正利用された可能性があるときの対処法を解説します。


もくじ

クレジットカードの不正利用の実態

クレジットカードの不正利用とは、自分ではない第三者に勝手にクレジットカードを使われてしまうことをいいます。

ネットショッピングなどでクレジットカードを利用したことがある方はご存知だと思いますが、クレジットカードの番号や有効期限、名義、セキュリティーコードを入力すれば簡単に決済ができてしまいます。

つまり、クレジットカードの番号、有効期限、セキュリティーコード、氏名が第三者に知られてしまうと不正利用される危険性がとても高くなります。

また、自分のクレジットカードの情報が知らない間に抜き取られてしまい、偽造クレジットカードに悪用されることによって不正利用されてしまうこともあります。

クレジットカード犯罪の手口

クレジットカード犯罪の手口は多岐にわたります。クレジットカード犯罪にどのような手口があるのかを知っておくことで被害に遭うのを防ぐことができるかもしれません。最新のクレジットカード犯罪の手口を解説していきます。

クレジットカードの盗難

盗難されたカードは本人になりすまして物品の購入に使われて、不正利用によって手にした商品を転売することで犯人は利益を得ています。

クレジットカードを盗むという古典的な方法ですが、その手口は人の心の隙を非常に巧みについたものとなってきています。クレジットカードが盗難される危険性があるシーンは日常生活の中でも意外と多いものです。クレジットカードが盗難されやすいシーンを紹介します。

車上荒らし

車上荒らしは、スーパーやレジャー施設、コインパーキングや自宅の駐車場などに停めてある車から強引に貴重品を盗んでいきます。

最近は、保育園や幼稚園に送迎する車を狙った犯行もあります。「短時間だから大丈夫だろう」という一瞬の油断によってクレジットカードを盗られてしまい、不正利用されてしまうかもしれません。

座席の下や車内の小物入れなどに隠しておいても盗られてしまうこともあります。車から離れるときは短時間であっても、クレジットカードなどの貴重品は車の中に置きっぱなしにせず、施錠するようにしましょう。

飲食店や美容院などでのすり

飲食店、美容院、リラクゼーション店など、さまざまなお店で上着をハンガーに掛けて預かってもらう機会があります。

クロークで厳重に預かってもらえる場合は心配が少ないですが、誰でも上着に触れられるような状況であれば要注意です。

上着のポケットなどに入れていおいた財布などからクレジットカードが盗難されてしまうかもしれません。必ずクレジットカードは自分で持つようにしておきましょう。

駅や電車内での盗難

飲み会などで泥酔している方はとくに盗難のターゲットにされやすいです。駅や街などで泥酔して寝ていると、「大丈夫ですか」などと声を掛け、目を覚まさないことを確認して、クレジットカードが入った財布やカバンを盗んでいきます。

電車内でも網棚や足元に荷物を置いたまま眠ってしまっていると、荷物ごと盗られてしまうパターンもあります。

盗難後にかかってくる電話に注意

クレジットカードが盗難された後、警察やクレジットカード会社の社員を名乗る人物から「盗難されて不正利用されてしまうので、利用停止の手続きをするために暗証番号を教えて下さい」という電話がかかってくることがあります。

一緒に盗まれたもののなかから持ち主の電話番号を探し、犯人が暗証番号を聞き出すためにかけてくる電話です。

警察やクレジットカード会社が暗証番号を聞いてくることは絶対にありえません。気が動転して教えてしまうことのないよう、こうした手口があるということを知っておきましょう。

フィッシング詐欺

フィッシング詐欺は、偽のホームページにアクセスさせてクレジットカード番号などを盗みだす手口です。

偽のホームページが実在する大手企業の公式ホームページそっくりにつくられており、見分けがつかずに騙されてしまうケースが多数あります。

クレジットカード会社などからのお知らせを装い「限度額を上げませんか?」「キャンペーンに参加できます」「当選しました」「アンケートに回答いただくと謝礼を差し上げます」などのメールが送られてきます。

そのメールに記載されたURLにアクセスしてクレジットカードの情報を入力してしまうと、入力した情報が抜き取られて不正利用されてしまうことがあります。

「そういうメールには騙されない」と思っている方でも、SNSなどで親しい友だちからのメッセージではどうでしょうか?SNSのアカウントを乗っ取り、友だちとして登録されている人にURLを送りつける事例もあります。

不正なポップアップでクレジットカード情報を盗む

フィッシング詐欺と似ていますが、本物のクレジットカード会社などのサイトを開いている間に偽の画面が出現しクレジットカード情報を入力させるよう誘導してきます。

本物のサイトを開いているため信用してしまいやすいのですが、なぜ安全なはずの本物のサイトでこのようなことがおこるのでしょうか?

不正なポップアップ画面が出てくる理由としては、パソコンのウイルス感染が挙げられます。

何らかのタイミングでパソコンがウイルスに感染し、クレジットカード会社のサイトなどにログインした後にクレジットカードの情報を抜き取るための偽の画面を出すように悪さをしているのです。

ネットショッピング詐欺

iPhoneなどの人気高額商品がありえない安さで売られている通販サイトで買いものをしたら商品が届かない…。

こうしたケースでは、商品代金を騙し取られるだけでなく、決済に利用したクレジットカードの情報まで盗まれている可能性もあります。

人気高額商品が格安で販売されている場合は、安易に信じずに注意したほうがよさそうです。また、はじめて利用するネットショップでは代引や後払いを利用するというのも身を守るひとつの方法です。

EC事業者へのサイバー攻撃

クレジットカードの情報を個人ひとりひとりから抜き取ろうとするよりも、一度にたくさんの人のクレジットカードの情報を抜き取ったほうが犯罪者としては効率がよくなります。

そこで、多くの人が利用しているECサイトにサイバー攻撃をしかけて不正に侵入し、クレジットカードの情報を手に入れるのです。

企業へのサイバー攻撃によって情報が漏洩してしまうことを、個人で防ぐということはできません。

インターネット上でクレジットカードを使って支払いをするということは、少なからずこうした被害に遭うリスクもあるということを忘れてはいけないということですね。 

クレジットマスター

クレジットマスターは、コンピュータープログラムでランダムにクレジットカード番号を作成して利用できるカード番号と有効期限を見つけ出す方法です。

たまたま利用できるクレジットカードの番号や有効期限をネットショップなどの決済画面に入力して不正利用をおこないます。

クレジットマスターによる被害を防ぐことはサイバー攻撃と同様に難しく、たとえ1度も使用しておらず外にも持ち出していないレジットカードであってもコンピュータープログラムによって生成された番号と偶然一致してしまうと不正に利用されてしまいます。

スキミング

スキミングは、スキマーという機械を使ってクレジットカードの磁気ストライプに書き込まれている情報を読み取ることをいいます。

なんのためにスキミングをするのかというと、スキミングで手に入れたクレジットカードの情報を別のカードに書き込むことで偽造カード(クローンカード)を作り、不正利用するのです。

クレジットカードそのものが盗まれるわけではないので、被害に気づきにくく、不正利用が発覚するまで被害に遭ったことには気づくことができません。 

クレジットカード犯罪から身を守る方法

クレジットカード犯罪の手口を知ると、クレジットカード犯罪がとても巧妙におこなわれることがわかると思います。どんなに対策をしていても犯罪に遭ってしまうことはありますが、無防備でいるわけにもいきません。

クレジットカード犯罪から大切な財産を守るための方法をご紹介します。

クレジットカードの明細は必ずチェックしよう

クレジットカードの明細は必ずチェックしましょう。

普段とは異なる高額な請求がきたらすぐに不正利用されたかもしれないと疑うことができますが、最近では数万円など比較的少ない額の不正利用を繰り返されていることもあります。

クレジットカードの請求額が月に2~3万円変わっていたところで不審に思う方は少ないでしょう。明細を見れば、身に覚えのない請求にはすぐに気づくことができます。

クレジットカード会社と連絡がとれるようにしておこう

電話番号などを変更してクレジットカード会社に届け出ていないということはありませんか?

普段のクレジットカードの使い方とは異なる利用があった場合、クレジットカード会社化から確認のために電話がかかってくることがあります。

もし不正利用であった場合、その場で利用停止をしてもらって被害の拡大を防ぐことができます。

また、せっかく連絡をもらっていても知らない番号からの電話には出ないという方もいるかもしれません。クレジットカード会社の電話番号は電話帳に登録しておくなどして出れるようにしておきましょう。

クレジットカードの暗証番号は知られないようにする

当然ですが、暗証番号の管理は厳重にしましょう。

すぐ忘れてしまうからカードの裏面に書くといったことは絶対にやめましょう。

暗証番号が知られていたがために不正利用された場合は盗難保険で補償されないこともあります。また、生年月日など他人に推測されやすい暗証番号を設定するのもやめましょう。

暗証番号の共用はやめよう

クレジットカードの暗証番号とその他の暗証番号を同じにしていませんか?たとえば、ロッカーなどで暗証番号を設定するときに盗み見されていてロッカーを開けられてしまし、クレジットカードの暗証番号と同じであった場合クレジットカードも簡単に不正利用されてしまいます。

ICチップ搭載のクレジットカードに切り替える

ICチップ搭載のクレジットカードは、磁気ストライプのクレジットカードよりもスキミングが難しくセキュリティ面で優れています。

磁気ストライプのクレジットカードでは、ほんの数秒の間にスキミングされてしまいますが、ICチップ搭載のクレジットカードはスキミングをするのに時間がかかります。

ICチップ搭載のクレジットカードならスキミングされないというわけではありませんが、スキミングされにくいカードにしておくことで防げる被害もあるでしょう。

ATM利用時や店頭利用時に注意する

キャッシュカードと一体型になっているクレジットカードもありますよ。

現金の入出金のためにATMにキャッシュカード機能付きのクレジットカードを挿入するという機会があるかもしれません。

そのときに注意したいのが、カードの挿入口に違和感がないかということです。

カードの挿入口にスキマーが取り付けられていることがあり、カードを挿入しただけで情報を抜き取られてしまう可能性があります。

店頭で利用するときにも、悪意のある店員がクレジットカードをスキミングするかもしれません。

支払いのためにクレジットカードを店員に渡すときも、クレジットカードから目を離さないように注意しましょう。

クレジットカード犯罪に巻き込まれたら?

どんなに気をつけていても防ぎようがなくクレジットカード犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあります。

不正利用によって膨大な請求額が請求されたり、身に覚えのない請求を発見したら慌ててしまいますよね。もし、クレジットカード犯罪に巻き込まれたらどうしたらよいのでしょうか?対処法をご紹介します。

まずは慌てずに確認しましょう

まずは、本当に自分が使ったものではないか明細を見て確認しましょう。自分ではなく家族が家族カードを利用しているかもしれませんので、家族にも心当たりがないか確認してください。

また、支払先の表示が店名ではなく会社名になっていることもあります。たとえば、「○○ホテル」を利用したのに「株式会社△△」となっていることもあります。日付と金額を確認してみましょう。

不正利用に気づいたらクレジットカード会社へ連絡

確認しても身に覚えがまったくないということであれば、すぐにクレジットカード会社へ連絡してください。

クレジットカードに連絡すると、クレジットカードの利用を停止してもらうことができます。不正利用かどうかの調査をしてもらい、不正利用であることが発覚すれば盗難保険が適用されますので盗難保険の利用申請をしましょう。

不正利用されたクレジットカードは無効になりますので、クレジットカードを再発行してもらいましょう。

盗難保険を利用する

不正利用が発覚すれば、盗難保険が適用されます。盗難保険が適用された場合、不正利用された金額は補償してもらうことができます。

盗難保険は、クレジットカードの年会費の有無やランクに関わらずどのクレジットカードにも付帯しています。

特別に申し込みをしなくても、クレジットカードを作成すれば自動的についているものですので安心してください。不正利用の場合は盗難保険で100%補償してもらうことができますが、なかには補償の対象とならないケースがあります。

盗難保険が適用されない不正利用

主なケースとしては、「家族が不正利用したケース」と「申請期間が過ぎてしまったケース」、「暗証番号が漏洩したケース」です。

たとえば、子どもがこっそり親のクレジットカードを使ってゲーム課金していたといった場合には、家族間で結託している可能性もあり、本当に不正利用かどうか判断がしづらいので補償が受けられないこともあります。

また、不正利用された日から長く日にちがたってしまっていると補償が受けられないかもしれません。カード会社の規定によってことなりますが、60日以内に申請する必要があるところが多いです。

とはいえ、日にちがたっているからどうせ補償を受けられないと何も訴えずに泣き寝入りをする必要はありません。クレジットカード会社に補償が受けられるかどうかまずは確認してみてください。

ほかにも、他人に渡したなど不正利用をされる原因を自分がつくってしまった場合や、警察の捜査に協力しない場合、クレジットカードの裏面にサインがない場合も盗難保険が適用されないことがあります。

クレジットカード犯罪の手口「まとめ」

サイバー攻撃などは個人で防ぐのは難しいですが、ICチップ搭載のクレジットカードにする、貴重品を離さないようにするといったできるかぎりの自衛をすることで被害に遭うリスクを下げることができます。

クレジットカード犯罪はすぐに被害に気づきにくいのが怖いところです。

少ない額を複数回に分けて利用されてしまうと、明細をきちんとチェックしていない限り気づくのが遅れてしまいます。

気づいたときには盗難保険の補償を受けられなくなっている時期になってしまっているかもしれません。明細は毎月必ずチェックしたいですね。

PAGETOP