クレジットカード付帯保険の種類・使い方は?海外・国内傷害保険だけじゃない!

クレジットカードに保険が付いていることをご存知ですか?「年会費が無料だから保険は付いていないはず」と思っていても、実はどのクレジットカードにも必ず1つは保険が付いています。

多くのクレジットカードに付帯している旅行保険やそれ以外の保険についても種類や内容を詳しく解説していきます。

また、保険で補償をうけるためには気をつけなければならないポイントもあるので、あわせてご紹介します。


もくじ

クレジットカードの付帯保険の種類

クレジットカードに付帯している保険といえば、旅行保険が一般的です。しかし、他にもクレジットカードに付帯されている保険があったり、旅行保険にも様々な種類があります。クレジットカードの付帯保険の種類や内容について解説していきます。

クレジットカード付帯保険「紛失・盗難保険」

クレジットカードを持っていて一番不安なのは、紛失したときや盗難された時に不正利用されてしまうことではないでしょうか。

最近ではネットショッピングなどを利用した不正利用もあり、クレジットカードが自分の手元にあるにもかかわらず不正利用されてしまうケースもあります。

不正利用された場合の料金も自分で払わなくてはならないとなれば、怖くてクレジットカードをもてなくなってしまいますよね。

ただ、どのクレジットカードにも紛失・盗難保険がついています。年会費が無料のクレジットカードであっても紛失・盗難保険は付帯します。

紛失・盗難保険で補償されるのは、クレジットカードの限度額となります。

つまり、もしもクレジットカードをなくしたり盗まれたりしてクレジットカードを第三者に不正利用されてしまったとしても、紛失・盗難保険を使うことができれば100%補償されて自分が負担する金額はゼロということになります。

紛失・盗難保険が利用できない場合もある

クレジットカードを不正利用されてしまったときも安心の保険ですが、場合によっては適用の対象外になってしまうこともあります。

・カード裏に署名をしていない
・暗証番号がわからない
・暗証番号を他人に知らせてしまった
・クレジットカードを他人に渡した
・家族に勝手に利用された

上記のように、自分に過失があるような場合には適用されません。

また、申請する期限を過ぎてからクレカの不正利用に気づいたとしても、期限が過ぎた時期に不正利用されたぶんは原則として補償されません。

近頃のクレジットカードの不正利用は、気づかれにくいように小額を繰り返し不正利用されるという手口が蔓延しています。

クレカの不正利用に気づいたときには補償が受けられないというようでは保険の意味がなくなってしまいます。定期的に利クレジットカードの利用明細を確認して、不正利用があればすぐに見つけられるように努めましょう。

クレジットカード付帯保険「旅行保険」

比較的多くのクレジットカードついている「旅行保険」ですが、旅行保険にもさまざまな種類があります。

クレジットカードの種類やランクによっては付帯されている項目と付帯されていない項目があったり、補償額が異なることもあります。

国内旅行保険あるいは国外旅行保険だけなのか、それとも国内旅行と海外旅行の両方に対応しているのかどうかもチェックすべきポイントです。

また、長期の旅行の場合には保障される日数が足りるかどうかも事前に確認しておきたいところです。

30日しか補償されない保険で、滞在35日目に何かあっても適用外となってしまいます。場合によっては一旦帰国したり、ほかのクレジットカードの補償を効かせるなどしなくては無保険状態になってしまうことも。

旅行保険は細かく保険で担保される内容がわかれていますので、主なものを詳しく見ていきましょう。

傷害死亡・後遺傷害

国内旅行、国外旅行とも用意されていることが多い項目です。旅行期間中の事故などで怪我を負い、その怪我が原因で一定期間内に亡くなってしまったり後遺障害が生じた場合に支払われる保険です。死亡した場合の保険金は法定相続人に支払われることになります。

傷害・疾病治療

国内旅行、国外旅行とも用意されていることが多い項目です。旅行中のケガや病気、旅行直後に発症した病気で医師の治療を受けた場合の治療費を補償する保険です。

所定の期間内に医師による治療を受けないと補償の対象外とされてしまうこともありますので、具合が悪いときは速やかに医師の診察を受けましょう。

また、疾病に関しては旅行中に発生したものでなければ補償対象にならず、虫歯治療など補償対象外になるものもあります。

救護者費用

主に、海外旅行保険として用意されています。救護者費用補償は、旅行中に遭難してしまい捜索が必要になったときの費用や、病気やケガなどで旅行者が入院したときに家族が現地に駆けつけるための費用などを補償してくれます。

また、救護対象者の搬送費用や現地での遺体処理が必要になったときの処理費用も救護者費用として補償されます。

携行品損害

クレジットカードに付帯する海外旅行保険として用意されていることが多いです。旅行期間中に持ち物が盗難されたり、破損してしまったといった偶然の事故により受けた損害を補償してくれる保険です。

たとえば、旅行中にデジカメを盗まれてしまったというときにはこの保険が使えます。ただし、現金やクレジットカード、コンタクトレンズ、書類、動植物、乗り物といったような補償の対象外となる品物もあります。

また、激しかったり危ないスポーツやレジャーを行っている間に用具が破損しても補償されないこともあります。

賠償責任

クレジットカードに付帯する国内旅行保険として用意されていることもありますが、海外旅行保険として用意されていることの多い保険です。旅行期間中に意図せず他人の身体やもちものに損害を与えてしまい、法律上の賠償責任を負った場合に適用される保険です。

たとえば、食事中にうっかりグラスを落として割ってしまい、近くにいた他のお客さんに怪我をさせてしまったりカーペットなどを汚してしまったときに、手当や弁償のために必要な費用を補償してくれます。

公共交通乗用具搭乗中傷害事故

主に国内旅行保険として用意されている項目です。航空機、電車、船舶、バス、タクシーなどの公共交通乗用具に乗客としていて事故に遭ったときに適用されます。

事故によるケガが原因で死亡した場合や後遺障害が生じた場合には保険金が支払われます。入院や手術が必要になった場合の費用が補償されます。通院の治療費も補償されます。

宿泊火災傷害

国内旅行保険として用意されていることがあります。宿泊施設に泊まっている間に火災や爆発などによって被ったケガで死亡した場合や後遺障害が生じた場合に保険金が支払われます。入院や手術、治療に必要な費用の補償もされます。

募集型企画旅行参加中傷害事故

募集型企画旅行参加中傷害事故は、クレジットカードに付帯する国内旅行保険として用意されていることが多いです。いわゆるパッケージツアーに参加中の事故による怪我に対して保障があります。

怪我が原因で死亡したときや後遺障害が残った時の保険金が支払われたり、入院や手術、治療にかかる費用が補償されるものです。

クレジットカード付帯保険「航空便保険」

航空便に関する保障をしてくれるクレジットカードの付帯保険で、海外旅行において適用されることの多い保険です。
 

乗り継ぎ遅延

航空便を乗り継ぐ場合に、到着便の遅延によって出発便に搭乗することができず、一定時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合のためのクレカ付帯保険です。代替となる便に乗れるようになるまでの間にかかった食事代や宿泊施設などの客室料を補償してくれます。

遅延・欠航・搭乗不能

搭乗予定の航空便が長時間出航遅延になったり、欠航や運休となった場合、搭乗予約受付業務の瑕疵によって搭乗不能となった場合に、代替となる便が利用できるまでの間に必要になった食事代が支払われます。乗り継ぎ遅延の保障とは異なり、宿泊施設の費用は補償されません。

手荷物遅延・手荷物紛失

預けた手荷物が一定以上の時間が過ぎても目的地に着かないときは遅延や紛失とみなされ、現地で購入したり借りたりした必要不可欠な衣類や生活必需品の費用を補償してくれる保険です。

クレジットカード付帯保険「ショッピング保険」

ショッピング保険はクレジットカードで購入した商品が、破損してしまったり盗難に遭った場合に適用される保険です。

現金で購入した場合、壊れてしまったり盗まれてしまった場合は泣き寝入りするしかないということがほとんどです。

しかし、ショッピング保険つきのクレジットカードで購入していれば補償が受けられる可能性があります。

とはいえ、どんな場合でも、どんな商品でもショッピング保険が適用されるというわけではありません。

自分の不注意で盗難されてしまったり紛失してしまったときや、災害による破損など対象外となることもあります。

また、コンタクトレンズやメガネ、義歯や義肢、動植物、携帯電話、金券、美術品や骨董品、乗り物、食品はショッピング保険の対象にならないことが多いです。

ほかにも、適用される期間が決まっていることが多く、購入後180日を過ぎると補償が受けられなかったりすることもあります。

クレジットカードの保険は「自動付帯」と「利用付帯」の違いに注意

クレジットカードの付帯保険には「自動付帯」と「利用付帯」の2つがあります。

自動付帯の場合はクレジットカードを持っているだけで保険を利用することが可能ですが、利用付帯の場合は、付帯しているクレジットカードで代金を支払ったものが保険の適用範囲になります。

たとえば、旅行保険ひとつとっても自動付帯であれば旅行の代金を現金で決済しても保険の利用ができますが、付帯利用の場合には旅行の代金(ツアー料金や交通費など)を保険のついたクレジットカードで決済しなくては保険の適用が受けられないということになります。

クレジットカードの保険が自動付帯なのか利用付帯なのかについては、必ずチェックしておきたい項目といえます。

なるべく多くの自動付帯保険があるクレジットカードを選び、足りない補償をそのクレジットカードやほかのクレジットカードの利用付帯保険で補うようにするとよいでしょう。

クレジットカード付帯保険の使い方

どのクレジットカード付帯保険も補償内容には細かな取り決めがあり、適用になるものならないものがでてきます。

いずれの保険の補償を受ける場合にも、適用条件に合致している必要がありますので事前にクレジットカードの規約に目を通しておきましょう。

たとえば、クレジットカードに付帯する旅行保険の死亡保障が「旅行中のケガなどが原因で180日以内に死亡した場合に適用」とされていたとします。仮に旅行中のケガが原因で1年後に死亡したとしたら、保障の対象外となってしまいます。

もし、クレジットカード付帯保険の適用条件に合致していたら保険を利用する手続きをおこなわなくてはいけません。クレジットカード付帯保険を利用するには、決められた期間内に申請しなくてはならないものや、書類が必要なものもあります。

たとえば、クレジットカードに付帯する「ショッピング保険」では購入後90~180日以内に申請しないと補償が受けられないことがあります。タイミングを逃さないよう、後回しにせずに申請を行いましょう。

クレジットカード付帯保険の使い方のポイントとしては、
・保険の適用条件に合っている
・決められた期間内に手続きをする

ということが重要です。

海外でクレジットカード付帯保険が必要なときは?

海外旅行中などに、クレジットカード付帯保険の適用を受けなければならないような事態になった場合、どうしたらいいかわからないことがたくさん出てきて不安になるかもしれません。

そうしたときに頼れるのがクレジットカードについている日本語でのサポートサービスです。

すべてのクレジットカードに付帯しているわけではありませんが、海外旅行保険がついているクレジットカードでは海外にいても日本語で24時間電話でサポートしてくれるサービスがついていることが多いです。

クレジットカード会社自体が専用のダイヤルを設けていることもありますし、クレジットカードと提携している保険会社が専用のダイヤルを設けている場合もあります。

専用のダイヤルに電話すると、医療機関の案内などをおこなってくれたり、それにあわせて保険の申請の案内をしてくれることもあります。

とくに、海外の病院ではその場で料金を立て替えて払っておかなくてはいけない病院と、後日病院が直接保険会社へ請求するキャッシュレスの病院とがあります。

自分でキャッシュレスの病院がわかればよいですが、専用のダイヤルに電話をするとそうした病院の紹介や、病院まで行くためのタクシーの手配、通訳者の手配まで行ってくれることもあり、スムーズです。

クレジットカードの旅行保険は本当に必要?家族の補償は?

「クレジットカードに付帯している旅行保険って必要かな?」と思う方もいるかもしれませんが、旅行に行くのであれば保険をかけておくことをおすすめします。

とくに、海外旅行に行く場合の保険は、必須といっても過言ではありません。

海外で病気やケガをした場合、高額な医療費がかかることがあるからです。数百万円から数千万円の請求がされることもない話ではありません。

命や健康のためと思えば背に腹は代えられませんが、莫大な請求額を全額自己負担というのにも無理があります。だからこそ海外旅行へ行くときには保険が必要になるのです。海外へ行く機会がある方は、海外旅行保険のついたクレジットカードがおすすめです。

国内旅行保険のみが付帯したクレジットカードを持っている場合でも、海外旅行に行く機会がでてくるかもしれません。

事前にクレジットカード会社に申込むことで海外旅行保険を付帯できることもあります。その場合は有料になりますが、比較的お手頃な価格で保険をかけることができます。

また、クレジットカードの契約者(被保険者)だけでなく、家族へも旅行保険をかけられる家族特約があるクレジットカードもあります。

複数のクレジットカードの旅行保険は合算できる

クレジットカードに付帯している保険以外にも、任意で海外旅行傷害保険などに加入している方もいると思います。その場合は、すべてのところから保険金をもらうことができるのでしょうか?

死亡や後遺障害保険金については、複数のクレジットカードに保険が付帯していた場合は一番高い金額の補償が適用されます。

その他の傷害・疾病治療保険などは、保険金額を合算した額が補償額の上限となります。

海外旅行傷害保険が自動付帯になっているクレジットカードを複数持っていれば、補償額を増やすことができますし、利用付帯のクレジットカードでも、複数のカードで交通費などを支払うことで補償額を増やせます。

<クレジットカードの付帯保険まとめ>
クレジットカードの付帯保険には自動付帯と利用付帯があります。

盗難保険にはどのクレジットカードであっても自動付帯としてついてきますが、他の保険に関しては自動付帯であったり利用付帯であったりとクレジットカードによってさまざまです。

クレジットカードの付帯保険をうまく利用すれば、保険料の節約になりますし、海外など慣れない土地へ行ったときも安心です。

クレジットカード付帯保険の利用には細かな条件や申請の期限が設けられていることがあるのでその点は注意したいところです。

PAGETOP