クレジットカードの現金化とは?

この記事を読んでいる方はなんとかして現金を用立てたいと思っているかもしれません。

たしかに、クレジットカードを使って現金を手にすることはできますが、悪質なクレジットカードの現金化を利用してしまうと思わぬトラブルに巻き込まれたりクレジットカードを強制解約されるなどのペナルティを受ける可能性があります。

この記事では、クレジットカードの現金化とはどのようなものなのか、違法性はないのかといったことを中心に、クレジットカードで現金を借りる方法もあわせてお伝えしていきます。


もくじ

クレジットカードの現金化とは

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があります。クレジットカードのショッピング枠を利用すればモノを購入することはできますが、ショッピング枠の金額を現金として受け取ることは通常であればできません。

しかし、クレジットカードの現金化では、ショッピング枠を使って現金を手にすることができます。

クレジットカードの現金化では、主に「買取方式」と「キャッシュバック方式」という2つの方法が使われます。

クレジットカードの現金化「買取方式」

クレジットカードでモノを購入し、そのモノを現金化をしている業者などに買い取ってもらうことで現金を手にする方法です。

例えば、10万円のパソコンをクレジットカードで購入し、パソコンを業者に8万円で買い取ってもらえば、8万円の現金を手にすることができます。これがクレジットカードの現金化の仕組みです。

クレジットカードの現金化「キャッシュバック方式」

クレジットカードの現金化をしている業者から、クレジットカードを利用して通常価格よりも高い金額でモノ購入します。

そして、購入した特典として現金でのキャッシュバックを受けるという体で現金化をするのがキャッシュバック方式です。

クレジットカードの現金化は自分でもできる?

クレジットカードの現金化で調べると、クレジットカード現金化の業者に行き当たると思います。

しかし、クレジットカードの現金化は自分でも可能です。

上記で2つの方法を解説しましたが、たしかにキャッシュバック方式であれば現金化をおこなっている業者を頼るしかありません。

しかし、モノをクレジットカードで買って、そのモノを売って現金を手にするということは通常のリサイクルショップなどを利用すれば現金化の業者を介さなくても可能ということになります。

クレジットカードの現金化をやってはいけない理由

なるほど!これでクレジットカードを使って現金を手にできるぞ!…と思った方、ちょっと待ってください。

この記事で最もお伝えしたいのは「クレジットカードの現金化はしないでください」ということです。

では、なぜクレジットカードを現金化してはいけないのでしょうか?その理由を解説していきます。

クレジットカードの現金化は違法なのか?

結論からいえば、クレジットカードの現金化は法律違反ではありません。クレジットカードの現金化を取り締まるような法律は存在しないのです。

どうしてかというと、現金化の行為だけを見れば「クレジットカードで買い物をしたモノが不要になって売却しただけ」「欲しい物をクレジットカードで買ってキャッシュバックを受けただけ」ということができるからです。

最初から現金化が目当てといえば印象が悪いですが、自分のためにクレジットカードで買った服や家電を使う機会がなかったから売っただけ、といえばよくあることに思えますよね。

クレジットカード会社は現金化を禁止している

法律で禁じられていないのに現金化をしてはいけないという理由は、クレジットカード会社の規約にあります。

クレジットカード会社の規約には、換金目的でのクレジットカードの利用を禁じる条文がるはずです。つまり、クレジットカードの現金化は法律違反ではないにせよ、クレジットカード会社の規約違反ということになります。

クレジットカード会社が現金化を禁じる理由

クレジットカード会社が現金化を禁止している理由を考えてみましょう。

クレジットカードの現金化も、クレジットカード会社にとってはクレジットカードを利用してもらうことができ、現金化業者は手数料で儲けを出すことができ、利用者は現金を手にすることができる…と三者にとってメリットがあるように思えます。

しかし、問題なのはクレジットカード会社には利用者に利用料金を支払ってもらえないかもしれないリスクを抱えることになるということです。

見方を変えると、現金化業者は回収できなくなるかもしれない債権のリスクはクレジットカード会社に押し付けつつ利益を出すビジネスをおこなっているともいえます。

こうした背景から、クレジットカード会社が現金化を禁止する理由もおわかりいただけるのではないでしょうか。

悪質なクレジットカード現金化業者に気をつけよう

クレジットカードの現金化について調べていると、クレジットカード現金化専門の業者を利用すると低リスクで現金化ができるといったような内容の情報を見かけることもあります。

本当に低リスクで現金化が可能なのでしょうか?

クレジットカード会社が現金化を禁止しているということはもちろんですが、現金化業者を利用することのリスクについて考えてみましょう。

換金率は嘘かもしれない

クレジットカードを現金化したい人からすれば、少しでも高い換金率の業者に現金化をお願いしたいという気持ちになるのは当然のことだと思います。

業者のなかには、「換金率98%」など非常に高い換金率を掲げていることも。

しかし、実際に現金化を依頼すると表示されていた換金率よりも低い換金率を提示されることもあります。

「表向きに掲げている還元率は最高の場合の還元率です」と言われてしまえばそれまでです。

莫大なキャンセル手数料をとられることも

業者の中には強い悪意を持って現金化をおこなっているところもあります。

高い換金率につられて訪ねたものの、実際には換金率が低かったなどの理由で依頼せずに帰ろうとすると、業者の態度が一変し「現金化しないならキャンセル料を払ってもらう」などと脅さることもあります。

闇金業者とつながっている可能性も

「現金化業者を利用するだけで闇金にお金を借りるわけではないんだから大丈夫」と思っていませんか?

もしかしたら、利用しようとしている現金化業者は闇金業者と繋がりがあるかもしれません。

闇金業者が利用者からお金を回収するためにクレジットカードのショッピング枠の現金化をするよう仕向けることもあり、闇金業者と繋がっている現金化業者も少なからず存在すると考えられます。

現金化業者に渡した個人情報が闇金業者に流れると、新たなトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

※その他、闇金について詳しくは以下をご覧ください。

クレジットカード会社に現金化したことが発覚するとどうなる?

もし、クレジットカードを現金化のために利用してしまい、そのことがクレジットカード会社にバレてしまったらどうなるのでしょうか?

クレジットカード会社に現金化が発覚する仕組み

クレジットカード会社ではクレジットカードの不正利用を検知するための仕組みがあります。

過去の利用履歴と照らし合わせて不審な点があれば、不正利用の疑いがもたれてクレジットカードが一時的に使えなくなることがあります。

こうした不正利用の検知はコンピューターと人の両方でおこなわれ、たとえば、突然海外でクレジットカードが使用されたり、今まで数千円の買いものしかしていなかったのに数十万円の高額商品を買ったり、短期間で頻回にチケットなどを購入するといったことがあるとコンピューターによって不正利用の疑いが持たれます。

その後、クレジットカード会社のスタッフによって電話で本人に確認があります。

「○○という商品を購入されましたか?」といったような実際に本人が購入したかどうかの確認や、なぜその商品を購入したのかということまで聞かれます。

利用停止や強制解約のペナルティも

確認の電話のときに現金化目的で購入したことを言ったり、辻褄の合わない不審な回答であった場合には利用停止や強制解約となることもあります。

たとえば、クレジットカードで鉄道の回数券を何十枚も購入しておいて「自分で使うため」と言っても誰もが怪しいと思うでしょう。

現金化はクレジットカード会社の規約で禁じられていることですので、現金化が発覚すればペナルティーを受けるのが当然です。

強制解約ともなれば、二度とそのクレジットカード会社や関連会社を利用することができなくなると思っておいて間違いないでしょう。

クレジットカード会社に現金化を疑われたときの対処法

では、現金化目的ではなく本当に自分のためや他人へのプレゼントのためにクレジットカードを利用したにもかかわらず、現金化を疑われてしまったときはどうしたらよいのでしょうか。

現金化ということを言わない

クレジットカード会社は、現金化を疑って電話をかけているというよりも、第三者による不正利用の疑いがあることから本人に電話をかけているケースがほとんどです。

自分から慌てて「現金化ではありません」などと言ってしまうと、現金化目的ではないのに現金化を疑われる要因になりかねません。

自分自身が正当な目的のために購入した商品であれば、こちらから現金化というワードを出さず、クレジットカード会社からの質問に淡々と答えるのが一番です。

購入した商品についてよく知っておく

クレジットカードの現金化を疑われている場合は、本人が購入したのかどうか、なぜ購入したのかという質問以外にも、購入した商品についての詳細を尋ねられることがあります。

自分が欲しくて購入した商品であれば、その特徴やどういった商品なのかといった知識があって当然のはずです。

購入した商品の詳細を答えることができれば、疑いも晴れるかもしれません。

良好なクレヒスを保っておく

お金に余裕がある人であればクレジットカードを現金化する必要はまずありません。

クレジットカードの現金化をおこなう人は、お金に困っていることがほとんどです。そのことから、同じ商品を同じように購入しても、支払いの延滞がある方やキャッシング枠をめいっぱい利用してしまっている、他者で借金があるという方のほうが現金化を疑われやすいのです。

延滞をしないことはもちろん、むやみにお金を借りないといった日頃の心がけも大切です。

クレジットカードで安全に現金を手にする方法

クレジットカードの現金化は違法ではないものの、クレジットカード会社が禁じているものであることがおわかりいただけたと思います。

とはいえ、どうしても現金が必要という場合もあるかと思います。

ローンやカードローンふくめ、銀行からも消費者金融からも新たに融資を受けるのが難しく最後に行き着いたのがクレジットカードの現金化だったという方ももちろんいることでしょう。

この章では、グレーゾーンではなく完全にホワイトな方法でクレジットカードを使って現金を手にする方法を解説します。

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

どうしてもクレジットカードで現金を手に入れたいという方は、クレジットカードのキャッシング枠に注目してみてください。

クレジットカードのショッピング枠を現金化するのは危険がともないますが、キャッシング枠はクレジットカード会社が提供しているサービスです。

そのため、違法性がないのはもちろん、怪しい業者を介さずとも安全にクレジットカードを使って現金を手にすることが可能です。

ショッピング枠とキャッシング枠の違い

ショッピング枠、キャッシング枠という言葉をはじめて知った、聞いたことはあるけれど詳しく知らないという方のために、クレジットカードの「枠」について簡単に解説します。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。

ショッピング枠はネットショップや店舗などで商品を購入するときに利用できる枠で、後払いの決済方法として使います。

一方、キャッシング枠とは、買いものなどの決済に使う枠ではなく、現金を引き出すための枠となっています。

キャッシング枠を利用するメリット

キャッシング枠を利用して現金を手にすることについてのメリットは、何より安全性が高いということです。

悪質な現金化業者を利用すると、怖い思いをするだけでなく自分にとって大きな不利益が発生することもあります。

その点、キャッシング枠はクレジットカード会社が提供しているサービスであり、安全に利用することができます。

また、キャッシング枠があれば、あらたに消費者金融などでお金を借りなくても、クレジットカードさえあればATMなどからすぐに融資をうけることができ、スピーディーな融資を求める方にはとても都合がいい方法ともいえます。

キャッシング枠を利用するデメリット

キャッシング枠を利用するデメリットとしては、カードローンなどと同じように利息が発生し、元金とあわせて利息の返済もしていかなくてはならないということです。

金利も最高金利が適用される場合が多く、銀行系のカードローンのほうが低金利で借りられることもあります。

また、消費者金融であれば初回の利用時には一定期間無利息で借り入れができることもあり、短期間かつ一時的な借り入れであればそうした仕組みを利用したほうが節約になります。

※その他、クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法について詳しくは以下をご覧ください。

<まとめ>
クレジットカードの現金化はクレジットカード会社の利用規約で禁止されています。規約を違反して現金化することは、少なからずリスクを負うことになるでしょう。

また、悪質な業者にひっかかってしまうと、厄介なトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

クレジットカードの現金化は、現金を手に入れる方法としてはまったくおすすめできません。

違法ではないからとグレーゾーンの方法で現金を手にするよりも、キャッシングやカードローンといった完全にホワイトで安心できる方法で現金を借りるようにしましょう。

PAGETOP