クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードと同じくVisaやJCBといった国際ブランドのマークがついたデビットカード。

見た目はクレジットカードと変わりませんし、クレジットカードと同じようにカードを出すだけで支払いを済ませることができます。

しかし、クレジットカードとデビットカードには相違点が多数あります。

仕組みはクレジットカードとまったく違うものです。

この記事ではクレジットカードとデビットカードの違いについて解説し、それぞれのメリットやデメリットを考えていきましょう。クレジットカードとデビットカード、どちらが自分に合っているかわかるはずです。


もくじ

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードとデビットカードはともにキャッシュレスの決済方法です。

両者の違いがよくわからないという方もいるのではないでしょうか。クレジットカードとデビットカードの違いを解説していきます。

支払いのタイミングの違い

クレジットカードとデビットカードは、支払のタイミングが異なります。

クレジットカードは利用した金額を1ヶ月単位でまとめて後から口座から引き落としされる「後払い」方式となっています。

一方、デビットカードは利用したらその場で口座から引き落とされる「即時払い」方式になっています。

デビットカード限度額は銀行口座の残高

クレジットカードの場合、限度額が50万や100万などクレジットカード会社によって決まった金額に設定されます。

仮に限度額が100万円と設定されていれば、実際に100万円を持っていなくても100万円まではクレジットカードを利用して買いものをしたりすることができます。

一方、デビットカードは、自分の銀行口座の残高が限度額となります。

銀行口座の残高が0円となれば、原則としてそれ以上の利用はできません。口座の残高とは別に、自分で限度額を設定することも可能です。

デビットカードには審査がない

クレジットカードは、利用料金を先にカード会社が立て替えて後払いであることや、利用者が持っているお金より高い金額の利用ができることから、利用者の信用が大事になります。

そのため、クレジットカードを作成するときには審査に通過しなくてはなりません。当然ですが、審査に落ちてしまうとクレジットカードを持つことはできません。

クレジットカード会社やクレジットカードの種類にもよりますが、安定した収入がないと作成するのが厳しい場合もあります。

とくに、クレジットカード以外の支払いでも延滞したことがあったり、過去に債務整理をおこなった経験がある方はクレジットカードの審査に通過するのが難しいことが多いです。

デビットカードは、即時払いかつ口座の残高以上の金額を利用することはできないので、信用力はたいして問われません。銀行口座さえもつことができれば、審査なしで作成することが可能です。

安定した収入のない方でも、金融事故のあった方でも、引き落としに利用できる口座さえもっていれば誰でもデビットカードを利用することができます。

デビットカードには年齢制限がない

クレジットカードを作成できるのは、原則として高校生を除く18歳以上となっています。ただし、未成年の場合は、親権者の同意が必要となります。

上限年齢についても考慮しなくてはなりません。現役並みの収入があったとしても、健康上の問題などがいつ起こるかわからないため、65~70歳を超えると審査に通りづらくなってしまうこともあります。

一方、デビットカードは原則として15歳以上から作成でき、審査がないため年齢の上限も気にする必要はありません。

未成年の場合は親権者の同意が必要になりますが、親権者の同意があれば高校生でもデビットカードを作成して買い物に使うことができます。
 

デビットカードは一括返済のみ

クレジットカードとデビットカードでは、選べる支払の方法が異なります。

クレジットカードでは、一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い、スキップ払い、フレックス払いなど支払い方法が豊富に用意されています。

もちろん、クレジットカード会社ごとに対応している支払い方法は異なりますが、たいていのクレジットカード会社は一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いまで対応しているはずです。また、あとからリボ払いに変更できるサービスもあります。

デビットカードは、即時払いになるため、支払い方法は一括払いのみです。

デビットカードではETCカードを発行できない

クレジットカードであればETCカードを発行することができますが、デビットカードではETCカードを発行することができません。

理由としては、仮にデビットカードのETCカードで有料道路を利用し、口座にお金が入っていなかった場合に料金所でバーが開かないという事態になってしまうことが考えられます。

後払いのクレジットカードであれば、口座に入っている金額は関係なく、このような心配がありません。

そのため、ETCカードはクレジットカードのみで発行可能ということになっているのだと考えられます。

デビットカードにはポイント還元がない場合は多い

クレジットカードを利用するとポイントが貯まるということはほとんどの方がご存知だと思います。

また、クレジットカードによっては還元率が1%を超えるような高還元率のクレジットカードも存在します。

では、デビットカードにはポイント還元があるのでしょうか?

なかにはポイントが貯まるものもありますが、デビットカードでは、ポイント還元がないものが多いです。

クレジットカードには付帯保険や特典がある

クレジットカードには、さまざまな保険や特典が付帯していることがほとんどです。

年会費無料のクレジットカードでも、盗難保険は必ずついており、不正利用があった場合には利用者に過失がないかぎり100%の金額が保障されます。

ランクの高いクレジットカードでは、空港ラウンジが無料で利用できる特典がついていたり、国内外旅行保険が付帯しているカードや、ショッピング保険が付帯しているクレジットカードもあります。

デビットカードの場合は、こうした保険や特典がついていないことが多く、保険をつけたデビットカードが欲しい場合は年会費が必要になるということもあります。

クレジットカードはキャンセル・返金手続きが簡単

クレジットカードは、すぐに引き落としがされるものではないのでキャンセル手続きが簡単です。

一方、デビットカードは利用したらすぐに引き落とされるのでキャンセルの手続きが難しく、返金されるまでに時間がかかることがあります。

デビットカードにはキャッシング枠がない

クレジットカードには、キャッシング枠といって、クレジットカードで現金を借りるための枠があります。

キャッシング枠の範囲内の金額であれば、ATMなどでお金を引き出して借りることが可能です。

一方、デビットカードにはキャッシング枠はなく、デビットカードで現金を借りるということはできません。

クレジットカードとデビットカードのメリット・デメリットを比較

ここまでクレジットカードとデビットカードの違いについて解説してきました。その違いからクレジットカードにもデビットカードにも良い面と悪い面があるといえます。

この章では、クレジットカードとデビットカード、それぞれのメリットやデメリットを解説していきます。

クレジットカードのメリット・デメリット

まずは、クレジットカードのメリットやデメリットについて考えていきましょう。

一般にひろく普及しているクレジットカードですが、デメリットもしっかり理解しておかないと困ってしまうかもしれません。
   

クレジットカードのメリット

ポイント還元や保険などが充実しているのはクレジットカードのメリットといえます。

ほとんどのお店で使うことができ、キャッシュレス決済のメインに利用する方も少なくないはずです。

クレジットカードを利用していると、利用実績が個人信用情報機関に残ります。

クレジットヒストリー(クレヒス)ともいわれる個人信用情報がまったくないと住宅ローンなどのローンが組みづらくなることもあります。

正しくクレジットカードを利用できる方であれば、良好なクレヒスを積み上げることができるので、お金を借りたいとき有利になることでしょう。

クレジットカードのデメリット

手持ちのお金とは関係なく限度額が決まり、後払いというシステムからついつい使いすぎてしまう方も少なくありません。

クレジットカードを正しく使うには、自制心や計画性が必要です。

支払いが厳しいから…と、分割払いやリボ払いを選択した結果、利息が発生してなかなか元金が支払えず、長い期間クレジットカードの利用金額の返済をおこなわなければならないということもあります。

また、審査があるためクレジットカードを持つことができない人もいます。

デビットカードのメリット・デメリット

つぎに、デビットカードのメリットとデメリットをみていきましょう。

使いすぎが心配という慎重派の方が選びやすいデビットカードですが、万が一のときの補償面では脆弱性も垣間見えます。

デビットカードのメリット

銀行口座があればほぼ誰でもデビットカードを持つことができます。過去に金融事故を起こしてクレジットカードをもつことができない方でもデビットカードであれば発行してもらうことが可能です。

国際ブランドのデビットカードをもっていれば、クレジットカードが使えるお店やネットショッピングで利用することができます。

また、デビットカードであれば自分の持っているお金を超えて使いすぎてしまうことはありません。

ただし、引き落とし口座に当座貸越を設定している場合は銀行から借りる形でデビットカードが使えてしまう可能性がありますので、銀行口座の契約をよく確認しておきましょう。

デビットカードのデメリット

特典面を考えるとクレジットカードより劣ってしまうデビットカード。

盗難保険についても、100万円までは支払いが免除されるけれど100万円を超える金額の不正利用分は自分で負担しなければならなず、クレジットカードに比べると盗難や不正利用に対する保障の面で心配があります。

自分で上限額を設定することもできるので、あらかじめ設定しておくと万が一のときに安心です。

また、キャンセル処理に手間と時間がかかることもあるためか、一部の店舗ではクレジットカードは利用できてもデビットカードは利用できないということもあります。

クレジットカードがおすすめな人

年齢が18歳未満、クレジットカードの審査に落ちてしまう、どうしてもクレジットカードを持つのが怖いなどなにか特別な事情がない限り、ほとんどの方にはクレジットカードのほうをおすすめします。

その理由としては、盗難や不正利用の被害にあったときに100%の補償が受けられるという点が大きいです。

また、ポイント還元や特典面、ETCカードが発行できるというところからしてもデビットカードよりもクレジットカードのほうが勝っていることが多く、正しく利用すれば良いクレヒスを作ることができ信用の実績にもなるからです。

デビットカードがおすすめな人

デビットカードがおすすめな人は、何らかの事情でクレジットカードが作れない方や、15歳以上18歳未満でネットショッピングなどクレジットカードでの決済が必要になることが多い方です。

ETCカードは不要な方や、より現金に近い感覚の即時払いでのキャッシュレス決済手段がほしいと考えている方にもおすすめできます。

クレジットカードとデビットカードの違い【まとめ】

クレジットカードとデビットカードの見た目はほとんど同じ用に見えますが、機能や決済のタイミングなど中身は全く異なります。

特別な事情がないのであればクレジットカードをもったほうがお得に買いものをすることができますが、クレジットカードを持つことができない方やクレジットカードの後払いシステムがどうしても嫌という方もいるでしょう。

そうした方がクレジットカードの代わりにデビットカードを1枚もっておくと、ネットショッピングなどが便利になると思います。

ただし、不正利用に対してはデビットカードのほうが補償が弱いので、デビットカードの引き落とし口座にたくさん入金しないようにしておいたり、限度額を設定しておくなどの対策を講じることを忘れないようにしたいですね。

PAGETOP