SURUGA Visaクレジットカードの審査難易度は?特徴を解説

SURUGA Visaクレジットカードはスルガ銀行の普通預金口座をお持ちの方のために発行されているクレジットカードです。

スルガ銀行は静岡県沼津市に本社を置く地方銀行ですが、関東をはじめ各地に支店を置いているのに加え、ネットバンキングを積極的に展開していることでも知られており、全国的にも高い知名度を誇っています。そんなスルガ銀行が発行するクレジットカードにはどのような特徴があるのか、非常に気になるところです。

当ページではSURUGA Visaクレジットカードが持つ特色や、発行に避けては通れない審査の難易度について詳しくご紹介していきます。銀行ならではのユニークなサービスが付帯されるクレジットカードをお探しの方、必見です!


もくじ

SURUGA Visaクレジットカードの種類

SURUGA Visaクレジットカードには一般カードとゴールドカードの2種類があります。まずはそれぞれどんな特徴を持っているのかを見てみることにしましょう。

SURUGA Visaクレジットカード

SURUGA Visaクレジットカードは18歳から手軽に持てる一般グレードのカードです。券面はブルーで、シンプルなデザインは人を選びません。

年会費 1,100円(税込)
入会条件 ・スルガ銀行普通預金口座をお持ちの方
・18歳以上の方(高校生除く)
・継続安定収入のある方、または学生の方
※未成年の方は親権者の同意が必要です。
国際ブランド VISA
利用可能枠 ショッピング 10万円~50万円
ローンサービス(キャッシング) 0~30万円
付帯保険 ・盗難紛失・偽造変造保険
・国内旅行障害保険(利用付帯)
・お買い物安心サービス
追加可能カード ETCカード、家族カード
キャッシュバック率 0.7%

 

SURUGA Visaクレジットカードゴールド

SURUGA Visaクレジットカードゴールドは一般カードよりも年会費が高くなっている分、サービス内容がグレードアップされています。また、入会条件も一般カードより厳しくなっています。

年会費 5.500円(税込)
入会条件 ・スルガ銀行普通預金口座をお持ちの方
・20歳以上の方(学生は除く)
・継続安定収入のある方
国際ブランド VISA
利用可能枠 ショッピング 10万円~100万円
ローンサービス(キャッシング) 0~50万円
付帯保険 ・盗難紛失・偽造変造保険
・海外旅行傷害保険(自動付帯)
・国内旅行障害保険(自動付帯)
・お買い物安心サービス
追加可能カード ETCカード、家族カード
キャッシュバック率 1.2%

 

SURUGA Visaクレジットカードの追加カード

SURUGA Visaクレジットカードは追加カードとして、家族カード、SURUGA ETCカードを発行することができます。

家族カード

SURUGA Visaクレジットカードは家族カードを3枚まで発行することができます。

家族カードは本会員の信用において家族が利用できる子カードを追加発行するもので、収入の全くない専業主婦の方や学生の方でもカードを持ちやすいというメリットがあります。

家族カード利用分は本会員の利用分と合算され一緒に引き落としとなるため、全てのカード利用額が本カードの利用限度額内に収まる必要があります。

家族カードを持てるのは本会員と生計を同一にする18歳以上(高校生を除く)の方で、本会員のカード申し込みと同時に家族カードも申し込むことが可能。年会費は、一般カードは1枚につき550円(税込)、ゴールドカードだと1枚目は無料で2枚目以降は1枚につき1,100円(税込)となっています。

新規発行では手数料はかかりませんが、再発行になると1枚につき1,100円(税込)の手数料がかかるので注意してください。

※磁気不良、氏名変更については無料

SURUGA ETCカード

SURUGA VisaクレジットカードはETCカードを発行することも可能です。本会員だけでなく、家族カードをお持ちの方もそれぞれETCカードを発行可能です。

ETCカードは年会費、発行手数料、再発行手数料全て無料。ETCカードの利用分もクレジットカード利用分と合算して一緒に引き落とされます。

SURUGA Visaクレジットカードの特徴・特典

SURUGA Visaクレジットカードの特典には他のクレジットカードのような盛りだくさん感はありませんが、ひとつひとつがなかなかに強力です。

これまで他のクレジットカードを利用してきて「いろいろ特典があるみたいだけどよくわからない」「特典と言っても利用しないものが多い」という方にこそぜひチェックしてみていただきたい内容が揃っています。

利用額に応じてキャッシュバック!

多くのクレジットカードではショッピング利用に応じてポイントが貯まり、そのポイントに応じて商品や金券に交換するといったサービスが行われています。

しかしSURUGA Visaクレジットカードにはそうしたポイントプログラムはなく、その代わりにキャッシュバックのサービスが付帯しています。

SURUGA Visaクレジットカードのキャッシュバックサービスは、毎年1月1日から12月31日までのショッピング利用代金に対して、下記のキャッシュバック率を掛けて算出し、その金額が翌年1月中に引き落とし口座に入金されるというものです。

【キャッシュバック率】
SURUGA Visaクレジットカード 0.7%
SURUGA Visaクレジットカードゴールド 1.2%

例えばSURUGA Visaクレジットカードゴールドをお持ちの方が年間100万円ショッピング利用したとすると、次の年の1月中に12,000円振り込まれる計算です。ちょっとしたお年玉のようですね。

一般カードの0.7%という還元率は特別高い数字ではありませんが、お金というカタチで戻ってくるのですからその分価値が高いと言えますし、「ポイント交換申請を忘れていた」「最低還元額に達しなくてポイントが全て無駄になってしまった」などといったことがないのも非常に大きなメリットです。

提携するショップでたくさんのポイントが貯められたり、サイト経由でのショッピング利用でポイントアップしたりといったサービスもないため、なんとなく味気ないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、とにかく何もしなくても自動的に入金してもらえるのですから、これ以上スッキリしたシステムはないと言えるのではないでしょうか。

利用額に応じてATM手数料などが無料に!

スルガ銀行には利用状況に応じて手数料が優遇される「スルガSTARプログラム」というサービスがあり、特典を受けられる条件のひとつにSURUGA Visaクレジットカードのショッピング利用金額が含まれています。

SURUGA Visaクレジットクレジットカードを持っていなくても条件を満たすことはできるのですが、SURUGA Visaクレジットカードがあればハードルが低くなるため、より有利になることは間違いありません。

優遇の対象となるのは、次のいずれかを満たす普通預金口座です。

1. インターネットバンキング(以下、IB)を契約し、メールアドレスを登録している
2. 公的年金(国民年金・厚生年金・共済年金)の受取登録をしている
3. 過去1年以内にテレフォンバンキングによる取引実績がある

特典により無料となるのは次の手数料です。

1. 普通預金口座からのATM出金
2. IBにおける他行宛振込
無料の対象となるATM:
スルガ銀行/セブン銀行/ゆうちょ銀行/イーネット/タウンネットワーク/イオン銀行

 

<スルガSTARプログラム 優遇内容>

ランク ATM出金(※1)/IB振込無料回数 取引条件(いずれかを満たせば可)
★(1ツ星) 月3回まで/月3回まで (1)円預金またはローン残高20万円以上
(2)SURUGA Visaクレジットの月間利用金額1万円以上
★★(2ツ星) 月5回まで/月5回まで (1)円預金またはローン残高100万円以上
(2)SURUGA Visaクレジットの月間利用金額3万円以上
★★★(3ツ星) 月7回まで/月7回まで 円預金またはローン残高300万円以上
★★★★(4ツ星) 回数制限なし(※2)/月10回まで (1)円預金またはローン残高1,000万円以上
(2)円預金またはローン残高20万円以上かつデジタル通帳契約

(※1) 通常は有料となる時間外の出金も含む
(※2) ゆうちょ銀行も含む。その他全国提携金融機関も月10回まで手数料無料

SURUGA Visaクレジットカードの付帯保険

SURUGA Visaクレジットカードには海外・国内旅行傷害保険とショッピング保険が付帯しています。このうち海外旅行傷害保険はゴールドカードのみの付帯となっています。

海外旅行傷害保険

SURUGA Visaクレジットカードゴールドには海外旅行傷害保険が自動付帯しています。この保険が優れているのは本人会員と家族会員だけでなく、子供(本人会員と生計を同一にする満19歳未満の同居の親族または別居の未婚の子供)についても補償されているところです。

自動付帯ですので、SURUGA Visaクレジットカードゴールドで支払っていない旅行に対しても補償を受けることが可能です。

海外旅行傷害保険 補償内容
本人会員/家族会員 子供
傷害死亡・後遺傷害 限度 5,000万円 限度 1,000万円
傷害治療費用 限度 150万円 限度 50万円
疾病治療費用 限度 150万円 限度 50万円
携行品損害 限度 30万円/年間 限度 15万円/年間
賠償責任 限度 3,000万円 限度 1,000万円
救援者費用 限度 100万円 限度 50万円

 

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険についてはSURUGA VisaクレジットカードとSURUGA Visaクレジットカードゴールドとで補償内容に差はありませんが、SURUGA Visaクレジットカードでは利用付帯(事前にカード決済した旅行のみが対象)であるのに対し、SURUGA Visaクレジットカードゴールドでは自動付帯となっています。

国内旅行傷害保険 補償内容
本人会員/家族会員
傷害死亡・後遺傷害 限度 3,000万円
傷害による入院 3,000円(1日)
傷害による通院 1,500円(1日)

 

お買物安心サービス

お買物安心サービスはカード決済した商品が所定日以内に偶然な事故によって損害を被った場合に補償が受けられるショッピング保険です。対象商品などについては一般カードとゴールドカードで差はありませんが、補償内容にはかなりの差があります。

お買物安心サービス 補償内容
補償金額
SURUGA Visaクレジットカード 限度 30万円
SURUGA Visaクレジットカードゴールド 限度 500万円

※自己負担額/1事故あたり 5,000円、補償期間 90日間

SURUGA Visaクレジットカードの審査は甘い?難易度は?

クレジットカードの作りやすさはどのカードでも同じというわけではありません。クレジットカードの審査基準は発行元やカードによって大きく差があるからです。

クレジットカードの審査基準は一般には明らかにされておらず、問い合わせても教えてはもらえません。

しかしそのカードをどこが発行しているのか、また申込み条件がどうなっているのかによって、難易度をある程度は推し量ることが可能です。

銀行のクレジットカードは審査が厳し目

クレジットカードは発行元によって「銀行系」「交通系」「信販系」「流通系」などといった具合に分類されることがあります。

この中でも最も審査が厳しいと言われるのは銀行系。次いで交通系も比較的厳しい審査が行われており、逆に流通系の審査はかなり柔軟であると言われています。

さて、SURUGA Visaクレジットカードはスルガ銀行が発行しているため、「銀行系のクレジットカード」と言うことができます。

よって審査は厳しいと考えられるわけですが、基本的には都市銀行の審査がかなり厳しく、それに比べると地方銀行は審査が柔軟な傾向にあります。

本店が沼津市にあるスルガ銀行も、かつてはクレジットカードの審査が非常に(一説によると銀行らしからぬほどに?)柔軟であると言われていました。

しかし一転、現在ではかなり厳しく審査が行われているようで、難易度は都市銀行のクレジットカードとさほど変わらないと考えて良さそうです。

SURUGA Visaクレジットカードの申し込み条件

SURUGA Visaクレジットカードの申し込み条件についても改めて確認してみましょう。

SURUGA Visaクレジットカード
・18歳以上の方(高校生除く。未成年の方は親権者の同意が必要)
・継続安定収入のある方、または学生の方

SURUGA Visaクレジットカードゴールド
・20歳以上の方(学生は除く)
・継続安定収入のある方

この他、共通の条件としてスルガ銀行普通預金口座を契約している必要があります。

上記から見えるのは、本人に安定した継続的な収入のない場合、例えば専業主婦では申し込めないということ。

SURUGA Visaクレジットカードの方は学生でもアルバイト等で収入があれば申し込めることから、決して高収入が求められているわけではないとわかりますが、収入が不安定になりがちな非正規雇用の方や自営業の方は審査に通りにくい可能性があります。

審査落ちの可能性が高くなるのは?

クレジットカードの審査に落ちる主な理由として、

1. 申込要件を満たしていない
2. 申込書の記載内容に虚偽がある
3. クレジットヒストリー(信用情報)に問題がある

の3点が挙げられます。

申込要件を満たしていない

申込要件を満たしていないというのは、例えば「収入のない方がSURUGA Visaクレジットカードに申し込んだ」「19歳の方がSURUGA Visaクレジットカードゴールドに申し込んだ」などといったケースです。これらのように条件に当てはまっていないのに申し込んだ場合、審査に通ることは100%ありません。

申込書の記載内容に虚偽がある

こちらは申込書に書いた内容が間違っていたケースです。もちろん間違いが意図したものではなく、うっかりしていたり質問を勘違いしていた場合もあるでしょう。

そのようなミスで否決となってしまったのではあまりにももったいないので、必ず2度3度と十分に確認した上で申込書を提出するようにしてください。

「実際に勤めていない勤務先を記載する」「年収を大幅に盛って書く」「他社からの借入情報を記載しない」などといった例は悪質だとみなされる可能性が高く、SURUGA Visaクレジットカードのみならず、今後スルガ銀行に申し込む他の商品の審査でも門前払いとなりかねません。嘘は必ずバレてしまうので、絶対に虚偽の内容は記載しないようにしましょう。

クレジットヒストリー(信用情報)に問題がある

クレジットカードへの申し込みや、支払い、延滞の履歴、債務整理を行った情報などは信用情報機関に登録され、特定の期間保持されます。

銀行が発行するクレジットカードの審査ではこのような信用情報(クレジットヒストリー)は現時点での支払い能力を測る情報として特に重視され、可決・否決をそのまま左右すると言っても過言ではありません。

日本に3社ある信用情報機関のうち、スルガ銀行は全国銀行個人信用情報センター(KSC)と株式会社日本信用情報機構(JICC)に加盟しており、この2社にマイナスとなる情報が残っていると、審査に通らない可能性が高くなります。

またもう1社の株式会社シー・アイ・シー(CIC)と提携しているため、こちらの情報にも影響される可能性があります。

スルガ銀行によって参照される主な情報と期間は次の通りです。

KSC JICC CIC
カード等申し込み(※) 1年 6ヶ月 6ヶ月
長期延滞、強制解約など 5年 5年 5年
破産など 10年 10年 10年

(※)申込日と契約内容。契約不成立の場合も含む。

流通系などではCICのみ加盟というところが少なくないのですが、スルガ銀行をはじめとした銀行は情報が長期間保持されるKSCに加盟しており、この点だけでもカード発行のひとつのハードルとなっています。

また、注意したいのが銀行発行のクレジットカードに申し込んだ情報で、これは1年間残ります。

短期間に複数のクレジットカードに申し込むと「お金に困っているのでは」と判断され、審査に通りにくくなる状況(申し込みブラック)になるのですが、信販系や流通系のクレジットカードであれば半年で消える情報が、銀行のクレジットカードに申し込んだものは1年間保持されます。

つまりそれだけ申し込みブラックに該当する期間が長くなる可能性があるというわけです。

クレヒスなしも要注意

悪い信用情報はないほうが良いのは当然なのですが、実はクレジットヒストリーが全くない、いわゆるスーパーホワイトも審査に通りにくくなる可能性があります。つまりローンなどを利用し、きちんと返済している履歴があるというのが最も良いのですね。

そのため、まずは流通系など比較的審査に通りやすいと言われるクレジットカードを先に申し込んだり、携帯電話を分割購入するなどし、履歴を作ってからSURUGA Visaクレジットカードに申し込むといった手順が勧められます。

ただし社会人になってまだ数年程度の方であれば、クレジットヒストリーがなくても全く問題はありません。

むしろそうした人たちはこれから優良顧客になる可能性があると判断され、審査に通りやすくなる可能性があるからです。

SURUGA Visaクレジットカードの審査申し込み方法

SURUGA VisaクレジットカードはWEB完結申込には対応していません。直接スルガ銀行の窓口まで出かけるか、公式サイトから申込書を請求してください。また相談、問い合わせは専用電話でも受け付けています。

スルガVisaカードデスク:0570-022-289(PHS・IP電話からは055-999-1328)
対応時間 平日 8:00~21:00/土日祝日 9:00~17:00

SURUGA Visaクレジットカードの発行までにかかる日数は?

口コミをチェックすると申し込みからカード到着まで2~3週間程度かかったという方が多いようです。

しかし直接店頭で申し込む方は別として、資料請求時点から考えるなら、カードが手元に届くまで1ヶ月程度はかかると考えておいたほうが良さそうです。

昨今は非常にスピーディーに発行されるクレジットカードも少なくありませんが、そこは銀行のカードということである程度の時間を要します。お急ぎの方には申し込みづらいクレジットカードだと言えるでしょう。

SURUGA Visaクレジットカードの必要書類

クレジットカードの発行には法令により、名前、住所、生年月日を確認できる本人確認資料が必要となります。本人確認書類として下記の公的書類のうちいずれかを用意してください。

1. 運転免許証または運転経歴証明書
2. 健康保険証
3. パスポート
4. マイナンバー(個人番号)カード
5. 住民基本台帳カード(顔写真付き)
6. 在留カード
7. 特別永住者証明書
8. 外国人登録証明書

※申込書と同一の住所、氏名、生年月日のものに限ります。
※学生の方は上記の公的書類とともに学生証(住所、氏名、学校名などが記載されているもの)が必要です。
※有効期限内のものに限ります。
※外国籍の方は上記の6、7、8のいずれかに限ります。

※健康保険証、パスポートの住所欄が訂正されている場合は、現住所の記載がある公共料金の請求書や領収書などから1通を併せて用意してください。

・電気、電話、水道、NHK
・住民票の写し

SURUGA Visaクレジットカードでキャッシングする方法

SURUGA Visaクレジットカードには「ローンサービス」という融資を受けられるサービスが付帯しています。

このローンサービスは、合計金額が決められた利用限度枠内に収まる範囲内であれば、いつでも好きなときにお金を借りられるというものです。

一般的にはキャッシングとも呼ばれるこの機能ですが、利用には事前に審査を受け、枠が設定されている必要があります。そして一旦枠が設定されてしまえば、実際の利用時にいちいち審査を受けることなく、ATMなどから自由にお金を引き出せるようになります。

返済はショッピング利用分と合わせての自動振替となるため利用に手間がかかりません。また基本はリボルビング払いとなりますが、最少支払金額以上であればまとめて支払うことができるため、一括払いとほとんど変わらない返済方法も可能です。

利用方法の自由度が高く、急に現金が必要になったときや給料日前などに大変便利なサービスです。

SURUGA Visaクレジットカードの融資条件

SURUGA VisaクレジットカードにもSURUGA Visaクレジットカードゴールドにも同等のローンサービスがあり、初期の利用限度枠のみが異なっています。どちらのカードも年率14.90%とキャッシングとしては低金利である点が魅力です。

利用限度枠(※) 一般カード 0万円~30万円
ゴールドカード 0万円~50万円
実質年率 14.90%
返済方式 残高スライド定額リボルビング払い(ミニマムペイメント)
締日・返済日 毎月末日締め・翌々月5日払い(金融機関休業日にあたる場合は翌営業日)
返済方法 口座振替(ATM、口座振替で自由に前払い、追加返済が可能)
資金使途 自由
保証人・担保 不要

(※)新規入会時

SURUGA Visaクレジットカードでお金を借りる実際の流れ

ローンサービス(キャッシング)はスルガ銀行や提携金融機関が設置するATMにてSURUGA Visaクレジットカードで現金を引き出す方法と、インターネット経由で会員専用ページから振込を申し込んでお金を借りる方法の2通りがあります。

ATMからお金を借りる

カードを使ってATMから現金を引き出す方法です。スルガ銀行ATMは夜23:00までしか稼働していませんが、提携ATMとしてコンビニに設置されているATMも利用可能なので、ほぼいつでも現金が手に入るという利点があります。

利用には暗証番号が必要となります。利用できるATMについては当ページ下方「SURUGA Visaクレジットカードが利用できるATM」の項をご覧ください。

SURUGA Visaクレジットカードのローンサービスの大きな特徴として、スルガ銀行ATMのみならず国内ATMの利用ではATM手数料がかからないという点が挙げられます。

クレジットカードによってはキャッシング利用時や返済時に110円~220円のATM手数料がかかるものも少なくないので、この点は非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

インターネットからお金を借りる

会員専用ホームページにて申し込みを行い、支払口座に振り込んでもらう方法です。会員ページはパソコン、スマートフォンからアクセス可能で、24時間いつでも都合の良いときに融資を申し込むことができます。

支払いを前に口座に残高が足らないときなどにとても便利。こちらも振込手数料はかかりません。

海外キャッシングでお金を借りる

SURUGA Visaクレジットカードのローンサービスが利用できるのは国内だけでなく、海外のATM(VisaグローバルATM・PLUS(プラス)システムATM)から現地通貨を引き出すといった使い方(海外キャッシング)も可能です。

ATMは空港、銀行、ショッピングセンターなどに多数設置されているため、必要なときに必要なだけ現金を引き出せば良いわけです。

海外キャッシングが利用できるとなれば事前にたくさんの現地通貨を用意しておく手間が省けますし、大金を持ち歩いて危ない思いをする心配もありません。

ローンサービスの融資・返済条件は日本国内も海外も全く同じです。ただ、海外利用ではATM手数料がかかるケースもあります。利用額や返済までの日数にもよりますが、支払利息とATM手数料を足しても両替手数料より安く済むことが少なくないようです。

SURUGA Visaクレジットカードの支払い・返済方法

SURUGA Visaクレジットカードのショッピング利用分の支払い方法と、ローンサービス利用分の返済方法についてまとめてご紹介しましょう。

SURUGA Visaクレジットカードの締日と支払日

SURUGA Visaクレジットカードの締日はショッピング利用分もローンサービス(キャッシング)利用分も月末で、翌々月5日が支払日となります。5日が銀行休業日のときは翌営業日に引き落としとなります。

また、リボショッピングの手数料は15.00%、ローンサービスの利息は14.90%になります。

SURUGA Visaクレジットカードの支払い方法

ショッピング利用分もローンサービス(キャッシング)利用分も、基本的には口座振替です。しかしATMや、インターネット・電話での手続きにより随時返済(前払い、追加払い)することも可能です。

スルガ銀行ではこの自由度の高い利用方法を「Free Style(フリースタイル)」と呼んでいます。

もちろんずっと最小額のみを支払っていっても構わないのですが、随時返済は支払利息を節約するのに非常に効果的です。余裕のあるときには無理の出ない範囲で積極的に支払っていくことをお勧めします。

ショッピング利用分の支払いルール

SURUGA Visaクレジットカードでの支払いは、基本的にはリボルビング払い(残高スライド定額リボルビング払い)です。

ショッピング時点で一括払いと指定することも可能なのですが、実際にはリボ払いの扱いです。

基本の支払い方法は、利用残高に対してミニマムペイメント(最少支払額)が発生し、その額が口座振替日に引き落とされるという形になります。

ショッピング利用残高 ミニマムペイメント
1円~10万円未満 3,000円
10万円以上~20万円未満 5,000円
20万円以上~30万円未満 10,000円
30万円以上~40万円未満 15,000円
40万円以上~50万円未満 20,000円
50万円以上~100万円未満 30,000円
100万円以上は 45,000円+50万円ごとに15,000円加算

 

ショッピング以降、特に何も手続きを行わなければ、ショッピング利用日の翌々月5日に、上記のミニマムペイメントの該当額が引き落とされます。

さて、SURUGA Visaクレジットカードでのショッピングから口座引落までのスケジュールは通常、以下のようになっています。

(1) ショッピング利用日
(2) 同月月末:締日
(3) 翌月10日:利用明細確定日
(4) 翌月下旬:振替日5営業日前
(5) 翌々月5日:口座振替日

ここで押さえておきたいのは、

・ショッピング手数料(金利)は上記 (5) の翌日から発生する
・上記 (3) の翌日から (4) の期間(※注)にミニマムペイメント以上を支払えば、口座振替日の振替はないの2点です。
(※注)厳密には11日8:00以降~振替日5営業日前18:00

さきほどSURUGA Visaクレジットカードでのショッピングは基本的にリボルビング払いになることをご説明しましたが、例えば上記 (3) の翌日から (4) の期間に全額を支払ってしまえば事実上一括払いと同じことになるのです。もちろん手数料も発生しません。

また、例えばここで半額を支払い、残りを翌月に同様のサイクルで支払って実質2回の分割払いにしたり、残金をリボ払いにするといった方法を取ることもできます。

このように、ルールさえ押さえておけば、支払いをご自身でコントロールすることが可能なのです。

ローンサービス利用分の返済ルール

ローンサービス(キャッシング)利用分もショッピング利用分と同様にリボルビング払い(残高スライド定額リボルビング払い)、ミニマムペイメント以上を返済していきます。

ローンサービス利用残高 ミニマムペイメント
1円~10万円未満 3,000円
10万円以上~20万円未満 5,000円
20万円以上~30万円未満 10,000円
30万円以上~40万円未満 15,000円
40万円以上~50万円未満 20,000円
50万円以上~100万円未満 30,000円
100万円以上は 45,000円+50万円ごとに15,000円加算

 

気をつけなければならないのは双方の利用分は合算されるのではなく、それぞれが別々に計算されるという点です。

例えばショッピング残高が12万円、ローンサービスの残高が5万円だった場合にはそれぞれのミニマムペイメントは5,000円と3,000円になりますので、合わせて8,000円が口座から引き落とされることになります。

「残高を合計すると17万円になるからミニマムペイメントは5,000円」とはならない点に注意してください。

また、ショッピング利用分は翌々月5日となる口座振替日の翌日から手数料が発生していましたが、ローンサービスでは利用の翌日から利息が発生します。

その代わりに利用当日からいつでも前倒し返済・追加返済が可能で、利用した日数分だけ利息を支払えば良いので仕組みとしては非常にシンプルです。

なお、口座振替日の5営業日前の18:00までにミニマムペイメント以上を返済すれば、口座振替日の自動引落はなくなる点については、ショッピング利用分のルールと同様です。

SURUGA Visaクレジットカードが利用できるATMは?

SURUGA Visaクレジットカードで融資(ローンサービス)や支払い・返済に利用できるATMは以下の通りです。

・スルガ銀行ATM
・全国の提携金融機関(地方銀行、都市銀行、信託銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、JA・信漁連)ATM
・ゆうちょ銀行/セブン銀行/イーネット/タウンネットワークサービス/イオン銀行のATM
・VisaグローバルATM/PLUSシステムATM(海外)

※ローンサービス(キャッシング)の利用において国内のATM手数料は無料ですが、海外の一部のATMでは現地金融機関の所定の手数料がかかることがあります。

SURUGA Visaクレジットカードについてのよくある質問

SURUGA VisaクレジットカードについてのFAQをまとめてみました。

審査申し込みの際、在籍確認はある?

クレジットカードによっては在籍確認の電話がないものも少なくありませんが、SURUGA Visaクレジットカードの場合、職場に在籍確認の電話がかかってくるケースが多いようです(自宅に電話がかかってくることもあります)。

在籍確認の電話がつながらなければ審査が進まず、その結果、否決ということにもつながってしまいますので、申し込んでしばらくはスルガ銀行からの電話に注意するようにしてください。

仕事の都合などにより、本人が電話に出られないケースもあるでしょう。その場合、電話応対した方が「ただいま席を外しています」等の返答をすることでも在籍を確認可能です。

しかし本人がその職場にいないとみなされてしまっても良くないので、電話の応対をする方にあらかじめスルガ銀行から電話がかかってくるかもしれないと伝えておいたほうが良いかもしれません。

ちなみに電話は原則として担当者の個人名でかかってきますが、個人名でなく銀行名を名乗ってかけてもらうように指定することも可能です。

SURUGA Visaクレジットカードの利用枠は増枠できる?

SURUGA Visaクレジットカードのショッピング、ローンサービス(キャッシング)利用限度枠は決して大きいとは言えないため、後々枠が足らなくなってしまうのでは?と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしこちらでご紹介した利用限度枠はあくまでも新規入会時のもので、利用実績に応じて枠の見直しが行われます。利用した分を滞りなく返済していけば、ゆくゆくは増枠も可能です。

また自分で増枠を申し込むこともできます。希望する方は会員専用サイト内か、電話(0120-550-237 受付:平日9:00~17:00)で申し込んでください。

改めて審査が行われ、後日増枠の可否が通知されます。審査結果によっては所得確認資料の提出を求められることもあるので、源泉徴収票、給与明細書などを事前に準備しておくと良いでしょう。

スルガ銀行 Visaデビットとは何?

スルガ銀行が発行するVisaカードには、SURUGA Visaクレジットカードの他に「Visaデビット」があります。

クレジットカードとデビットカードは一見とてもよく似ていますし、利用方法もほとんど変わりありませんが、決済の仕組みが異なります。

ショピングの際、クレジットカードで決済すると利用代金は後日引き落としとなるのに対し、デビットカードは支払口座と直結しており、決済すると即時口座から引き落とされます。

デビットカードの支払いは1回払いに限られ、口座にお金が足らなければデビットカードは利用できません。

もっとはっきり言ってしまえば、クレジット払いは借金であるのに対し、デビットカードでの購入は借金ではないということになるわけです。

さて、スルガ銀行のVisaデビットですが、

・(カードの種類により)現金キャッシュバック、ポイントバックなどの特典がある
・世界中のVisa加盟店でショッピング利用できる
・海外ATMで現地通貨引き出しも可能
・コンビニなどのATMで入金が無料
・お買い物安心サービス(ショッピング保険)が付帯

などといったSURUGA Visaクレジットカードと同じような機能を有しています。さらに、直結する普通預金口座に自動借越サービスをセットすればキャッシングも可能になります!(要審査)

スルガ銀行Visaデビットは中学生を除く15歳以上であれば申し込み可能です。キャッシングも利用できる自動借越サービスには「申込時の年齢が20歳以上65歳以下で、本人または配偶者に安定した収入がある方」との条件がつくことになりますが、こちらだとSURUGA Visaクレジットカードの申し込み条件を満たさない方でも可決となる可能性がぐっと高まります。

もちろんクレジットカードに比べるとデビットカードは制約が大きいですが、専業主婦や学生など本人に安定した収入のない場合にはこちらを検討してみるのも良いかもしれません。

SURUGA Visaクレジットカードの退会・解約方法は?

SURUGA Visaクレジットカードの解約を希望する方は、カードを手元に用意した状態でスルガVisaカードデスク(0570-022-289 受付:平日8:00~21:00 土日祝日9:00~17:00)まで問い合わせてください。携帯電話からも受付可能です。

SURUGA Visaクレジットカード まとめ

最後にクレジットカードを選ぶ際の決め手となりそうな、SURUGA Visaクレジットカードの特徴をまとめてみることにしましょう。

【メリット】
・銀行が発行するクレジットカードで安心感がある
・一般グレードのカードにも国内旅行傷害保険が付帯している
・ショッピング利用額に対してキャッシュバック(申請不要)
・銀行口座と直結していて支払いの自由度が高い

【デメリット】
・一般グレードのカードでも年会費(1,100円)がかかる
・ショッピング、キャッシングの限度額が低め
・審査が厳しめ
・発行までに時間がかかる
・基本的にはリボルビング払い
・ポイントサービスがない
・年会費有料のクレジットカードなのにラウンジサービスがない
・国際ブランドはVisaのみ

このように、銀行が発行するクレジットカードならではのメリットもたくさんあるのですが、その一方ではデメリットとして数えられる部分も少なくなく、人を選ぶカードだと言えるかもしれません。

年会費に関しては無料のものしか選択肢に入らないという方もいらっしゃるでしょうが、一般グレードのカードでは年1,100円、ゴールドカードでも5,500円と格安なので、キャッシュバックで十分元が取れてお釣りがきます。

特に現在スルガ銀行をご利用の方なら申し込んで損はないクレジットカードだということになりそうです。

PAGETOP