ヤフーカード(Yahoo!カード)の審査難易度は?ポイントや年会費は?

ここでは、Yahoo!カード(ヤフーカード)の審査難易度や、特典、ポイント、種類、年会費、付帯保険、キャッシング枠、返済方法、退会・解約方法などについて解説していきます。


もくじ

ヤフーカード(Yahoo!カード)とは?

Yahoo!カード(ヤフーカード)は、ショッピングやキャッシング機能だけではなく、Tポイントを貯めるなどのTカード機能もついている、Tカード一体型クレジットカードです。

さらに、登録をするとPayPayの残高チャージや支払いも可能、nanacoへのチャージも可能、TSUTAYAのレンタルカードとしても利用できるなど、使い方次第で何役もの機能を果たしてくれる多機能型カードとなります。

ヤフーカードは、ショッピング・nanacoチャージ・レンタルなどの利用のたびにTポイントもザクザク貯めていくことができますし、希望があれば、家族カードやETCカードも追加発行可能ですし、便利かつお得なカードなのに、年会費は永年無料なのです。

ショッピング保険もついているので、持っていて損はないカードと言えるでしょう。

ヤフーカードの基本情報

利用可能枠 上限100万円(ワイジェイカード株式会社に確認済み)
入会条件 ・18歳以上の安定した収入がある方(主婦、学生も可。高校生は不可)
・日本国内在住の方(海外からの申し込みは不可)
年会費 永年無料
国際ブランド VISA、JCB、mastercard(カード発行後のブランド変更は不可)
ショッピングリボ実質年率 18.0%
キャッシング実質年率 18.0%
支払方法 1回払い、2回払い、分割払い(3回~48回)、ボーナス1回払い、ボーナス2回払い、リボルビング払い、繰り上げ返済
付帯保険 ショッピング保険(カード購入品動産総合保険)
※希望の場合は、Yahoo!カードプラチナ補償を付けることも可能。(月額:税抜き490円)
ポイント Tポイント
追加可能カード ・家族カード(年会費無料)
・ETCカード(年会費 税込み550円)
発行スピード 申し込み後1週間~10日程度でカード発行
発行スピード 申し込み後1週間~10日程度でカード発行
担保、保証人 不要
公式サイト こちら

 

ヤフーカードの審査難易度は?

ヤフーカードは流通系のクレジットカードになります。

より多くの方に利用してもらいたいと考えて発行されているカードになるため、銀行系や交通系、信販系のクレジットカードに比べると審査は甘いと考えられるでしょう。

実際、申し込み時の本人確認書類も不要ですし、審査も「最短2分」ととても短くなっています。

つまり、機械による自動審査が行われているということです。

申し込み内容に問題がなければ、自動審査でスムーズに通過することができるでしょう。(カード受け取り時に本人確認を行います)

専業主婦・無職でもヤフーカードの審査に通る?

ヤフーカードの申し込み条件は「安定した収入がある方」となっています。そのため、返済能力に不安がある無職の方は申し込むことができません。

しかしワイジェイカード(株)に確認したところ、専業主婦での申し込みは可能だとのことでした。

ただし、「申し込み“は”、可能ですが、審査によってはどうなるかはお答えできかねます」というように、「申し込み“は”」を強調した言い方だったので、「申し込みはしてもいいけれど、審査は通過しづらいでしょう」ということなのでは?と感じました。

主婦でも、可能であれば、パートなどによる収入があった方が安全かもしれませんね。(口コミでは、専業主婦でも審査に通過したという声がありました)

もしくは、安定した収入のある夫を本会員として、家族カードの申し込みをしてみてもいいかもしれません。

無職の方も、同居する収入のある親がいれば、親をヤフーカードの本会員として家族カードの申し込みをすると、カードを手にすることができるでしょう。

ただし収入がない方は、キャッシング枠がついていないカードが発行されます。

学生でもヤフーカードの審査に通る?

学生でもヤフーカードの申し込みができます。アルバイトをしていなくても、「学生」というだけで申し込みが可能だとのことでした。

但しこの場合も「申し込み“は”可能です」という形で、「“は”」を強調した言い方だったので、絶対に大丈夫とは言えないでしょう。

1度審査に落ちると信用情報に記録が残ってしまい、6か月程度カードの申し込みができなくなってしまうので、どうしてもカードを取得したいという場合は、可能であればアルバイト等をしてから申し込んだ方が安全かもしれません。

本会員?家族会員?

学生の場合、安定した収入のある親がヤフーカードの本会員となっていれば、その家族会員としての申し込みが可能です。

学生本人がヤフーカードの本会員として申し込むよりも、家族会員として申し込んだ方が審査に通過しやすいのか、ワイジェイカード(株)に確認したところ、「審査についてはお答えできかねます」とのことでした。

しかし、学生が単独で申し込むよりも、親権者の家族会員としての申し込みの方が、カード会社としても「返済能力」の面で安心感がありますね。

利用明細等は本会員が確認できるようになるため、親に内緒の買い物などはできませんが、TカードとしてTポイントを貯めていきたいだけという場合は、家族カードでも問題ないでしょう。

個人事業主でもヤフーカードの審査に通る?

個人事業主でもヤフーカードの申し込みは可能です。

自営業、自由業の場合は、申し込みフォームの勤務先名に「屋号なし」と入力するといいそうです。

個人事業主の場合の審査についても、ワイジェイカード(株)からの回答はいただけなかったのですが、一般的に考えて、サラリーマンよりは審査は厳しくなることが予想されます。

申し込み時は収入証明書などの提出は不要だとのことでしたが、審査状況によっては後から追加で収入証明書の提出を依頼されることもあるそうです。

個人事業主で、収入が低い、不安定だ、と言う場合は収入証明書の提出が必要になるかも知れません。

ヤフーカードは審査時に在籍確認を行う?

審査状況により、勤務先へ電話をかけることもあるそうです。

収入や属性に問題がない場合は、在籍確認を行わないこともあるそうなのですが、個人事業主で収入が不安定だ、サラリーマンだけど勤続年数が短い、転職して間もないなど、何かしらの不安要素がある場合は、在籍確認が行われるかもしれません。

ヤフーカードの審査に関する口コミ調査

ヤフーカードの審査に通過できなかったという口コミはとても少なくなっています。

専業主婦や学生でもカードを取得できたという声もありました。

無職・個人信用情報に問題がある・短期間に複数のクレジッカードを申し込んだ、などに当てはまらなければ、たいていはヤフーカードを作ることができるのではないでしょうか。

ヤフーカードのポイント・還元率について

ヤフーカードはポイントが貯まりやすい

ヤフーカードのお得な点は、何と言っても「ポイントが貯まりやすい」という点ですね。

貯められるポイントは「Tポイント」だけではなく、使い方によっては「PayPayボーナス」としても受け取ることができます。

また、ショッピングの利用だけではなく、固定費の支払い、チャージ、PayPayやApple Payの利用、提携店での提示など、様々な方法で貯めていくことができます。

また、ヤフーカードを利用する場所や利用する日によってもポイント還元率を上げることができるので、上手に使うとポイントはどんどん貯まっていきます。

ここでは、ヤフーカードでポイントを貯める方法についてご紹介していきます。

(Tポイントを貯めるためには、カード受け取り後に、初期登録とTポイント利用手続きを済ませる必要があります)

ショッピングで3%ポイントが貯まる

基本的には「ショッピング100円につき1%」のTポイントが貯まっていく仕組みとなっています。

それでも還元率は高い方なのですが、「Yahoo!ショッピング」か「LOHACO」にてヤフーカードでショッピングをすると「100円につき3%」も貯めていくことができます。

<3%ポイント進呈の内訳>
▼様々なお店でヤフーカードでショッピング:100円につき1%のクレジットポイント(Tポイント)進呈

▼「Yahoo!ショッピング」か「LOHACO」にて、ヤフーカードでショッピング:100円につき1%のストアポイント・LOHACOポイント(Tポイント)進呈

▼「Yahoo!ショッピング」か「LOHACO」にて、ヤフーカードでショッピング:100円につき1%の利用特典(PayPayボーナスライト)進呈

<ポイント進呈時期>:翌月15日頃進呈(末締め)
※土日祝日の際、遅れることがあります。
※PayPayボーナスライトとは、有効期限(付与から60日間)つきのPayPay残高です。PayPayというのは、PayPay(株)が提供するスマホ決済サービスになります。
PayPayについて

<PayPayボーナスライトについて>

有効期限 特典付与日から60日間
PayPayボーナスライトを利用する際の手続き ①PayPayの登録
②Yahoo!JAPAN IDと、PayPayの連携
他人への譲渡 不可
「送る」「わりかん機能」での利用 不可
PayPayからTポイントへの交換 不可
TポイントからPayPayへの交換 不可
払い出し 不可
PayPay残高の確認 PayPayアプリから可能(PayPayとYahoo!JAPAN IDの連携が必要)
PayPay利用可能なお店 こちら

 

5の付く日は4%ポイントアップ

毎月5の付く日(5日・15日・25日)にヤフーカードを利用して、Yahoo!ショッピングで買い物をすると、通常3%還元のところ、4%アップの「7%も還元」されます。

<7%還元の内訳>

Tポイント 2%(クレジットポイントも含む)
PayPayボーナスライト 1%
PayPayボーナスライト 4%

 

キャッシュレス・消費者還元事業で5%還元

ヤフーカードは、キャッシュレス・消費者還元事業に参画しているため、「キャッシュレス」のマークがあるお店にてヤフーカードを利用すると、さらにPayPayボーナスライトが最大で5%還元されます。

ただし、ヤフーカードでPayPay残高チャージをした場合は、キャッシュレス還元の対象外となります。

<キャッシュレス・消費者還元事業の条件>

1か月の還元上限額 25,000円相当
ポイント還元期間 2019年10月~2020年6月(9カ月間)
対象決済手段 クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなど
PayPayボーナスライト還元時期 ヤフーカード利用月の翌月20日頃
ETCカードの利用分 対象外
Apple Payの利用分 対象
非課税の商品 対象外
キャッシュレス・消費者還元事業について こちら

 

ヤフーカード提示でTポイントが貯まる

Tポイント提携先で、ヤフーカードをTカードとして提示すると、利用金額に応じてTポイントを貯めていくことができます。

<Tポイント提携先>
・ファミリーマート
・ENEOS
・ガスト
・TSUTAYA
・蔦屋書店
・welcia
・東急ホテルズ
・カメラのキタムラ
など

ヤフーカードはTポイントをまとめることもできる

他のTカードで貯めたTポイントも、ヤフーカードへ移動させ1枚にまとめることもできます。

<手続き>
①会員サービスメニューから初期登録
②「Tポイント利用手続き」画面からTカードポイントの移動手続き

固定費をヤフーカード払いにするとポイントが貯まる

公共料金などの毎月必ずかかってくる支払いを、ヤフーカードのクレジット払いに設定しておくと、支払いのたびに100円につき1ポイントのTポイントを貯めていくことができます。

その他にも、以下のような支払いをヤフーカード払いにすると、どんどんポイントを貯めることができますね。

・自動車税
・固定資産税
・住民税
・水道料金
・ふるさと納税
など

Apple Payでポイントが貯まる

Apple Payは、iPhoneやApple Watch、iPadなどにクレジットカードを設定できるサービスです。

Apple Payにクレジットカードを設定しておくと、手持ちのデバイスが財布の役割を果たしてくれるので、支払いもスムーズになりますね。

Apple Payを利用する際、iPhoneの「Wallet」アプリからクレジットカードを設定する必要があるのですが、この時設定するクレジットカードをヤフーカードにしておくと、100円の利用ごとに1%のTポイントを貯めていくことができます。

あとはクイックペイが使えるお店で、「Wallet」アプリでヤフーカードを選択してから、「クイックペイで支払う」と伝え、リーダーにかざすだけで支払いが完了します。

Apple Payには8枚のクレジットカードを設定することができるので、いくつかのカードを設定しておき、Tポイントを貯めたい時はヤフーカードを、Suicaを使うときはJRE POINTを貯めるためにビューカードを、など、その都度アプリから選択して利用していくと、お得にポイントを貯めていくことができますね。

<Apple Payの利用条件>

カードの設定可能枚数 8枚
利用可能店舗 クイックペイのマークがあるお店
設定 iPhoneの「Wallet」アプリから
Tポイント ヤフーカードを登録し、利用100円につき1%還元
Apple Payの利用方法 店頭で支払い時「クイックペイで支払う」と伝える
締め日 毎月末日
支払日 翌月27日(休日の場合は翌営業日)

 

nanacoチャージでポイントが貯まる

本人認証サービスからクレジットカードの事前登録を行っておくと、ヤフーカードでnanacoにチャージすることができます。

この時、200円チャージにつきTポイントが1ポイント貯まります。

還元率が0.5%と下がってしまうので、ショッピングなどに比べると残念ですが、それでもポイントが貯まる点は嬉しいですね。

ヤフーカード貯まったTポイントを使う

貯まったTポイントは、現金や商品などに交換することができます。

また、提携先の店舗でのショッピングの際、Tポイントで決済することもできますし、Tポイントより他社のポイントを使いたいという場合は、他社ポイントへ交換することもできます。

欲しかった商品等も、いつの間にか貯まっていたTポイントでゲットできてしまうかもしれませんね。

どんどん貯めてお得に使っていきましょう。

Tポイントがどれくらい貯まっているかは、Yahoo!JAPAN IDでログインし、「ポイント通帳」から確認することができます。

Tポイントの使い道

①限定グッズや生活に役立つ商品と交換
一定のTポイントが貯まると、Tサイトに掲載されている商品と交換することができます。

②募金
下記サイトの中の募金テーマに、1ポイント=1円として、寄付することができます。知らず知らずのうちに貯まったポイントが世界の誰かを救うことになるのです。

③Tマネーにチャージ
TポイントをTマネーにチャージしてから、Tマネーでショッピングすると、月間累計利用金額500円(税込み)につき1ポイントのTポイントを貯めていくことができます。

同時にショッピングポイントも貯まるのでポイントのダブル取りが可能です。

④現金に交換
ジャパンネット銀行で、Tポイントを現金に交換することができます。ポイントではなく現金が必要と言う場合は助かりますね。

ただし、100ポイントで100円分の買い物ができるのに対し、現金への交換の場合は「100ポイントのTポイントが85円」になってしまうため、あまりお勧めはしません。

⑤提携先でTポイントで決済
提携店舗でのショッピングの際、Tポイントで支払いを済ませることもできます。

⑥提携先のポイントに交換
以下のように、Tポイントを他社のポイントに交換することもできます。

・500TポイントをANA250マイルに交換
・1TポイントをJRキューポ1ポイントに交換
・10TポイントをHAPPY GO 6ポイントに交換
など

※提携先ポイントをTポイントへ交換することもできます。他社の使わないポイントがあれば、Tポイントに交換してお得に活用するのもいいですね。

・アップルワールドのアップルポイント1ポイントを1Tポイントに交換
・アメリカンエキスプレス メンバーシップリワード3,000ポイントを1,000Tポイントに交換
・SBI100ポイントを100Tポイントに交換
・サンクスポイント5ポイントを1Tポイントに交換
・お財布コイン1コインを1Tポイントに交換
・オリコポイント1,000ポイントを1,000Tポイントに交換
・キューモニターポイント50ポイントを50Tポイントに交換
・ワンダフルプレゼント21の100ポイントを500Tポイントに交換
・OkiDokiポイント500ポイントを2,000Tポイントに交換
・PeXポイント500ポイントを50Tポイントに交換
・RealPay100リアルを10Tポイントに交換
・マクロミルポイント500ポイントを500Tポイントに交換
・ワラウポイント5,000ポイントを500Tポイントに交換
・ポケットポイント100ポイントを300Tポイントに交換
など

提携先ポイントをTポイントに交換

その他、ヤフーカードのお得な点

PayPayに登録してお得

ヤフーカードをPayPayに登録すると、簡単にPayPayにチャージができる様になります。(チャージができるクレジットカードはヤフーカードだけです)

手続き方法も簡単で、クレジットカードの追加ボタンをクリックして、ヤフーカードをカメラで読み取るだけで登録は完了です。

また、ヤフーカードを登録してPayPay残高で支払いをしたり、ヤフーカードで決済した場合、PayPayボーナスが1.5%還元されます。

<PayPayボーナス還元条件>
PayPay残高での支払い:1.5%のPayPayボーナス還元(1回あたりの上限7,500円相当)
ヤフーカードでの支払い:1.5%のPayPayボーナス還元(1回あたりの上限7,500円相当)

この他にも、PayPayを利用した場合は「1%の利用特典」や「0.5%の請求書払い特典」など、様々な特典が用意されているので、上手に活用するとPayPayボーナスをどんどん獲得できてしまいます。

今後、PayPayを使いこなしていきたいという方にも、チャージができるヤフーカードがお得です。

⇒PayPay(ペイペイ)使い方は?登録におすすめのクレジットカードは?ポイント2重取り!

ヤフオクでお得

①Tポイントが貯まる
インターネットオークションサイト「ヤフオク!」を利用する際も、商品代金をヤフーカードのクレジット払いにすると、「100円につき1%」のクレジットポイント(Tポイント)を貯めることができます。(獲得時期:利用の翌月15日頃)

②本人確認不要
ヤフオク!で出品する際、ヤフーカードのYahoo!JAPAN IDを利用すると、面倒な本人確認が不要になるので、スムーズに手続きを進めることができます。

③落札商品は補償の対象
ヤフーカードで購入した場合、ヤフオクでの落札商品も中古・新品関係なく補償の対象となるので安心です。

ヤフーカードの便利機能

ヤフーカードをYahoo!ウォレットで便利に使う

Yahoo!ウォレットとは、Yahoo!が提供するインターネットのお財布です。

Yahoo!ウォレットは、ヤフーカード受け取り後に初期登録が完了してから自動的に登録されるのですが、Yahoo!ウォレットの支払い方法としてヤフーカードを登録しておくと、Yahoo!JAPANでのショッピングはもちろんのこと、他のサイトでの買い物の際も、カード番号のの入力や登録などを行わずにスムーズに支払いを済ませることができ便利です。

※Yahoo!ウォレット利用の際に使われていた「Yahoo!マネー」や「預金払い」は、2019年9月30日からPayPayに引き継がれました。

引継ぎについて

今までのYahoo!マネープラスとYahoo!マネーライトは、以下のように変わります。(価値は今までと同等なので安心です)

・Yahoo!マネープラス → PayPayマネー
・Yahoo!マネーライト → PayPayマネーライト
<わかりにくい電子マネーについて>
マネーやマネープラス、マネーライトなど、似たような名前が並んでいてよくわからないという方のために、電子マネーについて少しまとめておきます。

・Yahoo!マネープラス(払出可能な電子マネー残高)
・Yahoo!マネーライト(払出不可の電子マネー残高)
・PayPayマネー(払出可能な電子マネー残高)
・PayPayマネーライト(払出不可の電子マネー残高)
・PayPayボーナス(キャンペーンや特典等で付与される電子マネー残高)※出金不可
・PayPayボーナスライト(キャンペーンや特典等で付与される、有効期限の短い電子マネー残高)※出金不可

ヤフーカードは海外でも便利

海外でのショッピングの際もヤフーカードを使うことができます。

また、海外で現地通貨でキャッシングすることもできるので、日本から両替した現金を持ち込む必要もありません。

必要な時に必要なだけ現地で引き出せばいいので便利ですね。

海外でのショッピングの際も、ヤフーカードについているショッピングガード保険で補償されるので安心です。

<海外利用の条件>

利用可能店舗 VISA、Mastercard、JCBのステッカーが提示されているお店
利用可能ATM 「VISA」「PLUS」「Master card」「Cirrus」「JCB」などのマークがついたATM
利用可能な国 ハワイ、アメリカ、中国、韓国、イギリス
支払方法 1回払い、リボルビング払い(指定がない場合は1回払い。自動リボに登録している場合はリボ払い)※リボ手数料は国内利用時と同じ。
※海外キャッシングの場合はリボ払いのみ

 

ヤフーカードはTSUTAYAレンタルカードとしても利用可能

ヤフーカードにTSUTAYAのレンタルサービスを追加することもできます。

こうすることで、ショッピングも、Tポイントを貯めることも、レンタルも、ヤフーカード1枚で行うことができてしまいますね。

※TSUTAYA店舗で以下のような手続きが必要になります。

・本人確認書類の提示
・入会申込書の記入
・レンタル利用登録料、年会費の支払い

ただしTSUTAYA以外で発行されたクレジット機能付きのTカードの場合は、本人確認書類も入会申込書の記入も不要で、レンタル利用登録料や年会費も無料になります。

ETCカード発行サービス

高速道路の料金支払い時、ETCカードがあればスムーズに料金所を抜けることができますね。

ヤフーカードを持っている方は、そんな便利なETCカードも追加で発行してもらうことができます。(家族カードでは発行できません)

ヤフーカード申し込み時に同時に申し込むこともできますし、カード発行後に追加で申し込むこともできます。

ETCカードの条件

年会費 1枚当たり550円(税込み)
※ETCカード入会月の翌月27日に請求(初年度は入会月の翌々月の27日)
発行手数料 無料
発行枚数 ヤフーカード1枚につきETCカード5枚まで発行可能(それぞれに年会費が必要)
ショッピング機能・キャッシング機能 なし
利用代金支払い方法 ヤフーカードの引き落とし日に一緒に引き落とし(1回払いのみ)
カード到着 申し込み後、1週間~10日程度
キャッシュレス・消費者還元事業 対象外
本カードが利用停止の場合 ETCカードも利用不可となる

 

家族カード発行サービス

家族カードも年会費永年無料で発行することができます。家族カードでもTポイントを貯めていくことができるのでお得ですね。

家族カードの条件

入会条件 ・本会員と生計を同一にする、18歳以上の配偶者、親、子。(高校生は不可)
※本会員が未成年や学生の場合は、家族カード発行不可。
国際ブランド Visa、JCB、Mastercard(本会員と同じブランド)
発行可能枚数 制限なし(ワイジェイカード株式会社に確認済み)
黒か赤の好きな方を選択可能
申込タイミング 本カードと同時申し込み(後から追加で申し込みも可)
支払方法 カード利用代金は本会員利用代金と合算して支払
利用代金明細 本会員の会員サービスメニューで確認
クレジットカード利用分のTポイント 本会員カードに貯まる
Tカードとして利用時に獲得したTポイント それぞれの家族カードに貯まる
カード到着 申し込みから1週間~10日程度
家族カードの初期登録 不要
本カードが利用停止の場合 家族カードも利用不可となる。

 

ヤフーカードの付帯保険について

ヤフーカードはショッピングガード保険つき

ショッピングガード保険がついているので、ヤフーカードを使って購入した商品が、破損・盗難・事故などによる損害を受けても、補償してもらうことができます。

もちろん、国内だけではなく海外での利用の際も補償されるので、海外旅行も安心です。

紛失や盗難など何かトラブルがあった場合は、速やかに「紛失・盗難ダイヤル」へ連絡しましょう。

<紛失・盗難の場合の手続き>
連絡先:0120-71-5971(紛失盗難ダイヤル)24時間年中無休
海外の場合の連絡先:81-92-474-9195
カード:利用停止手続き後、1週間~10日程度で新カード再発行(再発行手数料無料)
Tポイント:旧Tカード番号から再発行したTカード番号へ移行(移行に1週間程度必要)

<ショッピングガードの補償内容

補償限度額 2,000,000円(Yahoo!ショッピングで購入した場合)
1,000,000円(Yahoo!ショッピング以外で購入した場合)
自己負担額 1回の事故につき、3,000円
保険金の額 商品購入金額から自己負担額を差し引いた金額
担保期間 購入日翌日(配送の場合は到着日)から90日間
ショッピングガード保険の詳細 こちら

 

<補償の対象となる商品>
・ヤフーカード会員入会日から1年間(自動更新)で、ヤフー会員期間に購入した商品(代金の一部だけカード払いにした場合は、カード利用控えの金額が限度)
・国内、海外でヤフーカードを利用したショッピング
・商品価格10,000円以上(税込み)のもの

<補償の対象とならない商品>
・手形、小切手、有価証券、現金、印紙、切手、乗車券類、宿泊券、観光券、旅行券、旅行小切手、プレペイドカードなど
・設計書、図案、証書、帳簿など
・船舶、航空機、自動車、自動二輪車、雪上オートバイ、ゴーカートなど(付属品も)
・原動機付自転車、自転車、ハンググライダー、パラグライダー、サーフボード、セーリングボード、ウィンドサーフィン、スキー、スノーボードなど(付属品も)
・ラジコン模型と付属品
・携帯式電子機器
・義歯、義肢、コンタクトレンズ、メガネなど
・動物、植物
・食料品
・書画、骨董、彫刻物、貴金属、宝石、美術品など
・不動産
・デジタルソフトウェアのデータ
・1万円未満のもの
・修理した際の送料
など

月額490円でプラチナ補償をプラス

ヤフーカード会員の場合、月額490円(税抜き)をプラスするだけで、「プラチナ補償」を付けることもできます。

プラチナ補償であれば、商品に対しだけではなく、交通トラブルや車上荒らし、旅行中のけがや病気、売買時のトラブルなどにも幅広く対応してくれるため、安心です。(ヤフオクやYahoo!ショッピング以外での買い物も補償)

またプラチナ補償申込特典として、初月のみ月額490円が無料になります。

ヤフーカード受け取り後に追加でプラチナ補償の申し込みもできますし、ヤフーカードの申し込み時に同時にプラチナ補償の申し込みをしておくこともできます。

<プラチナ補償の内容(18種類)>

・修理補償
・破損補償
・宅配郵送事故補償
・盗難補償
・返品補償
・携帯電話の水漏れ、全損補償
・交通トラブルお見舞い
・電子デバイス災害補償
・車上荒らし被害補償
・自転車事故賠償責任補償
・お悔やみ帰省お見舞い
・旅行、イベントキャンセル補償
・海外旅行のけが、病気お見舞い
・海外旅行の持ち物損害補償
・海外旅行の思わぬ出費補償
・なりすまし賠償責任補償
・ネット売買トラブルお見舞い
・個人情報漏洩過失責任補償

ヤフーカードのキャッシング枠でお金を借りる

日本国内はもちろんのこと、海外でもヤフーカードで現地通貨でキャッシングすることができます。日本で両替して持ち込む必要もないので便利ですね。

ただし、専業主婦や学生が申し込んだ場合はキャッシング機能がついていないカードが発行されます。

安定した収入がある方しか、キャッシングでお金を借りることはできません。

国内、海外のキャッシング利用条件

キャッシング可能ATM(国内) 三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、セブン銀行、関西みらい銀行、広島銀行、福岡銀行、親和銀行、西日本シティ銀行、熊本銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行、イーネット、ローソン銀行、BankTime(福岡銀行と熊本銀行は、リボ払いのみ)
キャッシング可能ATM(海外) 「VISA」「PLUS」「Master card」「Cirrus」「JCB」などのマークがついたATM
利用金額単位 1回につき10,000円~500,000円(10,000円単位~)
利用方法 カード申し込み時に設定した暗証番号を入力し操作する
手数料 1万円以下の場合、110円(税込み)
1万円超の場合、220円(税込み)
手数料の支払方法 ・1回払い(締め日:毎月月末、支払日:翌月27日)
・リボルビング払い(利用残高20万円以下:支払元金1万円、20万円超~100万円以下:2万円、100万円超:4万円)
※海外キャッシングの場合は、リボ払いのみ

 

ヤフーカード ネットキャッシングの条件

ヤフーカードなら、パソコンやスマホから申し込み、指定した口座へキャッシング代金を振り込んでもらう「ネットキャッシング」も可能です。

ネットキャッシングなら、自宅にいながらお金を借りることができるので便利ですね。

また登録口座がジャパンネット銀行の場合は、15時以降や土日祝日でも、キャッシングの申し込み後、最短数分で振込が完了します。(その他の金融機関でも、平日の9時~14時49分までの間に申し込むと、数分で振り込みが完了します)

申込可能時間 24時間
振込手数料 無料
利用金額 1万円以上~利用可能額まで
利用単位 1万円
支払方法 リボ払い、1回払い

 

ヤフーカードの審査申し込み方法・発行までの流れ

ヤフーカードは、ウェブサイトからしか審査に申し込むことができません。

電話や郵送、FAXなどでの申し込みはできないので、パソコンかスマホを用意する必要があります。

ヤフーカード申込から利用までの流れ

①Yahoo!JAPAN ID取得
②ID取得後、申し込み(インターネット)
③審査
④審査完了後、審査結果の連絡(メール)
⑤カード発行、郵送
⑥カード郵送で受け取り(申込から1週間~10日程度)
⑦カードの確認作業後、初期登録
⑧初期登録完了後、ヤフーカードがYahoo!ウォレットの「通常使うお支払い方法」に自動登録される
⑨カードを使ってショッピング開始

ヤフーカードの審査申し込み方法

パソコンやスマホを使って、Yahoo!ホームページから申し込むことができますが、申し込む前に、Yahoo!JAPANのIDを取得しておく必要があります。

ID取得はこちらからでも可能ですし、「新規お申込みはこちら」という赤いボタンをクリックしてから「IDお持ちでない方」を選択して新規取得することもできます。

ID取得後は申し込みフォームに必要事項を入力し、送信しましょう。

その際、希望のブランドやカードのデザインを選択することができます。

ヤフーカード 審査結果の連絡

ヤフーカードの審査は最短2分で完了し、あらかじめ登録しておいたメールアドレスに審査結果の連絡が来るので、待ちましょう。

メールが届かない場合は、審査状況確認ページから状況を確認することもできます。(この場合も、Yahoo!JAPAN IDの入力が必要です)

ヤフーカードの受け取り

ヤフーカードの審査が順調に進むと、カードは申し込みから1週間~10日程度で自宅に郵送されてきます。

「佐川急便 受取人確認サポート」や「郵便局の本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」などの方法で送られてくるので、本人確認書類を提示して受け取りましょう。

この場合は、本人以外の受け取りは不可となります。(「佐川急便 受取人確認サポート」の保管期間は約7日間、「郵便局の本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」の保管期間は約10日間です。それを過ぎるとワイジェイカード株式会社へ返送されてしまうので注意しましょう)

※簡易書留で郵送されてくる場合もあります。この場合は本人確認書類は不要ですし、本人以外の家族の受け取りも可能です。

ヤフーカード受け取り時に必要な書類

ヤフーカードの申し込み時には、特別必要な書類はないのですが、カードを受け取る際は次のような書類が必要になります。

どの様な方法で送られてくるかによって必要書類が異なってくるので、送付方法別にご紹介します。

①簡易書留の場合
特に必要なし

②「佐川急便 受取人確認サポート」の場合
次のような現住所がわかる公的証明書を提示する必要があります。

・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード(顔写真付き)
・在留カード
・特別永住者証明書
など

③「郵便局 本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」の場合
次のような現住所がわかる公的証明書を提示する必要があります。

・運転免許証
・パスポート
・各種健康保険証
・各種年金手帳
・在留カード
・特別永住者証明書
・個人番号カード
など

ヤフーカード到着後の手続き

①ヤフーカードの確認作業、署名

それぞれきちんと記載されているか、間違いがないか確認し、問題がなければカード裏面に油性ペンで署名(アルファベットか漢字)しましょう。

署名は、間違えるとカード再発行の手続きが必要となるので、慎重に行いましょう。

・ISチップの確認
・クレジットカード番号の確認
・氏名の確認
・有効期限の確認
・付帯Tカード番号の確認(Tカードとして利用する際に必要)
・裏面のセキュリティーコードの確認(裏面の署名の隣にある3桁の番号。インターネットショッピングの際に必要)

②カード会員サービスメニューから手続き

カード会員サービスメニューから、利用するための次のような手続きを行う必要があります。

・初期登録(初期登録画面で、クレジットカード番号とカード有効期限の入力)

・Tポイント利用手続き(Tカードとして利用するための手続き。他のTカードで貯めたTポイントもまとめることが可能)

・支払口座の登録(口座振替可能な金融機関一覧

上記のような初期登録が完了すると、Yahoo!ウォレットの登録が自動的に行われます。

Yahoo!ウォレットの登録が完了すると、ヤフーカードでショッピングする際、支払い方法としてウォレットを選択することができるようになります。

支払口座の登録が完了しないと、利用代金は銀行振り込みやコンビ二支払いとなり、手数料もかかってしまうので注意しましょう。

ヤフーカードの支払方法

ヤフーカードの基本的な支払方法の条件は以下の通りです。

請求金額の仮確定 毎月12日
請求予定金額の案内 毎月12日以降にメールで連絡
請求金額確定 毎月20日、もしくは15日
締め日 毎月末日
支払日 翌月27日(土日祝日の場合は翌営業日)
入金期限 支払日の前日まで
支払方法(選択可能) ・1回払い
・2回払い
・分割払い
・ボーナス1回払い
・ボーナス2回払い
・リボルビング払い
手数料無料となる支払方法 ・1回払い
・2回払い
・ボーナス1回払い
引落ができなかった場合 ワイジェイカード指定口座へ振込み(振込先と振込金額については、ワイジェイカード コンタクトセンターへ電話で確認)

 

ヤフーカードの分割払いについて

ヤフーカードなら、3回以上の分割払いも可能です。ただし、3回以上の分割払いは手数料が必要になります。

<分割払いの条件>

可能回数 3回~48回
実質年率 12.19%~14.60%(支払回数により異なる)
分割手数料(利用代金100円につき) 2.04円~32.64円(支払回数により異なる)

 

ヤフーカードのボーナス払いについて

ヤフーカードでは、ボーナス1回払いとボーナス2回払いのどちらかを選択することができます。ただし、ボーナス2回払いの場合は手数料が必要です。

<ボーナス払いの条件>

夏のボーナスの場合 2月1日~6月末日の利用分を6月・7月・8月に支払
冬のボーナスの場合 9月1日~11月末日の利用分を12月・1月に支払
支払日 27日(休日の場合は翌営業日)
ボーナス払いの手数料 ボーナス1回は無料、ボーナス2回は3.5%
ボーナス2回払いの実質年率 13.89%

 

ヤフーカードのリボルビング払いについて

リボ払いにすると、一定の支払金額に調整することができるため、使いすぎてしまった月でも安心ですね。

但し、リボ払いの場合、元金の他に手数料の支払いが必要なので支払総額が増えてしまいますし、返済が長期化してしまう危険性もあるので注意しましょう。

<リボ払いの方法>
・買い物時に「リボ払い」を指定
・買い物後に、「後からリボ払い」に変更
・「自動リボ」に登録し、翌月1回払いの利用分も全て自動的にリボ払いに設定

リボ払いにしても、後からお金が用意できた場合は「おまとめ払い(一括繰り上げ返済)」にすることもできます。

おまとめ払いへの変更手続きは、ヤフーカード会員サービスメニューの「支払い方法」の「リボ残高のおまとめ払い」から行うことができます。

<リボ払いの支払元金>
200,000円以下(利用残高):5,000円(支払元金)
200,000円超:10,000円

 
<後からリボの条件>

後リボに変更手続き カード会員サービスメニュー「支払額を変更する」から手続き
後リボに変更できる支払方法 1回払い、ボーナス1回払いにした場合(リボ払いにしたい利用分だけの選択も可能)
当月支払い分の変更可能期日(1回払いの場合) 毎月20日の22時までに申し込み
ボーナス1回払いの変更可能期間 2月1日~8月19日(夏のボーナス1回の場合)
9月1日~1月19日(冬のボーナス1回払いの場合)
後リボ変更後の支払い開始月 5日までに変更→当月27日からリボ払い
6日~20日までに変更→翌月27日からリボ払い
後リボ変更手続き不可の時間帯 毎月10日の22時~11日の18時(当月支払開始分)
毎月10日の22時~11日の6時(翌月支払開始分)
リボ払いにできない支払 ETCカード年会費、キャッシング利用分、家賃など

※当月支払い分の変更可能期日は、金融機関によっては15日22時になる場合があるので注意。また、支払い口座の登録前は10日21時までとなるので、注意。(当月支払い分の後リボ締切日について

ヤフーカードの解約・退会方法

ヤフーカードの解約(退会)をしたい場合は、カードを手元に用意してから、ワイジェイカードコンタクトセンターへ電話をかけましょう。

ETCカードのみ、家族カードのみの解約も可能です。

その場合も同じように、ワイジェイカードコンタクトセンターへ電話をかけて解約したい旨を伝えましょう。

またヤフーカードを解約しても、Yahoo!JAPAN IDは利用できるので、カード会員サービスメニューから利用明細の確認等を行うことができます。

<問い合わせ先>
ワイジェイカードコンタクトセンター:0570‐058200(有料のナビダイヤル)
ナビダイヤルが利用できない場合:092‐303‐0820
受付時間:24時間365日

ヤフーカード解約時の注意事項

残っている支払い分 解約後も請求
ETCの年会費請求月に解約 年会費の支払いが必要(可能であれば、年会費請求前に解約すること)
ETCカード・家族カード ヤフーカード解約と同時に、解約となる
プラチナ補償 ヤフーカード解約と同時にプラチナ補償も解約となる
付与予定のTポイント 解約手続き後には付与されないので、Tポイント受け取り後に解約をすること。(Tポイントの付与に1カ月程度かかることもあるので注意)
ヤフーカードのTカード番号に貯めたポイント 失効される(解約前に使い切るか、別のTカードへ移動しておくこと)
公共料金等の支払いをヤフーカードに登録している場合 支払い方法の変更手続きを行っておくこと

 

ヤフーカードのメリット・デメリット

Tポイントを貯められる・他のTカードより還元率が高い・PayPayにチャージできるのはヤフーカードだけ・比較的審査が柔軟・家族カードやETCカード追加可能・TSUTAYAレンタルカードとしても利用可能など、ヤフーカードの多くのメリットをご紹介してきましたが、上記以外の細々としたメリットもたくさんあるので、ここでご紹介したいと思います。

ただし、残念ながらデメリット部分もあるのも現状なので、ヤフーカードに申し込む際は、デメリット部分もしっかりと把握した上で検討することが大切です。

ヤフーカードのメリット

①手話、筆談での受付窓口が用意されている

通話ができない方でも、テレビ電話で手話や筆談による問い合わせができるので、ヤフーカードのの申込も安心ですね。

②再発行・再作成手数料は不要

新規発行時は無料でも、再発行時は手数料がかかるというクレジットカードもありますが、ヤフーカードは紛失や盗難時等、様々な事情により「カード再発行」もしくは「再作成」になったとしても、手数料は一切かかりません。

③利用明細はWEB上(カード会員サービスメニュー)で24時間確認可能

WEB上で15か月分までさかのぼってヤフーカードの明細を確認できます。紙だと15か月分保存しておくのは大変ですが、WEBであれば嵩張ることもなく、いつでも見たい時に見ることができますね。(紙で確認したい場合は、WEB明細の印刷も可能)

④利用可能枠の増枠も可能

「ヤフーカードに入会後半年経過していること」「支払口座登録済みであること」「年収証明書が提出できること」等の条件をクリアする必要がありますが、ヤフーカード会員サービスメニュー「利用可能枠の変更」から増枠の手続きが可能です。

⑤ポイントは使い続けると半永久的に利用可能

Tポイントには有効期限があります。貯める、使う、交換など、カードやポイントを利用した日から1年後までです。

つまり、ヤフーカードを使い続けていれば、ポイントの有効期限はどんどん延長されていくので、半永久的に利用可能と言えるでしょう。

※Tポイント利用手続きをしていないと、延長されないので注意が必要。また、期間固定Tポイントの場合は短い有効期限が定められているので注意。

⑥Yahoo!JAPANアプリで便利

Yahoo!JAPANアプリを利用していると、アプリからヤフーカードの請求金額についてのお知らせを受け取ることができます。

ヤフーカードのデメリット

①ETCカードの年会費が必要

本カードも、家族カードも年会費永年無料のカードで、再発行時も手数料無料となるのですが、ETCカードのみ、年会費が必要になります。(年会費:税込み550円)

②クレジットポイント(Tポイント)の進呈対象外のものがある

キャッシングの利用分・ETC年会費分等は、クレジットポイント進呈の対象外となります。

③ヤフーカードの利用代金の支払いにTポイントは使えない

様々なショッピングに、貯めたTポイントを使えるというのが、Tポイントの良い点ではありますが、ヤフーカードの利用代金をTポイントで支払うことはできません。

④100円未満はポイント計算から除外

99円まではTポイント付与の対象外となってしまいます。

例えば、199円の買い物をしても、100円の買い物をしたときと同じ1ポイントしか入らないのです。

もし99円の買い物を繰り返していると、Tポイントはいつまでたっても貯まりません。

⑤通常の問い合わせは有料

ヤフーカードの場合、紛失・盗難時の連絡先としてフリーダイヤルが用意されていますが、通常の問い合わせは「ナビダイヤル」となっています。

ナビダイヤルは携帯電話のかけ放題パックの対象外となってしまうため、必ず通話料がかかってしまいます。また、通常の通話料金よりも高めになっているため、残念です。

電話をかけて待たされている間もどんどん通話料がかさんでいくため、なるべく短時間で用事を済ませられるようにした方がいいでしょう。

ヤフーカード支払日の27日やその翌日などは混みやすいようなので、なるべく混雑していない日や曜日、時間帯を狙って問い合わせることが大切です。

⑥利用しないとメリットはない

口コミで「ポイントが貯まらない」という声もありましたが、当然ですが、Yahoo!ショッピングやLOHACO、ヤフオクなどでショッピングしたり、Tカード提携先で提示などをしないと、Tポイントは貯まっていきません。

またポイントがついても、そのポイントをそのままにして、ヤフーカードも利用しないでいると1年後にポイントは消滅してしまいます。

これではヤフーカードのメリットは得られません。

ヤフーカードは、Tカード提携先での利用や、カードでのショッピングを継続的に行っていく方にお勧めします。

⑦ヤフーカードはトラブルに対する対応力がない

ヤフーカードはトラブルが発生しやすい

ヤフーカードの内容を調査したところ、デメリットよりもメリットの方が多いように感じましたが、ネット上の評価はあまり高くありません。

そこで、ヤフーカードの口コミをよく読んでみたところ、「延滞していないのに急に減枠された」「紛失等の連絡時、電話がつながらない」「急に会員メニューが使えなくなった」「勝手にリボ払いに変更されていた」「決済できたりできなかったりエラーが発生」「請求金額が間違っている」「「突然強制解約となった」などの声が寄せられていました。

ヤフーカードでは、このような残念なトラブルが発生しやすい傾向にあるようです。

ナビダイヤルの対応が残念

トラブルが発生しても、しっかりとした対応があれば問題ないと思うのですが、実際はトラブルに対しての窓口の対応が以下のように残念なようです。

・しどろもどろで「少々お待ちください」と待たされる。(ナビダイヤルなので時間がかかると通話料が高額に)

・電話口の担当者の態度がひどい。

・請求額について調べてもらうよう電話したのに、その後しばらく連絡が来ない。

何も問題なくヤフーカードを使えている方にとってはメリットの高いカードとなっているようですが、何かトラブルが発生した場合の対応力が不足しているため、トラブルに遭ってしまった方にとっては最悪なカードとなってしまうようです。

※あくまでネット上の口コミですが。

さらに、クレームを受け付ける窓口も用意されていない(クレームをつけるためには、高額な通話料を支払ってナビダイヤルに電話をしなければならない)こともあり、トラブルに対して残念な対応をされた方々の怒りをぶつけることができていないようです。

その結果、せっかくメリットの高いカードなのに評価が下がってしまうと言う結果につながっているように感じます。

実際、私も電話でヤフーカードに問い合わせてみましたが、質問に対してすぐに回答が得られず「少々お待ちください」と数回待たされました。

通話料がかかる電話だからこそ、できればスムーズな回答をお願いしたいところです。(担当者に対し悪い印象は受けませんでしたが、不慣れな感じが受け取れました)

担当者の対応力を付ける、トラブルが起こらないよう細心の注意を払う、通話料無料の苦情対応窓口を用意するなど、今後改善されていくことを期待します。

※個人情報に関する問い合わせや苦情についての専用ダイヤルは用意されています。

どうしても伝えたい苦情や、個人情報に関することであれば、こちらに電話をかけてみてもいいかもしれませんね。

<ヤフーカード 個人情報取り扱いに関する問い合わせ窓口・苦情等申出先窓口>

東京:03-6745-9000
名古屋:052-253-4401
大阪:06-7733-9911
受付時間:9時30分~17時30分(土日祝日を除く)

PAGETOP