ピーチカードの審査難易度は?年会費や付帯保険など特徴も解説

ピーチ・アビエーションが発行しているピーチカードの年会費やポイント制度、還元率、付帯保険、支払い方法など特徴や審査難易度について解説していきます。ピーチをよく利用するという方にとってはお得な特典も用意されていますので、検討してみてはどうでしょうか。


もくじ

ピーチカードの特徴

ピーチカードは、ANAホールディングス傘下のLCC(格安航空会社)であるピーチ・アビエーションが発行しているクレジットカードで、提携先が三井住友VISAカードとJCBの2種類あります。

ピーチカードの種類

ピーチカードの種類は全部で4種類あります。カードのランクは、一般カードとプレミアムの2種類があり、提携先が三井住友VISAカードとJCBの2社となっていますので、国際ブランドはVISAかJCB、さらに一般カードかプレミアムかを選ぶことになります。

ピーチカードの年会費

ピーチカードは年会費無料のものもあれば、年会費が必ずかかるもの、条件付きで年会費が無料になるものとさまざまです。ピーチカードの年会費を種類ごとにまとめました。

■一般カード
【VISA】1,250円(税抜)。初年度無料。翌年度以降条件付きで無料(※1)
【JCB】無料

■プレミアム
【VISA】初年度3,750円(税抜)、次年度5,000円(税抜)。翌年度以降条件付きで年会費割引(※2)
【JCB】5,000円(税抜)

(※1)前年度カード利用がある場合やマイペイスリボを契約している場合は翌年度以降も無料になります。
(※2)2年目以降WEB明細申込で4,500円(税別)、リボ払いのマイ・ペイすリボ設定で3,750円(税別)

ピーチカードの一般カードをもつ場合は、無条件で年会費無料のJCBを選んだほうがよいかもしれませんね。反対に、ピーチカードのプレミアムを選ぶのであれば、年会費の割引制度があるVISAがおすすめになります。

ピーチカードの家族カード年会費

家族も同じクレジットカードをもつときは、年会費がお得な家族カードを検討する方も多いと思います。

ピーチカードの家族カードは種類によって年会費が異なります。ピーチカードの家族カード年会費を種類別に紹介します。

■一般カード
【VISA】初年度無料。次年度以降400円(税抜)(※1)
【JCB】無料

■プレミアム
【VISA】初年度400円(税抜)。次年度以降800円(税抜)
【JCB】800円(税抜)

(※1)本会員と同様に、前年度カード利用がある場合やマイペイスリボを契約している場合は翌年度以降も無料になります。

本会員と同様に、一般カードで家族カードを発行するのであればJCBがおすすめです。

ピーチカード「プレミアム」であれば、次年度以降はVISAもJCBも家族会員の年会費は変わりませんが、初年度無料となっているVISAにやや軍配があがります。

ピーチカードのETCカードの年会費

仕事やレジャーなどで高速道路を利用する機会がある方にとってはETCカードはできれば持っておきたいものだと思います。

ピーチカードはETCカード発行が可能ですが、年会費がかかることもあるので、しっかりチェックしておきましょう。

【VISA】初年度年会費無料。翌年度以降は500円(税別)。ただし、前年度に1回以上ETC利用があれば翌年度無料。

【JCB】無料

ETCカードについては、カードのランク関係なく年会費はかわりません。

ETCカードを使うかどうかわからないけれど、とりあえず持っておきたいという方は年会費がかからないJCBを選んだほうがよさそうですね。

ピーチカードのポイント制度

ピーチカードは三井住友VISAカードとJCBとの提携カードになるので、それぞれカード会社独自のポイントシステムがあります。貯まるポイントの種類は、提携のカード会社によって異なり、次のとおりです。

三井住友VISAカード ワールドプレゼントポイント
JCB OkiDokiポイント

 

ピーチカードのポイント還元率は

ピーチカードは国際ブランドによって、ポイントの種類は異なりますが、いずれもカード利用金額1,000円ごとに1ポイント貯まるシステムになっています。そのため、どちらがポイントを貯めるのに有利・不利ということはありません。

ワールドプレゼントポイントやOkiDokiポイントは、それぞれ各種商品や他のポイントプログラムに交換が可能です。

ピーチカードならではのポイントサービスとしては、どちらのブランドでためたポイントでも1ポイント=5ピーチポイントとしてピーチポイントへ交換することができます。

このときのポイント還元率は0.5%となります。

ただし、JCBのプレミアムカードは無条件でポイント還元率が0.8%へアップします。

つまり、カード利用代金1,000円ごとに1OkiDokiポイントが貯まり、ピーチポイントへ交換するときには1OkiDokiポイント=8ピーチポイントとなります。

ピーチポイントとは?

ピーチポイントは、ピーチ・アビエーション独自のポイントシステムで、ピーチ・アビエーションの航空券の運賃や受託手荷物運賃、座席指定料金など、ピーチの航空便利用時にかかる支払いに1ポイント=1円として利用できます。

しかし、ピーチポイントの有効期限は180日しかありませんので、ピーチポイントを使う予定がない方が無計画にピーチポイントへ交換してしまうと失効してしまう可能性がありますので注意しましょう。

VISAのポイント還元率をアップさせる裏技

VISAブランドのピーチカードは、リボ払いのマイ・ペイすリボで実際にリボ金利手数料が発生した月は、ポイント還元率が1.0%となります。

マイ・ペイすリボの支払い設定金額を最小限の代金だけにリボ金利がかかるよう毎月設定してポイント還元率を2倍にするのです。

たとえば、請求金額が30,800円だったしましょう。30,000円をリボ払いの支払金額として支払い、残りの800円だけにリボ手数料がかかるようにするのです。これは、ピーチカードの一般カードでもプレミアムカードでも同じように使える方法です。

デメリットとしては、毎月マイ・ペイすリボの設定をおこなわないといけないので面倒ということがありますが、ポイントの還元率が大幅に上がるので手間に感じない方にとってはおすすめの裏技です。

ピーチカードの審査難易度は?

ピーチカードは、満18歳以上であれば学生(高校生除く)でも申込みが可能なクレジットカードです。

ピーチカード「プレミアム」であっても、申込み条件に年収などの制限はなく、ベーシックと同じ申込み条件となっています。

大学生や新社会人など比較的収入が低い方でも、ピーチカードは申込みがOKになっているため、高い年収が重視されるということは考えにくいです。

ただし、収入が低い若年者や専業主婦の場合は、利用可能枠が少なく設定される可能性もあります。

ピーチカードの審査についての口コミを見てみると、会社に勤務している方が多かったですが、20代の方や専業主婦の方でもピーチカード(ベーシック)の審査に通過している書き込みが見られました。

ピーチカードの審査難易度としては、普通からやや易しいくらいだと予想できます。

では、4種類のピーチカードので審査難易度に差はないのでしょうか?申込み条件以外の条件も比較して考えていきましょう。

プレミアムのほうが審査難易度は高い?

三井住友VISAカードと提携しているピーチカードのほうは、利用可能枠やキャッシングの金利について知ることができました。

先程も述べましたが、プレミアムのほうがベーシックよりも金利が低くなっています。

一般的に、カードローンなどでも金利が低ければ低いほど審査は厳しくなる傾向があります。そのため、ベーシックよりもプレミアムのほうが審査難易度が上がると考えられます。

国際ブランドで審査難易度が変わる?

ピーチカードは、提携先がJCBか三井住友VISAカードか選ぶことができます。それぞれ会社独自の審査基準があるため、まったく同じ審査基準ということはないはずです。

とはいえ、同じベーシック間(あるいはプレミアム間)であれば、どちらかの審査が厳しくどちらかの審査が易しいといった極端な差が生じることは考えにくいです。

既存会員は審査に通過しやすい?

ピーチカードの審査の口コミについて調べてみると、ピーチカードのVISAで審査に通過している方は「VISA既存会員」、JCBで審査に通過している方は「JCB既存会員」という口コミがありました。

すでに、VISAあるいはJCBでクレジットカードを発行しており、適正に利用している方であれば審査に通過しやすい印象を受けました。

もし、VISAやJCBの会員であるならば、会員になっているほうの提携先を選んだほうが審査に通りやすいかもしれませんね。

ピーチカードの審査に落ちてしまう人の特徴

ピーチカードの審査難易度は普通からやや易しいくらいだと思われますが、誰でもかんたんに審査に通るというわけではありません。

ピーチカードの審査に落ちてしまう人の特徴を解説していきますので、当てはまらないかチェックしてみてください。

延滞や金融事故をおこしたことがある

現在延滞している支払いや過去に長期間延滞したり債務整理などの金融事故歴があるとピーチカードの審査に通過するのは難しくなります。

もし、現在延滞している支払いがあればすぐに解消しましょう。スマホの割賦払いなどの延滞も審査に悪影響を及ぼします。

多重申込をしている

クレジットカードの申込みをおこなうと6ヶ月間は申込みをしたということが信用情報機関に登録されます。

この期間内にたくさんのクレジットカードに申込みをしていると、いわゆる申し込みブラック状態となり、比較的審査の易しいクレジットカードでも審査に落とされてしまうことがあります。

ピーチカードも審査が厳しいクレジットカードではありませんが、短期間に複数枚のクレジットカードへ申し込んでいる人を審査に通す可能性は低いでしょう。

他社からの借り入れがある

クレジットカードのキャッシングやカードローン、消費者金融からの借入れなど、他社から借入れがある場合には審査に通りづらくなったりもらえる枠が少なくなることがあります。

他社への返済によって、自社への支払いが滞ってしまうのではないかという懸念がクレジットカード会社にあるためです。

完済できるものは完済してから申し込んだり、キャッシング枠を0円にして申込むとよいでしょう。

ピーチカードの特典

この章ではピーチカードの特典について解説していきます。ピーチカードの特典の目玉はなんといっても航空券のセール。ピーチカードを持っていれば破格で飛行機を利用できるかもしれません。

ピーチカードで機内食と空港店舗が10%OFF

ピーチカードの提示または決済で、関西国際空港の「Fuchsia by Peach 国内ゲート店」「Fuchsia by Peach 国際ゲート店」や機内食の「PEACH DELI」が10%OFFで利用できます。

ただし、1,000円(税込)以上の利用でしか割引が適用になりません。空港店舗はピーチカードの提示で割引が受けられますが、機内食はピーチカードで精算しなければ割引を受けることができません。

ピーチカード会員限定航空券セール

ピーチカード最大の特典ともいえる会員限定航空券セール。過去には国内線1,000円~3,000円、国際線2,000円~3,000円などのセールが開催されたようで、電車より飛行機を使ったほうが安くなるほどの低価格です。

ベーシックは年2回、プレミアムは年4回、カード会員限定だけの航空券セールが実施されます。

セールへの参加にはPeachアカウントを取得する必要があり、Peachアカウントに登録されているアドレスとピーチカードに申込んでいるメールアドレスは一致していなくてはいけません。

セール情報は、カードに登録されたメールアドレスへ送られ、路線や価格などもそのメールでの案内となります。

ピーチカードのスペシャルプレゼント企画

ピーチカードの裏面のQRコードからアクセスした特設ページでプレゼント企画が実施されます。 実施されるときにはメールで案内がきます。

ピーチカードの大抽選会

ピーチカード会員限定の抽選会があります。カードのランクによって実施回数が異なり、ベーシックは年1回、プレミアムは年2回実施されます。カード利用金額に応じて賞品が当たります。

ピーチカードの付帯保険

ピーチカードには、ベーシック・プレミアムともに保険が付帯しています。保険の内容は三井住友VISAカードかJCBかによって、また、カードのランクによっても異なります。

ピーチカードの付帯している保険について下記にかんたんにまとめました。

■ピーチカード「一般カード」の付帯保険

【VISA】
・海外旅行傷害保険…最高2,000万円(利用付帯)
・ショッピング保険…1年間で最高100万円まで。海外・国内問わず適用。ただし、分割3回以上かリボ払いしたものだけが補償対象。自己負担額は3,000円。

【JCB】
・ショッピング保険…1年間で最高100万円まで。海外のみ対象で、自己負担額は10,000円。

■ピーチカード「プレミアム」の付帯保険
【VISA】
・海外旅行傷害保険…最高2,000万円(利用付帯)
・ショッピング保険… 最高100万円/年(海外・国内利用時、分割3回以上かリボ払いのみ対象、自己負担額3,000円)

【JCB】
・海外旅行傷害保険:最高3,000万円(自動付帯)
・ショッピング保険:最高100万円/年(海外利用時のみ、自己負担額10,000円)

ピーチカードの付帯保険の内容は、当然プレミアムのほうが手厚い保障になっています。

VISAかJCBかで比較すると、ややVISAのほうが同じカードのランクであっても保険の内容が手厚くなっています。

特に、ショッピング保険については、国内で利用できるかどうかの違いがあります。自分にあった補償の内容になっているでしょうか?

ピーチカードの利用可能枠

ピーチカードではどのくらいのショッピング枠やキャッシング枠がもらえるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。

JCBの利用可能枠については公開されていないようでしたが、三井住友VISAカードの利用可能枠は公開されていたので紹介していきます。

ピーチカード「ベーシック」とピーチカード「プレミアム」で利用枠の金額に差はありませんが、キャッシングの金利に差がありました。

ピーチカード(VISA)のショッピング枠

ピーチカード(VISA)の総利用枠は10万円~80万円となっており、うち10万円~80万円がショッピング枠として充てられます。リボ払いや分割払いに利用できる枠も最大で80万円までとなっています。

ピーチカード(VISA)のキャッシング枠

ピーチカード(VISA)のキャッシング利用枠は0~50万円となっています。

金利はベーシックの場合は18.0%ですが、プレミアムなら15.0%と少しお得な金利で利用できるようになっています。

ピーチカードの支払い方法

ピーチカードの締日と支払日は、JCB・VISAともに15日締め翌月10日払いとなっています。

1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いが可能です。

JCBの場合は、JCBショッピングスキップ払いという支払い方法も可能です。これは、ショッピング1回払いの支払い月を、あとから最長6ヵ月先までの任意の月に変更できるサービスです。

利用金額と手数料の合計を指定月に一括で支払います。

ピーチカードの審査申込方法

ピーチカードはインターネットから審査に申込むことが可能です。こちらの公式ページから、申込みたい国際ブランドとカードの種類を選択して申込みを進めていきます。

申込後からカード到着までの流れは国際ブランドによって異なりますが、どちらも大まかには次のような流れになります。

1. ピーチカードの申し込みフォームに沿って必要事項を入力していきます。
2.入力内容を確認したのち、申込番号が発行されます。
3.インターネットでピーチカードの申込みを完結させる場合には、各金融機関ウェブサイトで支払口座の設定をおこないます。この手続ができない場合は、郵送で支払口座の設定をおこないます。郵送で支払口座の設定をする場合は、後日、専用の用紙が自宅に届きますので、署名や捺印の上、本人確認書類とともに返送してください。
4.審査に通過した場合、最短3営業日~1週間程度(左記の日数はVISAの場合。JCBは1週間程度)で自宅にカードが届きます。

ピーチカードの解約方法

ピーチカードを解約する場合は、電話で解約手続きをする必要があります。自動音声案内での手続きになりますので、カード番号と暗証番号が必要です。手元にカードを用意してから電話をかけましょう。

選択した国際ブランドによって電話をする先や受付時間が異なります。

JCB:0422-76-1700(24時間)
三井住友VISAカード:0570004980(9時~17時)

JCBも三井住友VISAカードも、オンラインでの解約手続きをする方法がありますが、三井住友VISAカードのほうはピーチカードのオンライン解約手続きに対応していません。

JCBは「MyJCB」にログインして退会メニューを選び、カード名が表示されればオンラインでの退会が可能です。

カード名が表示されなければ、オンライン解約に対応できないカードということになりますので、電話で解約手続きをおこなってください。

ピーチカードのメリット・デメリット

ピーチカードが自分に合っているクレジットカードかどうか見極めるためにも、ピーチカードのメリットやデメリットについて解説します。

ピーチカードのメリット

ピーチカード最大のメリットは、航空券のセールに参加できることだと思います。LCCなのでもともと航空運賃はお安いのですが、うまくセールを利用できれば片道1,000円など通常ではまずありえないほどの破格で飛行機を利用することができます。

ピーチカードを作ろうか迷っている方は、この特典を利用したいかしたくないか、利用できそうかできなさそうかで考えてみてください。航空券セールが利用できればピーチカードをもっていて後悔することはまずないでしょう。

また、ピーチカードで支払うことにより、ポイントが貯まって次回以降の運賃に充てることもできるので、LCCをよく使う、ピーチをよく利用している、という方であればきっと満足度も高いはずです。

JCBを選ぶか、VISAを選ぶかによって、保険の内容や年会費の有無など、自分のニーズに合わせたカードへ申込みができるのもメリットの一つではないでしょうか。

ピーチカードのデメリット

飛行機、とくにピーチを高頻度でりようする方にとってはメリットのあるクレジットカードですが、ピーチを使わない方にとってはメリットの少ないクレジットカードになってしまいます。

ポイント還元率も悪いというわけではありませんが、年会費無料で1%以上の還元率のクレジットカードも存在することを考えると、ピーチ以外でメインのクレジットカードとして利用するにはもったいない印象もぬぐえません。

また、ピーチポイントの有効期限が180日と短めなのも少し残念なポイントではないでしょうか。

PAGETOP