クレジットカードをグレードアップするには?インビテーションの条件は?審査通過のコツ

クレジットカードをお店で出したときにキラッと輝くゴールドカードだったらやっぱりかっこいいですし、プラチナカードだったらなお素敵ですよね!

でも、ゴールドカードやプラチナカードってどうやったら所有することができるのでしょうか?

こういったステータスカードを持っている人を「ゴールドカードホルダー」「プラチナカードホルダー」と呼びますが、実はゴールドカードだったらそこまで高いハードルをクリアしなくてもあなたもホルダーになれるんですよ。

この記事では、今から目指せるクレジットカードのグレードアップ方法や審査通過のコツ、インビテーションがくる条件などをご紹介します!


もくじ

ゴールドカード審査に通過するには、いくら年収が必要?

以前はゴールドカードを持つというとかなり難易度の高い審査がありました。

まず年齢は30代以降で年収は500万円クラス、一流企業に勤めていたりお医者様などが持つ特別なクレジットカードというイメージだったんです。

しかしこれはもう大昔の話で、今は20代でも持てるゴールドカードもありますし、年収制限を明確に設けていないクレジットカードもあります。

例えば、「三井住友VISAプライムゴールドカード」は、20歳以上30歳未満の人だけが申し込みできるクレジットカードになるのですが、この年代の人を対象としているので年収は200万円台でも審査に通過できると言われています。

また、18歳~25歳の学生専用カード「三井住友VISAデビュープラスカード」を使っている場合、26歳になったら自動的に「三井住友VISAプライムゴールドカード」に切り替えが行われます。
特に利用者が申し込みをしなくても自動的に切り替えてもらえるので、審査難易度も高くないと言えるんです。

もちろん今でも審査基準が高いクレジットカードは多数あるのですが、ステータスカード全体の敷居も下がってきていますし、申し込みしやすいステータスカードが次々と誕生していると考えるべきでしょう。

クレジットカードをグレードアップする方法は2つ

クレジットカードをグレードアップするには、

・自分から切り替えの申し込みをする
・インビテーションを待つ

の2つの方法があります。

自分からクレジットカード切り替え申し込みをする方法

今使っている一般カードをゴールドカードに変えたい場合は、申し込み手続きを行って審査をしてもらう必要があります。

1度でも延滞をしているとアップグレードは出来ないことになりますが、否決されたからといって一般カードが使えなくなることはないので挑戦する価値は大いにあります。

ただ万が一否決されてしまった場合は、クレジットカードの使い方が良くないと判断されたことになるので、一度使い方を反省して見るべきでしょう。

グレードアップの申し込み方法は3つ

切り替え申し込み方法はクレジットカードの種類によっても変わりますが、「ネット申し込み・電話・郵送」などの方法があります。

●ネット申し込み
クレジットカード公式サイトから申し込みをします。ただし、同じ会社のクレジットカードでも、ネット申し込みができるものとできないものがありますのでよく確認しましょう。

また、同じクレジットカードでも個人事業主だけはネット切り替えができず、電話で問い合わせが必要というケースもあります。

●電話で申し込み
電話番号はクレジットカードの裏面に記載があります。また、クレジットカード会社公式サイトにも記載されています。

●郵送で申し込み
郵送で申し込みをするには、申込書を送ってもらう必要があります。申込書の申請はネット・電話などで行わないといけないのでちょっと面倒ですね。

インビテーションを待ってグレードアップする方法

インビテーションは招待状のこと。

クレジットカードを適正利用していると、カード会社の方から「グレードアップしませんか?」と招待状が届くことがあるんです。

招待するということはクレジットカード会社も「この人には上級カードを発行しても良い」と太鼓判を押していることになるので、ほぼ確実にグレードアップできることになります。

インビテーションがくる条件は?どんな人に届くの?

インビテーションを発行する条件は公開されていませんが、口コミなどでよく言われているのは、

・1度も延滞していない
・毎月クレジットカードを利用している
・高額利用者

などの条件を全てクリアしている人になります。

インビテーションはクレジットカード会社にとって優良客となる人に発行されているということになりますね。

延滞しないというのはクレジットカード利用において当然のことです。

問題は毎月クレジットカードを利用していて、しかも高額利用者であるという点ではないでしょうか。いったい、毎月いくら使っていればインビテーションをもらえるのでしょうか。

明確な基準はないのですが、よく言われているのは一般カードからゴールドカードにグレードアップするなら「年間100万円程度」の利用が数年間必要とされています。

毎月84,000円ほど使えばクリアできる金額なので、日常的にクレジットカードを使っている人でしたらそこまで無理のない設定なのではないでしょうか?

ゴールドカードからプラチナカードにグレードアップするには、最低でも年間300万円程度の利用を数年間続ける必要があります。

さすがプラチナカードだけあって、こちらは現在でも高いハードルが設定されています。

インビテーションに関しては、私たちは発行されるのを待つだけになるので、コツコツとクレジットカードを使い続けるしかないのが辛いところですね!

上級クレジットカードを持つメリット

インビテーションをいただいてゴールドカードやプラチナカードなどの上級クレジットカードにグレードアップするとどんなメリットがあるのでしょうか?

利用枠(限度額)が上がる

一般カードよりもゴールドカード、ゴールドカードよりもプラチナカードという順に限度額が上がっていきます。

そもそもカードのグレードによって限度額の幅が違うので、自ずと上級カードの方が限度額が上がるんです。

この現象は、逆に考えるとクレジットカード会社が「この人の年収ならゴールドカード枠をあげても良い」と判断しないとゴールドカードを発行されることはないということにもなります。

付帯保険が手厚くなる

クレジットカードには旅行傷害保険、ショッピング補償などが付いていますが、これらの保険が一気に手厚くなります。

例えば、三井住友カードの場合、クラシックカード(一般カード)には国内旅行傷害保険が付いていませんが、ゴールドカードになると最大5000万円の保険が付帯します。

空港ラウンジを利用できる

空港ラウンジとは一般の待合スペースとは別にクレジットカード上級会員向けに用意されている待合スペースになります。

落ち着いた空間にフリードリンク、雑誌、新聞、wi-fiなどが用意されています。

空港によってはマッサージチェアやシャワールームが使えるところもあります。

仕事で空港をよく利用する人、旅好きな人には大きなメリットになりますね。

コンシェルジュサービスを利用できる

コンシェルジュサービスは、クレジットカード会員からの問い合わせや要望に応えてくれる秘書サービスのこと。

レストランを探して予約してくれたり、宿泊施設や航空券の予約なども代わりに行ってくれます。

年中無休24時間で対応してくれることもあり、旅先でもとても便利です。

美術館やコンサート、ゴルフコースなどの情報提供も行っていますので、日常生活でも活用できますよ。

例えばJCBの場合、一般カードにはコンシェルジュサービスが付いていませんが、ゴールドカードになると会員専用デスクで年中無休コンシェルジュ対応をしてくれます。

ちなみに一般的な問い合わせの電話も一般カードよりつながりやすくなります。

上級クレジットカードを持つデメリット

上級クレジットカードを持つデメリットは、年会費が確実に上がるところです。

ゴールドカードの場合、年会費が非常に安いゴールドカードの「MUFGカード」なら1,905円(税抜)ですが、基本的には1万円以上かかると思っておきましょう。

プラチナカードなら5万円程度かかります。

ゴールドカードを狙うコツはあるの?

一般カードからゴールドカードにグレードアップするために、普段から気をつけておきたいクレジットカードの使い方をまとめます。

グレードアップ審査に深く関わってくることなので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

毎月の支払いは一括払いのみにする

クレジットカードの支払い方法は、一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いがありますが、グレードアップを狙うなら利用額に関わらず一括払いのみにすべきです。

特にリボ払いは利用しない方が良いですよ。

リボ払いは毎月決められた金額を定額払いする支払い方法です。一例ですが、10万円の買い物をしても毎月の支払いは3,000円で良いということになるので、お財布に余裕がないときでも高額の買い物ができるというメリットがあります。

しかし、「一括払いで買えないからリボ払いで買う」というクレジットカードの使い方をしていてはグレードアップからは遠回りになってしまいます。

ゴールドカードを狙うなら分割払いもリボ払いも利用を控えましょう。

系列が同じクレジットカードを持つ

最初からゴールドカード審査を受けるよりもまずは同じ系列の一般カードを利用して、それからゴールドカードに申し込みをした方がゴールドカードをゲットしやすいと言われています。

この場合も必ず審査が行われるのですがクレジットカード会社に利用実績がたまっているのでカード会社の信頼を得やすくなり、グレードアップしやすくなるんです。

インビテーションがあった方が確率は高い

インビテーションがあればほぼ確実にグレードアップが可能となります。(ごく稀に審査落ちする人もいますが・・・)

また、自分からグレードアップ審査に申し込むよりもインビテーションを待った方が得をすることもあります。

例えばエポスカードの場合インビテーションからグレードアップ審査を受けると年間5,000円の年会費が無料になります。

年会費の高さは上級カードのリスクでもありますので、これは嬉しい特典なのではないでしょうか?

PAGETOP