個人事業主・フリーランスでもクレジットカードの審査は通る?

個人事業主・フリーランスはクレジットカードを作りにくいと言われていますが、このことはすでにフリーで働いている人なら経験済みなのではないでしょうか?

ここでは、個人事業主・フリーランスのクレジットカード審査が正社員の人よりも慎重に行われる理由と、審査に通りやすくするコツを徹底的にご紹介しています。

また、個人事業主・フリーランスとして仕事をしている筆者のクレジットカード事情や個人的な感想などもお伝えしています。

これから独立を考えている人、クレジットカード審査に初めて申し込みをする自営業の方のご参考になれば幸いです。


もくじ

個人事業主・フリーランスはクレジットカード審査に通りにくいの?

個人事業主・フリーランスとひとことで言っても様々な職種がありますよね。

飲食店など店舗を構えているお仕事もあれば、クロス屋さんなどの職人として一人親方で飛び回っているような働き方もあります。

デスクワークだとフリーランスのプログラマーや、最近あまり聞かなくなりましたがノマドワーカーもいます。

こういった働き方に共通するのが、毎月の収入が固定給ではないため不安定であるということです。

この「収入の安定性が低い」という点が個人事業主・フリーランスのクレジットカード審査が不利になる最も大きな理由になります。

審査が難しくなる理由をさらに詳しく見ていきましょう。

個人事業主・フリーランスがクレジットカード審査に不利な理由とは?

個人事業主・フリーランスがクレジットカード審査に不利と言われている理由を確認しておきましょう。

また、私見ですがフリーランスで働く筆者が、「審査に不利って言われる理由はコレだろうなぁ」と個人的に感じる理由も付け加えておきます。

個人事業主・フリーランスは収入が不安定

クレジットカード会社は、年収の高さそのものよりも月収が安定しているかどうかを重要視します。

なぜかというと、クレジットカードの支払いは毎月1回の口座引き落としになるので、年収が高いことよりも毎月安定した収入があって支払いに問題がないかどうかの方が大切になるから。

個人事業主・フリーランスで働く人の場合、売り上げが年収に直結するので、年収は大きく変化しなくても月単位で考えると当月と翌月の月収が大きく異なるというケースも全く珍しいことではありません。

会社員であればそう大きく毎月の給料が変わることがないため、年収が低かったとしても月収は安定していますよね。

クレジットカード会社はとにかく「安定」を重要視するので、安定性が低い個人事業主・フリーランスは不利になってしまうのです。

極端な例ですが、毎月のお給料が30万円の会社員よりも年収は500万円だけど収入は年に1回しかない芸術家の方が年収は高いですが、クレジットカード審査においては不利になるわけです。

個人事業主・フリーランスは収入の証明がしにくい

これもよく言われているクレジットカード審査が不利になる条件ですね。

会社員であれば源泉徴収票を提出できますし、直近の月収を証明する必要があれば給料明細を提出すれば問題ありません。

一方、個人事業主・フリーランスはあくまでも自己申告になるので、本当の収入を証明する方法が難しくなります。

確定申告書を保管しているはずなので、年収は申告したものをクレジットカード会社にも提出できますが、会社が作成した給料明細書や源泉徴収票と比べると信ぴょう性が劣ると言われたら実際その通りなので仕方がありません。

これを逆に考えると、本当は無職なのに自営業としてクレジットカード審査を受けることもできるということになります。

こういった人が実際にいることも、個人事業主・フリーランスのクレジットカード審査が厳しくなる原因のひとつと言えるでしょう。

無職なのに自営業と嘘をついてもバレないの?

答えから発表すると、必ずバレます。

クレジットカード会社は信用情報機関に加盟しているので、過去に記録されている職業や年収を知ることができます。

ここに記載されている情報と申し込み内容があまりにも違っている場合は、怪しまれることになり審査落ちしてしまいます。

また、これまでに1度もクレジットカード申し込みをしたことがない、各種ローンに申し込みをしたことがないなど、信用情報が真っ白の「スーパーホワイト」と言われる状態の場合、審査できる材料が乏しいことになるので在籍確認の電話が入ったり収入証明書の提出を求められることになります。

嘘をついて申し込みをした自称自営業の人の場合は、収入を証明する手段が無いことになるので、審査落ちしてしまうことになります。

クレジットカード審査はきちんと支払いができるかどうかの「信用」を審査するために行われるものですので、嘘をついて審査通過することはまずありません。

それどころか虚偽の申し込みをして受け取ったクレジットカードを使ってしまうと、詐欺罪が成立することもあるのです。

フリーランスの筆者が思う審査通過しにくい理由

個人事業主になって10年以上経ち、フリーランスという働き方そのものは珍しくない時代になったと感じていますが、クレジットカード審査や賃貸物件の入居審査などでは今でも「やっぱり正社員と扱いが違うな〜」と感じる部分が大いにあります。

私が個人的に不利かも?と感じている理由は以下の通りです。

・事業所や店舗がなく自宅が仕事場になっている
・仕事用、私用のどちらも固定電話を引いていない
・屋号をつけていない
など

仕事柄、立派な事務所も固定電話も屋号も必要ないため、全部ないんです・・・。

同じ個人事業主・フリーランスでも個人事務所を借りて固定電話を引いてお仕事をしている人もいますので、私の場合はフリーの中でもさらに信用が低い働き方をしていることになります。

個人事業主の私のクレジットカード事情

これから独立しようと考えている人や、フリーになってクレジットカードに初申し込みする!という人の参考になりますようにと願いを込めて、私のクレジットカード事情を晒します(笑)

社会的信用なんて無いに等しい働き方をしている私のクレジットカード事情はどうなっているのかというと、自分名義のクレジットカードは2枚あります。

あと食品などのお買い物に使う家族カードも1枚持っていますが、これは家族が本会員となっているクレカなので私の所得や働き方とはほぼ関係なく審査が行われたはずです。

今確認したところ、個人名義のクレジットカードはどちらもショッピング枠は80万円ありました。2枚とも個人事業主になってから作ったクレジットカードです。

●個人事業主で働く私のクレジットカード限度額

クレジットカード 利用可能額 キャッシング枠
銀行系クレジットカード 80万円 20万円
交通系クレジットカード 80万円 10万円

 
キャッシング枠はそれぞれ10万円と20万円と限度額が低くなっていますが、これには理由があります。最初はもう少し枠が大きかったのですが自分で下げたんです。

本当はキャッシング枠を外したかったのですが、0円にしてしまうと海外キャッシングができなくなるのが不便だったため必要な分だけ残しました。

今はこの2枚に落ち着いていますが、個人事業主になってから現在までに他のクレカを所有していたこともありました。

習い事の月謝の支払いのために、指定された流通系クレジットカードを作らないといけないことがあってヒヤヒヤしたのですが、無事に審査に通って一安心したこともあります。

幸いなことに個人事業主になってからのクレジットカード審査で発行不可となったことはありませんので、「個人事業主・フリーランスだから」という理由だけでクレジットカード審査に通らないということは無いと断言できます。その点はご安心くださいね。

個人事業主・フリーランスがクレジットカード審査に通るコツ

ここからは個人事業主・フリーランスがクレジットカード審査に通るためのコツをご紹介します!

開業届を出そう

ぶっちゃけ開業届は出さなくても個人事業主として仕事をしていけます。ただし節税効果のある特別控除や、家族に給料を払って経費に計上できる専従者給与などは青色申告をしないと適用されません。

その青色申告申請をするには開業届を出しておく必要があります。

それから私もいくつかのクレジットカード審査のために不明点を電話で聞いたことがあるのですが、その際に必ず「開業届は出されていますか?」と聞かれます。

開業届を出していなくても、きちんと確定申告・納税をしていれば事業をしていることを税務署が把握していることになるので、事実上は出したことと同じ状態と言えるのかもしれません。

それに、クレジットカード申し込みの記入欄に開業届を出しているかどうかを申請する欄はありません。

ではなぜ開業届を出すべきなのかというと、2つの理由があります。

ひとつは個人で働くための社会的な立場の確立のためです。

個人事業主には登記がないため、開業届を出していることが事業をしていることの社会的な証明となるのです。

青色申告のための準備にもなりますね。

ふたつめはと精神的に自立するための心構えをするためです。

自分で開業届を書いて提出することは精神的な覚悟を決めることにもなるので、これから本気で独立したいと考えている方にはオススメします。

ちなみに開業届を出すと確定申告しないことがバレやすいところがデメリットと言われていますが、これは根本から間違っています。

開業届を出す・出さないに関わらず、年間38万円以上の所得(専業の人の場合)があれば確定申告をしないといけないんです。

開業届を出さないことにペナルティはありませんが、脱税には大きなペナルティがあります。

正直なところこういった手続きは面倒ですよね。確定申告の時期になると青い顔をしているフリーランサーもいっぱいいます。

でも、毎年きちんと確定申告をやることはその年の反省にもなります。(マジで!)

もちろん売り上げを増やして結果を出した分だけクレジットカード審査の通過率も上がりますよ。

申し込み内容は正確に入力する

非常に当たり前のことですが、クレジットカード申込書の入力内容にミスがあるだけで審査落ちしてしまうことがあります。

個人事業主・フリーランスの人がついやってしまいがちなのが、年収を多めに記入することではないでしょうか。

でも、前年度の年収は確定申告書を見れば1円単位で記載されてますよね。本来なら間違えようがないはずなんです。

また、これまでにクレジットカードを作ったことがある人、カードローンに申し込んだことがある人、マイカーローンや目的ローンなどに申し込んだことがある人であれば、信用情報機関に過去の申し込み内容が記録されています。

そのため、申し込み内容と信用情報機関の記録を比較すれば嘘をついたことがすぐにわかってしまいます。

年収は高いに越したことはないのですが、個人事業主・フリーランスである以上、収入の安定性という面は最初から不利なんです。

年収や仕事に関する点は正直に申請して、他の面で勝負をしましょう。

確実に審査通過を狙いたいなら開業後1年間は申し込みを控えよう

独立しても運営がうまくいかず、閉業に追い込まれることもあります。
クレジットカード会社もその点はよくわかっているので、営業年数は重要視されてしまいます。

開業してから6ヶ月程度でも審査に通過することもありますが、一般的に考えると独立して半年程度ではこの先本当に安定した収入を得られるのか判断できません。
確実に審査通過を狙うなら1年は我慢した方が良いでしょう。

自信がないときは一般カードに申し込む

個人事業主・フリーランスになったからといって、すぐにステータスカードを持つ必要はありません。まずは審査に通りやすい一般カードに申し込みをして、良質なクレヒスを貯めることを考えましょう。

ちなみに、事業専用として使うクレジットカードが欲しい場合でも、「ビジネスカード」「法人カード」と呼ばれる事業向けのクレジットカードを最初から作る必要はありません。

もちろん作っても良いのですが、個人利用できる一般カードを自分で事業専用にするだけで良いんです。

個人用として使っている1枚のクレジットカードをそのままビジネス用に流用しても構いません。クレジットカードは経費の支払い方法のひとつでしかないので、私用で使うクレジットカードと一緒でも脱税になるなどのデメリットはないんです。

利用代金が私用なのか事業用なのかは必ずわかるようにしておかなければいけませんが、クレジットカードの場合、利用明細が残るのでその場でもらうレシートと利用明細を照らし合わせれば問題ないと思います。

ただし、これらは自分ひとりで会計をする場合のお話になるので、税理士さんや商工会などに依頼する場合は相談してみてくださいね。

ビジネスカードのメリット・デメリット

ビジネスカードを作るメリットは

・限度額が上がる
・ビジネス向けの付帯サービスがある
・接待などで相手に好印象を与えることができる

などです。

なお、「クレジットカードを分けることで確定申告が簡単になる」ことがメリットとしてあげられることもありますが、これは個人向けクレジットカードが2枚あれば得られるメリットなので、ビジネスカードに限ったことではないです。

もっとも大きなデメリットは年会費が高いケースがあることです。無料のものもありますが、付帯サービスを期待するなら年間3万円程度かかることがあります。

また、ビジネスカードの支払い方法は分割払いはできません。翌月1回払いになりますので預金残高に注意しましょう。

個人事業主・フリーランスのクレジットカードQ&A

最後に個人事業主のクレジットカード事情についてよくある質問をまとめて締めたいと思います。

開業してからクレジットカード審査通過率100%の私が自分で気をつけたことも合わせてお伝えしますね!

自宅が勤務先になるときの記入方法はどうするの?

困ったことにこういうイレギュラーなことについてまで、クレジットカード会社のQ&Aには書いていないんですよね・・・。

正解があるとしたら、「申込先の記入ルールに従う」ことです。

わからないまま申し込みをするよりも、電話やチャットなどで確認してから申し込みした方が自分の中で安心できますよ。書き方が理由で審査落ち可能性もゼロではないですしね。

ちなみに前述のとおり私は自宅兼事務所で固定電話も屋号もない働き方をしているので、入力でわからないことがあったら電話で確認しています。

その際に在籍確認がどうなるのか聞いたこともありますが、大概が「勤務先をご確認できるお電話番号がないことになりますので、在籍確認は実施されないと思います。ただ、ご本人確認のために携帯電話にはお電話をさせていただきます」と言われます。

ビジネスカードや事業専用カードは必要だと思う?

自分が個人で仕事をする分には分ける必要はないと感じています。

自分の話ばかりで恐縮ですが、私は日常の買い物も仕事で必要なものもほぼ全てクレジットカードで購入しています。

その方があとから確認しやすいので現金よりもはるかに便利なんです。

この運営をしていて困ったことは・・・特にありません。

個人で仕事をしていても大きな買い物をした月には、支払いが数十万円になることもあります。でも自分で買った分ですし会計も自分でやっているので項目を見れば事業用か私用かはわかります。

今の所、自分一人で管理している間はクレジットカードを分ける必要がないと感じています。

逆にクレジットカードを2枚に分けてしまったら、不便を感じるケースも多いと思います。

例えば、100円ショップで仕事に必要な付箋と家で使うお皿を買ったとします。クレジットカードを分けていると支払いを別々に行う必要があり、レジで迷惑をかけてしまうことになります。

仕事で使う参考書と漫画を買ったときなど、本屋などでも同じことがありえます。

毎月の利用額が100万円単位になるなど利用額が大きくなったり、個人事業主から会社経営者になるなど次のステップになったら検討すべきですが、最初のうちはクレジットカードを分けることが逆に不便と感じたので今の方法に落ち着いています。

なお、ビジネスカードはポイント還元率が高いと言われることもありますが、これはケースバイケースですし利用額にもよるので、本当に必要なサービスが付いているか、逆に不要なサービスがないか、年会費はいくらかなど総合的に検討してみてくださいね。

キャッシング枠は必要?

これは意見が分かれるところですが、知り合いのフリーランサーの中には、「最初のうちはキャッシング枠があって助かった」と言う人もいます。

フリーランスは毎月確実にお給料が入ってくるわけではないですし、当月に締め日があっても支払いは翌々月となるケースも珍しくありません。

キャッシング枠は無料で付けられますし維持費もかからないので、そういう意味では付けておくと「無料の保険」になるとも言えるでしょう。

ただし、キャッシング枠は0円に設定しておいた方がクレジットカード審査そのものには通りやすいですよ。

0円にしているということはお金を借りる予定がない(お金に困っていない)ことのアピールになります。逆にキャッシング枠をつけるということは今後お金を借りる可能性があるかもしれないことになります。

どちらの人に安心してクレジットカードを発行できるかを考えると、キャッシング枠0円の人になりますよね。

これに関してはホントにケースバイケースですが、

・審査通過を優先したい:キャッシング枠は0円で申し込もう
・いざという時のための保険が欲しい:キャッシング枠を必要な金額だけ付けて申し込もう

となりますね。

社員から個人事業主・フリーランスに変わったら届け出をした方が良いの?

氏名や勤務先など、申し込み時の状態と変更があった場合は、クレジットカード会社にも速やかに届けを行う必要があります。

これは利用規約でもありますので、届け出をした方が良いというよりもクレジットカード利用者の義務になります。

仕事が変わる前に予告で申請をする必要はないので、例えば会社員から独立してフリーランスになる予定がある人は、会社員のうちにクレジットカード作っておきましょう。

フリーランス1年目に申し込みをするよりも会社員として勤続年数が長いうちに作っておいた方が間違いなく審査が有利になりますよ!

なお仕事が変わって落ち着いたらクレジットカード会社に変更届を出してくださいね。

会社員から個人事業主・フリーランスに仕事を変わったからといって、いきなりクレジットカードが使えなくことはまずありません。(キャッシング枠が少なくなることはあるようです)

個人事業主・フリーランスでクレジットカードを使っていて困ったことはある?

私の場合は大きな資本金が要らない独立だったので、事業を行う上ですごく困った!という経験は幸いなことにありません。

困る事例としては、やっぱりクレジットカードの支払いが困難になる可能性があることですよね。この点については徐々に困らなくなってきたというのが正解かもしれません。

最初のうちは来月の収入がどうなるかわからなかったので、支払額が大きくなった時は分割払いにしていたこともありました。

近年は例えばパソコンを買い替えるなど大きな金額で購入しても一括払いで支払うことを決めています。

大変ありがたいことにそれくらいの売り上げが出るようになったということでもあるのですが、先のことを考える余裕がようやく生まれてきて、今後マイカーローンやもしかしたら住宅ローンなどの大きなローンを組む時のためのクレヒス磨きにつながるので頑張っているという側面もあります。

個人事業主・フリーランスになった途端クレジットカードが使えなくなるなんてことあるの?

情報サイトなどを読んでみると、フリーで働き出すといきなりクレカが使えなくなることもあるという声もありますが、本当にいきなり使えなくなるとしたらフリーランスになったことが原因というよりも、利用限度額を超えてしまったこと、またはクレジットカードの使い方が悪く途上与信で引っかかってしまったなどのケースです。

つまり使い方の問題であることが多いので、会社員から独立したことだけが原因という可能性は低いです。

今や個人事業主・フリーランスにクレジットカードは絶対に必要と言っても良いくらいマストアイテムです。
審査に通過するためには、まずは年会費無料の審査通過しやすいクレジットカードに申し込むなど自分のライフスタイルにあったクレジットカードを選ぶこと、審査に通過したら適切な使い方をすることが大切です。

事業に心血を注いでいるうちにクレヒスも磨かれていくはずですし、必ず支払いが必要なものをクレジットカード払いにしているだけでお得もあります。

まずは審査通過を目指して、できることから頑張ってみましょう!

PAGETOP