Google Pay(グーグルペイ)とは?設定・登録方法や使い方などを解説

Google Payをコマーシャルで見たことがあるという方も多いのではないでしょうか?

でも、Android Payってあったような気もするし、そもそも他の●●ペイとはどう違うの?と、次々の登場する新しい決済方法に頭を抱える人も多いはず!

この記事では、Google Payの設定・登録方法や使い方などの基本的なところと、Google Payを使うことのメリット、便利な使い方などをわかりやすく解説しています。

現在、キャッシュレス決済によるポイント還元事業が行われていますので、この機会にキャッシュレス決済を始めないともったいないですよ!

Google Payにもぜひチャレンジしてみてくださいね。


もくじ

Google Pay(グーグルペイ)とは?

Google Pay はGoogle株式会社が提供するスマホ決済サービスです。

Google Payに電子マネー、クレジットカード、デビットカードを設定しておくことで、スマホをお財布のように使うことができるんです。

Google Payが nanacoやWAONのような電子マネーと違うとことは、電子マネーが直接お金として使えることに対して、Google Payは電子マネーそのものではなく電子マネーやクレジットカードを入れておくお財布という感じになるところ。

電子マネーやポイントサービスを一元管理できるサービスがGoogle Payなんです。

支払い方法は飲食店やスーパー、コンビニなどのレジでスマホをかざすだけ。また、オンラインショッピングでの決済にも使うこともできます。

なおGoogle Payは以前Android Payという名称だったのですが、2018年2月にGoogle Payに名称変更となりました。

Android PayもGoogle Payも内容は同じとなります。

Google Payには対応端末がある

「Google」という名称を持つGoogle Payなので、他のスマホ決済サービスとは決定的に異なるところがあります。

それはGoogle Payの電子マネーは「おサイフケータイ」との連動で使用するため、おサイフケータイ非対応のスマホでは電子マネーの利用ができないこと。

例えば、スマホ決済サービスのPayPayは、よほど古いアンドロイド端末、iOS端末を使っていない限り利用できますが、Google PayはそうではなくAndoridスマホを持っていても使えないことがあります。

また、現在のところiPhoneは微妙なところ。インターネットでのお買い物の際の決済方法としてはiPhoneに登録しているGoogle Payも利用可能なのですが、公共交通機関やお店での決済に使うことはできません。

iPhoneの方は頑張ってGoogle Payを使うよりもApple Payを使うことをおすすめします。

Google Payは今のところオンライン決済で使えるサービスがとても少ないので、iPhoneとおサイフケータイ非搭載のスマホ(格安スマホなど)では、実質使えないアプリということになってしまいます。

Google Payのメリット

Google Payの具体的な使い方の前に、Google Payを使うことで何がお得なのか、そのメリットをご紹介します。

Google Payに設定できる決済方法もここでご紹介しますので必ずご覧くださいね。

スマホが財布になる!設定できる決済方法が豊富!

Google Payで支払いをするには、支払い方法として何を使うのかを登録しておかないといけないのですが、ここで設定できる支払い方法がとても豊富なのがGoogle Payの大きなメリット。

以下が登録可能な決済方法になります。

●電子マネー
・Suica(スイカ)
・nanaco
・楽天Edy
・WAON
・QUICPay
※QUICPayで利用できるカード発行会社:kyash、JACCS、JCB、LINE Pay、you me、楽天カード
・iD
※iDで利用できるカード発行会社:Lifeカード、三井住友カード
・VISAタッチ決済
※VISAタッチ決済で利用できるデビットカード:関西みらい銀行、埼玉りそな銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行
●クレジットカード・デビットカード
・VISA
・MasterCard
・JCB
・American Express

※JCBはカード発行会社によってGoogle Payで利用できないものもあります。

電子マネーやクレジットカードを愛用している方なら、かなり使えるものが多いと感じるのではないでしょうか。

Google Payならカードもアプリもポイントもまとめられる!

上の項目でご紹介した電子マネー・クレジットカードは単体で使うこともできますよね。

しかしGoogle Payに組み込むことで、バラバラだったカードやアプリをひとつにまとめることができます。

また、Google PayはTポイントとdポイントに対応しているので、ポイントカードもまとめられるというところも大きなメリットです。

Google Payの利用登録がとても簡単

Googleアカウントを持っていて、インターネットでのお買いものにクレジットカードを使っている人なら、Google Payをインストールしたらすでにクレジットカード情報が登録されているはずです。

これはスマホ本体からクレジットカード情報を取っているのではなくGoogleに自分で記録させたクレジットカード情報をGoogle Payに反映させているからなんです。

クレジットカードやポイントカードの追加登録も感覚的にできるようになっているので、難しい手順がありません。案内に従えばスムーズに追加できます。

限りなく簡単に使えるところもGoogle Payのとても良いところです。

Google Payの鉄壁なセキュリティ

スマホ決済アプリを初めて利用する方は、現金のように安心して使えるのか心配、万が一スマホをなくしてしまったら?などの不安もあると思います。

この点もGoogle Payなら安心です。

なぜかというと、Google Payはクレジットカードなどの情報をスマホの中ではなくGoogleのクラウドというインターネット上に管理するんです。

クレジットカード情報も暗号化してGoogleの堅牢なセキュリティで守られているので、情報漏洩や不正利用の危険性は少ないと考えていて大丈夫です。

すでに世界規模で利用されているアプリの日本版なので安心してGoogle Payを使ってみてください。

Google Payのデメリット

Google Payに大きなデメリットはないのですが、スマホ決済アプリを利用する上で気をつけておきたいことがあります。

なお、注意点を知っておくことは大切ですが、必要以上に深刻になる必要はありません。
「スマホ決済アプリにはこういう側面もあるんだなー」くらいの感じで読んでみてください。

Google Payを利用できる端末が限られている

Google Payを利用できる端末は以下となります。

電子マネー、QUICPay、iD を使用する場合

スマホが「おサイフケータイ」に対応している必要があります。

・QUICPay利用:おサイフケータイのバージョン 6.1.5 以降が必要
・iD利用:おサイフケータイのバージョン 6.1.5 以降と、Google Payアプリのバージョン 2.89 以降も必要

VISAタッチ決済を使用する場合

スマホが「おサイフケータイ」に対応していなくてもAndroid Lollipop(5.0)以降が搭載されていれば大丈夫です。
日本に限らず世界中の VISA タッチ決済に対応している店舗でスマホ決済ができます。

電子マネー(Suica、楽天Edy、nanaco、WAON)は、おサイフケータイに非対応のスマホでは一切使うことができないということは覚えておいてください。

3大キャリアのAndroidスマホを使っている方は問題ないですが、Andorid端末でも格安スマホの場合は使えないことがよくあります。

Google Payを利用できる店舗が限られている

限られていると言っても、現金のように確実にどこでも使えるわけではないという程度で、電子マネーのSuica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPayが利用可能な店舗は全て使えます。

コンビニならセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、サークルK、サンクスなどは網羅していますし、家電量販店でもGoogle Payは利用可能です。

クレジットカード、デビットカードを使いたい場合は、Google Payをとおしてそれらのカードを直接使うということはできません。

必ず電子マネーにチャージしてから使うことになります。

種類によってQUICPay、iD、VISAタッチ決済のいずれかを通すことで決済が行われます。

決済サービス 使えるお店 対応カード
Kyash QUICPay加盟店 Kyash VISA カード
JACCS QUICPay加盟店 JACCSが発行する全てのISA/MasterCard/JCBクレジットカード
ジェーシービー QUICPay加盟店 ジェーシービーカード
LINE QUICPay加盟店 LINE Pay カード
you me QUICPay加盟店 ゆめカード(ゆめかクレジット)・エクセルメンバーズカード
楽天カード QUICPay加盟店 楽天カードが発行する全てのVISA/MasterCard/JCBクレジットカード
ライフカード iD加盟店 ライフカードが発行するVISA/MasterCard/JCBクレジットカード
三井住友カード iD加盟店 三井住友カードが発行するVISA/MasterCardクレジットカード
SMBCデビット iD加盟店 SMBCデビットカード
三菱UFJデビット VISA タッチ決済加盟店 三菱UFJ-VISAデビット
JNB VISAデビット VISA タッチ決済加盟店 JNB VISAデビットカード
ソニー銀行 VISA タッチ決済加盟店 Sony Bank WALLET
りそな銀行・埼玉りそな銀行 VISA タッチ決済加盟店 りそなデビットカード、りそなデビットカード〈JMB〉、りそなビジネスデビットカード
関西みらい銀行 VISA タッチ決済加盟店

 

ちなみに電子マネー、QUICPay、iD の機能が利用できるのは日本国内のみとなります。

なお、Google Payが始まった当初は、利用できる電子マネーが楽天Edyのみだったんです。

その後、Suica、nanacoと利用幅が広がって、今ではクレジットカードも使えますし、VISA タッチ決済の利用が始まったことでデビットカードも登録できるようになりました。

ただし、ウェブサービスはまだまだ利用できるショップ・サービスが限られています

●Google Payが利用できるインターネットサービス
・VanillaAir
・BookLive
・SPACEMARKET
・全国タクシー
・Creema
・美食日本
・こよみ
・minne

これからもGoogle Payを利用できる店舗がどんどん広がっていくことに期待です!

スマホの機種変更時に少々やっかいなことになる

Google Payはあくまでもスマホの中のお財布です。スマホの機種変更をしたときには改めてGoogle Payをインストールし直さないといけません。

これだけなら簡単なのですが、Suica、iD、nanaco、楽天Edyなどの「お財布(Google Pay)の中の電子マネー」はそれぞれに再度設定が必要になります。

機種変更時にはGoogle Payひとつをインストールして設定すれば使えるというものではなく、それぞれの電子マネーアプリごとに設定が必要だということも覚えておきましょう。

Google Payの使い方:初期設定方法

手順1: Google Payアプリをインストールして開いたらこの画面になります。
Google Payアプリをインストールして開いた画面

手順2:追加可能な電子マネーが一覧表示されるので、選択してください。
Google Payに追加可能な電子マネーが一覧表示

ここではいちばん上のSuicaを選択してみます。

手順3:必要情報を入力します。

メールアドレス、パスワード、氏名などを入力する画面になりますので設定します。
※画像では英語表記ですがお使いのスマホでは日本語で表記されます。

おサイフケータイ非搭載のスマホだとどうなる?

Google Payで電子マネーを使って決済をする場合は、おサイフケータイ機能を使うことになります。

おサイフケータイが入っていないスマホにもGoogle Payをインストールすることは可能なのですが、設定画面では「おサイフケータイが必要です」と表示され、追加可能な電子マネーの一覧表示はありません。

なお、電子マネーが使えなくてもTポイントカードやdポイントカードを登録しておくことはできるので、使い方次第では便利かも?

次は、Google Payにポイントカードを登録してみましょう!

Google Payの使い方:ポイントカードを登録する

手順1:右下の「パス」をタップして、パス画面を表示します。
Google Payにポイントカードを登録する
「+パス」をタップします。

手順2:「ポイントプログラム」をタップします。
Google Pay ポイントプログラム

手順3:ポイントカードを選択できる画面になりますので、グーグルペイに登録したいポイントカードを選びます。

今回はグーグルペイにPontaカードを登録してみます。

手順4:Pontaポイントカードをタップします。
グーグルペイにPontaカードを登録

ポイントカードのバーコードを撮影するように案内があり、カメラ画面になるので撮影します。もし撮影がうまくいかなかったら会員番号を手入力することも可能です。

会員番号が登録されて、グーグルペイにPontaカードが登録されました!

簡単ですよね!お手持ちのポイントカードをどんどんグーグルペイに登録してみてください。

Google Payの使い方:電子マネーにチャージする

プリペイド型の電子マネーはチャージ(入金)しておいた金額だけ使うことができるものです。逆にチャージしていないと使うことができないので、Google Payからチャージしてみましょう。

もうおわかりかと思いますが、Google PayのチャージはGoogle Payそのものにチャージするのではなく、利用したい電子マネーにそれぞれチャージをします。

例えばモバイルSuicaを使いたい場合は、Google Payからモバイルスイカにチャージするという感じですね。

●Google Payからチャージする方法は?

手順1:チャージしたい電子マネーを選択します。

手順2:チャージしたい金額を入力します。

手順3:初回のみクレジットカード情報を入力します。

これだけです!
インターネットに繋がっていればどこでもチャージができるので、通勤電車の中でも片手でチャージできますよ。

なお、電子マネーへのチャージはお店から現金で行うこともできます。

●店舗でGoogle Payにチャージする方法は?

手順1:電子マネーがチャージできるお店に行きます。
チャージ可能なお店はGoogle Payが使える店舗になります。

手順2:お店の店員さんにチャージをお願いします。その際は「Google Payのチャージをお願いします」ではなく、チャージしたい電子マネーの名称を伝えます。
例)「モバイルSuicaのチャージをお願いします」「楽天Edyのチャージをお願いします」など

手順3:チャージしたい金額を店員さんにわたして、カードリーダーにスマホをかざします。

手順4:店員さんが手続きをしてくれるので、Google Payで残高が更新されていることを確認してください。

Google Payの使い方:お店で支払いをする方法

チャージが完了したらお店でGoogle Payを使ってみましょう。

●Google Payの使い方

手順1:買いたいものをレジに持っていき、使用したい電子マネーを伝えます。
例)「モバイルSuicaで支払います」など。
※「Google Payで払います」と言っても、店員さんはGoogle Payの中のどの電子マネーを使いたいのかがわかりません。必ず使用したい電マネーの名称を伝えるようにしてくださいね。

手順2:レジにスマホ決済用の読み取り機があるので、スマホをかざします。
※店員さんの案内に従ってください。

手順3:決済がうまくいくと音がなりますので確認します。

Google Payアプリを起動しなくても大丈夫!

Google Payで支払いをする時は、レジで店員さんに「モバイルSuicaで払います」などと伝えて、スマホをかざすだけで大丈夫なんです。

スマホのロックを解除したり、Google Payアプリを表示する必要もありません。
とっても簡単ですよね!

ただし、スマホ側でアプリを起動する必要がないからこそ気をつけないといけないことがあります。

使う電子マネーの名称をしっかり伝えよう

例えば楽天Edyで支払いたいときに「Edyでお願いします」と言ってしまうと「iD」と勘違いされることがあります。店員さんにちゃんと伝わるような言い方をするようにしましょう。

Google Payで決済したら確認をしましょう

Google Payで決済したら、Google Payのアプリ内で履歴を確認することができます。
利用後はGoogle Payで確認するようにしましょう。

Google Payの便利な使い方

ここからはGoogle Payをより便利にお得に使う方法や、知っておきたい仕組みをご紹介します。

Google PayからモバイルSuicaを作れば無料で発行可能

Suicaをカードで発行する場合は預かり金(デポジット)として500円かかります。また、モバイルSuicaは1,050円(税込)の年会費がかかります。

※2020年2月26日(予定)以降よりモバイルSuica年会費は無料になります。

いずれにしても初期費用がかかってしまうモバイルSuicaなのですが、Google Payで作れば手数料も年会費もかからないんです!

今Suicaを発行したいなら、断然「Google Pay+モバイルSuica」がお得です。

WAONのチャージはイオンカードのみ可能

Google PayはWAONにも対応しているのですが、Google PayからWAONにチャージできるクレジットカードはイオンカードに限られます。

Google PayにWAONも登録したい場合は、イオンカードの登録も行なっておくと便利ですよ!

Google Payからnanacoのチャージはできない

nanacoのチャージは、nanacoモバイルアプリ内であればスマホからできるのですが、Google Payアプリ内でnanacoにチャージすることはできません。

スマホでチャージを済ませたい場合は、nanacoアプリから行うようにしましょう。

なお、モバイルSuicaや楽天EdyなどはGoogle Payアプリからチャージできます。

QUICPay・iDはチャージ不要で利用できるポストペイ型

クイックペイ(QUICPay)とiDの2つはポストペイ型(後払い)の電子マネーになります。決済に使うカードを登録すればチャージ不要ですぐに使うことができます。

●QUICPayに登録できるカード

クレジットカード JCB、楽天カード、ゆめカード、ジャックス
プリペイドカード JCB、LINE Pay、kyash
デビットカード JCB

 
 

●iD対応のカード

クレジットカード 三井住友カード、ライフカード
デビットカード SMBCデビットカード

 

Google Payでオートチャージもできるの?

WAONやモバイルSuicaにはオートチャージ機能があります。

オートチャージは設定した金額よりも残高が少なくなったら自動的にチャージが行われる便利な機能です。

ただし、Google Pay上ではこのオートチャージを設定することはできません。
それぞれの専用アプリをダウンロードしておいて、そちらから設定を行うことになります。

Google PayでJALに乗れる!

JALのフライト予約はこれまでもインターネットでできました。

しかし、空港でクレジットカードを提示しないといけないシーンもあり、「急いでいるのに!」とイラッとしながらバッグの底のお財布の中からJALカードをゴソゴソと探したことがある人も多いのではないでしょうか。

2019年4月よりGoogle PayとJALが連携して、Google PayでJAL搭乗券を表示できるようになったんです。

チェックインカウンターではGoogle Pay内に表示されるQRコードをかざすだけで飛行機に乗ることができますし、搭乗を知らせてくれる通知機能もあります。

JALをよく利用する人はもちろんですが、普段飛行機に乗る機会が少なくチェックインとか苦手・・・という方にもこの機能は便利だと思いますよ。

Google Payは「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象!

現在、「キャッシュレス・ポイント還元事業」が行われていて、2020年6月末まで5%(または2%)のキャッシュバックがあることはご存知かと思います。

Google Payでの決済ももちろんキャッシュレス決済になるので、キャッシュバックの対象になります。

積極的にGoogle Payを使っていきましょう!

ところでGoogle Payはおサイフケータイとはどう違うの?

おサイフケータイはFeliCaチップというICチップを使った非接触型の決済サービスです。

SuicaやWAONといった電子マネーをスマホで使うための機能というイメージになります。

そのため、例えばモバイルSuicaなら「Suicaをモバイル(スマホ)で使える機能」こそがおサイフケータイを使った機能ということになるんです。

一方、Google Payは、おサイフケータイを含むスマホ決済機能を一元管理ができる機能になります。

Google Pay自体に電子マネー機能はないのですが、Google Payというアプリ上でSuica、nanaco、楽天Edy、WAONという電子マネーの操作ができるんです。

nanacoを除けば、Google Payからチャージすることも可能です。

さらにGoogle Payではポイントカードの管理もできるので、まさにスマホ内のお財布!

おサイフケータイなどの決済機能をさらに便利に使えるのがGoogle Payとなるわけです。

Google Payはどんな人におすすめ?

Google Payの機能をまとめると以下のようになります。

・おサイフケータイ機能つきのAndroidスマホ利用者向けのサービス
・Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPay、iD、クレジットカードを一元管理できる
・ポイントカードも登録可能
・一部オンライン決済にも対応
・お店ではGoogle Payアプリを起動しなくても利用可能
・JAL搭乗券も登録可能
・現在も機能拡大中!

Google Payはクレジットカード、電子マネー、ポイントカードをひとつにまとめることができるとても便利なアプリです。

おサイフケータイがあればスマホによる非接触決済はできるのですが、スマホにいろんな種類の電子マネーがあるとそれはそれで面倒なものです。

Google Payならこれらをひとつにまとめることができるので、カードをお財布に入れておく必要がなくなりますし、リアル店舗ではアプリを起動しなくても決済できます。

利用残高もGoogle Pay内で管理できるので、現金で支払いをするよりも家計の管理もやりやすくなりますよ。

電子マネーを普段から使っている人は、こういったわずらわしさから解放されますよ。

少しでも興味がありましたら、まずはGoogle Payをインストールしてみてください。

Google Payはあっという間に利用登録できるので、「スマホ決済ってこんなに簡単だったの?」と思うこと間違いなしです!

 
 

この記事の監修者

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している実績があります。

PAGETOP