Apple Pay(アップルペイ)とは?チャージ方法や使い方など完全網羅

iPhoneユーザーさんの中には「Apple Payを使ってみたいけどなんだか不安」という方もいらっしゃると思います。

そもそもApple Payって聞いたことはあるけど、何ができるペイなの?と疑問がある人も多いはず!

この記事では、いろいろありすぎてよくわからないなんとかペイの中からApple Payに特化して、使い方や設定方法、Apple Payのメリット・デメリットなどをわかりやすく解説しています。

読み終わる頃には、なぜApple Payが世界中のiPhoneユーザーに愛されているのかがわかると思いますよ!

せっかく無料で使えるスマホ決済機能なので、ぜひ試してみてくださいね。


もくじ

Apple Payとは

Apple Payは、iPhoneそれからApple Watchで利用できるスマホ決済サービスです。

電子マネーとクレジットカードを登録することが可能で、簡単な利用登録をしておくとお店のレジでスマホひとつ(またはApple Watchだけ)で決済ができます!

Apple Payが利用できる端末、登録可能なカード・電子マネー

Apple Payは、FeliCa搭載のiPhoneまたはiOS5以降のApple Watchで利用可能となっています。

Apple Payに登録可能な電子マネーは「Suica、iD、QUICPay」になり、WAONやnanaco、楽天Edyなどの登録はできません。

また、交通系ICカードはSuicaのみ登録可能で、ICOCAやPASMOの登録は不可となっています。

クレジットカードは非常に多くの発行会社に対応していますが、一部例外もあります。

例えば、三菱UFJニコス発行のクレジットカードは登録可能ですが、国際ブランドがJCBまたは American Express の場合はApple Payでの利用はできません。

Apple Payで使えるクレジットカードは、公式サイトで一覧になっていますので、ぜひ確認してみてください。

<参考>: Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行元【Appleサポート】

Apple Payのメリットは?どんな使い方ができるの?

Apple Pay(アップルペイ)を利用するとなにができるのか、どんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

スマホがお財布代わりになる!

Apple Payには複数のクレジットカードと電子マネーを登録することができます。

メインカードとサブカードの両方を登録しておけば、使いたいお店によってiPhoneひとつで使い分けることができるので、2枚のカードを持ち歩く必要がありません。

キャッシュレス決済が利用できるお店は爆発的に増えています。コンビニや家電量販店はもちろん、地域密着型のスーパーでもApple Payを使った決済が可能です。

ほんの一部ですが、Apple Payが使える実店舗は以下のとおりです。

●Apple Payが使えるお店
Apple
APITA ピアゴ
AEON
エディオン
ENEOS Express Esso Mobil ゼネラル
ココカラファイン
コジマ
サツドラ
札幌ドーム
JRタワー
Joshin
すかいらーく
すき家
セブンイレブン
ソフマップ
TSUTAYA
蔦屋書店
日本交通
ビックカメラ
FamilyMart サークルK サンクス
マクドナルド
マツモトキヨシ
ミニストップ
ユニクロ
ヨドバシカメラ
ローソン
など
●Apple Payが使えるネットショップ
Apple
SBI損保の自動車保険
ギフティ
GU
じゃらん
全国タクシー
出前館
TOHOシネマズ
BASE
minne
Yahoo!ショッピング
ユニクロ
など

Apple Pay ならSuicaのカードを持ち歩かなくてOK!

関東で電車通勤・通学をしている人の多くはSuicaを持っているのではないでしょうか。

スマホケースやパスケースにSuicaを入れて改札機にピッとかざす形で利用している人は、いますぐそのSuicaをApple Payに登録しましょう。

Apple PayのSuicaを利用登録しておけば、お手持ちのSuicaをiPhone・アップルウォッチで利用できるようになるのでカードをいちいち用意する必要がなくなります。

もちろんチャージ残高も引き継がれますので、今までコンビニでSuica決済するときにカードをかざしていたなら、今後からはiPhoneをかざすだけでOKになります。

しかもiPhoneは画面ロックの状態で大丈夫。Apple Payアプリを起動させておく必要もありません。

SuicaへのチャージもApple Pay内でできますので、券売機に並ぶ必要もありません。

別途Suicaアプリをダウンロードしておけば定期券の購入もできますし、オートチャージ機能をつけることも可能です。

Apple Payはシニア世代にもおすすめ!お店のレジでスマートにお支払い!

最近、お店のレジでキャッシュレス決済をしている人が多いと感じませんか?

いつもの食品を買うスーパーや、デパート、電量販店、コンビニ、ドラッグストアなど、本当に色々な実店舗がキャッシュレス決済に対応してきていると感じます。

私自身もお店のレジでお財布から現金を出して支払うという行為をここしばらくしていませんし、キャッシュレス決済ができないとわかっているお店は避けるくらいになってしまいました。

Apple Payがあればお財布そのものがいらなくなります。

お札や小銭をお財布の中で数えて取り出して・・・という手間がいらなくなるので、だんだんこういった細かいことがわずらわしくなってくるシニア世代にもおすすめなんです。

キャッシュレス化は若い人だけが恩恵を受けられるサービスではありません。

日常生活に必要なお買い物をするだけでポイントで得をする機会も多いので、お父さん・お母さん世代、おじいちゃん・おばあちゃん世代のスマホユーザーもぜひApple Payにチャレンジしてみてほしいです。

最初だけ登録が必要ですが、慣れるとApple Payは本当に便利ですよ。

Apple Payならオンライン決済もスムーズ!

インターネットでお買い物をするときに、クレジットカード決済を求められる機会は多いものです。

家でお買い物するなら手元にクレジットカードを用意しておいて番号を入力することもできますが、外出中でもサクッと買ってしまいたい時もありますよね。

これまでも、よく利用するオンラインショップごとにクレジットカード情報を個別で登録できるサービスはありましたが、クレジットカードのセキュリティコードだけは手入力が必要なこともあります。

Apple Payにクレジットカードを登録しておけば、Touch ID、Face IDで決済ができるので、片手でiPhoneを持った状態で支払いを済ませることができます。

また、クレジットカード情報は利用するお店のサイトではなくAppleIDに記録されるので、お店ごとにクレジットカード情報を登録しておく必要がなくなります。

支払いはスムーズになり、セキュリティ面も強化できるという一石二鳥になります。

Apple Payで電子マネーを一元管理しよう!

Apple Payは複数のクレジットカードや電子マネーを管理するためのアプリなので、Apple Payそのものに決済機能はありません。

そのため、例えばSuicaは電車だけ、あとはクレジットカード1枚をたまに使うという人なら「今自分が使ってるのはSuicaとクレジットカード1枚だけだからApple Payに登録するほどでもないかも?」と考えることもできます。

でも、今だからこそ積極的にキャッシュレス決済をやってみるべきなんです!

なぜなら、「キャッシュレス・消費者還元事業」による5%還元が行われているから。

いつものお買い物を現金ではなく電子マネーやクレジットカードで決済するだけで最大5%還元されるので、利用すれば得、利用しないと損になってしまいます。

クレジットカードや電子マネーが増えたら、それぞれをバラバラに管理するのがわずらわしくなってくるはずです。

Apple PayがあればSuicaの機能が丸ごとスマホで使えるようになり、さらに他の電子マネーやクレジットカードも登録できるので、まさにスマホがお財布になる感覚で利用できるんです。

これはApple Payを使えば使うほどわかってくるとっても大きなメリットですよ!

AndroidユーザはGooglePayを!

Apple PayはiPhoneユーザー向けのスマホ決済アプリになりますので、Androidユーザーは「GooglePay」を検討してみてください。

GooglePayもApple Payと同じように電子マネーやクレジットカードを一元管理できるアプリです。

ちなみにGooglePayなら以下の電子マネーを登録できます。

Suica
nanaco
楽天Edy
WAON
QUICPay
iD

Apple Payよりも登録可能な電子マネーが多いので、普段から電子マネーを愛用しているAndroidユーザーは、そのAndroidスマホがお財布の代わりになりますよ!

Apple Payのメリットがわかったところで、次は実際にApple Payを使う流れを見ていきましょう。

Apple Payの使い方:登録する

Apple Payを使うための最初のステップは、Apple PayにクレジットカードやSuicaなどの電子マネーを登録すること。

ちなみにApple Payは対象となる製品にあらかじめ登録されている「Wallet」というアプリを使うので、Apple Pay設定のための別のアプリをダウンロードする必要もありません。

※Apple Payの設定方法はお使いのデバイスによって異なります。ここではiPhoneを例にご紹介します。

クレジットカード・電子マネーをApple Payに登録する

手順1:Walletを開いて右上にある[+]または[カードを追加]をタップします。

手順2:カードをスキャン(撮影)するためのカメラが起動するので、登録したいカードを撮影してください。
スキャンがうまく行かない場合は「カード情報を手動で入力」をタップして、カード番号などを手入力しても大丈夫です。

手順3:画面の案内に従って認証を行えば登録完了!

クレジットカードもSuicaなどの電子マネーも登録方法はほぼ同じです。

画面に表示される案内に従えばあっという間に登録できますよ。

なお、Apple Payにカードを登録する方法は、Apple Pay公式動画でも紹介されています。
ご参考になさってみてください。

<参考>:Apple Pay — クレジットカードやプリペイドカードを追加する方法— Apple

Apple Payの使い方:チャージする

クレジットカードはチャージ不要なので、この時点で使うことができます。

Suicaなどはプリペイド式電子マネーなので、まずはチャージしないと使うことができません。

ただし、今までカードで使っていたSuicaに残高があればその残高ごとApple PayのSuicaに移行されているはずなので、すぐに使うことができます。

つまり、「Walletの利用登録」をした時点で、クレジットカードもSuicaも使える状態になってることもあるということになります。
とても簡単じゃないですか?

なお、SuicaへのチャージはApple Payからもできますし、コンビニに行ったついでに現金でチャージすることもできます。

※ここではiPhoneのApple PayのSuicaにチャージする例をご紹介します。

Apple PayからSuicaにチャージする方法

Apple PayからSuicaにチャージするには、あらかじめクレジットカードを登録しておく必要があります。

手順1: Walletアプリを起動して、Suicaを選択します。

手順2:「チャージ」をタップして、入金したい金額を入力します。

手順3:支払いに利用するクレジットカードを選択して、Touch IDまたはFace IDで認証を行います。

手順4:「完了」をタップします。

たったこれだけのステップでApple PayのSuicaに入金されます!

Apple PayのSuicaに現金でチャージする方法

クレジットカードからチャージできないときは、現金を使ったチャージも可能です。

ただし、この場合はATMなどの現金を使える機械を使うことになるので、実店舗やATMに足を運ぶ必要があります。

できればApple Payにクレジットカードを登録しておくことをおすすめします。

セブン銀行ATMからチャージする

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどに設置されているセブン銀行ATMでも現金からのチャージができます。

手順1:画面の「電子マネーチャージ」を選択する。

手順2: Face IDまたはTouch IDを起動して認証ができる状態にしたiPhoneを上下逆さまにしてセブン銀行ATMにセットします。
セブン銀行ATMからチャージする
セットする場所は画面の右側になります。(案内が表示されます)

手順3: ATM画面で「チャージ」をタッチして、希望の金額を選択します。

手順4:チャージしたい金額をATMに投入します。

セブン銀行ATMからApple Payにチャージする場合は、

・Face IDまたはTouch IDを起動しておくこと
・iPhoneを上下逆さまにしてATMにセットすること

この2つがポイントになります。

まぁ、間違ったとしても何度でもやり直しが可能なので、あまり緊張せずに気軽に試してみてくださいね!

お店のレジからApple Payに現金チャージする

コンビニでチャージする方法はとても簡単!

手順1:コンビニのレジに直接行って、店員さんに「Suicaのチャージをお願いします」と伝えます。

手順2:レジの画面にチャージ金額を選択するように案内が表示されるので、希望の金額をタッチします。

手順3:店員さんからiPhoneをレジにかざすように案内がありますので、かざします。

手順はたったこれだけです!

店員さんに「スイカのチャージをお願いします」と伝えたら、あとは案内どおりにすれば大丈夫です!

Apple PayのSuicaに現金チャージができる店舗は以下の通りです。

KioskNewDays
コミュニティ・ストア
セイコーマート
セブン-イレブン
デイリーヤマザキ
ニューヤマザキデイリーストア
NEWDAYS
ファミリーマート
ミニストップ
ローソン
ローソンストア100
AEON(イオン)
ピーコックストア
まいばすけっと
miniピアゴ
az
Esite※イーサイト高崎のみチャージ機設置
エスパル※エスパル山形のみチャージ機設置
グランデュオ※グランデュオ立川のみチャージ機設置
TERMINA
FESAN
MI DO RI
Montres
福太郎
コジマ
ソフマップ
ツルハドラッグ
ビックカメラ
エッソ・モービル・ゼネラル

※店舗によっては現金チャージができないこともあります。

モバイル端末対応Suicaチャージ専用機で現金チャージする

モバイル端末対応Suicaチャージ専用機はJR東日本の一部の駅に設置してあるSuicaチャージ専用の端末です。

手順1: Suicaをスマホに表示させて、モバイル端末対応Suicaチャージ専用機にセットします。

手順2:チャージしたい金額を選択して現金を投入します。

Suicaチャージ専用の機械なので、現金チャージがとても簡単にできるようになっています。
設置してある駅は以下です。

※モバイル端末対応Suicaチャージ専用機設置駅一覧

Apple Payの使い方:支払いをしてみる!

Apple Payの登録をして、チャージも完了したらあとはお店やインターネットショッピングでApple Payを使うだけですね。

Apple Payを使うシーンは大きく分けて2種類あります。

1.Apple PayでSuicaなどの電子マネーを使う
公共交通機関はSuica、コンビニ、飲食店などの実店舗ならSuica・iD・QUICPayが利用可能です。

2.Apple Payに登録しているクレジットカードを使う
Apple Payに登録しているクレジットカードを直接使うこともできます。実店舗でクレジットカード払いしたい時にApple Payを通してスマホ決済で払うこともできますし、オンラインショップでもApple Payに登録しているクレジットカードで払うことができますよ。

公共交通機関でApple Pay(Suica)を使う

Apple PayのSuicaを電車やバスなどの公共交通機関を利用するときは、カード型Suicaと同じく、改札やバスのICカードリーダーにかざすだけです。
公共交通機関でApple Pay(Suica)を使う
SuicaマークのあるICカードリーダーで利用可能です!

カード型Suicaを使い慣れている人は、いつものSuicaの代わりにスマホを改札にかざすだけでOKです。Apple Payアプリを起動させておく必要もありません。

お店(リアル店舗)でApple Pay(電子マネー)を使う


※これらのいずれかのロゴがあるお店でApple Payを使えます!

お店でApple Payを使いたい時は、購入したい商品をレジに持って行って、支払いの際に使いたい電子マネーの種類を店員さんに伝えます。

例)
「Suicaでお願いします」
「iDでお願いします」
「QUICPayでお願いします」

ちょっと気をつけたいのが、「Apple Payでお願いします」はまちがいということ。

Apple Payは、電子マネーとクレジットカードを管理するお財布のような存在なので、Apple Payで払いますと伝えても店員さんにはApple Payの中のどの電子マネーまたはどのクレジットカードで払いたいのかがわからないんです。

必ず使いたい決済方法の名称を伝えるようにしてくださいね。

あとは店員さんの案内に従って、レジにスマホをかざすだけです。この時もApple Payアプリを起動させる必要はありません。

お店でApple Pay(クレジットカード)を使う

お店でApple Payに登録したクレジットカードで支払いをする場合は少し特殊です。

プラスチックのクレジットカードそのもので支払いをしたい場合は「カードで」と言えば大丈夫ですが、Apple Payに登録したカードを使う場合は、カードそれぞれがiDまたはQUICPay(クイックペイ)に割り当てられることになるんです。

どちらになるのかはカードによって決まっています。

例えばMUFJカードならQUICPayになり、三井住友クラシックカードならiDになります。

そのため、レジで店員さんに「カードで払います」と伝えるだけでは不十分となり、iDやQUICPayのどちらかを指定することになります。

例)三井住友クラシックカードを使うなら?
「iDでお願いします」と伝えます。

自分が設定した(使いたいクレジットカード)がどちらに対応しているかわからない場合は、1度Walletアプリから使いたいクレジットカードを表示してみてください。

表示されたカードにiDまたはQUICPayのロゴが表示されているはずです。

iDとQUICPayには後払い機能がある

iDとQUICPayは、ポストペイ型と呼ばれる後払い機能を搭載している電子マネーになります。

Suicaはチャージしておかないと使うことができないのですが、ポストペイ型はクレジットカードを登録しておけば、使った金額を後から口座引き落としで支払うことができるのでチャージ不要なんです。

ですので、Apple Payがあればプラスチックのクレジットカードを持ち歩く必要もないですし電子マネーにチャージしておく必要もないということになります。
Apple Payをとても便利に使いこなせる機能のひとつなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

オンラインショッピング、インターネットサービスでApple Payを使う

Apple Payに対応しているインターネットショップやサービスでは、決済の画面にApple Payボタンが表示されます。

マークをタップして、支払い内容が正しいことを確認してください。

確認したらTouch IDまたはFace IDで認証すれば支払いが完了します。

Apple Payの使い方 Q&A

Apple Payの基本的な機能や使い方はだいたいお分りいただけたと思いますが、Apple Payでできることはまだまだたくさんあります。

また、使い方がわかったからこそ新たな疑問も生まれてくるのではないでしょうか。

例えば、クレジットカードの分割払い機能はApple Payでも使えるの?など。

ここからは、Apple Payのちょっとした疑問やさらに詳しく知りたいことをQ&Aでまとめています。

Apple Payを使いこなす情報も満載ですよ!

Apple Payで分割払い・リボ払いはできる?

一般的にクレジットカードでは一括払いの他に、分割払い・リボ払い・ボーナス払いが利用可能です。これらの一回払い以外の決済方法をApple Payでも利用できるのでしょうか。

実店舗でApple Payを使う場合

お店で指定できる支払い方法は一回払いのみになります。
分割払い・リボ払いなどにしたい場合は、利用しているクレジットカード会社が用意している後から支払い方法・回数を変更できるサービスを使って変更するようにしましょう。

インターネットショッピングでApple Payを使う場合

Apple Payを利用するサービスやお店が一括払い以外の方法に対応していれば、支払い回数を設定する画面で分割払い・リボ払いなども利用可能です。
※利用するクレジットカード会社によって可否が異なる場合があります。

Suicaをまだ持ってない!どうすればいい?

Apple PayにSuicaを登録したいけど、Suicaを持ってないんだよね・・・というケースもありますよね。

JRを使わない地域では、カード型Suicaがあっても交通手段として役に立たないことから持っていないこともあると思います。

でもSuicaはただ電車に乗るためのカードではなく電子マネーとしてホントに役に立つのでぜひ発行を検討してみていただきたいです!

iPhone利用者がSuicaを発行する方法は2つあります。

ひとつはJR東日本の駅でカード型Suicaを購入して、Apple Payに登録する方法です。

もうひとつはiPhoneにSuicaのアプリをインストールして、そこから購入する方法です。
JR東日本以外の地域の方はこの方法が便利ですね。

購入が完了すると「Apple Payにカードを追加」と表示されるので、そちらからApple Payへの登録を行ってください。

なお、SuicaアプリからSuicaを購入する場合の手数料や年会費は無料ですが、初回のチャージ分として1,000円が登録しているクレジットカードから引き落とされることになります。

この1,000円はあくまでもチャージ分なので、自分で使うことができる残高になります。ご安心くださいませ!

ところでTouch ID、Face IDってなんだっけ?

●Touch IDとは?
Touch IDは指紋認証のこと。
iPhoneに指紋を登録しておくことで、ホームボタンにタッチするだけでパスコードの代わりに認証を行うことができる機能です。

Touch IDという名称に聞き覚えはなくても、ロックの解除を指紋認証で行っている人はTouch IDを使いこなしてるということになります。

●Face IDとは?
Face IDは顔認証システムになります。顔を撮影して登録しておくことで指紋をタッチしなくてもロックの解除や認証ができる最新機能で、Touch IDに変わるセキュリティ機能としてiPhoneXに初めて搭載されました。

これにより2018年にTouch IDによる指紋認証は1度廃止されたのですが、顔認証がうまくいかないという声も実は少なくないんです。

例えば、ベッドに横向きになって枕を顔に押し付けた状態だと、登録した顔と違いすぎてエラーが出ることがあります。

また「花粉症の時期にマスクをしたままだと認証できない」、「サングラスをしてるとダメ」など「顔」が鍵になることからエラーになってしまうことから、指先でロック解除ができるTouch IDの方が便利だったiPhoneユーザーもいます。

こういった声を受けてなのか、2020年に発売されるiPhoneにはTouch IDが復活するかも?という情報もあります!

Apple PayでPayPay(ペイペイ)は使えないの?

PayPayもスマホ決済サービスのひとつです。

今PayPayをはじめとしたなんとかペイがとても多くて、ごっちゃになってしまいますよね。

Apple Pay系とPayPay系の最も大きな違いは、Apple Payがそれ自体に決済機能はなくあくまでもスマホ内のお財布のような管理機能を持つアプリになるというところ。

上の項目で「Apple Payで払います」といった支払い方法はできないとお伝えしましたが、PayPayなら「PayPayで払います」と言えば決済できます。

PayPayはお財布の中のお札、Apple Payはお財布そのものという感じになり、これがPayPayなどのスマホ決済アプリとApple Payの大きな違いになります。

なお、残念ながらPayPayをApple Payに登録することはできません。

iPhoneでPayPayを使いたい場合は、PayPayアプリをiPhoneにインストールして、PayPayアプリから直接決済手続きを行うことになります。

しかしすべてのなんとかペイがApple Payに登録できないというわけではないんです。

例えば最近毎日のようにコマーシャルで見かけるメルペイならApple Pay(iPhoneのWalletアプリ)に登録することもできます。

ざっくりまとめると、

●各電子マネーを登録してお財布のように使えるなんとかペイ
・Apple Pay
・googlePay
・おサイフケータイ
などなど

●各サービスが独自に提供しているなんとかペイ(電子マネー)
・楽天Pay、楽天Edyとか
・メルペイ
・PayPay
・LINEPay
・Origami Pay
・Amazon Pay
・d払い
・auPay
などなど

なおPayPay、LINE Payなどはスマホアプリのバーコードを店員さんに読み込んでもらう、またはQRコードをスマホから読み込むという操作が必要になるので、レジで支払いをする前に使いたいアプリを起動させておかないといけません。

これらのなんとかペイは初回登録時にポイント還元サービスやボーナスポイントが大量にもらえることもあるので、この機会にぜひ試してみてくださいね。

Apple Payでビックカメラsuicaカードは使える?

ビックカメラsuicaカードはSuica機能付きのクレジットカードとしてとても人気が高いカードです。

このビックカメラsuicaカードも、もちろんApple Payに登録するSuicaとして利用できます。

ビックカメラsuicaカードはJR東日本グループ「ビューカード」のクレジットカードになるのですが、この「ビューカード発行のクレジットカード」をSuicaに登録しておくことで、Apple Payのスイカにオートチャージ機能をつけることもできます。

オートチャージは残高があらかじめ設定した額より少なくなった時に改札機にタッチすることで、自動的に残高がチャージされる便利な機能です。

これで残高不足によって改札に閉じ込められてイラっ!!とすることもなくなります。

なおオートチャージ機能をつけておけば、1,000円のオートチャージにつきビューカードのポイント「JREポイント」が15ポイントもらえます。

通常のクレジットカード利用では1,000円につき5ポイントなのでポイント大量ゲットのチャンスですよ!

Apple PayでVISAカードが使えないって本当?

Apple PayにはVISAのクレジットカードが登録できないとか、Apple PayでVISAカードは使えないと言われることもあるのですが、これは半分まちがいです。

正確には、「VISAブランドのクレジットカードは、Apple PayからSuicaへのチャージとインターネットショッピングには利用できない」となります。

VISAのカードをApple Payに登録すること自体は可能ですし、お店で「Apple Payを使ったVISAカードの決済」を行うことも可能です。

ただ、Apple Payからスイカにチャージと、インターネットショッピングの決済にVISAカードを使うことはできないんです。

そのためSuicaにVISAカードでチャージしたい場合は、Apple PayからではなくSuicaアプリを使って行うことになります。

絶対に使えないというわけではないですし、Suicaアプリを使うことでVISAカードからSuicaへのチャージも可能となっています。

Apple Payにポイントカードの登録はできる?

Apple Payにはクレジットカード、電子マネーなどを登録できるのですが、ポイントカードはどうなのでしょうか?

正解は、「Pontaカードなら登録できる」です!

もっと正確に言うと、ヒルトン・オナーズポイントなどの一般人が普段使いしないようなポイントシステムには対応しているのですが、日常的によく使うポイントプログラムはPontaだけということになります。

楽天スーパーポイントやTポイントの登録ができるととても便利なんですけどね!

でも、
・普段よくローソンを使う
・Pontaポイントを積極的にためている
・Apple Payが利用可能
この3つが揃っている人なら、ぜひ登録すべきですよ。

なぜかというと、PontaカードとApple Payを連動させておけば、決済とポイント付与が同時にできるから!

少し特殊な方法になりますので、ローソンでは以下の流れで決済を行なってください。

手順1:店員さんに「Apple Payで支払います」と伝えます。

手順2: iPhoneサイドボタンを2回クリックすると、画面に「リーダーにかざしてください」と表示されるので確認してください。

手順3:認証してレジにiPhoneを読み込ませます。

支払いだけなら「QUICPayで払います」などと伝えるだけで良いのですが、決済と同時にPontaポイントを付与してもらうためにかならず「Apple Payで」と伝えるようにしてくださいね。

これだけで、Pontaカードを提示して、Apple Payで支払うという2つの手間がひとつにできるので、ますますレジでの決済がスマートになってこなれ感も出ますよ!

iPhoneを機種変更するときはどうなる?

iPhoneからiPhoneに機種変更する場合は、新しいiPhoneにAppleIDを設定すると、Walletの情報もある程度引き継がれています。

登録していたクレジットカードがSuicaを除く4枚以下なら、すべてのカード情報が移行されているはずです。

それぞれのカードのセキュリティコード入力を求められるので入力すればすぐに使えるようになります。

4枚以上クレジットカードを登録していた場合は自動移行されていないカードもあるはずなので、「カードを追加」または「+」から新規登録を行なってください。

登録が完了したら念のため旧端末からクレジットカード情報を削除しておきましょう。

なおSuicaは特殊で、ひとつのSuicaを複数のiPhone端末で使うことはできません。

そのため最初に旧端末のSuica情報を削除しないと新しいiPhoneでSuicaを使い続けることができません。

●旧iPhoneからSuicaを削除する

手順1:旧iPhoneのWalletアプリを開く

手順2: Suicaを選択して画面右下の「i」をタップします。
Suicaの登録内容詳細画面に移動するので引き継ぎたいSuica情報が表示されていることを確認してください。

手順3:表示された画面の最下部に「カード削除」があるのでタップします。
※「カードに残高があります」「このカードは削除されても、いつでも”Wallet”からこの残高ごと際追加することが可能です」と表示されますので、その下にある「削除」をタップしてください。

これでSuicaの情報を古いiPhoneから取り除くことができました。
Suicaの登録そのものは別のところに保管されていますので、この情報を新しいiPhoneに移す手続きを行います。

●新iPhoneにSuicaを移行する

手順1:新iPhoneでWalletアプリを起動して、画面の右上の「+」アイコンか「カードを追加」をタップする。

手順2:カードの種類を選ぶ画面になるので「Suica」をタップする。
画面には旧iPhoneで使っていた(先ほど削除した)Suica情報が表示されているはずですので、タップしてください。

手順3:選択したSuica詳細に間違いなければ右上の「次へ」をタップします。
次の画面で今設定したSuicaと残高が表示されたら移行手続き完了です!

iPhoneを紛失した!盗難にあった!どうすればいい?

Apple Payを設定しているiPhoneをなくしてしまったら大変ですよね・・・。

まずは落ち着いて、iPhoneの「デバイスを探す」を有効にしていたかどうか思い出してください。

有効にしていた場合は、別のApple機種からリモートロックしたり、今iPhoneがある位置を特定できるので、まずはこちらを試してみてください。

「デバイスを探す」が有効になっていなかった場合は、iPhoneそのものを探すことは困難になります。

ただインターネットでApple IDのパスワードを変更して、Apple Payの不正利用を防止することができます。

<参考>:iPhone、iPad、iPod touch を紛失したり盗まれたりした場合

Apple Payのメリットはわかったけどデメリットはないの?

Apple Payを使うにあたって前もって知っておきたいことや注意点をご紹介します。

対応電子マネーが多いとは言えない

Apple Payに登録できる電子マネーはSuica、iD、QUICPayのみ。ポイントカードに至ってはPontaカード一択といってもよいくらいなので、登録可能なサービスが多いとは言えません。

これから増えてくれることに期待ですね!

クレジットカードのポイント還元率が下がることがある

例えば、Apple Payにはビックカメラsuicaカードを登録できるとお伝えしましたが、ビックカメラでApple Payを使って支払いをすると、ビックカメラsuicaカードそのもので決済するときよりもポイント還元率が下がってしまいます。

・ビックカメラsuicaカードで決済 → 10%ポイント
・Apple Payで決済 → iDでの決済になり8%ポイントになってしまう

Apple Payで支払いをすると電子マネーで決済されることになるので、たとえビックカメラsuicaカードを登録していたとしてもビックカメラsuicaカード決済にはならないんです。

かなりややこしいのですが、ビックカメラをはじめとした特定のお店では、Apple Pay決済をするとポイントで損をすることはぜひ覚えておいてください。

特に高額のお買い物をするときにはビックカメラsuicaカードを使って、ポイントゲットを狙いましょう!

ビックカメラの他にもJALカードSuicaの特約店(ファミリーマートなど)も要注意です。

国際ブランドVISAはSuicaチャージ非対応

Apple PayからSuicaにチャージができるのは、Master Card、JCB、American Expressとなり、VISAカードは非対応です。

VISAカードからSuicaにチャージしたい場合は、Suicaアプリから行うようにしましょう。

国際ブランドVISAはインターネットショッピング非対応

ネットショップの決済でもVISAカードを使うことができません。

クレジットカードをVISAしか持っていないという方は、利用方法が店頭での決済に限定されることになります。

スマホの充電切れには要注意!

Apple Payで決済するときには、基本的にApple Payアプリを起動しておかなくても良いのですが、電源が切れた状態で決済することはできません。

お店なら現金やプラスチックのクレジットカードで決済できますが、特に気をつけたいのがSuicaを使って電車に乗っているときです。

万が一駅の構内で充電が切れてしまったら、改札を出るときに利用した区間分の運賃を全額支払わないといけないんです。

滅多にないとは思いますが、Apple Payに関わらずスマホ決済は充電が切れたらアウトということを覚えておきましょう。

また、Apple Payが入ったiPhoneはお財布そのものだと思って、紛失や盗難にも十分注意するようにしましょう!

 
 

この記事の監修者

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している実績があります。

PAGETOP