ファミペイとは?アプリのインストール登録方法・チャージ・支払方法など使い方を解説

2019年7月に登場したファミペイ(FamiPay)は、ファミリーマートが提供するスマホ決済サービスです。ファミペイは

2019年11月30 日時点で407万ダウンロードを突破している大好評のアプリなんですよ!

最初にお伝えしておくと、ファミペイはかなり独特というかファミリーマートの利用に特化したアプリとなっています。

PayPayなどのスマホ決済サービスと違って、今のところファミペイを利用できるお店は、

・ファミリーマート
・Kaema

のみ。「Kaemaってなに??」という方も多いのではないでしょうか。

ファミペイは「ファミリーマートとKaema専用スマホ決済アプリ」となりますが、ファミリーマートをよく利用するという方には魅力が多い決済サービスになっているので、検討してみてくださいね。

ここでは、ファミペイとはどんなスマホ決済なのか、アプリのインストール登録方法、チャージ方法や支払方法、ポイントの貯め方・使い方、ポイントカード(dポイント・楽連ポイント・Tポイント)の登録方法などを解説します。


もくじ

ファミペイとは?

ファミペイは、ファミリーマートが提供しているスマホひとつで支払いができる新しいサービス。

アプリをダウンロードして、簡単な設定と残高チャージを行えばすぐにファミペイでお買い物をすることができます。

また、一部クレジットカードの登録も可能でオートチャージの設定をすることもできます。

ファミペイ払いはプリペイド方式

ファミペイの決済方法は、ファミペイアプリのバーコードを表示させてレジで読み取ってもらうだけです。利用代金はあらかじめチャージしておいた分から引かれることになるプリペイド方式になります。

「ファミペイボーナス」がもらえる

ファミペイでお買い物をすると、200円ごとに1ファミペイボーナスがもらえます。

たまったファミペイボーナスはファミペイの残高にチャージすることができるので、1ポイント1円としてファミペイでのお買いものに利用できます。

また、ファミペイをクレジットカードチャージすればチャージポイントも貯まります。

ただし、ファミペイクレジットカードチャージに使えるクレジットカードは「ファミマTカード(クレジットカード)」のみとなっています。

他のクレジットカードからチャージすることはできないので、チャージポイントがもらえるのも「ファミマTカード(クレジットカード)を登録した人のみ」となってしまいます。

ファミペイならポイントカードをまとめることもできる!

ファミペイには、
・dポイント
・楽天ポイント
・Tポイント

を連携させることができます。

連携させるには、事前にそれぞれのポイント各社の会員登録をしておく必要がありますが、お財布の中のポイントカードを減らすことができますし、レジでの決済とポイントカードの提示がスムーズにできるのは助かりますね!

ゲームでクーポンゲットのチャンス!

ファミペイアプリにはゲームが用意されていて、クリアするとクーポンがもらえるなどのサービスもあります。

また、対象商品の購入でスタンプを貯めるとクーポンがゲットできるチャンスもあります。

スタンプはファミペイアプリに溜まっていくので、ポイントカードを持ち歩く必要もありません。

ファミペイはファミリーマートとKaemaでしか使えないスマホ決済方法なので、使い勝手もとてもシンプル。

早速ダウンロードしてみましょう!

ファミペイの使い方1.「アプリのインストール」

ファミペイを利用するには、まずファミペイアプリをスマホにインストールしなければいけません。

手順1:Androidをお使いの方はGoogle Play、iPhoneをお使いの方はApp Storeからファミペイアプリをインストールします。
ファミペイアプリをインストール

手順2:ファミペイアプリをタップして開きます。広告などが表示されるので、「次へ」で進んで「閉じる」をタップしてください。
ファミペイアプリをタップして開く

手順3:利用規約が表示されるので、確認して「同意する」をタップ。
ファミペイ 利用規約

手順4:プッシュ通信を許可する・許可しないを選択します。
ファミペイ プッシュ通信
許可した場合は、クーポンなどのお知らせがあるとプッシュ通信で知らせてくれます。いちいち通知を受け取りたくない場合は「許可しない」を選択しておきましょう。後から変更可能です。

手順5:ここで一旦インストール作業は完了です!
ファミペイアプリ インストール作業は完了

ファミペイの使い方2.「会員登録」

ファミペイアプリのインストールができたら会員登録を行います。

手順1:ファミペイアプリトップページ「初めての方(会員登録)」をタップします。
ファミペイの会員登録

手順2:「スタート」をタップします。
ファミペイの会員登録スタート

手順3:電話番号を入力するように案内があるので、入力して「SMSに認証コードを送る」をタップしてください。

スマホに送られてきた4桁の認証コードを入力して「次へ」をタップ。

性別・生年月日・郵便番号の入力をして、「次へ」をタップすると確認画面になります。
内容に間違いがなければ「この内容で登録する」をタップします。
ファミペイの確認画面
これで会員登録ができました!
ファミペイの会員登録が完了

ファミペイの使い方3.「チャージの仕方」

ファミペイはチャージした金額だけ使えるプリペイド方式になります。
チャージの方法や限度額などを確認しておきましょう!

チャージの方法は? 以下のいずれか
・ファミリーマートのレジで現金チャージ
・ファミマTカード(クレジットカード)
・オートチャージ
・ファミペイボーナスでチャージ
チャージはいくらからできる? 最低額は1,000円
チャージできる上限額は? 上限額は30,000円
チャージポイントはつく? ファミマTカード(クレジットカード)でチャージした場合のみ、200円チャージで1円分のファミペイボーナスがもらえます。
クレジットカードチャージはどのカードでもOK? ファミマTカード(クレジットカード)限定です・・・。残念!

 

こうして見ると、使えるクレジットカードはファミマTカード限定ですし、持っていない方はファミマに行かないとチャージができないことになります。

まぁ、使える店舗もファミリーマートだけなのですが、ファミペイはファミリーマート利用のための囲い込みがすごいぞ・・・と感じずにはいられません。

ファミマの利用がお得になるならありがたいかも?

なお、初回だけはチャージの前に案内画面が表示されて暗証番号の設定を促されますので、暗証番号登録を済ませましょう。

チャージの準備(初回の暗証番号登録)

手順1:ファミペイトップ画面で「FamiPayを利用する」をタップ。
手順2:「次へ」をタップして、次の画面で「閉じる」をタップ。
チャージの準備

手順3:4〜6桁の任意の暗証番号を入力して「決定する」をタップします。
手順4:暗証番号確認のために再度入力して、「決定する」をタップ。
チャージの準備(初回の暗証番号登録)の設定
これで暗証番号の設定ができました。「OK」をタップしてください。

ファミペイの4種類のチャージ方法

チャージができる状態になりましたので、それぞれのファミペイのチャージの方法を見ていきましょう!

ファミリーマートのレジで現金チャージ

ファミリーマートのレジで現金チャージ
手順1:ファミリーマートのレジで「ファミペイチャージお願いします」と伝えます。

手順2:ファミペイトップ画面のバーコードを表示させます。レジ端末でチャージ額を選択できるようになるので、希望の金額をタップしてください。

手順3:店員さんにチャージ金額を支払えばファミペイチャージが完了します。

ファミマTカード(クレジットカード)でチャージ

ファミペイのチャージの方法は4種類ありますが、以下にご紹介する3つの方法(レジでチャージ以外の3種類)は、まずファミペイトップ画面の「チャージ」をタップします。
ファミマTカード(クレジットカード)でチャージ
次に4種類のチャージ方法がポップアップ表示されるので、希望の方法をタップして先に進みます。

●クレジットカードでチャージする方法
手順1:ファミペイトップ画面の「チャージ」をタップして、「クレジットカードでチャージ」をタップします。

手順2:FamiPay暗証番号を入力します。
初回だけクレジットカード(ファミマTカード)の登録を行います。
「ファミマTカード(クレジットカード)を登録する」をタップすると、クレジットカード情報の入力画面に移りますので、カード番号などを入力してください。
(2回目以降はこの操作は不要です)
ファミペイ クレジットカードでチャージ

手順3:チャージしたい金額を選択して「チャージする」をタップします。

これでファミマTカード(クレジットカード)からチャージされました。
ファミペイトップページにチャージした金額が表示されますので確認してください。

ファミペイへオートチャージ

手順1:ファミペイトップ画面の「チャージ」をタップして、「オートチャージ」をタップします。

手順2:FamiPay暗証番号を入力して「決定する」をタップします。

手順3:初期設定ではオートチャージがオフになっているので、ボタンをタップして右にスライドさせてオートチャージをオンにします。
オートチャージに利用するクレジットカードの設定(初回のみ)を行い、オートチャージする金額とオートチャージ判定額を選択して「設定する」をタップします。
ファミペイ オートチャージ

・オートチャージする金額とは?
自動的に入金(チャージ)される金額です。
例えば3,000円に設定しておけば、オートチャージが行われるたびに3,000円が入金されることになります。

・オートチャージ判定額とは?
設定した判定額を下回った場合にオートチャージが行われます。例えば1,000円に設定しておけば、ファミペイでお買い物した時に残高が1,000円を下回った場合に「オートチャージする金額」が自動的に入金されることになります。

オートチャージに関する金額はいつでも変更が可能なので、まずは気軽に設定してみてください。

オートチャージが不要な場合は、手順3:の最初でスライドさせたボタンをタップして左に戻してオートチャージ機能をオフにしておきましょう。

ファミペイボーナスでチャージ

ファミペイボーナスは、ファミペイアプリを利用した金額に対して付与されるポイントのこと。

200円につき1ポイントたまっていきます。

1ポイント1円分としてファミペイにチャージすることができますよ。

手順1:ファミペイトップ画面の「チャージ」をタップして、「FamiPayボーナスでチャージ」をタップします。

手順2:次の画面で、たまっているファミペイボーナスが表示されるので、チャージに移したいボーナス額を入力して、「チャージする」をタップします。
FamiPayボーナスでチャージ

ファミペイのチャージ方法はとってもシンプル!

チャージ方法が4種類もあると迷ってしまいそうですが、ファミペイなら大丈夫!

クレジットカードでチャージするなら残高が足りなくなった時にチャージ額を入力するだけでOKですし、現金チャージが良いならファミマのレジで「チャージお願いします」と言って、金額を選択して現金を店員さんにわたすだけ。

チャージそのものが面倒ならオートチャージを設定しておけばチャージ不要です。

ファミペイボーナスからのチャージは、ボーナスがたまったらポチッと操作するだけですし、実際に操作するのは数ヶ月に1回くらいだと思います。

1度使ってみるだけでファミペイアプリは頭を悩ませなくても感覚的に操作できるようになっていることがわかると思いますよ。

ファミペイの使い方4.「ファミリーマートのレジで支払いをする方法」

チャージが完了したら、ファミリーマートのレジでファミペイを使ってみましょう!
使い方はめちゃくちゃ簡単です!

手順1:レジの支払いの際に店員さんに「ファミペイで払います」と伝えてファミペイトップ画面のバーコードを提示するだけ!
ファミペイ ファミリーマートのレジで支払いをする方法
ファミマの店員さんがバーコードを読み取ってくれて、決済が完了します。

ファミペイでポイント(ファミペイボーナス)を貯めよう!

ファミペイを使ってお買い物をすると、200円の利用ごとに1ファミペイボーナスがたまります。

ファミペイボーナスの貯め方 ファミペイを使ってお買い物をすると200円ごとに1ポイントがたまります。
ファミペイボーナスはどうやって使うの? 「ファミペイボーナスでチャージ」でご紹介した方法でファミペイ残高に変換して利用します。
ファミペイボーナスはどこで使えるの? ファミペイが使えるお店。(ファミリーマートまたはkaema)
ファミペイボーナスのポイント還元率は? 0.5%

 

ファミペイを使うたびに自動的にたまっていき、今たまっているファミペイボーナスはファミペイアプリのトップ画面でも確認できます。
ファミペイボーナス確認

たまったらファミペイ残高にチャージしてみてくださいね!

ファミペイにポイントカード「dポイント・楽天ポイント・Tポイント」を連携させてみよう!(ポイント連携)

ファミペイには、
・dポイントカード
・楽天ポイントカード
・Tポイントカード

を連携させることができます。

これにより、ファミペイでの決済でポイント二重取りが可能となります。

なお、3つのポイントカードのすべてにポイントがつくわけではなく、「ファミペイボーナス+いずれか1種類」のポイントがもらえることになります。

●ポイントカード連携でもらえるポイントは以下のいずれか
・ファミペイボーナス + dポイントカード
・ファミペイボーナス + 楽天ポイントカード
・ファミペイボーナス + Tポイントカード

ファミペイにポイントカードを登録する方法

手順1:ファミペイトップ画面の「d POINT/R POINT/T-POINTを登録する」をタップします。
ファミペイにポイントカードを登録する方法

手順2:登録したいポイントカードの「登録する」をタップします。
ファミペイに楽天ポイントカードを登録
今回は楽天ポイントカードを登録してみます。

手順3:ここからは登録したい各サービスのサイトに移行します。IDやパスワードの入力を求められるので、案内に従って手続きを進めてください。
連携が完了すると、ファミペイトップ画面に戻ります。
ファミペイに楽天ポイントカードが登録されました
楽天ポイントカードが登録されました!

ポイントカードを切り替えたい時は?

この状態では、「ファミペイボーナス+楽天ポイント」がたまることになります。

これを他のポイントカードに切り替えたいときには、まず同じ手順でポイントカードを登録します。

ファミペイトップ画面に表示されている今設定しているポイントカードの部分をタップすると他のポイントカードを選択できるので、設定したいカードをタップしてください。
ファミペイのポイントカードを切り替えたい時

ファミペイのクーポンを使いこなそう!

ファミペイでは定期的にクーポンを配布しています。
例えばこれ!
ファミペイのクーポン
それぞれ、対象商品をひとつ購入するごとにスタンプがひとつもらえて、5個たまると無料クーポンがもらえるんです。

お得なこういったクーポンもファミペイアプリで確認できるので、チェックしてみてくださいね。

ファミペイQ&A

ファミペイの設定、使い方、チャージの方法、ポイントの貯め方・使い方など基本的な使い方がわかったところで、ファミペイをさらに使いこなす方法をQ&Aで見ていきましょう!

ファミペイのメリット・デメリットもここでご紹介しますので、確認してみてくださいね。

ファミペイのメリットは?

レジでの支払いがスムーズになる

キャッシュレス決済にはいろいろな方法がありますが、ファミペイ払いならスマホに表示させたバーコードを店員さんに読み取ってもらうだけなのでとってもスマート!

ファミリーマートを毎日利用する会社員さんや学生さんはもちろんですが、子供の手を引いているときや荷物が多いときにも便利ですよ。

ファミペイボーナスをためられる

ファミペイで決済をするだけで200円ごとに1ポイントを貯めることができます。

これは現金払いにはないとっても大きなサービスですよね!おまけに他社のポイントもひとつもらえるので、日々必要なお買い物をするだけでポイント二重取りができるんです。

ポイント還元率がアップするキャンペーンなども開催されますので、ファミペイアプリでチェックしてみてください。

ファミペイのクーポン配布が嬉しい!

消費税も上がりましたし、本当に必要なものを少しでも安く購入したいと考えるのはみんな同じですよね。クーポンがあればタダでもらえることもあるので見逃せませんよ!

ファミペイだけでファミリーマートをお得に使える

こういったクーポンやボーナスなどの特典をひとつのアプリで管理できるところもファミペイの良いところです。

ファミマに入店してから「あ、そういえばなんかクーポンなかったっけ?」とか「ファミペイボーナスどれくらいたまってたっけ?」とサクッと確認できるので、時間が限られているランチタイムのお買い物の時や、子供のお迎え前などでもファミマをお得に利用できます。

ファミペイのデメリットは?

ファミペイを使うこと自体にデメリットはないのですが、正直なところ「これは不便すぎる!」と感じる部分があります。

クレジットカードがファミマTカードしか登録できない


これはクレジットカードユーザーにとっては残念すぎるところではないでしょうか。ファミマTカードを持っていないとどんなデメリットがあるのかというと、

・クレジットカードチャージができない
・オートチャージができない
・チャージポイントが貯まらない

となります。これって、かなり損をしているような気がします・・・。
特に気になるのがチャージポイントがもらえないところ。

ファミペイは支払いの際に200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)もらえるのですが、チャージポイントももらえたらポイント還元率が倍の1.0%になります。

単純にこれが半分になるので、非常にもったいなく感じてしまいます。

ファミリーマート以外の店舗は使えない

セブンイレブンのnanacoカードなどは、電子マネーとして他のお店でも使うことができますが、ファミペイが使えるリアル店舗はファミリーマートに限られています。

ファミペイをインストール・設定するくらいなら手間もかかりませんし全くデメリットはないのですが、さらにお得に使うためにファミマTカードに申し込みをして登録して・・・と考えると、ファミリーマートの利用率によっては面倒に感じてしまいそうです。

基本的にチャージポイントはナシ、利用ポイントも200円で1ポイント

ファミマTカード以外のクレジットカードはそもそも登録ができないので、持っていない人はチャージポイントがもらえません。

また、ファミペイ利用時にもらえるポイントも200円で1ポイントなので、ファミチキ1個(180円)やブレンドS(100円)・ブレンドM(150円)などではポイントがもらえません。

ファミリーマートにたまにしか行かない人や、毎日行くけど出勤時にコーヒーSサイズしか買わないような利用方法の方には、ポイント面でのメリットはあまり感じられないかもしれません。

ただ、クレジットカードや銀行口座の登録が不要な分、気楽に使えると考えることもできますよね。

ファミペイにチャージしておけばお財布から現金を取り出す手間がなくなるので、レジでの支払いがスマートになるというメリットはやはり大きいと考えられます。

ファミペイにチャージできる金額を知りたい!

ファミマTカード・レジでファミペイにチャージできる金額は以下のとおり決まっています。

レジで現金チャージ 1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、30,000円
ファミマTカード 1,000円、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円、6,000円、7,000円、8,000円、9,000円、10,000円、20,000円、30,000円

 

ファミペイに年齢制限はある?

15歳未満の方は親権者の同意が必要になりますが、同意があれば使うことはできます。

それ以外に年齢制限は特に設けられていませんが、ファミマTカード(クレジットカード)を持てる年齢は18歳からとなっていますので、18歳未満の方はクレジットカードチャージができないことになります。

ファミリーマートのレジで現金チャージを行うようにしましょう。

ファミペイはネット通販・ネットショッピングでも使えるの?

ネット通販・ネットショッピングでファミペイを利用できるのは、「kaema」だけになります。Amazonや楽天市場などでは使うことができません。

ただ、kaemaでファミペイ払いをすれば、通常価格よりもかなり安く購入できることがあります。

例えば、今ならリクライニング機能付きの座椅子が通常価格6,980円のところ、ファミペイ払いなら4,980円!2,000円オフで購入できるんです。

ファミペイユーザー向けのお得なショッピングモールなので、kaemaも覗いてみてくださいね。

<参考>:kaema

ファミペイが納税・公共料金払いに使えるって本当?

公共料金(ガス代、電気代、水道代など)と税金もファミペイで支払うことができます!

ただし、すべてではなく払込票のバーコード部分に記載されている番号の最初の(91)に続く数字が「548691」または「908167」のものはファミペイ払いができません。
ファミペイが納税・公共料金払いに使える
ファミペイ払いができるかどうかも、ファミペイアプリから確認できるようになっています。

●税金・公共料金をファミペイ払いができるか確認する方法

手順1:ファミペイアプリの「New!」をタップして、「公共料金・各種料金お支払い」をタップ。

手順2:四角の中に(91)に続く6桁の数字を入力して「確認する」をタップします。

手順3:次の画面に結果が表示されます。

ちなみに今回は特別区民税・都民税の払込用紙を使ってみたのですが、こちらはファミペイ払いはできますが、ファミペイボーナスは対象外でした。

公共料金でもファミペイボーナスの対象になるものがあり、その場合は「1件につき10ボーナス」もらえますので、お手持ちの払込用紙でチェックしてみてくださいね。

スマホを機種変更したらどうすればいい?

電話番号に変更がなければ新しいスマホにファミペイをダウンロードして、登録している電話番号とパスワードでログインします。

SMS認証が行われるので、認証を完了させれば新しいスマホでもファミペイを使うことができます。ファミペイボーナスも移行されます。

電話番号が変わる場合は、ファミペイアプリ右上の「マイページ」から「電話番号変更」を行います。

新しいスマホで認証が行われますので、手続きを進めてください。

盗難にあった、またはスマホを紛失してしまった場合は、ファミペイサポートセンターに問い合わせを行いましょう。

●ファミペイサポートセンター
0570-099-899(ナビダイヤル)
092-235-4544(固定電話)
営業時間9:00~21:00(年中無休)

ファミペイを退会したらファミペイボーナスはどうなるの?

ファミペイを退会すると、たまっているファミペイボーナスは全て失効してしまいます。
退会前に使い切ってしまうようにしましょう。

ファミマTカードってどんなクレジットカード?年会費は?

年会費 無料
国際ブランド JCB
付帯カード ETCカード(入会金・年会費無料)
※家族カードの発行はありません
付帯保険 ・盗難保障
・JCB海外お買い物保険
・本人認証サービス
申し込み資格 18歳以上(高校生を除く)
返済日は? 毎月1日

 
年会費無料ですし、海外旅行のお買い物保険も付帯しています。

Tポイントカード機能もありますので、ファミマ以外ではTポイントカードとして使うこともできます。

ただ、ひとつ非常に大きなデメリットというか注意点があるので、絶対に理解してから申し込みをするようにして下さい。

その注意点とは、初回申し込み時は「リボ払い」設定になっているということ。

質問:ファミマTカードを一括払いで利用したのに、リボ払いで請求がきました。どうしてですか?

回答:ファミマTカードは、お支払金額を自由に決められる自由返済型のリボ払いカードです。そのため、一括払いでご利用された場合でもリボ払いでのご請求となります。

ファミマTカードのQ&Aより引用

ファミマTカードに申し込みをするときに1回払いを選ぶことはできず、ファミマTカードを入手した後に自分で設定を変更しないとリボ払いのまま使い続けることになってしまうんです。

このことを理解しないまま申し込みをしてしまって、気がついたらリボ払いがたまっていた・・・というユーザーも大勢います。

「リボ払い専用カードだけど、自分で1回払いに変更できるなら問題ないんじゃ?」と考えることもできるのですが、私個人的にこのやり方はファミリーマートという身近なコンビニでキャッシュレス決済デビューしようとしているクレジットカード初心者に非常に不親切だと感じます。

ただ、ファミペイにファミマTカードを登録してクレジットカードチャージにすると、

・チャージポイント:0.5%
・ファミペイ利用ポイント:0.5%
・楽天ポイント、dポイント、Tポイントのいずれか:0.5%

合計1.5%ポイントがもらえてポイント三重取りができるので、お得なことは間違いないんです。

ファミペイにファミマTカードをセットするなら、特徴をよく理解してから申し込みをして、必要なければリボ払い設定を外しておくことを強くおすすめします。

ちなみにファミマTポイントカードをファミペイに設定しても、Tポイントとファミペイボーナス同士を移行させたり交換することはできません。

ファミペイのまとめ:本当の使い勝手はどう?

ファミペイは2019年7月に始まったばかりなのに、ポイントカードとの連携を強化したり、公共料金・税金の支払いにも利用可能になる(しかもポイントゲットのチャンス!)など、サービスの充実が非常に早いです。

また2020年1月にはファミペイで利用できる回数券サービスを実施することも決定しています。

この回数券は自分で使うだけでなくSNSを使ってお友達にプレゼントすることもできるんです!

実店舗はファミマでしか利用できないという大きな制限はありますが、これからのサービス拡大にも大いに期待できます。

ただ、クレジットカードチャージがファミマTカードに限られてしまっている以上、クレカがない人はコンスタントにチャージする方法がファミマレジによる現金チャージに限られてしまいます。

混んでるレジに並んでチャージしてまで使いたいかな?と思うと微妙でもあります。
せめて口座引き落としができると良いのですが・・・。

キャッシュレス決済はスマートに決済することが目的でもあるので、クレジットカード連携も含めて、ファミペイにはもうすこし使い勝手が良くなってくれることに期待です!

PAGETOP