P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)の審査難易度は?特典やポイント還元率なども解説

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)というクレジットカードをご存知でしょうか?

コマーシャルなどでは見かけることがないので聞いたことないという方も多いと思いますが、P-one Wizは使い方によってはかなり実力のあるクレジットカードなんです。

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)は年会費無料なのに利用代金が1.0%オフになり、さらに0.5%のポイントがもらえるとなると興味が出てきませんか?

でも、非常に大きな注意点と利用開始までに絶対にやっておきたい手続きもあるという、P-one Wizはちょっと変わったクレジットカードでもあるんです。

本記事ではP-one Wiz(ピーワン・ウィズ)のポイントや還元率、特典、審査難易度、メリット・デメリット、注意点、支払い方法や締め日、付帯保険など詳しくご紹介しますので、気になる方はぜひご覧くださいね。


もくじ

P-one Wizとは?年会費や利用枠、国際ブランドなどカード概要を紹介

年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
申し込み資格 18歳以上の方(高校生の方は除く)で、ご自宅に電話連絡可能で、なおかつ安定した収入のある方、またはその配偶者
付帯保険 ・紛失・盗難保障
・購入商品安心保険
ポイント還元率など ・請求時に1.0%割引
・ポイント還元率0.5%(Tポイントの場合)
追加カード 家族カード、ETCカード
利用枠 ショッピング上限200万円・キャッシング上限150万円
キャッシング金利 14.95%~17.95%
公式サイト こちら

 

P-one Wizの発行会社はファミマTカードなどを発行しているポケットカード株式会社です。

P-one Wizの絶対に知っておきたい最も大きな特徴としては支払い方法が必ずリボ払いになるというところ。

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)は「リボ払い専用カード」と呼ばれているクレジットカードになるんです。

それから、P-one Wizは常に利用金額から1.0%割引になるというとても嬉しい特典もあります。

クレジットカードを利用するシーンは様々ですが請求時に1.0%割引があるので、P-one Wizを使っていれば何もしなくてもお得な割引を受けられることになります!

P-one Wizの審査は厳しい?審査難易度について

P-one Wizは還元率が合計1.5%、年会費も無料で実質1回払いも選択可能なので、非常に魅力的なクレジットカードですが気になるのは審査難易度ではないでしょうか?

P-one Wizの審査はそこまで厳しくないと思われる

結論から言ってしまうと、P-one Wizの審査はそこまで厳しくはないでしょう。

なぜ審査が厳しくないと予想できるのか?その最も大きな理由がP-one Wizはリボ払い専用カードであるということ。

P-one Wizはリボ払い専用カードであること

P-one Wiz (ピーワン・ウィズ)はリボ払い専用カードになるのですが、一般的にリボ払い専用カードの審査はそこまで厳しくありません。

カード会社からすると、手数料を払って欲しいためリボ払いをより多くの人に利用してもらいたいというのが本音ですし、リボ払いなら毎月の返済額を数千円に抑えることができるということで、そこまで年収が高い人でなくても安定した返済ができることになります。

貸し倒れも防ぎやすいし手数料からの儲けも出やすいので、多少審査難易度を下げてでも利用者を増やしたいという背景からそこまで厳しい判断が行われないと推測できます。

そもそも審査申し込み条件が緩い!

P-one Wiz (ピーワン・ウィズ)の審査申し込み資格は「18歳以上の方(高校生の方は除く)で、ご自宅に電話連絡可能(携帯電話でOK)で、なおかつ安定した収入のある方、またはその配偶者」となっています。

これ以外の年収や勤続年数などの制限はありませんので、P-one Wizは申し込み条件としてはとても緩い設定になっています。

クレジットカード会社も18歳になって間もない方が大きな年収を得ていないことは理解しています。

また、P-one Wizは大学生・専門学生なども対象となっていますし、雇用形態に指定もないためパート・アルバイトの方も対象です。

P-one Wizはこういった年収面で不安がある人の申し込みも歓迎しているクレジットカードなので、審査難易度もそこまで高くはないと想定できるんです。

ただし!こういう人はP-one Wiz でも審査落ちの可能性がある

しかし、いくら柔軟な審査が期待できるP-one Wizだからといっても、審査難易度としては厳しくはないという程度で、あくまでも標準の範囲です。

以下に該当するようであればP-one Wizでも審査ちの可能性が高いです。

クレヒスが悪い人

クレヒスとは信用情報のこと。これまでのクレジットカードの利用履歴、分割払い(ローン)の利用履歴などの情報は信用情報機関というところに一定期間記録されています。

この記録のことをクレヒスと呼んでいて、悪い記録が残っている人は審査通過が厳しくなってしまうんです。

例えば、他社のクレジットカード返済が2~3ヶ月遅れたことがある、強制解約になった、スマホ本体の分割払い代金の支払いを延滞したことがあるなど、これらの情報を見たクレジットカード会社は、「この人にうちのクレジットカードを発行しても、きちんと返済してもらえないかもしれない・・・」と考えます。

P-one Wizのようなリボ払い専用カードや年会費無料の一般カードの審査では、年収の高さよりも、このクレヒスを重視する傾向があるので、心当たりがある人は審査通過が厳しいかもしれません・・・。

クレヒスがない人

クレヒスは信用情報機関に記録されている情報なので、これまで1度もクレジットカードを作ったことがない人、分割払いを利用したことがない人はクレヒスが無いことになります。

また、過去にクレジットカードを持っていても、クレヒスが悪くクレジットカードが作れなかったことからクレヒスが真っ白という人もいます。

これまでクレジットカードを持ってこなかった人というのは、あくまでも自分の意思で持たなかった人になるので、クレジットカードを作れない人とは性質が全く異なります。

しかし残念なことにクレジットカード会社ではこの2つを区別して審査をすることができません。

つまり、クレヒスが無い人というのはそれだけで審査が不利になるんです。

もちろん、10代~20代の若い方はクレヒスがなくても当然なので、継続した収入があればそこまで不自然に思われることはありません。注意したいのは30代以降の方になります。

クレヒスが無いことが絶対に不利になるということでもないのですが、不安要素であることは間違いないでしょう。

P-one Wizの年会費と追加カード

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)は年会費無料のクレジットカードですが、追加カードとしてETCカードと家族カードを発行できます。

P-one WizのETCカードは有料になる

P-one WizのETCカードは新規発行時に1,100円(税込)の発行手数料がかかり、有効期限を迎えた際の更新発行手数料としてさらに1,100円(税抜)かかります。

他社の場合ETCカードは無料~500円で発行・更新できることもあるので、P-one WizのETCカードの価格設定はやや高めだと感じます。

P-one Wizの家族カードは無料

P-one Wizの家族カードは本人会員カード1枚につき、家族カード3枚まで発行でき、発行手数料も年会費も無料です。

お得!P-one Wizの1.0%オフについて

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)を利用すると、その利用代金から1.0%割引になった金額が請求されることになります。

この1.0%割引がP-one Wiz(ピーワン・ウィズ)の最も大きなサービスになります。

P-one Wiz の場合、1か月に10,000円分クレジットカードを使った場合、9,900円が引き落とされることになるわけですね。

割引額の上限はありませんし、電気、ガス、水道料金、国民年金などの公共料金の支払いもP-one Wiz(ピーワン・ウィズ)なら1.0%割引の対象になります。

さらに嬉しいのがこのP-one Wiz(ピーワン・ウィズ)のサービスには利用代金に関係なく一律1.0%割引になるところで、100円のお買い物でも1.0%割引の対象になるので、クレジットカード利用が少ない人も多い人もサービスを受けることができるんです。

P-one Wizの1.0%割引サービスは、自動的に割引が適用されるので、ポイント移行の手間もないですし使うだけで日常のお買い物がお得になります。

P-one Wiz で1.0%割引の対象外になるものは?

ただし、以下の決済は「P-one Wiz 1.0%割引」の対象外になりますのでご注意ください。

サンリブ、マルショク、ポケットカードトラベルセンター、電子マネーチャージ、金券類、生損保等の各種保険料、ETCカード利用代金、キャッシング返済

ETCカード利用分も1.0%の割引対象外になるということで、やっぱりP-one WizはETCをお得に使えるクレジットカードではなさそうですね。

P-one Wizのポイント制度

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)には1.0%割引とは別に「ポケット・ポイント」というポイント制度も用意されています。

P-one Wizの「ポケット・ポイント」の貯め方は?

P-one Wiz では、1,000円の利用ごとにポケット・ポイントが1ポイント貯まります。
P-one Wizを1ヶ月に10,000円分使うと、利用代金から1.0%の割引があるので支払金額は9,900円になり、ポケット・ポイントが9ポイント付与されることになるわけです。

ポケット・ポイントの使い方は?

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)で貯めた「ポケット・ポイント」の使い道はいろいろあります。

●ポケット・ポイント交換先の例
・ギフトカタログ
・チケット、商品券
・ホテル、食事券
・楽天ポイント、キャッシュバック
・Tポイント
・JALマイレージバンク
・dポイント
などなど

ポケット・ポイントの交換先は豊富なのですがP-one Wizユーザーにおすすめなのは、Tポイントへのポイント移行です。

なぜTポイントへの移行がお得なの?

P-one Wizで貯めたポケット・ポイントは「1ポケット・ポイント=Tポイント5ポイント」に交換ができます。(交換単位は100ポケット・ポイント以上100ポイント単位)

P-one Wizで貯めたポケット・ポイントをTポイントに移行する場合はポイント還元率が0.5%になるので、1.0%割引にプラスすると還元率は1.5%になるんです。

近年はクレジットカードポイント還元率が軒並み下がっており、1.0%でも高還元と言われていますので、P-one Wizの1.5%は非常に大きいですよ!

ポイント還元率0.5%はP-one Wizだけの特典!

ポケットカード株式会社はP-one Wiz以外にもクレジットカードを発行しているのですが、他のカードでは1ポケット・ポイント=Tポイント3ポイントとなるので、還元率が0.3%に下がります。

1ポケット・ポイント=Tポイント5ポイントに交換できるのはP-one Wizだけの特典なので、これは利用しないともったいないですよ!100ポイントと少数から交換できるのも嬉しいところです。

P-one Wizを使ったネットショッピングは「ポケット・モール」で!

「ポケット・モール」は、P-one Wizを発行するポケットカードが運営するインターネットのショッピングモールです。

いつものお買い物でも、P-one Wizを使って「ポケット・モール」を経由して購入するだけでポケットポイントがどんどんたまるんです。

例えば「ポケット・モール」を経由して楽天市場でお買い物をするとポケット・ポイントがプラス2%たまります。

しかも、楽天スーパーポイントも別にたまるので、ポイント二重取りが可能!P-one Wiz会員になったら是非利用してみてくださいね。

<参考>:ポケットモール

P-one Wizの付帯保険

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)の付帯保険は紛失・盗難保障と購入商品安心保険の2つになります。

P-one Wizの紛失・盗難保障

P-one Wizカードを紛失してしまった場合や、盗難にあってしまった場合の保障になります。

万が一、P-one Wizを不正利用されてしまった場合に、紛失・盗難届けを提出した日を挟んだ前後60日(合計121日)の損害を補償してもらうことができます。

この不正利用の保証は一般的なクレジットカードならだいたい付帯しているもので、期間は60日程度であることが多く、長くても90日となっているケースがほとんどですが、P-one Wizは121日間の保証になるので、保証日数が非常に長くなっています。

P-one Wizの購入商品安心保険

P-one Wizで購入した商品が偶然の事故で損害を受けた場合に保証される保険で、補償期間はP-one Wizで購入した日から90日以内で、補償額は年間50万円(免責額3,000円)です。

P-one Wizに旅行保険はついていないの?

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)に海外旅行保険・国内旅行保険はついていませんが、海外旅行のホテル予約や、万が一のトラブルを相談できる「ポケットワールドデスク」は利用可能です。

P-one Wizにキャッシング枠でお金を借りる

キャッシング枠はクレジットカードを使ってお金を借りることができる機能ですが、P-one Wizでは金利14.95%~17.95%、上限150万円でお金を借りることができます。

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)の金利と限度額は審査によって決まるのですが、クレジットカードキャッシング枠は、ショッピング枠に含まれる形になります。

例えばショッピング枠が100万円、キャッシング枠が40万円に設定された場合、P-one Wizの利用総額が100万円になるんです。

キャッシング枠の40万円で全額お金を借りてしまうと、ショッピング枠で利用できる金額は100万円-40万円の60万円になります。

キャッシング枠でお金を借りすぎるとP-one Wizでのお買い物に影響してきますので気をつけましょう。

P-one Wizのキャッシング利用代金の返済方法

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)のキャッシング枠で借りたお金の返済方法は「キャッシング一括払い」「キャッシングリボ払い」の2種類です。

キャッシング一括払い

毎月月末に締め切って、翌々月1日に「元金+利息」を全額返済する方法で、借入額に関係なく翌々月の1日に口座引き落としでの返済になりますので、残高不足に注意しましょう。

キャッシングリボ払い

P-one Wizのキャッシング利用残高によって一定額を毎月支払う方法で、返済額は利用月末の借入残高によって以下のように決まっています。

利用残高 返済額(最少返済額)
~50,000円 3,000円
50,001円~100,000円 4,000円
100,001円~150,000円 6,000円
150,001円~200,000円 8,000円
200,001円~250,000円 10,000円
250,001円~400,000円 12,000円
400,001円~500,000円 15,000円
500,001円~600,000円 18,000円
600,001円~700,000円 21,000円
700,001円~800,000円 24,000円
800,001円~900,000円 27,000円
900,001円~1,000,000円 30,000円

 
例えば10月31日に10万円の借り入れがある場合、翌々月の1日となる12月1日に4,000円を返済することになります。

返済額は変更できる?

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)の場合、毎月の返済額は最少返済額以上の金額であれば変更することができ、変更はパソコン・スマホのネット会員専用サービスまたは電話で行います。

●電話
・携帯電話以外
0120-12-9255
・携帯電話
0570-064-373
・IP電話および携帯電話各社のかけ放題プラン利用の方
06-7635-2677
受付時間9:00~18:00(年始休業)

P-one Wizの支払方法はリボ払いになる

P-one Wizはリボ払い専用のクレジットカードなので、返済方法はリボ払いのみになり、分割払いやボーナス2回払いは選択できません。

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)でお買い物をした利用残高によって一定額を毎月返済することになるんです。

通常のリボ払いは利用残高の合計によって毎月一定の返済額が決まるのですが、P-one Wizのリボ払いでは「リボ払い(最少お支払金額)」と「ずっと全額コース」の2つから選択することができます。

P-one Wizのリボ払い(最少お支払金額)

毎月月末の利用残高によって、毎月最少返済額で支払いを行う方法です。

●最少返済額

締切日残高 弁済金(月々の支払額)
~100,000円 3,000円
100,001円~150,000円 4,500円
150,001円~200,000円 6,000円
200,001円~250,000円 7,500円
250,001円~300,000円 9,000円
300,001円~350,000円 10,000円
350,001円~400,000円 12,000円
400,001円~500,000円 13,000円
500,001円以上は、100,000円増すごとに 3,000円ずつ加算

 
例えば利用残高が10万円の場合、毎月3,000円ずつ返済していくことになります。

なお、P-one Wizのリボ払いは最少返済額以上の金額を返済すれば良いので、毎月の返済額は自由に設定することもできます。

また、P-one Wizの場合、お財布に余裕があるときに多めに返済したり、全額まとめて返済することも可能です。

●注意!カード到着時は「リボ払い(最少お支払金額)」になっている
P-one Wiz新規申し込み時はこちらの「リボ払い(最少お支払金額)」になっていますので、必要に合わせて次の「ずっと全額コース」に変更しましょう。

P-one Wizのずっと全額コース

P-one Wizの「ずっと全額コース」は、ショッピング利用代金を毎月全額支払いする返済方法です。

利用代金を毎月一括払いで返済することになるので、P-one Wizの「ずっと全額コース」は手数料も利息もかかりません。

P-one Wizの「ずっと全額コース」なら、通常のクレジットカードの一括払いと同じ感覚で利用できます。

P-one Wizはリボ払い専用クレジットカードになるのですが、リボは嫌だ!という方はこの「ずっと全額コース」に変更するようにしましょう。

P-one Wizは返済方法がとても柔軟

リボ払いは発行会社に支払う手数料が多くなるため、クレジットカード会社はより多くの人に利用して欲しいと考えています。

そのため、クレジットカード会社や銀行はリボ払いでたまるポイントをアップしたり、リボ払いを利用すると年会費の割引をするなど、利用者が魅力を感じやすいような特典をつけることがよくあります。

P-one Wizも同じで、リボ払い専用カードだからこそポイント還元率が高くなっているんです。

ただ、P-one Wizには「ずっと全額コース」があるので、リボ払い専用カードの特典を受けつつ、支払いは全額一括払いにして無駄な手数料を節約するということも可能ということになります。

お得にP-one Wizを使うなら、支払い方法は「ずっと全額コース」を選択するのが必須ですが、どうしてもお財布が苦しい時には一時的に「リボ払い(最少お支払金額)」を利用することもできます。

P-one Wizの支払い方法はインターネットの会員サイトからいつでも変更ができます。

P-one Wizの初期設定は「リボ払い(最少お支払金額)」になっているので忘れずに「ずっと全額コース」に変更するようにしましょう。

P-one Wizの「ポケット・サポート・サービス」

「ポケット・サポート・サービス」は年会費1,800円(税抜)で日々の生活トラブルに対応してもらえるサービスですが、P-one Wiz会員は、「ポケット・サポート・サービス」をオプションとしてつけることができます。

ポケット・サポート・サービスのサービス内容

●カーライフサポートサービス
車に万が一のことがあったときのレッカー牽引、緊急時の修理、帰宅費用、宿泊費用などのトラブルをサポートしてくれます。

▼カーライフサポートサービスサポート内容

・レッカー牽引・落輪引き上げ
・故障時緊急修理
・帰宅費用
・宿泊費用
・修理後お届け
・紹介・手配サービス
・ハウスサポートサービス

●ハウスサポートサービス
家の中の急なトラブルなど、突然の出来事で「どこに相談すればいいの??」とパニックになってしまいそうな時にも迅速に対応してくれます。

▼ハウスサポートサービスの内容

・水周りの応急処置
・玄関の鍵開け
・引越し業者紹介
・ホームセキュリティー紹介
・スペアキー作成業者紹介
・ハウスクリーニング紹介
・ライフサポートサービス

●ライフサポートサービス
健康相談、医療機関の案内など、元気な日々を楽しむためのサービスです。

▼ライフサポートサービスの内容

・健康・医療・介護電話相談
・病院情報
・夜間・休日医療機関案内
・人間ドック施設紹介
・介護関連業者紹介
・その他サービス

P-one Wiz会員は、これらすべてのサポートを年会費1,800円(税抜)で受けることができます。

P-one Wizの「カーライフホッとライン」

P-one Wizの「カーライフホッとライン」は、その名のとおりカーライフを応援してくれる有料オプションで、年会費は700円(税抜)になります。

P-one Wizの「カーライフホッとライン」は、本当に困った時に必要なサービスを手頃な年会費で受けることができますので、車に日常的に乗る人はぜひチェックしてみてください。

カーライフホッとラインのサービス内容は?

●故障時緊急修理サービス
突然の故障で自走が不可能になった場合に現場に来てくれるサービスで、30分程度の現場復旧可能な軽作業を無料で行ってくれます。

・スペアタイヤ交換
・バッテリー上がり
・カギ開け
・ガス欠
・冷却水の補充
・ボルト締め付け
・各種バルブ/ヒューズ交換
・サイドブレーキの因着
・各種オイル漏れ点検・補充
など

●レッカー急行サービス
車が自走不能となった時に電話1本でレッカー車を手配してくれます(レッカー移動20kmまで無料)。

●事故・故障発生時のサポートサービス
事故または故障で100km以上離れた場所で車が自走できなくなった場合に提供してもらえるサービスです。

・帰宅費用(20,000円まで負担)
・宿泊費用(15,000円まで負担)
・修理車両搬送(50,000円まで負担)

P-one Wizの解約・退会方法

不要になったクレジットカードは解約しておいたほうが安心ですので、今後P-one Wizが不要になったときのために解約方法を知っておきましょう。

P-one Wizの解約手続きは電話になりますので、P-one Wizカードを手元に用意して、以下の番号にかけてください。

●ポケットカードお客さまセンター
携帯電話から:0570-064-373
携帯電話以外から:0120-12-9255
IP電話および携帯電話各社のかけ放題プラン利用の方向け:06-7635-2677

受付時間9:00~18:00
※年始休業

【まとめ】P-one Wizのメリット・デメリット

最後にP-one Wiz(ピーワン・ウィズ)クレジットカードの特徴をメリット・デメリットに分けてご紹介します。

P-one Wizのメリットは?

●P-one Wizはポイント還元率が高い!
P-one Wizは常に1.0%の割引があることに加え、ポケット・ポイントもたまるので、ポイント還元率は非常に高いと言って間違いありません。また、毎月自動的に1.0%割引が行われるので、P-one Wizなら有効期限切れの心配もありません。

P-one Wizでもらったポイントを最大限生かすためにも、ポケット・ポイントはTポイントに移行して利用することをお勧めします。これでP-one Wizのポイント還元率は業界最高の1.5%になります!

●P-one Wizは年会費が無料
年会費が無料のクレジットカードはたくさんあるのですが、付帯しているサービスがイマイチ・・・ということもよくありますが、P-one Wizは年会費無料なのにポイント還元率は1.5%というところが魅力。

●P-one Wizは保証が手厚い!
年会費無料なのに合計121日間も損害補償を受けられる「紛失・盗難補償」も付いています。
また、国際ブランドごとに独自の保証やサービスを受けることもできます。

●リボ払い専用なのに支払方法を実質一括払いにできる!
P-one Wizは、基本はリボ払い専用クレジットカードになるのですが、「ずっと全額コース」に設定すれば、毎月クレジットカード利用代金を一括払いで返済することができます。P-one Wizならリボ払い専用カードの特典を受けながらリボ払い手数料の節約も可能です。

P-one Wizのデメリットは?

●そもそもリボ払い専用カード
P-one Wizなら実質一括払いのような支払方法が可能ではありますが、リボ払い専用カードという性質は変わりません。そのため、P-one Wizでボーナス2回払いや分割払いはできません。P-one Wizの場合、一括払い以外の支払方法は必ずリボ払いになるので、手数料が発生することになります。

●カード到着時は「リボ払い(最少お支払金額)」になっている
「ずっと全額コース」でP-one Wizを使いたい場合は、利用する前に変更手続きを行う必要がありますのでご注意ください。

●P-one Wiz はETCカード維持費が高い
P-one Wiz のETCカード発行手数料が1,100円、更新料も1,100円ですし、ETCカード利用分はポケット・ポイントの対象外になります。P-one WizでETCカードを発行するメリットは無いでしょう。

●P-one Wizには旅行保険が付いてない
P-one Wiz (ピーワン・ウィズ)には海外・国内旅行傷害保険がありませんし、オプションとしてつけることもできません。

P-one Wiz (ピーワン・ウィズ)にはデメリットもありますが、それ以上に魅力があるクレジットカードだと言えます。

特にP-one Wizのポイント還元率の高さはダントツですし、「ずっと全額コース」を最初に選択しておけばリボ払いのリスクも怖くありませんよ!

PAGETOP