JRAカードの審査難易度は?指定席の予約特典や競馬場来場ポイントもGETできる!

JRAカードは、JRA(日本中央競馬場)と三菱UFJニコスが提携して発行しているクレジットカードで、簡単に言ってしまうと、競馬好きさんのためだけのクレジットカードです。

JRAカードなら競馬場の指定席の予約ができったり、貯めたポイントは競馬グッズに交換できますし、なんと来賓席・来賓室の招待券に交換することもできるんです。

JRAカードは、ショッピングや公共料金の支払いなど、いつものお買い物でもポイントを貯めることができるのですが、なんと競馬場に行くことでポイントを貯めることもできます。

競馬場に足繁く通うくらいの競馬ファンの方は、RAカードを持っておかないと損ですよ!

ここでは、JRAカードの審査難易度や、JRAカードの年会費やポイント還元率、競馬場来場ポイント、指定席の予約特典、付帯保険、ETCカードなど特徴を詳しく解説していきます。


もくじ

JRAカードとは?年会費や国際ブランドなどカード概要を紹介

申し込み資格 20歳以上で安定した収入がある方。または20歳以上の学生。
※高校生は除く
※未成年者は申し込み不可
年会費 初年度年会費無料
次年度以降1,250円(税別)
※学生の方は在学期間中無料
国際ブランド VISA、MasterCard
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
・ショッピングパートナー保険サービス
※VISAブランドのJRA NICOSカードのみ
ポイント還元率 ・1,000円で1ポイント(ポイント還元率1.0%)
・競馬場来場ポイントもあり!
追加カード ETCカード
電子マネー なし
公式サイト JRA三菱UFJニコス

 

JRAカードの国際ブランドは2種類

JRAカードの国際ブランドはVISAまたはMastercardの2種類から選ぶことができます。
VISAブランドは「JRA NICOSカード」、Mastercardブランドは「JRA DCカード」になります。

カードデザインを選べるのはJRA DCカード

MastercardブランドのJRA DCカードなら、名名馬のカードデザインを11種類から選択することができます。
JRAカードデザイン11種類

一方、ISAブランドのJRA NICOSカードはJRAカードのロゴ入りデザインのみになってしまいます。

見た目重視の方はJRA DCカードを選択することになるのですが、後ほどご紹介する付帯保険があるのはJRA NICOSカードだけになります。

JRAカードはメインカードとして使っても良いのですが、どちらかというとサブカードに適していますので、すでに他のクレジットカードを持っていて、JRAカードはサブカードで良いなら、カードデザインで選んでしまっても良いでしょう。

・見た目重視!:JRA DCカード(Mastercard)
・機能重視!:JRA NICOSカード(VISA)

JRAカードの申し込み対象者

クレジットカードの中には18歳から申し込み可能なものもあるのですが、JRAカードは20歳以上の方を対象としていて未成年の方は申し込みができません。

⇒未成年でも審査に通るクレジットカードはある?

20歳以上なら学生もJRAカードにし込み可能(高校生不可)となっています。

⇒学生でもクレカの審査に通る?【高校生・専門学校生・短大生・大学生】

JRAカードの年会費はいくら?

JRAカードの年会費は初年度無料、次年度以降は1,250円(税別)になり、学生は在学期間中の年会費が無料となり卒業後から支払うことになります。

JRAカードはETCカードを発行可能

JRAカードは、追加カードとしてETCカードを発行でき、年会費は料なのですが、ETCカードの規発行手数料として1,000円(税別)が必要になります。

JRAカードのETCカードの場合、費用がかかるのは初回のみですが、手数料無料でETCカードを発行できるクレジットカードもあるので、少しもったいない気もしますね。

JRAカードは家族カードを発行できる?

JRAカードに家族カードはなく、本会員のみが入会できるようになっています。

また、近年のクレジットカードにはQUICPayなどの電子マネーとして使える機能、Apple Payなどのスマホ決済サービス機能が付帯しているものも多いのですが、JRAカードにはそういった機能もついていません。

JRAカードの場合、利用明細の送付に90円かかる

JRAカードの利用明細はインターネットで確認ができる「オンライン明細書切替サービス」と「はがき・封書によるご利用代金明細書」を選ぶことができます。

ただ、JRAカードの「はがき・封書によるご利用代金明細書」の場合、1通あたり90円(税別)の手数料がかかってしまいます。

入会後6ヶ月間は無料なのですが、それ以降は毎月手数料がかかってしまいますので、JRAカードの明細はインターネットで確認することをおすすめします。

JRAカードの審査は厳しい?甘い?審査難易度について

JRAカードは、審査申し込みから2週間程度でカードが到着します。

JRAカードの審査基準はどうなっているのかというと、ハードルが高いクレジットカードではありませんが、決して審査が甘いとは言えないでしょう。

競馬好きの方のためのカードであるということ

はっきり言ってしまうと、JRAカードは競馬に興味がない方にとっては無用のクレジットカードになので、日常使い用のクレジットカードとしてではなく、競馬関連にサービスに使いたいという方に選ばれやすいカードということになります。

一般的なクレジットカードの中には18歳(高校生は除く)から利用できるものもありますが、JRAカードの申し込み対象者は「20歳以上で安定した収入がある方、または20歳以上の学生」となっていて未成年は対象外としています。

少なくとも成人していて安定した収入がないとJRAカードの審査に申し込みができないので(学生は収入がなくてもOK)、その点はクリアしておく必要があります。

JRAカードの審査では信用情報もしっかりチェックされる

これはJRAカードだけではないのですが、クレジットカードの審査は申し込み内容からわかる「属性」と、信用情報機関に記録されている「信用情報」で判断されることになります。

属性は性別、年齢、勤務先、勤続年数、居住形態などなど、その人の現在の状況で、これらはJRAカードの申し込み時に申告するものなので間違いがないように記入する必要があります。

信用情報は、これまでのクレジットカード・カードローン・各種分割払いなどの使い方、返済状況、延滞記録などのお金の使い方の履歴になります。

こういったクレジットカードの利用履歴のことをクレヒスと呼んでいて、過去一定期間分が信用情報機関に記録されているんです。

クレジットカードの審査は、この属性と信用情報が良い人が有利になり、悪い人は不利になります。
不利になってしまった人は、限度額が少なくなったり、JRAカードの審査に落ちてしまうこともあります。

こういった審査はどんなクレジットカードでも行われることなのですが、JRAカードに申し込みをする人の中には、競馬が好きすぎてついのめり込んでしまったことがある方もいるでしょう。

極端な例ですが、過去にカードローンでお金を借りてまで競馬をやってしまい大幅に延滞したことがあるとか、借りたお金を返すことができずに債務整理をしたことがある人などはJRAカードに申し込んでも審査落ちする可能性が高いです。

こういった悪いクレヒスも信用情報機関に一定期間記録が残るので、JRAカードの審査時に分かってしまうんです。

ちなみに延滞の記録は「延滞が解消されてから最長5年間」、自己破産の記録は5年~10年など、項目によって記録期間が決まっています。

以下の項目に当てはまる方はJRAカードの審査通過が厳しいでしょう。

・過去5年以内に2ヶ月以上の延滞をした
・過去5年以内に短い期間の延滞を複数回してしまった
・過去5年以内に債務整理をした(自己破産を除く)
・過去10年以内に自己破産をした
など

クレジットカードを作ったことがない人も要注意!

20代の方なら問題ないのですが、30代になってもクレジットカードを1度も作ったことがない人もJRAカードの審査が少し難しいかもしれません。

・クレジットカードを作ったことがない
・分割払いを利用したことがない
・スマホ本体代金を分割払いにしたことがない(2年縛りなど)
・各種ローンを組んだことがない

など、こういったことに該当する人は、信用情報機関に記録が全くない「スーパーホワイト」と呼ばれる状態です。

⇒クレヒスなし「スーパーホワイト」だとクレカの審査に落ちる?

スーパーホワイト状態になる理由として考えられることは2つあり、ひとつは、これまですべてのお買い物を現金払いで行ってきた堅実な人。

もうひとつは、クレヒスが悪くクレジットカードが作れなかったために利用履歴がない人です。

クレヒスが悪い状態のことを「ブラックリスト」と言い、ブラックリスト入りしている間はクレジットカードを作ることが難しくなります。

そのため、ブラック状態から解消されたばかりの人は信用情報機関に何も記録がないスーパーホワイトと同じ状態になっているんです。

クレジットカード会社の方では、現金払い派の人だからスーパーホワイトなのか、ブラックリスト入りしていたためにクレヒスがないのかを判断することはできませんので、JRAカードの審査が不利になってしまう可能性があるのです。

もちろん、スーパーホワイトだからJRAカードの審査に絶対に通過できない、ということはありませんので、誤解のないようにお願いいたします。

JRAカードを作りたい!審査通過を目指すにはどうすればいい?

JRAカードの審査に通過するためのコツがあったら知りたいですよね!どうすればJRAカードの審査落ちを避けることができるのでしょうか?

JRAカードの申し込み内容は正確に!

基本的なことですが、クレジットカードの申し込み内容は正確に申告する必要があり、うっかりミスも絶対にダメです。

なぜかというと、クレジットカード会社の方ではうっかりミスと審査通過を狙って故意に嘘をついたのかどうかを見極めることができないから。

申込者さんは嘘をつくつもりがなく本当にただの凡ミスだったとしても、クレジットカード会社の方では「審査に通りたいために狙って嘘をついたのでは?」と思われてしまうこともあるので、ミスは絶対になくすようにしましょう。

⇒クレジットカード審査時に虚偽申告したら?年収など嘘つくのはダメ

JRAカード以外のクレジットカードに申し込みをしない

複数のクレジットカードに次々と申し込みをして、審査に通りにくくなっている状態を「申し込みブラック」と呼び、クレジットカード会社はこの申し込みブラックをとても警戒します。

なぜ申し込みブラックがダメなのかというと、短期間にいろんなクレジットカードに申し込むということは、

・よほどお金に困っている
・何か不正利用を企んでいる
・利用代金をきちんと返済してくれるか不安がある

など、ネガティブな要素がとても多いことになるから。

JRAカードに限らずですが、クレジットカードの申し込みは本当に必要なカード1枚だけにしておきましょう。

⇒申し込みブラックだとカードローン審査に影響が?解除されるのはいつ?確認方法も解説

JRAカードの特典

JRAカードの特典は、なんといっても競馬に関連したサービスが充実していることでしょう。

JRAカードがあれば競馬場指定席の予約が可能!

JRAカード会員は、スマホ・パソコンから、競馬場の指定席を予約することができます。

●指定席予約可能な競馬場は?
札幌競馬場、函館競馬場、福島競馬場、新潟競馬場、中山競馬場、東京競馬場、中京競馬場、京都競馬場、阪神競馬場、小倉競馬場

JRAカード非会員(一般会員)との違いは?

指定席の予約はJRAの会員登録をしておけばJRAカード会員じゃなくてもできるのですが、この場合は日本ダービー(GI)当日の東京競馬場、および有馬記念(GI)当日の中山競馬場は予約ができません。

JRAカードは上記レースを含む全開催日の指定席予約が可能となっているので、優遇されていることになりますね。

その他のJRAカードと一般会員の違いは以下のようになっています。

JRAカード会員 一般会員
予約対象競馬場 全競馬場
予約対象開催日 全開催日 一部開催日を除く
先着による予約申込開始日 3回前水曜日に予約開始 2回前木曜日に予約開始
抽選発売による予約申込可能期間 「先行抽選申込期間」「一般抽選申込期間」いずれも申込可能 「一般抽選申込期間」のみ申込可能
ポイントプログラム 設定あり 設定なし
年間シート 購入可能 購入不可
年会費 1,250円(税別)
※JRAカード年会費
無料(事前の会員登録が必要)
決済方法 JRAカード 各種クレジットカード(一部クレジットカードを除く)

 

競馬場によく足を運ぶファンであれば、JRAカードに年会費1,250円を支払う価値は十分にあるのではないでしょうか。

もっともお得度が高いのは年会費無料でJRAカードを作れる競馬ファンの学生!最強の1枚になりますね。

また、JRAカード会員にはポイントプログラムがあり、ポイントを貯めていくことで来賓室・来賓席に招待してもらうこともできるんですよ!

JRAカード会員と違って、JRA一般会員にはポイント制度もないので、この点だけでもお得になります。

指定席の抽選は当たらないって本当?

指定席は座席数が決まっているので、人気のレースはどうしても抽選になってしまいます。

JRAカード会員は一般会員よりも1週間早く予約ができるので有利ではあるのですが、会員ランクによっても当選チャンスが変わってくるんです。

JRAの会員ランクは半期間に何度、競馬場に来場したのかによってきまり、集計期間は上半期(1月~6月)と下半期(7月~12月)の半期ごとになります。

抽選ステージ 半期間の来場回数 当選チャンス倍数
プラチナステージ 25回以上 16倍
ゴールドステージ 16~24回 8倍
シルバーステージ 10~15回 4倍
ブロンズステージ 5~9回 2倍
ノーマルステージ 0~4回 1倍

 

競馬場の指定席をネット予約して実際に足を運んだ回数が来場回数としてカウントされることになります。

例えば期間内に5回、競馬場の指定席を利用すると次の半期間がノーマルステージからブロンズステージになり、当選率が2倍になるわけです。

JRAカードのポイントプログラムサービス

クレジットカードのポイントプログラムは、貯めたポイントを現金代わりに使うことができたり、航空マイルとして貯めることができるのが一般的なのではないでしょうか。

しかしJRAカードは、さすがJRA(日本中央競馬場)発行のクレジットカードだけあって、たまったポイントは競馬関連の特典と引き換えることになります。

JRAカードのポイントの貯め方は「来場ポイント」と「ショッピングポイント」の2種類

JRAカードのポイントは「来場ポイント」と「ショッピングポイント」があり、この2つの合計で貯めていくことになります。

JRAカードの来場ポイント

JRAカードの来場ポイントは、競馬場指定席をインターネット予約で購入して来場した場合に獲得できるポイントで、指定席の引き渡し時間帯によって最大40ポイントになります。

指定席引き渡しの時間 ポイント(JRAカード1枚につき)
土曜日の午前10時まで 40ポイント
土曜日の午前10時以降 30ポイント
日曜日の午前10時まで 30ポイント
日曜日の午前10時以降 20ポイント

 

JRAカードのショッピングポイント

JRAカードを利用することで付与されるポイントで、JRAカードを使った日常のお買い物、公共料金やスマホ代金の支払い、インターネットショッピングなどが対象になります。

JRAカードのショッピングポイントは1ヶ月ごとに集計され、「1,000円ごとに10ポイント」を獲得できるのでポイント還元率は1.0%になります。

JRAカードで貯めたポイントの使い方・交換先は?

JRAカードで貯めたポイントは3つの特典と交換できます。

JRAカードのポイントで来賓室・来賓席に招待

JRAカードのポイントプログラムで獲得したポイント数によって、来賓室または来賓席での競馬観戦を体験でき、場所は東京、中山、京都、阪神のいずれかの競馬場で食事もついているんですよ!

来賓室・来賓席の招待は、年に2回、抽選ステージがゴールドステージ以上で規定のポイント数を保有するJRAカード会員に案内がありますので、確認しらたJRAサイトの指定席ネット予約から申し込みをします。

●来賓室・来賓席正体の利用ポイント

ひとり招待 5,000ポイント
ペアで招待 8,000ポイント

 

JRAカードのポイントで競馬場の指定席へ招待

中山競馬場・東京競馬場・京都競馬場・阪神競馬場・新潟競馬場の指定席に招待してもらえます。

すべての競馬場の指定席にも食事はついていませんが、来賓室・来賓席よりも少ないポイントで申し込みが可能となっています。

●東京競馬場S指定席(禁煙)・中山競馬場G-Seat(禁煙)

シングルでご招待 ペアでご招待
GII のある開催日 3,500ポイント 6,000ポイント
GIII のある開催日 3,000ポイント 5,000ポイント
グレードレースがない開催日 2,000ポイント 3,000ポイント

 

●京都競馬場5階A指定席(禁煙)

シングルでご招待 ペアでご招待
GII のある開催日 3,000ポイント 5,000ポイント
GIII のある開催日 2,500ポイント 4,200ポイント
グレードレースがない開催日 1,700ポイント 2,500ポイント

 
●阪神競馬場Aシート(禁煙)

シングルでご招待 ペアでご招待
GII のある開催日 2,500ポイント 4,200ポイント
GIII のある開催日 2,100ポイント 3,500ポイント
グレードレースがない開催日 1,400ポイント 2,100ポイント

 

●新潟競馬場S指定席(禁煙)

シングルでご招待 ペアでご招待
GII のある開催日 1,500ポイント 2,400ポイント
GIII のある開催日 1,000ポイント 1,500ポイント

 

JRAカードのポイントを競馬関連グッズ・その他アイテムと交換

JRAカードで貯めたポイントは競馬関連グッズなどと交換することも可能です。

●主な交換アイテム

交換商品 必要ポイント
GIメモリアルクオカード 2,000ポイント
蹄鉄 2,500ポイント
フェイスタオル 3,000ポイント
ルーペうま 4,400ポイント
皮製キーホルダー(ディープインパクト) 5,200ポイント
セレモニーターフィー 7,500ポイント
月刊誌「優駿」年間定期購読 10,000ポイント
ディープインパクトリストウォッチ 20,000ポイント

 
JRAカードで貯めたポイントをグッズと交換希望の場合は、景品交換申込用紙に申し込みをして申請することになります。

JRAカードの付帯保険

JRAカードには海外旅行傷害保険とショッピングパートナー保険の2つがついています。

ただし、この海外旅行傷害保険とショッピングパートナー保険がついているのは、VISAブランドの「JRA NICOSカード」のみで、JRA DCカード(Mastercard)にはついていません。

JRA NICOSカードの海外旅行傷害保険は利用付帯になり、保険金額は「最高2,000万円」です。

JRA NICOSカードの海外旅行保険の注意点は「利用付帯」になるところで、事前に渡航費用などをJRAカードで支払った場合に保険が適用されることになります。

ショッピングパートナー保険は、J JRA NICOSカードで購入した商品が破損・盗難になった場合に補償を受けることができるサービスで、年間補償額は100万円です。

JRAカードのキャッシングでお金を借りる

JRAカードにはキャッシング枠をつけてお金を借りることも可能です。

JRAカードのキャッシング枠の金利等は国際ブランドによって微妙に異なるのですが、ここではJRA DCカード(Mastercardブランド)を例にご紹介します。

金利 14.95%~17.95%
返済方式 元利一括払い
返済期間・回数 23日~59日

 

●キャッシング枠でお金を借りる方法は?
コンビニや金融機関のATMからJRAカードを使って現金を借りることができます。

●返済方法は?
JRA DCカードの利用代金と一緒に口座引き落としで返済することになり、「元金+利息」を一括で返済することになるので、リボ払いでの返済はできません。

利息は借入日の翌日から返済日までの分が日割りでついていくことになります。

例えば、金利17.95%で3万円を59日間借りた場合の利息は、

3万円 × 17.95% × 59日間 ÷ 365日 = 870円

次回返済日に、元金3万円+利息870円の合計30,870円をまとめて返すことになります。

JRAカードのショッピング枠の支払い(返済について)

JRAカードショッピング枠の支払いは以下の5つの方法が選択できます。

支払い方法 手数料(実質年利) 内容
1回払い 不要 毎月15日までの利用分を翌月10日に全て支払います。
2回払い 不要 毎月15日までの利用分を、翌月・翌々月10日の2回に均等に分けて支払います。
ボーナス一括払い 不要 夏と冬のボーナス時期にまとめて支払います。
※取扱期間は加盟店により異なる場合があります。
分割払い 12.3%~15.0% お買物の際に指定した支払回数にそって利用代金を分割して支払います。
3回から24回まで、9種類の中から選択可能。
リボ払い 15.0% お買物の回数や金額にかかわらず、月々ほぼ一定の金額を支払います。リボ手数料は前々月16日から前月15日まで年15.00%で日割計算した金額となります。

※JRAカードの場合、海外での利用は1回払いのみとなり、2回払い・ボーナス一括払い・分割払い・リボ払いは利用できません。

JRAカードの支払い日(返済日)や返済方法は?

JRAカードの支払いは、前月16日から当月15日までの利用分を、翌月10日に払うことになります。

JRAカードの場合、支払い方法は口座引き落としになりますので、毎月10日までに口座に入金しておきましょう。

なお、JRAカードの利用限度額は10万円~100万円(学生は10万円)となっています。

馬好きの方に特典が多いカードであることは間違いないのですが、普段使いする一般的なクレジットカードとしても、JRAカードは十分に機能します。

JRAカードの解約・退会方法

JRAカードは年会費もかかりますし、今後不要になった場合は速やかに解約手続きをとることをおすすめします。

JRAカードの解約・退会方法は「電話」になり、現在のところ他の解約方法は用意されていません。

JRAカードの解約・退会の手続きをする電話番号は利用しているJRAカードの国際ブランドによって変わります。

JRAカードの種類 国際ブランド 解約・退会窓口
JRA NICOSカード VISA NICOSコールセンター
0570-025410
JRA DCカード Mastercard 東京03-3770-1166
大阪06-6533-6633

 
手元にJRAカードを用意して電話をかけ、解約・退会の手続きを行ってください。

※JRAカードを解約するとポイントが失効することになりますので、使い切ってから解約することをおすすめします。

JRAカードのまとめ

JRAカードは、競馬場に足を運ぶことで特典を受けられるので、競馬好きの方必携のクレジットカードであることは間違いありません。

逆に、JRAカードでポイントが貯まることを考えると、競馬場に行くくらいの馬好きさんはJRAカードを使わないと損と言えるかも?

カードを選ぶときの注意点としては、

・カードのデザインが選べるのはJRA DCカードなので国際ブランドはMastercardになる

・海外旅行傷害保険とショッピングパートナー保険サービスが付いているのはVISAブランドのJRA NICOSカードになる

この2点です。

ぜひJRAカードで指定席をゲットして、ゆったりと競馬を楽しんでくださいね!

 
 

この記事の監修者

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している実績があります。

PAGETOP