外国人がクレジットカードの審査に通るコツは?

最初に答えを言ってしまうと、外国人もクレジットカードを作ることは可能です。

もし外国人の方で日本のクレジットカード審査に落ちたことがあるなら、それは外国人だから審査落ちしたのではなく別のところに原因があったことになります。

この記事では、外国人の方がクレジットカード審査に通過するためのコツや注意点などをできるだけ詳しくご紹介しています。

言葉の壁や手続きが複雑になることはありますが、外国人だからといって排他的に審査に落ちることは決してありませんので頑張ってみましょう!


もくじ

外国人のクレジットカード審査は甘くはない

クレジットカード会社は外国人であることだけが理由で審査に落とすということはしません。

しかし、審査は非常に慎重に行われることになります。

審査を簡単にして短期滞在者にクレジットカードを発行してしまうと、支払いが残っている状態で帰国されてしまう恐れもあります。

クレジットカード会社にとっては、日本に定住している人にクレジットカードを発行するよりもリスクが高いことになるので、審査が慎重に行われるのです。

外国人がクレジットカード審査に通りにくい理由

外国人がクレジットカード審査に通過しにくい理由をもう少し詳しく確認しておきましょう。

支払いに不安がある

クレジットカードを利用している状態で帰国されてしまうと、貸し倒れが発生してクレジットカード会社の経営に深刻な影響が出てしまいます。

外国人の方がクレジットカード審査に通過しにくい理由はいくつかあるのですが、日本国内に定住している人よりも支払いに不安があるというリスクが高いというのが最も大きな理由になります。

なお、日本に留学または就労している中長期滞在者や特別永住者は、クレジットカード使用中に帰国されてしまうリスクは少ないので、比較的柔軟に審査を受けることができます。

日本語が理解できていない

クレジットカードのような契約事は内容を理解したうえで署名しないと後からトラブルになってしまうため、申し込みをする本人が日本語を理解できないと審査通過できないこともあります。

クレジットカードの申込書や契約書、利用規約、約款などはすべて日本語で書かれている場合が多いですし、お店で人と話しながら申し込みをする場合は、担当者に「この人は日本語が不自由だから理解できているかわからない」と判断されてしまうこともあるかもしれません。

問い合わせの電話も日本語対応になることが多いです。

どれくらいの日本語力があれば良いのかというと、この記事が読めて内容が理解できていれば問題ないと思いますよ。

クレジットカードの契約書などに書かれていることは普段使う言葉ではないことも多く、母語が日本語の人でもわからないことがあります。

例えば上に出てきた「約款」は「やっかん」と読みますが、日常生活でよく使う言葉ではないので読み方も意味も知らない日本人もたくさんいます。

言われたことや書いてあることの意味をすべて理解できなくても、調べて理解できるくらいの日本語力がある外国人の方なら大丈夫でしょう。

日本の滞在期間が短い

特別永住者は問題はないですが、中長期滞在者は在留期間に注意しましょう。
残り期間が6ヶ月を切っているなど、短すぎるとクレジットカードを発行しても返済しないまま帰国されてしまうリスクが高くなるので審査に落ちることになります。

1度に複数のクレジットカードに申し込みをした

審査に通過できるかどうか不安だからといって1度に複数のクレジットカード会社に申し込みをしてしまうと、この申し込みが原因で審査に落ちてしまうことがあります。

その理由を詳しく知るには「信用情報機関」について知っておく必要があります。

信用情報機関とは?

信用情報機関は、個人の信用情報を収集・管理している機関です。日本に3社あり、それぞれに加盟している業者に登録された情報を管理しています。

●日本に3社ある信用情報機関

信用情報機関 特徴など
株式会社シー・アイ・シー(CIC) クレジット会社の共同出資による貸金業法指定信用情報機関。主にクレジットカード会社が加盟。
株式会社日本信用情報機構(JICC) 消費者金融、クレジット会社、ネット銀行などが加盟。貸金業法指定信用情報機関。
全国銀行個人信用情報センター 銀行系信用情報機関なので、加盟しているのはほとんど銀行です。一般社団法人「全国銀行協会」(JBA)が運営。

 

信用情報って何?

信用情報とは、個人の氏名、勤務先、運転免許証番号や、クレジットカードの申し込み履歴、利用状況、ローンの借入、支払い状況など、クレジットやローンの申し込み・契約に関する情報になります。

利用歴になるので良い情報も悪い情報もすべて記録されることになり、悪い履歴が残っているとクレジットカード審査が不利になってしまうわけです。

「申し込みブラック」を知っておこう

クレジットカードに申し込みをした履歴は6ヶ月間記録されるのですが、一般的には1ヶ月間に3件以上の申し込みをすると「この人はたくさんのクレジットカードに申し込みをしているけど、お金に困っている人なのかな?」と思われてしまい申し込みブラックと呼ばれる状態になってしまいます。

お金に困っているとクレジットカードの支払いも滞ってしまう可能性が高いので、審査におとされてしまいます。これが申し込み件数が多いために審査に落ちる理由となります。

クレヒスが悪い

クレヒスは「クレジットカードヒストリー」の略で、信用情報機関に記録されているクレジットカードやローンの利用情報のことです。

支払いの延滞をしたことがあったり、延滞が長くなって強制解約をさせられたなど悪いクレヒスがあると、クレジットカードを発行してもらうことはできません。

ちなみに延滞すると「延滞が解消してから最長5年間」信用情報機関に延滞記録が残りますので、5年間はクレジットカードの審査に通らないと言われています。
かなり長いですよね・・・。

クレヒスがない

クレヒスは日本国内でクレジットカードやローンに申し込みをすると保管され始めるので、日本でクレジットカードを発行していない人、ローンを組んだことがない人はクレヒスが何もない真っ白の状態です。この状態は「スーパーホワイト」と呼ばれています。

クレヒスがないという状態はクレジットカード審査で参考にできる材料が無いということになるので、あまり良い状態ではありません。

信用できる人なのかできない人なのかわからないから、審査に通せないと判断されてしまうんです。

良いクレヒスを作るには、クレジットカードやローンを利用して延滞せずに支払うのが最も良い方法です。

クレジットカードをまだ持っていない場合は、携帯電話を分割払いで購入するなど「審査に通過しやすい少額のローン」を利用して、毎月きちんと返済するという方法があります。

ただし、1度でも延滞してしまうと悪いクレヒスがたまってしまい最長5年間記録されるので、延滞だけはしないように気をつけてくださいね。

外国人のクレジットカード審査に必要なもの

外国人の方がクレジットカード審査に申し込みをする際に必要なものを以下にまとめます。
※一般的に必要なものとなりますので、クレジットカード会社によっては不要となるものもあります。

本人確認書類

外国人の方の本人確認書類は「特別永住者証明書」または「在留カード」になります。このほかにも学生なら学生証も必要になります。

支払い用の口座

クレジットカード利用料金の支払いは、カード会社ごとの利用規約に基づいて翌月や翌々月などに後払いで行われます。

支払い方法は銀行または郵便局の口座引き落としになるので、クレジットカード申し込みの前に口座を開設しておく必要があります。

口座届出印(印鑑)

銀行または郵便局の口座を開設した時に登録した印鑑が必要です。

日本は印鑑の文化がある国なので、クレジットカードを作る、賃貸物件を借りる、ローンを組むなど重要な契約の際には印鑑が必要になることが多いです。

アルファベット、カタカナで外国人向けの印鑑を作ってくれるネットショップもありますので検索してみてください。

日本国内で連絡が取れる電話番号

申し込みをした本人に連絡がとれる電話番号を記入しないといけないので、日本国内で連絡が取れる電話番号も必要です。

携帯電話でも固定電話でもどちらでも大丈夫です。

なお、記入した電話番号には本人確認や不明点の確認のために実際に電話がかかってくることがあります。

収入証明書

収入証明書は必須書類ではないのですが、提出を求められることがあります。

勤めている会社から発行される「給与明細書」や、年に1回発行される「源泉徴収票」を提出しましょう。

よくわからない場合は、申し込みをしたクレジットカード会社に確認して、正確な書類を用意するようにしてください。

親権者の同意(20歳未満の外国人の場合)

日本では20歳未満の人は未成年になり、未成年がクレジットカード審査を受ける際は親権者の同意が必要になります。

日本に留学している未成年の外国人の場合、親権者が母国にいることになると思いますが同意を得ずに申し込むことはできません。

同意を得るには、クレジットカード会社から申し込み書を発行してもらって、自分が記入すべきところを記入したら母国に郵送して、親権者の署名欄に直筆で署名してもらって返送してもらうなどの方法があります。

なお、「親権者」は基本的には自分の親になるので、ステイ先の日本人や友達などにサインしてもらっても無効になります。

外国人がクレジットカード審査に通るために重要なこと

クレジットカード審査の通過率を上げるためには、クレジットカード会社に信頼してもらうことがすごく重要です。

信頼性を高めるために用意しておくと良いものや注意点などをご紹介します。

氏名は本名で記入しよう

日常生活では通名で生活している外国人の方もいると思いますが、申し込みに記入する氏名は必ず本名にしてください。

本人確認書類、銀行口座名義人などとクレジットカード申し込み時に申請した氏名が違うと審査に落ちてしまうことがあります。

クレジットカード審査では、うっかり間違えてしまった入力ミスと審査に通過するためにわざと間違えた嘘を区別しません。

そのため、本当にうっかり間違えてしまっただけなのに審査に落ちてしまうことも珍しくないんです。

特に外国人の場合はうっかりミスをしてしまうだけでも日本語が理解できていないと判断されてしまうことがあるので申し込み内容は正確に記入するようにしましょう。

住民登録をして、本人確認書類は複数提出しよう

2012年から外国人にも日本人と同じ「住民基本台帳法」が適用されることになり、外国人の方もお住いの地域の市町村役場で住民登録ができるようになりました。

<参考>:総務省 外国人住民の住民基本台帳制度がスタートします!!(PDF)

登録しておくと住民票の写しの発行を受けることができます。

住民票は偽造がしにくいことから、日本において非常に信用度の高い本人確認書類になります。

本人確認書類は複数あった方が信頼度が高くなりますので、「特別永住者証明書」または「在留カード」と一緒に住民票を提出すると審査通過率を上げることができますよ。
日本の運転免許証を持っている場合もぜひ提出してください。

クレジットカードやローン支払いは延滞しないこと

すごく当たり前のことですが、払わないといけないものはきちんと払いましょう。

クレジットカード審査にも悪い影響がありますし、特にクレジットカードや携帯電話本体の分割払いなどは信用情報機関に長期間記録が残るので、たった1度延滞したことから賃貸物件の契約審査に落とされることも実際にあります。

キャッシング枠は0円で申し込もう

クレジットカードのキャッシング枠とは、日本円を現金で借りることができる枠です。

クレジットカードをATMに挿入して、暗証番号と必要な金額を入力するだけで現金を借りることができるので、いざという時にはとても便利です。

しかし、キャッシング枠をつけて申し込みをすると「この人はお金に困っているのかな?」と思われてしまい、審査がより慎重になってしまいます。

特に外国人の場合は、お金を借りた状態で帰国されてしまうと返済してもらうのが非常に困難になるので審査に落ちる可能性が高くなります。

キャッシング枠は0円にして申し込むようにしましょう。

銀行口座は店頭で開設しよう

ネットや郵送で口座開設できる銀行もありますが、外国人の方は面倒でも銀行や郵便局に直接行って窓口で開設することをオススメします。

犯罪防止の観点から日本人でも口座開設は慎重になっているので、外国人の方がきちんと窓口で口座を開設したという事実があれば信用につながります。

非常に多くの場合、窓口での口座開設手続きは日本語で行われるはずなので、日本語コミュニケーションができることの証明にもなりやすいです。

ちなみに日本では90日以内の短期滞在者は銀行口座を開設することができません。

また、90日以上の長期滞在ビザがあっても、日本での滞在期間が6ヶ月未満の人は開設ができないことになっていますので、口座を持っているだけでも信頼の材料になりますよ。

PAGETOP