三重銀行でお金借りる「みえぎんカードローン」審査申込概要

三重銀行は三重県四日市市に拠点を置く地方銀行で、店舗は三重県と愛知県に多く、大阪・東京にも1店舗ずつ展開しています。

三重銀行カードローンは三重銀行エリアで口座開設ができる人を対象にしているので、実質的には三重県と愛知県の一部の方向けのカードローンと言えます。

全国対応ではありませんが、三重銀行の営業エリア内でしたら専業主婦と年金受給者の申し込みもOKなので、気になる方はぜひご覧くださいね。

ここでは、三重銀行「みえぎんカードローン」でお金を借りる方法、返済方法、審査申込概要、金利や借入限度額などを詳しく解説していきます。


もくじ

三重銀行カードローンの特徴

三重銀行のカードローンには、

みえぎんカードローン
みえぎんカードローン「セレクト」
マネーナビ50

の3種類があります。

「みえぎんカードローン」が三重銀行カードローンの主力商品となり、「みえぎんカードローン「セレクト」」は三重銀行で住宅ローンを利用している人専用になるので利用対象者が大きく絞られてしまいます。

マネーナビ50は、三重銀行総合口座にカードローン機能を追加するカードローンになります。

三重銀行カードローンは口座開設と来店契約が必須となる

みえぎんカードローン・みえぎんカードローン「セレクト」・マネーナビ50のいずれも、ネットからの申し込みが可能なのですが、正式な申し込みと契約には三重銀行窓口への来店が必要になります。

また、三重銀行の口座開設も必須となります。

三重銀行の営業エリアは、三重県と愛知県・東京都・大阪府の一部になるので、このエリアに住んでいるまたは勤務している人以外は申し込みができないことになります。

本記事では「みえぎんカードローン」を中心にご紹介して、「みえぎんカードローン「セレクト」」と「マネーナビ50」については最後にまとめます。

三重銀行「みえぎんカードローン」基本情報

利用対象者 下記のすべての条件に該当する個人の方
・申込時の年齢が満20歳以上満65歳以下の方
※自営業の方、主婦、パートの方も利用可能
・安定継続した収入があること(専業主婦もOK)
・三重銀行普通預金口座をお持ちであること(正式申込時までに開設すること)
・三重銀行営業区域内に居住または勤務している日本国籍の人、または永住許可を受けている外国人の方
・指定の保証会社の保証を受けられる方
限度額 10万円~500万円(10万円単位)
金利 4.5%~14.3%
借り方 ATM
返し方 口座振替(自動引落し)
担保・連帯保証人 担保・連帯保証人
不要(株式会社セディナ保証)
口座開設は必要? 必要
三重銀行への来店 必要

 

三重銀行口座を持っていない人でも三重銀行「みえぎんカードローン」の申し込みは可能なのですが、契約までに必要になります。

しかも「みえぎんカードローン」と申し込みと同時に口座開設ができるのではなく、自分で三重銀行に申し込みをしないといけません。

まだ口座を作ってないけど、どうしてもみえぎんカードローンを利用するなら、みえぎんカードローンは来店での契約が必要なカードローンになるので、審査に通過してから来店契約するときにその場で口座開設を行なっても良いでしょう。

みえぎんカードローン申し込み前に口座開設を別に行なっておく必要はありません。

なお、三重銀行ではインターネットで口座開設することもできるのですが、1週間程度かかってしまうので、急いでお金を借りたい方には不向きな方法になります。

三重銀行「みえぎんカードローン」の利用対象者は?

基本的には満20歳~満65歳以下で、安定継続した収入がある三重銀行営業区域に在住または在勤の人であれば申し込み可能です。

パート、アルバイト、契約社員、派遣社員、自営業の人なども「みえぎんカードローン」に申し込みができますし、年金受給者と専業主婦の利用も受け付けていますが、学生は不可です。

なお、三重銀行で住宅ローンを利用している人、または三重銀行で定期預金を組んでいるなど総合口座をお持ちの方は、「みえぎんカードローン「セレクト」」か「マネーナビ50」の方が低金利な借り入れができます。

すでに三重銀行と取引がある場合は、そちらも確認してみてくださいね。

三重銀行「みえぎんカードローン」の限度額と金利

三重銀行「みえぎんカードローン」の限度額は10万円~500万円の範囲で決定されることになります。

なお、専業主婦の方は上限が30万円となっています。

金利は限度額に応じて決められています。

借入枠(極度額) 金利
10万円~90万円 年14.3%
100万円~190万円 年12.5%
200万円~290万円 年9.5%
300万円~390万円 年7.5%
400万円~490万円 年5.5%
500万円 年4.5%

 

通常は、初めて申し込みをしたカードローンでは、返済不能となるリスクを回避するために限度額が低く設定されるのが一般的です。

みえぎんカードローンの場合は限度額10万円~90万円以下で、金利は14.3%になることが予想されます。

14.3%という金利は銀行カードローンの上限金利としては平均値になります。

三重県から申し込み可能な主な銀行カードローンの金利と限度額

商品名 金利 限度額
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%~14.6% 10万円~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 10万円~800万円
りそな銀行カードローン 3.5%~12.475% 10万円~800万円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 10万円~800万円
大垣共立銀行カードローン「ザ・マキシマム」 4.5%~12.0% 10万円~1,000万円
十六銀行カードローン「Q-LOAN」 4.6%~14.6% 1万円~500万円
スルガ銀行カードローン 3.9%~14.9% 5万円~800万円

 
決して高い金利ではありませんが、申し込み対象者が三重銀行に来店できる人に限られているので、特別に条件が良いカードローンとも感じられません。

専業主婦の方など他社でお金を借りにくい方にはメリットがありますが、継続収入があって他社カードローンも選びやすいという場合は積極的にみえぎんカードローンを選ばなくても良いと感じられます。

みえぎんカードローンはどんな人に向いてるの?

みえぎんカードローンは手軽にお金を借りられるタイプのカードローンではないので、明らかに不向きな人はサクッと切り替えて別のカードローンを検討した方が良いと思います。

みえぎんカードローンが向いているのは、三重県というか三重銀行の営業エリア内に長く住んでいる人やこれから住み続ける予定の人でしょう。

みえぎんカードローンの返済方法は三重銀行口座からの自動引き落としになるので、返済日までには必ず入金しておかないといけません。

そのため三重銀行口座を給料振込み口座に指定しているくらい三重銀行とのおつきあいがないと延滞の可能性がでてきてしまいます。

また、正直なところ、みえぎんカードローンそのものには他の銀行カードローンを選ばずにみえぎんカードローンを選ぶ理由となる大きなメリットはないんです。

しかし、マネーナビ50とみえぎんカードローン「セレクト」は、金利が圧倒的に低いというメリットがあります。

つまり、三重銀行が提供しているカードローンは、三重銀行とより関係が深まるほど得られるメリットも大きい銀行カードローンになるんです。

みえぎんカードローンはその入り口となるカードローン商品と言っても良いでしょう。

今後も長く三重県に住み続けて、将来的には三重銀行で住宅ローンを組んで家を建てたいなどの希望がある場合は、みえぎんカードローンを利用して返済実績を積むことで信頼してもらうといった使い方もできます。

ただ、カードローンとしてはそこまで魅力があるわけではないので、「これから三重銀行とどういう付き合い方をしたいのか」というところから考えて申し込みを検討した方が良いでしょう。

三重銀行「みえぎんカードローン」の審査申し込み方法

みえぎんカードローンに審査申し込みをするには、事前申し込みをして、審査に通過したら来店申し込みと契約をする流れになります。

みえぎんカードローン 審査申し込みの流れ

1.事前申し込みをする
事前申し込みは、インターネットまたは電話・郵送・FAXになります。

・インターネット申し込み
インターネット申し込みはみえぎんカードローン公式サイトからできます。

・電話申し込み
電話の場合は「0120-628-506」に平日9:00~17:00に電話をかけて問い合わせをしてください。

・郵送・FAX申し込み
三重銀行店舗やATMに申し込み書類が置いてあるので利用しましょう。また、三重銀行公式サイト内から取り寄せることもできます。

<参考>:資料請求(メールオーダーサービス)-三重銀行-

2.審査・審査結果の連絡
申し込みから審査結果が出るまでの期間は2営業日程度になります。

3.正式な申し込みと契約(来店)
正式な申し込みと契約は三重銀行本支店に来店して行うことになります。必要書類を持参して銀行窓口に行きましょう。

4.融資スタート
契約当日からお金を借りることができます。

みえぎんカードローンの事前申し込み方法はいくつかありますが、電話は申し込み時間が平日日中に限られていますし、郵送・FAXは申し込み書類を手に入れるための時間がかかってしまいます。

事前申し込み方法はネット申し込みがいちばんおすすめですよ。

みえぎんカードローンの申し込みに必要な書類

三重銀行「みえぎんカードローン」の事前申し込みに必要な書類はありません。審査に通過して、来店申し込み・契約をする際に「本人確認書類」が必要になります。

●本人確認書類
・運転免許証
・健康保険証
・個人番号カード
・パスポート
・住民基本台帳カード(顔写真付)
・外国籍の方は加えて在留カード

限度額が50万円を超える場合は「所得証明資料」も提出します。

●所得証明資料
・源泉徴収票
・確定申告書
・納税証明書 
・所得証明書
など

三重銀行の口座開設を同時に行う場合は銀行届出印にする印鑑も持参します。すでに三重銀行口座を持っている場合は、「通帳・銀行印」も忘れずに持っていきましょう。

みえぎんカードローンの融資までにかかる時間は?

三重銀行「みえぎんカードローン」の場合、申し込みから事前審査結果が出るまでの期間は「2営業日程度」になります。

審査結果が出たら来店して申し込み・契約が必要になりますが、最速なら3日程度で借り入れができるようになりそうですね。

ただし、三重銀行の営業時間は平日9:00~15:00なので、土日祝祭日を挟んでしまうと利用開始が遅くなります。

急いでお金を借りたい場合は、週のはじめなどできるだけ土日祝祭日が入らないタイミングで申し込みをするようにしてください。

また、即日融資を希望する方や、急いでお金を借りる必要がある方は、三重銀行ではなく「お金を借りる即日融資ガイド110番【公式サイト】」をご覧になって他の金融機関を検討してください。

三重銀行「みえぎんカードローン」でお金を借りる方法

みえぎんカードローンでお金を借りる方法はATMのみとなります。

振込み融資には対応していないので、口座に入金してもらうといった借り方はできません。借り入れ方法がATMしか使えないというのもみえぎんカードローンの大きなデメリットですね。

●利用可能なATM
・三重銀行ATM
・E-net
・セブン銀行ATM
・イオン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・その他提携金融機関ATM

ATM利用手数料と時間帯

・三重銀行ATM

曜日 時間帯 ATM利用手数料
平日 7:00~21:00 無料
土日祝日 7:00~21:00 無料

※借り入れ・返済ともに7:00~21:00の間は無料です。
 

・イオン銀行ATM

曜日 時間帯 ATM利用手数料
平日 8:00~18:00 無料
18:00~21:00 108円
土日祝日 8:00~21:00 108円

※借り入れ可能な時間帯です
 
・セブン銀行ATM、E-net、ローソン銀行ATM

曜日 時間帯 ATM利用手数料
平日 0:05~8:00 216円
8:00~18:00 108円
18:00~23:40 216円
土曜・祝日 0:05~23:40 216円
日曜 0:05~21:00 216円

※借り入れ可能な時間帯です

コンビニATMは手数料無料になる時間帯はありませんが、三重銀行の「みえぎんトクトクプラン」が適用されると月4回までコンビニATM利用手数料が無料になります。

<参考>:みえぎんトクトクプラン-三重銀行-

みえぎんカードローンの借り入れ方法はATMのみになるので、お金を借りるたびにATM利用手数料がかかっていてはもったいないですよね。

三重銀行ATMなら曜日に関係なく7:00~21:00の間は手数料がかからないので、できるだけ三重銀行ATMを利用すると良いでしょう。

三重銀行「みえぎんカードローン」の返済方法

三重銀行「みえぎんカードローン」の約定返済は、返済方法は三重銀行口座からの自動引き落とし(口座振替)になります。

●返済日は?
返済日は毎月10日(銀行休業日は翌営業日)です。
前日までに三重銀行口座に返済額を入金しておくようにしましょう。

●返済金額は?
毎月の返済金額は「前月の返済日の借り入れ残高」によって決まっています。

カードローン残高 返済額
50万円以下 1万円
50万円超 100万円以下 2万円
100万円超 200万円以下 3万円
200万円超 300万円以下 4万円
300万円超 400万円以下 5万円
400万円超 500万円以下 6万円

 

みえぎんカードローンは、最低でも毎月1万円の返済が必要になります。

三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」などは、毎月2,000円~の返済でOKなので、みえぎんカードローンの最低返済額の設定は全国の銀行カードローンの中でも高い方になります。

最低返済額が高いことのデメリット

最低返済額が高いということは、毎月の返済負担が大きいというデメリットがあります。これは誰もが感じることだと思いますが、そのほかにも非常に大きなデメリットがあるんです。

それは審査が厳しくなるということ。

最低返済額が2,000円のカードローンの場合、毎月2,000円の返済ができれば審査に通過しやすいことになります。

これが10,000円になると、2,000円の返済はできても10,000円の返済は厳しいとなると審査に通ることはできません。

つまり、最低返済額が高いカードローンほど返済能力の高さにも注目されやすくなるため審査は厳しくなってしまうんです。

最低返済額が高いことのメリット

返済負担が大きいと大変なこともありますが、結果的に見ると支払う利息が少ないというメリットもあります。

毎月10,000円の返済が必要ということは、2,000円ずつ返していくよりも元金の減りが早いことになります。その分、返済期間も短くなり利息の負担も減ります。

これは実際に数字を見ていただけるとわかりやすいと思います。

みえぎんカードローンの返済シミュレーション

みえぎんカードローンと三井住友銀行カードローンの最低返済額で完済した場合の返済シミュレーションをご紹介します。

なお金利は各銀行の設定通り、みえぎんカードローンが14.3%、三井住友銀行カードローンが14.5%とします。

●10万円借りたケース

みえぎんカードローン 三井住友銀行カードローン
毎月の返済額 10,000円 2,000円
返済回数・期間 11回・11ヶ月 77回・6年5ヶ月
返済総額 107,013円 152,899円
うち利息 7,013円 52,899円

 
 
●20万円借りたケース

みえぎんカードローン 三井住友銀行カードローン
毎月の返済額 10,000円 4,000円
返済回数・期間 23回・1年11ヶ月 77回・6年5ヶ月
返済総額 229,322円 305,863円
うち利息 29,322円 105,863円

 
 
●30万円借りたケース

みえぎんカードローン 三井住友銀行カードローン
毎月の返済額 10,000円 6,000円
返済回数・期間 38回・3年2ヶ月 77回・6年5ヶ月
返済総額 372,087円 458,824円
うち利息 72,087円 158,824円

 
 

●50万円借りたケース

みえぎんカードローン 三井住友銀行カードローン
毎月の返済額 10,000円 10,000円
返済回数・期間 76回・6年4ヶ月 77回・6年5ヶ月
返済総額 758,135円 764,739円
うち利息 258,135円 264,739円

 
いかがでしょうか。10万円の借り入れでも約46,000円の差が出てしまいました。
利息の大きさもかなり違いますが、返済期間の長さにも注目してください。

10万円の借り入れの場合、毎月10,000円ずつ返済すれば1年も経たずに完済できますが、2,000円のみの返済だと6年以上もかかってしまいます・・・。

本当に10,000円の返済を継続できる?

みえぎんカードローンの場合、どんなに少なくても毎月10,000円の返済が必要になるので、そもそも10,000円の返済を続けることが難しい場合はみえぎんカードローンを選択すべきではないでしょう。生活が苦しくなり、延滞の可能性が出てきてしまいます。

約定返済額が多い設定の銀行カードローンには、こういったメリットとデメリットがあることをぜひ覚えておいてくださいね。

みえぎんカードローンは追加返済もできる!

毎月の返済負担は軽い方が良いけど、利息はできるだけ少なくしたい場合は、三井住友銀行カードローンのような最低返済額が少ないカードローンを選んで、お財布に余裕があるときに追加返済を行うという方法があります。

追加返済は、毎月の決まった返済とは別に任意で行う返済です。

みえぎんカードローンの場合は、三重銀行ATMまたは三重銀行窓口から追加返済ができます。コンビニATMなど三重銀行以外のATM返済はできません。

追加返済の注意点は、追加返済を行なっても借り入れ残高がある限り口座引き落とし(約定返済)は実行されるというところです。

「今月はATMから返済したから口座引き落としはされないだろう」と勘違いして残高不足になってしまうと、追加返済をしたのに延滞となってしまうので気をつけてください。

三重銀行「みえぎんカードローン」でお金を借りる【まとめ】

文中でご紹介した通り、みえぎんカードローンには積極的にオススメできるようなメリットは感じられません。

むしろ、口座開設必須、来店必須、地域限定、振込融資が不可、三重銀行ATM以外のATM返済ができないなど、銀行カードローンとしてはイマイチ使いにくいカードローンになるでしょう。

有利にお金を借りたい人向けの銀行カードローンというよりも、三重銀行とのつながりを深めたい人向けのカードローンになります。

「そこまでは求めてないんだけど・・・」という人は別のカードローンを検討することを強くオススメします。

三重県で地域密着型の生活をしたい人や、将来起業して三重銀行から融資を受けたい人などは、みえぎんカードローンで関係を深めて将来に活かすといった使い方も可能性としてはアリですね。

ただし、そういった目的でみえぎんカードローンを利用するなら延滞だけは絶対にしないように十分注意してください。

三重銀行「みえぎんカードローン」以外のローン一覧

ここでは、三重銀行のカードローンである

みえぎんカードローン「セレクト」
マネーナビ50

と、フリーローンの

みえぎんフリーローン

をご紹介します。

みえぎんカードローン「セレクト」

利用対象者 下記のすべての条件に該当する個人の方
・申込時の年齢が満20歳以上満65歳以下の方
・三重銀行住宅ローン利用中の方(完済後1年以内・承認済借入確実な未実行を含む)
・安定・継続した収入のある方(前年税込み250万円以上)
・借入限度額300万超は借入限度額の2倍以上の年収がある方
・営業区域内に居住または勤務している日本国籍の方、または永住許可を受けている外国人の方
・指定の保証会社の保証を受けられる方
資金使徒 自由(事業性資金除く)
限度額 30万円~500万円(10万円単位)
金利 4.3%(変動金利)
返済方法 毎月10日に口座引き落とし
担保・保証人 不要
三重銀行への来店 必要
三重銀行の口座開設 必要

 
みえぎんカードローン「セレクト」は、三重銀行で住宅ローンを利用している人向けのカードローンです。

金利は4.3%なので圧倒的低金利ですが、前年度の税込み年収が250万円以上必要なので、みえぎんカードローンと比べると条件がぐっと厳しくなります。

さらに、300万円以上の高額融資を希望する場合は、その希望額の倍の年収が必要になります。400万円必要なら800万円の年収がないと不可ということですね。

住宅ローンに関する条件の詳細は、
・今現在三重銀行で住宅ローンを組んでいる人
・完済後1年以内の人
・まだ住宅ローンで借りてないけど承認はおりている人

になります。

いずれかに該当する場合は非常に有利な借り入れができるので、みえぎんカードローンよりも最優先で検討すべきでしょう。

三重銀行「マネーナビ50」

利用対象者 ・三重銀行に総合口座をお持ちの方
・三重銀行営業エリア内にお住まいまたは勤務の方
・満20歳以上で最終期限が満66歳未満
・安定継続した収入が見込め、勤続2年以上(パート、アルバイトを除く)
・無担保借入総額(他金融機関の借入を含む)が前年度税込年収の50%以内の方
・保証会社((株)三重銀カード)の保証を受けられる方

※さらに条件がありますので、記事中でご紹介します。

資金使徒 自由(事業性資金除く)
限度額 30万円、40万円、50万円のいずれか
金利 7.975%(変動金利)
返済方法 元金を随時入金
利息は2月と8月に借り入れ残高に組み込まれます
担保・保証人 原則不要
三重銀行への来店 必要
三重銀行の口座開設 必要(総合口座)

 

マネーナビ50は、三重銀行の総合口座にカードローン機能をつけるタイプの借り入れ方法になります。

総合口座の開設が必要になるとともに、申し込み条件も厄介なのですが、さらに以下の条件をいずれかひとつクリアしないと利用することはできません。

●マネーナビ50の利用条件(1項目以上該当すること)
・三重銀行に本人の給与振込が5万円以上かつ2ヵ月以上ある方
・電気、電話、ガス、水道、NHK、納税の自動引落しが、2項目以上で3ヵ月以上、
または1項目で6ヵ月以上ある方
・財形預金、積立定期預金または定期積金が毎月1万円以上、かつ6ヵ月以上ある方
・過去一年以内に三重銀行の個人ローン完済実績のある方
・三重銀カード加入者、または本件と同時に加入の方

やたら厳しいですね・・・。

他の銀行にも総合口座にカードローン機能を付与するキャッシング方法はあるのですが、ここまで条件がややこしいのは珍しいですよ。

やはり三重銀行は、自行とのつながりが深い人に有利な貸付を行う地域に深く密着した銀行と判断できます。

マネーナビ50でお金を借りる方法

マネーナビ50でお金を借りる方法は一般的なカードローンとは違って、総合口座の普通預金口座から必要なお金を引き出すだけになります。

総合口座に10万円の残高があるとして、この口座から15万円を引き出すとします。

普通なら残高不足になるので引き出すことができませんが、マネーナビ50が設定してある口座の場合は、不足分の5万円がマネーナビ50からの融資となり15万円を引き出すことができるんです。

10万円はそもそも口座にあったお金、5万円は金利7.975%での借り入れとなります。

残高不足になった際に自動的に融資が行われる「自動融資サービス」も付いています。

これはクレジットカード代金や公共料金の引き落としが行われた時に残高不足になった場合に自動的に融資が実行されて、残高不足による延滞を防いでくれる機能です。

万が一の際にはとても便利ですが、「知らない間にお金を借りていた」というケースも考えられるので、十分に注意してくださいね。

マネーナビ50の返済方法

マネーナビ50には、毎月決まった返済日がありません。お財布の都合が良い時に普通預金口座に入金すれば、マネーナビ50の返済に充てられることになります。

マネーナビ50で10万円借りていて、普通預金口座に3万円の入金をしたとします。
普通預金口座の残高はマイナス7万円となり、元金3万円が返済されたことになります。

マネーナビ50は残高不足にならないと利用できない

マネーナビ50は、一般的なカードローンと違って基本的には「残高不足になった際に借りられる機能」になります。

必ず預金からの引き出しが優先されるので、預金残高がある場合にマネーナビ50からお金を借りることはできません。

預金残高には手をつけずにお金を借りたいなら、みえぎんカードローンを検討した方が使い勝手の良い借り入れができることになります。

しかし三重銀行カードローンとマネーナビ50では金利が全く違うので、一概にみえぎんカードローンをオススメはできません。

他の銀行カードローンも視野に入れるべきでしょう。

みえぎんフリーローン

利用対象者 下記のすべての条件に該当する個人の方
・三重銀行本支店の営業地域内に居住または勤務している方
・外国籍の方は永住許可がある方に限ります
・申込時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方(完済時年齢79歳以下)
・安定した収入のある方(年金受給者の方・専業主婦の方も申込出来ます)
・保証会社の保証が受けられる方
資金使徒 自由(事業性資金除く)
限度額 10万円~1,000万円
専業主婦は100万円まで
金利 3.0%、5.0%、7.0%、10.0%、13.0%、14.6%のいずれか
返済方法 保証会社によって異なります
・SMBCコンシューマーファイナンス㈱保証の場合
毎月10日・17日・27日のいずれかを選択
・㈱クレディセゾン保証の場合
毎月7日・17日・27日のいずれかを選択
担保・保証人 不要
三重銀行への来店 必要
三重銀行の口座開設 必要

 

みえぎんフリーローンはお金の使い道が自由なフリーローンになります。

※事業性資金としては利用できませんが、事業資金にしたい場合は個人事業主および会社代表者・役員の方を対象としたみえぎん事業者向けフリーローン「クイック」がありますのでそちらをご検討ください。

●お金の使い道の例
・結婚、ハネムーン費用
・旅行資金
・趣味
・入院、手術費用
・生活資金
・家具、家電製品の購入
・引越し資金
・他社カードローンなどの借り換え、おまとめ
その他

フリーローンは通常、カードローンよりも低金利で高額融資を期待できるのですが、みえぎんフリーローンも例にもれず1,000万円までの融資が可能となっています。

専業主婦の方でも100万円まで借りることができるので、まとまったお金が必要な時にはみえぎんカードローンよりも便利でしょう。

借入額が300万以下の場合は収入証明書も不要ですし、借入額に関わらず見積書などの資金使徒証明書は不要なので手軽ですよ。

みえぎんフリーローンの一部繰上げ返済は不可!

ただ、みえぎんフリーローンの返済に関して注意点があります。

フリーローンは毎月決まった金額を決まった期間かけて返済するのが約束の借り入れ方法になります。

つまり最初から支払う利息(銀行の儲け)も決まっているということなんです。

そのため、繰上げ返済や全額返済には別途5,000円程度の手数料がかかるケースも珍しくないんです。

みえぎんフリーローンの場合は、全額返済は手数料不要でできます。

ただ、一部繰上げ返済はできないようになっているので、返済方法としては、

・当初の約束どおり毎月決まった金額で完済する
・全額繰上げ返済をする

のいずれかとなります。

利息を節約するために余裕のある時に繰上げ返済をするといった使い方はできないということは覚えておきましょう。


 
 

PAGETOP