未成年者(18歳・19歳)がお金を借りる方法

未成年者でもお金が必要になることはあります。たとえば、大学・専門学校に入学した直後は教材費や生活費、レジャー代が予想以上にかかります。

親に仕送りを頼むこともできますが、親にお金を借りづらい方もいるでしょう。

ただ、未成年にお金を貸してくれる消費者金融や銀行はあるのでしょうか?

ここでは、20歳未満(18歳・19歳)の未成年者が即日でお金を借りる方法について解説していきます。

まず急いでいる方の為に結論を先に言うと

大手銀行・大手消費者金融では未成年(18歳・19歳)はお金を借りれないので、未成年の方が即日でお金を借りるには以下の3択になります。

▼18歳・19歳が申し込めるクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる
▼学生専門ローン会社でお金を借りる
▼質屋でお金を借りる

もくじ

未成年者はカードローンでお金を借りれる?

未成年者は基本的にカードローンでお金借りることができません。

消費者金融・銀行のカードローンの審査申込条件に、満20歳以上と明記していますので、条件をクリアしていない未成年者は審査に通ることはありません。

※20歳未満の未成年(18歳・19歳)であっても、結婚しており、社会的責任能力があると見なされれば「みなし成人」として扱われる場合があります。ただし、それでも消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りるのは難しいというのが現状です。

また、各銀行や消費者金融の審査申込条件だけでなく、未成年者は民法上でも制限を加えられています。

カンタンに解説すれば、「未成年者は法定代理人の同意なく契約不可」という内容なので、未成年者が法定代理人(親)の同意なくカードローンの契約を結んだところで取り消すことができるわけです。

貸金業者側に立てば、返済義務が免除され得る未成年者にお金を貸したところで、単に貸し倒れリスクを負うだけでメリットはまったくありません。

したがって、銀行や消費者金融などの貸金業者は未成年者を対象に貸付を行っていないのです。

ただ、18歳~19歳の未成年者は絶対にお金を借りることができない、というわけではありません。

未成年者(18歳・19歳)がお金を借りる方法は?

18歳~19歳の未成年者がお金を借りる方法は、
・クレジットカードのキャッシング枠
・学生専用ローン

以上の2種類から選ぶことができます。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードは買い物するために特化したカードと思いがちですが、キャッシング枠が付与されれば、ATMから現金を引き出すことができます。

ただ、クレジットカードでも未成年者を対象にし、さらにキャッシング枠を付与しているカードは珍しいです。

18歳~19歳の未成年者でもキャッシング枠が付与される可能性があるクレジットカードは、
・学生専用の三井住友VISAカード
・学生専用のライフカード
・エポスカード
上記のカードが有名です。

学生専用の三井住友VISAカード(三井住友VISAデビュープラスカード)

18歳~19歳の未成年者にオススメなのは安心の三井住友VISAデビュープラスカードです。

・18~25歳が対象
・年会費無料
・キャッシング利用枠 5万円

学生専用の三井住友VISAカード(三井住友VISAデビュープラスカード)は、総利用枠10万円~30万円です。

総利用枠の内、キャッシング枠は0万円~5万円で、必ずしもキャッシング枠が付与されるわけではありませんが、当サイトで1番おすすめの未成年者発行可能クレジットカードです。

お金を借りる理由は様々ですが、もし欲しいものがある、何かのサービスを受けたい、などであれば、キャッシング枠でなくても、クレジットカードのショッピング枠で利用できますので、18歳、19歳の未成年の方は専用のクレジットカードを発行してみてはいかがでしょうか?

三井住友VISAなら、世界中で安心して利用できるカードです。

学生専用のライフカード

学生専用のライフカードは、カード総利用枠が5万円~30万円、内キャッシング枠は0万円~10万円までです。

学生専用のライフカードは、高校生は利用不可で、満18歳以上満25歳以下の大学生、大学院生・短大生・専門学校生で在学中の方が対象です。

三井住友VISAもライフカードも、キャッシング枠を付与される可能性はありますが、ショッピング枠だけを希望するほうが、審査に通りやすいです。

どうしても現金が必要な場合は仕方ありませんが、ショッピング枠だけでも間に合う場合は、キャッシング枠は0円にして審査に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

また、ショッピング枠でも、リボルビング払いを活用すれば月々の返済負担額はかなり軽減されますので、未成年の方も安心して大丈夫です。

エポスカード

マルイでお馴染みの「エポスカード」は、19歳以下の未成年でも作ることができるクレジットカードです。中でも「エポスカードVisa」は年会費無料で、全国のマルイの店舗や、SHIDAX、魚民、笑笑、ビッグエコーなどお得に利用できる特典が付きます。

また、ネットで申し込んで近くのマルイにカードを取りに行けば、即日発行することが可能なので、急いでお金を借りたい未成年の方にエポスカードはおすすめです。

キャッシング枠でお金を借りる方法は、エポスカードATMか、コンビニや銀行などの提携ATMでキャッシングする方法と、振込キャッシングです。

30日間無利息サービスもあるのでエポスカードを検討してみてはいかがでしょうか。

エポスカードについて詳しくは以下をご覧ください。

※三井住友VISAもライフカードもエポスカードも親の同意が必要です。

学生専用ローン

学生専用ローンは、大手消費者金融では扱っていませんが、中小消費者金融では扱っているところがあります。

ただ、未成年者が学生専用ローンの契約を結ぶためには、親の同意書が必要です。

学生専用ローンでは、親の同意書を提出すれば、未成年者でもお金を借りることができます。民法上でも、法定代理人(親)の同意さえあれば、契約を結んでも問題ありません。

それでは、以下に有名所の学生専用ローンを紹介しておきましょう。

・アイシーローン
・学生ローンカレッヂ
・学生ローンのフレンド田
・筑邦銀行キャンパスカードローン

上記の学生専用ローンは、18歳以上の方であれば審査に申し込みできます。

以下に、各学生専用ローンの金利と融資限度額を示した表を用意しましたので、参考にしてみてください。

学生専用ローン名 金利 融資限度額 備考
アイシーローン 10.00%~20.00% 1万円~50万円 首都圏在住で安定した収入がある18歳以上の学生
学生ローンカレッヂ 17.00% 50万円※未成年は10万円 高卒以上の大学生・短大生・専門学校生・予備校生
学生ローンのフレンド田 15.00%~17.00% 50万円 高卒以上の大学生・短大生・専門学校生・予備校生で安定した収入がある方

 

融資限度額はアイシーローンと学生ローンのフレンド田が高いですが、融資限度額はあくまで最大金額になので、融資限度額以下のお金しか借りれないケースがほとんどです。

特に、貸金業法の総量規制※の関係上、年収の1/3以上の融資を受けることはできません。

※貸金業法の総量規制は、消費者金融・信販会社(キャッシング枠)を対象に制限を加えた法律です。

※当サイトでは、聞いたことがない消費者金融や学生ローンでお金を借りるよりも、安心して未成年者でも借りることができる三井住友VISAカードを推奨しています。

・18~25歳が対象
・年会費無料
・キャッシング利用枠 5万円

未成年の方が質屋でお金を借りる

20歳未満(18歳~19歳)の未成年の方でも質屋でお金を借りることは可能です。質屋は不要になったものを「売りに行く」というイメージを持っている方も多いかと思いますが、担保(価値あるもの)を預けて、お金を借りるという使い方もできます。質屋と言えば大黒屋が有名でしょうか。

担保を質屋に預けますので、たとえ未成年でもお金を借りることができますし、過去に返済を延滞した方や、債務整理した方など金融ブラックの方でもお金を借りることができます。

ただ、質屋の場合は、金利が学生ローンやその他消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠に比べて高い点と、返済期限短い(3ヶ月の質屋が多い)点です。

利息分だけでも支払えば、返済期限はどんどん伸びていきますが、返済総額はどんどん多くなっていまいます。

また、返済期限が過ぎても利息分すら返済しないと、質流れになり、預けた品物は売られてしまいますので注意が必要です。

質屋で即日お金を借りる方法について詳しくは以下をご覧ください。

即日融資は無理でも未成年がお金を借りる方法はまだある

ろうきんのカードローン

ろうきんの正式名称は「一般社団法人全国労働金庫協会」といい、国などが運営する公共機関ではありませんが、営利目的で作られた団体ではありません。

ろうきんは、北海道、東北、中央(関東)、北陸、近畿、中国、四国など全国にありますが、カードローンの利用対象者は各労働金庫の地域内に住んでいる方が対象です。

審査の申込み資格は

・満18歳以上65歳未満
・同一勤務先に1年以上勤務している
・安定継続した収入かつ年収150万円以上

となっていますので、18歳~19歳の未成年者でもお金を借りることができます。ただし、年収150万円以上が必要なので、学生の方でもアルバイト等を行っている必要があります。

金利は、銀行や消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠、質屋等に比べてかなり低く設定されているので、未成年の方は借り入れを検討してみてはいかがでしょうか?

ろうきんのカードローンでお金を借りたい方は以下で詳細を確認してください。

ゆうちょ銀行の担保貸付でお金を借りる

ゆうちょ銀行では、財産形成貯金担保貸付け、貯金担保自動貸付け、国債等担保自動貸付けという3つの担保貸付を行っており、未成年でもお金を借りることができます。

「財産形成貯金担保貸付け」は、「財形定額貯金」「財形年金定額貯金」「財形住宅定額貯金」を担保にしてお金を借りる方法で、最高300万円、貸付期限は2年という条件でお金を借りることができます。

「貯金担保自動貸付け」は、ゆうちょ銀行の総合口座で管理している「担保定額貯金」「担保定期貯金」を担保にしてお金を借りることができます。預入金額の90%、最高300万円が限度額で、借入期間は2年です。

「国債等担保自動貸付け」は、ゆうちょ銀行、郵便局で購入した「利付国債」「個人向け国債」を担保にしてお金を借りう方法で、限度額は国債の80%以内又は200万円までとなります。

未成年が学費を借りるなら奨学金

お金が必要な理由が、入学費用や授業料などの学費の場合は、国が支援してくれる奨学金を利用するのも手です。奨学金にはお金を借りる「貸与型」と、お金を支給してくれる(返済不要)「給付型」があります。

奨学金「貸与型」でも、国が貸してくれるので、銀行や消費者金融に比べて、圧倒的に低金利でお金を借りることができます。中には無利息でお金を借りられる奨学金もあります。

奨学金について詳しくは以下をご覧ください。

未成年者を狙った闇金融に気をつける

未成年者を対象に貸付している業者は、闇金融の業者ではないかよく調べましょう。
闇金融は、法律の外でお金を貸付していますので、民法など関係なく貸付しています。

貸付してくれるのであれば構わないと思うかもしれませんが、闇金融は高金利に加え恐喝や暴行を働いてくる可能性がありますし、自宅・実家・バイト先・学校などに取り立てをしてくる可能性もあります。

もちろん契約者自身が返済できなければ、親に返済を迫ることもあります。

ほんの数万円借りただけで、数十万円~数百万円の返済を求められることもありますので、絶対に闇金融でお金を借りないようにしまよう。

親の同意書なく貸付可能などと謳っている貸金業者は、闇金融の確率が100%と言っても過言ではないため、絶対に借入しないようにしてください。

SNS・掲示板を利用してお金を借りるのも危険

スマホなどで、SNSや掲示板を利用して、見ず知らずの人からお金を借りることも絶対にやめておきましょう。中には闇金が罠をはっている可能性もありますし、闇金でなくても詐欺師や、利息以外の見返りを求める危ない人もいます。

クレジットカードの現金化とは?

クレジットカードのキャッシング枠は、特に未成年も場合、付与されなかったり、少額だったりします。

一般的にキャッシング枠よりも、ショッピング枠の限度額の方が高いので、その枠を現金化する方法(クレジットカードの現金化)を進めてくる業者もいます。

具体的になクレジットカードの現金化方法は、業者指定の商品を購入して、その商品の購入金額の70%程度を現金で渡すといった形です。

一時的には現金が手に入るので助かりますが、その後の返済が大変になりますし、クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の規約違反になりますので絶対に利用しないようにしましょう。

しかも、クレジットカードの現金化の業者は闇金の可能性が非常に高く、法外な手数料を取られたり、現金を渡してくれなかったりしますので、利用しても損をするばかりです。

未成年の方は、お金を借りる方法が限られ、かつ限度額も少なめになってしまいますが、無理な借り入れや、違反行為、闇金の利用などは絶対にやめましょう。

未成年者がお金を借りる方法まとめ

未成年者は一般的なカードローンを利用することはできませんが、質屋や学生専用ローン、クレジットカードのキャッシング枠を使えば、即日でお金を借りることができます。

また、急いでいない未成年の方は、ろうきんのカードローンや、ゆうちょ銀行の担保貸付、学費なら奨学金でお金を借りることも選択肢に入ります。

ただし、質屋でお金を借りるケース以外は、親の同意書などの提出は求められますので、親にお金を借りる理由をきちんと説明しなければなりません。

どうしても親にお金を借りる理由を説明できない場合は、短期のアルバイトをしたり、不用品をネットオークションで売ったりして、お金を作る努力をするべきでしょう。

また、間違っても闇金融やクレジットカードの現金化業者を利用してはいけません。

後々、犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性が高くなりますので、絶対に利用を検討しないようにしましょう。

今回は未成年者(18歳~19歳の)が即日でお金を借りる代表的な方法3つを紹介しましたが、他にも、バイト先から給料の前借りをお願いしたり、未成年がお金を借りる方法はいくつかあります。詳しくはお金を借りる即日融資ガイド110番TOPをご覧ください。


 
 

PAGETOP