無人契約機とネット、お金借りるならどっちでカードローンに申し込む?

無人契約機とネット、お金借りるならどっちでカードローンに申し込む?
お金を借りているところをだれかに見られたくない・・・
誰にも気づかれずに内緒でお金を借りたい・・・

そんなニーズに答えるように、今では様々な消費者金融で、無人契約機(自動契約機)やWEB完結で申込みができ、誰にも会わずにお金を借りることができるようになっています。

消費者金融カードローンでお金を借りる場合、無人契約機(自動契約機)とインターネットのどちらに申し込んだ方が得なのでしょうか?

無人契約機(自動契約機)とネット申込で、カードローンの審査方法や在籍確認なども違ってくるのでしょうか?

ここでは、無人契約機とネット申込のメリットやデメリット、プロミスやアコムなど大手消費者金融の無人契約機でカードローンに申し込む方法なども解説していきます。


もくじ

無人契約機からカードローンに申込んでお金を借りる

無人契約機を利用して消費者金融カードローンに申し込んだ際のメリットとデメリットを考えてみましょう。

無人契約機からカードローンに申込むデメリット

・審査申込みからカード発行まで無人契約機ですべて行える
・無人契約機は機械操作が苦手な人でも対応できやすい
・契約や融資について不明なこと、不安なことをオペレーターに確認できる
・無人契約機に隣接するATMからすぐにお金を借りられる

審査申込みからカード発行までその場で行える

無人契約機でカードローンに申し込むメリットはなんといっても、審査申込みからローンカード発行までの流れをすべてその場で行えることでしょう。

無人契約機が混雑していたりするときもあるので、時間のかかり方には多少のずれはありますが、大抵の場合は30分から1時間ほどで終了します。
(審査に問題なくスムーズに進んだ場合になります。)

機械操作が苦手な人でも対応できやすい

無人の自動契約機だと、操作や入力が難しそうと感じてしまうかもしれませんが、多くの自動契約機は、タッチパネルでの操作になりますので、わかりやすくなっています◎

中でもアイフルの「てまいらず」は無人ボックスの電話申し込みできたりもしますので、細かい機械操作もしなくて済みますし、万が一、無人契約機の操作に行き詰まってしまっても、ボックス内に設置されている電話を利用して担当オペレーターに聞いてカードローンの申し込みを進めていくこともできます。

契約や融資について不明なこと、不安なことをオペレーターに確認できる

無人契約機の操作に不安があるときだけでなく、消費者金融のスタッフに様々な質問をしながらカードローンの申し込みを進めて行けることもメリットのひとつですね。

カードローンの契約や融資に関してわからないこと、返済に関してなど、カードローンの申込みをする前に不安を払拭しておくことは大切です。

自分に合った無理のない返済をしていけるような利用額は、なかなかはじめから自分で理解するのは難しいので、不安な方は無人契約機でスタッフに質問しながら進めていくのも良い方法です。

また、無人契約機の入力項目について不安な時も、消費者金融のスタッフ(オペレーター)に質問して間違いのないように進めていくこともできます。

入力を間違って申込みしてしまうと、虚偽申請として扱われてしまい審査に時間がかかってしまったり最悪の場合はカードローンの契約できず、お金を借りられない可能性もでてきてしまいますので、不安な方は無人契約機で申し込むことをおすすめします。

無人契約機に隣接するATMからすぐにお金を借りられる

無人契約機で手続きを終えると、その場でローンカードが発行されるので、隣接するATMを利用してすぐにお金を借りることができます。

ATMキャッシングは、振込の時間を気にする必要がないので、すぐ現金を手にしたい場合はこれが一番早い方法となりますね。

※稀に無人契約機ルーム内にATMがない場合もありますが、金融機関のATMをはじめ、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニATMからお金を借りることができます。

無人契約機からカードローンに申込むデメリット

・無人契約機まで行くのが手間
・無人契約機の営業時間を考慮しなければならない
・無人の契約機だからといって誰も見ていないわけではない
・提出書類に不備があったら出直さなければならない
・次の人が無人契約機で待っている可能性がある

無人契約機まで行くのが手間

無人契約機のある場所まで行かなければならないので、まず場所を探すことから始めなければなりません。

自宅や職場から近い場所に無人契約機があればいいのですが、近所だからこそ家族や知人に契約機に入る姿を目撃されてしまう可能性があります。

知り合いに見られずに、内緒でお金を借りるために、自宅や職場から少し離れたところにある無人契約機まで行くとなると、その時間が余計にかかってしまいますね。

このように無人契約機へ訪れるということは、まず「誰かに見つかる」「時間が必要」というふたつのデメリットがあることになるのです。

無人契約機の営業時間を考慮しなければならない

無人契約機(自動契約機)には、消費者金融のスタッフがいないとはいえ、店舗なので営業時間が存在します。

無人契約機の営業時間を過ぎてしまったら、カードローンの申込みはできませんので、自分の都合に合わせていつでも申込みができるインターネット申込みに比べるとデメリットとなるでしょう。

とはいえ、大手消費者金融の無人契約機は夜遅くまで営業しており、アコム、SMBCモビットは21時まで、プロミス、アイフル、レイクALSAでは22時まで、カードローンの新規申込を受け付けています(※営業時間は店舗により異なる)。

仕事を終えてから無人契約機にカードローンの申し込みに行きたい、といった人でも、プロミスやアコムならある程度の余裕はあるのではないでしょうか。

さらに、大手消費者金融の無人契約機(自動契約機)は、土日祝日も営業している無人契約機がほとんどです。

無人の契約機だからといって誰も見ていないわけではない

無人の自動契約機だから、誰にも見られていないか、といえばそうではありません。

確かに有人店舗のように、実際に対面しての受付ではありませんが、対面ではないというだけで、無人契約機のボックス内に設置されたカメラを通して、ボックス内の様子は消費者金融や銀行の方で監視されています。

無人の契約機で操作中は、カードローン申込者の顔はもちろん、服装や態度もすべて見られていますよ。

誰もいないから、と、いい加減な態度を取ったり不正な行為を行ったりすると、無人契約機での様子は金融機関に全部見られていますので、当然、カードローンの審査結果に影響すると言えるでしょう。

お金を借りる、ということは、まず第一に自分を信用してもらう、ということから始まりますので、無人契約機でも真摯な態度で審査申込みを行いましょう。

提出書類に不備があったら出直さなければならない

提出するべき書類に不備があったり、不足があった場合、一旦無人契約機を出て、自宅に戻り用意し直さなければならないケースがあります。

必要と思われる書類全部を念のため無人契約機に持っていけば、そんな事態にはなりませんが、それでも書類不足が絶対ありえない、とは言えませんね。

次の人が無人契約機で待っている可能性がある

無人契約機は基本的に1機につき1人しかカードローンの手続きができないので、場合によっては自分の後に人が並んで待っている…という可能性もあります。

無人契約機でのカードローン契約には最低でも30分ぐらいは拘束されてしまうので、その間に後ろに並んでいる人がいたりすると相当なプレッシャーを感じることになりがちです。

また、自分が無人契約機に並んでいるときに知り合いと顔をあわせる…なんて可能性もないとは言えませんので、これを避けたい方はインターネットでカードローンに申し込むことをおすすめします。

インターネットからカードローンに申込んでお金を借りる

次にインターネットからカードローンに申し込んでお金を借りる場合のメリットとデメリットを考えてみます。

インターネットでカードローンに申込むデメリット

・時間や場所を選ばずカードローンに申し込める
・振込融資を受けることで外出せずにお金が借りられる
・必要書類が足りなかった場合もすぐに揃えられる環境

ネットなら時間や場所を選ばずカードローンに申し込める

無人契約機の阿合は22時までに審査を終わらせないと申し込めませんが、インターネットのカードローン申込受け付けは24時間なので、一番のメリットは、やはり時間や場所を選ばないことでしょう。

自宅から出られない状況でも、外出先でも、インターネットなら、パソコンやスマートフォンで、カードローンの審査申込みから融資までを終わらせることができます。

ただ、これはあくまでもカードローン申込みを24時間受け付けている、というだけで、深夜にネットで申込みをして、すぐそこから審査をしてもらいお金が借りられるのか、と言えばそれは違います。

消費者金融側で当日に審査を行える時間には決まりがありますので、申込みをした時間によっては、審査結果の連絡が翌日以降になってしまうことがあります。

とくに即日融資を希望する方は、消費者金融の審査締め切り時間は把握しておくようにしましょう。

逆に午前中に現金を用意したいけれど、午前中には申込み手続きをしている時間はない、といった場合は、前日の夜のうちにインターネットでカードローンの申込みを済ませておけば、時間の大幅短縮ができ無事に午前中にお金を借りることができますね。

振込融資を受けることで外出せずにお金が借りられる

カードローンの申込みから契約までをネットで終わらせたあと、自分の利用している金融機関の口座へ希望額を振り込んでもらってお金を借りることができます。

外出がどうしてもできない事情があり、引き落とし決済等で現金を手にする必要がない人はぜひカードローンの振込融資を利用したいですね。

振込申請をしてから、振込完了までの時間は各金融機関によっても異なりますが、今では依頼から振込完了まで約1分、というところが増えてきているので、お金を借りたい方にとってはとても便利になっています。

必要書類が足りなかった場合もすぐに揃えられる環境

提出書類をあらかじめ用意していたとしても、実際の申込みで追加で他の書類が必要になったときに、自宅にいればちょっと探す手間はあるかもしれませんが、すぐに必要書類を揃えられるでしょう。

無人契約機へ来店していた場合は一旦申込みを中断して自宅に必要書類を取りに帰るなど、無駄な時間ができてしまいます。

インターネット申し込みなら、慌ててしまうことなく、カードローンの手続きを進められますので、その分入力の間違いなどのリスクも低いと言えるでしょう。

インターネットでカードローンに申込むデメリット

・申込みはいつでもできるが指定時間過ぎると即日融資はできない
・現金を手にしたい場合は結局外出しなければならない
・契約書類やカードが郵送で送られてくる

申込みはいつでもできるが指定時間過ぎると即日融資はできない

各消費者金融ではカードローン審査は社内で人が行なっているものですので、24時間対応ではありません。

インターネットから夜遅くの申込みになった場合には即日融資はできないので、この点においては無人契約機と同様になります。

現金を手にしたい場合は結局外出しなければならない

ネットで申込みから振込融資までを行えば、外出せずにお金を借りられます。

そのまま引き落とし決済やネットバンキングのやりとり等で実際に現金を手にしなくてもいい場合は、カードローンの振込融資は本当に便利で楽な借入方法です。

しかし、実際に現金を手にしなければならない状況の時には、結局自分の銀行口座等からお金を引き出すか、無人契約機に出向いてローンカードを発行してATMからお金を借りることになります。

ということは、ネットは自宅でカードローンの申し込みから融資までできて楽!と思っても、結果的に2度手間になってしまっていますね。

契約書類やカードが郵送で送られてくる

WEB完結という形で、カードレスで契約書もPDFでダウンロードでペーパーレス、という方法の消費者金融もありますが、カードや契約書の受け取りが必須の場合もあります。

その場合、自宅への郵送という形で受け取りをするのが一番ですが、もし家族にカードローンを利用していることを秘密にしたい場合には何らかの対策を考える必要があります。 (契約書に関してはメールやインターネット経由で完結することもありますが、カードについては必ずどこかで受け取る必要があります)

そんな時はローンカード受け取りだけ、無人契約機を使うというのも一つの手です。

「ネットで申し込みをして融資も完了→カード受け取りだけ無人契約機に取りに行く」という形ですね。

ローンカードの受け取りだけであれば、無人契約機の手続きも2~3分だけで完了できますから、誰かに見られてしまうリスクも最低限に抑えることができますね。

無人契約機でカードローンに申し込む流れ

各消費者金融で若干違いますが、無人契約機(自動契約機)のタッチパネルを使って以下のような情報を入力して、申し込みを行います。

1.無人契約機のタッチパネルで必要情報を入力する

名前
年齢
性別
お住いの住所
電話番号(携帯でも可)
家族構成
既婚・未婚
居住形態(賃貸or持ち家・マンション等or一軒家)
年収
会社名
会社の電話番号
会社の住所
勤続年数または入社年月日
社員数
雇用形態(パート・アルバイト・派遣社員・正社員・自営業など)
借り入れ希望額
他社からの借り入れ状況
など

会社の住所など、意外とわからないことが多いので、無人契約機に向かう前にメモなどしておくとスムーズにカードローンに申し込めます。

2.必要書類を無人契約機のスキャナーで提出する

また、カードローンの審査では、本人確認書類や収入証明書が必要になるので、必ず無人契約機に持参するようにしてください。

<本人確認書類>
運転免許証
パスポート
個人番号カード
健康保険証
住民票

※顔写真が付いていない本人確認書の場合は、公共料金の領収書等が必要になる場合があります。

<収入証明書>
源泉徴収票
給与明細書
確定申告書
など

※収入証明書は50万円以上の借り入れ、他社を含め100万円以上の借り入れの場合に必要になることが多いです。

各消費者金融の無人契約機(自動契約機)には、スキャナーが設置されているので、必要書類をスキャナーに読み込ませて提出する形になります。

3.カードローンの審査開始!終わるまで無人契約機で待機

無人契約機のタッチパネルで必要事項を入力して、必要書類を提出したら、カードローンの本審査が開始されます。

審査の際、各消費者金融では、勤め先への電話連絡をすることで在籍確認を行いますが、もし職場への電話を避けたい場合は、相談に乗ってくれる場合があるので、無人契約機についている電話を利用してオペレーターに連絡してください。

大手消費者金融では、スムーズにいけば審査時間は最短30分で終了しますが、その間、無人契約機に待機することになります。

4.カードローンの契約・無人契約機でローンカード発行

カードローンの審査に見事通過することができたら、次は無人契約機でカードローンの契約を行い、ローンカードの発行を行います。

無人契約機でローンカードが発行されれば、隣接している各消費者金融のATMや、コンビニに設置してあるATM等で、すぐにキャッシングすることができます。

無人契約機とネット、審査はどっちが有利?在籍確認はどうなる?

無人契約機へ来店して審査に申し込んだ時と、インターネットを通じて審査に申し込んだ時とで、審査の基準は違ったりするのでしょうか。

答えはNOで、カードローンの審査は勤務先や年収、雇用形態、勤続年数、借り入れ状況などから判断されれていますので、申し込み方法がどこからだったか(ネットからか、無人契約機からか)ということは審査項目として重要ではないのです。

もちろん、どちらの申込方法でも在籍確認も行われるので、その点で無人契約機とインターネットを比べることはできません。

審査にかかる時間についても、その時の混雑具合等で大きく変わってきますので、インターネットも、無人契約機もそれほど差はないと考えていてもいいようです。

※無人契約機に出向く時間を考えると、インターネットから審査に申し込んだ方が早いということになります。

無人契約機とネット、即日融資はどちらでも可能?

即日でお金を借りたい場合、インターネットからでも無人契約機からでも申し込みは可能です。

ただし、ネットで申し込みから借入までをする場合には、指定口座に振り込みをしてもらう必要があるため、時間的に遅くなると入金が翌日になってしまう可能性があります。(現在は24時間振込反映する金融機関が増えてきましたが、一部の銀行で翌日扱いになる場合があります)

無人契約機の場合はその場でカードを受け取ってATMなどですぐにお金を引き出すことが可能になりますので、職場の在籍確認がその日のうちにできれば即日融資を受けることができるでしょう。

※インターネットで申し込んでカード発行を無人契約機で行い、即日融資を受ける方法もあります。

【結論】無人契約機とネット、どっちでお金を借りる?

以上、検討してきましたが、無人契約機とネットのどちらで申込みを行ったとしても一長一短です。

無人契約機とネットでどちらがお得にお金を借りられるか?
という観点では一概に言うことはできなないという結論です。

カードローン申込者のニーズがどちらのメリットに近いかで、「無人契約機」と「ネット」のどちらかを選ぶといいでしょう。

以下にいくつかのパターンをあげて、「無人契約機」と「ネット」でどちらを選んだほうが良いのかをまとめてみましたので参考にしてください。

●家から出ずに申し込みたい!引き落とし決済などで現金を手にする必要がない人
無人契約機ではなく、WEB完結などインターネットで申込み、振込融資を受けるのをお勧めします。
その際、即日融資が希望の場合は、できるだけ早い時間にカードローンの申込みを済ませておくことをおすすめします。
●なるべく外出したくないが現金を手にしなければならない人
インターネットで申し込みをしてから、無人契約機でカードを受け取り、ATMからお金を借りる、もしくはインターネットで申し込みから振込融資までを行い、自分の銀行口座からお金を引き出す方法がいいでしょう。
●以下の方は無人契約機の手続きをお勧めします。
・ネット環境がない、もしくはパソコンの操作・スマホの操作が苦手な人
・消費者金融のオペレーターと相談をしながらカードローンの手続きをしたい人
・できれば一箇所で手続きを終わらせてローンカードを利用したい人
●とにかく急いでお金を借りたい人
インターネットで申し込みまでを済ませてから、無人契約機で契約手続きをしてカード発行し、ATMでお金を引き出す方法をオススメします。

各消費者金融の無人契約機(自動契約機)の営業時間や申込方法について

ここでは、プロミスやアコム、アイフル、レイクALSA、SMBCモビットの無人契約機(自動契約機)の営業時間や申込方法などを掲載していきます。

無人契約 機営業時間 台数の多さ
アコム 9:00~21:00(一部店舗は20:00まで)
プロミス 9:00~22:00(平日・土日祝日)※一部店舗で異なる。
アイフル 8:00~22:00(土日祝日含む)※一部店舗で異なる。
SMBCモビット 8:00~21:00(土日祝日含む)※一部店舗で異なる。
レイクALSA 平日・土曜日:9時~22時  
日曜日:9時~19時
※年末年始を除きます。
※一部店舗によって異なります。

 

プロミスの無人契約機でカードローンに申し込む

プロミスの無人契約機でカードローンに申し込む
プロミスの無人契約機は、全国各地にかなりの台数が設置されていますが、同じSMBCグループの三井住友銀行内のローン契約機も利用することができます。(ただしあらかじめネットで申込んでおく必要あり)

プロミスのカードローンにインターネットで申込んで、ローンカードの受け取りを三井住友銀行内のローン契約機で行うことができますので、あなたにとって便利な方法を選んで申込んでみてください。

プロミスは、30日間無利息、即日融資可能、瞬フリ(10秒振込)、審査時間最短30分なので、急いでお金を借りたい方におすすめです。

プロミスの無人契約機の申し込み方法は「プロミス 自動契約機(無人契約機)使い方・カード発行・審査申込み方法」で確認できますのでご覧ください。

アコムの自動契約機(むじんくん)でカードローンに申し込む

アコムの自動契約機(むじんくん)でカードローンに申し込む
アコムの自動契約機(むじんくん)は、台数が業者TOPで、全国にたくさんありますので、とても便利です。特に都心では、駅前にアコムの自動契約機(むじんくん)は多く見かけますし、一部の三菱UFJ銀行内にも設置されています。

アコムの自動契約機(むじんくん)の設置場所は公式サイトで確認できますし、カードローン申し込みから融資の流れは「アコムの自動契約機「むじんくん」審査申込方法【使い方・必要な持ち物】」で確認することができます。

アイフル「無人契約でんわBOXてまいらず」でカードローンに申し込む

アイフル「無人契約でんわBOXてまいらず」でカードローンに申し込む
アイフルの「無人契約でんわBOXてまいらず」は、他の大手消費者金融の無人契約機と違って、タッチパネルの操作がメインではなく、アイフルのオペレーターと電話をしながらカードローンの契約を行っていきます。

アイフルの「無人契約でんわBOXてまいらず」ならはじめから電話対応の申し込みになりますので、機会が苦手な方でも安心してカードローンに申し込むことができます。

アイフルの「無人契約でんわBOXてまいらず」でカードローンに申し込む方法や、必要書類、借入方法などは「アイフル自動契約機「無人契約でんわBOXてまいらず」キャッシングの流れ・使い方」で確認できます。

SMBCモビットの無人契約機ででカードローンに申し込む

SMBCモビットの無人契約機ででカードローンに申し込む
SMBCモビットの無人契約機は、現在、減少する方法なので、他の大手消費者金融に比べて台数は少なくなっています。

ただし、SMBCモビットの場合、プロミスと同じく、三井住友銀行のローン契約機を利用することができますので、近くにSMBCモビットの無人契約機がない方でも安心です。

SMBCモビットのWEB完結申込は、郵便物ナシ、カードなし、電話連絡なしで申し込めますので、プライバシーを重視したい方は、無人契約機よりもWEB完結申込がおすすめです。

SMBCモビット無人契約機の申し込みの流れや借入方法は「SMBCモビット 自動契約機の使い方・即日カード発行方法」でご覧になれます。


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP