クレディセゾンマネーカードでお金借りる方法・審査申込概要

クレディセゾンマネーカードは、初回申し込み時の限度額が100万円までと他社と比べると少なくなりますが、金利はなんと15.0%固定!

仮に限度額が10万円になったとしても金利は15.0%から上がることはありません。

「とりあえずは少額融資で良いからできるだけ金利の低いカードローンがいい!」とお探しの方はぜひクレディセゾンマネーカードを注目してみてください。

ここでは、クレディセゾンマネーカードの審査申込概要、お金を借りる方法、返済方法、金利や借入限度額などのスペックを詳しく解説していきます。


もくじ

クレディセゾンマネーカードってどんなカードローン?

●クレディセゾンマネーカード基本情報

商品名 マネーカード
※別商品としてマネーカードゴールドもあります。
利用対象者 20歳から64歳までの安定した収入のある方
限度額 新規の場合は上限100万円
増枠審査によって300万円まで増額が可能
金利 15.0%
資金使徒 自由。事業性資金もOK
借り方 ・ATM
・口座振り込み
返し方 口座振替またはATM・口座振り込みから選択可能
担保・連帯保証人 不要
公式サイト こちら

 

クレディセゾンマネーカードの公式サイトには融資額が「100万円コース」と記載されているのですが、この100万円という設定は初回申し込み時の限度額の上限となります。

実際の限度額は返済能力などにより100万円以下となることもあります。

金利15.0%ってどうなの?

クレディセゾンマネーカードの最大の特徴は、金利が15.0%固定というところです。

この金利設定は、信販会社や消費者金融などの貸金業界としては低く、銀行カードローンと比べると若干高くなります。

じゃあ銀行カードローンの方が良いのでは?と思うかもしれませんが、クレディセゾンマネーカードは銀行カードローンよりも審査が緩いことが予想できます。

クレディセゾンマネーカードは事業性資金としても利用可能

クレディセゾンマネーカードは個人事業主の方や自営業の方にもオススメのカードローンです。

消費者金融で借りたお金を事業用とすることはできないケースは多いですし、利用可能だったとしても金利が高い傾向にあります。

銀行カードローンにも「事業性資金は不可」と注意書きがある場合がほとんどですが、クレディセゾンマネーカードの融資金は事業用として利用可能なんです。

生活費がちょっと足りないときや旅行代金などに使うこともできますし、今月だけ資金繰りが厳しい!というときなどには新たに銀行などから融資を受けなくてもクレディセゾンマネーカードでお金を用意することができます。

いざという時の備えとしても便利ですね。

クレディセゾンマネーカードの審査は厳しい?甘い?

わかりやすく言うと、銀行カードローンは「金利は低いけど審査は厳しい」、消費者金融は「金利は高いけど審査は緩い」という感じになります。

信販会社であるクレディセゾンは他社ローンの保証業務も担っているので、審査が激甘というわけではありません。

しかし「金利は低めで審査は銀行カードローンよりは甘い」となるので、バランスに優れていると言って良いでしょう。

ただしクレディセゾン保証で延滞歴がある人は注意!

クレディセゾンは信販会社なのでクレジットカードの発行も行っていますし、保証業務も行っています。

保証業務として特に力を入れているのが個人向け証書貸付型のフリーローンで、他にも賃貸物件の保証会社にもなっています。

それから住宅ローンを組んでいる場合は「フラット35」の保証会社のひとつとしても機能しています。

これまでに銀行フリーローンや家賃を延滞したことがある人は、知らないうちにクレディセゾン保証の借り入れを延滞してる可能性も考えられなくはありません。

信用情報機関に記録されている延滞情報は最長5年で消えますが、クレディセゾンの社内記録は半永久的に残ってしまいます。

心当たりがある場合はクレディセゾンマネーカードの審査通過がかなり厳しいものになりますので、他のカードローンを検討した方が良いかもしれませんね。

クレディセゾンマネーカードの利用対象者は?

クレディセゾンマネーカードに申し込みができるのは20歳から64歳までの安定した収入がある人になります。

正社員、派遣社員、自営業の方、パート・アルバイトで働く主婦の方など、本人に安定収入があれば申し込み可能です。

ただ、学生は不可で、20歳以上でアルバイトをしていてもクレディセゾンマネーカードには申し込みできないのでご注意ください。

専業主婦にはパートナーカードがある

クレディセゾンマネーカードは専業主婦の申し込みも受け付けていないのですが、「パートナーカード」という配偶者専用のマネーカードが用意されています。

パートナーカードは、例えば旦那さんがクレディセゾンマネーカード本会員の場合、その妻(本会員の配偶者)が持てるカードです。

クレディセゾンパートナーカードがあれば本会員の利用可能枠内で借り入れが可能となります。

例えば本会員さんの限度額が100万円の場合、本会員とパートナーカード会員の両方合わせて100万円までの借り入れが可能となります。

毎月の返済は合算して行います。

例)本会員が3万円、パートナーカードで2万円を借りて、返済方法を口座引き落としにしている場合
借り入れ残高10万円以下の約定返済額は4,000円になるので、本会員の返済用口座から毎月4,000円が引き落とされます。

クレジットカードの家族カードみたいですが、家族向けのローンカードを発行しているカードローン業者は珍しいです。

なお、クレディセゾンパートナーカードに申し込みできるのは、「本会員と生計をともにする20歳以上の配偶者」のみとなり、申し込みは本会員が行うことになります。

本会員にナイショでクレディセゾンパートナーカードを発行することはできませんね!

クレディセゾンマネーカードの限度額と金利

クレディセゾンマネーカードの初回申し込み時の限度額は最高100万円、金利は15.0%になります。

実は300万円まで借り入れ可能

新規申し込み時は限度額100万円となりますが、増枠申請(増額審査)を行うことで限度額を上げてもらうこともできます。

クレディセゾンマネーカードの限度額は最大300万円で、金利は以下のようになります。

限度額(コース) 金利
300万円コース 8.0%~12.0%
200万円コース 12.0%~15.0%
100万円コース 15.0%

 

増枠申請では、契約しているカードローンの利用状況と延滞の有無、それから他社のクレジットカードやカードローンの利用状況なども確認されることになります。

新規申し込み時の審査と同等の審査が行われると思っておきましょう。

もちろん延滞があると増枠審査に通過することはありませんので、延滞だけは絶対にしないように気をつけましょう。

クレディセゾンマネーカードの金利にはからくりがある?

カードローンの金利は「利息制限法」によって以下のように決められています。

●利息制限法による金利の設定

限度額が10万円未満 20.0%まで
限度額が100万円未満 18.0%まで
限度額が100万円以上 15.0%まで

 

限度額が100万円以上になった場合、どの貸金業者、銀行カードローンで借りても金利は15.0%を上回ることはありません。

そのため、今後増枠申請を受けて限度額を上げていきたいという人はクレディセゾンマネーカードじゃなくても良いのかな?と感じます。

クレディセゾンマネーカードは100万円以下の金額をなるべく低金利で借りたい人に向いていることになりますね。

クレディセゾンマネーカードの審査申し込み方法

クレディセゾンマネーカードの審査申し込み方法は、

・インターネット
・店頭
・電話

の3種類が用意されています。

インターネットでクレディセゾンマネーカードに申し込む

●インターネット申し込みの流れ
1.公式サイトから申し込みをする
2.審査
3.審査結果がメールで届く
4.ローンカードが郵送で届く
5.必要書類を送る

インターネット申し込みでは、審査に通過した後に本人確認書類を郵送で提出することになります。

ローンカードの台紙に送付が必要な書類が記載されているので用意してクレディセゾンに送りましょう。

書類が確認できない場合は限度額が制限されてしまうことがあります。

クレディセゾンの店頭で審査に申し込む

●店頭申し込みの流れ
1.店頭のカウンターに来店して申し込みをする
※本人確認書類が必要
2.電話または郵送で審査結果のお知らせがあります
3.ローンカードが郵送で届く
4.必要書類を送る(※1)

※1)来店申し込みの際に必要書類が揃っていれば送付する必要はありませんが、収入証明書など別途提出を求められたら速やかに送るようにしてください。

クレディセゾンマネーカードの申し込み窓口はパルコやららぽーとなどのカウンターに用意されています。

電話でクレディセゾンマネーカードの審査に申し込む

●電話申し込みの流れ
1.「0210-936-333」に電話して申し込み手続きを行います。
※9:00~18:30、1/1はお休み
2.審査
3.電話または郵送で審査結果の連絡がある
4.ローンカードが郵送で届く
5.必要書類を送る

クレディセゾンマネーカードの申し込みに必要な書類

必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書」になります。

●本人確認書類
・運転免許証または運転経歴証明書
・各種健康保険証(社保・組保・国保)
・パスポート
・在留カード・特別永住者証明書
・個人番号カード

●収入証明書
・源泉徴収票
・給与明細書
・確定申告書
・公的な所得証明書
など

【収入証明書について】
収入証明書は通常、
・50万円以上の借り入れを希望する場合
・借り入れ希望額とすでに他社から借りている金額の合計が100万円を超えるとき
に必要になります。

これは貸金業法の総量規制によって定められているものなので、多くの貸金業者がこの規制に基づいて提出の有無を決定しています。

クレディセゾンマネーカードは限度額を100万円としているので、公式サイトには収入証明書も必須書類のように書かれていますが、個別のケースによっては不要になる場合もあります。

クレディセゾンは審査時に在籍確認を行う?

在籍確認は基本的に勤務先への電話という形で行われることになります。

ただ、勤務先に電話があると困る場合は相談することも可能で、収入証明書や勤務先が発行している書類を提出することで在籍確認としてもらうこともできます。

どうしても電話在籍確認を避けたい場合は、申し込みをする前にクレディセゾンマネーカードコンタクトセンター「0210-936-333」に電話して相談してみてください。

審査~融資までにかかる時間は?即日融資はできる?

クレディセゾンマネーカードの審査結果は最短即日でわかるのですが、これは非常にスピーディに審査が進んだ場合のみとなりますので、レアケースと思っておいた方が良いかも。

実際は審査結果が出るまでに1週間以上かかることもあり、そこからローンカードの郵送と本人確認書類などの返送になるので、借り入れができるようになるまでには2週間以上かかることも珍しくありません。

アコムプロミスのように即日融資に強いカードローンではありませんので、急いでいる方はご注意ください。

クレディセゾンマネーカードでお金を借りる方法

クレディセゾンマネーカードの借り方は、

・ATMでお金を借りる
・口座振り込みでお金を借りる

の2種類の融資方法です。

ATMでお金を借りる

なんと、クレディセゾンマネーカードのATMを使った借り入れでは手数料が一切かかりません。

仕事帰りにコンビニATMに寄ったりスーパーに併設されているATMからサクッと借りるケースは多いと思いますが、クレディセゾンマネーカードなら時間や曜日に関係なくどのATMからでも無料でお金を借りられます。

カードローンでATM利用手数料がまったくかからないのはとても珍しく貴重ですよ!

※ATMに手数料がかかるという内容が表示されることがありますが、その場合も手数料不要です!

●クレディセゾンマネーカードが利用可能なATMは?
・セゾンATM
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・ゆうちょ銀行
・セブン銀行
・ローソン銀行
・全国の地方銀行
・全国の信用金庫
など

日本中のどのATMを利用しても手数料がかからないというのはさすが信販会社のカードローンという感じです。

口座振り込みでお金を借りる

クレディセゾンマネーカードには「ONLINE即振込サービス」というインターネットで振り込み依頼をするだけで自分の口座に入金してもらえるサービスがあります。

振り込み可能な金額 限度額の範囲
振り込み単位 1,000円単位
振り込み可能な口座 本人名義の口座のみ

 
●振り込み可能な時間帯は?
平日9:00~14:31に振り込み依頼をすると最短数十秒で入金してもらえます。平日14:31以降と土日祝日(金融機関休業日)は翌営業日の振り込みになります。

●振り込み融資の手数料は?
なんとこちらも手数料無料!
口座振り込みを利用するには、クレディセゾンの会員サービス「カードローンNetアンサー」に登録をして、そちらから振り込み依頼を行います。

登録も口座振り込み手続きも無料でできるので、クレディセゾンマネーカードの利用を開始したら早めに登録しておきましょう。

ATMからの借り入れも振り込み融資もどちらも手数料がかからないので、クレディセゾンマネーカードの借り入れにかかる手数料は0円ということになりますね!本当に素晴らしい!

クレディセゾンマネーカードの返済方法

クレディセゾンマネーカードの返済方法は、

・自動引き落とし
・ATM

の2つがあり、契約時に選択することが可能です。

●自動引き落としで返済
自動引き落とし返済にすると、指定する口座から「月末締めの翌々月4日払い」で引き落としがかかることになります。4日が金融機関休業日の場合は翌営業日に引き落とされることになります。

●ATMで返済
ATM返済は、毎月の返済日にATMから入金する返済方法です。返済日は「5日、10日、25日、月末」から任意の1日を選択して、毎月その日に支払いを行います。

返済日が金融機関休業日の場合は、前営業日までに入金をします。

なお、ATM返済を希望する場合は、クレディセゾン指定の口座に振り込むことでも返済が可能です。

指定口座はみずほ銀行または三井住友銀行になるので、いずれかの銀行でインターネットバンキングが利用できる場合は、パソコンやスマホからでも追加返済が可能となっています。

どっちの返済方法を選べばいいの?

ATM返済にする理由がない場合は、うっかり返済を忘れることがない「自動引き落とし返済」をおすすめします。

返済のために毎月ATMに行くのってすごく面倒じゃないですか?

しかも、当月の返済日が金融機関休業の場合は、前営業日の金融機関営業時間内に入金しておかないといけません。

「今月はどうだっけ??」と毎月チェックするのは相当大変なことで、継続はとても難しいと思います。

カードローンの返済は年単位になることも珍しくないので、自動引き落とし返済にしておくことをおすすめします。ラクして確実に返済していきましょう!

クレディセゾンマネーカードの約定返済額

クレディセゾンマネーカードの返済方式は「定額リボルビング方式」となり、最後に借り入れをした際の借り入れ残高によって毎月の約定返済額が決まります。

最終借入時の借入残高 約定返済額
10万円 4,000円
30万円 12,000円
50万円 14,000円
100万円 29,000円
150万円 40,000円
200万円 50,000円
250万円 65,000円
300万円 75,000円

 
最低限必ず返済が必要な金額は4,000円になっています。

同じく信販会社系カードローンのジャックス「プレミアビアージュ」オリコカードローン「CREST」の場合、毎月10,000円の返済が必要なので、クレディセゾンマネーカードの方が返済負担は少ないことになりますね。

クレディセゾンマネーカードは追加返済もできるの?

ATMから入金することで追加返済もできますし、クレディセゾン指定の口座に振り込むことでも追加返済が可能です。

毎月決まった返済は自動引き落としで行って、お財布に余裕があるときにはATMから追加返済をすると早期完済を目指しやすくなります。

なお、クレディセゾンマネーカードの約定返済額はあまり高い金額ではないので、積極的に追加返済を行わないと返済期間が長くなる可能性もあります。

10万円の借り入れを約定返済額の毎月4,000円だけで完済すると返済期間は2年7ヶ月(31回)で利息は約20,000円ですが、毎月10,000円返済すると11ヶ月、利息は約7,400円で完済できます。

クレディセゾンマネーカードの追加返済はATMだけじゃなく口座振り込みでもできるので、ぜひやっておきましょう。

クレディセゾンマネーカードのまとめ

クレディセゾンマネーカードは初回限度額が100万円なので、まずは100万円以下の融資で良いという方向けになります。

100万円以下の限度額で金利が15.0%となっているケースは大手消費者金融ではありえないので、非常に有利な借り入れができるでしょう。

借入時にかかる手数料は無料、返済も自動引き落としができるので手間も手数料もかかりません。

クレディセゾンマネーカードでお金を借りるデメリットは、申し込みから初回融資までに2週間ほどかかる可能性もあること。急いお金を借りたい人には向いていないですね。

また、30日間無利息(金利0円)サービスなどの初回限定の特典もありません。

新規申し込み時に得するメリットはありませんが、長い目で見ると非常に優れているカードローンだと言えます。

やはりなんといっても借入時のATM利用手数料がまったくかからないというのは多くの利用者にとってありがたいことなのではないでしょうか?

深夜や休日のコンビニでサクッとお金を借りてもATM手数料がかからないってすごく助かります!

クレディセゾンマネーカードは、信頼できる大手信販会社の融資ですし、事業性資金としても借りられる点もメリットだと感じる人もいるでしょう。

できるだけ審査が簡単かつ金利が低いところで、いざというときに備えてお金を借りる用意をしておきたいといった人にも、クレディセゾンマネーカードはおすすめです。


 
 

PAGETOP