フレンド田でお金借りる!学生キャッシング専門【1976年設立の老舗】

フレンド田(フレンドDEN)は、学生の街の東京 高田馬場に1976年から拠点を構える学生ローン専門の貸金業者です。

都内の学生さんの中には「名前を知ってる!」とか、お店の前を通りかかってフレンド田の看板を見たことがある!という人も多いのではないでしょうか?

他の学生ローンは20歳以上の学生を対象としていることが多いのですが、フレンド田は高校生を除く18歳から申し込み可能で、予備校生も歓迎しています。

最長5年間で完済すればOKというところも魅力のひとつですよ!

ここでは、学生キャッシング専門「フレンド田」の審査申込概要やお金を借りる方法、返済方法、金利や返済方法、フレンド田はどんな貸金業者なのか?解説していきたいと思います。


もくじ

フレンド田ってどんな貸金業者?

●フレンド田の会社概要

会社名 有限会社 フレンド田
設立 1976年
所在地 東京都新宿区高田馬場3-2-1 大和ビル2階
連絡先 代表:03-5925-0919
フリーダイヤル:0120-70-1345
FAX:03-5330-8221
営業時間 平日10:00~18:00
土曜日:10:00~15:00
日曜祝日はお休み
登録番号 東京都知事(9)第15294号
加盟団体 日本貸金業協会会員 第001613号
公式サイト こちら

 
フレンド田は43年間もローンで学生を応援している貸金業者です。学生ローンの老舗と言って良いのではないでしょうか。

フレンド田は正規の貸金業者です!

フレンド田は国への登録をきちんと行っている正規の貸金業者になります。
登録番号「京都知事(9)第15294号」というのがその登録状況です。

金融庁「登録貸金業者情報検索入力ページ」で確認すると、フレンド田の登録を確認することができます。

日本貸金業協会 協会員検索」で、日本貸金業協会への登録もきちんと行っていることを確認できました。

この登録は任意で良いので、実際小さい規模の消費者金融は登録していないこともあるのですが、加盟していた方が信頼度は高まります。

プロミスアコムなどのようにテレビコマーシャルで見かける貸金業者ではないので不安を感じる人もいるかもしれませんが、フレンド田は学生ローンとしては知名度が高い業者なので、その点はご安心ください。

フレンド田が取り扱っているのは証書貸付型の学生ローンのみとなっています。

フレンド田 学生ローン基本情報

貸付の種類 証書貸付
利用対象者 高卒以上の大学生、短大生、専門学生、予備校生の方で、必要書類を提示できる人、および安定した収入のある人
限度額 1万円~50万円
金利 15.0%~17.0%
借り方 ・口座振り込み
・店頭窓口
返し方 ・口座振り込み
・店頭窓口
・郵便書留
返済方式 ・元金自由返済方式
・元金定額返済
・元利均等返済
返済回数 1回~60回
遅延損害金 20.0%
担保・連帯保証人 原則不要
フレンド田への来店 不要

 
フレンド田の限度額、金利ともに学生ローンの平均と言って良いと思いますが、大手消費者金融のような無利息サービス期間は設けられていません。

ただ、お友達紹介キャンペーンなどの学生さん向けのお得なイベントは行われていますので、まずはそちらからご紹介します。

フレンド田のキャンペーン

フレンド田では、現在のところ2つのキャンペーンが行われていて、どちらも期限は無期限になっています。

フレンド田の新規申し込みキャンペーン

インターネットで登録をした後に来店して、10万円以上の契約をした人全員にクオカードまたはマックカード500円分がプレゼントされます。

フレンド田のお友達紹介キャンペーン

フレンド田の会員になってお友達を紹介した人には現金のキャッシュバックがあります。

友達の借入額 照会料
5万円 1,000円
15万円 3,000円
25万円 5,000円

 

さらにお友達紹介の人数によって紹介者の金利が引き下がります。

紹介人数 引き下げ後の金利
1人 16.0%
2人 15.5%
3人 15.0%
4人 14.5%
5人 14.0%

 
お友達を紹介できそうな場合には非常にお得ですね!

フレンド田の利用対象者は?

フレンド田に申し込みができるのは学生のみになります。

大学生、短大生、専門学校生、それから予備校生も対象になっていて、18歳以上(高校生不可)であれば申し込み可能です。

ちなみに予備校生もOKとしている学生ローンはちょっと珍しいですよ!

ただし、未成年の方は原則保証人が必要となり、審査の際に親権者に連絡が入ることになります。

親の承諾を得ないとお金を借りることができませんのでご注意ください。

また、いずれの場合も本人に安定した収入が必要になりますので、アルバイトをしてない学生はフレンド田でお金を借りることはできません。

毎月決まった仕送りをもらっているなど、働いていなくても収入がある場合でも不可となります。

フレンド田の借入限度額

フレンド田の限度額は1万円~50万円の範囲で設定されることになります。

大手の消費者金融と比べると限度額は非常に少ないですが、学生ローンとしては平均です。

学生ローンはアルバイト収入から返済することが想定されているので、高額融資はあまり期待できないと思っておきましょう。

なお、消費者金融などの貸金業者から借りられる限度額は「年収の3分の1以内」と決まっています。

例えばアルバイト収入が年間で90万円なら、審査次第で30万まで借りられることになります。

これは貸金業法という法律で定められている総量規制という規則になり、アコムやプロミスといった大手消費者金融はもちろん、規模の小さい街金なども総量規制に基づいた貸付を行っています。

逆に「うちなら審査なしで無制限で貸せますよ!」などと言ってくる貸金業者は非常に怪しい非正規の業者(闇金)ということになります。

闇金(違法貸金業者)からは絶対にお金を借りないようにしましょう。

フレンド田の金利は平均的

フレンド田の金利は15.0%~17.0%です。

金利には2.0%の幅がありますが、初回申し込み時は17.0%が設定される可能性が非常に高いです。

ただ、大手消費者金融は金利18.0%を上限としているので、そういったところと比べると若干ですが低金利ということになりますね。

フレンド田の審査は甘いって本当?

そもそも学生ローンは学業とアルバイトの二足のわらじで頑張っている学生を応援するローンなので、審査レベルは最初から高くはありません。

他社からの借り入れがなく、スマホ本体代金の延滞がない、クレジットカードの延滞もないなど、普段から払うべきものをきちんと払っている人であれば審査に不安を感じる必要はありません。

しかし、いくら学生に優しいフレンド田でも、返済能力が著しく低いと感じられる人には融資を行いません。

例えば、

・他社からの借り入れが多く年収の3分の1に達している
・借り入れ件数は少ないけど延滞している
・クレジットカードの支払いを延滞している

など。

借入額が年収に見合っていない人や、分割払いにしているものをきちんと払っていない場合は、フレンド田の審査通過も厳しいと思っておきましょう。

フレンド田の審査申し込み方法

フレンド田の審査申し込み方法は、インターネット・来店・電話のいずれかになります。

高田馬場にあるフレンド田の店舗に行けない場合は、インターネットまたは電話申し込みになりますので、ここではもっとも便利なネット申し込みの流れをご紹介します。

また、フレンド田に来店できる場合もネット申し込み後に店舗に行って10万円以上の融資を受けることで、クオカードまたはマックカード500円分のプレゼントがあるので、審査申し込みはネットで行うことをおすすめします。

●フレンド田 ネット申し込みの流れ
1.フレンド田公式サイトのフォームから審査申し込みをします。

2.フレンド田から契約内容確認の電話がかかってくるので対応しましょう。審査が進められます。

3.フレンド田に必要書類の提出を行います。提出方法はメールまたはFAXになります。

4.口座振り込みで融資が実行されます。

5.数日後に契約書類が自宅に郵送されてくるので、記入して一週間以内にフレンド田に返送してください。

審査申し込み方法としては特に難しい部分はありません。

契約書類を書かないといけないので、インターネット申し込みの場合どうしても郵送でのやりとりが発生してしまいますが、平日であれば即日融資も可能です。

融資までにかかる時間とフレンド田の即日融資方法

フレンド田で即日融資を受ける方法は2つあり、ひとつは高田馬場の店舗で契約をして、その場で現金を借りる方法です。

フレンド田の営業時間は平日10時~18時と土曜日の10時~15時なので、この時間内であれば店舗で即日融資を受けることができます。

もうひとつは平日の銀行営業時間内に口座振り込みで融資を受ける方法です。

高田馬場のフレンド田店舗に行けない遠方の方はどうしても口座振り込みでお金を借りることになると思いますが、口座振り込みに対応している時間帯は「平日9時~15時」に限られます。(銀行営業時間)

申し込みをした日にお金を借りたい場合は、平日15時までに振り込み手続きを完了してもらう必要があるので、平日のなるべく早い時間に申し込みを完了させましょう。

もし振り込み手続きが金曜日の15時を過ぎてしまった場合、どんなに早くても翌月曜日の朝の入金になってしまいます。

フレンド田から急いでお金を借りたい場合には申し込みの曜日と時間帯にくれぐれもご注意くださいね。

フレンド田の申し込みに必要な書類

フレンド田の必要書類はとても簡単で、学生証と本人確認書類だけで大丈夫です。

本人確認書類は運転免許証があればベストですが、ない場合は健康保険証でも良いですよ。

来店申し込み・来店契約する場合は、フレンド田の店舗で必要書類を提出することになりますので忘れずに持参してください。

フレンド田は審査時に在籍確認を行う?

フレンド田からバイト先や学校に電話がかかってくることはありません。

親や自宅に電話がかかってくることもないので、フレンド田の方からの電話で親バレする可能性はとても低いでしょう。

ただ、未成年の方は別で必ず親の承諾が必要になるので、18歳、19歳の学生さんが親に内緒でフレンド田からお金を借りることはできないと思っておきましょう。

フレンド田からお金を借りる方法

フレンド田のお金の借り方は来店して現金を借りるか、口座に振り込んでもらうかのどちらかになります。

フレンド田に来店して店頭でお金を借りる

フレンド田の営業時間にお店に行けば、その場で現金を借りられます。

●フレンド田店舗営業時間
平日10:00~18:00
土曜日10:00~15:00
日曜・祝日はお休み

口座振り込みでフレンド田からお金を借りる

インターネットまたは電話で振り込み依頼を行うことで、指定の金融機関に入金してもらうことができます。

ただ、上の項目でもお伝えしましたが、フレンド田の入金時間は銀行営業時間に準じますので、平日9時~15時しか振り込みキャッシングを行っていません。

遠方の方は、平日9時~15時以外の借り入れはできないことになりますし、フレンド田店舗に行ける場合も、平日18時以降、土曜日の15時以降、日曜日は融資を受けることができません。

大手消費者金融だったら深夜でもコンビニATMからお金を借りることができるので、このあたりはやや不便と言わざるを得ないでしょう。

フレンド田の返済方法

返済方法は、

・銀行振り込み
・店頭窓口
・郵便書留

の3つの方法があります。

銀行振り込みでフレンド田に返済する

●振込先口座

みずほ銀行 高田馬場支店(普) 口座:1597880 名義人:フレンドデン
三菱UFJ銀行 高田馬場支店(普) 口座:4614450 名義人:ユ)フレンドデン
三井住友銀行 高田馬場支店(普) 口座:736350 名義人:フレンドデンタヤトモコ

 
同じ金融機関からインターネットバンキングで返済ができれば、家にいながら毎月手数料無料で返済することも可能ですね。

フレンド田の店頭窓口で返済する

高田馬場のフレンド田店頭に現金を持参して返済します。

手数料はかかりませんが、行き帰りの交通費が気になります。1回あたり片道300円だとしても年間で7,200円ですからバカにできません!

返済のためだけに毎月フレンド田に行く方法は、後々に負担が大きくなってきそうです。

郵便書留でフレンド田に返済する

郵便局から現金書留でお金を送って返済することもできますが、1回あたり500円を超える手数料がかかってしまいますので、推奨できない返済方法です。

なるべく手数料を抑えて手間もかからない方法は、やはりインターネットバンキングによる返済です。

例えば、三井住友銀行のインターネットバンキング「SMBCダイレクト」なら、24時間いつでもインターネットから振り込み可能(メンテナンス時間を除く)で、三井住友銀行への振り込み手数料は無料です。

三菱UFJ銀行にもインターネットバンキング「三菱UFJダイレクト」がありますし、みずほ銀行にも「みずほダイレクト」というネットバンキングサービスが用意されています。

フレンド田でお金を借りるなら、お使いの金融機関でインターネットバンキングを使えるようにしておくと返済の手間を最小限に抑えることができるでしょう。

フレンド田の返済日・返済金額は?

フレンド田の返済日

フレンド田の返済日は、自分の都合の良い任意の日を設定することができます。

お給料日が毎月25日なら、26日や27日にしてスマホのカレンダー機能で通知設定しておくと返済忘れを防ぐことができそうですね。

フレンド田の返済金額はいくら?

フレンド田の返済方式は、

・元金自由返済方式
・元金定額返済
・元利均等返済

となっていて、どの方法で返済するかによって毎月の返済額が変わります。

元金自由返済方式

元金自由返済方式は、その名の通り元金はいつ返済しても良いという返済方法です。

フレンド田の返済期間は最長5年間なので、毎月の支払いは利息だけの返済にしておいて、最終月に元金をまとめて返済しても大丈夫です。

この元金返済据置期間を設ける方式は、学生ローンでは珍しくありません。

学生のうちは利息だけの返済で、就職したら一気に元金を返済すれば良いので在学中の返済負担が少ないというメリットがあります。

ただし、元金の返済を全く行わないと返済期間が長くなり、結果的に利息の総額が非常に大きくなってしまいがちなので、必ず返済シミュレーションを行うようにしてください。

利息の総額 = 元金 × 金利 × 借入日数 ÷ 365日

になります。

例えば20万円を金利17.0%で5年間借りた場合の利息の総額は17万円です。

元金定額返済

元金定額返済方式では、毎月決まった元金に利息をプラスした金額を返済します。毎月元金を5,000円返済する場合、5,000円+利息を支払うことになります。

返済額が毎月変動するので間違えないように注意しないといけませんが、返済回数があらかじめわかるので計画的に返済することができます。

●元金5万円を5回払いで返済する場合(金利17.0%)

毎月の返済額 うち利息 うち元金 借入残高
1回目 10,698円 698円 10,000円 40,000円
2回目 10,558円 558円 10,000円 30,000円
3回目 10,419円 419円 10,000円 20,000円
4回目 10,279円 279円 10,000円 10,000円
5回目 10,139円 139円 10,000円 0円
合計 52,093円 2,093円 50,000円 -

 

元利均等返済

元利均等返済方式では、毎月決まった金額を返済していきます。
毎月1万円の返済をする場合、この1万円の中に元金と利息が含まれます。
毎月一定額の返済でOKなので、返済金額を間違えにくいですね。

●元金5万円を毎月1万円ずる返済する場合(金利17.0%)

毎月の返済額 うち利息 うち元金 借入残高
1回目 10,000円 698円 9,302円 40,698円
2回目 10,000円 568円 9,432円 31,266円
3回目 10,000円 436円 9,564円 21,702円
4回目 10,000円 303円 9,697円 12,005円
5回目 12,172円 167円 12,005円 0円
合計 52,172円 2,172円 50,000円 -

 
どの返済方式を選んだとしても毎月できる限りたくさん返済して、早期完済を目指すようにしましょう。

フレンド田でお金を借りる【まとめ】

金利や限度額の面ではフレンド田に大きなメリットは感じられません。

ただ一般的な学生ローンが最長3年で完済することに対して、フレンド田は最長5年というところは秀でていると言えます。

学生のうちは最低利息だけ返済していけば延滞がつくことはないので、晴れて社会人になってからどんどん返済すれば在学中は借金のことをあまり気にしないで済むでしょう。

ただし、この利用方法はのちの自分を苦しめることにもなりかねません。必ず返済計画を立てて、その計画通りに返済していかないと借金を返すために他のカードローンに手を出してしまった・・・なんてケースも考えられます。

また、遠方の人は平日9時~15時以外の融資は不可ですし、フレンド田へ来店できる人も日曜・祝祭日にお金を借りることはできません。

フレンド田は、利便性がとても良いというわけではありませんので、その点も考慮して借入を検討してみてください。学生街で長く親しまれてきている貸金業者というフレンド田の実績は本物です!


 
 

PAGETOP