勝手に自分名義で借金された!対処法は?

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングは、基本的に勝手に他人の名義でローン契約し、お金を借りることは出来ないことになっています。

クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠も同様です。

ですが、なりすましによる犯罪等で、家族や知人、赤の他人に自分名義で借金を作られてしまうことも実はあります。

自分名義で勝手に消費者金融や銀行から借金をされたり、他人にクレジットカードを使われたり、知らないうちに連帯保証人にされたら返済義務はあるのでしょうか?また、対応策・対処法はあるのでしょうか?詳しく解説します。


もくじ

自分名義で借金される主なケース

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなどは、簡単な申込み手順で、手軽にお金を借りることができるようになりました。

昔は借金をするには銀行や消費者金融まで出向いて契約をしたものですが、最近ではネットだけでローン契約することができ、超スピード契約で、即日借り入れできるようになっています。

とても便利になったのですが、逆にその手軽さが災いして、勝手に自分名義で消費者金融等で勝手に借金されるリスクが高くなっています。

家族による健康保険証、運転免許証等の本人確認書類の持ち出し

自分名義で自分以外の人が勝手に借り入れをするパターンとしては、家族による犯行もあります。特に一緒に住んでいる家族の場合には身分証明書(本人確認書類)を勝手に持ち出しやすい環境にあります。

最近のカードローンの必要書類は、少額の借り入れなら運転免許証やパスポートなどの本人確認書類だけで済むので、インターネットなら簡単に他人名義で借金ができてしまいます。

知人に保険証を貸してしまう

知人に対して、身分証明書を貸してしまうことは少ないのですが、保険証は意外と簡単に貸してしまう可能性があります。友達などから「急に体調が悪くなって病院へ行きたい」と言われた場合など、いけないと知りながらもつい、自分の保険証を貸してしまうことはないでしょうか?

健康保険証は、免許証やパスポートと違い、顔写真がないのでカードローンでお金を借りるのは難しいかも知れませんが、いい加減な手続きの闇金などでは、簡単に借金を作られてしまう可能性があります。

本人になりすましてローン契約される

カードローンの契約を、ネット上で全て完結できる貸金業者も増えてきており、本人に成りすまして契約を結んでお金を借りることは比較的簡単にできます。

SMBCモビットのWEB完結申込みのように本人への確認の電話がない申込み方法もありますし、確認の電話があったとしても、同性なら簡単に本人になりすますことができるでしょう。

また、審査が適当な闇金などの場合は、簡単に保険証だけで、本人になりすまして借金することができてしまいます。

そして、既に持っている消費者金融のローンカードやクレジットカードのキャッシング機能を使って借り入れされてしまうこともあります。

勝手に連帯保証人にされていた

実印、印鑑証明、身分証明書のコピーなどを、勝手に持ち出されて、勝手に連帯保証人にされるケースもあります。連帯保証人は、ただの保証人と違って、債務者と同じ返済責任があります。いきなり債務者ではなく、連帯保証人に返済を求めることもできてしまいます。

自分名義で勝手にローン契約・借金された場合の対処法

自分名義で実際にカードローンなどに申し込まれた場合には、基本的に支払う義務はありません。

ただし、貸金業者から返済請求を放置してしまうと、自分の信用情報に傷がついてブラックリスト入りしてしまう等がありますので、早めに対処することが必要です。

まずは、債権者(消費者金融や銀行など)に、他人に勝手に自分名義で借金された事実をしっかり伝えてください。

「追認」になるから返済してはダメ!

返済の請求が来たからといって、身に覚えのない借金を返済してはいけません。自分がした借金ではなくても、支払いをしてしまうと「追認」という借金を認めて支払う意思を示したことになります。1回でも1円でも支払えば追認したことになるため、絶対に支払ってはいけません。

参考:親が勝手に私の名義で消費者金融で

内容証明を貸金業者に送る

カードローン等に勝手に自分名義で申し込まれて、お金を借りられた場合は、まず内容証明を消費者金融などに送ります。

「自分がしたローン契約ではないこと」「お金を借りた覚えがないこと」をはっきりと債権者に伝えましょう。

内容証明を受け取った貸金業者は、それぞれに調査を行って適切に対処をしてくれます。基本的には、それで大体は解決するはずですが、弁護士が必要になる場合もあります。

内容証明の差出方法などは以下をご覧ください。

内容証明-日本郵便
内容証明郵便の書き方、出し方、効力について弁護士が解説!

債務不存在確認訴訟

内容証明を出して自分がした借金ではないことを伝えても、取り立てをやめてくれない場合は、自分のした借金ではないことを裁判で証明する必要があります。

債務不存在確認訴訟は、民事訴訟であり、裁判で認められれば法律的に返済義務がないことを証明できます。

相手は消費者金融などの貸金業者です。敗訴してしまった場合にも、発生日から3年間は損害賠償請求ができます。

債務不存在確認訴訟は、自分だけで行うのは難しくなるため、弁護士に依頼することが必要です。

訴訟になると、手間と時間がかかり大きな負担となります。争点としては、本人の意思確認があったかどうか、実印や本人の筆跡が使われているかどうかなどがあります。

手書きのローン契約申込書を貸金業者が持っている場合には、自分の筆跡と比較して自分のものではないことを証明することもできます。自分の筆跡ではない申込書だったり、実印でなかった場合には返済の義務がなくなる可能性があります。

当然ですが、弁護士に依頼するには資金が必要です。心配な方は法テラスなどに相談するようにしてください。

法テラス公式ホームページ

0570-078374(平日9時~21時 土曜日9時~17時)

自分名義のローンカード・クレジットカードで勝手に借金された場合の対処法

消費者金融等で発行された自分名義のローンカードや、自分名義のクレジットカードが盗まれて、勝手にお金を借りられた場合にも、基本的には本人には返済義務はありません。

しかし、早急に手を打たないとややこしくなる可能性があります。

盗難届と貸金業者への連絡

ローンカードやクレジットカードを盗まれたことに気づいた時は、第一にカードの機能をストップしてもらうことが必要です。

発覚した時点ですぐに消費者金融やクレジットカード会社に連絡をしましょう。その後すぐにカードの盗難届を警察署に提出します。

ただ、カードの管理がずさんだったなど、本人に大きな過失がある場合には、認められないこともあります。

※クレジットカードを不正利用されたときについて詳しくは以下をご覧ください。

⇒クレジットカードを悪用(不正利用)されたら?

家族の場合も返済義務はないけど・・・

自分以外の人が使ったカードローンの借金は、基本的には返済義務を負うことはありません。それは相手が妻や夫など家族でも同様となります。

しかし、借金をした相手が近親者などの親しい人の場合には訴えを起こすのは難しいですよね。あなたに支払い義務がなくても、最終的には同じ家計から支払うことになることも多いでしょう。

夫(妻)に勝手に連帯保証人にされていた場合の対処法

本人確認なしで、連帯保証人になるケースは珍しいですが、まったくありえないケースではありません。

夫(妻)に勝手に連帯保証人にされていた場合、あなたに返済義務はありませんので、債権者に速やかに連絡してください。勝手に借金されたケースと同じく、内容証明を送るようにしましょう。

しかし、実印などの管理を夫(妻)に任せていた場合は、連帯保証人になることの「代理」を夫(妻)に委任したつもりはなくても、民法109条の表見代理が認められてしまうことがあるので注意が必要です。

ただ、連帯保証人ではないと認められていても、お金を借りた本人である夫(妻)の借金が消えるわけではありません。返済できなかった場合、同じ家計から返済することになるので、根本的な解決にはならないかもしれませんね。

※勝手に保証人になれたときの色々なケースが以下に掲載されてるので宜しければご覧ください。

【弁護士が回答】「勝手に保証人にされた」の相談2,622件 - 弁護士ドットコム

こんな場合はあなたの返済義務は無効にならない

自分名義のカードを他人に貸したケース

自分の意思で他人にカードを貸してしまった場合、相手に約束と違うカードの使われ方をされたとしても、借金返済の義務は自分になってしまいます。

カードを他人に貸すのは契約違反

自分でカードを貸した場合には、どんなふうに使われたとしても支払いの義務を逃れることはできません。たとえ、自分が思っていた以上に使われた場合や立替を頼まれて踏み倒された場合にも、返済の責任は自分になります。

正しいカードの使い方をしなかった場合には、返済義務を回避することは難しいものです。クレジットカードもローンカードも、あらゆるカードは名義人以外の人が使うことは許されていません。

(ちなみに)クレカのショッピングの場合には加盟店の責任追及も

カードローンの場合には言い逃れようがありませんが、クレジットカードを使って買い物をされた場合には、加盟店の責任を追及できることもあります。

クレジットカードを使用された時に、サインの確認を怠ったということで、加盟店の落ち度とできるかも知れません。

ただ、逆にクレジットカード加盟店から、クレジットカードを貸したカード所有者が詐欺罪で訴えられる可能性もあるのでご注意ください。

やはり、クレジットカードを他人に貸す行為はやめておくのが1番です。

※クレジットカードを他人に貸した時の色々なケースを以下で見ることができますので、宜しければご覧ください。

【弁護士が回答】「クレジットカード 他人に貸す」の相談56件 - 弁護士ドットコム

友達の代わりにお金を借りた場合

過去に債務整理や延滞をして、ブラックリストに入っていると、まっとうな金融機関からお金を借りることができません。

例えば、ブラックリストになっている友達からお金を貸してくれと頼まれたとします。

あなたは、手持ちのお金がないけど、友達と借用書を交わし、自分名義のローンカードを使って、消費者金融からお金を借りて、そのお金を友達に貸したとします。

友達がお金を返してくれなかった場合、あなたに返済義務は発生するのでしょうか?

答えは発生します。

消費者金融への借金は、あくまであなたと消費者金融の契約で、友達は関係ありません。「友達が返済してくれないから」「自分が借りたお金を使ったわけでない」と言ったところで返済義務がなくなることはありませんのでご注意ください。

勝手に自分名義で借金された!対処法は?「まとめ」

消費者金融のキャッシングや銀行カードローン、クレジットカードなどは、インターネットの普及によって、本当に手軽に申し込めるようになりました。

しかし、その手軽さから、他人になりすまして契約したり、借金するチャンスも増えています。

運転免許証やパスポート、保険証、実印などを気軽に他人に貸したり、いい加減な管理をしていると、勝手に自分名義の借金をされてしまう事態になりまねません。

自分名義の借金だからといって、基本的には身に覚えのないものは基本的に返済義務がないので、適切な対処をすれば心配ありませんが、未然に防ぐのが1番です。

証明の類や実印などは、しっかり自分で管理するようにしましょう。

※他人に背負わされた借金の返済義務がどうしても「あなた」になってしまい、返済不能な場合は、借金を法律的に減らす、もしくは免除してもう手続きである「債務整理」も検討したほうが良いケースもあるかもしれません。

債務整理について詳しくは以下をご覧ください。

⇒債務整理とは?自己破産・任意整理・個人再生・過払い金請求の方法・手順

PAGETOP