カードローン・キャッシング利用で住宅ローン審査に影響がある?

カードローンやクレジットカード等のキャッシングを利用中の方、過去に利用した方は、住宅ローンの審査が不利になるのでしょうか?

実は、カードローン・キャッシングの使い方によっては、住宅ローンの審査に大きな影響を与えます。

ここでは、カードローン・キャッシングのどのような利用履歴が、住宅ローン審査に悪影響を与えるのか?解説していきたいと思います。


もくじ

カードローン・キャッシングの使い方によって住宅ローン審査に悪影響が

消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードのキャッシング等を利用中だからといって、必ず住宅ローン審査に悪影響があるわけではありません。

ただ、カードローン・キャッシングの使い方によっては、住宅ローン審査に悪影響となることもあるため注意が必要です。

住宅ローン審査に影響がないカードローン・キャッシングの使い方

カードローン・キャッシングを計画的に使っていた

カードローンや、クレジットカードのキャッシング枠を普通に利用して、計画的に返済していき、しっかり完済した場合は、住宅ローン審査への悪影響はないと考えてよいでしょう。

カードローン・キャッシングの返済をちょっとだけ遅延した場合

カードローン・キャッシングの返済を遅延した場合には、やや不安が残りますが、基本的には住宅ローンへの悪影響はないと考えられています。

短期間の遅延は、信用情報機関に記録が残らないこともあり、その後きちんと返済をしていれば将来の住宅ローンに大きな影響を与えることは少ないでしょう。

ただ、返済を遅延した銀行・信用金庫などで、住宅ローン審査を受ける場合、遅延の記録が銀行に残っていることもあるので、その場合は、住宅ローン審査に悪影響を与える可能性があります。

住宅ローン審査に悪影響があるカードローン・キャッシングの使い方

カードローン・キャッシングの返済を延滞した場合

カードローン・キャッシングの返済を延滞した場合は、住宅ローン審査に大きな悪影響を与えます。

カードローン・キャッシングの延滞履歴は、銀行や消費者金融が情報を共有する信用情報機関(JICC・CIC・全銀協)に記録されてしまいます。

個人信用情報機関に延滞記録が残っている状態では、あらゆるローンの審査で延滞の事実を知られ、住宅ローン審査でも厳しい判断をせざる得ない状態となります。

現在カードローン等で高額の借り入れをしている

延滞・遅延をすることなく、きちんと返済をしていても、現在高額の借入残高が残っている場合には、住宅ローン審査に影響を与えることがあります。

借入残高はその人の「返済比率」を圧迫します。

▼返済比率とは?

返済比率は「年収に対する返済金額の割合」で、貸し倒れリスクを回避するために審査で使われる判断基準で、計算方法は以下になります。

年間合計返済額÷年収=返済比率

住宅ローンは、総量規制の対象外なので、もちろん年収の3分の1以上のお金を借りることができますが、現在、カードローンで高額の借り入れを行っており、返済比率が高い方は、住宅ローンの審査に落ちたり、住宅ローンの借入額が少なくなってしまうことがあります。

金融機関の返済比率は、30%~35%程度に抑える必要があります。

年収 返済比率
100万円~300万円未満 20%以下
300万円~450万円未満 30%以下
450万円~600万円未満 35%以下
600万円以上 40%以下

 

※参考:住宅ローンの返済比率(返済負担率)の目安は? 無理なく返せる額を計算

例えば、年収400万円の方は、

400万円×30%=120万円

120万円までなら、返済金額として、問題ないと判断できますが、カードローンで毎月5万円を返済に充てていたとすると、

5万円×12ヶ月=60万円

年間、60万円返済することになるので、

120万円-60万円=60万円

年間、60万円しか、住宅ローンの返済に充てることができません。

こうなると、月々5万円の返済で抑えることができる住宅ローンを組むことしかできなくなるので、高額な住宅ローンの審査には通らなくなる可能性が高くなります。

このように、カードローンやキャッシングで、高額な借り入れを行って、完済していない方は、住宅ローンの審査に悪影響を与えることになるので覚えておきましょう。

カードローンでお金を借りてないが解約していない

現在、カードローンでお金を借りていなくても、過去に使っていたカードローンの契約が残っている場合は、住宅ローン審査に大きな影響を与えます。

解約していないカードローンに設定されている借入限度額内なら、あなたの判断でいつでも借り入れすることができてしまいます。

そのため、住宅ローンの審査時に「銀行が判断する返済可能額」をその分圧迫することになります。

カードローンは、完済するとそのまま解約せずに放置する場合が多いので、住宅ローンの審査を受ける予定の方は、すべて解約しておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を0円にしておくと尚よいです。

現在の借入状況・過去のカードローン利用状況は信用情報機関にすべて記録されている

現在、どこの貸金業者や銀行に、いくら借金が残っているのか、何社とカードローン・クレジットカードを契約しているのか、延滞はしていないか?という情報をはじめ、あなたの氏名、年齢、生年月日、住所、勤め先など、かなりの情報を、個人情報機関(JICC・CIC・全国銀行個人信用情報センター)は把握しております。

その他、契約をしていなくても、どの金融機関のカードローンに申し込んだのか?自己破産など債務整理は行っていないのか?という情報も把握しており、それぞれの信用情報機関に加盟している金融機関は、住宅ローン審査時にその信用情報をチェックすることができます。

住宅ローンの審査時には、様々な情報を銀行に伝えますが、審査に通したいがために、嘘の年収や、嘘の他社借入額を申請するのは絶対にやめてください。

銀行に嘘がすぐにバレて、住宅ローンの審査に大きな影響を与えてしまいます。

ただ、信用情報にキズがついていても、一生その情報が記録され続けるわけではありません。

カードローン・キャッシングの悪影響はいつまで続く?

カードローン・キャッシング利用による、住宅ローン審査への悪影響は、その原因が解消されるまで続きますが、なかには信用情報に履歴が残ってしまい、原因が解消された後まで住宅ローン審査に悪影響を及ぼし続けるものもあります。

住宅ローンへの悪影響が続く期間をケースごとに見てみます。

住宅ローン審査への影響が続く基本的な期間

カードローンやキャッシングの借入金額が多い場合は、完済すればすぐに解消されますし、借り入れ可能枠が多い場合は、そのカードローンを解約すれば、住宅ローンへの影響はすぐに解消されます。

ただし、返済の延滞があった場合には、その延滞を解消しても、その後一定期間、悪影響のリスクが続きます。

延滞履歴は基本的に、完済から5年間、信用情報機関(JICC・CIC・全銀協)に記録に残り、あらゆるローンの審査で厳しい判断が下されます。

そのため、延滞をしたことがある場合には履歴が消えるのを待って住宅ローンを申し込むことが必要です。

また、延滞など金融事故の履歴の有無がわからない場合は、個人信用情報機関の記録を本人なら開示して確認することができるので、心配な方は以下をご覧ください。

同じ金融機関で住宅ローンを組む場合

銀行カードローンを利用していたり、銀行グループの消費者金融、保証会社でカードローンを利用していた人が、同系列の銀行で住宅ローンを申し込むと、審査に悪影響を与える場合があります。

その銀行のカードローンの利用履歴は、JICCやCICなどの信用情報機関とは違って、期間を限定せずにそれぞれの銀行に独自に残していることが多いのです。

そのため、過去に延滞など、問題を起こした銀行では何年経っても審査落ちするリスクが高くなります。

カードローン・キャッシングの借金を住宅ローンにまとめられる?

カードローンやキャッシングでお金を借りている人が、住宅ローンを組む際に、カードローンの借金をまとめたいと考えている方が多くいます。

住宅ローンの金利は、カードローンやキャッシングの金利に比べて、かなり低く設定されているので、まとめてしまえば、かなり金利の節約になりますし、支払日も統一されるので、管理も楽になります。

しかし、住宅ローンは「目的ローン」の一種です。

目的ローンは、借りたお金の使い道(資金使途)が決められたローンで、住宅ローンの場合は「住宅の購入」以外に、借りたお金を使ってはいけないことになっています。

つまり、カードローンやキャッシングで作った借金は、住宅ローンにまとめることは基本的にできません。

ただし、住宅ローンを申し込む金融機関によっては、カードローンの借金をまとめることを相談に乗ってくれる場合もあります。

カードローンの悪影響を住宅ローンに与えないためには

カードローンやキャッシングは、少額の融資を計画的に返済している分には、住宅ローンの審査に悪影響を与えることはありません。

しかし、高額の借り入れを行っていて返済中の方や、解約せずに限度額内でいつでも借り入れ可能な方は、住宅ローンに申し込む前に、完済するなり、カードローンを解約するなりして、返済比率を下げることによって、審査に通過する可能性を少しでも上げておきたいところです。

また、完済できない方は、おまとめローンを組んだり、借り換えなどをして、毎月の返済負担額を下げることによって、返済比率を下げる方法もあります。

さらに、カードローンの借金を完済できない方は、せめて借りたお金の使い道をしっかり銀行に説明できるようにしてください。

使い道が普段の生活費やギャンブルなどの場合は、銀行に悪い印象を与えてしまう恐れがあります。

医療費や冠婚葬祭など、急にお金が必要になって借りた場合は、銀行にそれほど悪い印象を与えないで済むかもしれません。

そして、カードローンの返済を延滞中の方は、住宅ローンの審査に通過することが難しく、過去に延滞をして完済した方でも、5年間は、住宅ローンの審査に大きな影響を与えます。

カードローン・キャッシングを利用する際は、将来に不安を残さないように正しい返済と適度な借入を守りましょう。

※その他、スマホ本体の分割払いや、奨学金の延滞なども信用情報機関に記録され、住宅ローンの審査に影響を与えますので、くれぐれもご注意ください。

PAGETOP