アコムとアイフルの比較表で違いがわかる!どっちで借りるのがベスト?

PR

アコムとアイフルの比較表で違いがわかる!どっちで借りるのがベスト?
アコムとアイフルの違いを比較早見表でチェック!
実質年率や限度額、審査基準・難易度、融資スピード、無利息サービス、借入方法や返済方法などを最新情報で比較。

どちらのカードローンがオススメなのか、アコム・アイフル以外のカードローンを選んだ方が良いパターンもあるのか、同時申し込みもありなのか?
ぜひ参考にしてみてください。


もくじ

アコムとアイフル比較早見表

アコム アイフル
実質年率 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%
借入限度額 800万円まで 800万円まで
即日融資
24時間振込 ×
無利息期間サービス 契約日翌日から30日間 契約日翌日から30日間
在籍確認(電話連絡) あり なし
銀行グループ 三菱UFJフィナンシャル・グループ ×
カードレス
スマホATM取引(アプリ) ○(セブン銀行のみ) ○(セブン銀行・ローソン銀行)
借入・返済の便利さ
自動契約機の台数
自社ATMの台数
クレジットカード機能 ○(ローン機能が付いたクレカ「ACマスターカード」で契約可能) ×

 

お急ぎの方のために結論を先にお伝えすると、

・計画的に利用してなるべく早く完済したいならアコム

電話在籍確認なし(職場への電話連絡なし)で申し込みをしたい、毎月の返済額を少額にしたいならアイフル

となります。

その理由は、

・アコムはインターネット返済の手数料が無料(アイフルは有料)
・アイフルは電話在籍確認(職場への電話)がありません
・毎月の最少返済額が少ないのはアイフル
など

実質年率も、限度額も、無利息サービスも、審査スピードもほぼ互角なので、商品スペックで選ぶならどちらを選んでも良いでしょう。

返済を重視したいならいつでもどこでもインターネット返済が無料でできるアコム、申し込みのしやすさ重視なら電話在籍確認なしのアイフルをおすすめします。

 

 

アコムとアイフル 実質年率と限度額で比較

アコムとアイフル 実質年率と限度額で比較

アコム アイフル
実質年率 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円 800万円まで

 

アコムとアイフルの実質年率と限度額は同等ですので、どちらが秀でているということはありません。

限度額はその人の返済能力にあわせて設定されるのですが、上限額は総量規制によって「年収の3分の1以下」となることが決まっています。

参考:日本貸金業協会「1お借入れは年収の3分の1までです」

アコムの実質年率は限度額100万円未満の場合、18.0%を上限としています。

アイフルの詳細な実質年率は公開されていないのですが、利息制限法による実質年率の上限を考えると、アコム同様に18.0%になることが予想されます。

▼利息制限法による上限金利

融資額(限度額) 上限金利
10万円未満 20.0%
10万円~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

 

カードローン初回申し込みで高額融資をしてもらえることはほぼなく、おそらく10万円~50万円程度になると思われますので、アコムでもアイフルでも初回限度額は10万円~50万円程度で実質年率は18.0%になる可能性が濃厚です。

 

 

即日融資は可能?アコムとアイフルの融資スピードを比較

即日融資は可能?アコムとアイフルの融資スピードを比較

アコム アイフル
審査時間 最短30分 最短20分※1
融資までの時間 最短30分 最短20分※1

※1.申込状況によっては希望にそえない場合あり。
 

申し込みをしてから融資までにかかる時間はアコムが最短30分、アイフルが最短20分となっていて、どちらも即日融資に対応しています。

⇒アコムは即日融資OK!申し込み当日に借りる方法

アコム 即日融資の最速でお金を借りる申し込み方法(振込キャッシング)

アコム 即日融資
アコムは最短30分で融資を受けることができます。

ローンカードが不要な場合は、以下の申し込み方法が最速となります。

手順1:アコム公式サイトから申し込みをする
最短での借り入れを希望する場合はアコムの公式サイト(インターネット)から申し込みをしてください。24時間365日手続き可能です。

手順2:審査・審査結果の連絡・契約
アコムの審査が行われ、審査結果のメール連絡がありますので確認しましょう。
契約手続きは受信したメールから行うことができます。来店不要です。

手順3:振込キャッシングでお金を借りる
アコムとの契約が完了したらすぐに振込融資でお金を借りることができます。
原則24時間、最短10秒で指定の金融機関に手数料無料でお金を振り込んでもらえます。

アコム 即日融資の最速でお金を借りる申し込み方法(ローンカードが必要な場合)

手順1:アコム公式サイトから申し込みをする
最短での借り入れを希望する場合は公式サイト(インターネット)から申し込みをしてください。24時間365日手続き可能です。

手順2:審査・審査結果の連絡
アコムの審査が行われ、審査結果のメール連絡がありますので確認しましょう。

手順3:自動契約機”むじんくん”に来店
21時までに(店舗によって営業時間はことなります)自動契約機「むじんくん」に来店して、契約手続きを行います。
契約書類とローンカードを受け取ったら手続き完了です。

手順4:ATMでお金を借りる
自動契約機にはアコムATMが併設されていますので、すぐにお金を借りることができます。
アコムATMは手数料無料です。

 


アイフル 即日融資の最短でお金を借りる申し込み方法(振込キャッシング)

アイフル 即日融資
アイフルはWEB申し込みなら最短20分で融資可能となっています(申込状況によっては希望にそえない場合あり。)。

手順1:インターネット申込みをする
アイフルにインターネットで申し込みをします。

手順2:フリーダイヤルに電話をかける
アイフルフリーダイヤル(0120-337-137/受付時間:9:00~21:00)に電話をかけて、急いでいることを伝えます。優先して審査を開始してもらうことができます。

手順3:審査・審査結果の連絡・契約
アイフルの審査が行われ、審査結果はメールでお知らせがあります。
契約手続きは受信したメールからできますので来店は不要です。

手順4:振込キャッシングでお金を借りる
アイフルも振込融資を利用できます。
最短10秒で全国1,200の金融機関に24時間365日振込してもらえます。

アイフル 即日融資の最短でお金を借りる申し込み方法(ローンカードが必要な場合)

手順1:インターネット申込みをする
インターネットでアイフルに申し込みをします。

手順2:フリーダイヤルに電話をかける
アイフルフリーダイヤル(0120-337-137/受付時間:9:00~21:00)に電話をかけて、急いでいることを伝えます。優先して審査を開始してもらうことができます。

手順3:審査・審査結果の連絡
審査が行われ、審査結果はメールでお知らせがあります。

手順4:無人店舗”てまいらず”に来店
アイフルの無人店舗に来店して、契約手続きとローンカード発行を行います。

手順5:ATMでお金を借りる
コンビニや銀行など、アイフルの提携ATMですぐに借り入れができます。手数料は無料です。

 


アコムとアイフル 無利息サービスで比較

アコムとアイフル 無利息サービスで比較

アコム アイフル
30日間無利息 あり(契約日翌日から30日間) あり(契約日翌日から30日間)

 

アコムもアイフルも契約日の翌日から30日間が無利息期間となります。

契約するとその翌日から自動的に無利息期間がスタートしてしまうという特性は覚えておく必要があります。

即日融資で借りるなら無利息期間を無駄なく使い切ることができますが、すぐにお金を借りる予定がないならプロミスも検討してみて下さい。

プロミスは「初回借入日の翌日」から無利息となるので、お金を借りるまでは無利息期間が始まりません。

短期間で一時的にお金を借りたい方は金利0円の無利息サービスをご利用ください。

 

 

アコムとアイフル 在籍確認(職場への電話連絡)で比較

アコムとアイフル 在籍確認(職場への電話連絡)で比較

アコム アイフル
在籍確認(職場への電話連絡) あり なし

 

アコムは原則として在籍確認を電話で行っています。

ただし、職場に電話がかかってくると困るような場合は、申し込みの際に相談することができます。

アイフルは原則として電話在籍確認を行っていません(職場への電話連絡なし)。

アイフルは原則として電話在籍確認を行っていません
公式サイトにも「原則として申込時に自宅や勤務先への連絡は行っておりません」と記載されていますので、当サイトでコールセンターに電話をかけて確認してみました。

<参考>:アイフルのよくある質問「在籍確認はありますか?」

アイフルからの回答は「在籍確認を行わずに契約可能で、必要な時は書類を提出してもらうこともある」ということでした。

在籍確認ではアイフルの方が非常に柔軟に対応していると言えそうですね!

在籍確認を避けたい方は、アコムではなくアイフルなどの消費者金融に申し込んでみてください。

ちなみにSMBCモビットのWEB完結申込も電話連絡なしで申し込み可能です。

 

アコムとアイフル 自動契約機・無人契約ルームで比較

アコムとアイフル 自動契約機・無人契約ルームで比較

アコム アイフル
無人契約店舗数(2022年7月時点) 自動契約機「むじんくん」:803店 無人店舗:835店

 

自動契約機・無人契約ルームの数はアイフルが若干多いですがあまり差はありません。

無人店舗を利用する機会は、
・新規申し込み
・契約手続き
・ローンカードの発行、再発行
などがあります。

特に申し込みをした当日にローンカードが必要な場合と、契約書類などを自宅に郵送されると困る場合には無人店舗での契約がおすすめです。

その場で契約書類とローンカードを受け取ることができるので、郵送を避けることができます。

アコムもアイフルも、無人契約機(自動契約機)の場所を住所や地図で検索できるので、行きやすいところの店舗を事前に探しておくことをおすすめします。

アコムとアイフル 自社ATM&提携ATMで比較

アコムとアイフル 自社ATM&提携ATMで比較

アコム アイフル
自社ATM 827台 441台
提携ATM 49,668台 84,880台

※2022年7月時点

自社ATMには手数料無料で利用できるというとても大きなメリットがあります。

数が圧倒的多いのはアコムですね。

提携ATMが多いのはアイフルになります。

こちらがアコムとアイフルの提携ATMです。

アコム アイフル
三菱UFJ銀行 借入・返済 借入・返済
ゆうちょ銀行 × ×
E-net 借入・返済 借入・返済
ローソン銀行 借入・返済 借入・返済
セブン銀行 借入・返済 借入・返済
イオン銀行 借入・返済 借入・返済
西日本シティ銀行 借入・返済 借入・返済
十八親和銀行 借入・返済 借入・返済
福岡銀行 借入・返済 借入
熊本銀行 借入・返済 借入
広島銀行 借入・返済 ×
北海道銀行 借入・返済 ×
北陸銀行 借入・返済 ×
東京スター銀行 借入・返済 ×
八十二銀行 借入 ×
三十三銀行 借入・返済 ×
クレディセゾン 借入・返済 ×

 

提携ATMの数が多いのはアイフルでしたが、種類が豊富なのはアコムですね。

ただ、提携ATMの利用にはその都度手数料がかかりますので、本当に必要なときのみの利用にした方が良いでしょう。

提携ATM利用手数料はアコムもアイフルも「1万円以下110円/1万円超220円」になります。

アコムとアイフル 審査申込方法で比較

アコムとアイフル 審査申込方法で比較

アコム アイフル
WEB申込み 24時間365日受付 24時間365日受付
公式アプリ 24時間365日受付 24時間365日受付
電話申込み 24時間365日受付 年中無休9:00~18:00
自動契約機 9:00~21:00 年中無休(年末年始は除く) 9:00~21:00年中無休
郵送 24時間365日受付 なし

 

アコムはWEB申込み、公式アプリ、電話申込み、自動契約機、郵送の5つの申し込み方法があり、アイフルはWEB申込み、公式アプリ、電話、自動契約機の3種類になっています。

アイフルの方が申し込み方法が少なく限られていますが、現在はネット申し込みが主流になっていますので不便を感じることはないと考えます。

アコム・アイフルのそれぞれの申し込み方法と申し込みの流れを詳しくチェックしておきましょう。

WEB申し込み・公式アプリ申し込み

アコムのWEB申し込み・公式アプリ申し込み

アコムのWEB申し込み
1.WEB・アプリから申し込み手続き
アコム公式サイト、またはスマホアプリから申し込み手続きをします。

2.審査結果の連絡
審査結果はメールまたは電話での回答になります。

3.契約
契約手続きはインターネットでできますが、ローンカードが必要な場合は無人契約機に来店するか、郵送で受け取ることになります。(カードレス契約も可能です)

アイフルのWEB申し込み・公式アプリ申し込み

1.WEB・アプリから申し込み手続き
アイフル公式サイト、またはスマホアプリから申し込み手続きをします。

2.審査結果の連絡
アイフルからの審査結果のお知らせはメールまたは電話での回答になります。

3.契約
アイフルとの契約手続きもスマホ・パソコンからできます。
契約手続きではアイフルカードの有無を選択できます。
アイフルカードが必要な場合は郵送となりますので、自宅に送られてくると困る場合はWEB契約ではなく無人契約ルームで契約手続きを行いましょう。
契約書類とカードを受け取ることができるので、自宅への郵送を避けることができます。

電話申込み

アコムの電話申し込み

1.申し込み
アコムの電話申し込みは、なんと24時間365日対応です。

▼電話申し込み用ダイヤル
0120-07-1000

18時以降に申し込みをすると翌日の受付となってしまうため、急いでいる場合はなるべく早い時間に手続きして下さいね。

2.必要書類の提出
アコムに本人確認書類の提出をします。
提出方法は、「スマホアプリ・WEBからの提出」または「店頭(自動契約機)」から選択できます。

3.契約
アコムからの審査結果のお知らせは電話です。
契約手続きは自動契約機(むじんくん)または郵送になります。
即日融資で借りたい場合は無人契約機に行きましょう。契約手続きが完了したらすぐに融資を受けることができます。

アイフルの電話申し込み

1.申し込み
申し込みダイヤルに電話をかけて申し込み手続きを行います。
受付可能な時間は9:00~18:00です。

▼はじめてのお申込み専用ダイヤル
0120-201-810
受付時間 9:00~18:00
▼女性専用ダイヤル(女性オペレーター対応)
0120-201-884
受付時間 9:00~18:00

2.審査結果の連絡
審査結果は電話で回答となります。
アイフル担当者から電話がかかってきますので、すぐに出られるようにしておきましょう。

3.契約
契約は無人店舗で手続きを行いますので、本人確認書類を持参して無人店舗「てまいらず」に行きましょう。その場で契約手続きが完了してローンカードも発行されます。
なお、契約手続きを郵送で行うこともできますが、契約書類を発送してもらって返送する手間がかかるため、融資までに時間がかかってしまいます。

自動契約機申し込み

アコムの自動契約機(むじんくん)申し込み

アコムの自動契約機(むじんくん)申し込み
1.申し込み
本人確認書類を持参してアコム自動契約機(むじんくん)に直接行きます。事前にお近くの無人店舗の場所を調べておきましょう。

なお、自動契約機は予約ができないので、行ってみて先客がいたら外で待つことになります。
インターネット申し込みをして審査に通過した後に来店したほうが、手続き時間の短縮になりますよ。

2.審査・契約
アコムの審査はその場で行われるので店内で待ちます。
審査結果の回答がありますので、同意したら契約完了です。

アイフルの無人店舗で申し込み

アイフルの無人店舗で申し込み
1.申し込み
本人確認書類を持参してアイフルの無人店舗に行きます。事前にお近くの無人店舗の場所を調べておきましょう。
無人店舗にはオペレーター直通の電話機がありますので、手続きに関して聞きたいことがあったら直接相談ができます。

2.審査結果の連絡
その場で審査が行われて、審査結果の回答があります。

3.契約
契約とローンカード発行手続きを行います。カード受け取り後から借り入れ可能となります。
コンビニATMや銀行など、アイフルの提携ATMからすぐにお金を借りることができます。

郵送申し込み(アコムのみ)

1.お申込み書類の請求
「0120-07-1000」に電話をかけて、申し込み書類を請求します。

2.申し込み書類の返送
申し込み書類が届いたら必要事項を記入して、本人確認書類の写しを同封して返送します。

3.審査・審査結果の連絡
書類がアコムに届いてから審査が行われ、電話で審査結果のお知らせがあります。

4.契約・受領連絡
契約完了に伴う書類とローンカードが郵送されてきます。
カードを受け取ったら、「0120-07-1000」に電話をかけて受け取りの連絡をするか、アコムマイページにログインしてください。
どちらかの手続きが完了したらローンカードが利用可能となります。

アコムとアイフル WEB完結で比較

WEB完結は、申し込み、契約手続き、借り入れ、返済も全てインターネットでできるサービスです。アコムもアイフルもこのWEB完結に対応していますので、どこにも行かずにお金を借りることができますよ。

アコムのWEB完結は、
1.インターネットから申し込み
2.本人確認書類をスマホアプリから提出
3.審査・審査結果のお知らせ
4.契約

の流れになります。

アコムでは基本的にローンカードの受け取りが必要になり、WEB完結でも「自動契約機で発行する」「自宅に郵送」のいずれかで受け取ることになります。

ローンカードが不要な場合は「【審査結果】契約手続きのお願い」メールに記載されているカード受け取り方法で必ず「カード不要」を選択して下さい。

アイフルのWEB完結は、
1.インターネットから申し込み
2.審査・本人確認書類を提出
3.審査結果のお知らせ
4.契約

の流れになります。
アイフルはローンカードの有無を選択することができます。

ローンカード無しを選択するとカードレスでの融資となり郵便物もありなせん。
ローンカードが必要な場合は、無人契約機で発行するか郵送となります。

⇒アイフルのWEB完結申込はカードレス&郵送物なし

 

 

アコムとアイフル 申し込みに必要な書類を比較

アコムとアイフル 申し込みに必要な書類を比較
アコムとアイフルの必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書」があります。

本人確認書類

アコムの本人確認書類

アコムでは本人確認書類を「スマホアプリ・web」で提出する場合と「店舗」で提出する場合で必要書類が異なります。

■スマホアプリ・webで提出
スマホで本人確認書類を撮影してアコムに提出します。

▼本人確認書類
以下のうちいずれか1点
・運転免許証(裏・表)
・マイナンバーカード(表面のみ)
・パスポート(写真、住所記載部分)
・健康保険証(表・裏)

■店舗で提出
アコム店舗に本人確認書類を持参して提出します。

▼本人確認書類
以下のうちいずれか1点
・運転免許証(裏・表)
・マイナンバーカード(表面のみ)
・パスポート(写真、住所記載部分)
・健康保険証(表・裏)

ただし健康保険証を提出する場合は「住民票の写し」または「公共料金の領収書(電気・ガス・水道等)」も合わせて必要になります。
提出できない場合は、契約後にアコムからの郵便物を受けとる方法でも確認可能です。

本人確認書類は有効期限内のものに限ります。
個人番号(マイナンバー)、本籍地が記載されている場合は写らない状態にして提出します。
健康保険証の記号・番号・保険者番号・QRコードも写らないようにします。

いずれも書類に記載された住所と現住所が異なる場合と書類に現住所の記載が無い場合は、公共料金の領収書か住民票の写しの提出が必要です。

アイフルの本人確認書類

アイフルの本人確認書類提出方法は「スマホでかんたん本人確認」「銀行口座で本人確認」「来店」があり、それぞれ必要書類が決まっています。

■スマホでかんたん本人確認
自分の顔と本人確認書類をスマホで撮影して確認する方法です。

▼本人確認書類
・運転免許証または運転経歴証明書

運転免許証がない場合は以下のいずれかを提出します。
・個人番号カード(表のみ)
・住民基本台帳カード
・特別永住者証明書
・在留カード

本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、以下のいずれかも合わせて提出します。

・公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)
・国税、地方税の領収書
・納税証明書

■銀行口座で本人確認
自分名義の銀行口座から本人確認をとってもらう方法です。
本人確認書類は銀行に提出済みなので、アイフルに提出する書類はありません。

申し込み時に本人確認の項目で「銀行口座で本人確認」を選択して、希望の金融機関を選びます。金融機関のサイトに画面が移りますので、口座情報など必要事項を入力して登録結果がOKになれば本人確認が完了します。

なお、「銀行口座で本人確認」を選ぶと返済方法が口座引き落としに限定されてしまいます。口座引き落とし以外の方法で返済したい場合は他の本人確認方法を選びましょう。

■無人店舗・電話申し込みの場合
無人店舗や電話で申し込みをした場合は、アイフルの無人店舗で本人確認を行います。
「スマホでかんたん本人確認」と同様の本人確認書類を持参して来店しましょう。

本人確認は法律によって義務付けられている確認ですので、アコムもアイフルも細かい指定があります。
ただ、「現住所が記載されている運転免許証」があれば基本的に他の本人確認書類は不要ですので難しく考えることはないでしょう。

収入証明書

アコムの収入証明書

アコムでは以下に該当する場合に収入証明書の提出を求められます。

・アコムとの契約が50万円を超えるとき
・他社を含めた借入総額が100万円を超えるとき

▼収入証明書
・源泉徴収票:現在の勤務先名が書かれている最新のもの
・納税通知書:最新年度のもの
・所得証明書:最新年度のもの
・確定申告書:最新年度のもの
・給与明細書:直近2か月分。賞与証明書があれば直近1年分を合わせて提出
アイフルの収入証明書

アイフルで収入証明書が必要となるのは以下に該当するケースです。

・アイフルの利用限度額が50万円を超えるとき
・他社を含めた借入総額が100万円を超えるとき
・就業状況の確認などで提出が必要と判断されたとき

▼収入証明書
・源泉徴収票:「公的年金等の源泉徴収票」と「退職所得の源泉徴収票」を除く
・給与明細書:直近2ヶ月分+あれば賞与明細書(1年分)
・確定申告書/青色申告決算書/収支内訳書:本人の氏名が記載されていて税務署受付印または電子申告の受付日時・受付番号の記載があるもの
・住民税決定通知書:勤務先または市区町村役場を通じて届く「特別徴収税額の決定・変更通知書」など
・納税通知書:お住まいの市区町村役場から交付されます。課税明細書も必要です。2枚で1組になっている場合は両方提出します
・所得証明書:市区町村役場で発行してもらえます
・年金証書/年金通知書:年金以外に主となる定期的な収入がある場合(年金収入だけの人は申込対象者ではありません)

アコムもアイフルも細かい指定がありますが、より厳密な規定があるのはアイフルです。
すぐに用意するのが難しい場合は、希望額を低く設定することで提出を回避することも可能です。

アコムとアイフルの審査通過率を比較

アコムとアイフルの企業情報に記載されている成約率(審査通過率)を比較してみました。

貸金業者名 審査通過率
2022年4月 2022年5月 2022年6月
アコム 37.1% 39.9% 38.4%
アイフル 29.4% 29.5% -

アコム マンスリーレポートを参考
アイフル 月次データを参考

アイフルよりもアコムのほうが審査通過率が少し高いですね。

アイフルもアコムもアルバイト、パート、派遣社員、契約社員の方など、年収が低い方でも申し込むことができますが、専業主婦や年金受給のみの方は申し込むことができません。

もちろん、安定収入がある方でも、過去に延滞や債務整理などを行った金融ブラックの方は、アコムもアイフルも審査に通過するのは難しいでしょう。

アコムもアイフルも公式サイトで、簡単な質問事項を埋めるだけで融資可能であるかを確認できる診断システムが導入されているので、まずはそちらのサービスを利用してみるのもオススメです。必ずしも診断通りの結果になるとは限りませんが、おおまかな目安がわかります。

アコムとアイフル お金を借りる方法で比較

アコムとアイフル お金を借りる方法で比較

アコム アイフル
振込キャッシング(WEB・電話) 24時間365日、最短10秒振込可能 24時間365日、最短10秒振込可能
自社ATM 24時間 07:00~23:00
提携ATM・スマホATM 提携ATMによって営業時間が異なります 提携ATMによって営業時間が異なります

 

アコムもアイフルもさすが大手消費者金融だけあって、借り入れ方法は豊富に用意されています。

手数料無料で借りられる方法は、「振込キャッシング(WEB・電話)」「自社ATM」です。

振込キャッシング(WEB・電話)で借りる

振込キャッシングは自分の銀行口座にお金を振り込んでもらう借り入れ方法です。

アコムの振込キャッシング

アコムの振込キャッシングは、24時間365日、手数料無料で借りることができます。

振込にかかる時間は最短10秒ですが、24時間最短10秒で借り入れが可能となるのは楽天銀行口座に入金する場合のみとなります。

その他の金融機関の振込対応時間はこちら。
▼三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行

日時 受付時間 振込実施の目安
月曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~23:49 受付完了から1分程度
火曜~金曜 0:10~23:49 受付完了から1分程度
土日祝日 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~19:59 受付完了から1分程度
20:00~23:49 翌日9:30頃

 

都市銀行でも土日祝日の20時過ぎに振込依頼をしてしまうと、翌日9:30になってしまいます。

 
▼振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関

日時 受付時間 振込実施の目安
月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~17:29 受付完了から1分程度
17:30~23:49 翌営業日9:30頃
土日祝日 0:10~23:49 翌営業日9:30頃

 
「振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関」は、こちらの「振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関一覧」で確認できます。

 

▼その他の金融機関

日時 受付時間 振込実施の目安
月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~14:29 受付完了から1分程度
14:30~23:49 翌営業日9:30頃
土日祝日 0:10~23:49 翌営業日9:30頃

 

振込依頼方法は、「インターネット」「スマホアプリ」「電話」の3種類で、1万円単位で借りることができます。

アイフルの振込キャッシング

アイフルの振込キャッシングは三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行全国をはじめとした約1,200の金融機関に24時間365日振込が可能となっています。

アイフルの24時間対応振り込みキャッシングに対応している金融機関は「接続予定時間一覧(PDF)」で確認できます。

記載がない金融機関に振込依頼をする場合は、「平日8:30~15:30」が振込可能時間になります。

振込依頼はインターネット(24時間対応)、電話(0120-109-437/平日9:00~18:00)です。

電話での振込依頼は24時間対応ではありませんが、スマホからいつでも依頼できるので困ることはないでしょう。

振込キャッシングが充実しているのはアイフルと言えそうですね。

ATMで借りる

アコムは自社ATMなら手数料無料で借り入れ・返済が可能となっていますが、アイフルには自社ATMがありません。

アコムATMはメンテナンス時間を除く24時間手数料無料で利用できるので、振込キャッシングのように金融機関の振込可能時間を気にする必要はありません。

即日融資で借りたいときもアコムの自動契約機(むじんくん)の営業時間終了である21:00(店舗により異なる)までに審査に通過して、自動契約機でカードを発行すれば、ATMを利用して即お金を借りることができます。

ただし、夜間の審査申込みでは勤め先への在籍確認ができないので、その点はアコムのスタッフに相談が必要です。(すべての方ではありませんが給与明細等で在籍確認を行ってくれる場合があります)

アイフルには自社ATMがないので、提携ATMからお金を借りることになるのですが、その場合、ATM手数料が掛かってしまいます。

スマホATM取引で借りる

スマホATM取引は、スマホアプリを使ってコンビニATMから借りる方法です。

アコムはセブン銀行のみ、アイフルはセブン銀行とローソン銀行の2行をスマホATM取引対応としています。

カードレスで借り入れ・返済ができるのでとても便利なのですが、スマホATM取引などの提携ATMの利用には「1万円以下:110円/1万円超:220円」の手数料が発生します。使いすぎにはご注意下さいね。

 

 

アコムとアイフル 返済方法で比較

アコム アイフル
インターネット返済 Pay-easy(ペイジー)利用 ×
口座振替(口座引き落とし) 毎月6日(土・日・祝日等の場合には翌営業日) 毎月6、23、27日(選択可能)
振り込み返済
自社ATM 年中無休、24時間 年中無休、7:00~23:00
提携ATM 年中無休、24時間(毎週月曜日1:00~5:00はメンテナンスのため不可) 年中無休、24時間(毎週月曜日1:00~5:00はメンテナンスのため不可)
スマホATM セブン銀行ATM セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM

 

アコムの返済方法

アコムの返済方法
アコムの返済日は「毎月指定期日返済」「35日ごと返済」から選択できます。

【毎月指定期日返済】
毎月1回の返済日を利用者が自由に設定できて、指定した返済期日の15日前から返済期日までが当月の返済期間となります。

ただし返済方法を口座振替にした場合は、毎月6日(金融機関が休日の場合は翌営業日)が引き落とし日となり、返済期日を選択することはできません。

【35日ごと返済】
最初の返済日は初回借入日の翌日から35日目、次回以降は返済日から数えて35日目が返済期日になります。返済期日が35日ごとにやってくることになります。

⇒アコムの返済方法・毎月の返済額・返済日(引き落とし日)一括・繰上返済方法も

アイフルの返済方法

アイフル返済方法は「毎月1回(約定日制)」と「35日ごと(サイクル制)」になります。

【毎月1回(約定日制)】
毎月1回の返済日を利用者が自由に設定できます。
指定した返済期日の10日前から返済期日までが当月の返済期間となります。
返済方法を口座振り込みにした場合も、利用者が設定した返済日に引き落としが行われます。

【35日ごと返済】
アコムの「35日ごと返済」と同じく、最初の返済日は初回借入日の翌日から35日目、次回以降は返済日から数えて35日目が返済期日になります。
返済期日が土日祝日の場合、翌営業日が返済期日になります。

返済忘れを防止してくれるサポートで比較

アコムでは「返済日の3日前」「返済日当日」「返済期日経過後の当日」にメールを送ってくれる「eメールサービス」があります。

アイフルには「aiメール」があり、約定返済日の3日前にお知らせしてくれるサービスがあります。

アコムとアイフルの約定返済額で比較

アコムの最少約定返済額は、借り入れ残高に一定の割合をかけた金額になります。(1,000円未満は切り上げ)

▼一定の割合

借入残高 一定の割合
30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上
30万円超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
100万円超の場合 借入金額の3.0%以上
借入金額の2.5%以上
借入金額の2.0%以上
借入金額の1.5%以上

 

例)10万円を借りた場合
10万円×4.2%-4,200円
約定返済額は「5,000円」になります。

アイフルは「毎月1回(約定日制)」と「35日ごと(サイクル制)」で約定返済額が異なります。

借り入れ直後残高 毎月1回(約定日制) 35日ごと(サイクル制)
1~100,000円 5,000円 4,000円
100,001円~200,000円 9,000円 8,000円
200,001円~300,000円 13,000円 11,000円
300,001円~400,000円 13,000円 11,000円
400,001円~500,000円 15,000円 13,000円
7,900,001円~8,000,000円 100,000円 96,000円

 

アコムとアイフルの約定返済額を比較するとこうなります。

▼アコム「毎月指定期日返済」アイフル「毎月1回(約定日制)」の約定返済額と返済回数

借入残高 約定返済額 返済回数
アコム
・年利18.0%
・借入残高30万円以下の場合
10万円 5,000円 24回
20万円 9,000円 28回
30万円 13,000円 29回
アイフル
・年利18.0%

10万円 4,000円 32回
20万円 8,000円 32回
30万円 11,000円 36回

 

約定返済額が多いのはアコムですので、毎月の返済負担が大きくなるのはアコムです。

ただし、返済額が高い分だけ完済までのスピードも早くなるため、約定返済のみで完済した場合の返済期間が短く、利息が安くなるのはアコムになります。

返済が遅れそうなときはどうすればいい?

返済が遅れてしまうと遅延損害金(延滞金)が発生するので、なるべく遅れないようにしたほうが良いのは言うまでもありませんね。

どうしても遅れてしまいそうなときは、返済期日が過ぎる前に連絡をしましょう。

▼返済についての相談

・アコム
アコム総合カードローンデスク:0120-629-215

・アイフル
フリーコール:0120-109-437

アコムとアイフル 返済が便利なのはどっち?

アコムもアイフルもどちらも大手消費者金融なので、返済方法がとても充実しています。
口座振替を利用すれば延滞しにくくなりますので、約定返済は口座振替で行うことをおすすめします。

返済のしやすさで非常に大きな違いはアコムはインターネット返済が可能で、アイフルはできないところです。

アコムのインターネット返済は手数料無料のPay-easy(ペイジー)を利用します。

インターネットバンキングが利用できる銀行口座をお持ちであれば、どなたでも利用できます。

アコムインターネット返済はパソコン、スマホで手続きができて30分以内には返済が完了されますので、どこにも行かずに返済ができます。

手数料が無料なので、お金に余裕があるときには繰り上げ返済が行いやすくなりますよ。

総合すると返済しやすいのはアコムと言えそうです。

銀行系のアコムと独立系のアイフルを信頼性で比較

アコムもアイフルもどちらも消費者金融のカードローンになるのですが、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの銀行系消費者金融で、アイフルは銀行系列に属していない独立系消費者金融という違いがあります。

銀行系消費者金融は安心度・信頼度が高い

銀行系消費者金融のメリットは、やはり”銀行”という非常に信頼のおけるグループ傘下ということで、資金が豊富で安定性も高いところです。

なお、SMBCモビットとプロミスは三井住友銀行と同じSMBCグループ、レイクはSBI新生銀行グループに属しています。

プライム市場(旧東証一部)のアイフル

アイフルは銀行グループではありませんが、プライム市場(旧東証一部上場)の企業ですので信頼度は抜群です。

2022年3月までは東証一部に上場していたのですが、市場再編によりこれまでの「東証1部」「東証2部」「JASDAQ」「マザーズ」が、「プライム」「スタンダード」「グロース」という3区分に変わり、アイフルはグローバル企業向けの「プライム市場」で上場を継続しています。

市場側の都合によって「東証一部上場企業」という言い方はしなくなりましたが、アイフルが東証一部クラスの実力がある企業であることはまちがいありません。

ちなみに東証一部に上場できるのは知名度や社会的な信用度が高い大企業で、367万社を超える全国の企業のうち2,183社しかありません。(2021年時点)

日本の企業として実力はもちろん社会的責任も担っていますので信頼度に心配はありません。

アコムとアイフル フリーキャッシング以外の商品やサービスで比較

アコム アイフル
フリーキャッシング以外のサービス ・ACマスターカード(クレジットカード)
・ビジネスサポートカードローン
・借換え専用ローン
・働く女性のカードローン
・ファーストプレミアムカードローン(23歳~59歳)
・SuLaLi
・かりかえMAX(初めて利用者)
・おまとめMAX(既利用者)
・無担保ローン(個人プラン/法人プラン)
・不動産担保ローン(個人プラン/法人プラン)

 

アコムが取り扱っているローンの種類

ACマスターカード(クレジットカード)

ACマスターカードはアコムのクレジットカードです。クレジットカード機能があるカードローンは非常に珍しく、アコムの大きな強みになっています。

▼ACマスターカードのスペック

即日発行 可能。クレジットカードでありながら即日発行が可能です。
国際ブランド Mastercard
年会費 無料
即日融資 可能!最短30分審査
借入限度額 1万円~800万円
実質年率 3.0%~18.0%
ショッピング枠限度額 最高300万円
ショッピング手数料率(実質年利) 10.0%~14.6%
無利息サービス 30日間無利息サービスあり
利用対象者 アルバイト・パート・学生OK!20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコム基準を満たす方
借り方 ATM、口座振込
返し方 口座振替、ATM、インターネット
担保・連帯保証人 不要

 

⇒ACマスターカードの審査基準・難易度は?アコムクレジットカードに申し込む

ビジネスサポートカードローン

限度額300万円までの個人事業主向けのカードローンで、年収の3分の1を以上のお金を借りることもできます。カードローンなので限度額内で繰り返しお金を借りることができます。

借換え専用ローン

複数のローンを借り入れ中の方向けのローンです。借り換えることによって債務者にとって有利になるので総量規制対象外になります。おまとめローンとしてお金を借りたい方におすすめです。

⇒アコムのおまとめローンで借金を1つにまとめる

働く女性のカードローン

アコムでは、働く女性向けのカードローンを用意しています。

ACマスターカードのクレジット付きカードローンも利用でき、スマホから申込み、契約、借入、返済が可能です。

女性専用ダイヤル(0120-39-9197)では、基本的に女性オペレーターが対応してくれますが、夜間や混雑時は男性スタッフが対応にあたります。

アルバイト、派遣、パートなど、雇用形態を問わず利用する事ができ、30日間の金利0円サービスも適用されます。

⇒アコムの働く女性のカードローン(レディースキャッシング)について

アイフルが取り扱っているローンの種類

ファーストプレミアムカードローン

融資額100万円~800万円、実質年利3.0%~9.5%のハイスペックなカードローン。
貸付対象者は満23歳~59歳で一定以上の年収があり、アイフルをはじめて利用する人です。
通常のキャッシングローンよりも低金利・高額融資が可能ですが、審査は厳しくなります。

⇒アイフル ファーストプレミアム・カードローンはお得だけど審査は厳しい

SuLaLi

アイフルでは女性が安心して利用できる女性向け商品として、SuLariというローンを用意しています。限度額は10万円と低いのですが、借り過ぎを防げるため、返済しやすさが魅力です。

カードは、ローンカードには見えない2種類のデザインで、来店不要の「web完結」で申し込むことが可能、電話や書面の連絡がなく安心です。(カードは後日郵便で送られてきます)

また、女性オペレーターによる専用ダイヤル(0120-201-656)も設けているので、質問や相談も女性スタッフが対応してくれるので安心です。

もちろん、SuLariの申込みは、アルバイト・パートでもOKで、30日間無利息サービスも適用されます。

⇒アイフルのレディースローン「SuLaLi(スラリ)」の特徴

かりかえMAX(初めて利用者)・おまとめMAX(利用者)

複数社からの借り入れをアイフルで借りなおして、毎月の返済負担を軽減するおまとめローンです。かりかえMAXは初めてアイフルを利用する人向け、おまとめMAXはアイフル利用者向けとなります。

⇒アイフルのおまとめMAXとかりかえMAX

無担保ローン(個人プラン/法人プラン)

事業資金として利用可能なローンです。

■不動産担保ローン(個人プラン/法人プラン)

不動産を担保にして1億円まで融資可能なローンです。

アコム・アイフル以外で借りた方が良いケース

無利息サービス重視ならレイク

レイクは無利息サービスに力を入れていて、アコム・アイフルよりも充実しています。

利用対象者 満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方
選べる無利息サービス 「借入額のうち5万円まで180日間無利息」または「60日間全額無利息」から選択可能
融資スピード Web申し込みで21時までに契約手続きが完了すると最短25分融資!
土日祝日 融資可能、24時間365日申込可
限度額 1万円~500万円
実質年率 4.5%~18.0%
担保・保証人 不要
返済期間・回数 最長5年・最大60回
借り方 ATM、口座振込
返し方 自動引き落とし、ATM、口座振込
申し込みに来店は必要? 不要

 

アイフルにもアコムにも30日間無利息サービスがありますが、レイクの無利息サービスは「借入額のうち5万円まで180日間無利息」または「60日間全額無利息」から選択可能となっております。

■借入額のうち5万円まで180日間無利息
借入金額のうち5万円までが契約日の翌日から180日間無利息になります。

■60日間全額無利息
Web申し込み限定のサービスで、借入額全額が60日間無利息になります。
アコム・アイフルの倍の期間無利息になりますのでとってもお得です!

レイクの限度額は1万円~500万円、実質年率は4.5%~18.0%となっており、アコム・アイフルと変わらないスペックのカードローンを提供していますので、無利息サービスを重視するなら、レイクも検討してみてください。

⇒レイクの金利・限度額・60日間無利息と180日間無利息サービス概要

大手消費者金融で金利を重視するならプロミス

アコムとアイフルの実質年利は3.0%~18.0%ですが、プロミスは4.5%~17.8%で大手消費者金融の中では最高金利がもっとも低くなっています。

⇒プロミスの金利は大手で1番低い!利息を減らす方法も解説

また、アコム・アイフルの無利息サービスは契約日の翌日から30日間なので、お金を借りていなくても自動的にスタートしてしまいますが、プロミスは「初回借入日の翌日」から30日間なので、契約後すぐに借り入れをしなくても無利息期間が無駄になりません。

⇒プロミスの30日間無利息サービスの利用条件

さらにプロミスはインターネット返済が手数料無料で、自社ATMと三井住友銀行ATMを手数料無料で利用できます。

銀行系消費者金融のメリットがたくさんあるカードローンなのでおすすめできます。

審査に自信がある、かつ急ぎではない場合は銀行カードローン

銀行カードローンのメリットは実質年率が低いこと。

アコムと同じ三菱UFJフィナンシャル・グループの「三菱UFJ銀行カードローン バンクイック」は年1.8%~14.6%で、プロミスと同じSMBCグループの三井住友銀行カードローンは年1.5%~14.5%です。

カードローン名 実質年率
三井住友銀行カードローン 年1.5%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
りそなプレミアムカードローン 年3.5%~12.475%
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8%

 

ただ、実質年率は低いですが銀行カードローンには無利息サービスが無い場合が多く、即日融資にも対応していません。

借り入れを急いでおらず返済期間が長期になりそうな場合に銀行カードローンを検討してみても良いでしょう。

ただし、審査は消費者金融よりも厳しくなりますので、審査に自信がある人にのみおすすめとなります。

アコムとアイフル お金を借りるならどっち?「まとめ」

アコム アイフル
実質年率 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%
借入限度額 800万円まで 800万円まで
即日融資
24時間振込 ×
無利息期間サービス 契約日翌日から30日間 契約日翌日から30日間
在籍確認(電話連絡) あり なし
郵送物 なしにできます 送られてこない(WEB完結)
銀行グループ 三菱UFJフィナンシャル・グループ ×
カードレス
スマホATM取引(アプリ) ○(セブン銀行のみ) ○(セブン銀行・ローソン銀行)
借入・返済の便利さ
自動契約機の台数
自社ATMの台数
クレジットカード機能 ○(ローン機能が付いたクレカ「ACマスターカード」で契約可能) ×
ATMの台数(2022年7月時点) 自社ATM:827台
提携ATM:49,668台
自社ATM:441台
提携ATM:84,880台
無人契約店舗数(2022年7月時点) 無人店舗:803店 無人店舗:835店
返済日 ・毎月指定日返済
毎月一定の返済日を指定可能。
・35日ごと返済
前回支払日の翌日から35日後が次回返済日になります。
・毎月1回(約定日制)
毎月一定の返済日を指定可能。
・35日ごと(サイクル制)
前回支払日の翌日から35日後が次回返済日になります。

※いずれも2022年7月時点の情報です

アコムとアイフルのカードローンを比較してきましたが、総合すると次のようになります。

・電話在籍確認なしで申し込みをしたい、毎月の返済額を少額にしたいならアイフル
・計画的に利用してなるべく早く完済したいならアコム

となります。

商品スペックはほぼ互角ですが、アコムには手数料無料のインターネット返済があり、アイフルには電話在籍確認なしという非常に大きなメリットがあるので、自分にとってどちらが重要かで決めて良いと思います。

アイフルと比べたアコムは?

三菱UFJフィナンシャル・グループの安心感がある

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループのカードローンです。

アイフルもプライム市場上場の大手企業ですが、お金を借りるうえで最も信頼できるのは銀行ですので、抜群の安心感があると感じます。

手数料無料のインターネット返済を利用できます

現在はなんでもスマホで済ませる時代ですので、手数料無料でスマホから返済できるのはやはり利便性が高いです。

思いついたときにいつでも返済できるので早期完済を目指しやすくなります。これはアコムの大きなメリットになります。

アイフルの手数料無料の返済方法は、口座振替しかありません。

手軽に追加返済したくても必ず手数料がかかってしまうとなると、つい躊躇してしまって追加返済が遅れてしまうかもしれません。なるべく早く完済したい人にはアコムをおすすめします。

アコムと比べたアイフルは?

在籍確認なし!(電話連絡なし)

アイフルは電話での在籍確認を行っていません。

公式サイトで在籍確認なしと表示しているカードローンはアイフルくらいです。
(SMBCモビットもWEB完結申込なら電話連絡なし!)
勤務先に電話がかかってくることに不安がある場合は、アイフルが向いています。

なお、アコムも電話以外の方法で確認してほしいことを相談することは可能ですので、お気軽に相談してみて下さい。

アイフルは最小返済額が少ない

アコムと比較するとアイフルは最小返済額が少なくなっていますので、無理のない返済を継続しやすいでしょう。

ただ、毎月の返済負担が少ないということは返済期間が長くなりがちということですので、追加返済も利用して計画的に返済していきましょう。

アコムとアイフルの両方に審査申し込みしてもいい?

カードローンは、1社しか申し込めないというわけではありません。もちろん、アコムとアイフルの両方同時にに申し込んでも大丈夫です。

しかし、同時に複数の消費者金融に申し込むと、申し込みブラックになったり、審査で不利になることがあるので注意が必要です。

※もちろん、アコムとアイフルの両方の審査に通過する可能性も十分あります。

また、アコムとアイフルの両方から借入すると、返済日もバラバラになって管理がしづらいというデメリットもあります。

万が一、返済を忘れてしまうと、アコムもアイフルも遅延損害金が発生しますし、延滞が一定期間よりも長くなると信用情報機関に記録されることになります。

ですので、できれば、本記事の内容を確認して、アコムとアイフルのどちらがご自身にあっているのか?特徴を理解して、どちらかに絞ることをオススメします。

 

 


 
 

このサイトの監修者・専門家

この記事の監修者 このサイトの監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。
   

PAGETOP