プロミス 自動契約機(無人契約機)使い方・カード発行・審査申込み方法

プロミス 自動契約機(無人契約機)使い方・カード発行・審査申込み方法
プロミスの自動契約機(無人契約機)の使い方、カード発行方法、場所・営業時間、審査時間を短縮させて借り入れするコツ、審査申込み~融資までの流れなどを解説します。



もくじ

プロミス自動契約機の基本情報

プロミスでは、申込み・カード発行・契約が行える自動契約機を全国各地に設置しています。

プロミス自動契約機の基本情報

プロミス自動契約機の場所・設置台数

プロミスの自動契約機の設置台数は、2019年2月の月次データによると933台。およそ1,000台の自動契約機が全国各地に設置されています。

大型の無人店舗では、1店舗に2台設置されていることもありますが、基本的には1店舗につき1台設置されています。

プロミスの自動契約機の設置場所は「こちらから検索」することができます。

また、自動契約機の場所は「こちらでも地域別に調べる」ことが可能です。

近年は、プロミスの自動契約機の設置台数が、やや減少傾向にあります。その理由は、インターネットやアプリなど、自動契約機以外での審査申込み・契約、お金の借り方のバリエーションが増えているためです。

もしも、最寄りにプロミスの自動契約機がない方は、他の方法でも審査にクリアすれば借入することが可能なので、自分に適した方法でプロミスからお金を借りるようにしましょう。

インターネットなら、申込み~契約、借入までWEBだけで完結することができ、カードなしでもお金を借りることも可能です。

プロミス自動契約機の営業日&利用時間

プロミス自動契約機 9:00~22:00(平日・土日祝日)
三井住友銀行ローン契約機 9:00~21:00(1月1日以外)

 
※一部店舗では営業時間が異なります。

プロミスの自動契約機は、土日や祝日でも夜遅くまで営業しているので、急にお金が必要になった時でも、とても便利に利用できます。

だだし、営業時間ギリギリに行くと、審査は翌日になってしまいます。プロミスの審査時間は最短で30分ですが、混み合っていると1時間以上かかる場合もあります。

即日融資を希望する方は、遅くてもプロミス自動契約機の営業時間が終了する1時間前には、審査申し込みを済ましておきましょう。

自動契約機に向かう前に、インターネットで審査申込みを済ましておくと、カード発行までの時間を短縮できます。


※三井住友銀行「ローン契約機」もプロミスのサービスを提供していますが、はじめての契約時には利用できません。(事前にインターネットで申し込んでいる場合は利用可)

プロミス自動契約機の店舗内はどうなってる?

プロミス自動契約機の店舗内

プロミスの自動契約機は、外から中が見えないようにプライバシーに配慮された構造となっていますので、自動契約機を利用した事がない方にとっては入りにくいものです。

プロミスの自動契約機の中は、契約機と椅子が用意されています。パンフレットもあるので、サービス内容を把握しながら、審査申し込み・契約・カード発行を進められます。

プロミスの自動契約機ルームは個室になっているので、誰かの視線を気にせずに契約することができます。また、施錠できるようになっているので、他の利用者が中に入ってくる心配もなく、落ち着いてカードローンの契約手続きを進められます。

お金を借りられる?プロミス自動契約機で出来ること

プロミスの自動契約機では、画面の案内に沿って審査申込み、必要書類の提出、契約、カード発行の手続きを即日で行えます。

実際にカードを使ってお金を借りる方法は、プロミスATM、三井住友銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソンATMなどのコンビニATM,その他提携金融機関ATMから現金を引き出します。

もちろん、指定口座への振込キャッシングも可能ですが、自動契約機ではお金を借りることができないので、ご注意ください。

ただし、プロミスのATMは自動契約機と併設されているので、すぐに借入することが可能です。

そのほか、契約内容の変更(利用限度額、利息の利率、返済日)、カードの再発行、暗証番号の変更手続きがプロミスの自動契約機で行えます。

プロミスからでお金を借りる方法

プロミスからお金を借りる方法は以下です。

・ATMからお金を借りる
・インターネットで会員ページから振込依頼
・電話で振込依頼
・セブン銀行からカードなしで出金する(スマホATM取引)
▼ATMからお金を借りる

上でも説明しましたが、プロミスの自動契約機、三井住友銀行のローン契約機でお金を借りることはできません。

カードを使ってキャッシングする場合は、ATM、提携ATMを利用する必要があります。

<プロミスが利用できるATM>
・プロミスATM(ATM手数料無料)
・三井住友銀行ATM(ATM手数料無料)
・三菱UFJ銀行ATM
・西日本シティ銀行ATM
・セブン銀行ATM
・E-netATM
・ローソン銀行ATM
・イオン銀行ATM
・横浜銀行ATM
・東京スター銀行ATM
・第三銀行ATM
・福岡銀行ATM
・熊本銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・親和銀行ATM(借入のみ)
・広島銀行ATM(借入のみ)
・八十二銀行ATM(借入のみ)
・クレディセゾンATM

プロミスATM、三井住友銀行ATM以外は、借入時・返済時に以下のATM手数料がかかります。

取引額 ATM手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

 

▼スマホATM取引(アプリローン)でお金を借りる

プロミスはアプリローンを提供しています。プロミスの公式スマホアプリを利用すると、セブン銀行ATMからカードなしで現金を引き出したり、返済することが可能になります。

カードを持ち歩かなくても、全国のセブンイレブンに設置してあるATMを利用できるので、24時間、365日、コンビニが空いている時間はいつでもお金を借りることができるので安心です。

▼振込でお金を借りる

インターネットや電話で振込する場合、プロミスの「瞬フリ」サービスなら、10秒で振込反映することができます。

24時間対応の金融機関への振込みなら、原則24時間10秒で振込キャッシングが可能になります。24時間対応している金融機関の一部をご紹介します。

金融機関 振込反映時間
三井住友銀行 24時間10秒反映
三菱UFJ銀行 24時間10秒反映
みずほ銀行 24時間10秒反映
ゆうちょ銀行 24時間10秒反映
ソニー銀行 24時間10秒反映
ジャパンネット銀行 24時間10秒反映
楽天銀行 24時間10秒反映

 

自動契約機を利用できる人は?カードローン利用条件

20~69歳までの安定した収入がある方、プロミスの審査基準を満たす方なら、アルバイト、パート、契約社員、派遣社員、雇用形態を問わずカードローンを利用してお金を借りることができます。

主婦や学生の方でも、一定の収入があれば、審査のうえ契約して即日でお金を借りることが可能です。

ただし、過去に延滞、債務整理等を行い、信用情報機関に記載されている方(ブラックリストの方)は審査に申し込んでも通過することはできないのでご注意ください。

金利(実質年率) 4.5%~17.8%
限度額 1万円~500万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能。最短1時間融資
無利息サービス 30日間利息0円
WEB(インターネット) スマホ・PCから24時間365日申込み可
WEB完結 可能。郵便物なし・カードレス

 

初めてでも安心!プロミス自動契約機の使い方

プロミス自動契約機の使い方

プロミスの自動契約機は、タッチパネル式になっており、画面をタッチすることで、案内に従って簡単に操作出来るようになっています。

また、自動契約機に電話機が付いているので、プロミスのオペレーターと電話で話すことができます。不安や疑問があれば、プロミスのオペレーターの方に質問をすることで、丁寧に説明・案内をしてくれるので初めての方にも安心です。

本人確認書類は、自動契約機のスキャナーに設置すれば、読み込みをしてくれます。申請書が発行されるので、必要事項を記入して提出をしましょう。

提出した書類をもとにプロミスの審査が行われるので、記入ミスや誤字脱字がないように注意してください。

プロミスでは、最短30分で審査結果が出ます。審査がクリアされれば契約書が発行されます。そのままカード発行の手続きに移る方は、暗証番号の登録等を行います。

基本的には、アコムなど他社の自動契約機とシステム自体に大きな違いはないので、すでに他社で利用した事がある方なら、スムーズに使いこなせると思います。自動契約機自体が初めての方でも、難しい操作はないので安心してください。


プロミス自動契約機の審査申し込み~カード発行までの流れ

プロミス自動契約機の審査申し込み
プロミス自動契約機を利用してカード発行する方法は、主に3つあります。

1.自動契約機に直接行く
2.インターネットで申し込んでから自動契約機に行く
3.電話で申し込んでから自動契約機へ行く

この中で、1番おすすめなのは「2」であらかじめインターネットで申し込んでからプロミスの自動契約機へ出向く方法ですが、後で説明しますね。

まずは順番に自動契約機での申込みの流れを解説していきます。

1.プロミス自動契約機に直接行って審査に申し込む

ステップ①自動契約機で審査に申込み

必要書類(運転免許証等)を持参し、プロミスの自動契約機に足を運びます。書類に不備があったり、不足していると再度提出を求められるため、あらかじめきちんと確認しておくようにしましょう。

ステップ②プロミスの審査・契約

申込み内容をもとにプロミスの審査がスタートします。審査中は、プロミス自動契約機の画面にカードの使い方など、説明ビデオが流れるようになっています。

プロミスの審査時間は最短30分ですが、混み合っていると1時間以上かかる場合もあり、その間は自動契約機の前で待つ必要があり、外出することはできません。

審査の結果、融資可能となればカードローンの契約の手続きを行います。

ステップ③カードの発行

プロミスとの契約後は、その場ですぐにローンカードが発行されますが、後日郵送で受け取る事やカードなしの契約にすることも可能です。

ステップ④お金を借りる

カード発行後は、自動契約機と併設されているプロミスATMや、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートに設置してあるコンビニATM、三井住友銀行ATM他、提携ATMでお金を借りることができます。

また、プロミスインターネット会員ページから、振込依頼をしてお金を借りたり、セブン銀行ATMからカードなしでお金を借りることができます。

2.【おすすめ】ネットで申し込んでからプロミス自動契約機に行く

審査時間も早くなり、待ち時間も少なくなる申込み方法です。書類の不備で出直さなければならなくなるリスクもなくなります。

ステップ①スマホ・パソコンで申込み

プロミス公式サイトからスマホやパソコンを使って審査に申し込みます。

ステップ②プロミスの審査結果・WEBで契約

プロミスの審査結果が出たら必要書類の提出、カードローンの契約をWEBで完結することができます。

ステップ③自動契約機へ行ってカード発行

プロミスの自動契約機へ行ってカード発行します。審査は終わっているので審査時間の間、待つ必要はなく、書類の不備でいったん自宅に帰るリスクもありません。

ステップ④ATMからお金を借りる

自動契約機に併設されているプロミスATMからカードを使ってお金を引き出します。もしくは、三井住友銀行ATM、コンビニATMなどから借り入れ可能です。

※インターネットで申し込んで、契約をWEBではなく、自動契約機で行う方法もあります。その場合も、直接自動契約機へ行くよりもスムーズに審査・カード発行が行えます。


3.電話で申し込んでからプロミス自動契約機に行く

ステップ①電話で審査に申込み

プロミスコール「0120-24-0365」または、女性専用ダイヤルレディースコール「0120-86-2634」に電話して審査に申し込みます。プロミススタッフに口頭で、氏名や生年月日、勤め先、雇用形態、年収、他社借入状況などを伝えます。

ステップ②プロミスの審査

プロミスの審査が開始されます。審査結果はプロミスから電話で伝えられます。

ステップ③自動契約機で操作・必要書類提出

プロミスの自動契約機のタッチパネルで簡単な操作と、スキャナーを使って必要書類を提出します。

ステップ④契約・カード発行・借り入れ開始

契約書を確認・署名してスキャナーで提出して契約完了。その後、カードが発行され借り入れ開始になります。

即日融資可能!審査時間を短縮させるためのコツ

自動契約機で審査が長引くと、長時間室内で待たされることになります。審査にクリアしなければ、待ち時間が無駄になってしまいます。

ですので、上で説明したように、インターネットで先に審査に申し込んで、WEB契約してからから、プロミスの自動契約機に行き、カードを発行する方法を推奨しています。

また、少しでも審査~カード発行をスムーズにするためには、提出書類の確認や虚偽の申告を行わないことが大切です。

自動契約機にせっかく行ったのに、必要書類を忘れたり、不備があった場合、再度、自宅に戻らなければならないケースも考えられます。(ネットで契約しておけばこのリスクも回避できます)

そして、基本的には、お勤め先確認(在籍確認)はすぐに行われます。勤務先が休みの場合は、確認が出来なくなってしまうので、タイミングに注意してください。

もしも、勤務先の休日にしか自動契約機を利用できず、在籍確認の電話のタイミングが難しい場合には、プロミス公式サイトからインターネットで事前に申込みをして、審査をクリアしておくと手軽に契約を結ぶことができます。

(※勤め先が休日の場合、在籍確認を電話でなく、組合の保険証や給料明細などで行ってくれる場合もあります)

それから、平日の夕方以降や、土日や長期休暇(GW、お盆など)は、プロミス利用者が増えるため、審査時間が伸びる可能性がありますので、可能ならば、それ以外の時間帯に申し込むようにしてください。


プロミス自動契約機で審査申込・カード発行・契約・借入する際の注意点

プロミスの自動契約機で、スムーズにカード発行・契約する為に気を付けておきたいポイントを紹介します。

契約に必要な書類をしっかり用意する

プロミスの審査に申し込む前に、カードローンの契約に必要な書類を用意しておきましょう。必要書類の不備があると、せっかくプロミスの自動契約機に出向いたのに、カードローンの契約ができない場合もあります。

本人確認書類

運転免許証、またはパスポート、健康保険証+1点(住民票など)のいずれかを用意しておきましょう。外国籍の方は、在留カードまたは特別永住者証明書も必要になります。

また、本人確認書類に記載されている住所と現在の住所が異なる方は、次のいずれかの書類のコピーを発行日から、6カ月以内の新しいもので用意してください。

・国税または地方税の領収書、または納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共の料金の領収書(電気会社、水道局、ガス会社、NHK)
・住民票の写し、または住民票の記載事項証明書

住民票の記載事項証明書は、希望する項目のみの証明書となります。本籍などを知られたくない時は、住民票ではなく記載事項証明書を選びましょう。ただし、どちらも発行には300円程度の手数料が掛かります。

収入証明書

希望の借入額が50万円を超える場合、他社の借り入れ合計が100万円を超える場合は「収入証明書」の提出が必要になります。

・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書(直近2ヶ月分+1年分の賞与明細書)

マイナンバーが記載されている書類を提出する方は

本人確認書類、収入証明書など、審査のための提出書類にマイナンバー(個人番号)が記載されているときは、番号を見えないように加工して提出をします。コピーを取り、黒く塗り潰すなどをして提出するようにしてください。

プロミスの審査時間は?審査中は自動契約機から出られない

プロミスの審査は最短30分で、申込みに掛かる時間と合わせると、最短1時間で融資が可能です。

審査の時間には個人差がありますし、審査が混み合っていると長い時間掛かることもありますので、自動契約機でカードローン契約する時は、時間に余裕がある時にしてください。

審査時間中は、プロミスの自動契約機の外に出ることができません。審査時間が長引くと1時間以上待つこともあります。

また、プロミスの審査中、長時間待ちたくない方は、事前にインターネットで審査の申し込みをしておくことで、手続き時間を短縮させる事ができます。

自動契約機に入るところを見られるリスク

店舗内は、プライバシーが守られていますが、自動契約機がある店舗の中に出入りするところを誰かに見られるリスクはあります。

特に、自宅や勤め先付近の自動契約機は近くて便利ですが、知り合いに目撃される可能性があるため、親や知り合いにお金を借りることがバレたくない方は、少し離れた場所にあるプロミスの自動契約機を利用するなどの対策が必要です。

ただ、プロミスの場合、審査申込み~借入までWEB完結することが可能で、カードなしで契約することも可能で、その場合は郵便物がないので、内緒でお金を借りたい方におすすめです。

自動契約機での契約にこだわらない方は、インターネットで申し込みましょう。

プロミスの審査に落ちやすい人とは?

プロミスの成約率は、2019年2月は44.4%です。

参照:http://www.smbc-cf.com/pdf/md2019_j.pdf

約半数の方がカードローンの審査に落ちているという結果となりますが、プロミスでは返済能力が重要視されるため、年収はもちろん、勤続年数や他社の借入状況も審査クリアのポイントになります。

転職を繰り返している方(勤続年数が短い方)、これまでに他社で複数借入をしている方は、審査に落ちやすくなってしまいます。

また、過去に返済の滞納、自己破産や任意整理などの債務整理を行っている方は、審査に通過するのは難しいでしょう。

条件の厳しい方は、いきなり高額な借入を希望しても審査をクリアすることは難しいため、1万円や5万円程度の少額の借入からスタートさせ、延滞することなく返済を続けて信用を高めましょう。

30日間無利息サービスを利用するための条件とは?

プロミスでは、初めてお金を借りる場合、メールアドレスの登録をしてweb明細を利用した方に限り、30日間の利息が0円になる無利息サービス(金利0円)を行っています。

もちろん、自動契約機で契約する方も無利息サービスの対象となります。

サービスを受けるためには、契約の際に書面の受け取り方法をweb明細に選択してください。プロミスでは、”初回の出金の翌日から30日間”が無利息期間となります。

契約後すぐではないので、慌てる必要はありませんが、返済日が経過した場合には無利息サービスが停止されてしまうので気を付けましょう。

プロミス自動契約機で契約した場合の返済方法は?

プロミスの自動契約機で契約した場合でも、インターネットなどを使った他の申し込み方法と返済方法は同じです。

返済には、インターネット、口座振替、店頭窓口、プロミスATM、提携のコンビニATM、提携金融機関ATMが利用できます。インターネットとコンビニでは、24時間いつでも返済可能なので、仕事などで忙しい方にオススメです。

プロミスの自動契約機には返済機能がありませんが、プロミスATMが併設されているところなら、手数料無料で土日の返済が可能です。

プロミスでは一括返済・任意も受け付けているので、余裕が出来た方は、まとめて返済した方が利息分の負担を軽減することができてお得です。

※プロミスの場合、インターネットでWEB完結契約をして、自動契約機でカードを発行する場合の返済方法は、口座振替のみになります。他の返済方法を行いたい方は、インターネットで申し込んで、契約を自動契約機で行うようにしてください。

即日で借入を希望する場合には?

プロミスの自動契約機の利用時間は22:00までとなっていますが、申込みの手続きと審査時間を合わせると1~2時間前までには、申し込みを始めておきたいところです。

契約後は、プロミスATMや、24時間コンビニATM等でにてお金を借りることができます。即日中に借入を希望する方は、審査がスムーズに通るように、提出書類の確認を怠らず、オペレーターからの質疑応答をきちんと答えられるようにしておきましょう。

プロミスの自動契約機を使った人たちの口コミ

プロミスの自動契約機を実際に利用したことがある人たちの口コミをネット上で調査して、良い意見と悪い意見をまとめましたので参考にしてください。。

・自動契約機を利用したのは初めてだったが、操作は簡単で必要事項を記入するだけだった。機械音痴だったので不安だったが、スムーズに借入することができた。

・免許証だけ持参して自動契約機を利用したがとても簡単だった。

・審査の時にプロミスから電話があったが、圧迫するような言葉はなく丁寧な対応だった。

・本人確認書類を自動契約機にセットした後、電話が鳴り受話器を取るとプロミスの女性オペレーターから質問があった。簡単な質問で終わり、カードの説明を受けたあと審査をクリアすることができた。

・審査30分くらいで、簡単にカードローンの手続きを完了することができました。バイトでも審査が通過出来るのは本当だった。

・審査時間30分とまではいかなかったものの、1時間くらいでプロミスから借入できたので、審査は速いと感じました。

・プロミスの自動契約機コーナーに公衆無線LANが設置されていた。Wi-Fiが使えるので、審査の待ち時間に利用でき、動画を見るなどして時間を潰しやすい。

・プロミスの自動契約機で申し込みをして2時間くらいでお金を借りられました。希望額通りにお金を借りれたことは良かったが、思いのほか時間が掛かってしまった。

・審査が終わるまで長時間、自動契約機から出てはいけないのが私には厳しかったです。

プロミスの自動契約機の口コミまとめ・評価

プロミスの自動契約機を実際に使用したことがある方達の間では、審査時間が速い方で30分。長い方は2時間という声が多めです。夜の時間帯にプロミスの自動契約機を利用する方は、営業時間内より早めに利用した方が良さそうです。

プロミスの自動契約機自体は、初めて利用の方でも簡単に使えるという意見が多いので、案内に沿って必要事項を入力していきましょう。入力ミスによって審査時間に影響を与えてしまわないよう、入力後に誤字脱字がないかの確認を忘れないようにしてください。

プロミスの口コミは、良い意見が圧倒的に多いのですが、悪い口コミでは審査に時間が掛かってしまった人たちの不満の声があります。

それから、場所によってはプロミスの自動契約機が減っているようなので、この間まであったのに無くなってる!なんて自体を招かないためには、公式サイトから最寄りの店舗を確認をして足を運ぶことをオススメします。

PAGETOP