SMBCモビット【借り方】WEB完結!電話連絡なしで即日お金借りる方法

SMBCモビット【借り方】WEB完結!電話連絡なしで即日お金借りる方法
SMBCモビットカードローンでお金を借りたい方へ、SMBCモビットからスピーディーにお金を借りる方法、おすすめの借り方、金利や限度額、WEB完結(郵送物なし・カードレス)の概要、返済方法などを掲載しています。


もくじ

SMBCモビット カードローンの特徴

SMBCモビットは最短即日融資、来店不要のWEB完結(カードレス・郵便物なし・電話連絡なし)」に対応しているカードローンです。

SMBCモビット カードローンのスペック

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
審査スピード 最短30分!
WEB完結 電話連絡なし・カードレス・郵便物なし
限度額 1万円~800万円
利用対象者 満年齢20才~69才の安定した収入があり、SMBCモビット基準を満たす方
※アルバイト、パート、派遣社員、自営業の方も利用可能
遅延利率(実質年率) 20.0%
借り方 ATM、口座振込
返し方 ATM、口座振込、自動引き落とし
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
担保・保証人 不要
無利息サービス なし

 

SMBCモビットはWEB完結・電話連絡なし・郵送物なしで申し込める

SMBCモビットのWEB完結は申し込み・契約・借り入れ・返済の全てがネットだけでできる申し込み方法です。

しかも、よほど重要な確認事項などがなければ携帯にも電話がかかってくることもありませんし、勤務先への電話連絡もなく、郵便物が届くこともありません。

WEB完結対応のカードローンは他社にもあるのですが、電話連絡がないカードローンは、大手ではSMBCモビットだけです!

ただし、SMBCモビットWEB完結は申し込み条件があるので、ここで1度まとめておきます。

●SMBCモビットWEB完結 利用条件
・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていること。
・全国健康保険協会発行保険証(つまり社会保険証)、または組合保険証を持っていること。

いかがですか?
銀行口座は無料で開設できるので特に問題ないのですが、保険証はなかなかハードルが高いのではないでしょうか。

自営業の方や社会保険証の発行がない会社にお勤めの方は、すぐにどうにかできるものではありませんよね。

SMBCモビットには「カード申込」という従来型のネット申し込み方法があるので、WEB完結条件を満たしていない方でもネットで申し込みをすることは可能です。

ただカード申込は、在籍確認が実施されることになるので、他社のネット申し込みと同等になります。

SMBCモビットは10秒で簡易審査結果表示!即日でお金を借りられる

簡易審査を用意しているカードローンはたくさんありますが、SMBCモビットの簡易審査はちょっと違います。

他社の簡易審査はその名のとおりとても簡単な審査になっていて、年収や現在の借り入れ件数・金額などを入力すると「借り入れ可能と思われます」みたいな結果が表示されるだけなのですが、SMBCモビットの簡易審査は実際に融資可能かどうかがわかるようになっているんです。

申込項目は他社よりも少し多くなりますが、SMBCモビットは仮審査申込後に審査結果10秒で審査結果が表示されるので、審査結果が出たら即本審査手続きに進むことができます。

SMBCモビットの金利と限度額

金利は3.0%~18.0%になります。

この上限金利は消費者金融としてはごく一般的で、アコムアイフルレイクALSAも上限金利18.0%です。

しかし、プロミスの上限金利は、17.8%となっており、大手消費者金融では一番低金利で、しかも、無利息(金利0円)サービスも行っているのでおすすめです。

SMBCモビットは、金利面では標準なのですが、無利息サービスが一切ないので、その点を考えると不利になりそうですね。

また、銀行カードローンと比べると消費者金融はどうしても金利が高くなってしまいます。

SMBCモビットは返済方法によって手数料がかかる

SMBCモビットの返済方法はATM、口座振込、自動引き落としになります。

・自動引き落としは手数料無料だけど・・・
自動引き落としは返済手数料無料ですが、指定できるのが三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座からしか指定することができません。

地方銀行口座などは自動引き落としができないので、別の方法で返済しなければいけません。

・口座振込は所定の手数料がかかる口座振込はお使いの金融機関によって支払手数料がかかります。

・ATMは?
SMBCモビットの場合、三井住友銀行ATMは手数料無料で返済できますが、それ以外の提携ATMを利用すると毎回手数料が発生します。

取引金額1万円以下 入金/出金:108円
取引金額1万円超 入金/出金:216円

 
まとめると、手数料無料で返済できる方法は、

・三井住友銀行ATM
・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座引き落とし

となるんです。

返済方法がやや不便であることはSMBCモビットのデメリットとして覚えておきましょう。

ちなみに、レイクALSAは、ATM手数料が無料になるうえ、180日間無利息サービスも実施しているのでオススメです。

SMBCモビット 審査申込み方法・融資までの流れ

SMBCモビットの審査申し込み方法は豊富ですが、注目すべきところは「WEB完結」と「カード申込」の違いです。

1.WEB完結でSMBCモビットの審査に申し込む

SMBCモビットのWEB完結申込み(電話連絡なし・郵便物なし・カードなし)の利用条件と、提出が必要な書類は以下となります。

【申し込み条件】
・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていること。
・全国健康保険協会発行保険証(つまり社会保険証)、または組合保険証を持っていること。

【提出書類】
・本人確認書類:運転免許証またはパスポートのどちらか
・収入証明書:源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書(直近2ヵ月分)のいずれか
・勤務先確認書類:健康保険証と給与明細書の両方

この条件を満たしていない場合はSMBCモビットの「カード申込」を利用することになります。

SMBCモビット WEB完結申込みの流れ

1.ネットから申し込み
SMBCモビット公式サイトの「WEB完結申込」ボタンから申し込みフォームに進めます。必要事項を入力して申し込みを行います。

2.必要書類の提出
スマホアプリまたは、SMBCモビット公式サイトからアップロード提出します。

3.審査結果連絡・契約手続き
審査結果はSMBCモビットからメールで届きますので、確認してWEB契約を行います。

4.融資スタート!
SMBCモビットのWEB完結はローンカードの発行がありませんので、契約が完了したら即時振込融資ができるようになります。

SMBCモビットのWEB完結は在籍確認・電話・郵送手続きが不要!

SMBCモビットのWEB完結では健康保険証と給与明細書で在籍確認を行いますので、原則自宅や会社に電話がかかってくることがありません。

また、契約書やローンカードなどの郵便物もありませんので、まさにネットだけで完結する申し込み方法になります。(内緒でお金を借りるのには最適ですね)

ちなみにSMBCモビットのWEB完結で申し込むとローンカードが発行されないので、借り入れ方法は基本的に振込キャッシングしで行うことになります。

現金が必要なときは電話・ネットで振込依頼をして自分の口座に入金してもらってから、キャッシュカードを使って引き出すことになります。

2.インターネット・アプリでSMBCモビットの審査に申し込む(カード申込)

SMBCモビットの「カード申込」もネットからの申し込み方法ですが、WEB完結のように難しい利用条件はありません。WEB完結は対象外だったけど、申し込みはネットからやりたいという方はカード申込を利用しましょう。

SMBCモビットの「カード申込」の流れ

1.ネットから申し込み
SMBCモビットの公式サイトの「カード申込」ボタンから申し込みフォームに進み、必要事項を入力して申し込みを行います。

2.審査・必要書類の提出
審査ではSMBCモビットから確認の電話がかかってきますので対応しましょう。在籍確認の電話も実施されることになります。

3.審査結果の連絡
メールまたは電話で審査結果の連絡がSMBCモビットからあります。

4.ローンカードの受け取り
ローンカードはSMBCモビットのローン申込機(自動契約機)または三井住友銀行内にある「ローン契約機」で発行することができます。

来店できない場合はローンカードを郵送で送ってもらうこともできます。

5.契約書類の返済
SMBCモビットから入会申込書が郵送されてくるので、記入して返送します。

カード申込でも最短即日融資が可能!

SMBCモビットの「カード申込」も最短30分で審査結果が届きます。

結果が出たらあとはSMBCモビットの自動契約機などでローンカードを発行すればすぐにATMからお金を借りられるので即日融資も可能です。

3.SMBCモビット自動契約機・三井住友銀行ローン契約機で審査に申し込む方法

SMBCモビット自動契約機
SMBCモビット自動契約機または三井住友銀行内に設置されているローン契約機でも申し込みができますので、必要書類を持参して来店しましょう。

1.自動契約機タッチパネルの指示どおりに申し込み
SMBCモビット自動契約機の画面に案内が表示されるので、指示に従って申し込みをしして、
必要書類の提出も行います。

2.簡易審査結果
簡易審査結果が出て、ローンカードが発行されます。
ここまでに必要な時間は約5分です。

3.本審査・審査結果回答
SMBCモビットの本審査が行われ、在籍確認と本人確認のための電話がかかってくることになります。

申し込みから審査結果の回答がでるまでの時間は最短30分!

4.登録
審査結果に承認して登録を行い、登録が完了したらすぐにSMBCモビットからお金を借りることができるようになります。

5.書類の送付・返送
後日、SMBCモビットから入会申込書などの書類が送付されてきますので、記入して返送します。

4.電話でSMBCモビットの審査に申込み

SMBCモビットは、電話でも申し込みができ、ローンカードを取りに行くことができれば即日融資も可能なので意外と便利かも?

1.フリーコールから申し込み
「0120-03-5000」に電話をかけて案内に従って申し込みをします。
フリーコール営業時間:9:00~21:00

2.審査・審査結果のお知らせ
SMBCモビットの本審査が行われ、在籍確認と本人確認のための電話がかかってくることになります。審査結果はSMBCモビットから電話で回答があります。

3.ローンカードと書類の送付
SMBCモビットのから入会申込書とローンカードが送られてきます。
この手続きはローン契約機で行うこともできますので、急いでいる場合は自動契約機や三井住友銀行に行きましょう。

4.ローンカードの受け取りと書類の返送
入会申込書に記入をして、SMBCモビットに返送します。

5.郵送でSMBCモビットの審査に申込み

郵送で申し込みをするには、まず入会申し込み書を受け取る必要があります。

1.入会申込書を受け取る
「0120-03-5000(9:00~21:00)」に電話をかけて入会申し込みを送ってもらうか、SMBCモビット自動契約機と三井住友銀行に入会申込書が設置してあるので、そこから持ち帰ります。

2.入会申込書に記入して送付
入会申込書に必要事項を記入したら、本人確認書類・収入証明書と一緒にSMBCモビットに送付します。

3.審査・審査結果の連絡
審査の際にはSMBCモビットから電話がかかってきます。また、在籍確認も実施され、審査結果は電話での連絡になります。

4.ローンカードと書類の送付
ローンカードと契約内容確認書類が届きますので受け取りましょう。自動契約機や三井住友銀行内ローン契約機で受け取ることもできます。

WEB完結申し込み以外は在籍確認がある

SMBCモビットには様々な申し込み方法がありますが、WEB完結以外の方法で申し込みをすると電話による在籍確認が実施されることになります。

電話はオペレーターさんの個人名でかかってきます。

例)在籍確認の流れ

・モビット「田中と申しますが、○○(申込者)さんはいらっしゃいますか?」

・会社の人「はい、少々お待ちください。」

・申込者「お電話代わりました。○○です。」

・モビット「○○△△(申込者フルネーム)さんでしょうか?」

・申込者「はい」

・モビット「SMBCモビットの田中でございます。お申し込み確認のお電話をさせていただきました。ご協力ありがとうございました。」

一例ですがこんな感じになります。内容によってはフルネームの確認や生年月日などの本人情報を聞かれることもあります。

もしカードローン申込者が電話に出られなくても、同僚の方が「○○はただいま席を外しております」などと伝えてくれたら、それだけで在籍確認をクリアできます。

SMBCモビットの必要書類

SMBCモビットの必要書類は基本的に「本人確認書類」と「収入証明書」ですが、WEB完結とそれ以外の申し込み方法で必要書類が変わってきます。

●WEB完結申込の必要書類
・本人確認書類
運転免許証またはパスポートのどちらか

・収入証明書
源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書(直近2ヵ月分)のいずれか

・勤務先確認書類
健康保険証と給与明細書の両方

●WEB完結以外の申し込み
・本人確認書類
運転免許証、ない場合は健康保険証またはパスポートでも可

・収入証明書
源泉徴収票の写し、税額通知書の写し、所得証明書の写し、確定申告書の写し、給与明細書の写し(直近2ヶ月分。賞与がある場合は1年分の賞与証明書も)

SMBCモビットの「WEB完結」以外の申し込みの場合、収入証明書は必須というわけではなく求められたら提出するという形になります。必要ないケースもあるのですが用意しておくと安心でしょう。

急いでお金を借りたいときは??

SMBCモビットは30分で審査結果が出るカードローンなのでスピード融資が可能なのですが、急いでいる場合は以下の方法で申し込みをしましょう。

1.「カード申込」または「WEB完結」で申し込み手続きをする
ネットから申し込みを行います。

2.申し込み後にフリーコールに電話をかける ←重要!
「0120-03-5000」に電話をかけて急いでいることを伝えます。

3.審査・審査結果の連絡
優先的に審査が行われ電話で審査結果のお知らせがあります。ここまでで最短30分!
その電話で登録ができるので、審査結果が出たらすぐに借り入れが可能となります。
原則24時間最短3分で振込可能です。

SMBCモビットの最短借り入れの方法は2つ

SMBCモビットの最短借り入れの方法は2種類あります。

曜日と時間帯によってはローンカードを受け取らないといけない場合もありますので、自動契約機に行く時間も考慮して申し込みをしましょう。

口座振込で最短融資

上の「急いでお金を借りたいときは??」で紹介した方法で申し込みをすると、審査結果の電話でそのまま振込依頼ができます。

原則24時間最短3分で振込可能なので、その日のうちに入金してもらえます。

口座振込場合はお使いの金融機関によっては24時間振込融資に対応している場合もあります。ただ、SMBCモビットサイトに対応金融機関が記載されておらず詳しくは利用する金融機関で確認しなければいけません。

平日14:50以降と土日祝日などは次のATMから最短融資を検討してみてください。

ATMから現金を最短融資

審査結果が出たらローンカードを自動契約機または三井住友銀行内ローン契約機で発行します。受け取ったらその直後からATMによる借り入れができるようになります。

<営業時間>

SMBCモビット自動契約機 8:00~21:00
三井住友銀行ローン契約機 9:00~21:00

 
SMBCモビット自動契約機とローン契約機は土日祝祭日も営業していますので、平日夜や土日祝日に即日融資を受けるならこちらの方法で借りることになります。

SMBCモビット【お金の借り方】

SMBCモビットのお金の借り方は「口座振込」と「ATM」があります。

WEB完結で申し込みをした人は基本的に口座振込、WEB完結以外の方法で申し込んだ方は口座振込とATMの両方でお金を借りることができます。

借り方1.振込でお金を借りる

SMBCモビットフリーコール「0120-03-5000」に電話をかけるか、会員専用ネットサービスの「Myモビ」から振込依頼を行うことで指定の金融機関口座に入金してもらえます。

電話もネット申し込みもどちらも24時間対応で、原則24時間最短3分で振込できるので、即日融資可能です。

たとえば金曜日の15時に振込依頼をしてしまうと翌月曜日の融資となりますので、曜日と時間帯には注意する必要があります。

借り方2.ATMからお金を借りる

SMBCモビットのローンカード使ってATMから現金を借りる方法です。

●手数料無料で利用できるATM
・三井住友銀行ATM

●それ以外の提携ATM
・三菱UFJ銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソンATM
・E-netATM
・イオン銀行ATM
・プロミスATM
・セゾンカードATM
・ゆうちょ銀行ATM
・地方銀行・信用金庫ATM など

提携ATMは1万円以下の入出金で108円、1万円超で216円のATM利用手数料がかかります。

借り方3.アプリを使ってセブン銀行のスマホATM取引

SMBCモビットスマホアプリがあれば、ローンカードを使わなくてもセブン銀行ATMからお金を借りることができます。

セブン銀行ATMはメンテナンス時間を除けば24時間対応なので、スマホにアプリを入れておくと便利ですね。

スマホATM取引の使い方は、まずアプリの操作から行います。

1.スマホアプリの準備
SMBCモビットアプリにログインして「ご出金(借入)」をタップします。

2.金額を確認
「ご利用可能額」を確認して「認証画面へ」をタップします。

3.認証画面入力
モビットカード番号、暗証番号、生年月日を入力して、「認証」をタップします。
モビットカード番号と生年月日は保存機能を利用できるので入力するのは初回のみになります。

4.QRコード読み取り画面を確認
スマホの画面が変わり「QRコード読取画面」になります。
スマホ操作はここで一旦終わりです。

5.セブン銀行ATM画面操作
ATM画面の「スマートフォン・出金・入金」をタップします

6.スマホをATM画面にかざす
ATM画面にスマホをかざして、ATMに表示されるQRコードをスマホで読み取ります。

7.企業番号を取得してATMに入力
SMBCモビットのアプリに「企業番号」が表示されるので、ATM画面に入力します。
これでアプリ操作は完了です。

8.ATMに指示にそって操作
あとはATMから現金を引き出す操作をするだけです。

実際の操作はスマホ画面とATM画面に表示される指示に従えば簡単です!

SMBCモビットは借入限度額を増額できる?

審査次第になりますが、借り入れ限度額を増やしてもらう(増枠)ことも可能です。

増枠申請を受けたい場合は、契約者向けのフリーダイヤル「0120-24-7217(9:00~21:00)」に電話をして相談してみてください。

SMBCモビット【お金の返し方】

SMBCモビットの返済方法は「口座振替」「ATM」「振込」となります。

ただしWEB完結で申し込みをした場合はローンカードの発行がないため、約定返済は口座振替のみとなります。

WEB完結以外の方法で申し込みをした方は「口座振替」「ATM」「振込」の全てから選択することができます。

1.口座振替でSMBCモビットに返済する

預金口座から自動的に引き落とされる返済方法で、返済手数料は無料です。

●登録できる金融機関
・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・ゆうちょ銀行

この3つ以外の銀行口座は登録できないので、お持ちでない場合は他の方法で返済することになります。

2.ATMからSMBCモビットに返済する

ATMから約定返済額を入金して返済します。返済に利用できるATMは借入時と同じです。

●利用できるATM
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、セブン銀行、ローソン、E-net、イオン銀行、プロミス、セゾンカード、ゆうちょ銀行、地方銀行・信用金庫など

三井住友銀行ATMなら手数料無料ですが、それ以外のATMから返済するとその都度108円~216円の手数料がかかることになるのでご注意ください。

3.振込でSMBCモビットに返済する

お使いの金融機関からSMBCモビットの口座に振込返済をします。

お使いの金融機関がネットバンキング対応ならネットから返済することも可能で、手数料は金融機関ごとに異なります。

SMBCモビットの返済日について

SMBCモビットの毎月の返済日(約定返済日)は毎月「5日、15日、25日、末日」のいずれかから設定できます。

口座振替返済は設定した日に自動引き落としがかかります。ATMや振込で返済をする場合は、約定返済日までに自分で入金返済をします。

なお初回借り入れ時と完済後に再度借り入れをする場合(借り入れ残高がない状態からの借り入れ)は、借りた日によって返済期日が翌月または翌々月のどちらかになります。

約定返済日 借入日 返済期日
毎月5日 1日~19日 借入日の翌月の約定返済日
20日~末日 借入日の翌々月の約定返済日
毎月15日 1日~末日 借入日の翌月の約定返済日
毎月25日 1日~9日 借入日の同月の約定返済日
10日~末日 借入日の翌月の約定返済日
毎月末日 1日~14日 借入日の同月の約定返済日
15日~末日 借入日の翌月の約定返済日

 
返済日、利用残高、利息などは会員専用サービスの「Myモビ」から確認できます。

SMBCモビットの月々の約定返済額

毎月の返済額は「最終借入時の借り入れ残高」によって決まる「借入後残高スライド元利定額返済方式」が採用されています。

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過20万円以下 8,000円
20万円超過30万円以下 11,000円
30万円超過40万円以下 11,000円
40万円超過50万円以下 13,000円
50万円超過60万円以下 16,000円
60万円超過70万円以下 18,000円
70万円超過80万円以下 21,000円
80万円超過90万円以下 24,000円
90万円超過100万円以下 26,000円

 
例1)30万円借りて追加融資を受けなかった場合は?
毎月の返済額は最初から最後まで11,000円です。

例2)30万円借りて返済を続け、借入残高が18万円になった時に1万円の追加融資をした場合は?
追加融資前の返済額は11,000円です。追加融資時の借り入れ残高(最終借入時の借り入れ残高)が19万円になるので、追加融資後は毎月8,000円の返済になります。

例3)30万円借りて返済を続け、借り入れ残高が18万円になった時に30万の追加融資を受けたら?
追加融資前の返済額は11,000円です。追加融資時の借り入れ残高(最終借入時の借り入れ残高)は48万円になるので、追加融資後の返済額は毎月13,000円になります。

SMBCモビットは繰り上げ返済・一括返済は可能?

SMBCモビットの約定返済期間は、「返済をした日の翌日から次回返済期日まで」となります。

毎月25日を返済期日に設定して25日に返済した場合は、26日~翌月25日の間はまるごと返済期間になるんです。

そのため、ATM・口座振込で返済する場合、約定返済額以上の金額を支払った分は全て繰上げ返済に充てられることになります。

口座引き落とし返済を設定していれば、ATM・口座振込で入金した分が全て追加返済になります。

どちらの場合もSMBCモビットに「追加返済します」などの連絡は不要です。

また、SMBCモビットは一括返済もいつでもできます。

利息は日割りになるので一括返済をするその日に支払い総額を確認してATMまたは口座振込で入金をしましょう。

追加返済・一括返済は利息を節約するためにぜひ積極的にやっておきたい返済なので、いつでも追加返済ができるのは良心的なサービスです。

SMBCモビットに関するQ&A

SMBCモビットには在籍確認がない「WEB申込」など、他のカードローンにはない良い部分があります。

しかし、無利息サービスがないなどのイマイチなところも見受けられるので、最後にQ&AでSMBCモビットの特徴を確認しておきましょう。

SMBCモビットの解約・退会方法は?

解約はモビットコールセンター(0120-24-7217)に電話をかけて手続きを行います。

ローン会社との契約状況は信用情報機関に記録されています。マイカーローン、住宅ローンなど、将来組むかもしれない大型ローンへの影響を考えるなら、カードローンの必要がなくなったら解約してしまうことも検討しましょう。

カードを紛失したときは?

カードを紛失してしまった場合は、速やかにSMBCモビットに連絡しなければいけません。

会員サービス「Myモビ」でも紛失・盗難の連絡ができますが、9:00~21:00であればモビットコールセンター(0120-24-7217)に直接連絡することもできます。

どちらかやりやすい方でなるべく早く連絡してください。

SMBCモビットには無利息サービスはないの?

残念ながらSMBCモビットには無利息サービスはありません。

無利息サービスは利息を下げるための効果的な方法ですし、期間内に完済できれば利息は0円になるので、できればサービスを受けたいところです。

無利息サービスを行なっている消費者金融は以下となります。

業者名 無利息期間
アコム 契約日の翌日から30日間(初回限定)
プロミス 初回借入日の翌日から30日間(初回限定)
レイクALSA 契約日の翌日から60日間(初回限定)
契約日の翌日から借入額の5万円が180日間(初回限定)
ノーローン 借入日の翌日から7日間(何度でも)
アイフル 契約日の翌日から30日間(初回限定)

 

遅延・延滞しそうなときはどうすればいい?

返済期日を過ぎても利用者から連絡しなかった場合は、返済期日の翌日にSMBCモビットから電話がかかってくることになります。

延滞しそうな時は返済期日をすぎてしまう前にモビットコールセンターに相談をしてください。

延滞連絡をすると、いつまでに返済できるかを聞かれますので回答しましょう。

遅延損害金という延滞金が日割りで増えていくことになりますが、指定した返済日にきちんと返済をすれば自宅に電話が来るなどの催促がかかることはありません。

SMBCモビットからかかってくる電話を無視し続けると、自宅に催促のハガキが届くことになりますので、電話には必ず出るようにしましょう。

SMBCモビットは総量規制の対象?

SMBCモビットカードローンは総量規制の対象になります。SMBCモビットはSMBCグループですが銀行カードローンではなく消費者金融になるので、年収の3分の1を超える借り入れはできません。

土日で在籍確認できない場合は?

在籍確認は利用者本人が不在でもクリアできるのですが、誰も電話に出なかった場合は確認ができないので通過することができません。

在籍確認は審査項目のひとつなので、審査にも通過できないことになります。

こういった場合の対応は審査や限度額によって変わるのですが、

・改めて在籍確認が取れるまで契約できない
・取り急ぎ限度額を最低限に抑えて融資を行い、在籍確認が取れたら上げてもらえる

などのケースがあります。

なお長期間在籍確認が取れないなどの不審点がある場合は、在籍確認が利用で審査に落ちてしまうこともあります。

ブラックリストだと借りられない?

長期間延滞したことがある、自己破産をしたことがある人など、信用情報に事故情報が記録されている場合は、SMBCモビットの審査に通ることはできません。

ブラックリストに載っている(金融事故を起こしている)ということは、SMBCモビットがお金を貸しても同じように返済不能に陥ってしまうのではないか?と判断されてしまいます。審査は非常にシビアになってしまうでしょう。

WEB完結ユーザーが「できること・できないこと」教えて?

SMBCモビットの大きな特徴であるWEB完結は、ただ申し込みがネットでできるというだけではありません。今後長くSMBCモビットとお付き合いをしていく中で、WEB完結以外の方法で申し込んだ場合との違いは以下のようになります。

WEB完結申込後のローンカードの発行は難しい

やっぱりATMを使いたい、ローンカードを発行してほしいと後から思う可能性もありますよね。結論から言うと、発行できないことはないのですが難易度の高い相談となります。

SMBCモビットのWEB完結は「口座振込による借り入れ・口座引き落としによる返済」が約束の利用方法になるので、後から変更というのは難しいのです。

この点についてSMBCモビットに電話確認してみました。

質問:WEB契約で申し込みをして、後からローンカードを発行してもらうことはできますか?

回答:WEB完結はローンカードの発行がないご利用方法となっております。どうしても必要な場合のご相談は可能ですが、WEB完結特約が受けられなくなります。

質問:具体的にどういった特約がなくなるんですか?

回答:そちらはご契約後のご案内となっておりますので、ご案内いたしかねます。(結構厳しい口調)

質問:特約がなくなったとしても、ローンカードを発行してもらうことはできると思っていて大丈夫でしょうか?

回答:WEB完結は振込でのご融資と口座引き落としでの返済がお約束となるお取り引きです。契約状況などにもよりますので、可能かどうかも含めまして契約後のご案内となります。(さらに厳しめのビシッとした口調)

SMBCモビットのオペレーターさんの口調からは、完全にできないというわけではないけどローンカードが必要な可能性があるなら最初から「カード申込」にしておいてほしいという感じでした。

スマホATM取引は利用可能

WEB完結ユーザーさんでもSMBCモビットスマホアプリとセブン銀行ATMの連携技であるスマホATM取引は利用できます。

WEB完結で申し込むとローンカードがないので「モビットカード番号」は発行されないのですが、「振込キャッシング番号」が付与されます。この振込キャッシング番号を使って、スマホATM取引でセブン銀行ATMからの入出金ができます。

絶対にATMから借りられないということもない

スマホアプリ&セブン銀行ATMで直接現金を借りることもできますし、振込融資で借りたお金をキャッシュカードを使って現金化することも可能です。(ちょっと面倒ですけど)

WEB完結で申し込みをしたからといって絶対にATMが使えないということでもなさそうです。

手数料無料で利用できるATMはない

セブン銀行ATMは108円~216円のATM利用手数料がかかってしまいます。WEB完結ユーザーは三井住友銀行ATMが利用できないため、手数料無料で使えるATMがないということになります・・・。

お使いの金融機関がATM手数料無料なら、振込融資をしてもらってからキャッシュカードでお金を引き出すという方法が唯一手数料無料でATMから借りる方法になります。

「WEB完結」は非常にスピーディで便利な申し込み方法であることは間違い無いのですが、後からローンカードを発行することは難しく、ATMの利用にも制限があることを頭に入れておいた方が良さそうです。

PAGETOP