三井住友銀行カードローンの金利・限度額・審査・借入方法・返済方法

三井住友銀行カードローンでお金借りる方法
三井住友銀行カードローンの金利、限度額、審査申込方法やお金を借りる方法、返済方法、郵便物・在籍確認の有無、三井住友銀行カードローンの専用アプリについてなど特徴を紹介します。


もくじ

三井住友銀行カードローンの基本情報

 

ここでは吉高由里子さんのCMで有名な三井住友銀行カードローンの金利や無金利期間の有無、借入限度額、担保保証人についてなど基本情報を紹介します。

借り入れできる方の条件 満20歳以上満69歳以下の方で安定した収入がある方。三井住友銀行指定の保証会社「SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)」の保証を受けられる方。
金利 年4.0%~14.5%
無金利期間サービス ナシ
借入限度額 10万円~800万円
毎月最低返済額 2,000円※3
担保・保証人 不要
三井住友銀行の預金口座 不要※1
土日・祝日 ローン契約機なら21:00まで申込み可※2
借りたお金の使い道 原則自由ですが事業資金としてお金を借りることはできません。
遅延損害金利率 19.94%(年利)

※1.三井住友銀行の普通預金口座がない場合は契約時にカードローン口座が開設されます。
※2.三井住友銀行ローン契約機によって営業時間が異なる場合があります。
※3.毎月の返済は返済時点での借入残高によって約定返済額が設定されます。

三井住友銀行カードローン
公式サイトはこちら >>

 
三井住友銀行は、SMBCモビットプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)と同じ、SMBCグループの会社です。

その他、SMBCグループには、SMBC信託銀行やSMBC日興証券、三井住友カード、セディナなどがSMBCグループに属しています。

三井住友銀行カードローンの金利と借入限度額について

三井住友銀行カードローンの金利と借入限度額を詳しく紹介します。

借入金額 金利
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%~4.5%

 

三井住友銀行カードローンの金利と借入限度額を他社と比較

三井住友銀行カードローンの金利は「年4.0%~14.5%」、借入限度額は「10~800万円」ですが、他社の銀行カードローンと比較してみたいと思います。

三井住友銀行カードローンの金利を他社と比較

カードローン名 金利
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
三菱UFJカードローン バンクイック 年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
りそなプレミアムカードローン 年3.5%~12.475%
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8%

 

アコムなど消費者金融の金利は「18%~20%」なので、それらに比べたら、金利は比較的低めですが、三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンの中では、平均的な金利水準です。

三井住友銀行カードローンでは、無金利サービスを実施していないので、短期間(30日以内)に全額返済予定の方は、三井住友銀行カードローンではなく、無金利サービスを実施しているアコムや、プロミス、アイフルレイクALSAなどに申込みを行うと有利にお金を借りることができます。

三井住友銀行カードローン
公式サイトはこちら >>

三井住友銀行カードローンの借入限度額を他社と比較

カードローン名 借入限度額
三井住友銀行カードローン 10~800万円
三菱UFJカードローン バンクイック 500万円
みずほ銀行カードローン 800万円
りそなプレミアムカードローン 800万円
オリックス銀行カードローン 800万円

 

三井住友銀行カードローンの限度額も平均的な金額なっており、大手の消費者金融のアコム、アイフル、SMBCモビットも限度額も800万円です。

三井住友銀行カードローンの申込み方法

三井住友銀行カードローンの申込み方法は「インターネット」「ローン契約機」「電話」の3つになります。

また、三井住友銀行に普通預金口座を持っている方と、持っていない方で、カードローンの申込み方法が異なります。

三井住友銀行カードローンにインターネットで申し込む

三井住友銀行の口座を持っていない方

1.スマホ・パソコンで三井住友銀行公式サイトから申込み
三井住友銀行カードローンの申込フォームに氏名や年齢、住所や電話番号、年収、勤め先など、必要事項を入力します。

2.本人確認書類を提出
運転免許証、個人番号カード、パスポート、住民基本台帳カ-ド(顔写真付き)、健康保険証等、現住所が記載されている本人確認書類2点を三井住友銀行へ提出しますが、WEBアップロードで提出できます。

3.審査結果
三井住友銀行から、電話またはメールでカードローンの審査結果が通知されます。

4.ローンカード受け取り
近くの三井住友銀行ローン契約機または、郵送でローンカードを受け取ることができますので、急いでお金を借りたい方は三井住友銀行ローン契約機でカードを発行しましょう。三井住友銀行のローンカード受け取り後スムーズにATMでお金を借り入れることができます。

三井住友銀行の口座を持ってる方

「1..スマホ・パソコンで三井住友銀行公式サイトから申込み」~「3.審査結果」までは、三井住友銀行に普通預金口座を持っていない方と流れは同じです。

ただ、三井住友銀行の普通預金口座を持ってる方の場合は、現在持っているキャッシュカードを使って、すぐにATMからお金を借りることができるので便利です。もちろん、ローンカードを希望する方は、三井住友銀行ローン契約機または郵送で受け取ることもできます。

※三井住友銀行の普通預金口座を持ってる方でも「SMBCダイレクトを利用している方」「SMBCダイレクトを利用していない方」で、カードローンの申し込みフォームが異なります。

ネットバンキングのSMBCダイレクトを利用している方は、ログイン後にカードローンページ「申込み画面」から簡単に申し込むことができ、本人確認書類もWEBで三井住友銀行へ提出できるので便利です。

三井住友銀行カードローン
公式サイトはこちら >>

三井住友銀行カードローンにローン契約機で申し込む

1.三井住友銀行ローン契約機で申込み
近くの三井住友銀行内に設置されているローン契約機を操作して必要事項の入力を行います。ローン契約機の操作がわからない時は三井住友銀行のスタッフがフォローしてくれるので、安心してカードローンに申し込むことができます。

2.本人確認書類を提出
運転免許証、個人番号カード、パスポート、住民基本台帳カ-ド(顔写真付き)、健康保険証等、現住所が記載されている本人確認書類2点をローン契約機のスキャナーを使って三井住友銀行へ提出します。

3.ローンカードを受け取る
三井住友銀行のオペレーターから契約や審査についての案内があり、カードの暗証番号の確認が終わるとローン契約機でローンカードが発行されるので受け取ります。

4.審査結果連絡・借り入れ開始
三井住友銀行カードローンの審査結果が最短で翌営業日※1に出るので、通過したらローンカードを使って提携ATMでお金を借りることができます。
※1.申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。
※2.借入希望額が50万円以上の場合は収入証明書も本人確認書類の提出と併せて必要になります。

三井住友銀行カードローンに電話で申し込む

電話申し込みは、オペレーターさんとの直接の会話が必要なので、9:00~21:00の間に三井住友銀行カードローンプラザに電話をかける必要があります。

三井住友銀行カードローンプラザは、夜遅くまで営業していますし、1月1日を除く土日祝祭日も、カードローンの申し込みを受け付けています。

三井住友銀行カードローン申込は簡単で、電話をかけるとオペレーターさんから必要事項の確認があるので答えていくだけ。

あとは本人確認書類を三井住友銀行に提出して、カードローンの審査結果を待つだけです。

ローン専用カードは、郵送か三井住友銀行のローン契約機で受け取ることができます。

三井住友銀行カードローンの電話申し込みはパソコン・スマホの操作が苦手な方、三井住友銀行のローン契約機のタッチパネル操作が苦手な方に向いている方法ですが、聞かれたことにすぐ答えられるように準備しておく必要があります。

三井住友銀行カードローンプラザに電話する前に、勤務先の電話番号、住所、入社年月日、社員数、正確な年収くらいは事前に調べておいた方が良いでしょう。

▼三井住友銀行カードローンプラザ
0120-923-923(9:00~21:00)

インターネットバンキングのSMBCダイレクトで申し込む

三井住友銀行に口座を持っていて、かつネットバンキングのSMBCダイレクトを利用している人限定のカードローン申し込み方法です。

SMBCダイレクトにログインしてカードローンページに進むと申込画面が表示されるので、手順に従って入力していきます。

本人確認書類も必要になりますが、三井住友銀行への提出はwebからでき、カードローンの審査結果はメールか電話で届きます。

三井住友銀行カードローンの審査に通ったら手持ちのキャッシュカードを使ってお金を借りられるようになります。

ちなみに、すでに三井住友銀行口座を持っている方でもローン専用カードを作ることができ、受け取り方法は郵送かローン契約機になります。

三井住友銀行カードローンの審査時には在籍確認はあるの?

三井住友銀行カードローンの場合、SMBCモビットのようなWEB完結申込み(電話連絡なし)のサービスは行っていないので、在籍確認の電話はあります。

ただ、消費者金融のように銀行の場合、マイナスのイメージが少ないので、個人名で電話があっても、銀行名で職場に電話があっても心配は少ないですよね。

在籍確認の電話を個人名がよい、銀行名がよいなど希望がある場合は、事前に三井住友銀行のスタッフに相談しましょう。

また、どうしても在籍確認の電話があると困るという方は、三井住友銀行カードローンではなく「在籍確認・郵送物ナシ!会社・家族にバレずに内緒でお金借りる方法」をご覧になって、他の貸金業者を探してみましょう。

三井住友銀行カードローン
公式サイトはこちら >>

三井住友銀行カードローンでお金を借りる方法

三井住友銀行カードローンでお金を借りる方法は「三井住友銀行ATM」、コンビニなどの「提携ATM」でお金を引き出す方法と、SMBCダイレクト(ネットバンキング)からの借り入れ、自動融資を使った借り入れ、カードローン口座からのATMでの振込の4種類があります。

SMBCダイレクトと自動融資は、三井住友銀行に普通預金口座を持っている方限定の借入方法になります。

三井住友銀行ATM・提携ATMでお金を借りる

三井住友銀行ATM・提携ATMでローンカードまたはキャッシュカードを使ってお金を借りることができますが、キャッシュカードは一部使えないATMもありますのでご注意ください。

ローンカード キャッシュカード
三井住友銀行ATM 使用可 使用可
コンビニATM 使用可 使用可
ゆうちょATM 使用可 不可
提携金融機関ATM 使用可 不可

 
 

※コンビニATM(Enet ローソンATM セブン銀行ATM)
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス、デイリーヤマザキ、ポプラ、スリーエフなど

※ATM手数料
全国の三井住友銀行ATM、および提携コンビニATMは手数料無料です。

SMBCダイレクトでお金を借りる

三井住友銀行に普通預金口座を持っていて、SMBCダイレクト(インターネットバンキング)を利用している方だけが利用できる借入方法です。

カードローン口座から三井住友銀行の普通預金口座への振替を行うことが出来ます。

自動融資でお金を借りる

自動融資も三井住友銀行に普通預金口座を持っている方限定の借入方法で、利用には別途手続きが必要になります。(※普通預金口座を返済用預金口座にしている方)

返済用の預金口座が残高不足になって、クレジットカードの引き落としや、電気代やガス代などの公共料金が引き落としできない場合、自動的に不足金を自動融資してくれるサービスです。

三井住友銀行カードローンなら、わざわざATMでお金を引き出して、口座に入金することなく、自動的にお金を借りることができるのでとても便利な融資サービスです。

ただ、一部の引き落としには自動融資は対応していないので注意が必要です。

三井住友銀行カードローンは即日でお金を借りられる?

三井住友銀行カードローンは、審査結果が早くても翌営業日※1なので、即日融資はできません。即日でお金を借りたい方は、プロミスやアコム、レイクALSA、SMBCモビットなど大手の消費者金融でお金を借りてください。

※1.申込完了後の確認事項や、本人確認書類に提出状況によって異なる場合もあります。

三井住友銀行カードローン
公式サイトはこちら >>

三井住友銀行カードローン お金の返し方

三井住友銀行カードローンの返済方法は「ATMからの返済」「振込による返済」「口座振替による返済」の3種類になります。

また、三井住友銀行カードローンの返済方式は「残高スライド元利定額」で毎月の約定返済金額は最低で2,000円(借入残高2,000超~10万円以下)、最高で70,000円(借入残高700万円超800万円以下)になっており、借入残高によって変動します。

三井住友銀行カードローンの約定返済日は、毎月5日、15日、25日、末日の4つから選択でき、これらの約定返済日以外でも、自由に随時返済・一括返済が可能です。

ATMで返済をする

お金を借りるときと同様に返済もローンカード、キャッシュカードを使って「三井住友銀行ATM」「コンビニATM」「ゆうちょATM」で行うことができます。

ローンカード キャッシュカード
三井住友銀行ATM 使用可 使用可
コンビニATM 使用可 使用可
ゆうちょATM 使用可 不可
提携金融機関ATM 不可 不可

 
 
※提携金融機関ATMで返済はできませんのでご注意ください。
※コンビニATMは、ファミリーマートやセブンイレブン、ローソンに設置してあるATMです。

振込による返済

三井住友銀行の普通預金口座の有無にかかわらず、カードローン口座へ振込することによって返済することもできます。

口座振替で返済

4つから選ぶ約定返済日になっても、カードローン口座に入金が確認できなかった場合に、三井住友銀行の返済用口座から、約定返済金額を自動引き落としする返済方法です。

残高不足で約定返済ができなかった場合は、三井住友銀行カードローンで追加の借り入れができないなど、ペナルティがあるのでご注意ください。

三井住友銀行カードローンは追加返済はできる?

三井住友銀行カードローンの場合、利息金額以上の入金であれば追加返済も可能で、返済方法はATMまたは振込みです。

なお、三井住友銀行カードローンの追加返済を行った場合、その次の返済期日は翌月に繰り越しとなります。

例)毎月25日が返済期日で、20日に追加返済を行った場合
その月の25日の返済が繰り越しになり、次月の25日が次の返済期日となります。

三井住友銀行カードローンの最低返済金額と返済方式

三井住友銀行カードローンの毎月の返済額は最低返済額以上の金額となりますが、最低返済額の解説の前に返済方式に注目してみましょう。

三井住友銀行カードローンの返済方式は「残高スライド元利定額」となっていて、「返済時の借り入れ残高」に応じて最低返済額が変わっていきます。

★返済時の借り入れ残高と毎月の返済額

返済時の借入残高 毎月の返済額
1円超1,999円以下 全額
2,000円超10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超60万円以下 11,000円
60万円超70万円以下 12,000円
70万円超80万円以下 13,000円
80万円超90万円以下 14,000円
90万円超100万円以下 15,000円
100万円超110万円以下 16,000円
110万円超120万円以下 17,000円
120万円超130万円以下 18,000円
130万円超140万円以下 19,000円
140万円超150万円以下 20,000円
150万円超160万円以下 21,000円
160万円超170万円以下 22,000円
170万円超180万円以下 23,000円
180万円超190万円以下 24,000円
190万円超200万円以下 25,000円
700万円超800万円以下 70,000円

 

このような感じで、三井住友銀行カードローンの返済額は、融資限度額の800万円まで細かく定められており、頑張って返済すればするほど、毎月の最低返済額も少なくなっていくという仕組みですね。

逆に、ちょっとお金に困ったからといってすぐに三井住友銀行カードローンで借り入れをしてしまうと、翌月の返済額が大きくなってしまうことになりますので、借りすぎにはくれぐれも注意しましょう!

返済シミュレーションを活用しよう

三井住友銀行のWEBサイトで返済シミュレーションを提供しています。

三井住友銀行の返済シミュレーションでは、借入金額や返済月数、金利を入力すると「毎月の返済額」「返済期間」などを確認することができますので、無理のない返済計画を立ててお金を借りるようにしてください。

最低返済額のみで完済を目指す場合

例)金利年14.5%で10万円借りて、最低返済額だけで完済する場合

返済期間 返済総額 利息の合計
6年4か月 151,609円 51,609円

 
借り入れ残高が10万円なので最低返済額は2,000円からスタートします。毎月の返済負担はとても少ないですが、トータルすると借りた金額の半分以上の利息を三井住友銀行へ支払うことになります。

例)金利年14.5%で30万円借りて、最低返済額だけで完済する場合

返済期間 返済総額 利息の合計
12年11か月 537,746円 237,746円

 
三井住友銀行カードローンの場合、最低返済額は6,000円からのスタートになります。最低返済額のみの返済では返済期間がとても長くなり、利息も高くなってしまうので、追加返済をどんどん活用していきたいですね。

返済額を増やしたら返済期間は短くなる?

次は、三井住友銀行カードローンで、返済額を増やしたシミュレーションをやってみます。

例)金利年14.5%で10万円借りて、毎月5,000円返済する場合

返済期間 返済総額 利息の合計
12か月 115,145円 15,145円

 
返済が進んで最低返済額が少なくなっても毎月5,000円の返済を維持した場合の三井住友銀行カードローンのシミュレーションです。最低返済額のみの返済と比べると、利息を36,464円も抑えることができます。

例)金利年14.5%で30万円借りて、毎月1万円返済する場合

返済期間 返済総額 利息の合計
3年2か月 374,817円 74,817円

 

完済まで毎月1万円の返済を続けると、最低返済額のみのとき比べて162,929円も利息を節約できますので、毎回は難しくても、追加返済ができるときは積極的に行いましょう!

三井住友銀行カードローンのアプリ

大手消費者金融や一部の銀行カードローンで、借り入れや返済に便利なアプリを提供していますが、三井住友銀行カードローンでもアプリを提供していましす。

Androidのスマホを使っている方は「Android OS 4.3以降」、iPhoneを使っている方は「iOS9以降」の端末で、三井住友銀行カードローンのアプリが利用できます。

三井住友銀行のカードローンアプリのダウンロードは「Androidはこちら」「iPhoneの方はこちら」になります。

三井住友銀行カードローンのアプリでは、返済シミュレーションや詳しいカードローンの内容、近くのATMなどの検索、カードローンの申込み、必要書類の提出、契約中であれば契約内容・利用状況の確認などを行えます。

ただ、三井住友銀行のカードローンアプリの場合、プロミスのアプリのように、振り込みキャッシングの依頼や返済、優待サービスの提供などは行っていないので、アプリをダウンロードする意味は、それほどないかもしれません。

三井住友銀行カードローン Q&A

明細や郵便物が届くの?などなど、三井住友銀行カードローンでよくある疑問をQ&Aで解説します。

三井住友銀行から郵便物は届く?

一般的にカードローンの利用で届く可能性のある郵便物は
・契約書とローンカード
・利用明細書
・催促状、督促状
になります。

三井住友銀行カードローンで送られてくるものは契約書&ローンカード、それから返済が遅れたら催促状・督促状が届くこともあります。

三井住友銀行カードローンの場合、利用明細書の送付はなく、逆に送付して欲しい場合は手続きが必要になります。

契約書とローンカードの郵送は回避できる?

契約書とローンカードの郵送は、三井住友銀行口座がある人とない人で変わってきます。

三井住友銀行口座がない場合

三井住友銀行口座がない場合は契約書とローン専用カードの受け取りが必須です。

三井住友銀行カードローンの契約書とローン専用カードの受け取り方法はローン契約機または郵送になるので、ローン契約機が近くになかったり行けない場合は必ず自宅に送られてくることになります。

三井住友銀行口座がある場合

お手持ちのキャッシュカードで借り入れ・返済をする場合はローン専用カードの発行はありませんが、三井住友銀行カードローンの契約書は受け取りが必須です。

受け取り方法は郵送限定になり、三井住友銀行のローン契約機で契約書だけを受け取ることはできませんので、この場合は必ず1度は郵便物が送られてくることになります。

三井住友銀行から絶対に郵便物を送って欲しくない場合は、ローン専用カードを別に作ってローン契約機で契約書とローンカードを受け取るという方法があります。

なお、三井住友銀行カードローンからの郵便物には「三井住友銀行」という記載はありますが、カードローンとは書かれていませんので、プライバシーに対する配慮はしっかりしています。

催促状、督促状

催促状・督促状は、三井住友銀行カードローンの返済が遅れたら届くものですので、返済が遅れなかったら絶対に届くことはありません。三井住友銀行カードローンの返済が1日遅れたからといってすぐに届くものではありませんが、延滞はしないようにしましょう!

三井住友銀行カードローンはどんな人に向いているの?

三井住友銀行カードローンは、消費者金融と比べて上限金利が低めで、三井住友銀行の口座を持っていない方でも、申し込み可能なので全国どこからでも申し込みができます。

三井住友銀行カードローンの場合、ATMの利用範囲もとても広く、しかもATM手数料無料なので、口座に入金してもらうよりもATMで現金を引き出したい派の方に合っているでしょう。

もちろん、三井住友銀行口座があったらさらにカードローンを便利に使うことができるので、三井住友銀行に口座を持っている方はメリットが大きいですよ。

三井住友銀行カードローンが向いていない人は?

三井住友銀行口座がない場合、振込融資・振込返済などの銀行口座を利用する借り入れ・返済が一切利用できませんので、以下に当てはまる方には向いていません。

・ATMの利用に不便を感じる
・別の金融機関の口座振り込みでお金を借りたい(※2020年4月~三井住友銀行以外の銀行口座への振込が可能になりました)
・別の金融機関のネットバンキングを利用したい

三井住友銀行口座がある方は、ぜひ三井住友銀行カードローン検討してお金を借りてみて下さい。

三井住友銀行カードローン
公式サイトはこちら >>


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP