東日本銀行カードローン「ゆあポケットII」金利や審査申込方法

PR

東日本銀行カードローン「ゆあポケットII」金利や審査申込方法
東日本銀行は、東京都に本店を置き、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県など首都圏を営業エリアにしている地方銀行です。

ここでは、東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の金利、限度額、審査申込方法、必要書類、借入方法、返済方法、Q&A、口コミ、メリット・デメリット、などを徹底解説していきます。

また、後半では「ゆあポケットⅡ」以外の東日本銀行カードローンやフリーローンの基本情報もまとめています。


もくじ

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」とは?基本情報

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」とは?特徴
東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」は利用可能地域が限られてしまいますが、専業主婦やパート、アルバイトでも利用できるカードローンです。

提携ATMも豊富で、セブン銀行から手数料無料で出金できるため便利です。

<ゆあポケットⅡの基本情報>

利用可能地域 ・東京都
・茨城県
・栃木県
・埼玉県
・千葉県
・神奈川県
利用対象者 ・満20歳以上満69歳以下の方
・住所や勤務先が対象地域の方
・定期収入のある方、もしくは専業主婦の方
・電話連絡が可能な方
・保証会社の保証が受けられる方
※カードローン「ゆあポケット」の契約がある方は解約すること
資金使途 自由(事業資金を除く)
限度額 10万円以上500万円以下(10万円単位)
※年収に応じて変動
融資期間 契約日から1年(1年ごとの自動更新)
※70歳以降は更新不可
融資利率 年2.9%~14.5%
審査時間 2~3営業日(早ければ当日に結果連絡)
借入方法 ATM
返済方法 ・口座引き落とし(約定返済)
・ATMから入金(随時返済)
ATM引き出し限度額(1回あたり) 200万円or融資極度額のいずれか少ない方
返済方法 毎月10日に口座引き落とし
担保・保証人 不要
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
公式サイト こちら

 

<申込・契約に関する注意点>
以下の条件をクリアできないと申し込むことができないので、注意しましょう。
・契約時に東日本銀行へ来店すること
・東日本銀行の口座開設をすること(契約と同時も可)
・東日本銀行の営業エリア内に住所、もしくは勤務地があること
・その他の「利用対象者」の条件をクリアしていること

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の特徴

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の特徴は以下の通りです。

<ゆあポケットⅡの特徴>
・利用可能地域が限られている
・専業主婦でも申込み可能
・パート・アルバイトでも申込み可能
・口座開設が必要
・限度額は一般的
・金利も一般的
・申込可能年齢の幅が広い
・審査スピードが速い
・契約時は来店が必須
・振込融資は不可

来店必須・口座開設必須・振込融資不可と、少し不便な点も多い「ゆあポケットⅡ」ですが、年収や勤続年数の制限がないため、収入が少ない方や収入のない専業主婦でも申し込みやすいカードローンとなっています。

ゆあポケットⅡは利用可能地域が限られている

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の利用可能地域
ゆあポケットⅡは、東日本銀行の営業エリア内に住んでいる方、営業エリア内に勤務地がある方を対象としたカードローンです。

<東日本銀行の営業エリア>
東京都、茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、神奈川県

このエリア内に自宅か勤務先がない方は東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」に申し込むことができません。

ゆあポケットⅡは専業主婦でも申込み可能

安定した収入のある配偶者がいる場合、本人に収入のない専業主婦でも「ゆあポケットⅡ」に申し込むことができます。

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の公式サイトでも、利用できる方として以下のような記載があります。

3.定期収入がある方または専業主婦の方
※専業主婦の方は配偶者の安定収入が継続して見込まれること。

引用:東日本銀行 ゆあポケットⅡ ご利用いただける方

ただし専業主婦が申し込む場合、審査の際に配偶者の個人信用情報も照会されます。専業主婦本人に金融事故がなくても、配偶者が過去に延滞等をしていた場合、審査に大きく影響してくるので注意しましょう。

⇒無職(無収入)でもお金を借りる【専業主婦・年金受給者・ニート・失業中】

東日本銀行「ゆあポケットⅡ」はパート・アルバイトでも申込み可能

東日本銀行「ゆあポケットⅡ」は、年収や勤続年数についても基準は設けられていないため、働いて間もない方や収入の少ないパート・アルバイトの方でも申し込みやすいカードローンとなっています。

ただし「ゆあポケットⅡ」の毎月の最低返済額は10,000円となっています。最低でも月々10,000円以上の支払いが可能な方でなければ利用は難しいでしょう。

また、収入が十分あったとしても他社からも借り入れをしている場合は、収入に対する借入額が妥当かを考えることも大切です。収入に対して借入額が多いようであれば、審査通過も難しくなりますし、審査に通ったとしてもその後の返済が困難になる危険性があるので注意しましょう。

東日本銀行の口座開設が必要

カードローン「ゆあポケットⅡ」を利用するためには東日本銀行の口座開設が必要
「ゆあポケットⅡ」を利用するためには、東日本銀行の口座が必要になります。返済は東日本銀行の口座からの自動引落となるためです。

東日本銀行の口座を持っていない場合は、契約時に口座開設が必要です。

東日本銀行「ゆあポケットⅡ」の限度額と金利

東日本銀行「ゆあポケットⅡ」の限度額と金利を他社カードローンと比較

ゆあポケットⅡの限度額は一般的

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の融資枠は10万円~500万円の範囲内で、前年度の年収に応じて以下の様に決まります。さらに審査によりそれぞれの融資限度額が決定します。

前年度年収 融資枠
300万円未満 10万円以上100万円以下
300万円以上600万円以下 10万円以上300万円以下
600万円超~ 10万円以上500万円以下

 

最高限度額は500万円です。500万円というのは、他の銀行のカードローンと比較しても平均的と言えます。

800万円や1,000万円に設定している銀行カードローンもありますが、資金使途が自由なカードローンとしては500万円あれば十分ではないでしょうか。

<その他の銀行カードローンの利用限度額>

銀行カードローン 利用限度額
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 10万円~500万円
三井住友銀行カードローン 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 10万円~800万円
りそな銀行カードローン 10万円~800万円
武蔵野銀行カードローン「むさしのスマートネクスト」 10万円~500万円
横浜銀行(はまぎん)カードローン 10万円~1,000万円
千葉銀行「ちばぎんカードローン」 10万円~800万円

 

ゆあポケットⅡは金利も一般的

金利は年2.9%~14.5%です。

もし上限金利が設定されたとしても14.5%なので、銀行カードローンとしては一般的ですし、消費者金融カードローンと比較すると3~3.5%程度低くなります。

参考の為に、消費者金融や他の銀行のカードローンの金利も見てみましょう。

<大手消費者金融カードローンの金利>

消費者金融 金利
プロミス 年4.5%~17.8%
アイフル 年3.0%~18.0%
アコム 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
レイク 年4.5%~18.0%

 
 

<その他、銀行カードローンの金利>

銀行カードローン 金利
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 年1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 年1.5%~14.5%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
りそな銀行カードローン 年3.5%~12.475%
武蔵野銀行カードローン「むさしのスマートネクスト」 年4.5%~14.8%
横浜銀行(はまぎん)カードローン 年1.5%~14.6%
千葉銀行「ちばぎんカードローン」 年1.7%~14.8%

 

また「ゆあポケットⅡ」は、審査によっては上限金利以外が設定される可能性もあります。

<設定可能金利>
・2.9%
・7.0%
・9.8%
・14.5%

「ゆあポケットⅡ」は、審査により上記のいずれかの金利が設定されるため、場合によっては低金利で借りられるかもしれません。

東日本銀行「ゆあポケットⅡ」は申込可能年齢の幅が広い

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」は、満20歳~69歳の方が申込みできます。

上限年齢を60歳~65歳程度に定めている銀行が多い中、「ゆあポケットⅡ」は69歳まで申し込めるため、利用可能年齢の幅が広いですね。

<その他、銀行カードローンの申込可能年齢>

銀行カードローン 申込可能年齢
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 満20歳以上65歳未満
三井住友銀行カードローン 満20歳以上満69歳以下
みずほ銀行カードローン 満20歳以上満66歳未満
りそな銀行カードローン 満20歳以上満66歳未満
武蔵野銀行カードローン「むさしのスマートネクスト」 満20歳以上満65歳以下
横浜銀行(はまぎん)カードローン 満20歳以上69歳以下
千葉銀行「ちばぎんカードローン」 満20歳以上65歳未満

 

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」は審査スピードが速い

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」は審査スピードが速いが即日融資は不可
東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」なら、インターネットで申し込んだ後、早ければ当日中に審査結果の連絡が来ます。遅くても2~3営業日程度で結果連絡があるので、審査スピードは速いと言えるでしょう。

ただし、この審査結果はあくまでも仮審査の結果になるため、その後、東日本銀行に来店し本申込・本契約が必要になります。

ゆあポケットⅡだけではなく、銀行カードローンは基本的に即日融資はできませんので、融資を急いでいる方はお金を借りる即日融資ガイド110番をご覧になって即日融資対応・無利息サービスがあるカードローンを検討してください。

ゆあポケットⅡの契約は東日本銀行への来店が必須

ゆあポケットⅡの申し込みはインターネットから可能なのですが、インターネット上で全ての手続きを完結させることはできません。

審査結果の連絡を受けた後、必ず東日本銀行へ来店し店頭窓口で以下のような手続きをしなければならないのです。

・必要書類の提出
・「ゆあポケットⅡ」の本申込み
・「ゆあポケットⅡ」の本審査・本契約
・東日本銀行の口座開設(口座を持っていない方)

そのため、銀行営業時間内に東日本銀行へ来店できる方でなければ「ゆあポケットⅡ」を利用することができません。

WEB完結可能な消費者金融カードローンも増えてきている中で、来店必須というのは少し残念ですね。

東日本銀行では、一部店舗で昼休憩も導入しています。営業時間が短くなるため、来店前に営業時間を確認しておくといいでしょう。

<東日本銀行の営業時間(昼休憩のない店舗)>

営業時間(平日) 9時~15時

 
 

<東日本銀行の営業時間(昼休憩のある店舗)>

営業時間(平日) 9時~11時30分
12時30分~15時
休憩時間 11時30分~12時30分
昼休憩のある店舗(21店舗) 板橋駅前支店、駒込支店、代田橋支店、小松川支店、三田支店、下館支店、石岡支店、鉾田支店、土浦支店、太田支店、日立支店、古河支店、水海道支店、潮来支店、大宮支店、ひたちなか支店、取手支店、宇都宮支店、鎌倉支店、加瀬支店、和光支店

 

ゆあポケットⅡは振込融資不可

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」は振込融資に対応していません。そのため、インターネット上で振込依頼をしたり、カード受取前に振込でお金を借りたりすることはできません。

お金を借りる場合はローンカードを持参しATMまで行かなければならないのです。ローンカードは郵送されてくるため、カードが自宅に到着するまで借りることはできません。

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の審査は厳しい?

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の審査は厳しい?審査難易度
東日本銀行の「ゆあポケットⅡ」は銀行カードローンなので審査が甘いということはありませんが、逆に非常に厳しいという感じでもなさそうですよ。

「ゆあポケットⅡ」は審査申し込み条件が緩い

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の申し込み条件は、安定収入があり年齢制限に当てはまっていることくらいですで、厳しい条件ではありませんね。

難易度が高い銀行カードローンの場合は、年収が400万円以上など申し込み条件そのものがもっと厳しいケースが多いので、「ゆあポケットⅡ」の審査はそこまでハードルが高くないと思われます。

保証会社がSMBCコンシューマーファイナンス株式会社である

東日本銀行の「ゆあポケットⅡ」の保証会社である「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」は、プロミスを運営している会社になります。

⇒銀行カードローンの保証会社一覧 同じ保証会社だと審査に落ちる?

消費者金融の運営会社だから審査が甘いということではありませんが、銀行が自社で保証を行なっているカードローンと比較すると審査の難易度が下がります。

保証会社のお仕事は「審査業務」と「保証業務」に分かれており、審査業務では、申し込み者の返済能力を審査して安全にお金を貸せる人かどうかを判断します。

保証業務は借主が万が一返済不能になった時に、債務者の代わりに代理で銀行に返済を行うことです(代位弁済)。

代理で返済をしてもらえるといってももちろんそれで終わりではなく、今度は保証会社から取り立てを行われることになります。

代位弁済が行われたら、その後の返済は元金・利息・延滞金を一括請求されることになるので、状況はさらに厳しくなってしまいます。

保証会社はいざとなったら自社で返済を行わないといけないので、審査は慎重に行います。

しかし、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のように保証会社が外部委託になるケースでは、あまりにも厳しい審査を行なってしまうと利用者がいなくなり銀行からクレームがくるでしょうし、保証会社も保証料をもらえなくなってしまいます。

そこで保証会社は代位弁済を行わないで済む返済能力がある人をギリギリのラインで審査することになるわけです。

これは個人向け無担保融資である消費者金融の運営を長く行なっているSMBCコンシューマーファイナンス株式会社だからこそできることなんです。

こういった背景から、東日本銀行「ゆあポケットⅡ」のように、保証会社がSMBCコンシューマーファイナンス株式会社のような審査ノウハウがある企業になっているケースでは、審査がそこまで厳しく行われないことが予想できるのです。

ただし「ゆあポケットⅡ」の約定返済額は低くはない

約定返済額も審査難易度を見極めるポイントになります。

例えば、毎月の返済が最低2,000円で良い銀行カードローンの場合、「毎月2,000円の返済を継続できれば審査通過を見込める」と考えることができます。

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」はどうかというと、最低返済額は10,000円とかなり高めになりますので、最低でも10,000円の返済を継続できる人じゃないと審査通過は厳しいということになってしまいます。

パート、アルバイトで毎月数万円しか収入がなく、かつ他社からもお金を借りているという状況なら「ゆあポケットⅡ」の審査通過は厳しいと思われます。

ただ、東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」以外のカードローンは、申し込み条件そのものが厳しいので、「ゆあポケットⅡ」まで厳しい審査をしてしまうと本当にカードローン利用者がいなくなってしまいます。

よほど返済能力が低い人ではない限り、「ゆあポケットⅡ」の審査難易度はそこまで高くないのでは?と考えていて良いと思います。

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の審査申込から借入までの流れ

カードローン「ゆあポケットⅡ」の仮審査の申込みは、インターネット申込受付サービスから行うことができます。ただし正式な審査・契約の為には必ず東日本銀行へ来店が必要になります。

仮審査(予約審査)結果の連絡を受けた後、必要書類と印鑑を持参して東日本銀行へ来店しましょう。

<審査申込から借入までの流れ>

①東日本銀行公式サイトの申込画面を開く
②必要事項を入力し、送信
③申込確認の電話が来る
④予約審査結果の連絡が来る
⑤必要書類の準備
⑥東日本銀行へ来店し正式契約(印鑑持参)
⑦カードが郵送される
⑧借入開始

東日本銀行「ゆあポケットⅡ」の申し込みに必要な書類

基本的には、本人確認書類と印鑑があればゆあポケットⅡに申込むことができます。ただし利用限度額が50万円を超える場合は、収入証明書類も必要になります。

<本人確認書類>
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・在留カード+本人確認書類(外国人の場合)
・特別永住者証明書+本人確認書類(外国人の場合)
など

<収入証明書類>
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・確定申告書
・納税証明書
など

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の借入方法

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の借入方法はATMからの出金のみとなります。振込で借りることはできません。

ローンカード到着後、東日本銀行や提携金融機関のATMから必要額を出金しましょう。

<東日本銀行ATMの出金可能時間>

平日 土日・祝日 手数料無料になる時間
※この時間以外は110円の手数料がかかります
8時~21時 8時~21時 8時45分~18時(平日)

 
 

<提携ATM出金可能時間(手数料がお得なATM)>

提携銀行 平日 土日祝日 手数料無料になる時間
※この時間以外は110円の手数料がかかります
横浜銀行
栃木銀行
筑波銀行
きらぼし銀行
8時~21時 8時~21時 8時45分~18時(平日)
セブン銀行 7時~23時 8時~21時 8時45分~18時(平日)

 
 

<提携ATM出金可能時間(手数料がかかるATM)>

提携銀行 平日
(手数料110円)
平日
(手数料220円)
土日祝日
(手数料220円)
イオン銀行 8時45分~18時 8時~8時45分
18時~21時
8時~21時
イーネット
ローソン銀行
8時45分~18時 7時~8時45分
18時~23時
8時~21時
ゆうちょ銀行 8時45分~18時 7時~8時45分
18時~23時
8時~21時
※土曜日は8時45分~14時まで手数料110円
その他
・第二地方銀行
・都市銀行
・地方銀行
・信用金庫
・信用組合
・農業協同組合
・労働金庫
・信託銀行
8時45分~18時 8時~8時45分
18時~21時
8時~21時

 

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の返済方法

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の返済方法
カードローン「ゆあポケットⅡ」の返済方法は、東日本銀行の口座からの引き落としとなります。

毎月返済額を東日本銀行の普通預金口座に入金しておくと、返済日(毎月10日)に自動的に引き落とされるので便利です。

また、一部の提携ATMから任意で入金していくこともできます。お金に余裕があるときに多めに入金していくと、支払う利息を減らすことができるのでお得です。

<返済について>

返済方法 口座引き落とし
返済日 毎月10日(休日の場合は翌営業日)
随時返済 下記のATMから任意入金も可能
・東日本銀行
・セブン銀行
・ゆうちょ銀行

 
 

<返済額>
カードローン「ゆあポケットⅡ」の返済額は、返済日前日の利用残高によって決まります。

返済日前日の残高 毎月返済額
50万円以下 10,000円(1万円未満は残高)
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 70,000円

 

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」のFAQ

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」のFAQ

「ゆあポケットⅡ」についてもっと詳しく知るため、東日本銀行のインフォメーションセンターへ電話をかけ、様々な質問をしてみました。その際の質問と回答をまとめます。

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の審査結果はいつわかるの?

一般的には2~3日程度かかるかと思われますが、早ければ当日中にご連絡いたします。

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」は即日融資は可能?

いいえ、東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」は即日でご融資することはできません。
お申込みいただいた当日中に審査結果のご連絡ができたとしても、その後申込み内容の確認やご本人様確認、在籍確認などをさせていただき、さらにご来店いただき窓口でご契約手続きをしていただくことになります。
またローンカードは郵送となりますので、契約が終了し、ローンカードがご自宅に到着して初めてご利用いただくことができます。

ゆあポケットⅡのローンカードはいつ頃自宅に届くの?

ゆあポケットⅡのローンカードはご契約完了後、1週間~10日程度で発行となります。

ゆあポケットⅡの審査時に在籍確認はある?

はい、お勤め先のお電話番号が実在するものなのか、またそのお勤め先にご在籍されているかどうかを必ず確認させていただいております。

東日本銀行へ来店しないとゆあポケットⅡの契約はできない?

はい、インターネットからのお申込みは仮申し込みとなりますので、必ず東日本銀行へご来店いただき本申込・本契約をしていただかなければなりません。
またお口座をお持ちでない方は、窓口にて口座開設のお手続きも必要になります。

ゆあポケットⅡは振込で借りられますか?

いいえ、この商品は振込に対応していないため、出来ません。当社のATMか提携金融機関のATMからご出金いただく形となります。

ゆあポケットⅡはキャッシュカードで借りられる?

キャッシュカードではご利用いただけません。ゆあポケットⅡはカードローンですので、専用のローンカードを発行させていただきます。

【まとめ】東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」のメリット・デメリット

<メリット>
・ゆあポケットⅡは専業主婦でも申込み可能
・パート、アルバイトも申込み可能なカードローン
・勤続年数や収入の条件なし
・審査スピードが速い(2~3営業日)
・セブン銀行ATMから手数料無料で借りられる(平日の8時45分~18時)
・審査次第で低金利になる可能性がある

<デメリット>
・東日本銀行へ来店必須(ネット完結不可)
・ゆあポケットⅡは利用可能地域が限られている(東京都、茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、神奈川県)
・振込融資は不可(ATM借入のみ)
・土日祝日の審査不可
・カード到着後融資スタート。カードは郵送されるので、融資まで時間がかかる
・カード発行に1週間~10日程度かかる

東日本銀行「ゆあポケットⅡ」以外のカードローン一覧

東日本銀行では、「ゆあポケットⅡ」の他にも以下のようなカードローンを用意しています。

それぞれ利用条件が異なりますが、条件を満たしている場合は「ゆあポケットⅡ」よりも低金利になるためおすすめです。

東日本銀行「ホームカードⅡ(Web完結型)」

東日本銀行カードローン「ホームカードⅡ(Web完結型)」
東日本銀行「ホームカードⅡ(Web完結型)」は、住宅を持っている方・住宅ローン返済中の方の為のカードローンです。

利用条件 ・満20歳以上60歳以下の方
・住宅を所有している方
・住所や勤務先が営業エリア内の方
・勤続年数1年以上の方
・自営業の場合は2年以上営業している方
・保証会社の保証が受けられる方
資金使途 自由(事業資金は不可)
融資限度額 10万円以上300万円以下
(10万円単位)
融資利率(年利) 6.975%(保証料を含む)
※変動金利型住宅ローンの金利+4.5%
融資期間 1年間(1年ごとの自動更新)
※満65歳を超えると更新不可
返済方法 毎月10日に口座引き落とし
担保・保証人 不要
保証会社 株式会社かんそうしん
公式サイト こちら

 

※金利はこちらの2022年10月1日~2022年10月31日に適用されるものを表示しています。

東日本銀行「BIZポケット」

東日本銀行カードローン「BIZポケット」
東日本銀行「BIZポケット」は、個人事業主・法人代表者向けのビジネスカードローンで、事業資金としても活用可能です。

利用条件 ・満20歳以上65歳以下の方
・法人代表者、個人事業主の方
・住所や勤務先が営業エリア内の方
・2年以上営業している方
・保証会社の保証が受けられる方
資金使途 自由(事業資金も可)
融資限度額 10万円以上500万円以下
(10万円単位)
融資利率(年利) 7.5% or 13.5%
※審査により決定
融資期間 1年間(1年ごとの自動更新)
※満66歳を超えると更新不可
返済方法 毎月10日に口座引き落とし
担保・保証人 不要
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
公式サイト こちら

 

東日本銀行カードローン「ウィズライフ」

東日本銀行カードローン「ウィズライフ」
東日本銀行と取引のある企業に勤めている方向けのカードローンです。

利用条件 ・満20歳以上65歳未満の方
・東日本銀行と取引のある事業所に勤めている方
・住所や勤務先が営業エリア内の方
・前年度に年収がある方
・保証会社の保証が受けられる方
資金使途 自由(事業資金は不可)
融資限度額 10万円以上500万円以下
(10万円単位)
融資利率(年利) 2.9%・5.0%・7.5%・11.0%
(固定金利・保証料を含む)
融資期間 契約日から1年(1年ごとの自動更新)
※満70歳以降の更新不可
返済方法 毎月10日に口座引き落とし
担保・保証人 不要
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション
公式サイト こちら

 

東日本銀行「お江戸日本橋カードローン」

東日本銀行「お江戸日本橋カードローン」
お江戸日本橋支店(インターネット専用支店)限定のカードローンです。金利や限度額等は「ゆあポケットⅡ」と同じになりますが、以下の点が異なります。

・契約時の来店不要
・営業エリア内に住所や勤務地がなくても申込み可能

平日の昼間が難しい場合は「ゆあポケットⅡ」より「お江戸日本橋カードローン」の方が便利ですね。ただし契約や口座開設は郵送でのやり取りとなるため、利用開始までに時間がかかります。

利用条件 ・満20歳以上満69歳以下の方
・定期収入のある方、もしくは専業主婦の方
・電話連絡が可能な方
・東日本銀行の他の支店で融資取引がない方
・保証会社の保証が受けられる方
資金使途 自由(事業資金は不可)
融資限度額 10万円以上500万円以下
(10万円単位)
融資利率(年利) 2.9%・7.0%・9.8%・14.5%
(固定金利・保証料を含む)
融資期間 契約日から1年(1年ごとの自動更新)
※満70歳以降の更新不可
借入方法 ATM
返済方法 毎月10日に口座引き落とし
担保・保証人 不要
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
公式サイト こちら

 

東日本銀行のフリーローン一覧

東日本銀行では、使い道が自由なフリーローンも用意しています。担保が必要なローンもありますが、その分カードローンよりも長期的な高額融資が可能となります。

東日本銀行「スーパーローン(Web完結型)」

東日本銀行「スーパーローン(Web完結型)」は、パートやアルバイトでは利用できませんが、収入があれば高齢の方でも申し込めるローンです。融資期間も最長15年と長くなっています。

また、来店不要のWeb完結ローンなので、手続きもスムーズです。

利用条件 ・申込時満20歳以上、完済時満80歳以下の方
・安定した収入のある方(パート・アルバイト・契約社員・派遣社員は不可)
・住所や勤務先が営業エリア内の方
・保証会社の保証が受けられる方
資金使途 自由(事業資金は不可)
融資限度額 10万円以上500万円以下
(1万円単位)
融資利率(年利) 3.0%・8.0%・12.5%・14.0%
(固定金利・保証料を含む)
融資期間 1年以上15年以内
返済方法 毎月の元利均等返済(ボーナス時の増額返済併用も可)
担保・保証人 不要
手数料 無料
保証会社 株式会社かんそうしん
公式サイト こちら

 

東日本銀行 財産活用ローン「悠遊自在」

東日本銀行 財産活用ローン「悠遊自在」は、所有不動産を担保として利用できるローンです。手数料や保証料が発生しますが、最長35年・最高5,000万円までの高額融資が受けられます。

利用条件 ・申込時満30歳以上69歳以下、完済時満81歳以下の方
・団体信用生命保険に加入できる方
・住所や勤務先が営業エリア内の方
・保証会社の保証が受けられる方
年収の条件 ・勤続年数5年以上で、前年度税込み年収400万円以上の方
※自営業の場合は、営業年数5年以上で、過去3年間の平均年収が400万円以上の方
資金使途 自由(事業資金は不可)
融資限度額 100万円以上5,000万円以内
(10万円単位)
融資利率(年利) 借入時の利率適用
(変動金利方式or固定金利特約方式)
融資期間 35年以内
返済方法 毎月の元利金均等返済(ボーナス返済併用も可)
担保 所有不動産に第1順位の抵当権設定
保証人 保証会社が保証するので原則不要
手数料 55,000円(保証取扱手数料)
公式サイト こちら

 

東日本銀行フリーローン「アセットバリュー」

東日本銀行フリーローン「アセットバリュー」は、自宅を担保にして利用できるフリーローンです。最大で1,000万円まで借りることができるため、高額融資を希望する場合に便利です。

利用条件 ・満20歳以上60歳未満の方
・住所や勤務先が営業エリア内の方
・自宅(土地・建物)を担保提供できる方
・保証会社の保証が受けられる方
年収の条件 勤続年数3年以上で、前年税込み年収が200万円以上の方
※自営業の場合は、営業年数が5年以上で、過去3年間の平均年収が200万円以上の方
資金使途 自由(事業資金は不可)
融資限度額 100万円以上1,000万円以内
(50万円単位)
融資利率(年利) 借変動金利3.275%
融資期間 原則3年間(3年ごとの更新)
返済方法 毎月10日に口座引き落とし
担保・保証人 不要
手数料 無料
保証会社 株式会社かんそうしん
公式サイト こちら

※融資利率はこちらの2022年10月1日~10月31日の適用金利となっています。実際には借入時の金利が適用されるため、借入前に確認しておくといいでしょう。

 

東日本銀行 リバースモーゲージローン「ゆうゆう物語」

東日本銀行 リバースモーゲージローン「ゆうゆう物語」は、自宅を担保に生活資金等を借りられるローンです。

亡くなった後は担保に入れていた不動産を売却し返済できるため、老後の心配をする必要がありません。

子どもに資産を残せない・金利変動のリスクあり・長生きすると計画が崩れる危険性があるなど、デメリットも多いのですが、自宅に住み続けながら老後資金を得ることができるため、リバースモーゲージに興味がある方は検討してみてはいかがでしょう。

利用条件 ・申込時満55歳以上の方
・配偶者の年齢が満50歳以上の方
・安定した収入があり、前年度税込み年収120万円以上の方
(年金収入も可)
・年金振込や給与振込を東日本銀行で利用中の方
・夫婦2人暮らしor 1人暮らしの方
・判断能力のある方
・戸籍全部事項証明書の提出ができる方
・推定相続人全員から同意が得られる方
・銀行あての申出義務が履行できる方
・住所が営業エリア内の方
・保証会社の保証が受けられる方
資金使途 原則自由(生活資金)
融資限度額 300万円以上1億円以下(10万円単位)
融資利率(年利) 借入時の利率適用
融資期間 1年ごとの自動更新で、本人死亡まで
返済方法 元金:任意返済
利息:毎月後払い
担保 土地・建物に第一順位根抵当権設定
保証人 原則不要
保証会社 株式会社かんそうしん
公式サイト こちら

 


 
 

このサイトの監修者・専門家

この記事の監修者 このサイトの監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。
   

PAGETOP