筑波銀行カードローンでお金を借りる方法

茨城県の地方銀行である「筑波銀行」では、カードローンによる貸付サービスを行っています。

筑波銀行カードローンを利用したお金を借りる方法やお金の返し方、資金使途(借りたお金の使い道)、審査申込み資格、金利や限度額、担保・保証人などについてまとめました。


もくじ

筑波銀行カードローンのサービス内容

いまお金が必要な時に頼りになる!そんな便利なカードローンとして誕生した筑波銀行のカードローン

筑波銀行カードローンには、どのような特徴があるのでしょうか?これから借入を検討している方は、他社のカードローンと違いがあるかを確認しておきましょう。

筑波銀行カードローンの資金使途は?

筑波銀行カードローンで借りたお金の使い道(資金使途)は、事業性資金を除いて原則自由となっています。そのため、旅行、結婚式、入院など、幅広いシーンでお金を使う事が可能です。

筑波銀行では、マイカーローン教育ローンに加え、自転車購入等に使えるロードバイクローンや歯科治療に使えるデンタルローンといった細やかな目的別ローンを各種用意していますが、カードローンなら複数の使用目的がある場合、目的が明確ではないけれど急な出費に備えて作っておきたいといった場合に便利です。

筑波銀行カードローンはweb申込みOK!

筑波銀行のカードローンは、24時間web申込みOKです。来店要らずで、カードローンの契約を完了させる事ができるので、誰にも知られる事なく借り入れの申込みが行えます。また、忙しい方でもスマホやパソコンがあれば利用できるので、銀行に行く手間を省きたい方にオススメです。

筑波銀行カードローンの利用限度額と金利負担

筑波銀行カードローンの利用限度額は、10万円以上500万円以内(10万円単位)です。

ただし、パート、アルバイト、主婦の方は50万円以下、年金受給者の方は20万円以下、学生は10万円以下が限度額となります。

筑波銀行カードローンの金利負担は、年4.8~14.6%で借入金額や審査によって決定されます。固定金利なので、金融情勢に左右されず、利率が変わらないため安心で、金利の高さとしては、銀行カードローンとしては、平均的な数字です。

また、アコムプロミスなど、消費者金融のカードローンは年17%~18%台が多いので、それらに比べると低金利と言えます。

ただ、大手消費者金融独特のサービスである30日間無利息サービス(金利0円)は、筑波銀行カードローンにはありませんので、お金を借りて、短期間で返済する予定の方は、プロミスやアコムの方がお得な場合もあります。

筑波銀行カードローンの審査申込みの条件と手続き方法

筑波銀行カードローンでお金を借りたい方は、申込みと審査を経て、契約のための手続きを行う必要があります。

カードローンの申込みに必要な条件や手続き方法をまとめました。スムーズな借入を行うためにも、事前にチェックしておきましょう。

筑波銀行カードローンの審査申込み条件

筑波銀行のカードローンへの審査申込みに必要な条件は、次の通りです。

・筑波銀行の営業区域内に居住または勤務している方
・申込時の年齢が満20歳以上70歳以下で電話連絡が可能な方
・安定した収入がある方
・保証会社の保証が受けられる方

安定した収入があれば、パート、アルバイト、専業主婦、年金受給者、学生(アルバイト)の方も筑波銀行のカードローンでお金を借りることができます。

ただし、専業主婦の方は配偶者に安定した収入があることが条件です。

筑波銀行カードローンの対象エリア

●茨城県:水戸市、日立市、土浦市、古河市、石岡市、結城市、龍ケ崎市、下妻市、常総市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、取手市、牛久市、つくば市、ひたちなか市、鹿嶋市、潮来市、守谷市、常陸大宮市、那珂市、筑西市、坂東市、稲敷市、かすみがうら市、行方市、桜川市、鉾田市、つくばみらい市、小美玉市、神栖市、茨城町、大洗町、城里町、東海村、大子町、美浦村、阿見町、河内町、八千代町、五霞町、境町、利根町
●栃木県:宇都宮市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市
●埼玉県:春日部市
●千葉県: 銚子市、松戸市、旭市、柏市
●東京都: 足立区

※一部、該当地域でも対象外となるケースがあります。

筑波銀行カードローンの申込み方法

筑波銀行カードローンは、窓口、電話、FAX、インターネットのいずれかにて申込む事ができます。

窓口で筑波銀行カードローンに申込む方法

最寄りの筑波銀行窓口にてカードローンの申込みが行えます。申込みから原則2営業日以内に仮審査結果の連絡があるので、審査に通過した方は必要書類を持参のうえ、正式申込みの手続きを行います。

申込み時に口座開設の必要があるので、印鑑と本人確認書類を忘れないようにしましょう。すでに、筑波銀行の口座を持っている方は、通帳、印鑑、本人確認書類を用意してください。

電話で筑波銀行カードローンに申込む方法

フリーダイヤルによる電話での申込み受付をしています。筑波銀行の担当者が丁寧に対応してくれるので、初めてのカードローン申込みで不安な方でも、安心して手続きを進められます。電話での申込み後、仮審査が行われるので、通過後は最寄りの筑波銀行で正式申込みの手続きを行います。

0120-885-668 受付時間(平日9:00~19:00)

 

FAXで筑波銀行カードローンに申込む方法

筑波銀行窓口に備え付けてある「仮審査申込書」に必要事項を記入し、FAXを送り申込みを行います。仮審査後は、正式申込みのために再び銀行へ足を運ぶ必要があるので、つ筑波銀行が近くにある方、利用頻度が高い方、自宅にFAXがある方に向いている申込み方法です。窓口での申込みの場合には、混雑状況によっては時間が掛かるので、待ち時間を避けたい時はFAXの方が時間を有効に使えます。

FAX 029-227-1228

 

インターネットで筑波銀行カードローンに申込む方法

パソコン、スマホを利用したインターネットでのweb申込みは、最も簡単でスピーディーに申込み手続きが行えます。

24時間申込みを受け付けているうえ、正式申込みまでwebで完了させる事ができるので、筑波銀行に足を運ぶ必要がありません。メールで審査結果が届き、郵送にてカードが発行されます。契約完了後、すぐに借入を希望する方は、指定口座への振込も可能です。

筑波銀行カードローンの提出書類

筑波銀行カードローンの正式申込みの際には、書類の提出が必要です。借入金額によって提出が必要な書類が異なるため、該当する書類を事前に準備しておきましょう。

本人確認書類

カードローンに申込みを希望する方は、本人確認書類として、次のいずれかを提出しなければいけません。申込みを希望する全員の方が対象になります。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・個人番号カード(マイナンバーカード等)

収入確認書類

契約金額が50万円を超える場合は、収入が確認できる書類として、次のいずれかを提出します。

源泉徴収票 勤務先の記載があるもの
納税証明書 税務署の発行印があるもの
確定申告書 税務署の受付印があるもの(e-tax利用の方は受信通知と申告データ出力分を提出)
住民税決定通知書 市町村長の発行印があるもの
所得証明書 市町村長の発行印があるもの

 

筑波銀行カードローン 担保・保証人は必要?

筑波銀行カードローンは、担保・保証人不要でお金を借りることができます。ただし、保証会社である新生ファイナンシャル株式会社の保証が受けられる事が条件となっています。

新生ファイナンシャル株式会社は、カードローンのレイクALSAを展開しているため、これまでにトラブルがあった方は保証が受けられない可能性があるので注意しましょう。

筑波銀行カードローンの審査は緩い?厳しい?

多くのカードローンでは、「年金受給者、専業主婦、学生」の方は、申込み対象外となっています。しかし、筑波銀行のカードローンにおいては、限度額に制限があるものの申込みが可能なため、審査基準は厳しくはないと予想します。

ただ、虚偽の申告があった場合、収入が不安定であると判断された場合、他社からの借入が多い場合、過去に延滞などがあった場合は審査に通過することができない場合もあります。

また、勤続年数が短すぎる、転職が多い、提出書類のミス等によっても、カードローンの審査に落ちやすくなるので注意してください。

筑波銀行カードローンでお金を借りる方法

筑波銀行カードローンの契約手続きを完了させた後は、限度額内での借入が行えるようになります。

筑波銀行カードローンでは、筑波銀行普通口座への「振込キャッシング」または「提携ATM」からお金を借りることができます。※筑波銀行の口座を持っていない方は、カードローンへの申込みに加えて、口座開設の必要があります。

提携ATMでお金を借りる

筑波銀行カードローンは、筑波銀行ATMをはじめ、セブン銀行やローソン銀行のATM、E-netとも提携していますので、全国のセブンイレブンやローソン、ファイミリーマートなどでお金を借りたり、返済できるのでとても便利です。

筑波銀行 平日、土日祝日8:00~21:00
セブン銀行 火~土曜日0:05~23:45、日曜日0:05~21:00、月曜日7:00~23:50
イオン銀行 火~土曜日0:05~23:45、日曜日0:05~21:00、月曜日7:00~23:50
E-net 火~土曜日0:05~23:45、日曜日0:05~21:00、月曜日7:00~23:50
ローソンATM 火~土曜日0:05~23:45、日曜日0:05~21:00、月曜日7:00~23:50

 

提携ATMの利用の際には手数料が発生します。

筑波銀行カードローンの返済額の目安と返済方法

筑波銀行カードローンで借入したお金の返し方、返済額の目安をまとめました。きちんと返済計画を立てて、無理のない金額で借入を行いましょう。

筑波銀行カードローンの返済日

筑波銀行カードローンでは、毎月3日(銀行休業日の場合は翌営業日)が約定返済日になります。返済日を指定する事は出来ないので、給料日前になってしまう方は返済分のお金が不足しないように気を付けましょう。

返済日当日、返済用預金口座から自動引き落としが行われます。残高が不足していると返済の滞りになってしまうので、事前に余裕を持って入金をしておきましょう。

筑波銀行カードローンの毎月の返済額目安

筑波銀行では、月々2,000円からの返済額が可能です。10万円以内の少額借入なら、毎月の約定返済日の支払い負担が少ないので、気軽に借入が行えます。

2,000円未満 利用残高
2,000円超10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 1万円

 

任意返済を利用する時の注意点

筑波銀行カードローンでは、毎月一定額を返済する「約定返済」の他に、臨時収入等によって金銭的に余裕がある場合「任意返済」を利用することも可能です。

任意返済は、筑波銀行ATMでの返済が可能です。ただし、任意返済を行った場合であっても、約定返済分がなくなるわけではないので注意してください。

筑波銀行カードローンの遅延損害金

筑波銀行カードローンの返済日にお金を返せなかった場合、「遅延損害金」として、年14.0%の負担が加算されます。借入金額によっては、決して安くないため、返済日忘れ等によって延滞しないように気を付けましょう。

筑波銀行カードローンでお金借りるメリット&デメリット

筑波銀行カードローンでお金を借りることを検討している方は、メリット&デメリットを踏まえて、自分に適したカードローンであるかを確認しておきましょう。

筑波銀行カードローンでお金借りるメリット

筑波銀行カードローンでお金を借りるメリットは、なんといっても専業主婦、学生、年金受給者の方が申込みできるカードローンである事です。急な出費により、給料日や受給日まで、生活費がピンチ!という時にも活用できるので、あらかじめ余裕がある時にカードを作っておいても安心です。

・申込み対象者の制限が少ない
・web申込みが可能
・消費者金融と比べると金利が低い
・専業主婦でもお金を借りられる
・学生でもお金を借りられる
・年金受給者でもお金を借りられる

筑波銀行カードローンでお金借りるデメリット

筑波銀行カードローンでは、即日融資は行っていません。審査に2営業日ほど時間が掛かるので、スピード融資を希望する方にとっては、すぐに借入が行えないというデメリットがあります。また、筑波銀行に口座を持っていない方は、新たに開設の必要があるので、銀行口座を作りたくない方にはオススメできません。

・口座開設が必要
・即日融資ができない
・指定地域がある
・無利息サービスがない

PAGETOP