みなと銀行カードローン「Qポートネオ」審査難易度は?金利・返済方法・申込の流れ

みなと銀行は兵庫県神戸市を拠点とする第二地方銀行で、兵庫県と大阪府・東京都の一部に支店があります。

みなと銀行のカードローン商品は「Qポートネオ」のみとなりますが、口座開設が不要なので兵庫県外の方でも利用可能となっています。金利も比較的低めに設定されているんですよ!

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」でお金を借りるメリット・デメリットや審査難易度、金利や限度額、審査申し込みの流れなども詳しくご紹介しますので、低金利なカードローンをお探しの方もぜひご覧ください。


もくじ

みなと銀行「Qポートネオ」ってどんなカードローン?

利用対象者 以下の項目を全て満たす個人の方
・契約時年齢が満20歳以上65歳以下の方
・安定した収入のある方
・日本国籍を有する方、または永住許可を受けている外国人の方
・保証会社の保証が受けられる方
資金使途 自由(ただし事業性資金は除く)
限度額 10万円~800万円(10万円単位)
金利 4.5%~14.0%
借り方 ATM
返し方 ・約定返済…ATM
・追加返済…ATM
担保・連帯保証人 不要
みなと銀行の口座開設 不要
みなと銀行への来店 不要
保証会社 SMBCコンシューマー株式会社
公式サイト こちら

 

みなと銀行「Qポートネオ」は口座開設なしで利用できるカードローンです。

銀行カードローンの中には口座がなくても申し込みできるものは多いのですが、利用開始前に開設しないと借り入れができないものもあります。

「Qポートネオ」は正真正銘、みなと銀行の口座開設不要で利用できるカードローンなので、みなと銀行への来店も不要となっています。

また、申し込みに際して特に厳しい申し込み条件がなく、年齢20歳以上65歳以下で安定した収入がある方でしたらみなと銀行「Qポートネオ」に申し込み可能です。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の限度額と金利

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の金利は限度額によって設定されています。

契約極度額 利率
10万円以上100万円以下 14.0%
110万円以上200万円以下 10.0%
210万円以上300万円以下 8.0%
310万円以上400万円以下 7.0%
410万円以上500万円以下 6.0%
510万円以上600万円以下 5.0%
610万円以上700万円以下 5.0%
710万円以上800万円以下 4.0%

 

限度額が100万円以下の場合、金利は上限金利の14.0%が設定されることになります。

この上限金利が高いのか低いのか気になるところだと思いますが、全国の銀行カードローンと比較しても、みなと銀行「Qポートネオ」は低い方と言えます。

参考:兵庫県から申し込み可能な主なカードローンの金利と限度額

都市銀行カードローンと比較

銀行・商品名 金利 限度額
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%~14.6% 10万円~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 10万円~800万円
りそな銀行プレミアムカードローン 3.0%~13.5% 10万円~800万円

 

地方銀行・信用金庫カードローンと比較

銀行・商品名 金利 限度額
但馬銀行カードローン 1.9%~14.5% 10万円~1,000万円
兵庫信用金庫 きゃっする 4.0%~14.0% 10万円~800万円
兵庫信用金庫 しんきんカードローン 9.0%~14.0% 10万円~100万円
尼崎信用金庫 あましんきゃっする 8.0%~14.5% 10万円~300万円
姫路信用金庫カードローン 12.1% 10万円~100万円

 

ネット銀行カードローンと比較

銀行・商品名 金利 限度額
セブン銀行カードローン 15.0% 10万円、30万円、50万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 1.59%~18.0% 1,000万円まで
住信SBIネット銀行カードローン(スタンダードコース) 8.99%~14.79% 10万円~300万円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 10万円~800万円
楽天銀行カードローン スーパーローン 1.9%~14.5% 800万円

 

ネット銀行カードローン消費者金融と比較

消費者金融・商品名 金利 限度額
アイフル 3.0%~18.0% 800万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 500万円

 

みなと銀行「Qポートネオ」の上限金利を他社のカードローンと比較しても、知名度の高いカードローンに決して負けていないことがわかります。

限度額が100万円を超えると一気に10.0%まで下がり、さらにお得な条件で借りられることになります。

記事の前半で、みなと銀行「Qポートネオ」には厳しい申し込み条件がないとご紹介しましたが、非常に幅広い方が申し込みできて低金利なカードローンになるので、本当に困っているときにとても助かると思います!

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査は厳しい?

審査の内容は完全非公開になるので、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査難易度も予想の範囲となってしまうのですが、申し込み条件や商品内容から判断すると、そこまで厳しい審査は行われないと考えることができます。
その理由を見ていきましょう。

Qポートネオは口座不要で利用対象者が幅広い

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は年収制限や勤続年数制限のないカードローンになります。

公務員や正社員の方はもちろん、自営業・パート・アルバイトの方も申し込み可能なので、幅広い方の申し込みを想定しているんです。

限度額も10万円~となっているので、年収が低いから・勤続年数が短いから審査に通さないとなるのではなく、申込者それぞれの返済能力に見合った金額が融資されると考えることができます。

Qポートネオの保証会社がプロミスの運営会社

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の保証会社はプロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスとなっています。

消費者金融の運営会社だから審査が甘いということではないのですが、利用する銀行が自社で保証業務を行う場合や、銀行関連会社が審査を行うケースと比較すると審査難易度は下がると判断できます。

SMBCコンシューマーファイナンスのような委託を受けて保証業務を行なっている会社があまりにも審査を厳しくしてしまうと、「Qポートネオ」の利用者が極端に減ってしまいます。

そうなってしまうとみなと銀行の儲けも少なくなりますし、SMBCコンシューマーファイナンスにも委託料が入ってこないことになります。

そこで、保証会社は貸し倒れがおこらないギリギリのところで審査を行うことになるんです。

もちろんあからさまにお金の使い方が悪い人はアウトですが、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」では、難易度の高い審査は行われないと考えられます。

みなと銀行「Qポートネオ」の審査に落ちやすいのはどんな人?

もちろん、「貸したお金をきちんと返済する人」と判断されないとみなと銀行「Qポートネオ」の審査に通過することはできません。

ブラックリストは厳しい!

・他社カードローンやクレジットカード返済で、過去5年以内に長期間延滞したことがある
・短期間の延滞を繰り返している
・複数社からお金を借りている多重債務状態
・短期間に複数のカードローンに申し込みをした「申し込みブラック」状態
など、お金の使い方が良くない人は要注意です。

プロミスでトラブルになったことがある人

保証会社がプロミス運営会社ということで、過去にプロミスでトラブルを起こした人も厳しいかもしれませんね。

信用情報機関に記録されているブラックリストは5年~10年で消えるのですが、社内の記録は半永久的に残ってしまいます。

プロミスの社内記録は運営会社のSMBCコンシューマーファインスが抱えているものなので、プロミスの借り入れでブラックリスト入りしたことがある人は5年経過したとしても社内記録から発覚することも予想されます。

⇒プロミス【借り方・即日でお金借りる】スマホで24時間WEB申込可!最速10秒振込!ATM出金も可

毎月10,000円の返済が難しい人

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の最低返済額は10,000円になるので、毎月最低でも10,000円の返済が継続できる人じゃないと審査に通過することはできません。

正直なところ、毎月10,000円の返済が難しいと感じる場合は、「Qポートネオ」の申し込みはおすすめしません。

10,000円の返済を続けることは簡単なことではありませんし、カードローン最低返済額としては「Qポートネオ」は金額が大きい方になります。

銀行カードローンの中にはもっと最低返済額が少ない商品もあります。

例えば、但馬銀行カードローン「きゃっする」は、借入額が10万円以下なら毎月2,000円、10万円~30万円の借り入れなら毎月5,000円の返済でも大丈夫なんです。

返済に無理が生じると生活が圧迫される可能性もありますので、返済計画どおりに返していけるカードローンを選んでくださいね。

いろいろと気になることをお伝えしてきましたが、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」はそもそも審査が厳しいタイプのカードローンではないので、逆にこれらに該当しない人でしたらあまり心配はいりませんよ。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査申し込み方法

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査申し込み方法は、インターネット・電話・郵送・FAXの4種類用意されていますが、基本的にはインターネット申し込みをおすすめします。

郵送とFAXに使う申し込み用紙は、みなと銀行ATMに取りに行くかインターネットで申し込みをして郵送してもらわないといけないので非常に手間がかかります。

電話申し込みは通話料無料のフリーダイヤルになりますが、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査申し込みは、回答しないといけない項目が非常に多いのであまりおすすめできません。

勤め先の規模や電話番号、社員の数、勤続年数、住んでいる家が持ち家なのかアパート・マンション・寮なのか、住宅ローンの返済額や家賃はいくらかなどなど、聞かれてもパッと答えられない項目もたくさんあります。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は来店不要のインターネット申し込みが可能なので、ここではネット申し込みの流れをご紹介します。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」インターネット申し込みの流れ

1.インターネットから申し込みをする
みなと銀行カードローン「Qポートネオ」のネット申し込みは「簡易申込」と「通常申込」を選択することができます。
通常申込は全ての項目をインターネットで登録する方法です。
簡易申込は、名前・生年月日・性別・電話番号だけを入力する申し込み方法です。申し込みをしたらみなと銀行から電話がかかってきますので、詳細項目は電話で回答します。
簡易申し込みは電話申し込みとあまり変わりませんが、お好みの方法でみなと銀行カードローン「Qポートネオ」にお申し込みください。

2.審査・審査結果の連絡
みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査結果は電話連絡になります。

3.契約手続き
みなと銀行から契約書などが郵送されてくるので、記入・捺印して本人確認書類と一緒に返送します。
みなと銀行に書類が到着したら契約手続きが行われます。
急いでお金を借りたい場合は口座振込でお金を借りることも可能です。(ただしみなと銀行口座がある人のみ)

4.ローンカードの発行
ローンカードは、みなと銀行から自宅宛に簡易書留郵便で送られてきます。
受け取ったらATMによる借り入れができるようになります。

申し込みの流れとしては難しいことはありませんが、みなと銀行から契約書を郵送してもらって返送する手間があるので時間がかかりそうですね。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の審査~融資までにかかる時間は?

Qポートネオのローンカードが到着するまでの期間は、およそ2週間になります。

ただし「滞りなく進めば2週間」となりますので、もっと時間がかかることもあります。

みなと銀行口座を開設している人であれば、契約完了後に口座振込でお金を借りることができます。

契約書と一緒に振込依頼書が届きますので、記入してみなと銀行へ返送してください。契約完了後(ローンカード到着前)に、みなと銀行口座に入金してもらえます。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の申し込みに必要な書類

【本人確認書類】
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証

【収入証明書】
収入証明書は申し込み金額が50万円を超える場合に提出することになります。

・給与証明書
・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・納税証明書
・確定申告書

⇒カードローンでお金借りる時の必要書類【運転免許証・健康保険証・印鑑証明・給料明細・マイナンバー等】

みなと銀行では審査時に在籍確認を行う?

在籍確認は、みなと銀行の審査で必要と判断された場合に行われることになります。
電話は銀行名ではなく審査担当者の個人名でかかってきます。

会社の電話ということで別の人が電話に出る可能性も考えられますが、申し込み者以外の人にみなと銀行カードローン「Qポートネオ」の件だと要件が伝わることはありません。

「○○[あなた]さんは本日お休みしております」とか、「離席しております」などと伝えてもらえるだけで、みなと銀行の在籍確認は完了します。

在籍確認の電話連絡をどうしても避けたいという方は以下の記事をご覧ください。

⇒在籍確認・郵送物ナシ!会社・家族にバレずに内緒でお金借りる方法

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」でお金を借りる方法

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」でお金を借りる方法はATMからのキャッシングになります。

●借入可能なATMは?
・みなと銀行ATM
・コンビニATM:セブン銀行・ローソン・イーネット
・提携金融機関ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・イオン銀行ATM

●ATM利用時間と手数料など

▼みなと銀行ATM
曜日 時間帯 ATM利用手数料
平日 8:00~8:45 110円
8:45~18:00 無料
18:00~21:00 110円
土日祝日 8:00~21:00 110円

 

▼関西みらい銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、三井住友銀行ATM
曜日 時間帯 ATM利用手数料
平日 8:45~18:00 無料
それ以外のすべての時間帯 110円

 

▼コンビニATM・イオン銀行ATM・ゆうちょ銀行ATMは、終日110円~220円の手数料がかかります。

平日の日中なら、手数料無料で利用できるATMも豊富です。

都市銀行も手数料をかけずに使えるので、みなと銀行営業エリア外でも使いやすいと思いますよ。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の返済方法

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の返済方法はATMになります。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は、口座振替(自動引き落とし)での返済はできませんので、毎月自分で返済手続きを行うことになります。

●みなと銀行カードローン「Qポートネオ」が利用可能なATMは?
借り入れに利用できるATMと基本的に同じですが、提携ATMは一部利用できないこともあります。

●みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の返済日は?
返済期日は毎月7日(銀行休業日は翌営業日)です。前月25日~当月7日が返済期間になるので、この間にATMから返済を行うことで当月の約定返済が完了します。

●みなと銀行カードローン「Qポートネオ」の済額は?

返済時の利用残高 約定返済額
50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 20,000円
100万円超~200万円以下 30,000円
200万円超~300万円以下 40,000円
300万円超~400万円以下 50,000円
400万円超~500万円以下 60,000円
500万円超~600万円以下 70,000円
600万円超~700万円以下 80,000円
700万円超~800万円以下 90,000円

 
例)30万円の借り入れ残高がある場合
25日~当月7日の間にATMから10,000円を入金すると約定返済が完了します。

●24日より前に返済するとどうなるの?
24日より前に返済した分は前月の追加返済扱いとなってしまい、当月の約定返済にはカウントされません。改めて25日~当月7日の間に入金をしないと約定返済が行われていないことになり延滞となってしまいます。

返済忘れがないように気をつけて!

返済期間が約2週間設けられているので延滞の可能性は少ないですが、毎月自分で返済額と返済日を管理して、みなと銀行に入金しないといけません。

スマホのリマインダーで通知を設定する、手帳にメモしておくなどの対策をしておかないとうっかりみなと銀行への返済を忘れてしまうこともあるでしょう。

毎月のお給料日の会社帰りにみなと銀行ATMに立ち寄って返済するなど、決まった日を返済日に決めると返済忘れを防ぎやすくなりますよ。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」のまとめ

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は金利も低めで審査難易度もそう高くはありません。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は来店不要で申し込みができますし、手数料無料で借りられるATMも多いので比較的借り入れはしやすいと思います。

気になるのはやはり、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」は口座引き落としによる返済ができないところでしょうか。

返済に手間をかけず延滞を防ぐためにも、カードローンの返済は口座引き落としが理想です。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」はATMから自分で返済しないといけないので、返済日を間違えたり返済額を少なく入金してしまうことも考えられます。

うっかりミスして延滞するのはもったいないので、くれぐれもご注意くださいね。
返済さえ問題なければ、みなと銀行「Qポートネオ」使いやすいカードローンになるでしょう。

みなと銀行のフリーローン一覧

みなと銀行にはカードローン以外にも無担保ローンが用意されています。ここでは、みなと銀行の5つのフリーローンをピックアップしてご紹介します。

みなとフリーローン

利用対象者 以下の項目を全て満たす個人の方
・申込時満20歳以上、完済時満75歳以下の方
・日本国籍を有する方、又は永住許可を受けている外国人の方
・安定した収入が継続して得られる方
(パート、アルバイト、世帯収入のある専業主婦、個人事業主、年金受給者の方も申込可)
・みなと銀行の営業区域内に居住または勤務している方
・保証会社の保証が受けられる方
資金使途 自由(ただし事業性資金は除く)
限度額 10万円~1,000万円
※WEB完結は500万円以内
金利 4.8%~14.9%
融資期間 6ヶ月以上10年以内(1ヶ月単位)
※500万円~1,000万円の場合は最長15年
返し方 毎月元利均等返済
※融資額の50%以内で年2回のボーナス返済の併用も可能
担保・連帯保証人 不要
保証会社 (株)クレディセゾンまたはSMBCコンシューマーファイナンス(株)
公式サイト こちら

 
みなとフリーローンは資金使徒自由のフリーローンです。

来店不要のWEB完結申し込みが可能なのですが、みなとフリーローンはWEB完結と店頭契約では金利と限度額が変わってきます。

WEB完結 店頭契約
金利 4.6%、6.6%、9.6%、11.8%、14.7%のいずれか 4.8%、6.8%、9.8%、12.0%、14.9%のいずれか
限度額 10万円~500万円 10万円~1,000万円

 
また、WEB完結での申し込みは保証会社がクレディセゾンに限られます。

みなとフリーローンはは、借りたお金の使い道は指定されておらず、請求書などの資金使徒証明書も提出不要で、おまとめローン・借り換えローンとして使うこともできます。

みなとプライムローン

商品名 自由型 目的型
利用対象者 以下の項目を全て満たす個人の方
・申込時満20歳以上、完済時満70歳以下の方
・日本国籍を有する方、又は永住許可を受けている外国人の方
・前年度税込年収が200万円以上の方
・勤続(営業)年数が2年以上の方
・みなと銀行の営業区域内に居住または勤務している方
・みなと銀行で住宅ローンまたは住宅金融支援機構等の公的住宅融資を利用している方、または同時に申込できる方
・保証会社の保証が受けられる方
資金使途 自由(ただし事業性資金は除く) 以下のいずれかに該当する目的資金および他の金融機関等の借換資金(事業資金は利用不可)
・自動車関連資金
・教育関連資金(高校、専門学校、予備校、短大、大学、大学院)
・リフォーム資金
・その他の目的資金
上記を資金使途とする他の金融機関等からの借入の借換資金
※原則、支払先等に振込可能な資金
限度額 10万円~300万円 10万円~1,000万円
金利 4.475%(変動金利) 2.875%(変動金利)
融資期間 6ヶ月以上10年以内(1ヶ月単位) 6ヶ月以上10年以内(1ヶ月単位)
※資金使徒によっては最長15年
返し方 毎月元利均等返済
※融資額の50%以内で年2回のボーナス返済の併用が可能
担保・連帯保証人 不要
保証会社 みなと保証(株)または(株)セディナ
公式サイト こちら

 

みなとプライムローンは、みなと銀行住宅ローン利用者向けのフリーローンで、自由型と目的型を選択できます。

みなとプライムローン「自由型」は資金使徒が自由で、事業性資金以外のことに使うことができます。

みなとプライムローン「目的型」は自動車関連資金・教育関連資金(高校、専門学校、予備校、短大、大学、大学院)・リフォーム資金・その他の目的資金にのみ利用可能なフリーローンです。

また原則として、みなとプライムローンを利用する場合、振込で支払いできるものでなければいけません。

みなとプライムローンの金利は変動金利で、2020年1月現在は自由型が4.475%、目的型が2.875%と非常に低いのですが、利用条件がかなり厳しくなっています。

みなと銀行の住宅ローンを利用していても、税込年収200万円以上かつ勤続(営業)年数が2年以上必要なんです。

みなと銀行と深いお付き合いがある人を対象にしたフリーローンなのでいろいろと難しい条件はありますが、対象となる人はとても有利な借り入れができる商品になっています。

みなと事業者向けフリーローン

利用対象者 以下の項目を全て満たす個人の方
・申込時満20歳以上、完済時満75歳以下の個人事業主または法人の代表者・役員の方
・日本国籍を有する方、又は永住許可を受けている外国人の方
・安定した収入が継続して得られる方
・みなと銀行の営業区域内に居住または勤務している方
※ただし、使いみちが事業資金の場合は、事業所(または勤務先)がみなと銀行の営業区域内(東京支店除く)にある方
・保証会社の保証が受けられる方
資金使途 自由(運転資金、設備資金、法人への転貸資金も可能)
限度額 10万円~500万円
金利 3.8%、5.8%、8.8%、10.8%、11.9%、14.9%のいずれか
融資期間 6ヶ月以上10年以内(1ヶ月単位)
返し方 毎月元利均等返済
担保・連帯保証人 不要
保証会社 (株)クレディセゾン
公式サイト こちら

 

みなと事業者向けフリーローンは、事業者と法人代表・役員向けのフリーローンで、借りたお金は事業性資金として使うこともできます。

借入額が300万円を超える場合は所得証明書の提出が必要になりますが、みなと事業者向けフリーローンを利用するのに資金使徒証明書などは不要です。

女性経営者応援ローン「べっぴん」

利用対象者 以下の項目を全て満たす個人の方
・申込時満20歳以上、完済時満75歳以下の女性
・日本国籍を有する方、又は永住許可を受けている外国人の方
・安定した収入が継続して得られる方
・みなと銀行の営業区域内に居住または勤務している方
※ただし、使いみちが事業資金の場合は、事業所(または勤務先)がみなと銀行の営業区域内(東京支店除く)にある方
・保証会社の保証が受けられる方
資金使途 自由(運転資金、設備資金、法人への転貸資金も可能)
限度額 10万円~500万円
金利 3.6%、5.6%、8.6%、10.6%、11.7%、14.7%のいずれか
融資期間 6ヶ月以上10年以内(1ヶ月単位)
返し方 毎月元利均等返済
担保・連帯保証人 不要
保証会社 (株)クレディセゾン
公式サイト こちら

 

女性経営者応援ローン「べっぴん」は、女性経営者を応援するフリーローンで、個人事業主または法人の代表者・役員の女性が申し込み対象となります。

金利を「みなと事業者向けフリーローン」と比較すると以下のようになります。

みなと事業者向けフリーローン 女性経営者応援ローン「べっぴん」
3.8%、5.8%、8.8%、10.8%、11.9%、14.9%のいずれか 3.6%、5.6%、8.6%、10.6%、11.7%、14.7%のいずれか

 

若干ですが女性経営者応援ローン「べっぴん」の方が低い設定になっていますね。

女性の事業者さんが、みなと銀行でフリーローンを検討するなら「べっぴん」も視野に入れておくと良いでしょう。

みなと移住ローン(自由型)

利用対象者 以下の項目を全て満たす個人の方
・申込時満20歳以上、完済時満75歳以下の方
・日本国籍を有する方、又は永住許可を受けている外国人の方
・みなと銀行指定の市町に他の地域から移住した方
※本申込み時点で移住後6ヵ月以内であること。
・安定した収入が継続して得られる方
・保証会社の保証が受けられる方
資金使途 自由(事業性資金と借り換え・おまとめローンは不可)
限度額 10万円~300万円
金利 5.0%
融資期間 6ヶ月以上7年以内(1ヶ月単位)
※元金返済据置期間を設けることも可能
返し方 毎月元利均等返済
※融資額の50%以内で年2回のボーナス返済の併用も可能
担保・連帯保証人 原則不要
保証会社 (株)クレディセゾン
公式サイト こちら

 

みなと移住ローンには自由型とリフォーム型があるのですが、ここでは自由型をご紹介します。

みなと移住ローン(自由型)は、以下のみなと銀行指定の市町に他の地域から移住した人を対象とするフリーローンです。

●みなと銀行銀行指定の市町
相生市、赤穂市、市川町、稲美町、小野市、加古川市、加西市、加東市、神河町、上郡町、佐用町、宍粟市、太子町、高砂市、たつの市、播磨町、姫路市、福崎町、南あわじ市

みなと移住ローン(自由型)の申し込み対象者が非常に狭いのですが、移住者を応援するローンなので金利は良心的で5.0%の固定金利となっています。

みなと移住ローン(自由型)の資金使徒は基本的に自由ですが、移住後の新生活を応援するということで、他社ローンの返済(借り換え・おまとめローン)は利用不可で、引っ越し費用・家具家電製品の購入などが想定されています。


 
 

PAGETOP