金利0円(無利息)でお金を借りるには?

カードローンでお金を借りるなら利息はつきものなのですが、消費者金融の利息は安くはありません。

できることなら払いたくないけど、そんなカードローンは怪しすぎて逆に怖いかも・・・というのが本音なのではないでしょうか。

しかし、「無利息サービス」を利用すれば金利0円でお金を借りることができます。

ここでは、金利0円(無利息)サービスを行っている貸金業者の紹介や、各社金利0円(無利息)サービスの内容、適用条件、無利息サービスで実際いくら利息の節約になるのかなどのシミュレーションを行なっています。

本来ならお金を借りないで済むのがイチバンなのですが、どうしても必要なら少しでもお得なところからお金を借りましょう!


もくじ

無利息サービスを利用すれば金利は0円!

消費者金融のテレビCMで、「はじめての方なら金利0%」とか「30日間無利息」と宣伝しているのを見たことがあると思います。

貸金業者が金利0円でお金を貸すわけない!と思われるかもしれませんが、無利息サービスは集客のためにやっているサービスのひとつなので、無利息期間は本当に金利0円ですし、無利息期間に返済した金額は全て元金の返済に充てられることになります。

そのため、無利息期間中に完済すれば利息を1円も支払わずにお金を借りることも不可能ではありません。

大手消費者金融の無利息(金利0円)サービス一覧

まずは大手消費者金融と銀行カードローンがどんな無利息サービスを行っているのかをざっくり確認してみてください。

業者名 無利息サービスの開始日 無利息期間
プロミス 初回借り入れ日の翌日 30日間
アコム 契約日の翌日 30日間
アイフル 契約日の翌日 30日間
レイクALSA 契約日の翌日 30日間(借入額全額)
180日間(借入額のうち5万円まで)
ノーローン 借り入れ日の翌日 7日間
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 初回借り入れ日 30日間

 
全国規模で融資を行っている銀行カードローンの中で、無利息サービスを行っているのはジャパンネット銀行くらいになります。

地方銀行なら独自の金利0円サービスを行っていることもありますで、地元銀行のサービスを確認してみてください。

カードローン業者別 無利息(金利0円)サービスの適用条件

無利息(金利0円)サービスは各カードローン業者が独自に行っているサービスになるので、適用される条件もそれぞれに異なります。

とはいえ、あくまでも利用者の獲得やリピートが目的なので、条件の難易度は高くありません。

プロミス「30日間無利息サービス」

金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
即日融資 可能
無利息期間 初回借り入れ日の翌日から30日間
無利息サービス適用条件 ・プロミスを初めて利用すること
・メールアドレスを登録すること
・利用明細をWeb明細に設定すること

 

プロミスの無利息サービスは初回借り入れ日の翌日から始まりますので、すぐに借り入れをする予定はないけど、カードローン契約をしておきたい!という方にオススメできます。

また、若干ですが大手消費者金融のうちで最も上限金利が低いのもプロミスです。無利息(金利0円)サービスの適用条件は3つあるのですが、難しいものは特にありません。

●Web明細って何?デメリットはあるの?
気になるのは利用明細をWeb明細にするという条件ではないでしょうか。

Web明細はプロミスが行なっているインターネット向けのサービスで、会員サイトにログインすることで、借り入れ・返済などの利用状況をいつでも確認できる便利なものです。

Web明細設定をしておけば利用明細が届くことはありませんが、設定しておかないと紙の明細が郵送されてくることになりますので、ぜひ登録しておきたいサービスのひとつでもあります。

Web明細にすることのにデメリットがあるとしたら、自分から確認しないと利用状況の詳細がわからないことです。

むしろ郵便物を避けることができるという大きなメリットがありますので、安心して登録してください。

レイクALSA「選べる2つの無利息サービス」

金利 4.5%~18.0%
限度額 500万円
即日融資 可能
無利息期間 契約日の翌日から30日間(借入額全額)
契約日の翌日から180日間(借入額のうち5万円まで)
無利息サービス適用条件 ・レイクALSAを初めて利用する人

 

レイクALSAは無利息(金利0円)サービスが2つから選べるようになっています。

これがかなり使い勝手が良いので、どこでお金を借りようか迷っている方は、ぜひレイクALSAにも注目してくださいね。

●契約日の翌日から30日間無利息サービス
借入額全額が契約日の翌日から30日間無利息になります。レイクALSAに初めて申し込みをした人が対象となります。

●契約日の翌日から180日間無利息サービス
借入額のうち5万円までが契約日の翌日から180日間無利息になります。5万円以上の借り入れがある場合、そのうちの5万円が無利息サービスの対象になります。5万円以下の少額の借り入れ予定の方に特におすすめな金利0円サービスです。

どちらの金利0円サービスがお得にお金を借りられるのか?以下のボタンから簡単にシミュレーションできます。

アコム 「30日間金利0円サービス」

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
即日融資 可能
無利息期間 契約日の翌日から30日間
無利息サービス適用条件 ・アコムとの契約がはじめてであること
・返済期日を「35日ごと」に設定すること

 

アコムの返済期日は「35日ごと」と「毎月指定期日」を選択することができるのですが、このうち35日ごとを選択することが無利息(金利0円)サービスを利用する条件になっています。

35日ごと返済を選択する際に気をつけておきたいのは、口座引き落としでの返済を利用できないことです。

口座引き落とし返済は手数料無料で毎月自動的に返済が行われるので大変便利なのですが、30日間無利息サービスを利用するためには、インターネット返済、ATMや店頭窓口での返済などを利用して自分で入金返済することになります。返し忘れに十分注意が必要です。

ただアコムの場合は、ネットの会員ページから簡単に返済方法を変更できるので、口座引き落とし返済にしたい場合は、30日間金利0円期間終了後に設定することも可能です。

アイフル「最大30日間利息0円サービス」

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
即日融資 可能
無利息期間 契約日の翌日から30日間
無利息サービス適用条件 ・アイフルではじめて無担保キャッシングローンを契約する人

 

アイフルの無利息(金利0円)サービス適用条件はとても簡単です!

実はアイフルは取り扱っているカードローン商品の種類が多くおまとめローンなどもあるのですが、無利息サービスが適用されるのは、

・キャッシングローン…アイフルを代表する一般的なカードローン
・SuLaLi…女性向けの小口融資
・ファーストプレミアムカードローン…23歳以上の人向けのハイスペックなカードローン

の3つの無担保キャッシングローンのみになります。

事業サポートプラン・おまとめMAX・かりかえMAXなどは対象外となりますのでご注意ください。

利用条件と言えるほど厳しいものはありませんので、アイフルに初めてカードローンを申し込む人はみんな無条件で30日間無利息になると考えることができますね。

ノーローン「なんどでも1週間無利息キャッシング」

金利 4.9%~18.0%
限度額 300万円
即日融資 可能
無利息期間 借り入れ日の翌日から7日間
無利息サービス適用条件 特になし。初回借り入れ時と全額返済した翌月になんどでも無利息適用!

 
ノーローンも独自の無利息サービスを提供しているカードローン業者です。

ノーローンの無利息サービスは、「初回借り入れと全額返済した翌月」に自動的に適用されます。

初回申し込み時は借り入れ日の翌日から7日間が無利息期間になり、完済するとその翌月からまた無利息期間が適用されて7日間利息ゼロになるんです。

例)4/1に借りて、4/25に完済した場合
4/2~4/8までは無利息なので、利息は4/9~4/25の17日間分のみとなります。完済した翌月には再度無利息期間が始まるので、5月以降の借り入れでも1週間無利息期間が再度適用されます。

ノーローンをうまく使いこなせば、毎月金利0円でお金を借りることもできるわけです。
無利息サービスを提供しているカードローン会社は複数ありますが、「なんどでも無利息サービス」を行なっているのはノーローンだけです。

ジャパンネット銀行ネットキャッシング「無利息特約」

金利 2.5%~18.0%
限度額 1,000万円
即日融資 不可
無利息期間 初回借り入れ日から30日間
無利息サービス適用条件 極度型ローン(ネットキャッシング・クレジットライン・カードローン・借り入れおまとめローン)を初めて利用する人

 
ジャパンネット銀行ネットキャッシングは銀行カードローンに分類されるのですが、正直なところ銀行カードローンにしては上限金利が高く低金利なカードローンをお探しの方にはあまりオススメできません。

消費者金融のプロミスのほうが低金利ですし、ジャパンネット銀行は即日融資が不可なので、急いでお金を借りたい方には向きません。

即日融資希望の方で、無利息サービスを利用したい方は「お金を借りる即日融資ガイド110番」をご覧ください。

ただ、銀行カードローンで無利息サービスを提供しているのはとても珍しいですよ。

利用条件も「初めてジャパンネット銀行ネットキャッシングを利用する人」というだけなのでとても簡単です。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの無利息期間は、「初回借り入れ日から30日間」になります。

例)3/1に契約・借り入れをした場合
3/1~3/30の30日間が無利息期間になります。

ちなみにジャパンネット銀行ネットキャッシング公式サイトには、約定返済の支払いが遅れると無利息期間が適用されないとの注意書きがあります。

これは「延滞してしまうと無利息期間が終了する」ということなので、くれぐれも延滞には気をつけましょう!

無利息サービスのルール「金利0円期間を最大限活用するには?」

無利息(金利0円)サービスには知っておくべきルールがあり、間違えてしまうと無利息期間が短くなってしまうこともあるので確認しておいてください。

無利息サービスのスタート日は貸金業者によって異なる

無利息期間が始まる日は消費者金融によって設定があります。

●無利息期間起算日のパターン
・契約日の翌日から…アコムアイフルレイクALSA
・初回借り入れ日の翌日から…プロミス
・初回借り入れ日から…ジャパンネット銀行
・借り入れ日の翌日から…ノーローン

契約してすぐにお金を借りるなら契約日の翌日から自動的に無利息期間が始まるアコム、アイフル、レイクALSAで借りても無利息期間を30日間まるごと使うことができます。

逆に、すぐにお金を借りないのにこれらのカードローン業者を利用してしまうと、無利息期間が短くなってしまうことになります。

例)アコムと6/1に契約して6/2にお金を借りた場合
無利息サービス期間は6/2~7/1になるので、30日間まるごと無利息期間を利用できることになります。

例)アコムと6/1に契約して6/10にお金を借りた場合
お金を借りていなくても無利息サービス期間は6/2~7/1になるため、利用できる無利息期間は6/10~7/1の22日間になります。

例えば、来月の旅行に備えて借り入れ枠を作っておきたいなどのように、お金を借りるタイミングが契約日と大きくズレそうな場合は、プロミスやジャパンネット銀行のように、初回借り入れの後から無利息期間が始まるカードローンを選んだ方がお得ということになります。

無利息(金利0円)期間中に返済日が来たら?

無利息期間は返済が免除される期間とは違いますので、無利息期間中に返済日が来たら絶対に返済を行わないといけません。

無利息期間だから返済しなくても良いだろうと思っていると2つのペナルティを食らうことになってしまいます。

1.無利息期間が即終了してしまう
無利息期間中に返済を怠ってしまうと、無利息サービスがその時点で終了してしまいます。本来ならまだ期間が残っていたとしても利息が発生してしまうことになります。

2.延滞金が発生する
カードローンには「遅延損害金」という延滞金制度があります。一般的に遅延損害金は通常金利よりも高く設定されていて、アコムやアイフルなどは20.0%を支払わないといけません。

遅延損害金は延滞期間中に日割りで発生してしまいますので、延滞が解消されるまで増え続けることになってしまいます。

無利息期間中でも返済する必要があることは忘れないでください。

無利息期間中の返済は全額元金の返済になる

無利息期間に返済した金額は全て元金の返済に充てられることになります。これも大きな意味があることですよ。

例えばアコムで10万円を借りていて無利息期間中に1万円の返済をした場合、借り入れ残高は9万円になります。

無利息サービスがなかったとしたら、1万円のうちまず1,500円が利息の返済に充てられることになり、残り8,500円が元金の返済分になるため借り入れ残高は91,500円までしか減らないんです。

無利息期間中にできるだけたくさん返済をすると、それ以降の返済負担を軽くできるということもぜひ覚えておいてください。

金利0円(無利息)でどれくらいお得になるの?

ここまでに見てきた無利息サービスの期間は、7日間・30日間・180日間に分けられます。

ただ、ノーローンの「なんどでも1週間無利息キャッシング」は、使い方が特殊なので、比較の対象にはならないでしょう。

ここでは多くのカードローン業者が取り入れている「30日間無利息サービス」と、レイクALSAの独自サービスである「借入額のうち5万円が180日間無利息」で、実際にいくら利息を節約できるのかを見ていきます。

借入額別 30日間金利0円でどのくらい利息を節約できる?

借入額 利息 30日間無利息
5万円 739円 0円
10万円 1,479円 0円
20万円 2,958円 0円
30万円 4,438円 0円
40万円 5,917円 0円
50万円 7,397円 0円

※金利18.0%で試算しています

例えば10万円を30日間借りた場合の利息は1,479円なので、無利息サービスがない場合は101,479円の返済が必要になりますが、無利息期間中なら元金の10万円だけの返済でOKということになります。

レイクALSAの180日間無利息サービスは、借入額のうち5万円までが180日間無利息対象になるので、「最大4,438円」が無利息で借りられる金額になります。

借入額 180日間の利息の合計 180日間無利息適用後の利息
5万円 4,438円 0円
10万円 8,876円 4,438円
20万円 17,753円 13,315円
30万円 26,630円 22,192円
40万円 35,506円 31,068円
50万円 44,383円 39,945円

※180日間無利息サービスは借入額のうち5万円を対象として試算しています
※180日間無利息適用後の利息は「180日間の利息の合計 − 4,438円」で試算

30日間無利息サービスと5万円まで180日間無利息サービスで、10万円を200日間借りた場合にどちらがお得になるのかを計算してみましょう。

●利息の計算式
借入額 × 金利 × 借り入れ日数 ÷ 365日 = 利息

・金利18.0%で10万円を200日借りた場合の利息
18.0% × 10万円 × 200日÷ 365日 = 9,863円

200日分の利息は9,863円なので、ここから無利息分として節約できる金額を差し引きます。

・30日間無利息の場合
9,863円 − 1,479円 = 8,384円

・5万円まで180日間無利息の場合
9,863円 − 4,438円 = 5,425円

実際の金額は毎月の返済額によって変わってくるのですが、10万円を200日間借りる場合は、「5万円まで180日間無利息」を選択した方が利息の節約になることがわかりました!

借入金額や借入期間によってどっちの金利0円サービスがお得なのか?違ってきますが、以下から簡単にシミュレーションすることができますので、お気軽に利用してみてくださいね。

低金利なカードローンとどちらがお得?

銀行カードローンなら消費者金融よりもそもそも低金利でお金を借りられます。

例えば「りそな銀行カードローン」なら上限金利が12.475%なので、消費者金融の18.0%と比べると常に金利が低いですよね。

ただし、無利息サービスを行なっている銀行カードローンはほぼないため、お金を1日借りただけでも利息が発生することになります。

無利息サービスがない「りそな銀行カードローン」の金利と消費者金融の無利息サービス適用時でどちらがお得になるのかを比べてみましょう!

●金利12.475%で10万円を200日間借りた場合の利息は?
12.475% × 10万円 × 200日÷ 365日 = 6,834円

同じ条件の場合、30日間無利息サービス適用時の利息は8,384円、5万円まで180日間無利息の場合は5,425円になるので、もっともお得な借り入れができるのはレイクALSAの「5万円まで180日間無利息」ということになります。

その次がりそな銀行カードローン(金利12.475%)、最後が30日間無利息サービスですね!

どちらでお金を借りる方がお得になるのかは、借入額と毎月の返済額などによって変わるのですが、圧倒的低金利な「りそな銀行カードローン」よりも安く借りられるなんて、金利0円(無利息)サービスは本当に侮れないです!!

レイクALSAの金利0円(無利息)サービスの詳細・申し込みは以下から行うことができます。

まとめ:無利息(金利0円)サービスはカードローン業者選びの重要項目!

事情があってお金を借りないといけないなら、少しでも利息を抑えられるところで借りたいというのが本音ですよね。

無利息(金利0円)サービスにはデメリットがありませんし、実際に金利0円でお金を借りることができるので、むしろメリットが大きいサービスになります。

時と場合によるのですが、10万円までの借り入れを半年以上かけて返済するなら、もっともお得な無利息サービスはレイクALSAの「5万円まで180日間無利息」になります。

借入額が20万円以上の場合、または10万円以下だけど3ヶ月間などごく短期間で完済できるなら「30日間無利息サービス」の方が金利の節約になります。

どうしてもお金を借りないといけない・・・という状況になったときでも利息を節約できる借入方法があることをぜひ覚えておいてくださいね!

PAGETOP