ポケットカードのカードローン「Fマネーカード」の借入・返済方法や審査申込方法

Fマネーカードは信販会社のポケットカードが運営するカードローンです。

ポケットカードのカードローンということで、借入先としても非常に安心できますし、「30日間無利息サービス」「最長180日間金利4.4%サービス」という非常に大きなキャンペーンを行なっているので、Fマネーカードはとってもお得なんですよ!

ポケットカードのカードローンは、専用ローンカードが発行されるので、全国のATMからお金を借りることもできますし、インターネットで振込キャッシングを利用することもできます。

本記事ではポケットカードのカードローン「Fマネーカード」の審査申込方法・借入・返済方法・限度額など基本的なところと、金利優遇キャンペーンについても詳しくご紹介しています。

「消費者金融からの借入には不安がある・・・」という方もぜひポケットカードのFマネーカードに注目してみてください。


もくじ

ポケットカード「Fマネーカード」ってどんなカードローン?

利用対象者 20歳以上の安定した収入がある方
※学生は不可
限度額 最高500万円
金利 4.4%~17.8%
借り方 ATM、インターネット・電話からの口座振込
返し方 ・約定返済…口座引き落とし
・追加返済…ATM、口座振込
返済期間 1ヶ月~58ヶ月・1回~58回
担保・連帯保証人 不要
遅延損害金 19.94%
無利息サービス ・30日間無利息サービスあり
・最長180日間金利4.4%キャンペーンあり
公式サイト こちら
キャンペーン こちら

 

Fマネーカードの発行会社はポケットカード株式会社になります。

ポケットカードは聞いたことがなくてもクレジットカードのファミマTカードをご存知の方は多いと思います。このクレジットカードを発行しているのが、ポケットカードになります。

Fマネーカードは、大手信販会社のカードローンなので、非常に安心ですし利便性も抜群です。

ポケットカード「Fマネーカード」の利用対象者は?

ポケットカード「Fマネーカード」に申し込みができるのは20歳以上の安定した収入がある方になります。

ただし、Fマネーカードは成人していても学生は申込不可で、本人に収入がない専業主婦の方なども申し込むことができません。

ポケットカード「Fマネーカード」の限度額と金利は?

ポケットカード「Fマネーカード」の限度額は総量規制に基づいて、年収の3分の1の範囲で決められることになり、金利は限度額によってあらかじめ決まっています。

●Fマネーカードの金利は?

利用可能枠 融資利率(実質年率)
~500万円 4.4%
~400万円 5.8%
~300万円 7.8%
~200万円 11.8%
~100万円 13.8%
~50万円 15.8%
~30万円 17.8%

 
ポケットカード「Fマネーカード」の上限金利は17.8%なので、大手消費者金融と比べると若干低い設定になっています。

<参考>大手消費者金融の金利と限度額

アイフル 3.0%~18.0% 800万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 500万円

 

ポケットカード「Fマネーカード」には30日間無利息サービスがある!

Fマネーカードには30日間無利息サービスがあり、初めてキャッシングをした日から30日間が利息0円になります。

例えば7/1にFマネーカードで初回借り入れをした場合、7/30日までの借り入れ分は利息がつかないことになるので、この期間に完済すれば利息0円で利用することができるんです。

30日以内であれば追加融資を受けた分も利息がつきませんし、この期間に返済した分は全て元金の返済に充てられることになります。

⇒一時的にお金を借りたい!金利0円(無利息)当日借入OK融資先

無利息サービスは安全に使える?

無利息(金利0円)サービスは期間中であれば全く利息がかからないサービスです。

でも、そんなことしてポケットカードにどんなメリットがあるの?後から利息を請求されることはないの?と気になることもあると思います。

無利息サービスは、カードローン新規入会者を増やし、囲い込みを行う目的で行われています。

宣伝効果もありますし、「うちにはこんなサービスがありますよ!」と広く知ってもらうことでカードローンの利用者を増やして利益を出すために行われているんです。

無利息(金利0円)サービスに利用者のデメリットは全くありません。30日間利息がつかないことから、メリットはたくさんありますがデメリットはゼロと言っても良いので、安心して利用してください。

ポケットカード「Fマネーカード」には金利優遇キャンペーンがある!

ポケットカード「Fマネーカード」のキャンペーンページから申し込みをすると、カード新規発行日から180日以内は一律金利4.4%で利用できます。

この180日以内であれば追加融資を受けた分も4.4%になりますので、非常に有利な金利で借り入れができることになります。

●金利4.4%ってお得なの?
はっきり言ってお得です!本来であれば金利4.4%で借り入れができるのは、限度額が401万円~500万円の範囲の人なんです。

そして、カードローンの限度額は年収の3分の1以下と決められているので、最低でも年収1,200万円~1,500万円必要になります。

これだけでもFマネーカードのキャンペーン金利はお得ということがお分りいただけるのではないでしょうか。

●30日間無利息サービスはどうなるの?
30日間無利息サービスが適用される方は、無利息サービスの後に改めて180日間の金利4.4%サービスが始まることになりますので、最長210日間がサービス期間となります。

●どれくらいお得になるの?
例えば、金利17.8%で10万円を180日間借りた場合、利息の合計は8,778円ですが、4.4%で借りた場合は2,169円なので、6,609円もお得になります。

Fマネーカードのキャンペーンなら、この180日金利4.4%サービスも安全に利用できるもので、利用者のデメリットはなく、むしろエントリーしないと損ですよ!

重要!必ずキャンペーンページから申し込みをしてください!

30日間無利息サービスは、Fマネーカードを初めて利用する人みんなに適用されるのですが、この180日金利4.4%サービスは、キャンペーンページから申し込みをした人だけが適用されることになります。

⇒Fマネーカードのキャンペーンページはこちら

30日間無利息サービス・180日金利4.4%サービスの注意点

30日間無利息サービス・180日金利4.4%サービスにはデメリットはないのですが、利用する上でちょっと気をつけたいことがあります。

●支払い方法はキャッシングリボ払いにすること(180日金利4.4%サービスのみ)
ポケットカード「Fマネーカード」の支払い方法は、「一括払い」と「キャッシングリボ払い」があるのですが、一括払いを選択するとキャンペーン対象外になってしまいますので、必ずキャッシングリボ払いで返済を行いましょう。

なお、Fマネーカードの場合、リボ払いを選択してもいつでも追加返済ができますので、お財布に余裕があるときにはどんどん追加で返済しましょう。

●返済は必ず行いましょう
Fマネーカードの30日間無利息サービス期間・180日金利4.4%サービス期間は、返済が不要になるものではありません。

勘違いして返済を怠ってしまうと延滞扱いとなってしまい、サービスはそこで終了して遅延損害金も発生してしまいますので、サービス期間中も、ポケットカードへの返済は必ず行ってくださいね。

ポケットカード「Fマネーカード」の審査は厳しい?甘い?

Fマネーカードの発行会社は信販会社のポケットカードになるので、審査はアコムなどの大手消費者金融とは少し違った基準で行われることになります。

消費者金融はお金を貸すことを主な業務としているので、すでに他社から借り入れがあるような場合でも返済能力があり基準を満たしていれば、返済可能な範囲でお金を貸す傾向にあります。

ポケットカードのような信販会社は、お金を貸すだけでなくクレジットカードの発行や銀行カードローンの保証業務なども行っているため、そもそも消費者金融よりも審査基準が厳しくなっているんです。

ポケットカードの審査は、他社と比べて特別厳しいというわけではないのですが、信販会社としてそもそも慎重な審査が行われると考えておきましょう。

ファミマTカードを持っていると有利になるって本当?

ポケットカードが発行しているクレジットカードのファミマTカードを持っていると、Fマネーカード審査が有利になると口コミで言われていますが、これは必ずしも有利になるとは限りません。

●延滞していたら不利になる
当然ですが、ファミマTカードの支払いを延滞していると返済能力に難ありということになり、ポケットカードの審査は厳しくなってしまいます。

●キャッシングを利用しすぎている
ファミマTカードのキャッシング機能で満額までお金を借りているなど、キャッシング機能を使いすぎてしまうと「この人は、キャッシング枠も利用しているのにFマネーカードも必要ということは、よほどお金に困っているのでは?」と思われてしまいます。

ファミマTカードの使い方によっては審査が有利になることもある

ファミマTカードに限らず、お手持ちのクレジットカードを綺麗に使い続けることは良いクレヒスを積むことになります。

良いクレヒスはカードローン審査に良い影響を与えるという意味では、ファミマTカードで審査が有利になることもあるでしょう。

カードローンの審査では、信用情報機関に照会をかけて現在のクレジットカード利用状況、カードローン利用状況など、お金の流れを必ずチェックします。

Fマネーカードであれば、自社内でファミマTカード利用状況もわかることになります。

このチェックの際にファミマTカードを適度に利用していて、毎月延滞せずに支払いを行っていることがわかれば、Fマネーカードの審査にも有利に働くわけです。

ポケットカード「Fマネーカード」の審査申し込み方法

180日金利4.4%サービスを実現するために、Fマネーカードの申し込みはインターネットのキャンペーンページから行いましょう!

Fマネーカードのネット申し込みの流れ

1. Fマネーカード公式サイトから申し込みをする!
Fマネーカードの審査申し込みの際に、運転免許証または運転経歴証明書をお持ちの方は番号を入力することになりますので、手元に用意しておくと良いでしょう。

2.ポケットカードの審査
ポケットカードの審査では在籍確認も行われることになります。

3.必要書類の提出(郵送)
ポケットカードから封書による案内が郵送されてきます。返信用封筒が入っているので、本人確認書類と収入証明書のコピーを返送してください。

4.ローンカードの郵送・口座振替登録
Fマネーカードの審査結果が出たら、ローンカードと口座振替依頼書が一緒に郵送されるので、記入してポケットカードに返送してください。

ポケットカード「Fマネーカード」は即日融資に対応していない

Fマネーカードの申し込みでは、郵送でのやり取りが発生します。

また、Fマネーカードの場合、ローンカードも必ず郵送で受け取ることになるので、即日融資を受けることはできません。

申し込みから審査結果がでるまでの期間も「翌日には審査結果をもらえた」という人もいれば「ファミマTカードユーザーだけど、審査結果が出るまでに1週間かかった」という人もいて、Fマネーカードの審査時間は申し込み状況などによって大きく変わるようです。

長い場合だと「ローンカードが届くまでに1ヶ月かかった」という方もいらっしゃいました。

もともとも信販会社のカードローンは、消費者金融と比べると融資までのスピードが劣ります。(大手消費者金融なら即日融資も可能)

ポケットカード「Fマネーカード」の場合、融資スピードにはあまり期待しない方が良いかもしれませんね。

急いでお金を借りたい方、即日融資を希望する方はお金を借りる即日融資ガイド110番トップページをご覧になり、貸金業者をピックアップしてみてください。

ポケットカード「Fマネーカード」の申し込みに必要な書類

Fマネーカードでは、本人確認書類と収入証明書の両方が必要になります。

必要書類は、郵送でポケットカードに提出することになるので間違ってしまうと再提出になる可能性もあり、初回融資までにさらに時間がかかることになりますので、間違いのないように用意しておきましょう。

本人確認書類

【運転免許証または運転経歴証明書がある方】
・運転免許証または運転経歴証明書のコピー
※住所変更している方は表と裏のコピーを用意してください。
※運転免許証または運転経歴証明書がある方は、必ずそのコピーを提出してください。他の本人確認書類を利用することは避けましょう。

【運転免許証または運転経歴証明書がない方】
・各種健康保険証のコピー(本人様の名前・現住所・生年月日の面)
・パスポートのコピー(写真・住所のページ)
・特別永住者証明書または在留カードのコピー
・住民票の写し ※発行日から6ヵ月以内の原本のコピー
・住民基本台帳カード(写真付き)のコピー(名前・現住所・生年月日の面)
※いずれも有効期限内または現在有効なもので、申込書の記入内容と同じ氏名、生年月日、住所の3項目が記載されているものに限ります。

収入証明書

●正社員・公務員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトの方
・源泉徴収票
・給与明細書 … 直近の連続2ヶ月分
・課税証明書(所得証明書)
・納税通知書 … 毎年6月頃に送付されるものです
●自営業・個人事業主の方
・確定申告書
・支払調書
・課税証明書(所得証明書)
・納税通知書(収入額の記載があるもの)
●年金受給者の方
・年金証書
・年金通知書
・課税証明書(所得証明書)
・納税通知書(収入額の記載があるもの)

ポケットカードは審査時に在籍確認を行う?

Fマネーカードの審査では、在籍確認も必ず行われることになります。

在籍確認方法は勤務先への電話になり、ポケットカードの社名は出さずに、審査担当者の個人名で会社やバイト先などに電話がかかってくることになるので、対応しましょう。

もし自分が出ることができない場合でも、電話を取った人が「○○(申込者)は本日お休みをしております」などと伝えてくれるだけで大丈夫。

これで在籍を確認できるので、改めて電話がかかってくることもありません。

ポケットカード「Fマネーカード」でお金を借りる方法

Fマネーカードでお金を借りる方法は「ATM」と「口座振込」の2種類です。

ATMからお金を借りる

●利用可能なATM
・コンビニATM:ファミリーマートなどのE-net、セブン銀行、ローソン銀行
・ゆうちょ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・三井住友銀行ATM
・みずほ銀行ATM
・三菱UFJ銀行ATM
・地方銀行、信用金庫などの提携ATM

●ATM利用手数料は?

キャッシング利用金額 手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

 
現金を借りたいときにはATMが便利なのですが、Fマネーカードの場合、借り入れ・返済のたびにATM手数料がかかってしまいます。

次にご紹介する口座振込なら24時間いつでも手数料無料でお金を借りられますよ。

口座振込でお金を借りる

借り入れ申し込み方法は、インターネットまたは電話になり、どちらも1万円以上1万円単位での借り入れになります。

インターネットで振込依頼をする

Fマネーカードの場合、「会員専用ネットサービス」に登録をしておくと、スマホ・パソコンを使ってインターネットから借り入れ依頼ができます。

●インターネット借り入れ方法
1.振込口座を指定する
2.希望金額を指定する
3.平日9:00~15:00に振込依頼をすれば即時振込をしてもらえる!

●振込手数料は?
Fマネーカードの場合、24時間いつでも無料です。

●振込口座は?
Fマネーカード返済用口座に振り込まれます。

●振込依頼時間と振込日時

お申込完了時間 振込み日時
金融機関営業日(平日) 0:00~8:59 当日9:00以降
9:00~15:00 当日(即時)
15:01~23:59 翌営業日9:00以降
金融機関休業日(土・日・祝日) 0:00~23:59 翌営業日9:00以降

 

電話で振込依頼をする

●振込依頼電話番号
ポケットカードお客さまセンター
携帯から:0570-064-373
携帯電話以外から:0120-12-9255
※営業時間9:00~18:00(年始休業)
●電話振込依頼の流れ
1.電話申し込みをする
2.案内に従って「4」をプッシュします。
3.案内に従って「2」をプッシュします。(オペレーターに繋がります)
4.翌営業日に振込が行われます

●振込手数料は?
24時間いつでも無料です。

●振込口座は?
Fマネーカード返済用口座に振り込まれます。

ポケットカード「Fマネーカード」の返済方法

Fマネーカードの約定返済は口座引き落とし(口座振替)で行うことになります。

●Fマネーカードの返済日は?
毎月1日(銀行休業日は翌営業日)
毎月月末締めの翌々月1日払いになります。

●Fマネーカードの返済金額は?
毎月の返済金額は、締め日の借り入れ残高によって以下のように決まっています。

締切日残高 弁済金(月々の支払い額)
~150,000円 6,000円
150,001円~200,000円 8,000円
200,001円~600,000円 15,000円
600,001円~800,000円 20,000円
800,001円~1,000,000円 25,000円
1,000,001円~1,500,000円 35,000円
1,500,001円~2,000,000円 50,000円
2,000,001円~2,500,000円 55,000円
2,500,001円~3,000,000円 65,000円
3,000,001円~3,500,000円 70,000円
3,500,001円~4,000,000円 80,000円
4,000,001円~4,500,000円 90,000円
4,500,001円~5,000,000円 100,000円

 
Fマネーカードの場合、借入額が15万円未満なら、毎月6,000円が口座から引き落とされることになります。

毎月自分で返済する必要がないので手間はかからないので、便利ですが、少し気になることもありますので次にご紹介します。

約定返済に任せていると借り入れ期間が長くなる

Fマネーカードの締め日は毎月月末、支払日は翌々月の1日になります。

仮に4月1日にお金を借りた場合、返済日は5月1日ではなく6月1日です。

この「最長2ヶ月後から返済が始まる」という仕組みを、「支払いが柔軟」だとメリットとして紹介されていることもあるのですが、リスクもあることをぜひ知っておいてください。

利息は日割りでついていくものなので、借り入れ期間が1日長くなるだけで増えてしまいます。

プロミスの返済例と比較してみましょう。

<参考>プロミスの初回返済期日

返済期日 借入日 初回返済期日
毎月5日 1日~19日 借入日の翌月の返済期日
20日~末日 借入日の翌々月の返済期日
毎月15日 1日~末日 借入日の翌月の返済期日
毎月25日 1日~9日 借入日の同月の返済期日
10日~末日 借入日の翌月の返済期日
毎月末日 1日~14日 借入日の同月の返済期日
15日~末日 借入日の翌月の返済期日

 
返済日の設定にもよるのですが、例えば毎月5日を返済日に指定している人が3月1日にお金を借りた場合、初回は翌月5日に返済することになります。

借入額が10万円の場合、Fマネーカードの約定返済額は6,000円になります。

4月1日に借りた場合の初回返済日は6月1日で、この日の返済額は6,000円なのですが、そのうち3,023円は利息として支払うことになり元金の返済は2,977円しか行われないことになります。

プロミスで同じ条件で返済した場合、返済額6,000円のうち利息は1,483円なので、元金は4,517円返済できることになります。

最終的に支払う利息も、プロミスの方が2,100円程度安くなります。

金利も返済額も同じでも返済日の違いで利息が変わってくることになるので、可能な場合はお給料日の翌日に繰り上げ返済を利用するなど、なるべく早く返済をスタートすることをおすすめします。

30日間無利息期間も有効利用して!

Fマネーカードの場合、借り入れから30日以内に初回返済日を迎えることはありません。

返済しなくても30日間は無利息になるので、仮に60日後に返済をする場合は30日分の利息を払えば良いことになりメリットがあるのはまちがいありません。

しかし、絶対に忘れてはいけないのが、無利息期間中に返済した分は全て元金の返済に充てられるということ。

10万円借りた30日後に1万円を返済したとします。

金利17.8%の利息を払うならこのうち約1,500円が利息になるので、元金は8,500円返済できることになります。

無利息期間に返済すれば1万円全てが元金の返済になるので、その後の返済負担が軽くなりますし合計利息を減らすことにも繋がります。

利息がつかない借り入れができることもとても大きなメリットなのですが、返済額が全て元金の返済になることもぜひ覚えておいてくださいね。

ポケットカード「Fマネーカード」のまとめ

ポケットカードのカードローン「Fマネーカード」は金利も低めで、借り入れ方法も豊富、返済は口座引き落としなので手間もかかりません。

Fマネーカードは使いやすいカードローンであることは間違いないのですが、向いている人と向いていない人がいます。

Fマネーカードが向いている人

・ATMからの借入だけでなくインターネットキャッシングを利用したい人
Fマネーカードならインターネットキャッシングを利用すれば、手数料無料でいつも使っている口座にお金を振り込んでもらうことができます。契約後なら即日融資も可能なので、ぜひ使いこなしてください!

・短期間で完済できる人
Fマネーカードの場合、30日以内に完済できれば利息はゼロ円ですし、180日の金利4.4%サービス(キャンペーン)を併用できればそれ以降も圧倒的低金利で借り入れ・返済ができます。

・借り入れ期間が長くなりそうな人
なぜ?という感じかもしれませんが、30日間無利息サービスと180日の金利4.4%サービスがあれば最長210日もお得な期間が続きます。最大手の消費者金融と比べてもFマネーカードなら非常に満足度が高い借り入れになるでしょう。

・返済に手間をかけたくない人
Fマネーカードの返済は口座引き落としで行われますので、残高不足にさえ気を付けておけば延滞することがありません。お給料が振り込まれる口座をFマネーカードの返済用口座に指定しておけば返済の手間が全くかからないことになります。

・とにかく便利なカードローンが良い!という方
インターネットで振込キャッシングができたり、会員ページが用意されていて借り入れ残高や返済を管理できるのは、ポケットカードのような大手信販会社だからできることです。
大手消費者金融も対応していますが、少し規模が小さくなると会員ページが用意されておらず、返済金額の確認のために電話をかけないといけないとか、返済は必ず口座振込となるケースも全く珍しくないんです。

便利なカードローンが良いという方は、Fマネーカードのような信頼のおけるカードローンを選んだ方が満足度が高いと思います。

・消費者金融よりも信販会社が良いという方
消費者金融も信販会社も貸金業者という括りでは同じなのですが、信販会社の方が安心できるという人もいます。そういった方は、消費者金融から借りるよりもポケットカードのような信販会社から借りた方がストレスや不安も少ないでしょう。

・年金受給者の方
Fマネーカードは上限年齢が設定されておらず、年金受給者の方でも申し込み可能となっています。

Fマネーカードが向いていない人

・即日融資を希望する人、急いでいる人
Fマネーカードは、即日融資不可ですし、口コミでは申し込みから借り入れまでに1ヶ月かかったという声もあるくらいなので、スピード融資には向いていません。急いでお金を借りたい人は、Fマネーカード以外のカードローンを検討した方が良いでしょう。

・審査に自信がない人
Fマネーカードの審査は、信販会社の基準をもとにしたものになります。ごく普通に生活している人なら全く問題ないのですが、甘い審査ではないでしょう。

Fマネーカードはおすすめできる?

ポケットカード「Fマネーカード」はさすが信販会社のカードローンだけあって、「しっかりしている」という印象です。

Fマネーカードは利便性が非常に良く金利も低めで、無利息サービスと低金利サービスもあるので、幅広い方が満足できると思います。

ただし、ポケットカードの審査は慎重に進められることになるため甘くはないですし、即日融資にも対応していません。

審査にあまり自信がない方や急いお金を借りたい方は、Fマネーカードではなく、他のカードローンの方が合っていることになります。

デメリットなしで最長210日間もお得な借り入れができることは間違いないので、すでにファミマTカードを利用している人や、融資をあまり急いでいない人は、Fマネーカードの申し込みをしてみても良いと思いますよ。


 
 

この記事の監修者

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している実績があります。

PAGETOP