きらやか銀行「きらやかWebカードローン」「Do it 500」審査申込方法や返済方法を解説

きらやか銀行は山形県山形市を拠点とする地方銀行で、仙台銀行と経営統合しており「じもとホールディングス」を展開しています。

きらやか銀行のカードローン商品は「きらやかWebカードローン」「Do it 500」の2つになりますがどっちで借りた方がお得なのでしょうか?

本記事では、きらやか銀行「きらやかWebカードローン」「Do it 500」の比較や、審査申し込み方法や返済方法などの基本的や、きらやか銀行カードローンでお金を借りるメリット・デメリットなどを詳しく解説しています。


もくじ

きらやか銀行カードローンの商品概要

商品名 きらやかWebカードローン Do it 500
利用対象者 ・きらやか銀行に普通預金口座(総合口座)をお持ちの方。
・契約時年齢が満20歳以上満62歳未満の方で勤続6ヶ月以上の方。
・前年度年収が90万円以上の方。
・保証会社の保証が得られる方。
・山形県と宮城県にお住まいの個人のお客様。
・契約時年齢が満20歳以上65歳未満の方。
・安定した収入のある方。
・保証会社の保証が受けられる方。
資金使途 自由(ただし事業性資金は除く)
限度額 10万円、30万円、50万円、100万円、200万円のいずれか 10万円~500万円
金利 11.0%
※金利引き下げ優遇あり
4.8%~14.6%
借り方 ・ATM
・自動融資
ATM
返し方 ・約定返済…口座引き落とし
・追加返済…ATM
ATM
担保・連帯保証人 借り入れ条件によっては連帯保証人が1名必要な場合があります 不要
きらやか銀行の口座開設 必要 不要
きらやか銀行への来店 不要
保証会社 きらやかカード株式会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
リトライサービス あり なし

 

「きらやかWebカードローン」と「Do it 500」の違いは?

まずは「きらやかWebカードローン」と「Do it 500」の大きな特徴を見ていきましょう。

「きらやかWebカードローン」の特徴

きらやか銀行の口座開設が必須!

「きらやかWebカードローン」は口座が必須の銀行カードローンになので、まだ口座開設していない場合は、最初だけちょっと手間がかかることになります。

返済方法は口座引き落とし

きらやか銀行の口座開設が必須となるかわりに、きらやかWebカードローンの返済は口座引き落としになります(「Do it 500」はATM)。きらやかWebカードローンの場合、残高不足に気をつけておけば返済に手間がかからないので、延滞の防止にもつながります。

年収制限、勤続年数制限がある

「きらやかWebカードローン」の申し込みには、勤続6ヶ月以上・前年度年収90万円以上必要という条件があります。金額としてはそう大きな設定ではありませんが、専業主婦の方など本人に年収がない方はきらやかWebカードローンの申し込みは不可になります。

きらやかWebカードローンは金利引き下げ優遇がある

きらやかWebカードローンの場合、きらやか銀行との取引状況によって、最大2.0%の金利引き下げ優遇を受けることができます。

連帯保証人が必要になる場合がある

これは銀行カードローンとしては非常に珍しいのですが、きらやかWebカードローンの場合、借り入れ条件によっては連帯保証人が必要になる場合があります。

きらやかWebカードローンにはリトライサービスがある!

リトライサービスは、万が一「きらやかWebカードローン」審査に落ちてしまった場合に、自動的に別のカードローン(または証書貸付)に申し込みができるサービスで、再度申し込みをしなくても自動的に審査に進んでもらうことができますので、多重申し込みを防ぐことができます。

きらやか銀行カードローン「Do it 500」の特徴

Do it 500は山形県と宮城県にお住いの方限定のカードローン

現在のところ、「Do it 500」の申し込み対象地域は山形県と宮城県に限られています。

Do it 500は、きらやか銀行の口座不要で利用できる

「Do it 500」は、きらやか銀行の口座開設不要のカードローンです。ただし、Do it 500の場合、きらやか銀行口座を介さないため、借り入れ方法はATMのみ、返済方法もATMからの入金となり、口座振替(自動引き落とし)による返済はできません。

Do it 500は年金受給者・専業主婦・学生も申し込み可能

きらやか銀行カードローン「Do it 500」には年収制限がないので、専業主婦・年金受給者・学生の方も申し込みができます。

審査が甘いのはどっちのカードローン?

銀行カードローンなので、どちらも甘い審査は行われないのですが、どちらかというと「きらやかWebカードローン」の方が慎重な審査が行われることになるでしょう。

きらやかWebカードローンの方が金利が低い

銀行カードローンは、通常、利用条件が良いほど審査が厳しい傾向にあります。

まず、難易度の高い審査条件をクリアできる人は、返済能力が高い人ということになります。

こういった人には安心してお金を貸せるので、銀行側からすると「たくさんお金を借りてほしい優良顧客と」なるので高い限度額を設定するんです。

金利は限度額が高くなるほど下がるものなので、返済能力が高い人は自ずと有利な条件でお金を借りられるようになっているんです。

「きらやかWebカードローン」の金利は11.0%で、ここからさらに金利引き下げ優遇を受けることができますが、この金利設定は、全国の銀行カードローンと比較しても非常に低金利です。

きらやかWebカードローンのように、ここまで金利が低いカードローン商品ということは、審査もそう甘くはないことが予想できます。

きらやかWebカードローンには年収・勤続年数設定がある

きらやかWebカードローンの場合、勤続年数は6ヶ月以上、前年度税込み年収が90万円以上あれば申し込みができるので、そう難しい条件ではないのですが、年収制限がまったくないカードローンと比べると審査基準が高いことになるでしょう。

保証会社がきらやかカード株式会社

銀行カードローンには保証会社がついていることが多いのですが、「きらやかWebカードローン」の保証会社は「きらやかカード株式会社」になっています。

きらやかカード株式会社はきらやか銀行の子会社になるクレジットカード会社なので、銀行の関連会社になります。

関連会社が保証会社となる場合は、貸し倒れになってしまうと広範囲に影響することになるので審査も慎重になります。

一方、「Do it 500」の保証会社は「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」で、こちらは消費者金融のプロミスを展開する貸金業者です。

消費者金融だから審査が甘いということにはならないのですが、あまりにも審査を厳しくしてしまうと利用者が少なくなり、保証業務としての儲けがなくなりますし、銀行側からもクレームの対象になります。

そういった背景から、外部保証会社は「貸し倒れにならないギリギリのライン」で審査を行うことになるため、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のような会社が保証業務を行なっている場合は、審査が比較的柔軟になります。

おすすめはDo it 500?きらやかWebカードローン?

「審査に通ることがいちばん重要」という方におすすめなのは、「Do it 500」です。

「Do it 500」のメリットは、口座開設が不要なので手軽なところと、審査難易度が「きらやかWebカードローン」よりも低いこと。

逆に、この2つにそこまでメリットを感じないならば、「きらやかWebカードローン」が向いていることになります。

「きらやかWebカードローン」のメリットは、金利の低さと利便性の良さです。

審査難易度は「Do it 500」より上がりますが、カードローンとしてのスペックが高いのは「きらやかWebカードローン」なので、長く利用することを考えるとお金を借りやすく返しやすいのは間違いなく「きらやかWebカードローン」です。

また、「きらやかWebカードローン」にはリトライサービスがあるので、審査に落ちてしまっても次のチャンスがあります。

こういった違いがあることを頭に入れて、「きらやかWebカードローン」「Do it 500」の詳細を確認していきましょう!

きらやか銀行カードローンの利用対象者は?

きらやかWebカードローン ・きらやか銀行に普通預金口座(総合口座)をお持ちの方。
・契約時年齢が満20歳以上満62歳未満の方で勤続6ヶ月以上の方。
・前年度年収が90万円以上の方。
・保証会社の保証が得られる方。
Do it 500 ・山形県と宮城県にお住まいの個人のお客様。
・契約時年齢が満20歳以上65歳未満の方。
・安定した収入のある方。
・保証会社の保証が受けられる方。

 
「きらやかWebカードローン」の大きな条件は、
・勤続6ヶ月以上
・前年度年収が90万円以上

の2つになります。

「Do it 500」には特に難易度の高い条件はなく、専業主婦・学生・年金受給者の方も申し込み可能となっています。

パート・アルバイトでも「きらやかWebカードローン」に申し込める?

「きらやかWebカードローン」には、職業の指定はないので、パート・アルバイトでも、勤続6ヶ月以上かつ前年度年収90万円以上の方は、「きらやかWebカードローン」に申し込みすることができます。

きらやか銀行カードローンの限度額と金利

限度額と金利は、「きらやかWebカードローン」と「Do it 500」で大きく異なります。

「きらやかWebカードローン」の限度額と金利

きらやかWebカードローンの限度額は10万円、30万円、50万円、100万円、200万円のいずれかで設定されることになり、金利は11.0%固定です。

金利11.0%という設定は、数ある銀行カードローンの中でもとても低い方なんですよ。

山形県・宮城県から申し込み可能な主な銀行カードローンの金利と限度額

商品名 上限金利 限度額
銀行カードローン(メガバンク) 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 年1.8%~14.6% 10万円~500万円
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5% 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 10万円~800万円
りそな銀行プレミアムカードローン 年3.0%~13.5% 10万円~800万円
地方銀行カードローン 山形銀行カードローン(口座あり型) 年4.5%~14.6% 10万円~500万円
仙台銀行カードローン「スーパーカードローンエクセレント」 年3.5%~14.5% 10万円~500万円
七十七銀行「77カードローン」 年11.0% 10万円~300万円

 
七十七銀行「77カードローン」は金利11.0%となっていますが、申し込み条件が「きらやかWebカードローン」よりも厳しく、

・勤続年数が1年以上の方または営業年数3年以上の方
・前年の税込収入(自営業の方は申告所得)150万円以上の方

この2つをクリアしないといけないので、ハードルがグッと上がることになります。

「きらやかWebカードローン」には金利引き下げ優遇もある!

「きらやかWebカードローン」は、以下の条件に該当すると、金利引き下げ優遇を受けることができます。

●きらやかWebカードローンの金利引き下げ条件
・給与振込・年金振込ご契約の方
・財形預金取引のある方
・公共料金自振1件以上
・きらやかUC/きらやかJCBカード(クレジットカード)をお持ちの方
・個人ローン取引のある方(カードローン除く)
・定期預金取引のある方
・住宅ローン取引のある方

きらやかWebカードローンの場合、いずれか2項目に該当すると1.0%の引き下げ、3項目に該当すると2.0%の引き下げになります。

例えば、きらやか銀行をお給料受け取り口座に指定していて、定期預金を組んでいる場合は1.0%の引き下げになるので、10.0%でお金を借りられることになります。

さらに、きらやか銀行発行のクレジットカードを持っている場合は、3項目に該当して2.0%引き下げになるので、9.0%で借りられます。

「きらやかWebカードローン」は、金利面では非常に優秀な銀行カードローンと言って間違いありません。

「Do it 500」の限度額と金利

きらやか銀行「Do it 500」は、限度額によって金利が決まることになります。

契約極度額 借入利率(金利)
10万円以上90万円以下 年14.6%
100万円以上~190万円以下 年12.0%
200万円以上~290万円以下 年9.0%
300万円以上~390万円以下 年8.0%
400万円以上~490万円以下 年7.5%
500万円 年4.8%

 
きらやか銀行「Do it 500」の場合、限度額が90万円以下の場合は、必ず上限金利の14.6%が設定されることになり、100万円を超えると一気に12.0%まで下がりますが、それでも「きらやかWebカードローン」の11.0%には届きません。

「Do it 500」で設定されている「14.6%」という金利は銀行カードローンとしては標準の範囲内なので、決して高すぎるということはありませんが、金利面で大きなメリットのあるカードローンとは言えません。

きらやか銀行カードローンの審査申し込み方法

「きらやかWebカードローン」も「Do it 500」も、来店不要でインターネットからの申し込みが可能となっています。

「きらやかWebカードローン」の審査申し込みの流れ

「きらやかWebカードローン」に申し込みをするには事前にきらやか銀行口座を開設しておかないといけません。

まだきらやか銀行に口座開設していない場合は、

・最寄りのきらやか銀行に来店して開設する
・インターネット専用支店「ネットきらやかさくらんぼ支店」で開設する(山形県内に居住する満20歳以上の個人のみ開設可能)

などの方法で口座を作っておきましょう。

●「きらやかWebカードローン」インターネット申し込みの流れ
1.きらやか銀行公式サイトから申し込みをする[申し込み者]
2.きらやかWebカードローンの審査が行われる[きらやか銀行]
3.郵送で契約書類が送られてくる[きらやか銀行]
4.きらやかWebカードローンの契約書類に記入して返送する[申し込み者]
5.ローンカードとカードローン通帳が別便で郵送されてくる[きらやか銀行]
6.借り入れスタート[申し込み者]

●きらやかWebカードローンは電話申し込みも可能
きらやかWebカードローンに電話で申し込みをする場合は、営業時間内に以下のフリーダイヤルから手続きを行なってください。

電話番号 0120-220-735
営業時間 9:00~19:00
※土・日・祝日はお休み

「Do it 500」の審査申し込みの流れ

「Do it 500」の場合、インターネット申し込みは「仮審査申し込み手続き」と「さらっと仮審査申し込み手続き」の2つから選ぶことができます。

「仮審査申し込み手続き」は全ての項目をインターネットから入力して審査を受けることになります。

「さらっと仮審査申し込み手続き」は、氏名や連絡先など最低限必要な項目だけを入力して送信し、その後、きらやか銀行から電話がかかってくるので、残りの項目は電話で申告することになります。

文字入力が苦手な方や、不明点を相談しながら申し込みがしたい方は、「さらっと仮審査申し込み手続き」が合っていることになります。

また、「Do it 500」場合、最初から電話で申し込むこともできます。

●「Do it 500」電話申し込み先
電話番号 0120-2110-47
営業時間 8:00~20:00

なお、この番号は「Do it 500」申し込み専用電話番号になります。

「Do it 500」仮審査申し込み手続きの流れ

1. インターネットから申し込みをする[申し込み者]
2. 審査が行われる・審査結果の連絡[きらやか銀行]
3.Do it 500のローンカードと契約書の郵送[きらやか銀行]
4.契約書の記入・返送[申し込み者]
5.Do it 500の契約書類の確認・利用手続き[きらやか銀行]
6.借り入れスタート[申し込み者]

「Do it 500」さらっと仮審査申し込み手続きの流れ

1. きらやか銀行公式サイトから申し込みをする[申し込み者]
2. 電話連絡[きらやか銀行から申し込み者]
3. 審査・審査結果の連絡[きらやか銀行]
4.Do it 500のローンカードと契約書の郵送[きらやか銀行]
5.Do it 500の契約書の記入・返送[申し込み者]
6.契約書類の確認・利用手続き[きらやか銀行]
7.借り入れスタート[申し込み者]

Do it 500の場合、インターネットからの申し込みは、仮申し込みとなり、ローンカードは審査が終了した段階で送られてきますが、そのままでは利用することができません。

Do it 500の契約書類を利用者から「きらやか銀行」に返送して、確認を受けてから借り入れができるようになります。

きらやか銀行カードローンの融資までにかかる時間は?

「きらやかWebカードローン」は、申し込みをして審査・各手続きが完了してから1週間~2週間後にローンカードが手元に届くことになります。

「Do it 500」も郵送による手続きが必要なので、どちらも即日融資はできませんし、最低でも申し込みから1週間以上は時間がかかることになります。

現在は、どの銀行カードローンも即日融資を自主規制しているので、融資スピードは期待できないので、急いでお金を借りたい方はお金を借りる即日融資ガイド110番をご覧になり、即日融資可能な貸金業者を確認してください。

きらやか銀行カードローンの申し込みに必要な書類

きらやかWebカードローンとDo it 500の申込に必要な書類は以下になります。

きらやかWebカードローン 本人確認書類
所得証明書
Do it 500 本人確認書類
所得証明書(申し込み金額が60万円以上の場合のみ)

 

●本人確認書類
健康保険証
運転免許証
パスポート
など

●所得証明書
源泉徴収票
住民税決定通知書
給与明細書
納税証明書
所得証明書
確定申告書等
など

「きらやかWebカードローン」は限度額にかかわらず所得証明書の提出も必須になりますので、事前に用意しておくようにしましょう。

きらやか銀行カードローンは審査時に在籍確認を行う?

きらやか銀行公式サイトに「事業所、ご勤務先またはご自宅へ電話にてお申込み内容等の照会をさせていただく場合があります」との注意書きがありますので、在籍確認も行われると思っておいたほうが良いでしょう。

きらやか銀行からの在籍確認の電話は審査担当者の個人名でかかってくることになります。

●在籍確認の例

審査担当者:田中(仮)と申しますが、○○様(申し込み者)をお願いいたします。

申し込み者:私です。

審査担当者:○○△△様(フルネームの確認)でしょうか?

申し込み者:はい。

審査担当者:きらやか銀行カードローンの田中と申します。カードローン在籍確認でございます。こちらで確認を取ることができましたので審査を進めさせていただきます。

在籍確認は自分が電話に出ることができれば数秒で終わります。

もし在籍確認の電話に出ることができなくても、電話に出てくれた人が「○○(申し込み者)は、本日おやすみをいただいております」「ただいま外出中で不在です」などと回答してくれるだけで通過できます。

・自分が電話に出る
・電話に出た人がいつもどおりの回答をする

このいずれかで在籍確認はクリアできるので、あまり不安に思わずに堂々と対応しましょう!

きらやか銀行カードローンでお金を借りる方法

「きらやかWebカードローン」も「Do it 500」も、借入方法はATMからのキャッシングになります。

「きらやかWebカードローン」も「Do it 500」も専用のローンカードが発行されるので、そのカードを使ってATMからお金を借りることができます。

きらやか銀行カードローンが利用可能なATM

・きらやか銀行ATM
・定型金融機関ATM
・コンビニATM:セブン銀行ATM・ローソンATM・E-net
・イオン銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
など

なお、きらやか銀行ATMであれば、「平日9:00~18:00」は手数料無料で借り入れができます。

「きらやかWebカードローン」は自動融資も利用可能

自動融資は、「きらやかWebカードローン」返済用口座の普通預金口座に自動引き落としがかかったことで残高不足になってしまった場合に、不足分が自動的に融資されて残高不足による延滞を防いでくれる機能です。

例えば、残高が3万円の口座にクレジットカード代金の支払いとして5万円の引き落としがかかったとします。

通常なら残高不足により引き落とし失敗となり延滞してしまいますが、自動融資が設定されていれば不足分の2万円が自動的に融資されて引き落としが正常に行われます。

きらやかWebカードローンの自動融資は、いざという時に延滞を防げる便利な機能ではありますが、知らない間にお金を借りてしまう可能性もありますので、口座残高はいつも把握しておくようにしましょう。

きらやか銀行カードローンの返済方法

返済方法は、「きらやかWebカードローン」と「Do it 500」の非常に大きく異なる部分になります。

「きらやかWebカードローン」の返済は口座引き落とし

「きらやかWebカードローン」の返済は、毎月10日(銀行休業日は翌営業日)に、きらやか銀行口座からの自動引き落とし(口座振替)で行われるので、手間がかかりません。

きらやかWebカードローンの返済金額は?

きらやかWebカードローンの返済額は設定された限度額によって決まっています。

限度額 毎月の返済額
10万円 3,000円
30万円 5,000円
50万円 10,000円
100万円 20,000円
200万円 30,000円

 
例えば、限度額が30万円の場合、借入額に関係なく毎月10日に5,000円が引き落とされることになります。

きらやかWebカードローンは追加返済もできる?

きらやかWebカードローンの追加返済はATMから行います。きらやか銀行のATMなら手数料無料でいつでも返済できるので、お財布に余裕ができたときにはどんどん追加返済も行なっていきましょう。

「Do it 500」の返済はATM

「Do it 500」の返済はATMから行うことになり、きらやかWebカードローンのように口座振替は利用できないので、毎月必ず自分で入金することになります。

なお、「Do it 500」の返済日は、毎月15日(休日の場合は翌営業日)で、返済に利用できるATMは以下になります。

きらやか銀行ATM
山形銀行ATM
セブン銀行ATM
ゆうちょ銀行ATM

「Do it 500」の場合、きらやか銀行ATMなら手数料無料で返済できます。

返済のたびにATM利用手数料を支払うのはもったいないので、できるだけきらやか銀行ATMから「Do it 500」の返済をすると良いでしょう。

「Do it 500」の毎月の返済額は?

「Do it 500」の毎月の返済額は、返済日の前月末日の借り入れ残高によって返済額が決まります。

●「Do it 500」の約定返済額

前月末日の借入残高 約定返済額
1万円未満 前月末日借入残高(千円単位)
1万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 20,000円
100万円超~200万円以下 30,000円
200万円超~300万円以下 40,000円
300万円超~400万円以下 50,000円
400万円超~500万円以下 60,000円

 
例えば、4月30日に30万円の借り入れがある場合、5月15日に10,000円をATMから返済することになります。

なお、上記の表の金額は「Do it 500」の約定返済額となり「毎月、最低返済が必要な金額」になりますので、これ以上の金額を入金しても大丈夫です。

早期完済を目指すなら、どんどん「きらやか銀行」に追加返済していきましょう。

きらやか銀行カードローンのまとめ

きらやか銀行カードローンは「きらやかWebカードローン」も「Do it 500」も個性があるので、自分の生活スタイルや利用したい機能によって選びやすいのではないでしょうか。

きらやか銀行の2つのカードローンのメリットとデメリットをここでまとめますので、自分に合っている方を選んでみてください。

きらやかWebカードローン Do it 500
メリット ・きらやか銀行へ来店不要で申し込み可能
・金利が非常に低く、さらに金利引き下げサービスもある
・返済が口座引き落としなので手間いらずで延滞しにくい
・自動融資機能がある
・リトライサービスを受けられる
・約定返済額が3,000円~なので返済負担が軽い
・きらやか銀行の口座開設が不要
・きらやか銀行のへ来店が不要
・専業主婦、学生、年金受給者も申し込み可能
・「きらやかWebカードローン」よりも審査難易度が低い
デメリット ・きらやか銀行の口座開設が必須
・初回融資までに1週間以上かかる
・郵便物から家族バレの可能性もある
・金利が低くはない
・返済方法がATMになり、口座振替を選べない
・返済のたびに手数料がかかることがある
・郵送でのやり取りが必要で、初回融資までに時間がかかる
・郵便物から家族バレの可能性もある
・約定返済額が10,000円~なので、返済負担が大きい

 
専業主婦の方や、「きらやかWebカードローン」の申し込み条件となる年収90万円以上・勤続年数6ヶ月以上に該当しない場合は、「Do it 500」が良いと思いますが、基本的にそれ以外の方は「きらやかWebカードローン」に申し込みをした方が良いと思います。

その理由は、「きらやかWebカードローン」の方が全体的にハイスペックだからで、特に金利の低さは全国規模で比較しても非常に低金利です。

さらに、きらやかWebカードローンの金利引き下げ優遇の条件もあまり厳しくないので、若い人でも10.0%・9.0%で借りられるチャンスは大いにあります。

また、「Do it 500」と「きらやかWebカードローン」の毎月の返済額にも注目です。

「Do it 500」は最低でも毎月10,000円の返済が必要になるので、パート・アルバイトの方は審査に通ったとしても返済負担が徐々に重くなってくるのではないでしょうか。

「きらやかWebカードローン」は3,000円~の設定になっているので、「Do it 500」よりも返済しやすいでしょう。

気になるのは審査難易度だと思いますが、「きらやかWebカードローン」にはリトライサービスがあります。

きらやかWebカードローンの場合、万が一審査落ちしたとしても自動的に別のカードローン審査を受けられるので、多重申し込みを避けつつ借り入れのチャンスを待つことができるわけです。

「Do it 500」の関しては、審査難易度は「きらやかWebカードローン」より低いですが、銀行カードローンのひとつである以上ゆるい審査は行われないですし、1度審査落ちしたら、また別のカードローンを探すことになってしまいます。

ただ、「きらやかWebカードローン」は事前の口座開設が必要で、初回融資までにやや時間がかかるので、その点をクリアできない人も「Do it 500」の方が向いていることになります。

ご自分の優先度に合わせて「きらやかWebカードローン」か「Do it 500」を検討してみてください。

きらやか銀行カードローン以外のローン一覧

きらやか銀行には、カードローン以外のローン商品も豊富に用意されていますので、ここからは、目的ローンやフリーローンなどをご紹介します。

きらやかマイカーローン

利用対象者 以下全てに該当する個人
・申込時20歳以上65歳以下の方。
・前年の税込み年収90万円以上の方。
・勤務先又は居住地が取扱店の営業区域内にある方。
・勤続年数6ヶ月以上の給与所得のお客様、または3年以上同一事業を営む自営業の方。
・保証会社の保証が得られる方。
資金使途 ・自動車の購入資金
・カーナビ・ステレオなどの付帯設備費用
・自動車購入関連保険料
・税金の費用など
・自動車のメンテナンス費用
・他社マイカーローンの借り換え
など
限度額 10万円~500万円
金利 基準金利3.0%(変動金利)
※金利引き下げ優遇あり
返済期間 10年以内
返し方 毎月元利金均等返済
※融資金額の50%以内の6ヶ月毎増額返済(ボーナス返済)可能。
担保・連帯保証人 原則不要ですが、借り入れ状況によって連帯保証人が1名必要になる場合もあります。
保証会社 きらやかカード(株)
公式サイト こちら

 

きらやかマイカーローンは、車に関する資金使途に利用可能な融資で、事業用を除く新車、中古車を始め、バイク、モーターボート、スノーモービルなどの購入や諸費用に使うことができます。

きらやかマイカーローンの基準金利は3.0%なのですが、きらやか銀行との取引状況によっては1.9%まで下がることもあります。

例えば、きらやか銀行でお給料を受け取っている人は0.4%引き下げがあり、インターネットまたは電話で申し込みをするだけで0.1%の引き下げとなるので、これだけで0.5%マイナスの金利2.5%で借りられることになります。

きらやかブライダルローン

利用対象者 以下全てに該当する個人
・申込時満20歳以上65歳以下の方。
・前年度税込年収が200万円以上の方。
・給与所得のお客様は勤続2年以上、自営業のお客様は業暦3年以上。
・保証会社の保証が得られる方。
資金使途 1.結納資金
2.結婚披露宴資金
3.新婚旅行資金
など
限度額 10万円~300万円
金利 基準金利4.4%(固定金利)
※金利引き下げ優遇あり
返済期間 7年以内
返し方 毎月元利金均等返済
※融資金額の50%以内の6ヶ月毎増額返済(ボーナス返済)可能。
担保・連帯保証人 原則不要です。
※所得合算者は連帯保証人になります。
公式サイト こちら

 

きらやかブライダルローンは、結婚準備資金などに利用できるローンで、金利は固定金利4.4%ですが、きらやか銀行のポイントステージによって、0.3~0.5%の引き下げを受けられる場合もあります。

きらやかブライダルローンは、前年度年収が200万円以上必要で、資金使徒証明書も必要になりますが、「結婚資金がちょっと足りない・・・」というときや、「新婚旅行の費用を10万円だけ借りたい」など、借りるお金の使い道がブライダル関連と決まっている場合は低金利な借り入れができます。

きらやか教育ローン

利用対象者 以下全てに該当する個人
・申込時年齢が20歳以上65歳以下で完済時の年齢が70歳未満の方。
・原則、勤続年数6ヶ月以上の給与所得の方、または3年以上同一事業を営む自営業の方。
・原則、前年度税込年収が90万円以上の方。
・勤務先又は居住地が取扱店の営業区域内にある方。
・保証会社の保証が得られる方。
・団体信用生命保険に加入できる方。
資金使途 ・入学資金(入学金、授業料、学校納付金等)
・受験料、受験のために必要な費用
・在学資金(授業料、学校納付金)
・アパートの家賃(敷金、礼金、1年間の家賃)
限度額 10万円~500万円
※ただし医学系は2,000万円以内
金利 基準金利3.675%(変動金利)
※金利引き下げ優遇あり
返済期間 12年以内
※正規の就学期間+6ヶ月を元金据置期間にすることもできます
返し方 毎月元利金均等返済
※融資金額の50%以内の6ヶ月毎増額返済(ボーナス返済)可能。
担保・連帯保証人 ・300万円以内の場合は、原則不要です。
・300万円超の場合、連帯保証人が必要となります。
保証会社 きらやかカード(株)
公式サイト こちら

 

きらやか教育ローンの基準金利は3.675%ですが、きらやか銀行との取引状況によって最大2.4%まで下がることがあります。

また、きらやか教育ローンには「きらやかWebカードローン」と同じくリトライサービスが付いていますので、万が一審査に通過できなかった場合は、同じ内容で次にご紹介する「きらやか目的ローンぷらす」という別のローン審査を自動的に受けることができます。

きらやか目的ローンぷらす

利用対象者 ・借入時年齢が満20歳以上、最終返済時年齢が満75歳以下の方。
・継続した安定的な収入のある方。
※年金収入のみの方はご利用できません。
資金使途 【利用目的・支払い先が明確な資金】
マイカー購入資金、教育資金、リフォーム資金、家電購入資金、結婚資金など。
限度額 10万円~500万円
金利 3.6%、4.1%、5.0%のいずれか
※金利引き下げ優遇あり
返済期間 6ヶ月以上10年以内
※教育系資金として借りる場合は据置期間を設けることもできます。
返し方 毎月元利金均等返済
※融資金額の50%以内の6ヶ月毎増額返済(ボーナス返済)可能。
担保・連帯保証人 借り入れ条件によって、連帯保証人が1名必要になる場合もあります。
公式サイト こちら

 

きらやか目的ローンぷらすは、資金使徒が決まっているものに対して低金利な借り入れができるローンで、借りたお金は、支払い先に振込で支払うことになります。

なお、以下に該当する場合は「きらやか目的ローンぷらす」の金利が0.1%下がります。

1.きらやか銀行に本人、および同居の家族で給与振込をご指定している方
2.きらやか銀行に同居の家族を含め、年金振込を指定している方
3.きらやか銀行株主の方

きらやか銀行のフリーローン

きらやか銀行のフリーローンは「便利ローン」「御用立て君300」「ゆっくり君」と3種類用意されています。

便利ローン

利用対象者 ・申込時年齢が20歳以上65歳以下の方。
・勤続年数1年以上の給与所得の方、または2年以上同一事業を営む自営業の方。
・原則、前年度税込年収が150万円以上の方。
・勤務先又は居住地が取扱店の営業区域内にある方。
・保証会社の保証が得られる方。
資金使途 自由
※事業性資金を除く
※他社借り換えはOK
限度額 10万円~500万円
金利 4.5%、8.5%、14.0%
返済期間 10年以内
※ただし300万円以下の場合は7年以内(84回以内)
返し方 毎月元利金均等返済
※融資金額の50%以内の6ヶ月毎増額返済(ボーナス返済)可能。
担保・連帯保証人 原則不要ですが、借り入れ状況によって連帯保証人が1名必要になる場合もあります。
保証会社 きらやかカード(株)
公式サイト こちら

 

きらやか銀行「便利ローン」は、資金使徒自由なフリーローンで、他社ローンの借り換えにも利用可能、最長10年での返済が可能となっています。

きらやか銀行「便利ローン」の場合、インターネットからの申し込みなら金利が0.1%下がるのですが、低金利なフリーローンをお探しなら次の「御用立て君300」もぜひ検討してみてください。

御用立て君300

利用対象者 ・借入申込時の年齢が満20歳以上満76歳以下の方
・安定・継続収入のある方
・保証会社の保証が得られる方
資金使途 自由
限度額 10万円~300万円
金利 9.8%
※ただし、審査結果によっては14.5%の商品になる場合があります。
返済期間 7年以内(84回以内)
返し方 毎月5千円単位の定額返済方式
※ボーナス併用の返済はできません
担保・連帯保証人 不要
公式サイト こちら

 
御用立て君300は、担保・連帯保証人は不要、借りるお金の使い方も完全自由なフリーローンで、金利は9.8%の固定金利なので、「きらやかWebカードローン」よりも低金利!

フリーローンはまとまった金額を借りたいときにも向いているので、「お金の使い道を問われない低金利なローン」をお探しの方に「御用立て君300」は向いています。

きらやかフリーローン「ゆっくり君」

利用対象者 ・借入申込時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方
(完済時年齢は満75歳以下)
・安定・継続収入のある方
・保証会社の保証が得られる方
資金使途 自由
※ただし事業性資金はのぞく
限度額 10万円~500万円
金利 3.5%、年4.5%、年6.5%、年8.5%、年10.5%、年12.5%、年14.8%のいずれか
返済期間 15年以内(180回以内)
返し方 毎月元利金均等返済
※ボーナス返済利用不可
担保・連帯保証人 不要
公式サイト こちら

 

きらやかフリーローン「ゆっくり君」は、おまとめローン・借り換えローンに適したフリーローンで、返済期間が最長15年以内になっているので、かなり余裕を持った返済が可能となります。

<北海道・東北の地方銀行>


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP