在籍確認・郵送物ナシ!会社・家族にバレずに内緒でお金借りる方法

消費者金融などから内緒でお金を借りることを検討している人にとって、最大のネックとなるのが「在籍確認」「本人確認」の電話連絡、そして「郵便物」だと思います。

在籍確認というのは消費者金融や銀行カードローンなどの担当者が、あなたが申告した勤務先にあなたが本当に在籍しているか?電話連絡してチェックする作業のことです。

在籍確認の電話は、会社名ではなく、個人名で電話をしてくれるので、カードローンの利用がバレにくくなっていますが、絶対に会社に内緒にしておきたい方にとっては、心配でたまりません。

また、消費者金融や銀行から、契約書類やローンカード、利用明細が送られてきて、お金を借りたことが家族にバレるのではないだろうかと心配している方もいるのではないでしょうか?

家族や会社の同僚にカードローンの申し込みがバレる主な原因は以下です。

・本人確認の電話で家族にバレる
・在籍確認の電話で勤め先にバレる
・ローンカードや契約書類の郵便物で家族にバレる
・利用明細書の送付で家族にバレる
・財布の中身を見られてローンカードが見つかる
・返済を延滞して督促状が届く

ここでは、銀行や消費者金融からの在籍確認、電話連絡を避ける方法や、郵便物をナシにして、会社や家族にバレないように内緒でお金を借りるための方法を解説してきます。


もくじ

※SMBCモビットのWEB完結なら、会社への電話連絡なしでお金を借りることができます。

電話による在籍確認なしでお金を借りる方法

SMBCモビットのWEB完結申込なら「電話連絡なし」

消費者金融や銀行カードローンでお金借りる場合、基本的に電話による在籍確認が必須です。

消費者金融や銀行カードローンの場合、担保・保証人なしでお金を貸すわけですから、あなたの返済能力、信用力をしっかり審査しなくてはならないので、申告した勤務先に本当に在籍しているのか?確認するのはとても重要な作業になります。

在籍確認は、担当者が個人名で電話をして、本人が電話に出なくても、

担当者:○○さんいらっしゃいますか?
勤務先:「○○は席を外しています」「○○はお休みです」「○○は出張中です」

という受け答えでもOKなので、在籍確認を過度に心配する必要はありません。

しかし、会社に電話がかかってくること自体が不自然であったり、どうしても会社の同僚にお金を借りることを内緒にしたい方は、電話による在籍確認はどうしても避けたいと考えます。

そんな方におすすめなのがSMBCモビットです。

SMBCモビットのWEB完結なら「電話連絡なし」でお金を借りることが可能です。

しかし、SMBCモビットのWEB完結を利用する場合、以下の条件を満たす必要があります。

▼三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を保有していること。
▼全国健康保険協会発行の社会保険証、組合保険証を持っている(国民健康保険証は不可)

このように、はじめから「電話連絡なし」ですよ、と謳っているカードローン商品は、SMBCモビットのWEB完結申込だけといっても過言ではありません。

SMBCモビット以外で在籍確認の「電話連絡なし」にする方法

SMBCモビットのように「電話連絡なし」とは謳っていないですが、プロミスアコムのように、相談すれば、在籍確認を電話ではなく、給料明細や、会社が発行する保険証の提出で、電話を免除してくれる貸金業者もあります。

もちろん、すべての方が電話連絡をナシにしてくれるわけではありませんが、相談してみる価値はあると思います。

勤務先への電話確認は避けたいことを貸金業者に伝える

電話による在籍確認を避けたい場合には、申し込み後に、金融機関の担当者に「できれば勤務先には連絡がいかないようにしたいのですが…」とひとこと伝えておくのを忘れないようにしましょう。

勤務先への連絡を避けたい旨を伝えると「かしこまりました、それでは書面審査だけで問題ないか確認してみます」といった形でいったん電話を切ったのち、再度可否について連絡をしてくれます。

「会社に勤務していること」を信用してもらえればOK

借入希望額が、1万円や5万円など少額な場合は、書面だけで在籍確認を完了としてもらえるケースがあります。

その場合、提出するように求められる書類としては社会保険証のコピー(ネット経由の場合はスマホのカメラで撮影でもOK)、直近数ヶ月分の給与明細などが必要になります。

社会保険証や給与明細には勤務先の会社名が記載されていますので、事前に申告した勤続年数などに間違いがなければ、在籍確認完了としてもらえる可能性が高いです。

もちろん、手取りの年収や勤務開始時期などが正しくない場合には審査落ちとなってしまう可能性がありますので、ネット申し込みをするときには正しい情報を入力するように気をつけておきましょう。

勤め先がない専業主婦の在籍確認は?

消費者金融の場合は、貸金業法の「総量規制」で、本人に収入がないとお金を借りることができないので、専業主婦の申込は不可です。(配偶者貸付は除く)

専業主婦の方がカードローンでお金を借りるには、銀行が対象になるのですが、その場合は、基本的に勤め先がないので、在籍確認は行われません。

また、基本的に夫に電話連絡が行くこともありません(自宅や申込者の携帯電話につながるかどうかだけの確認となることが多いです)

専業主婦として生活ができているということは、夫が一定額以上の収入を得ていることが前提となるため、申込者本人に収入がなくてもお金を貸す側としても安心できるというわけですね。

ただし、専業主婦の方の申し込みの場合は借りられる金額は多くても30万円程度となってしまいますので注意しておきましょう。

派遣社員の在籍確認は派遣元?派遣先?

派遣社員の方でも、毎月一定額以上の収入がある方であれば、消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りることができます。

その場合、勤務先として派遣元の会社(派遣会社)と、実際に仕事をしている派遣先の会社のどちらで在籍確認をするかが問題となりますが、基本的には派遣元のになるでしょう。

派遣会社からお給料をもらっているわけですから、やはり、カードローン申し込み時の勤務先は、派遣元の情報を記入するようにしましょう。

もちろん、派遣元に在籍確認されても、あなたは電話を取ることができませんので、「○○は登録していますが、ここにはいません」という返答でも、在籍していることが確認できますのでOKです。

派遣社員がお金を借りる方法や、在籍確認について詳しくは以下をご覧ください。

どうしても在籍確認が必要になってしまった場合の対処法

借入希望額がが大きい場合や、書面だけでの在籍確認に対応していない金融機関の場合には、勤務先に電話がかかってくることになります。

できる限り時間と内線を指定する

在籍確認の電話はできれば自分で取るようにすれば職場の人にカードローンを使おうとしていることがバレる可能性は低くなります。

そのためにもできる限り金融機関の担当者に電話をする時間と内線番号などを指定しておくようにしましょう。

金融機関の担当者側も勤務先にカードローン会社の担当者から連絡が来ているということを知られたくないという事情は理解してくれていますので、出来る限り対応してくれますよ。

自動車を買おうと思ってるから電話あるかも

自動車をローンで購入することは決して珍しいことではありませんよね。

マイカーローンは利息が非常に安いため、お金にある程度余裕があるという人であっても借りるケースは多いです。

在籍確認の電話がかかって来る前に、職場の人に「今度車買おうと思っているから、マイカーローンの審査で職場に電話かかって来るかも」と一言伝えておくと、消費者金融などからお金を借りようとしているのはバレない可能性が高いでしょう。

クレジットカードを作ろうと思っているので…

同様の理由で、クレジットカードなどを新しく発行したいときにも勤務先に在籍確認がある場合があります。

同僚の人に、あらかじめ「クレジットカードを作る予定なので、在籍確認の電話がかかってくるかもしれない」と伝えておきましょう。

クレジットカードならイメージは悪くありませんし、消費者金融や銀行カードローンに申し込んだことを内緒にできるはずです。

カードローン審査時の本人確認は携帯電話を利用しよう!

在籍確認の電話も内緒でお金を借りるためには、何とかしなくてはならない課題ですが、カードローンの審査に申し込むと本人確認のための電話確認もあります。

本人確認の電話連絡では、カードローンの審査申し込み時に記入した電話番号にかけてきます。

固定電話または携帯電話の番号を記入しますが、家族に内緒でお金を借りたい人は自宅の固定電話の番号は記入しないようにしましょう。

携帯電話の番号を記入すれば本人確認の電話連絡は携帯電話にかかってくるため、家族にバレるリスクを減らすことができます。

一昔前は固定電話の有無がカードローンの審査に関係していると言われていましたが、近頃は固定電話を持たない方が多くなってきている為、ほぼ審査結果に関係なくなりました。

カードローンでお金を借りることを内緒にしたい方は、電話番号の登録を携帯電話にしておきましょう。

もちろん、SMBCモビットのWEB完結申込なら、本人確認の電話連絡もなしなので、安心です。

郵便物をナシにしてお金を借りる方法

カードローンの契約書類や利用明細、ローンカードなどの郵送物は、家族バレを引き起こす原因となります。カードローンでお金を借りることは「別に悪くない」ことですができっれば内緒にしておきたいですよね。

カードローンの契約書類や利用明細の送付時期

カードローンでお金を借りる場合には、ローンカードや契約書類の受取りが必要です。また、利用明細などの送付も郵送で行われます。

しかし、銀行や消費者金融によっては郵送物をカードローンと分かりにくくすることも可能ですし、、利用明細の送付のタイミングを知っておくことで家族バレのリスクを低くすることができます。

送付人の名前は「消費者金融名」ではない場合も

ローンカードや契約書類の送付には良く知られている消費者金融名ではなく、頭文字をとった○○センターという名称で送付してくれるなど、プライバシーを配慮してくれる貸金業者も多くあります。

例えば、アコムの場合はACサービスセンター、アイフルの場合はAIセンター、プロミスは事務センター、SMBCモビットはMCセンターとして郵送してくれます。

頭文字等なので、有名な消費者金融であっても、家族に気づかれるリスクは少なくなりますが、送付のタイミングは、契約から数日から数週間と幅があるため、予想がつきません。

ただし、ローンカードと契約書類のタイミングは同じことが多いため、このタイミングで家族バレを回避できればバレる恐れはグッと少なくなります。

銀行カードローンの場合は銀行名で来る

銀行カードローンの場合は、基本的に送付人は「銀行名」で郵送されてきます。

そのため、家族には「明細書が届いただけだ」「お知らせが来ただけだ」とでも伝えておけば良いのです。メインバンクでのカードローン申し込みをすれば、さらに信憑性が高くなり、家族バレのリスクは低くなるでしょう。

利用明細は使ったタイミングで

借り入れや返済などの情報が記載されたカードローンの利用明細は、基本的に使った時にのみ送られてきます。

ATMなどで借り入れや返済をした際に、その場で発行される明細書には記載できない情報を郵送で送ります。この利用明細は、カードローンを使わなければ送られることはありません。

注意したいのが、振り込みキャッシングを利用した場合です。振り込みキャッシングは簡単な操作でお金を借りれるサービスですが、この場合にも利用明細は発行されます。

督促状(催告状)のリスクを回避して

どんなに申し込み方法やWEBでの手続きに注意しても、どうしても届いてしまう郵送物が督促状(催告状)です。

これだけは、避けることができないものなので、返済の遅延・延滞は絶対に避けましょう。また、1日程度の遅れであっても発送の可能性はあります。

慌てて電話しても、会社によっては部署間の連携の問題によって発送されてしまうこともありますので返済が遅れそうなときは、余裕をもって事前に貸金業者に電話連絡してください。

郵送物をナシにしてお金を借りる方法は各消費者金融の「WEB完結」

大手消費者金融の「プロミス」「レイクALSA」「アイフル」「SMBCモビット」では、郵便物なし、カードなし(カードレス)で、お金を借りることができる「WEB完結申込」を提供しています。

先ほど、上でも解説しましたが、SMBCモビットのWEB完結は、さらに電話連絡がありませんので、内緒でお金を借りたい方に人気があるキャッシングサービスとなっています。

これらの「WEB完結」は、カードが発行されないので、お金を借りる方法は、基本的に振込キャッシングになりますが、セブン銀行と提携しているので、各消費者金融の公式スマホアプリをインストールすれば、カードなしで、セブンイレブンのATMからお金を借りることもできます。

各大手消費者金融のWEB完結申込みは、郵便物がないだけでなく、即日融資も可能なので、急いでお金を借りたい方にもおすすめです。

「WEB完結」以外で郵送物をナシにする方法

店舗・自動契約機でローンカード・契約書類を受け取る

消費者金融や銀行カードローンでお金を借りる手段は、ATMでキャッシングする方法と、振込キャッシングの2種類が基本です。

上記項目で紹介したWEB完結を利用した契約方法では、ローンカードの発行がないので振込キャッシングによる融資方法になります。(アプリを使えばセブン銀行ATMは使えます)

一方、専用ローンカードを利用して、提携ATMでお金を借りる場合は、郵送にせず、ローンカードの発行を店舗又は自動契約機で行いましょう。

方法は、「店舗・自動契約機」で審査に申し込みをしてローンカードを発行してもかまいませんし、審査をインターネットで済ました後に、ローンカードの発行だけを自動契約機で行う方法でも大丈夫です。

そうすることによって、自宅にローンカードが届くことは避けられます。また急いでATMでお金を借りたい方にもこの方法は向いています。

利用明細の郵送をナシにしてWEB明細にする

利用明細書のアリ・ナシを決めるのは、比較的簡単です。今では多くの貸金業者がWEB明細を導入しており、書類送付を減らしているという現状があります。

ネットからの申し込みなどで利用明細の郵送を止めて、WEB明細のみに替えられます。ただし、WEB明細の場合には不正使用などに気づきにくくなるため、きちんとチェックをすることが必要です。

内緒でお金を借りる方法「まとめ」

上記で解説してきたように、家族・勤務先になるべくバレないように配慮してお金を借りることはできます。

・カードローンの審査申し込み時には、固定電話ではなく携帯電話の番号を記入する
・自宅に郵送物なしのカードローン「WEB完結」でお金を借りる
・ローンカードが必要な場合は自動契約機で発行する
・WEB完結申込がない貸金業者の場合は「WEB明細」を設定する
・会社への電話連絡も避けたい方はSMBCモビットのWEB完結を利用する
・SMBCモビット以外でも相談すれば勤務先の電話連絡は避けられる場合もある
・返済の延滞・滞納をしないように注意する

今ではWEBでのやり取りが増えているため、郵送物を減らす・ナシにすることは可能ですが、手続きや使用方法を間違えると郵送物が届くリスクがあります。

また、自身でカードローンの利用を感づかせるような言動をしたり、ローンカードを財布の見えやすいところに入れたり、うっかり家族にバレてしまうような行動は避けるようにしてください。

PAGETOP