プロミスの金利は大手で1番低い!利息を減らす方法も解説

「消費者金融の金利は高い」と言われることが多いですが、実際低金利ではありません。

しかし、プロミスの金利は他の大手消費者金融と比べると低金利だって知ってましたか?

消費者金融 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%

 

ここでは、
・そもそも「金利」「利息」って何?
・プロミスの金利と実際に支払う利息の目安
・プロミスの利息を減らす方法
などをわかりやすく解説しています。

プロミスを効率良く利用できるようになると思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


もくじ

どうして「金利」が低い方が良いの?「金利」と「利息」の違い



↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

同じ金額を借りたとしても、金利が低い方が支払う利息が安くなるという仕組みはなんとなくわかると思いますが、そもそも「金利」や「利息」ってなんなのでしょうか?

「利息」は貸主に支払う対価

まずは利息について説明します。

利息は借りたお金の利用料金として、貸主に支払うお金のことで対価になります。

単位は「円」になり、プロミスなどのカードローンの場合は毎月支払う返済額の中に利息も含めて返済することになります。

例えば、プロミスで金利17.8%で10万円を借りたとします。

この場合の約定返済額は4,000円になるのですが、1回目の返済金額の内訳は、

元金:2,517円
利息;1,483円
合計:4,000円

になります。

この利息を算出する際に用いられるのが「金利」です。

「金利」は「利息」の割合

金利は、元金に対して支払う利息の割合を表します。単位は「%」になります。
カードローンの金利は必ず年率で計算されます。

カードローンの借り入れ条件を確認してみると、「実質年率」と書かれている項目があるのですが、これが金利になります。

プロミスに支払う利息は、金利を使って次のように計算されます。

利息 = 元金 × 金利(%) × 借り入れ日数 ÷ 365日

例)借り入れ金額が10万円で、金利が17.8%、借り入れ日数が30日の場合、

10万円 × 17.8% × 30日間 ÷ 365日 = 1,463円

利息の合計は1,463円になります。

※ちなみにプロミスには「30日間無利息サービス」があり、初めてプロミスでお金を借りる場合は、この30日分の利息を丸ごとカットすることも可能です。

詳しくは、後半でご紹介する「30日間無利息期間の上手な活用方法」に記載していますので確認してみてくださいね。

利息は返済シミュレーションで確認しよう

こちらの「10万円 × 17.8% × 30日間 ÷ 365日 = 1,463円」で算出された利息を正確にいうと、「金利17.8%で借りた10万円を30日後に返済した場合の合計利息」になります。

もちろんまとめて返済しても良いのですが、実際の返済は約定返済額を毎月1回返済する人の方が多いと思います。(追加返済・繰上げ返済・一括返済も可能です)

仮に金利17.8%で借りた10万円を約定返済額の4,000円だけで毎月1回返済する場合、返済回数は32回(2年8ヶ月)で利息の合計は25,864円になります。

金利は「実質年率」で表示されるのですが、利息は元金を借りている期間の日割りで計算されます。

計算式で期間分の利息の目安を出すのは困難ですので、プロミスの利息の合計や返済期間の目安が知りたい場合は、公式サイトにある返済シミュレーションを試してみることをおすすめします。

実際にお金を借りる前から返済期間もバッチリわかるので、返済計画を立てる時にも非常に役に立ちますよ。



↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

プロミスの金利を確認してみよう

ここでは、プロミスの金利について見ていきましょう。

プロミスの金利は「4.5%~17.8%」となっていて、かなり幅があります。

実際の金利は、審査によって決定される限度額の高さで決まることになります。

カードローン金利は上限が決まっている

カードローンの金利は「利息制限法」という法律によって上限が決まっています。

▼利息制限法による上限金利
・借入元金(限度額)10万円未満:上限金利は年20.0%まで
・借入元金(限度額)10万円~100万円未満:上限金利は年18.0%まで
・借入元金(限度額)100万円以上:上限金利は年15.0%まで

どのカードローンで借りたとしても限度額が10万円~100万円であれば、金利は必ず18.0%以下になります。

プロミスはどうかというと、最も高い金利は17.8%になっているので限度額がいくらに設定されたとしても17.8%を上回ることはありません。

最低金利の4.5%で借りられることってあるの??

プロミスの下限金利は4.5%ですが、実際に4.5%で借りられることってあるのでしょうか?

結論を言ってしまうと、残念ながら限りなく不可能です。

まず、カードローンの金利は限度額が高いほど金利は低くなるという関係性になっています。

そして多くの場合、プロミスの初回の限度額は10万円~30万円程度で、多い人でも50万円程度になるのが一般的です。

限度額が100万円を超える場合は金利は必ず15.0%以下になるのですが、10万円~30万円であれば上限金利の17.8%になる可能性が非常に高いのです。

ちなみに、プロミスの貸付上限額は500万円となっています。

もし限度額が500万円になったら金利は4.5%になるかと思いますが、カードローンの限度額は貸金業法の総量規制によって「年収の3分の1」に限られます。

限度額500万円にするには最低でも年収が1,500万円必要になりますので、あまり現実的ではありません。

この年収、限度額、金利の関係はどのカードローンで借りる場合も同じですので、覚えておくと良いですよ。

アコムやアイフルなど別のカードローンで借りる場合でも、非常に高い確率で最初は「限度額は最小限、金利は上限金利」で借りることになります。

プロミスの金利は17.8%になることが多い

プロミス審査に通過した人の口コミを読んでみると、限度額は10万円~30万円、高くても50万円という人が多いとお伝えしましたが、この限度額帯では、金利は17.8%に設定されるのが一般的です。

あらかじめ上限金利で借りることになると思っておけば「想像よりも利息が高い!」ということはなさそうですが、そもそもプロミスの金利は他の大手消費者金融と比べるとどうなのでしょうか?



↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

プロミスの金利は大手消費者金融で最も低金利

プロミスの金利と他の大手消費者金融の金利を比較してみましょう。

▼大手消費者金融の金利を比較

消費者金融 金利 限度額
プロミス 4.5%~17.8% 500万円まで
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 1万円~500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アイフル 3.0%~18.0% 1万円~800万円

 

プロミスの金利が唯一17.8%で、他の4社は18.0%担っていますね。

プロミスは、大手消費者金融5社の中でいちばん金利が低いんです。

「たった0.2%?」と思われるかもしれませんが、金利を0.2%下げるってかなり大変なことなんですよ。

少しでも金利が低い消費者金融をお探しなら、プロミスを選ぶと良いでしょう。



↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

プロミスの利息返済シミュレーション

「金利はなんとなくわかったけど、実際に支払う利息と返済期間をもっと知りたい!」と思う人もいるでしょう。

以下は、プロミスの最低返済額だけで完済した場合の返済期間と利息の合計です。

返済計画の目安にしてみてください。

借入額 最低返済額 返済回数・期間 合計返済額 うち利息
5万円 2,000円 32回・2年8ヶ月 62,923円 12,923円
10万円 4,000円 32回・2年8ヶ月 125,864円 25,864円
15万円 6,000円 32回・2年8ヶ月 188,810円 38,810円
20万円 8,000円 32回・2年8ヶ月 251,743円 51,743円
30万円 11,000円 36回・3年 387,289円 87,289円
40万円 11,000円 53回・4年5ヶ月 579,111円 179,111円
50万円 13,000円 58回・4年10ヶ月 746,160円 246,160円
60万円 16,000円 56回・4年8ヶ月 882,859円 282,859円
70万円 18,000円 59回・4年11ヶ月 1,051,341円 351,341円
80万円 21,000円 57回・4年9ヶ月 1,187,442円 387,442円
90万円 23,000円 59回・4年11ヶ月 1,356,640円 456,640円
100万円 26,000円 53回・4年5ヶ月 1,371,743円 371,743円
150万円 30,000円 79回・6年7ヶ月 2,368,611円 868,611円
200万円 40,000円 79回・6年7ヶ月 3,158,176円 1,158,176円

※5万円~90万円は金利17.8%、100万円~200万円は15.0%でシミュレーションしています。

プロミスの利息を減らす方法を解説

ここまではプロミスの「金利」について確認してきましたが、金利が高くても利息が安くなる方法があったら嬉しいと思いませんか?

正直なところ、プロミスの金利を下げるのは難しいのですが、支払う利息を減らす方法はあるんですよ。

ここではプロミスの利息を下げる3つの方法をご紹介します。

▼プロミスの利息を下げる3つの方法
1.30日間無利息期間を活用する
2.繰上げ返済を積極的に行う
3.「プロミスポイントサービス」を利用する

利息を下げる方法1:30日間無利息期間の上手な活用方法

プロミスを初めて利用する人は、「30日間無利息サービス」を使うことができます。

プロミスの30日間無利息サービスの適用期間は「初めてお金を借りた翌日から30日間」になります。

この30日間は借りているお金に利息がつきませんし、追加融資で借りた金額も無利息になります。

プロミス30日間無利息サービスの適用条件

プロミス30日間無利息サービスを適用するためには、条件を2つクリアしなければいけません。条件といってもとても簡単なものなのでご安心ください。

30日間無利息サービスの条件

条件1:メールアドレスを登録する

プロミスに申し込みの際にメールアドレスを登録するだけで、ひとつめの条件をクリアできます。

条件2:利用明細をweb明細にする

web明細は、毎月の利用内容を紙の明細ではなくプロミスのインターネット会員ページから確認できるサービスです。

web明細の登録は申し込み手続きの途中でできますし、インターネット会員ページで後から行うこともできます。

ちなみにweb明細に登録をしておかないと、紙の利用明細が毎月自宅に送られてくることになります。

プロミスからの郵便物を避けたい場合も必ず登録しておきましょう。

30日間無利息サービスを適用させるには一応この2つの申し込み条件があるのですが、どちらも便利にプロミスを利用できるためのサービスですので、デメリットがありません。

むしろ登録をしないままお金を借りてしまうと、郵便物が送られてきたり、無利息サービスが適用されないというデメリットがあるので、ぜひ手続きをしておきましょう。

30日間無利息サービスでどれだけ利息が安くなるの?

プロミスの30日間無利息サービスの期間に借りたお金には利息がつかないのですが、これを言い換えると30日間に返済した金額は全て元金の返済に充てられるということになります。

つまり、無利息期間を活用するには「この30日間にどれだけ多い金額を返済できるか」にかかっているんです。

無利息期間終了後には借り入れ残高全額に対して通常通り利息が発生します。

もし、30日間に全く返済できなかったとしても30日分の利息はつかないので無駄にはならないのですが、この期間にできるだけたくさん返済することが、プロミスに支払う利息を節約できるとても大きなポイントになります。

30日間無利息サービスで安くできる利息は、「元金 × 金利(%) × 30日 ÷ 365日」で計算することができます。

例1) 金利17.8%で10万円借りる場合は?
1,463円安くなります。

例2)金利17.8%で20万円借りる場合は?
2,926円安くなります。

例2)金利17.8%で30万円借りる場合は?
4,389円安くなります。

ただしこの例は、「30日後にまとめて返済した場合に節約できる利息」になります。

実際に30日後に借り入れ金額の全額を返済するのは難しいと思いますが、最大限活用できるようにできるだけたくさん返済することをおすすめします。

一部返済すると利息はどうなるの?

プロミスから金利17.8%で10万円借りて、30日間無利息期間の間に3万円を返済したとします。

返済した3万円は全て元金の返済に充当されるので、無利息期間が終了した日の翌日からは、通常どおり借り入れ残高の7万円に対して17.8%の利息が発生することになります。

利息を下げる方法2:繰上げ返済をすれば確実に利息を減らせる

繰上げ返済は毎月の決まった返済額(約定返済額)以上の金額を返済することで追加返済とも言います。

なぜ繰上げ返済をすると利息が安くなるのかというと、プロミスの利息は元金に対して日割りで増えていくから。

利息の計算は「元金 × 金利(%) × 借り入れ日数 ÷ 365日」なので、元金が減れば減るほど利息も減っていくんです。

また、繰上げ返済をすると借り入れ期間も短くなるため、利息を減らす効果があるのです。

プロミスの繰上げ返済方法は、インターネット返済、プロミスATM、提携ATM、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、コンビニ(マルチメディア端末)、銀行振込になります。

インターネット返済、プロミスATM、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、コンビニ(マルチメディア端末)なら手数料無料で繰り上げ返済ができますよ。

利息を下げる方法3:「プロミスポイントサービス」で無利息期間がもらえる

これは大手消費者金融の中でもプロミスだけが行なっている珍しいサービスになります。

プロミスには「プロミスポイントサービス」というポイントが貯まる仕組みがあって、一定のポイントを貯めることで、なんと無利息期間をもらうことができるんです。

プロミスのポイント獲得条件は以下の表のとおりです。

対象サービス 獲得ポイント 条件など
プロミスポイントサービスに申し込む 100ポイント 初回登録時にポイント獲得
プロミスインターネット会員サービスにログインする 10ポイント 毎月の初回ログイン時にポイント獲得
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」を確認する 5~20ポイント 「ポイント対象になるお知らせ」を確認した時に獲得
収入証明書を提出する 160ポイント 収入証明書提出時にポイント獲得
返済日お知らせメールを利用する 1ポイント 毎月月末時点で登録している対象サービスに対して各1ポイント獲得
取引確認メールを利用する 1ポイント
プロミスのホームページで書面(Web明細)を受取る 1ポイント

 

プロミスの無利息期間を獲得できるポイント数と、獲得できる無利息期間はこちら。

必要ポイント もらえる無利息期間
250ポイント 7日間
400ポイント 15日間
700ポイント 30日間

 

申し込みの際に収入証明書を提出して、プロミスポイントサービスに申し込みをすれば、これだけで260ポイントなので、7日間の無利息期間を獲得することができます。

30日間無利息サービス期間との併用可能なので、合計37日間の無利息期間にすることができますよ。



↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

プロミスの利息は下げることができる!(まとめ)

プロミスの金利は17.8%が上限となっていて、大手消費者金融の中ではいちばん低い金利になっています。

しかし、消費者金融の金利相場はそもそも低金利ではありません。

金利は低い方が有利な借り入れができるのは間違いないのですが、実際にお金を借りるうえで本当に重要なことは金利を下げることよりも利息を低くすることです。

プロミスの利息を下げる方法は3つあります。

1.30日間無利息期間を活用する
2.繰上げ返済を積極的に行う
3.「プロミスポイントサービス」を利用する

これらの対策をしっかり実行して、返済計画を立てて賢くプロミスを活用していきましょう。



↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP