プロミスは即日融資OK 土日祝日でも当日借入可

初めてプロミスからお金を借りようとしている人は、
「今日中にプロミスからお金を借りることはできる?」
「必要書類はたくさんあるのかな・・・」
など、不安になることがあると思います。

申し込みをしたその日に現金を借りられる(即日融資)なんて信じられないかもしれませんが、プロミスはこの即日融資が得意な消費者金融です。

ここではプロミスで即日融資を受けるためのポイント、注意点などを解説します。

ポイントさえおさえておけば、土日祝日でもプロミスからその日のうちにお金を借りることもできますので、申し込み前にぜひご覧になってみてくださいね。


もくじ

プロミスは即日融資に対応しています


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

「申し込みをしたその日のうちにお金を借りたい」というニーズはとても多いので、プロミスは即日融資にしっかり対応しています。

プロミスのコマーシャルで見たことがある人も多いと思いますが、プロミスの審査にかかる時間は最短30分なので、当日にお金を借りることもそう難しいことではないんです。

プロミスから即日融資を受けるためのポイントは3つ

プロミスから即日融資を受けるために重要なことは、次の3つになります。

ポイント1:即日融資のタイムリミットを考える
ポイント2:必要書類を揃えておく
ポイント3:在籍確認について知っておく

これさえおさえておけば比較的簡単にプロミスから即日融資を受けることができますよ。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

ポイント1:即日融資のタイムリミットを考える

いくら即日融資が可能なプロミスといっても24時間いつでも審査を行なってくれるわけではありません。

プロミスの審査実施時間は「9:00~21:00」になります。土日祝日も同じです。

プロミスの場合、21時までなら当日審査を行なってもらえるのですが、あまりにもギリギリの遅い時間に申し込みをしてしまうと翌日の審査になってしまいます。

また、審査に通過した後にスムーズにお金を借りるためには、ローンカードも即日発行しておくと便利です。

ローンカードの即日発行はプロミスの自動契約機でできるのですが、自動契約機の営業時間も21時までとなっています(※店舗によって異なる)。

21時までにローンカード発行まで進められれば、24時間営業のコンビニATMからお金を借りることができます。

確実にプロミスから即日融資を受けるなら、19時くらいまでに申し込み手続きを完了させておくと安心なのです。

ただし、プロミス審査では基本的に電話による在籍確認が行われるので、会社の電話がつながる時間帯に在籍確認が実施されなければ審査に通ることはできません。

自分の就業状況によって即日融資のタイムリミットを考えておくようにしましょう。

ポイント2:必要書類を揃えておく

プロミスに申し込みをする際に必ず必要になるのが「本人確認書類」です。借入額希望額が50万円以下であれば、基本的に本人確認書類だけで申し込むことができます。

「本人確認書類」は運転免許証1枚でもOK

プロミスの本人確認書類として、いちばん優先して用意すべきものは「運転免許証」になります。

運転免許証をお持ちでない場合は、「パスポート」または「健康保険証」+「補完書類を1点(例:住民票)」などが必要になります。

また、本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、現住所が記載されている以下の書類も必要です。

・公共料金の領収書(電力会社・水道局・ガス会社・NHK発行のもの)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
・社会保険証の領収書
※いずれも発行日から6ヶ月以内のもの

現住所が記載さている運転免許証をお持ちで、かつ限度額50万円以下で申し込むなら、免許証1枚で書類が揃うことになりますね。

「収入証明書」が必要なケース

プロミス審査で収入証明書を求められるケースは、以下のいずれかに該当する場合です。

・希望の借入額が50万円を超えるとき
・希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超えるとき

プロミスの収入証明書はこちら。

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月)+賞与明細書(直近1年分)
※賞与明細書はなければ不要です。

プロミスに提出する必要書類をできるだけ少なくしたい場合は、借り入れ希望額を50万円以下にしておきましょう。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

ポイント3:在籍確認について知っておく

プロミスの在籍確認は、基本的に電話になります。申し込みをするときに記入した勤務先電話番号に、プロミス審査担当者から直接電話がかかってくることになります。

在籍確認の流れ
▼在籍確認の会話の流れ

プロミス担当者の山田さん:「もしもし、山田と申しますが、○○さん(あなたの苗字)はいらっしゃいますか?」

あなた:「私です。」

プロミス担当者の山田さん:「○○□□さん(あなたのフルネーム)でしょうか?」

あなた:「はい。そうです。」

プロミス担当者の山田さん:「失礼いたしました。プロミスの山田でございます。ご勤務先の確認でございました。引き続き審査を進めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。」

自分が電話に出ることができれば、これだけでプロミスの在籍確認は終了します。

在籍確認に自分が対応できない場合は要注意

在籍確認は勤務していることが確認できれば良いので、自分が電話に出られなくても問題ありません。

しかし、自分が出られない場合にトラブルがおこってしまうことがあります。
よくあるトラブルがこちらの2つです。

・会社が休みで在籍確認の電話に誰も出なかった。
・電話に出た人が自分のことを知らずに在籍確認ができなかった。
在籍確認の対策を考えておこう

普段から仕事で電話対応を行なっていて、周囲も本人不在時の対応に慣れているようでしたら特別な対策は不要です。

電話に出た人が「○○はただいま不在です」と回答してくれるだけで在籍の確認になるので、在籍確認を通過できるんです。

しかし、自分宛に個人名で電話がかかってくるのが不自然な場合などは、在籍確認をスムーズにクリアするための対策が必要なこともあります。

勤務先の営業時間内に電話をかけてもらうこと

プロミスの審査は最短30分程度で完了します。

在籍確認は審査の後半で行われることになるので、例えば12時くらいに申し込みをしたら、早ければ12時30分までに勤務先に電話がかかってくるのです。
※審査には1~2時間以上かかることもあります。

平日にプロミスから即日融資を受けたい場合は、お昼休み時間にインターネット申し込みを済ませておけば、午後には電話がかかってくるので問題なく在籍確認ができるでしょう。

また、前日の夜に申し込みを済ませておけば、翌日の午前中にプロミスから電話がかかってくるので、その日の仕事帰りに自動契約機に立ち寄って契約することもできます。

しかし、夕方になって自分が退社した後に申し込みをしてしまうと、みんな帰宅してしまい誰も電話に出ずに在籍確認がとれなかったということもあります。

同じように休日も注意が必要でなので、自分が電話に出られる時間帯、または会社の電話が確実につながる時間帯にかけてもらえるように逆算して申し込みをするようにしましょう。

自分のことを知らない人が電話に出る可能性もある

例えば派遣スタッフとして働いている場合、在籍確認の電話は自分が常駐している派遣先ではなく登録している派遣元に電話がかかってくることになります。

当然ながら自分が電話に出ることはできませんよね。

しかも、派遣スタッフとして登録している人の数は一般企業の従業員数の比ではないので、プロミス担当者に「○○さんはいらっしゃいますか?」と聞かれても電話を受けた人は誰のことだかわからないでしょう。

さらに近年では、従業員のプライバシーを守るために「在籍につきましてはお答えできません」と回答されることもあるんです。

派遣社員さんや出向しているようなお仕事の場合、在籍確認は必ず自分が所属している会社にかかってきます。

自分が働く環境を考えてみて「自分のことを知らない人が電話に出るかも・・・」と思うのであれば、電話受付に事前にひとこと伝えておくこと良いでしょう。

在籍確認の電話でプロミスの社名を名乗られることはありませんので、クレジットカードの在籍確認ということにしておけば余計な詮索をされることもありません。

「今日、◯○□□宛にクレジットカード会社から在籍確認の電話があるかもしれません。よろしくお願いします」と伝えておけば、あなたを知らない人が電話に出たとしても「◯○□□という者はおりませんが・・・」となってしまうトラブルを未然に防ぐことができますよ。

電話在籍確認があると困る!他の方法はないの?

「今の会社に勤務し始めたばかりで、個人名で電話がかかってくると怪しまれてしまいそうで困る」とか、「自分宛に電話がかかってくるのが明らかにおかしい職場だから、電話があると困る・・・」など、人にはそれぞれ事情がありますよね。

そんな時は申し込み直後にプロミスに電話をかけて、電話在籍確認があると困るということを相談してみてください。

プロミスの基本は電話在籍確認になります

在籍確認は電話が基本なので、事前相談をしなければ自動的に電話がかかってくる流れになりますので、電話が困る場合は必ずこちらから事前相談をしてください。

例えばインターネットから申し込みをするのであれば、申し込み完了直後にプロミスコール(0120-24-0365)に電話をかけて相談してみてください。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

プロミスは土日でも即日融資可能!土日祝日に当日借入する方法

ここまでで、プロミスから即日融資で借りるためのポイントとして、「タイムリミット」「必要書類を揃えておく」「在籍確認」の3つを確認してきましたが、もうひとつ頭に入れておきたいのが、土日祝日の即日融資です。

プロミスは土日祝日でも9:00~21:00で審査を行なってくれますし、プロミスATMは24時まで営業していますので、コンビニATMなら深夜でもお金を借りることができます。

そのため、土日でも19時までに申し込みを完了させておけば時間的にはプロミスから即日融資を受けることが可能です。

土日祝日に勤務先の在籍確認はできますか?

懸念となるのは、土日祝日に会社が休みになる場合の在籍確認です。

電話に誰も出ないと、プロミスが在籍していることを確認できないので、審査が途中で止まってしまい即日融資はできなくなります。

こういった場合は、できれば土日祝日以外の曜日に申し込みをしておきたいところですが、どうしても無理な場合はプロミスに相談して「今日は会社が休みなので電話をもらっても在籍確認ができません。どうすれば良いでしょうか?」と聞いてみてください。

ただ、繰り返しになりますがプロミスの在籍確認は電話が基本になるので、当日の電話在籍確認ができない場合は翌営業にかけ直すような対応になることもあります。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

プロミスから即日融資を受けるための申し込みの流れ

即日融資で借りるためには、申し込み方法や契約までの流れも重要です。

なるべく時間をかけないで申し込みからローンカード発行・借り入れまで行う方法もチェックしておきましょう。

申し込み方法は「インターネット」がおすすめ

プロミスの申し込み方法は、
1.インターネット
2.WEB完結
3.スマホアプリからの申し込み「アプリローン」
4.自動契約機
5.店頭窓口
6.プロミスコール(電話)
7.郵送

から選ぶことができるのですが、プロミスから即日融資で借りるためには、インターネット申し込みをおすすめします。

プロミスのインターネット申し込みは24時間いつでも申し込み手続きができるので、出勤前に申し込みを済ませておけば当日午前中(遅くとも午後)には在籍確認が行われることになります。

日中には審査結果が出ますので、会社帰りにプロミス自動契約機に行って、契約もローンカード発行も完了させることができます。

ちなみに、プロミスの「WEB完結」はインターネットだけで申し込みから契約まで完了する手続きです。

どこにも行かずに申し込みも契約でもできるので、一見とても便利に思えるのですが、

・WEB完結に対応している口座開設が必要(多くの金融機関が対応していますが一部不可)
・返済方法が口座振替に限定される
・カードレス契約になり、ローンカードを即日発行することができない

というデメリットがあるため、幅広い方におすすめできる方法とは言えません。

メリットもあるのですが、とにかくタイムリミット重視となってしまう即日融資を狙うなら、通常のインターネット申し込みが良いと思います。

契約・ローンカード発行はプロミスの自動契約機がおすすめ

プロミスの審査に通過した後は、契約とローンカードの発行を行います。

プロミスの契約は「来店契約」がおすすめです。

プロミスの自動契約機に来店すれば契約手続きとローンカード発行の両方ができますし、自動契約機にはプロミスATMが併設されていることが多いので、その場でお金を借りることも可能です。

⇒プロミス 自動契約機(無人契約機)使い方・カード発行・審査申込み方法

なお、プロミスの自動契約機に行けない場合は郵送契約となり、自宅に契約書と郵便物が送られてくることになりますので注意が必要です。

手続きが完了するまでは借り入れができませんので即日融資もできません。

インターネットで申し込みをするなら、必ず「自動契約機での来店契約」を行いましょう。

借り入れはやっぱりATMが便利

プロミスでは口座振込でお金を借りることもできるのですが、ローンカードを即日発行しているのであればプロミスATMまたは提携ATMから借りるのが早いです。

特にすぐに現金が必要な場合は、自動契約機でローンカードを発行した流れでプロミスATMから借りると良いでしょう。

プロミスATMの営業時間は「7:00~24:00」なので、21時までにローンカードを発行できれば、余裕を持ってその日のうちに借りることができますよ。

⇒プロミスの借り方・借入方法【24時間申込OK!最速10秒!急ぎでお金を借りる】

振込キャッシングでも即日融資できます

プロミスは「瞬フリ」という振込で借りることができるサービスを行なっています。

三井住友銀行やPayPay銀行などの主要な金融機関であれば、24時間いつでも最短10秒で振り込んでもらうことができるんです。

手元に現金が欲しいのではなく、銀行口座に振り込んでもらった方が便利なら、この「瞬フリ」を利用して即日融資を受ける方法もあります。

ただし、24時間最短10秒で振り込んでもらえるのは全国の約200の銀行のみなので、自分が使っている金融機関が瞬フリ対応であることを事前に調べておかなければいけません。

こういった手間をかけずに、とりあえずすぐにお金を借りたい!という場合は、「インターネットで申し込みをして、自動契約機で契約・ローンカード発行後にプロミスATMから即日融資」という従来型の流れがいちばんスムーズだと思います。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

プロミスの即日融資は難しくない!(まとめ)

プロミスが気になっている人の中には、「ホントに申し込みをしたその日のうちにお金を借りられるの?」と疑問に思っている人もいるかもしれませんが、午前中などの早い時間に申し込めばほとんどのケースで即日融資ができます。

プロミスも1件でも多くの人に融資を行いたいと思っているので、貸付条件に合っている人であれば特に問題なく融資をしてくれるんです。

しかも初めてプロミスを利用する人であれば、初回借り入れの翌日から30日間は無利息期間になるので利息がつきません。

無利息で即日融資ができるってすごいサービスじゃないですか?

3つのポイントを再度おさらいして、余裕を持って即日融資で借りましょう。

・即日融資のリミットは19時が目安。ただし、在籍確認ができる時間を考えておくこと。
・プロミスに提出する必要書類を用意しておくこと。
・在籍確認を通過できるように考えておくこと。事前準備が必要な場合もある。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP