プロミスの瞬フリは最速10秒で借入可能!利用条件などを解説

カードローンでお金を借りる時に、ATMから現金を直接借りるよりも振込融資で借りられた方が便利という時もありますよね。

でも、
「振込だと銀行営業時間じゃないと借りられないのでは?」
「振込手続きが難しそう」
「特別な準備が必要なのでは?」
など、不安なこともあるのではないでしょうか。

ここではプロミスの10秒で借入可能な「瞬フリ」の特徴や使い方、注意点などをわかりやすく解説しています。

瞬フリはプロミスが誇るとても便利なサービスですので、ぜひ使い方をマスターしましょう。


もくじ

プロミスの「瞬フリ」ってどんなサービス?


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

プロミスの瞬フリは、口座振込でお金を借りられるサービスのこと。

振込でお金を借りるサービスは他の大手消費者金融も行なっているのですが、瞬フリのすごいところは、24時間365日、いつでも最短10秒で即時融資ができるところです。

インターネットやプロミスのスマホアプリから振込手続きを行うと、土日や深夜でも最短10秒で振込を行なってくれるので「クレジットカードの引き落としに備えて、銀行口座に振込でお金を借りておきたい」という時などにとても便利です。

瞬フリの利用条件

プロミス「瞬フリ」は自分の銀行口座にお金を振り込んでもらう融資方法なので、お使いの口座が瞬フリに対応している必要があります。

2021年3月現在、全国の217の金融機関が瞬フリ対応となっていますので、まずはお使いの口座が瞬フリ対応かどうかを確認しておきましょう。

どの銀行口座が瞬フリにおすすめ?

いつも使っている銀行が瞬フリ未対応だった場合は、通常の振込融資で借りるか、瞬フリ対応の金融機関口座を開設することになります。

口座を開設する場合は、瞬フリに対応している金融機関であればどの銀行でも全く問題ありません。

ただ、地方銀行や信用金庫は瞬フリ未対応であることも多いので、全国規模で考えると「ゆうちょ銀行」が使いやすいのではないでしょうか。

ゆうちょ銀行口座は全国どこからでも気軽に作ることができますし、郵便局に行けば手数料無料で使えるATMがあるので、瞬フリで振り込んでもらったお金を引き出す時にも手数料がかかりません。

イトーヨーカドーやイオンなどの大型スーパーにもATMが設置してあることも多いですし、あまり知られていないのですが、ファミリーマートに設置してあるE.netは手数料無料で使うことができるんですよ。

<参考>:ゆうちょ銀行キャッシュカードのATM利用手数料

曜日 時間帯 ゆうちょATM E.netATM その他のATM
平日 8:45~18:00 無料 無料 110円
上記以外の時間帯 無料 220円 220円
土曜日 9:00~14:00 無料 無料 110円
上記以外の時間帯 無料 220円 220円
日曜・祝日 終日 無料 220円 220円

 

瞬フリで借りたお金を現金として使いたい場合は、ATMを使ってお金を引き出す必要があります。

ゆうちょ銀行のように、コンビニATMをはじめとしたたくさんのATMから手数料無料で借りる方法があるというのは、とても大きなメリットになると思いますよ。

瞬フリ未対応の金融機関だとどうなるの?

プロミスの「瞬フリ」に対応していない金融機関への振込キャッシングは、その金融機関によって対応時間帯が異なります。

例1)静岡銀行のケース

曜日 受付時間 振込実施時間
月曜~金曜 0:00~7:00 当日8:45~9:30頃
7:00~21:00 約10秒後
21:00~24:00 翌日8:45~9:30頃
土日祝日 0:00~7:00 当日8:45~9:30頃
7:00~21:00 約10秒後
21:00~24:00 翌日8:45~9:30頃

 
 

例2)あおぞら銀行のケース

曜日 受付時間 振込実施時間
月曜~金曜 0:00~8:45 当日8:45~9:30頃
8:45~14:50 約10秒後
14:50~24:00 翌営業日8:45~9:30頃
土日祝日 0:00~24:00 翌営業日8:45~9:30頃

 
 

例3)新潟信用金庫のケース

曜日 受付時間 振込実施時間
月曜~金曜 0:00~24:00 約10秒後
土日祝日 0:00~8:00 当日8:45~9:30頃
8:00~23:50 約10秒後
23:50~24:00 翌日8:45~9:30頃

 

金融機関ごとの振込キャッシング対応時間は、こちらの「プロミス金融機関別振込実施時間検索」から検索することができます。

瞬フリ対応の金融機関の調べ方は?

プロミスの公式サイトで調べることもできますし、本記事の最後にも瞬フリに対応している金融機関一覧がありますのでチェックしてみてください。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

瞬フリでお金を借りる方法・流れ

瞬フリでお金を借りる流れは、プロミス会員ページにログインして、瞬フリ手続き画面から必要な金額を入力して、案内に従って手続きを進めるだけなのでとても簡単です。

▼ステップ1:プロミス会員サービスにログイン
プロミス公式サイトやスマホアプリから、会員サービスにログインします。なおログインには、「Web-IDとパスワード」または「カード番号とカード暗証番号」が必要になります。

▼ステップ2:振込先口座を登録(初回のみ)
初回のみ振込先口座の登録を行います。プロミス会員ページの「お客さま情報の照会・登録/変更」の「振込先口座登録・変更」から設定をしてください。振込先口座を変更したい場合もここから手続きができます。

▼ステップ3:振込キャッシング依頼をする
「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」から振込キャッシングの申し込みをします。入力する項目は振込金額のみです。

▼ステップ4:10秒程度で振り込まれます!
振込手続きが終了したら約10秒でお金が振り込まれますので確認してください。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

瞬フリで借りるメリットとは?

プロミスの借り入れ方法は瞬フリ以外にもプロミスATM、提携ATMなどがありますが、瞬フリで借りるメリットはどんなところなのでしょうか?

⇒プロミスの借り方・借入方法【24時間申込OK!急ぎでお金を借りる】

24時間365日、いつでも最短10秒で借り入れ可能!

プロミスの「瞬フリ」で借りるいちばんのメリットは、24時間365日いつでも最短10秒で借りられるところです。

食事に行く直前でも休日の朝でも、いつでも10秒程度で振り込んでもらえるので急いでいる時に非常に助かると思います。

「最短10秒」は業界最速!

プロミス「瞬フリ」の振込実施時間は、「振込依頼から最短で10秒程度」になります。

この振込実施時間は、大手消費者金融の中でも最速なんですよ。

カードローン会社 振込依頼から実施されるまでの時間
プロミス 最短10秒
アコム 最短1分
(最短1分振込は楽天銀行のみ)
アイフル 最短10秒
レイクALSA その日のうち
SMBCモビット 最短3分

 

24時間365日いつでも10秒で借りることができるので、突然の出費にも対応できます。

瞬フリなら手数料無料で借りられる

例えばコンビニATMから借りる場合、1万円未満なら110円、1万円以上なら220円の手数料がかかるのですが、瞬フリは振込手数料無料で借りることができます。

「とりあえず1万円借りたけど、やっぱりあと1万円必要かも・・・」という時にコンビニATMで借りると合計440円の手数料がかかることになります。

その都度必要な手数料は少額ですが、年間で考えるとかなり大きな差となります。

瞬フリなら何回借りても手数料0円です。

瞬フリは1円単位で借りることができるので、本当に必要な金額だけを必要な時に借りるというカードローンの賢い使い方ができます。

瞬フリは家族や友達など周囲にバレにくい

瞬フリの振込依頼はスマホやパソコンで行うので誰にもバレずに借りることができます。

例えば出勤前にスマホからサクッと振込依頼を行なっておけば、通勤中には振込完了するので、会社に着く前に近くのコンビニでお金を引き出すこともできます。

借りたお金を引き出す時は、お使いの金融機関の銀行ATMやコンビニATMから自分のキャッシュカードで引き出せるので、ATMを使っているところを誰かに見られたとしてもプロミスからお金を借りていることがわかることはありません。

⇒プロミスから内緒で借りる方法!バレずに在籍確認をパスするには?

借り過ぎたらすぐに返済できる

お金を使う予定があって一応3万円借りたけど、思ったほど使わなくて2万円余った、ということもあるのではないでしょうか。

使わなかったお金は1度返済した方が利息の節約になるとわかっていても、これが現金で借りたお金だとしたら、「どうせすぐ必要になるし!」と、ついお財布に入れっぱなしになってしまうのではないでしょうか。

プロミスの「瞬フリ」で借りたお金は自分の銀行口座に振り込まれるので、返済しようと思ったら「インターネット返済」で24時間いつでも返すことができます。

プロミスのインターネット返済はとても優秀で、手数料無料で24時間いつでも即時反映される返済方法なんです。

こまめな返済ができるので、瞬フリで借り過ぎてしまったお金をとりあえず返済したい時にも優れている返済方法です。

瞬フリで借りてインターネットで返済をしていけば、完全にオンラインだけで手数料をかけずに借り入れ・返済ができますね。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

瞬フリのデメリット・注意点はある?

プロミスの「瞬フリ」は便利な借り入れ方法であることは間違い無いのですが、ちょっと意識しておきたいデメリットや注意点もあります。

銀行口座に取引履歴が残る

瞬フリは自分の銀行口座を使った借り入れ方法になるので、通帳の取引履歴を家族や恋人、奥さん、旦那さんなどに見られてしまったらプロミスからお金を借りていることがバレてしまう可能性もあります。

また、共通のパソコンを使っていて、インターネットバンキングの取引履歴画面を見られてしまったなど、取扱注意なところもあります。

振込人の名義人名は「パルセンター」または「プロミス」を選択できるので、パルセンターにしておけばすぐに発覚することはないと思いますが、通帳の履歴は長く残るということは覚えておいた方が良いでしょう。

メンテナンス時間は瞬フリの利用不可

プロミスは24時間365日対応なのですが、毎週システムメンテナンスを行っていて、このメンテナンス期間は即時振込をしてもらうことができません。

▼毎週のメンテナンス時間

曜日 受付時間 振込実施時間
毎週土曜 23:30~24:00 翌日8:45~9:30頃
毎週日曜 0:00~4:00 当日8:45~9:30頃
18:50~24:00 翌日8:45~9:30頃
毎週月曜 7:00~8:00 当日8:45~9:30頃

 

また、毎週月曜0:00~7:00は受付停止時間となります。

▼正月、ゴールデンウィーク中のメンテナンス時間
・1月1日、1月2日0:00~7:00は受付停止となります。
・12月31日18:50~1月4日8:00に受付を行った場合、1月4日8:45以降の振込みとなります。(金融機関の営業日によっては1月4日または翌営業日となります)

・5月2日18:50~5月6日8:00に受付を行った場合、5月6日8:45以降の振込みとなります。(金融機関の営業日によっては5月6日または翌営業日となります)

お使いの金融機関のメンテナンスも確認しておきましょう

瞬フリの振込先となる金融機関がシステムメンテナンスを行っている場合も即時振込ができなくなります。

例えば、ゆうちょ銀行は「毎月第3月曜日0:00~8:30」がメンテナンス時間になり、瞬フリにも対応できなくなります。

三井住友銀行は毎週日曜21:00~月曜7:00がメンテナンス時間になります。

お使いの金融機関のメンテナンス状況も確認しておくと安心です。

入力ミスにご注意を

瞬フリの振込依頼では、毎回希望の借り入れ額を入力することになります。

この時に数字を間違えてしまったことで、希望額よりも多く借りてしまうというトラブルが発生しています。

例えば1万円借りれば良かったところを、間違えて10万円にしてしまうと無駄に借りてしまうことになりますよね。

万が一、間違えてしまってもインターネット返済ですぐに返済することもできます。

その日のうちに返してしまえば利息が発生することはありませんので、使わなかった分は必ず当日中に返済してしまいましょう。

借りすぎ注意!

プロミスの「瞬フリ」は、スマホアプリやパソコンからホントにちょっとした操作をするだけでお金を借りることができます。

手数料が無料ということもあって、つい何度もお金を借りてしまって、気がついたら限度額いっぱいまで借りていた・・・ということもよくあるようです。

借り入れをする前に必ず返済シミュレーションを行って、返済計画を立ててから借りるようにしましょう。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

瞬フリはとにかく手軽で便利!(まとめ)

瞬フリの利用方法や、メリット・デメリットなどを確認してきましたが、便利に使えそうですか?

プロミス、アコム、アイフルなど消費者金融はいろいろありますが、その中でプロミスを選択するメリットのひとつがこの瞬フリがあることです。

インターネットバンキングのような感覚で、スマホやパソコンで簡単な操作をするだけでお金を借りられるというのは本当に便利ですよ。

プロミスは手数料無料で借りられる方法が比較的多く、プロミスATMと三井住友銀行ATMからの借り入れでは手数料はかかりません。

これはこれでとてもありがたいのですが、私が実際にプロミスから借りることを想定すると、ちょっと心もとなく感じるところもあります。

プロミスATMで借りるのは知り合いにバレるリスクがあるので頻繁には行きたくないですし、かといって不必要なお金をまとめて借りておくというのも利息が高くなるだけなので避けたいです。

三井住友銀行ATMは駅前にはありますが、お金を借りるために駅に行くのは面倒!

また都市銀行ATMが設置されていない地域もたくさんありますよね。

なので、結局手数料がもったいないと思いつつも、徒歩2分くらいのところにあるコンビニATMで借りることになるのかな?と思えてきます。

そういった「プロミスATM、三井住友銀行ATMには行きにくいけど、お金を借りるのに手数料を払いたくない!」と考えている人に最適なのが瞬フリなんです。

借りたお金をATMから引き出すところを誰かに見られても、キャッシングしてるとバレることがないところも安心して使えるポイントだと思います。

瞬フリは、
・手数料無料で借りられる
・24時間365日借りられる
・約10秒で借りられる
という3拍子揃った最強の借り入れ方法なので、プロミスを利用するならぜひ使いこなせるようになりましょう!


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

瞬フリが利用可能な全国の金融機関一覧

2021年3月現在、瞬フリが利用可能な金融機関を一覧にしてみました。

お使いの金融機関が瞬フリ対応でしたら、金融機関の公式サイトからシステムメンテナンス時間も調べておくと安心ですよ。

(あ)
青森銀行
秋田銀行
阿波銀行
愛知銀行
青木信用金庫
朝日信用金庫
あすか信用組合
秋田県信用組合
会津商工信用組合
あかぎ信用組合
東信用組合
愛知商銀信用組合
愛知県警察信用組合
愛知県医療信用組合
愛知県医師信用組合
愛知県中央信用組合
朝日新聞信用組合
奄美信用組合

(い)
イオン銀行
岩手銀行
池田泉州銀行
岩手県医師信用組合
石巻商工信用組合
いわき信用組合
茨城県信用組合
糸魚川信用組合
石川県医師信用組合
イオ信用組合

(う)
ウリ信用組合

(え)
愛媛銀行

(お)
大垣共立銀行
大分銀行
小田原第一信用組合
大阪協栄信用組合
大阪貯蓄信用組合
大阪府医師信用組合
大阪府警察信用組合
大分県信用組合

(か)
関西みらい銀行
神奈川銀行
川崎信用金庫
神奈川県医師信用組合
神奈川県歯科医師信用組合
金沢中央信用組合
笠岡信用組合
香川県信用組合
鹿児島興業信用組合
鹿児島県医師信用組合

(き)
京都銀行
紀陽銀行
北九州銀行
きらやか銀行
北日本銀行
京都信用金庫
北郡信用組合
君津信用組合
共立信用組合
協栄信用組合
近畿産業信用組合

(く)
釧路信用組合
熊谷商工信用組合
熊本県医師信用組合
熊本県信用組合

(け)
警視庁職員信用組合
京滋信用組合

(こ)
江東信用組合
興栄信用組合
神戸市職員信用組合

(さ)
埼玉りそな銀行
西京銀行
札幌中央信用組合
埼玉県医師信用組合
埼玉信用組合
三條信用組合
佐賀県医師信用組合
佐賀東信用組合
佐賀西信用組合
西海みずき信用組合

(し)
七十七銀行
清水銀行
滋賀銀行
四国銀行
湘南信用金庫
七島信用組合
静岡県医師信用組合
塩沢信用組合
滋賀県民信用組合
滋賀県信用組合
島根益田信用組合
信用組合広島商銀

(す)
スルガ銀行
宿毛商銀信用組合

(せ)
セブン銀行
仙台銀行
西武信用金庫
仙北信用組合
青和信用組合
成協信用組合

(そ)
ソニー銀行
空知商工信用組合
相双五城信用組合
相愛信用組合

(た)
但馬銀行

(ち)
千葉銀行
千葉興業銀行
中国銀行
中京銀行
銚子商工信用組合
中央信用組合
朝銀西信用組合

(つ)
筑波銀行
都留信用組合

(と)
東北銀行
東邦銀行
富山銀行
鳥取銀行
栃木銀行
東京スター銀行
トマト銀行
十勝信用組合
杜陵信用組合
東浴信用組合
東京証券信用組合
東京厚生信用組合
東京消防信用組合
東京都職員信用組合
富山県医師信用組合
富山県信用組合
豊橋商工信用組合
土佐信用組合

(な)
南都銀行
長野銀行
那須信用組合
中ノ郷信用組合
長野県信用組合
名古屋青果物信用組合
長崎三菱信用組合
長崎県医師信用組合

(に)
西日本シティ銀行
新潟縣信用組合
新潟鉄道信用組合
新潟大栄信用組合

(の)
のぞみ信用組合

(は)
八十二銀行
函館商工信用組合
ハナ信用組合
はばたき信用組合

(ひ)
百五銀行
百十四銀行
東日本銀行
兵庫県警察信用組合
兵庫県医療信用組合
兵庫県信用組合
兵庫ひまわり信用組合
広島市信用組合
広島県信用組合

(ふ)
福井銀行
古川信用組合
福島県商工信用組合
福泉信用組合
福井県医師信用組合
福岡県信用組合
福江信用組合

(ほ)
北海道銀行
北陸銀行
北國銀行
北洋銀行
北央信用組合

(ま)
巻信用組合
丸八信用組合
益田信用組合
毎日信用組合

(み)
みずほ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
三重銀行
みずほ信託銀行
三井住友信託銀行
水戸信用金庫
ミレ信用組合
宮崎県南部信用組合

(む)
武蔵野銀行

(も)
もみじ銀行
真岡信用組合

(や)
山梨中央銀行
山口銀行
山形中央信用組合
山形第一信用組合
山梨県民信用組合
山口県信用組合

(ゆ)
ゆうちょ銀行

(よ)
横浜銀行
横浜幸銀信用組合
横浜華銀信用組合

(ら)
楽天銀行

(り)
りそな銀行
両備信用組合

(わ)
和歌山県医師信用組合
(ぎ)
岐阜商工信用組合
岐阜県医師信用組合

(ぐ)
群馬県信用組合
ぐんまみらい信用組合
群馬県医師信用組合

(じ)
PayPay銀行
常陽銀行
十六銀行

(ぜ)
全東栄信用組合

(だ)
第四北越銀行
大東銀行
第三銀行
大東京信用組合
第一勧業信用組合
大同信用組合
淡陽信用組合
(び)
備後信用組合

(ぶ)
文化産業信用組合

(ぼ)
房総信用組合


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP