プロミスへの支払いが遅れるときの対処法や延滞金について

カードローンの支払いは遅れないようにしなければいけませんが、毎月1回の支払いがどうしても難しい時もあるかもしれません。

万が一、返済が遅れてしまいそうな時にはどうすればいいのでしょうか?
また、延滞金(遅延損害金)は実際いくらかかるのでしょうか??

ここでは、プロミスの支払い遅れの対策、延滞金などについてわかりやすくご紹介しています。

延滞となってしまう前にやらなければいけないこと、逆に絶対にやってはいけないこと、延滞が解消されない場合に最終的にはどうなってしまうのかなども解説しています。


もくじ

プロミスの支払日を確認!

プロミスの支払日は、基本的に「5日、15日、25日、末日」から選択することができるのですが、
・初回支払日
・支払方法が口座振替
のときだけは変則的になります。

初回支払日はいつになるの?

プロミスの初回支払日は、選択した返済日と初回借り入れ日の組み合わせによって変わってきます。

選択した支払期日 初回借入日 初回の支払日
毎月5日 1日~19日 借入日の翌月の支払期日
20日~末日 借入日の翌々月の支払期日
毎月15日 1日~末日 借入日の翌月の支払期日
毎月25日 1日~9日 借入日の同月の支払期日
10日~末日 借入日の翌月の支払期日
毎月末日 1日~14日 借入日の同月の支払期日
15日~末日 借入日の翌月の支払期日

 

例えば、支払期日が毎月月末で初回借り入れ日が5月10日の場合、初回支払日は「借入日の同月の支払期日」になるので、5月31日が初回支払日になります。

次回以降も毎月末日が支払日となります。

支払方法が口座振替だと支払期日はどうなるの?

支払方法として口座振替を選択した場合は、お使いの金融機関によって支払日が異なります。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行のいずれかを返済用口座として設定する場合は「5日、15日、25日、末日」から選択できるのですが、その他の金融機関から支払する場合は「毎月5日」に限定されます。

なお、いずれのケースでも支払期日が土日祝日になるときは、翌営業日に後ろ倒しとなります。

⇒プロミス【返済方法・返済額・返済日】繰り上げ・一括返済方法も解説

プロミスの支払が遅れそうな時にやるべきことはひとつだけ

プロミスの支払がどうしても難しい時に必ずやるべきことはひとつだけです。

それは、プロミスに連絡をすること。たったこれだけなんです。

連絡の方法は、「プロミスコール(0120-24-0365)」と「インターネット会員サービス」の2種類あり、希望する対応によって連絡先が異なります。

対応1:支払期日を延期したい時

「返済期日に支払うのは難しいけど、少しだけ後にしてもらえたら払える!」という時には、今回の支払期日を変更することができます。

変更できる期間は14日以内になります。

支払期日の延期であればインターネット会員サービスでも手続きが可能なので、14日以内に支払ができる場合は、「プロミスコール(0120-24-0365)」と「インターネット会員サービス」のどちらから連絡しても大丈夫です。

プロミスコールに電話をかけて、オペレーターさんに相談するのは恥ずかしい・・・と思うかもしれませんが、ご安心ください。

14日以内に支払いができる場合は、自動音声応答で手続きをすることができるのでオペレーターさんと会話をする必要すらありません。

プレッシャーがないので、気軽に相談できますよ。

ただし、次の返済日まで支払を待ってほしいなど14日以上の延期を希望する場合は、プロミスコールからオペレーターさんに相談をすることになります。

対応2:返済金額を減額してもらいたい

「今月はどうしても全額支払をすることができないから、利息だけの支払いにしてほしい」など、支払金額について相談したい場合はインターネット会員サービスでは手続きができません。

この場合は、「プロミスコール(0120-24-0365)」でオペレーターさんに相談をしてみることになります。

事情によっては必ず減額できるとは限らないのですが、プロミスの口コミを読むと、返済が難しい時に相談にのってもらえたという声も少なからず見つかりますので、まずは相談してみると良いでしょう。

プロミスに支払いできない時にやってはいけないこと

やってはいけないことは、
・連絡をしないまま支払期日が過ぎてしまうこと
・プロミスからの連絡を無視すること
など、プロミスとの連絡を断ってしまう不誠実な対応をすることです。

プロミスの支払いが遅れる時には、必ず支払期日を迎える前に「プロミスコール(0120-24-0365)」または「インターネット会員サービス」で相談・手続きをしなければいけません。

連絡しまいまま支払期日が過ぎてしまうと、プロミスから電話がかかってくることになります。

とはいえ、支払日を勘違いしていてうっかり返済期日が1日すぎてしまったなどのちょっとしたトラブルもあると思います。

できればこんなうっかりミスもない方が良いのですが、こういった場合は返済期日の翌日~数日の間に電話で連絡がありますので、比較的早く発覚するはずです。

連絡があったら速やかに返済をすればそれ以上催促されることはありません。

逆に、プロミスからの電話に出ないなど、連絡を絶ってしまうと自分の評価を下げてしまうことになります。

電話1本またはプロミス会員ページからの簡単な手続きで相談できるので、自分のためだと思ってやっておきましょう。

プロミスへの支払いが遅れると信用情報はどうなる?ブラックリストに載る?

ここまでは支払いが遅れそうな時の対策をご紹介してきましたが、ここからは返済が遅れてしまった場合のリスクについて解説します。

プロミスなどのカードローンの返済を延滞すると「ブラックリストに載る」と言われていますが、たった1回の数日間の延滞でもブラックリストに載ってしまうのでしょうか?

延滞とブラックリストについて確認しておきましょう。

そもそもブラックリストってなに?

ブラックリストという一覧は実際には存在していません。

信用情報に「延滞」「強制解約」「保証履行」「債務整理」などのマイナスの情報が記載されてしまうことをブラックリストと呼んでいるということになります。

延滞してもブラックリストに載らないことがある

カードローンの返済を延滞するとブラックリストに載ると言われていますが、これはちょっと大げさな情報です。

ブラックリストに記載される条件は利用している金融機関によっても異なるのですが、延滞状況が必ず記載されるのが、1ヶ月以上支払いが遅れたなど長期間の延滞です。

数日間延滞しただけで信用情報期間に記録されることはありませんので、ブラックリスト入りすることもありません。

短期間の延滞を繰り返すとブラックリストに載ってしまう

数日間の支払遅延でブラックリスト入りすることはありませんが、短期間の延滞でも回数を重ねてしまうとブラックリスト入りすることはあります。

例えば、プロミスの返済日をうっかり勘違いしていて、返済期日の翌日に連絡をもらってすぐに入金したとします。

この場合は、ブラックリスト入りする可能性は低いです。

しかし、こういったうっかりミスを3回続けてしまったという場合は、要注意人物としてブラックリスト入りする可能性もあります。

返済できないとブラックリスト入りする

プロミスの返済を長期延滞してどうしても返済ができずに、
・債務整理をした
・強制解約となった
など、延滞だけでは済まなくなってしまった場合も確実にブラックリスト入りします。

「延滞=即ブラックリスト」というわけではありませんが、たった1日の延滞でもブラックリスト入りするきっかけであることは間違いありませんので、くれぐれもご注意ください。

プロミスへの支払いを延滞すると必ず延滞金(遅延損害金)が発生する

これも重要なことなので、必ず覚えておいてください。

返済期日から返済が遅れてしまったら、たった1日の遅延であっても延滞ということになります。

支払期日前に連絡をして支払期日を伸ばしていたとしても、当初の支払期日よりも支払が遅れてしまったら延滞となるため、延滞金(遅延損害金)が発生してしまいます。

プロミスの通常の金利は17.8%なのですが、延滞金の金利は20.0%なので、延滞が発生してしまうと通常の金利よりも高い金利で返済しなければいけません。

<参考>大手消費者金融の金利と遅延損害金

金利(実質年率) 遅延損害金(実質年率)
プロミス 4.5%~17.8% 20.0%
アコム 3.0%~18.0% 20.0%
アイフル 3.0%~18.0% 20.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0% 20.0%
レイクALSA 4.5%~18.0% 20.0%

 

利息と延滞金(遅延損害金)が二重に取られることはありません

通常の利息と延滞金は全く意味が異なります。

・利息…お金を貸した側が受け取ることができる対価
・延滞金…滞納に対するペナルティとして支払う費用

法律上でも、延滞金の金利は通常金利よりも高く設定して良いことになっているので、プロミスでも延滞金の金利は20.0%の設定になっています。

利息と延滞金の両方が加算されることはありません。

プロミスで延滞すると、元金に加えて「前回支払日の翌日から当月の支払期日までの利息」と「延滞発生日から延滞解消日までの延滞金」を支払うことで、延滞が解消されることになります。

例)金利17.8%で10万円借りて30日後に返済する予定だったけど、10日間返済が遅れた場合は?

10万円を金利17.8%で30日間借りた場合の利息は、
10万円 × 17.8% × 30日間 ÷ 365日 = 1,463円
になります。

対して、10日分の延滞金は、
10万円 × 20.0% × 10日間 ÷ 365日 = 547円
なので、利息と延滞金の合計は2,010円になります。

延滞金は、延滞が解消されるまで日割りで増えていくことになりますので、延滞期間が長くなるほど支払いが厳しくなってしまいます。

延滞金を払いたくない時はどうすればいい?

どうしても延滞金を払いたくない場合は、必ず支払期日が過ぎる前にプロミスコールに相談をしてください。

1日でも延滞してしまうと延滞金が発生してしまいますので、返済期日の変更ではなく今月だけ返済額を抑えてもらえないかどうかを相談してみてください。

例えば、本来は元金と利息を合わせて10,000円の返済が必要な場合でも、今月だけは利息の3,000円のみ返済できれば延滞にはしない(延滞金も発生しない)という対応をとってもらえることもあります。

ただし、この場合は元金が1円も減らないので、この対応を繰り返してしまうと支払期間が長くなり、本来は払う必要がなかった利息を支払い続けることになります。

本当に困っている場合の処置にしておいてくださいね。

プロミスへの支払遅れに関するその他のリスク・デメリット

プロミスへの支払が遅れることのリスクやデメリットとして、

・信用情報が悪くなる(ブラックリスト入りする)
・延滞金が発生する

という2つを見てきましたが、そのほかにも気をつけることはあります。

限度額が下がる

プロミスの返済を延滞してしまうと、限度額が下がってしまうことがあります。

なぜ延滞が限度額に影響してしまうのかというと、1度でも延滞をしてしまった人は、プロミスにとって貸し倒れのリスクがある人ということになります。

貸したお金を返してくれない人にはお金を借りて欲しくないので、融資限度額を下げるという対応を取られることがあるのです。

新規融資がストップする

初回申し込み時に設定された金利と限度額は、ずっとそのままということはありません。

利用者の年収が下がる、他社での借り入れ額が増えるなどのプロミスの返済に影響するようなことが発覚したら、金利が上がったり限度額が下がることも実際にあります。(金利は17.8%より大きくなることはありません)

プロミスから返済能力に大きく不安があると思われてしまったら、これ以上貸付を行うのは危険と判断されてしまい、限度額が下がるだけでなく新規融資をしてもらえないこともあります。

延滞を解消してコツコツと返済を行なっていたら回復することもありますが、延滞が継続するようであれば全額返済後に強制解約となることもあります。

増額審査に通過できない

増額審査は、プロミスの限度額を上げてもらうための審査です。

プロミスの返済を延滞している人がこの増額審査を受けても、審査に通過することはありません。

なぜなら、延滞してしまうくらい返済能力に問題がある人にこれ以上融資限度額を増やしてしまうとやはり貸し倒れとなってしまう危険性があるから。

なお、増額審査では信用情報の確認も行われるので、プロミスの延滞だけではなく他社カードローンやクレジットカードの返済遅延があっても通過することはできません。
むしろ、限度額が下がったり新規貸付が停止することもあります。

⇒プロミスの利用限度額や増額審査について解説

プロミスへの支払いを延滞してから差し押さえになるまでの流れ

プロミスへの支払いを延滞してしまい、連絡にも応じずにそのまま放置してしまった場合、最終的には裁判となり差し押さえとなってしまいます。

どういった流れで差し押さえまで進んでしまうのか、具体例を確認しておきましょう。

延滞1日目~数日:電話で催促される

延滞が発生した日(支払期日の翌日)から3日以内くらいで、携帯電話にプロミスから連絡があります。

この時の電話の内容は、「返済が確認できなかったのですが、何かございましたか?」という柔らかいものです。

支払予定日を聞かれるので、入金できそうな日を回答して下さい。

例えば3日後に返済すると伝えた場合、それから3日間は督促の電話がかかってくることはありません。

支払が厳しいようなら、支払額を減額して欲しいと相談することもできます。

なお、延滞が発生してしまうと、たとえ1日目であっても新規融資はストップしますので、延滞が解消されるまでは新たな借り入れはできなくなってしまいます。

また、遅延損害金も発生しているので、早めに返済するようにしましょう。

自宅固定電話に督促の電話がかかってくることもある

プロミスに自宅の固定電話番号も申告している場合、督促の電話は自宅にもかかってくることになります。(携帯電話への連絡にきちんと対応している場合は自宅への連絡はありません)

電話は、「山田(プロミス担当者名)と申しますが、△△様でしょうか?」という形で個人名でかかってくることになりますので、自分以外の人が出た場合でもすぐにプロミスからの督促とわかることはないでしょう。

延滞数週間~1ヶ月程度:郵送で督促状が届き始める

携帯にかかってくるプロミスからの電話に応じなかった場合は、郵送で督促状が届くことになります。

圧着はがきと言われているハガキの内側が見えないようになっているサイズのもので届きます。

この圧着ハガキの差出人名は「プロミス」とはなっておらず、「SMBCコンシューマーファイナンス」などと書かれているので、すぐにプロミスからの督促状と家族にわかることはありませんが、開封されてしまったらバッチリわかってしまいます。

電話を無視しているとこの郵送による催促も続きますので、この頃になるとプロミスから借り入れをしていることを家族に隠しておくのはとても厳しくなってきます。

プロミスから勤務先に督促の電話がかかってくることもある

連絡がつかない場合、プロミスもなんとかコンタクトを取ろうとしてくるので、勤務先に電話がかかってくることもあります。

この電話も個人名でかかってくるので、プロミスからとバレることはありません。しかし、勤務先に個人名で何度も電話があったら周囲に怪しまれてしまいそうですね。

延滞2ヶ月~3ヶ月程度:一括返済を求められる(内容証明郵便が届く)

電話にも出ず、郵便物も無視して、延滞も解消されないとなると、プロミスも貸し倒れとならないために本腰を入れてお金を回収しようとしてきます。

プロミス会員規約の第25条「期限の利益の喪失」に従って、これ以降は分割払いで返済することを認めず、債務を全額一括で返済するように要求されるのです。

▼第25条 期限の利益の喪失
お客様に次の各号のいずれかにあたる事由が生じたとき、当社の通知催告がなくても、お客様は、本規約にもとづく一切の債務について当然に期限の利益を失い、債務の全額を支払います。
(1)支払停止となったとき。
(2)強制執行の申立があったとき。
(3)破産、民事再生手続開始等の申立があったとき。
~以下省略~

引用:プロミスカード会員規約

一括返済では、元金、利息、遅延損害金など残債の全てを返済しなければいけません。

分割払いですら支払うことができなかったくらいなので、一括返済を求められても支払えないケースがほとんどでしょう。

最終段階:法的手続きを取られてしまう

一括返済を請求する連絡も無視し続けているとどうなるかというと、いよいよ法的手続きを取られることになります。

プロミス側が裁判所に対して財産差し押さえを申し立てる手続きを行い、あなたのところに裁判所からの通知が届くのです。

無視していても返済を免れられることは絶対にありません。それどころか、無視してしまうと申し立ての内容がそのまま認められてしまうことになるので、給料、預金、不動産などの財産が実際に差し押さえられてしまうのです。

この手続きは「強制執行」とも呼ばれています。

差し押さえを回避するには、裁判所から通知が届いたら2週間以内に「異議申立書」を送らなければいけません。

とりあえず異議申立書で意思表示をすることで、申立人(この場合はプロミス)の主張どおりに強制執行が行われるのを防ぐことができます。

しかし、この段階になって慌てて連絡をするくらいなら、最初の段階で誠意を持って相談しておくべきでしょう。

もうこれ以上はプロミスに支払いができません!どうすればいい?

支払期日をずらしてもらっても、支払額を減額してもらっても、これ以上はプロミスに支払いすることができないようであれば、債務整理を検討しましょう。

債務整理は、法律に基づいて利息のカット、元金の大幅な減額、全額免除などを行う手続きになります。

法的手続きなので、自分だけで行うことはできずそれなりに費用がかかりますが、弁護士・司法書士に債務整理を依頼したら、すぐに取り立てがストップするというとても大きなメリットもあります。

(特定調停は自分でできる手続きですが実際に行うとなると大変なことが多く、債務整理の方法としてはあまり選ばれていないようです。)

債務整理の方法は、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産があり、借金の内容や自分の希望によって適した方法が異なります。

例えば、借り入れ件数がそこまで多くないけど、特定の債権者は外して債務整理をしたい場合は「任意整理」が向いています。

借入額が多いため大幅な減額を希望するけど、マイホームは絶対に残したいという場合は「個人再生」を検討することになります。

債務整理に関する相談は初回無料で受け付けている弁護士・司法書士もたくさんいますので、まずは身近な専門家をネット検索して相談してみると良いでしょう。

プロミスに支払いができないときこそ誠実な対応を!(まとめ)

借りたお金はきちんと返済しないと、自分が困ったことになりますが、わかっていてもどうしても返済できないときもあるかもしれません。

そういった場合は支払期日を迎える前に電話またはプロミス会員ページから手続きを行なって、1日でも早く返済するようにしてください。

絶対にやってはいけないことは、「連絡をしないこと」「プロミスからの連絡を無視する」など不誠実な対応をすることです。

新たに借金をしてプロミスに支払う行為もダメですよ。

プロミスも債務整理(特に自己破産)をされると困ったことになるので、この段階になる前に減額処置をしてくれることもあります。

自己破産をされてしまうと元金も返済されないことになるので、儲けが出ないどころかマイナスになってしまいます。

そうなってしまう前に、利息を下げてくれたり返済期間を延ばして毎月の返済額を少なくしてくれることも実際にあります。

支払いができないときこそプロミスに相談してみてくださいね。

また、本当に支払いが困難になってしまった時には、債務整理も検討してみてください。

債務整理を人生終わりのように考えている人もいますが、人生をやり直すための再スタートができる法的手続きなので、決してマイナスなことばかりではありません。

お金の問題は人に相談しにくいものですが、無料相談を実施している専門家を探してみると身近にいると思います。

ひとりで抱え込まずに相談窓口を見つけて頼ってみたら、プロミスへの支払いが意外と簡単に解決するかもしれませんよ!


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP