プロミスから借入があると住宅ローンの審査が不利に?

愛する人、大切な家族と一緒に生活するためのマイホームを購入したい!

そう思い立った時に、消費者金融のプロミスからお金を借りていることが原因で住宅ローン審査に通らなかったとしたらショックですよね・・・。

テレビコマーシャルやネット広告で消費者金融が身近になっていることから、「カードローン借り入れ残高があったら住宅ローン審査に通らないのでは?」と不安に感じる声も多いようです。

プロミスからお金を借りていると、本当に住宅ローン審査に通らないのでしょうか?


もくじ

借入があっても住宅ローンを組むことは可能だが・・・

「借金があると住宅ローン審査に通らない」と言われることもありますが、全ての借金が悪影響となるわけではありません。

重要なのは借金の種類です。

たとえば、子供の教育のために教育ローンを組んでいる、自動車購入のためのマイカーローンを組んでいるとします。

これらも借金であることに変わりないのですが、生活に必要なものであったり、より良い生活を過ごすための意義のある借金です。

こういう借り入れであれば借金の種類としては大きな問題になることはありません。

プロミスで借入をしていると住宅ローン審査は非常に厳しくなる

しかし、プロミスなどの消費者金融、キャッシング、クレジットカードのキャッシング枠などで自由に使えるお金を借りていると非常に印象が悪くなります。

自分にとっては本当に切実な理由があって借りたお金かもしれませんが、住宅ローンを融資する銀行からすると「自分の収入だけで生活ができないのかな?」「お金の使い方が荒いのかな?」と、返済に不安を持たれてしまうことになるのです。

厳しいように感じられるかもしれませんが、プロミスなど消費者金融からの借入があると即アウトとなってしまうことも実際にあるのです。

借入金額も住宅ローン審査に影響する

住宅ローン審査に影響を及ぼしてしまうのは、借金の種類だけではなく借金の金額も重要です。

どのような借金であっても、収入に対して「返済比率(返済負担率)」が高いと返済が滞るリスクが高いため住宅ローン審査に通ることはできません。

借金は返済比率(返済負担率)に影響する

借金がある人もない人も住宅ローン審査を受ける際に、とても重要になるのが「返済比率(返済負担率)」です。
返済比率(返済負担率)は年収に対する年間返済額の割合のことです。
この年間返済額には住宅ローン返済も含まれますし、住宅ローン借り入れ前から抱えている借金の返済も含みます。

返済比率(返済負担率)が高くなると住宅ローン審査は不利になる

返済比率(返済負担率)は、年収に対して借金の返済額が多いか少ないかを測る目安になります。

年収400万円に対して既存の借金が0円であれば「返済比率が低い」となりますし、年収400万円なのに年間200万円の借金返済が必要であれば「返済比率が高い」ということになり、住宅ローン審査にも大打撃を与えることになるのです。

また、金融機関が定めている返済比率(返済負担率)を超えてしまうと、そのままでは融資を受けることはできません。

返済比率には基準がある

返済比率(返済負担率)の基準は借り入れ先によっても異なるのですが、明確に設定されているのが住宅金融支援機構が提供している「フラット35」です。

フラット35は35年間一定の固定金利で借りられることで、市中金利が上昇しても返済額増加することないというメリットがある住宅ローンです。

フラット35で借り入れをするには、返済比率(返済負担率)が基準以下に収まっていなければいけません。

▼フラット35返済比率(返済負担率)の基準

年収 400万円未満 400万円以上
基準 30% 35%

 

返済比率(返済負担率)の計算式はこちら。

返済比率(返済負担率) = 年間返済額 ÷ 年収 × 100

例えば年収が400万円の人の場合、自動車ローンなどの自分が支払っている金額と住宅ローン返済額(年間)の合計を年収で割って、100をかけた金額が35%を超えていると借入額や返済計画を見直さなければいけません。

この場合、年収が400万円の場合の年間返済額の上限は、「400万円 × 35% = 140万円」となりますので、年間返済額を算出してみるだけでも借入可能かどうかの目安がわかります。

ちなみに、毎月の返済額は「140万円 ÷ 12ヶ月 = 116,666円」になるので、116,666円が毎月の返済額の上限ということになります。

もしプロミスから借金をしている場合、この116,666円の中にプロミスの返済も含めて考えなければいけませんので、住宅ローンの返済額が少なくなってしまいます。

フラット35は35年を超える融資は受けられないので、こういった場合は、

・自己資金を増やして借入額を減らす
・プロミスの借金を返済して返済比率(返済負担率)を下げる
・物件を変える
・ペアローン、収入合算を検討する

などの対応が必要になります。

返済比率(返済負担率)で借り入れ可能額の目安もわかる!

ネットで家探しをしていて、実際に見に行ってみたい物件や土地が見つかった時にふと、「プロミスの返済が残ってるけど、自分はいくらぐらい住宅ローンが組めるんだろ?」と思うこともあると思います。

カードローンでの借り入れがあると住宅ローンを組めない可能性も濃厚なのですが、返済金額から住宅ローンの借入可能額を計算することもできます。

フラット35のシミュレーターを使って実際にシミュレーションしてみましょう。

<参考>:フラット35 クイック・シミュレーション

例)既存の借り入れ・返済負担状況
・プロミス返済額:10,000円
・自動車ローン返済:毎月20,000円
・携帯電話本体の分割払い:毎月5,000円
・合計:35,000円(年間返済額42万円)
例)借り入れ条件
・年収:400万円
・融資金利:1.35%
・返済期間:35年
・返済方法:元利均等返済
・他の借り入れ:35,000円(年間返済額42万円)
※金利1.35%はフラット35で最も多く適用されている金利です

この場合の借り入れ可能額は2,732万円になります。

もっと簡単に「自分が毎月住宅ローンとして返済可能な金額」から借り入れ可能額を計算することもできます。

たとえば、毎月11万円を返済に充てられるけど、そのうち3万円は他の借り入れの返済に使いたいから、住宅ローン返済は毎月8万円に抑えたいとします。

この場合、フラット35で借りられる金額は2,676万円になります。
(返済期間35年、融資金利1.35%で試算)

なぜプロミスの借金があると住宅ローン審査に影響するの?

プロミスなどの消費者金融から借金があっても、金額や返済状況によっては大きな問題としない金融機関もあるのですが、どの銀行から借りた場合でも、事前に「うちは消費者金融からの借り入れがあってもOKですよ!」と教えてもらえることはできません。

不安や懸念があるならば最初に取り除いておくのが望ましいのですが、なぜプロミスからの借り入れが住宅ローン審査を不利にしてしまうのか、その理由を確認しておきましょう。

返済比率(返済負担率)が高くなる

前の項目でご紹介したとおり、銀行は借金の種類にかかわらず返済比率(返済負担率)を重要視します。

プロミスから借り入れがあると、単純に返済比率が上がることになるので審査に影響を与えてしまうのです。

借り入れ枠そのものが返済比率(返済負担率)に組み込まれることがある

実際にお金を借りていなくても、借り入れ枠があるだけでも影響することがあります。

プロミスのようなカードローンは、最初に限度額が設けられて、その範囲内であればいつでも何度でもお金を借りることができます。

自分ではもうお金を借りるつもりはなくても、借り入れ枠があるということは、いつでも借金を抱えられるというアイドリング状態なのです。

リスクヘッジのために最初から借り入れ枠そのものを既存の借金とみなし、返済比率(返済負担率)に算入するのです。

このことは私自身の住宅ローン相談の際に金融機関担当者に確認しました。

「審査に関することは言えないのですが、そういった対応をする銀行もありますよ」と言っていましたので、使っていないカードローン契約はすぐに解約してしまうことをおすすめします。

大口融資を受けるには返済能力が低い

プロミスからお金を借りている本人にとっては、どうしても借り入れが必要な理由があったとしても、消費者金融からお金を借りていると聞いて良い印象を持つ人はいないでしょう。

そう思われてしまう理由は、

・お金にだらしなさそう
・自分の収入だけで生活できない人っぽい
・そもそも消費者金融って怖くないの?
・消費者金融から借りる=ギャンブルとかやってるの?パチンコ?
・消費者金融ってヤミ金じゃないの??

など、固定観念や利用したことがない人の印象も含めたイメージだったりもします。

実際はプロミスからお金を借りたことで救われた人、なんとか人生を持ちこたえることができて、今は住宅ローンも組めるくらい生活が回復した人もいます。

しかし、住宅ローンを融資するような金融機関にとっては、やはり「自分の稼ぎだでは必要な出費をまかなえなかった返済能力に問題がある人」と思われても仕方がない部分はあるでしょう。

自分では消費者金融からお金を借りたことは後悔していなくても、まだ返済が残っていると住宅ローンのような大口融資を受けるには、実際に返済能力が足りないこともあります。

住宅ローン審査は非常に複雑でシビアです。借金がなくても審査に通らないこともザラにあります。

審査落ちの理由を教えてもらうことはできないので、少しでも不安材料を減らすために完済してしまうことを本当におすすめします。

プロミスからの借金は黙っていてもバレる!

たとえ住宅ローン借入先がプロミスとはなんの関係もないような地方銀行であっても、プロミスの利用状況は確実にバレます。

とても重要な部分なのでしつこくお伝えしますが、プロミスなどの消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング枠などの利用状況は、住宅ローン審査で絶対にバレます!

なぜ発覚してしまうのかというと答えはとても簡単で、個人信用情報にバッチリ記載されているからなんです。

こちらが信用情報機関CICから取り寄せた実際の信用情報です。

注目していただきたいのが、<貸金業法の登録内容>の部分です。

令和3年に取り寄せたクレジットカード契約の個人信用情報なのですが、平成30年9月30日に利用したキャッシング利用分10,218円が一円単位で記載されています。

これは私がクレジットカードキャッシング枠で、海外キャッシングを利用したものになります。

旅行から帰ってきて返済額が確定してすぐに完済したので、特に気にも留めず海外キャッシングをしたことすら自分でも忘れていたのですが、信用情報にはバッチリ履歴が残っているんです。

通常の借り入れやクレジットカードの利用は、支払いから5年程度は記録が残ります。

よく「借金があると信用情報でわかる」と言いますが、実際に個人信用情報を確認するとどれだけハッキリ記録されているのかわかるのではないでしょうか?

住宅ローンの申し込みでは、借金の有無と金額を必ず申告することになりますし、信用情報にも金額まで記載されています。

ここで嘘をついても必ず発覚するということは覚えておきましょう。

プロミスに完済しても住宅ローンに影響するの?

プロミスからの借入は、主に以下の3つの状態が考えられます。

・現在もお金を借りている
・完済したけど解約していない
・延滞したことがある

現在もお金を借りていると審査に大きく影響します

住宅ローンの申し込み時に、プロミスからお金を借りているという事実が審査に影響しないということはありません。

住宅ローン審査の内容は金融機関から教えてもらえないので絶対と言ってはいけないのかもしれませんが、この場合は「絶対影響する」と言っても差し支えないと思います。

プロミスから借金があっても審査に通る可能性はゼロではありませんが、一部上場企業にお勤めで自己資金が多く借入額そのものが少ないなど、他に不安要素がないというのが条件になります。

ただし、金融機関によっては大手消費者金融からの借金があるという時点で審査落ちとするところもあります。

完済したらすぐに解約しましょう

すでに完済しているけど契約があるという状況も、信用情報によってわかってしまいます。

こちらは信用情報機関JICCの信用情報です。


契約中と契約終了から5年経過していない信用取引の情報が並んでいます。

すでに解約したカードローンであっても、解約から最長5年間は信用情報機関に記録が残るんです。

ここにプロミスやアコム、また中小の街金の名称が契約中としてズラズラっと並んでいたら良い印象は持たれないでしょう。

完済済みのカードローン契約は、住宅ローン仮審査前に解約しておきましょう。

延滞したことがあると非常に厳しいと言わざるを得ない

カードローン返済を延滞したことがある場合は要注意です。

まず、延滞の記録は、「カードローン契約期間中」と「解約から最長5年間」記録されることになります。

完済してカードローン契約を解約しても、「どの金融機関でいつ延滞したのか」という情報は5年程度残ってしまうんです。

たった1回の延滞でも審査落ちとするのか、それとも見逃してもらえるのかは銀行次第ですが、延滞したカードローンは契約しても5年程度は記録が残ってしまうことを考えると、なるべく早く完済して解約した方が良いでしょう。

プロミスなど消費者金融から借り入れがあった場合に注意すべきこと

プロミスの借り入れを完済した、あるいは債務整理をして現在はつながりがないとしても、過去の利用方法が原因となって住宅ローン審査に落ちてしまうこともあります。

お金を借りていないのに審査落ちする現金を解説します。

延滞(遅延)していると住宅ローンに影響する

カードローンの延滞が住宅ローン審査を大きく不利にすることは本記事でもお伝えしてきたとおりです。

住宅ローンの借り入れ額は一千万円単位で、返済期間は何十年と続きます。

毎月の返済額も少額ではないので、1度でも延滞してしまうと返済負担があっという間に大きくなってしまいます。

たった1度延滞してしまったことで取り返しがつかなくなり、持ち家を手放すことを余儀されることもあります。

お金を貸す側の視点で考えてみると、延滞者に対して催促をしなければいけません。

それでも返済されないとなると、貸し倒れの懸念も出てきてしまいます。

裁判、競売の準備、口座や給料の差し押さえも考えなければならず、大きな手間がかかってしまうことになります。

住宅ローン返済と比べると、カードローン返済の方がはるかに負担は軽いです。しかし、そんなカードローン返済ですら延滞してしまう人には、とても住宅ローン返済は無理だと思われてしまっても仕方がないでしょう。

現在もカードローンでお金を借りているなら、延滞だけは絶対にしないように気をつけてください。

ブラックリスト、異動情報があると住宅ローンに影響する

ブラックリスト入りしていると住宅ローンは絶望的です。特に「異動情報」がある場合は、あっという間に審査に落ちてしまうでしょう。

ブラックリストは、信用情報に悪い情報が掲載されていることを指します。

延滞もブラックリストのひとつなのですが、ここからさらに進んでしまうと「異動情報(事故情報)」という大きなトラブルを起こした履歴が掲載されてしまいます。

異動情報があると、たとえ公務員であっても住宅ローン審査が一発アウトになってしまうくらい状況が悪くなってしまいます。

異動情報が書き込まれてしまうケースを確認しておきましょう。

長期間(61日以上)延滞した

万が一、プロミスの返済を延滞してしまっても、2~3日遅れただけでブラックリストとなるわけではありません。

ただ信用情報機関CICには毎月の返済状況を記載する欄がありますので、1回分(1ヶ月以上)返済が遅れてしまったら延滞記録が載ってしまうことになります。

さらに、「返済日より61日以上または3ヵ月以上の支払遅延(延滞)があるもの、またはあったもの」に関しては、延滞情報だけでなく「異動情報」が表記されることになります。

延滞期間が2ヶ月(61日)以上続いてしまったら「異動」というブラックリストになってしまうのです。

たとえプロミスの借り入れを完済していたとしても住宅ローン審査には通らないでしょう。

保証履行が行われた

延滞が続いてしまうと遅延損害金が日ごとに増えてしまうので、返済がますます大変になります。

どうしても返済ができなかった際に、保証会社による保証履行(代位弁済)が行われることがあります。

保証履行とは、債務者が返済不能となってしまった場合に保証会社が代理で債権者に一括返済することです。

保証会社による支払いが行われたということは、債務者の支払いは不要になるの?と感じられるかもしれませんが、そう甘くはありません。

保証履行が行われた後は、債権は金融機関から保証会社に移ります。

これ以降、債務者は保証会社から督促を受けることになります。しかも、保証履行以降は分割払いは原則として認められず一括払いで返済を求められることになるので、状況はさらに悪くなるでしょう。

ただ、保証会社も1円でも多く回収したいというのが本音ですので、絶対に一括返済じゃないとダメということもありません。

相談によっては返済可能な金額で分割払いを認めてもらえる可能性もあります。

債務整理(任意整理・特定調停・個人再生・自己破産)をした

保証履行が行われて一括返済を求められたけど、それでも返済できないというときもあるでしょう。

また、延滞が長期化した時点で債務整理手続きに入る人もいます。

債務整理は、返済負担が大きい人にとっては借金を減らすことができて、生活の再建につながる法的手続きです。
しかし、お金を貸している金融機関にとっては、法律に基づいて正規の貸付を行なったのに、返済してもらえるはずだった元金と利息を返してもらえなくなる行為です。

また、債務整理を行わないといけないくらいお金の使い方で失敗したことがある要注意人物という注意喚起も必要になります。

こういった背景から、債務整理を行うと信用情報に異動情報が載ってしまうのです。

強制解約されてしまった

カードローン契約やクレジットカード契約を、カード会社の方から解約されてしまうことを強制解約と言います。

たまにネットの情報で、「強制解約は信用情報に載らない(異動情報にはならない)」と言われることがあります。

なぜそう判断できるのかわからないのですが、おそらく信用情報機関CICの異動情報に強制解約の項目が無いからだと思います。

確かにCICで異動情報が載る原因は、「延滞・保証履行・破産」になるのですが、信用情報機関JICCには強制解約も表記されることになります。

強制解約も異動情報の対象になると思っておきましょう。

異動情報があると一発アウトです。

異動情報(ブラックリスト)になってしまうきっかけは、たった1回の延滞です。延滞だけは絶対に避けるようにしてください。

プロミスから借金してるけど住宅ローンを組みたい!どうすればいい?

現在もプロミスからお金を借りてるけど、住宅ローン審査に通過したい!そんな時はどうすれば良いのでしょうか?

最初に検討するのはプロミスに完済すること

プロミスなどの消費者金融からお金を借りている状態で住宅ローン審査を受けても、不利になることは間違いなしです。

厳しい金融機関では門前払いとなることも本当にあります。

不安材料は取り除いておくのがいちばんなので、まずは完済できないかどうかを検討してみましょう。

もし住宅ローンの自己資金として貯めている費用があるなら、カードローンの一括返済に回すなど、まずはカードローン返済を優先してください。

担当者さんに相談してみる

新築住宅でも中古住宅でも、住宅ローンを組む際は不動産会社の担当者や銀行担当者と話をする機会があります。

この時に、借金があることを正直に伝えてみましょう。

もちろん「完済できませんか?」と言われることになりますが、他のアプローチからより良い方法を提案してもらえる可能性もあります。

異動情報があったらどうすればいいの?

残念ですが異動情報がある場合は、基本的に住宅ローンそのものを利用できません。

仮審査を受けることはできるのですが、審査通過は絶望的と言って良いでしょう。

この場合は住宅ローンを組まずに不動産を購入する、異動情報が消去されてから住宅ローン審査を受けるなどの対策が必要でしょう。

異動情報が信用情報に掲載される期間は、「契約期間」と「契約終了から最長5年間」になります。

ただし、自己破産だけは「破産手続開始決定等を受けた日から10年を超えない期間」が掲載期間になります。

CICとJICCは最長5年しか掲載されないのですが、全国銀行個人信用情報センターに10年間掲載されるんです。

自己破産は借金が全額免責になる手続きなので、効果も高いのですがペナルティも大きいんですね。

プロミスと住宅ローンまとめ

マイホームは人生最大のお買い物と言われるくらい、他の借り入れとは桁違いの金額になります。

そのため審査をする側もシビアですし、借りられなかった時のショックは大きすぎるでしょう。

自分ひとりの問題ではなく、大切な家族も巻き込んでしまう結果になってしまいます。

繰り返しますが、プロミスの借り入れは住宅ローン審査に影響します。

「影響するかな・・・」と不安に感じながら審査を受けるのではなく、完済してしまってから仮審査申込をした方が賢明です。

また、現実問題として、金利が高い消費者金融の返済をしながら住宅ローン返済を行うのはとても大変なことです。

これから何年も返済していくことを考えると、他の借金はなるべく返済しておいた方が良いですよ。

住宅ローンは、借りるハードルも高いですが、返済は長く続くものです。

確実に返済していけるような返済計画を立てるためにも、プロミスの借り入れは綺麗に完済してしまって解約手続きを行なっておきましょう。

⇒プロミスの契約を解約する方法・退会手続き方法


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP