プロミスは夜でも借りられる!審査受付時間なども解説

プロミスの審査にかかる時間は最短30分で、とてもスピーディな借り入れが可能なのですが、「昼間はいろいろ忙しくて時間が取れない」という声も多いようです。

返済計画のことも考えると、夜の落ち着いた時間に慎重に申し込みたいと思うのも当然ですよね。

プロミスなら夜に申し込んでお金を借りることもできます!

ここでは、
・夜に申し込んでプロミスから即日融資で借りる方法
・夜中に申し込んだら審査の流れはどうなるの?在籍確認は?
など、夜にプロミスに申し込みをする方法、即日融資のためのリミットなどを解説します。


もくじ

夜もOK!プロミスは24時間申し込みができる!


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

プロミスの申し込み方法は、

・インターネット(WEB完結・アプリローンも含みます)
・プロミスコール(電話)
・自動契約機
・お客様サービスプラザ(有人店舗)
・郵送

があるのですが、このうちインターネット申し込みは24時間いつでも申し込みが可能なので夜でもOKです。

郵送でも良いのですが、インターネット申し込みができる人が郵送を選択するメリットはありません。

プロミスに夜に申し込むらな「インターネット」で決まり!

夜の申し込みはインターネットが便利なのですが、21時までならプロミスコール(電話)のオペレーター対応が可能となっているので、そこまで夜遅くなければわからないことを電話で聞いたりすることもできます。

また、21時までなら電話申し込みも可能です。

ただカードローンの申し込みは質問事項も多いので、自分のペースでインターネット申し込みをした方が気持ち的にもラクだと思いますよ。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

プロミスの審査可能な時間は何時まで?

申し込みは24時間可能でも審査は人が行うものなので、24時間いつでも審査をしてもらえるわけではありません。

ズバリ、プロミスの審査が可能な時間は「21時まで」になります。

平日、土日祝日に関係なく(年末年始は除く)、プロミスの場合、審査可能な時間は9時~21時に限られます。

インターネット申し込みでも電話申し込みでも、プロミスの審査可能な時間は21時までと覚えておきましょう。

(以前は22時まで審査可能だったのですが、現在は21時に短縮されたようです。)

21時ギリギリに申し込みをしても即日融資ができないことがある

理論上は、21時までに申し込み手続きを行えばその日のうちに審査をしてもらえることになります。

しかし、平日夜は申し込みが集中しやすいため、21時ギリギリに申し込むとその日の審査に間に合わないこともあります。

プロミスの審査では在籍確認も行われます。
勤務先にプロミスの審査担当者から電話がかかってくることになるので、夜遅すぎて誰も電話に出なかったとなると、審査を進めることができません。

また、審査に通過したあとは契約手続きを行わなければならないのですが、自動契約機に行って契約をした方が夜に借りやすいこともあるんです。

プロミスの自動契約機の営業時間も21時まで(9:00~21:00)になるので、やはり21時ギリギリに申し込みをすると間に合わない可能性が高くなってしまいます。

何時までに申し込んだら当日の夜に借りられる?

夜にプロミスに申し込みをして、即日融資で借りるために気をつけないといけないことは以下の3つです。

1.即日審査してもらえる時間帯に申し込みを済ませておくこと
2.在籍確認をスムーズに行うために、勤務先の電話がつながる時間帯に審査を受けること
3.自動契約機に行く時間も計算しておくこと(来店契約の場合のみ)

19時までに申し込みを済ませておくと安心!

プロミスの審査にかかる時間は最短30分ですが、これはあくまでも最短なので審査申し込みが集中する夜の時間帯に最短30分審査が行われることは期待できません。

審査そのものは21時まで可能なのですが、即日審査をしてもらうためには遅くとも19時くらいまでには申し込み手続きを済ませておくと安心です。

インターネット申し込みをするなら、19時過ぎには送信しておけると安心でしょう。

在籍確認が可能な時間は人それぞれ異なります

在籍確認をクリアしないとプロミスの審査に通過することはできません。

在籍確認が可能な時間帯はそれぞれの勤務先で異なります。

夜間でも誰かしら電話に出るような職場環境なら自分が退社した後に申し込みをしても間に合いますが、18時を過ぎたら誰も電話に出なくなってしまうような職場の場合は、どんなに遅くても17時くらいまでには申し込みを済ませておかなければいけません。

プロミスの審査可能な時間と、審査通過後の自動契約機での契約は曜日に関係なく21時まで可能ですが、在籍確認はご自分の勤務先の状況に合わせて、可能な時間帯を把握しておきましょう。

プロミス 夜間の申し込みの流れ

審査可能時間(夜9時まで)に申し込みをした後の流れ

プロミスの審査が可能な時間帯に申し込みをした後の流れについて見ていきましょう。

この場合は即日融資に向けての審査が行われるので、通常通りの申し込みの流れと同じです。

ステップ1:インターネット申し込み(電話でもOK)をします。

ステップ2:審査が行われます。(在籍確認あり)
本人確認や申し込み内容確認のために、携帯に電話がかかってくることもあります。

ステップ3:メールまたは電話で審査結果のお知らせがあります。

ステップ4:契約を行います。
契約方法は、
・インターネット(WEB完結・アプリローンで申し込みをした場合のみ)
・来店
・郵送
がありますが、即日融資で借りたいならインターネットまたは来店になります。
詳しくは、「夜に借りるための契約方法は「インターネット」または「自動契約機」で!」を確認してください。

ステップ4:借り入れ可能になります!

即日審査が可能な時間帯に申し込みをした場合は、全ての流れが申し込みをしたその日に行われます。

契約が完了すればすぐにお金を借りられるので、夜でも即日融資を受けることができますよ。

深夜、夜中、審査可能時間外に申し込みをした後の流れ

深夜や審査可能な時間外(夜9時以降)に申し込みをした、または夜9時までの審査に間に合わなかった場合の審査の流れは以下のようになります。

ステップ1:インターネット申し込みをします。
21時以降は電話申し込みができなくなるので、インターネット申し込みを行いましょう。

ステップ2:翌朝9時以降に審査が行われます。
本人確認や申し込み内容確認のために、携帯に電話がかかってくることもあります。
在籍確認も翌日になりますので、早ければ午前中にプロミスから電話がかかってきます。

ステップ3:メールまたは電話で審査結果のお知らせがあります。

ステップ4:契約を行います。
契約方法はインターネット(WEB完結・アプリローンで申し込みをした場合のみ)、来店、郵送があります。詳しくは、「夜に借りるための契約方法は「インターネット」または「自動契約機」で!」を確認してください。

ステップ4:借り入れ可能になります!

夜9時(21時)すぎに申し込みをした場合も、審査が翌営業日に持ち越されるだけで大まかな流れは変わりません。

できれば即日融資で夜にお金を借りたいということであれば、

・在籍確認を確実にクリアすること
・契約の方法も考えておくこと

の2つを事前に検討しておく必要があります。

在籍確認をクリアしないと夜に借りることはできません

在籍確認は、申し込みの際に申告した勤務先に実際に勤めていることを確認するための方法です。

プロミスでは原則として電話による在籍確認を行なっていて、プロミス審査担当者が個人名で勤務先に電話をかけてきます。

▼在籍確認の電話の例

プロミス担当者:「私○○(担当者個人名)と申しますが、□□様(あなたの苗字)はいらっしゃいますか?」

あなた:「私です」

プロミス担当者:「□□××様(フルネーム)でよろしいでしょうか?」

あなた:「はい」

プロミス担当者:「プロミスの○○でございます。ご勤務状況の確認でございました。引き続きよろしくお願いいたします。」

プロミスから電話がかかってくると言っても、この程度のとても簡単なもので、借り入れ内容について詳しく聞かれることはありません。

もし本人確認や他社借り入れ状況などについて確認の必要があれば、この電話ではなく携帯に確認の電話がかかってくることになります。

在籍確認の電話には自分が出られなくてもOK

もし自分が電話に出ることができなくても、対応した人が「□□は本日お休みをしております」「□□は退社しております」などと回答してくれれば在籍の確認が取れるので問題ありません。

在籍確認が可能な時間帯を考えておきましょう

プロミスの審査可能な時間帯は21時までとお伝えしましたが、在籍確認が可能な時間帯はそれぞれの勤務先で異なります。

17時に業務が終了したら、あとは翌朝9時まで誰も電話に出なくなるというようなお勤め先も珍しくありません。

こういった場合は17時までに在籍確認をクリアできるように逆算して申し込みをしないと、申し込みをした日の夜に借りることはできません。

しかし、「そう言われても夜には会社に残れないし、誰も電話に出られないし・・・」という人もいますよね。また、最近は在宅ワークが増えて会社に出勤することそのものが減っているという人も少なくありません。

そういった場合は、在籍確認を電話以外の方法にしてもらえないかプロミスに相談してみましょう!

在籍確認についてプロミスに相談できる!

プロミスの在籍確認は基本的に電話になるのですが、人にはいろいろ都合もありますので勤務先にプロミスから電話があると困る!という人も多いです。

在籍確認の電話は個人名でかかってくるので、プロミスからの電話であることが会社にバレることはまずありません。

しかし、個人名で会社に電話がかかってくること自体がかなり怪しいですし、できればかけてきてほしくないという職業もあるでしょう。

そういった時には、インターネット申し込みをした直後(または直前)にプロミスコール(0120-24-0365)に電話をかけて、相談してみてください。

余談ですが、きのう在籍確認を受けました

私もきのう、たまたま在籍確認の電話を受けたので実際に聞かれたことをご報告しておきます!

カードローンではなく別の申し込みだったのですが、昼間に金融機関から突然電話がかかってきました。

私は個人事業主で勤務先電話番号がないため在籍確認も携帯電話に行われたのですが、電話の流れは勤務先にかかってくるものと大きな違いはないと思います。

金融機関担当者:「○○様(私の苗字)でございますか?」

私:「はい」

金融機関担当者:「△△銀行の田中と申します。お忙しいところ申し訳ございません。○○××様(フルネーム)でお間違いございませんか?」

私:「はい」

金融機関担当者:「◆◆のお申し込みの件で、ご勤務状況のご確認のお電話をさせていただきました。ただいまお時間いただいても大丈夫でしょうか?」

私:「はい」(ここで、在籍確認の電話だ!と気がついてちょっと緊張しました!)

金融機関担当者:「ではご本人確認のためにご生年月日をお願いいたします。」

私:「○年○月○日です」

金融機関担当者:「ありがとうございます。いただきました申し込み内容ですと、ご勤務状況は▲▲ということでございますが、お間違いございませんか?」

私:「はい」

金融機関担当者:「わかりました。以上でございます。ありがとうございます。」

私:「よろしくお願いいたします。」

金融機関担当者:「失礼いたします」

今回の在籍確認で聞かれたことは、本人確認のための生年月日と業務内容が間違っていないかのヒアリングだけでした。

文字にすると長く感じられますが、感覚的には「これで確認になったの??」と思うくらいあっという間でした。

着信履歴を確認したら最初の本人確認の時間も含めて1分もかかっていませんでした。

在籍確認には配慮がある

在籍確認は勤務先の確認なので、本人が在籍していることが確認できればすぐに電話は終わります。

どうしても勤務先への在籍確認で複雑なことを聞かないといけない場合は「お差し支えなければ携帯電話にお掛け直しさせていただいても良いでしょうか?」と、勤務先への電話を一旦切って、携帯に掛け直してもらえることもあります。

仕事中で忙しいようであれば退社後にかけてもらうこともできます。

プロミス側も仕事中に業務とは関係のない電話をかけている自覚はありますので、あまりにも非常識なことをされることはまずありません。

近年は企業側が個人情報に慎重にならないといけない時代なので、会社にかけてきた電話であれこれ聞かれることはないと思っていて大丈夫でしょう。

もし電話に出てくれた同僚に、「さっきの電話、会社名言わなかったけどなんの電話だったの?」と聞かれたら「クレジットカードに申し込んだので、在籍確認の電話でした」と回答することをおすすめします。

クレジットカードの審査でも実際に在籍確認が行われるので言い訳として最も自然です。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

夜に借りるための契約方法は「インターネット」または「プロミス自動契約機」で!

在籍確認は審査の後半で行われることになりますので、在籍確認の電話があったらメールボックスにプロミスから審査通過のメールが届いていないかチェックしてみましょう!
(電話連絡の場合もあります)

プロミスの審査に通過したら次のステップは「契約」です。

プロミスの契約方法は、

・インターネット
・自動契約機に来店
・有人店舗に来店
・郵送

の4つの方法が用意されているのですが、即日融資で夜に借りたいなら「インターネット」または「自動契約機に来店」が便利です。

ただ、インターネット契約に関してはみんなができるものではなく、事前に知っておきたい注意点もあります。

インターネット契約の注意点とは?

まず覚えておきたいのが、インターネットで契約をしたい場合は申し込み時に「ご希望の契約方法」で「Web」を選択しなければいけないということ。

注意点1:申し込みの段階で「Web」を選択する必要がある


「来店」を選択すると自動契約機や有人店舗での契約になってしまうので、「Web」を選択してください。

※パソコンなどのインターネットからの申し込みでは「WEB契約」と表記されています。

注意点2:ローンカードが発行されない!

インターネットで契約をするとプロミスのローンカードが発行されません。

ローンカードを持ち歩く必要がないので、カードを他人に見られてしまってプロミスを使っていることがバレる心配がなくなるというメリットもあるのですが、ローンカードはプロミスATMなどのATMを利用するときに使うので、インターネット契約では使えるATMが限られてしまいます。

注意点3:使えるATMがセブン銀行ATMとローソン銀行ATMとなる

カードレス契約で利用できるATMは、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMのみとなります。

プロミスのスマホアプリにセブン銀行ATMとローソン銀行ATMを操作できる機能があるので、この2つのATMであればカードレスで借り入れ・返済ができるのですが、それ以外のATMを使うことはできません。

セブン銀行ATMとローソン銀行ATMは全国に設置されているので、借り入れ・返済時に困ることはないと思いますが、10,000円未満の取引で110円、10,000円以上なら220円の手数料がその都度かかってしまいます。

ただ、プロミスは金融機関口座に最短10秒で振り込んでもらえる「瞬フリ(振込キャッシング)」やインターネット返済が充実しているので、そもそもATMからの借り入れ・返済はあまりしないという人なら、ローンカードがなくても不便ではないかもしれませんね。

注意点4:夜の借り入れができないことがある!

インターネット(カードレス)で契約をする際にいちばん注意が必要なのが、「夜に借り入れができないことがある」ということ。

インターネット契約で夜に借り入れをする方法は2つあります。

1.24時間借り入れ可能な銀行に瞬フリ(振込キャッシング)で借りる
2.セブン銀行ATM、ローソン銀行ATMで借りる(スマホが必須)

どちらかを利用できれば夜の借り入れも可能ですが、できない場合は翌日の朝の融資になってしまいます。

24時間借り入れ可能な銀行に瞬フリ(振込キャッシング)で借りる

プロミスの瞬フリは、手数料無料で24時間振込融資を受けることができます。しかも受付から振込実施までの時間は10秒程度なので、夜間でも深夜でもあっという間に借りることができるんです。

ただ、瞬フリはすべての金融機関が対応しているわけではありません。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行をはじめとした全国の約200の金融機関が瞬フリ対応なのですが、地方銀行などは対応していないこともよくあります。

お使いの金融機関によっては、瞬フリでの夜のキャッシングはできないということになります。

例えば、普段から三菱UFJ銀行を使っていて、インターネットバンキングの三菱UFJダイレクトも使い慣れているという人であれば、インターネット契約でも夜に借りることは簡単でしょう。

セブン銀行ATM、ローソン銀行ATMで借りる(スマホが必須)

インターネット契約をしたけど自分の銀行が瞬フリ未対応だった!というときには、セブンイレブンやローソンに行って、ATMからお金を借りることになります。

この場合は、自宅などの通信環境の良いところで事前にプロミススマホアプリをインストールしておいて、いつでもログインできる状態にしておくことを強くおすすめします。

セブン銀行ATM、ローソン銀行ATMでは、「スマホATM」という機能を使って借り入れをすることができます。

スマホATMの使い方についても流れだけでも把握しておくと、コンビニであわてずに済みますよ。

▼スマホATM利用手順

手順1:プロミスアプリにログインして、「スマホATM取引」をタップします。
手順2:ATM画面で「スマートフォンでの取引」をタップします。ATM画面にQRコードが表示されます。
手順3:スマホ画面の「出金」または「入金」をタップします。
※借り入れ時は出金、返済時は入金をタップします。
手順4:手順2で表示されたQRコードをスマホアプリから読み取ります。
手順5:スマホに「企業番号」「ワンタイム暗証番号」が表示されます。
手順6:ATMに手順5で表示された企業番号を入力します。
手順7:ATMに手順5で表示されたワンタイム暗証番号を入力します。
手順8:ATMに借りたい金額を入力します。この後はATMの案内に従って操作を行います。

プロミスとインターネット契約をした場合、「瞬フリ」また「スマホATM」が使える状態でセブンイレブンやローソンに行くことができる人なら夜でも借りることができます。

逆に、どちらもできない!という人はインターネット契約が向いていないので、次の自動契約機で契約をすることをおすすめします。

プロミスの自動契約機で契約をすると夜でも借りやすい

瞬フリやスマホATMは本当に便利な機能なのですが、お住いの地域によっては逆に不便という人も少なからずいます。

特に夜や土日祝日に急ぎでお金を借りたいという場合は、不確実な借り入れ方法となってしまうでしょう。

プロミスの自動契約機で契約をすると、誰にも会わずに契約手続きができてローンカードもその場で発行することができます。

「21時までに自動契約機に行く手間」さえクリアできればとても使い勝手の良い方法なので、以下に該当するようでしたら、インターネット契約ではなく自動契約機に来店して契約することをおすすめします。

・ローンカードがあった方が便利だと思う
・インターネットを使った借り入れ方法がよくわからない
・口座振込よりもATMから直接現金を借りられた方が便利
・ATMから返済することもあると思う
・ATMを手数料無料で使いたい
・家の周りにセブンイレブン、ローソンが少ない
・銀行口座にプロミスとの取引履歴を残したくない
・難しいことはよくわからないけど、すぐにお金を借りたい!

ローンカードを発行するメリットは2つありますので確認しておきましょう。

メリット1:契約後、すぐにATMから借りられる

プロミスの自動契約機にはATMが併設されていることが多いので、契約・ローンカード発行が完了したらその場でお金を借りることができます。

コンビニに移動する必要ないですし、プロミスATMは深夜0時まで営業していますので、夜間、夜中でも借りることができますよ。手数料も無料です。

メリット2:プロミスATM、三井住友銀行ATMを手数料無料で利用できる

ローンカードがあればプロミスATM、提携銀行ATM、コンビニATMのすべてのATMを利用できます。

このうち、プロミスATMと三井住友銀行ATMはいつでも何度でも手数料無料で利用できます。

「振込キャッシングよりもATMから借りられた方が便利」という人は、ローンカードがあった方が何かと使いやすいと思いますよ。

プロミスの自動契約機の営業時間は21時(夜9時)まで!

プロミスの自動契約機の営業時間は21時(夜9時)までになります。

自動契約機に来店して契約をする場合は、21時までに来店できるように手続きを完了させなければいけません。

「申し込み・審査(在籍確認)・審査結果の確認・契約・ローンカード発行」に至るすべての流れを21時までに行うことを頭に入れて申し込みをする時間帯を考えましょう。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

夜に借りるために知っておきたいプロミスのタイムリミット(まとめ)

「申し込みをした日の夜にはお金を借りたい!」「曜日に関係なく夜にお金を借りたい」など、とにかく夜にお金を借りたい時におさえておきたいプロミスのタイムリミットをまとめます。

夜の申し込み、審査は何時までできる?

申し込み可能な時間 審査可能な時間
インターネット申し込み 24時間365日 9:00~21:00
電話申し込み(0120-24-0365) 9:00~21:00

 

自動契約機、プロミスATM、店頭窓口の営業時間は?

営業時間
自動契約機 9:00~21:00
プロミスATM 7:00~0:00
店頭窓口 平日9:00~18:00

※一部店舗で営業時間が異なることがあります
※提携ATMの営業時間は金融機関ごとに異なりますが、コンビニATMはほぼ24時間借り入れ可能です。(メンテナンス時間を除きます)

瞬フリ対応の金融機関とメンテナンス時間

2021年3月現在、217の金融機関が瞬フリ対応となっています。

瞬フリ対応の金融機関なら24時間最短10秒で借りられるので、夜でも比較的簡単に借り入れが可能となっています。

三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・PayPay銀行は100%対応しています。

その他の金融機関をお使いの場合は、「プロミス金融機関別振込実施時間検索」から対応状況を確認してみてください。

瞬フリ未対応の金融機関に振込で借りたい場合は、金融機関に応じた時間帯に振込が実施されることになります。

金融機関ごとの振込キャッシング対応時間は、「プロミス金融機関別振込実施時間検索」で確認してみてください。

瞬フリが利用できないメンテナンス時間

瞬フリには定期メンテナンスがあるため、この時間帯だけは借り入れをすることができません。

▼瞬フリのメンテナンス時間

曜日 受付時間 振込実施時間
毎週土曜 23:30~24:00 翌日8:45~9:30頃
毎週日曜 0:00~4:00 当日8:45~9:30頃
18:50~24:00 翌日8:45~9:30頃
毎週月曜 7:00~8:00 当日8:45~9:30頃

 
毎週月曜0:00~7:00も受付停止時間となります。

▼正月、ゴールデンウィーク中のメンテナンス時間
・1月1日、1月2日の0:00~7:00は受付停止となります。
・12月31日18:50から1月4日8:00に受付を行った場合、1月4日8:45以降の振込みとなります。
(金融機関の営業日によっては1月4日または翌営業日となります)

・5月2日18:50から5月6日8:00に受付を行った場合、5月6日8:45以降の振込みとなります。
(金融機関の営業日によっては5月6日または翌営業日となります)

瞬フリの振込先となるお使いの金融機関がシステムメンテナンスを行っている場合も即時振込ができなくなります。

例えば、三井住友銀行は「毎週日曜21:00~月曜7:00」、ゆうちょ銀行は「毎月第3月曜日0:00~8:30」、PayPay銀行は「毎週日曜日0:00~6:00」がメンテナンス時間になるため、瞬フリにも対応できなくなります。

⇒プロミスの瞬フリは最速10秒で借入可能!利用条件などを解説


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP