引越など住所変更があったらプロミスに届け出は必要?書類は?

心機一転引越しをして新しい生活が始まった!という時に、結構やっかいなのが各種住所変更です。

忙しい中役所に行って転入届を出したり警察署に行って運転免許証の書き換え・・・と面倒ごとが多いものですが、プロミスの住所変更も必要なのでしょうか?

プロミスの住所変更を行うのは面倒かもしれませんが、届けを出さないことにはとても大きなリスクがあるんですよ。

プロミスの住所変更の重要性と、届け出をしなかった時のペナルティについて知っておきましょう。


もくじ

【結論】引っ越したらプロミスに住所変更の届出をすることは大切です

「引っ越ししたけどプロミスから郵便物なんてこないし、届け出をしなくてもいいよね?」と思っているとしたら、今すぐ住所変更届を出すことをおすすめします。

なぜかというと、まずプロミスの会員規約では、住所などに変更があった場合には14日以内に変更届を出すことが記されているから。

▼第24条 (届出事項の変更等)
1.氏名、住所、勤務先等当社に届出た事項(以下、「届出事項」といいます。)に変更があった場合、お客様は、そのつど、変更があった日から14日以内に当社に届出ます。

~(後略)~

引用:プロミスカード会員規約

申し込み時に申請した内容に変更があった場合は、「14日以内」に届けを出すことがプロミス利用者のルールになっているのです。

プロミスに住所変更の届けを出さなかったらどうなるの?

届け出をしなかったとしても、すぐにプロミスにバレることはありません。

しかし、プロミス利用者は規約に同意をしたうえで申し込みをしているはずなので、バレないからといって黙っておくのは規約違反ということになるんです。

もし、変更届を出していなかったために、プロミスからの重要なお知らせが届かなったらどうなるでしょうか。

例えば、延滞が発生している場合に、プロミスは何度もお知らせをしたにも関わらずメールやハガキが届いていなかったために延滞の事実がわからなかったとします。

この場合、後から気がついたとしても住所変更をしていなかった利用者に非があることになりますので、「お知らせが届いていなかった!」と主張しても遅延損害金(延滞金)が減額されることもありません。信用情報もブラックリストとなってしまうでしょう。

この点について、プロミスの会員規約では以下のように記されています。

▼第24条 (届出事項の変更等)の続き
2.お客様が届出事項の変更を届出なかったために、当社からの通知、連絡等がお客様に延着した場合または到達しなかった場合、当社は、通常到達すべきときにお客様に到達したものとみなします。

引用:プロミスカード会員規約

ちょっとわかりにくいのですが、利用者側が住所変更をしていなかったためにプロミスからの連絡が届いていなかった場合でも、本来到達するはずだった時点で到着していることにしますよ、ということですね。

プロミスは一切責任を負わないということになるでしょう。

住所変更しないと「期限の利益の喪失」となる可能性もある

住所変更をしていなかったために、「期限の利益の喪失」となってしまう可能性があることも覚えておきましょう。

私たちがプロミスと契約をするときに、必ず毎月の返済日を決めることになります。

毎月25日を返済日にした場合、1月25日に返済をしたら2月25日を過ぎるまでは「お金を返してください」と催促されることはありませんよね。

この「約束した返済期日に返済をすればOK」という権利のことを「期限の利益」と言います。

期限の利益があるうちは、債権者も「急なんだけど、今すぐお金を返して!」と催促することはできないのです。

「期限の利益の喪失」は、その文字通り期限の利益を失ってしまうことです。

期限の利益を喪失してしまう原因については、民法第137条に記載があります。

▼民法第137条「期限の利益の喪失」
次に掲げる場合には、債務者は、期限の利益を主張することができない。
1.債務者が破産手続開始の決定を受けたとき。
2.債務者が担保を滅失させ、損傷させ、又は減少させたとき。
3.債務者が担保を供する義務を負う場合において、これを供しないとき。

引用: e-Gov民法

これらの3つの条件は、債権者に落ち度がないにも関わらず債権を回収するのが難しくなるケースですね。

これに加え、プロミスでは「届出事項の変更を届出なかった場合」という条件も期限の利益の喪失に付け加えているのです。

そのため、住所変更届を怠ったという理由によって、プロミスから期限の利益の喪失を言い渡されても全くおかしくないということになります。

実際には住所変更をしていなかったことだけが原因で期限の利益の喪失となることはまずありません。プロミスもそこまで厳しいことはしないでしょう。

しかし住所変更していなかったために督促状が届いていなかったことから、延滞が長期化してしまったというケースは十分に考えられます。

住所変更をしていなかったためにプロミスからの知らせが届いておらず返済してもらえなかったとなると、期限の利益の喪失となり一括返済を要求されることは実際にあります。

「期限の利益の喪失」になったらどうなるの?

期限の利益を喪失するということは、返済の約束を失ってしまうことになります。

プロミスとの返済の約束は、毎月決まった日までに決まった金額を返済するという分割払いです。

つまり期限の利益の喪失となると、分割払いが認められず一括返済を求められることになるんです。

住所変更をしていなかったために一括払いを求められてしまったら大変ですよね!
届け出内容の変更は軽視しないようにしましょう。

プロミスに住所変更の届出を行う方法は?

プロミスの住所変更を行う方法は4種類用意されています。

▼プロミスの住所変更方法

住所変更の方法 対応時間
会員サービス 24時間365日
※毎週月曜日0:00~07:00はメンテナンスのため利用不可
プロミスコール(0120-24-0365) 平日9:00~18:00
自動契約機 9:00~21:00
※一部店舗は営業時間が異なります
お客様サービスプラザ(店頭窓口) 平日10:00~18:00

 

インターネット会員サービスから住所変更の届出

プロミスのインターネット会員サービスの「各種設定変更」にある「住所・勤務先変更」から変更届けを出すことができます。

プロミスのインターネット会員サービスなら24時間365日いつでも変更届けができますのでいちばん手軽な方法です。(メンテナンス時間を除きます)

なお、インターネット会員サービスからの住所変更に本人確認書類などの書類は不要です。

プロミスコール(0120-24-0365)から住所変更の届出

プロミスコール(0120-24-0365)で住所変更ができる時間帯は「平日9:00~18:00」になります。

プロミスコールによる新規申し込みは土日祝日も9:00~21:00で受け付けているのですが、住所変更のような会員向けのサービスは平日9:00~18:00に限られますのでご注意ください。

女性の方は女性オペレーターが対応する「プロミスレディースコール(0120-86-2634)」でも住所変更することもできますよ。

プロミスの自動契約機から住所変更の届出

プロミスの自動契約機でも住所変更ができます。対応時間は平日・土日祝日ともに9:00~21:00です。

自動契約機で住所変更届を出す場合は、現住所(新しい住所)が記載されている本人確認書類が必要になります。

書き換えを行った運転免許証などを持参するようにしてください。

お客様サービスプラザ(店頭窓口)から住所変更の届出

全国に11店舗あるプロミスの有人店舗「お客様サービスプラザ(店頭窓口)」でも住所変更することができます。

受付時間は「平日10:00~18:00」のみですのでご注意ください。お客様サービスプラザでの住所変更も新しい住所が記載された本人確認書が必要になります。

おすすめの住所変更方法はインターネット会員サービス

おすすめの住所変更方法は、やっぱりインターネットです。

どこにも行かずに変更手続きができるので、誰かにばったり会ってプロミスを利用していることがわかることもありません。

それに何よりも手軽じゃないですか?

パソコンやスマホから24時間いつでも変更届けを出せるので、引越しをして生活が落ち着いたらすぐに届けることができます。

本人確認書類も不要なので、いちばん簡単で手間がかからない往路ミスの住所変更方法はインターネット返済になります。

プロミスの住所変更以外に変更届けが必要なこと

プロミスに変更届を出さないといけないのは住所だけではありません。

こちらの
・電話番号
・メールアドレス
・勤務先
・氏名
に変更があった場合にも忘れずに届けを出してください。

なお、電話番号・メールアドレス・勤務先の変更は、ご紹介した「会員サービス・プロミスコール・自動契約機・お客様サービスプラザ(店頭窓口)」で手続きが可能ですが、氏名だけは会員サービスでの変更はできません。

氏名の変更がある場合は、「プロミスコール・自動契約機・お客様サービスプラザ(店頭窓口)」のいずれかの方法で手続きを行なってください。

年収に変更があったらどうすればいい?

プロミスに申し込みをしたときよりも年収が上がった場合にも変更届けが必要なのでしょうか?

年収の変更届は必須ではないのですが、年収が上がったことを報告すると限度額を上げてもらえる可能性もあります。

特に増額審査を受ける場合は、年収が上がったことを報告しておくと有利になるでしょう。

プロミスの変更届け提出方法一覧(まとめ)

プロミス利用者は申し込みの際に利用規約に同意していることになります。

住所変更をはじめとした各種変更届はプロミス利用者の義務ということになりますので、変更があったら14日以内に届け出を提出しましょう。

▼プロミス変更届提出方法

会員サービス プロミスコール 自動契約機 お客様サービスプラザ
氏名変更 ×
勤務先変更
電話番号変更
メールアドレス変更
住所変更

 

プロミスを完済しているなら解約も検討しよう

以前プロミスを利用していたけど、完済したまま放置しているという人もいるでしょう。

使っていないまま何年も過ぎてしまって住所も変わってしまった場合は、そのまま放置したりせずに解約手続きを行うことをおすすめします。

住所変更をしても良いのですが、解約は電話1本で手続きができますし本人確認書類も不要です。

使っていない契約でも信用情報には残り続けることになるので、解約してしまった方がスッキリできると思いますよ。


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP