プロミスは全国コンビニATMで借入・返済可能

「プロミスならコンビニでも借りられる」と聞いたことがある人も多いと思いますが、どのコンビニATMを何時まで使えるのかわかっていると安心ではないでしょうか。

また、プロミスにはローンカードなしでもコンビニATMで借り入れ・返済ができるサービスもあるんですよ!

今回は、コンビニATMからプロミスの借り入れ・返済をさらに便利に行う方法をご紹介します。

身近なコンビニでプロミスに返済をすれば、延滞の防止にもつながります。


もくじ

プロミスが利用できるコンビニATM一覧


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

まずは、プロミスの借り入れ・返済ができるコンビニを確認しておきましょう。

▼プロミスの借り入れ・返済ができるコンビニ一覧

セブン銀行ATM設置店 セブンイレブン
E.net設置店 ファミリーマート
デイリーヤマザキ
ポプラ
生活彩家
コミュニティ・ストア
ニューデイズ
アンスリー(京阪沿線)
など
ローソン銀行ATM設置店 ローソン
ナチュラルローソン
イオン銀行ATM設置円 ミニストップ

 

▼コンビニATM

取り扱い内容 営業時間 手数料
セブン銀行ATM ・借り入れ(引き出し)
・返済(振込)
メンテナンス時間を除く24時間 1万円以下:110円
1万円以上:220円
E.net(イーネット)
ローソン銀行ATM
イオン銀行ATM

 

▼コンビニマルチメディア端末

Famiポート
取り扱い内容 返済
営業時間 メンテナンス時間を除く24時間
手数料 無料

 

全国のたくさんのコンビニがプロミスの借り入れ・返済に対応しているので、日常生活でももちろんですが、仕事の出張先、旅行先などでも困ることはなさそうですね。

また、イオン銀行ATMは全国のイオンモールなどに設置してありますし、セブン銀行ATMはイトーヨーカドーなどにもあります。

お買い物ついでにプロミスから借り入れ・返済を行うこともできますね。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

プロミスのコンビニ借り入れ(引き出し)・返済(振込)のやり方

コンビニATMの借り入れと返済方法をまだやったことがないという人もいるかもしれませんがとてもプロミスなら簡単なんですよ。

ただ、コンビニATMからお金を借りる方法はなんとなくわかるけど、返済の方法がわからないという声も多いようです。

コンビニATM使ったプロミスからの借り入れ・返済方法を確認しておきましょう。

ここではセブン銀行ATMを例に、借り入れ方法と返済方法をご紹介します。

▼セブン銀行ATMの借り入れ(引き出し)方法

手順1:ATMにローンカードを挿入します。

手順2:「ご出金(借入)」ボタンを選択します。

手順3:暗証番号入力画面になりますので、手元のボタンで暗証番号を入力してください。

手順4:借り入れ金額を入力して、「確認」ボタンを押します。

手順5:明細票の必要・不要を選択します。

手順6:ローンカードと明細票が出てきますので受け取ってください。

手順7:紙幣が出てくるので忘れずに受け取ってください。

▼セブン銀行ATMの返済(振込)方法

手順1:ATMにローンカードを挿入します。

手順2:「ご入金(返済)」ボタンを選択します。

手順3:現金投入口が開きますので、紙幣を投入します。

手順4:画面に金額が表示されるので「確認」ボタンを選択します。

手順5:返済が実行されます。ローンカードと利用明細を忘れずに受け取ります。

文字で見るとちょっと長く感じられるかもしれませんが、画面の案内に従って操作するだけなので難しいことはないと思います。

周囲からはATMを操作しているだけにしか見えないので、プロミスの借り入れ・返済をしているとわかることはないと思いますよ。

セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMならカードなしでも借り入れ・返済できる

基本的にATMからプロミスの借り入れ、返済を行う際にはプロミスカードが必要になるのですが、

・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM

の2つに限っては、「スマホATM取引」という機能を使って、スマホにプロミスをインストールしておくことでカードなしでも借り入れ・返済ができます。

スマホATM取引は、スマホをキャッシュカード感覚で使えるサービスで、ATMに表示されるQRコードをプロミススマホアプリで読み込むことで出金も入金もできるというものです。

利用手数料はプロミスカードを使った借り入れ・返済と同じなので、利用するコンビニがセブンイレブンやローソンなら、カードを持ち歩く必要がありません。

よりスマートにプロミスを活用することができます。

スマホATM取引で借りる・返す方法

▼スマホATM利用手順

手順1:プロミスアプリにログインして、「スマホATM取引」をタップします。

手順2:ATM画面で「スマートフォンでの取引」をタップします。ATM画面にQRコードが表示されます。

手順3:スマホ画面の「出金」または「入金」をタップします。
※借り入れ時は出金、返済時は入金をタップします。

手順4:手順2で表示されたQRコードをスマホアプリから読み取ります。

手順5:スマホに「企業番号」「ワンタイム暗証番号」が表示されます。

手順6:ATMに手順5で表示された企業番号を入力します。

手順7:ATMに手順5で表示されたワンタイム暗証番号を入力します。

手順8:ATMに借りたい金額を入力します。この後はATMの案内に従って操作を行います。
※お使いのコンビニATMによって操作方法が若干異なることがあります。

プロミスへの返済ならファミマのFamiポートも便利!

コンビニATMから便利に借り入れ・返済ができることはわかりましたが、もうひとつぜひ覚えておきたいのが、コンビニマルチメディア端末からの返済です。

現在プロミス返済ができるコンビニマルチメディア端末はファミマの「Famiポート」のみですが、コンビニATMにはないとても大きなメリットがあるんです。

Famiポートなら手数料無料!

Famiポートによるプロミスへの返済は手数料がかかりません。

セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、E.netからのコンビニATMだと、10,000円以下の取引で110円、10,000円以上なら220円の手数料がかかってしまいます。

Famiポート返済なら、この手数料が無料なので節約になります。

返済は毎月1回以上行うものなので、できるだけ手数料をかけずに返していける方法を見つけておくと良いですよ。

Famiポートから返済する方法

Famiポートからの返済にはプロミスカードが必要になりますので忘れずに持参してくださいね。

▼Famiポートからの返済方法

手順1:プロミスカードを持ってファミリーマートに行きます。

手順2:Famiポート画面の「金融サービス/国際送金など」をタップします。

手順3:「借入金のご返済」をタップします。

手順4:「プロミス」をタップします。

手順5:Famiポートにローンカードを挿入します。

手順6:暗証番号を入力します。

手順7:返済金額を入力して、取引内容を確認の上「OK」をタップします。

手順8:Famiポートから申込券が発券されるので、忘れずに受け取ります。

▼レジで支払い
手順9:申込券を持って、30分以内にレジに行きます。

手順10:返済金額を支払います。お客様控えを受け取りましょう。

Famiポートには現金を取り扱う機能がありませんので、実際の支払いはレジで行うことになります。
Famiポートから申込券を発行して、30分以内にレジで支払ったら返済完了となります。

レジでプロミスの返済とバレることはないの?

申込券に「プロミス」とは書かれていませんが、「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」と書かれています。

レジから発券される利用明細には「キャッシングご返済」「プロミス」などの文字が記載されているので、ちょっと気になる人もいるかもしれません。

しかし、Famiポートは唯一手数料無料でコンビニ返済ができる方法なので、コンビニから返済したいならぜひ活用したい方法です。

自宅から2番目に近いファミマなど、いつもは行かない店舗で手続きをするなど、ちょっと工夫することでより使いやすくなると思います。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

コンビニでプロミスから借り入れ・返済ができる時間帯は?

コンビニATMは基本的に24時間利用できるのですが、定期的にシステムメンテナンスが行われていて、その時間帯だけは利用することができません。

またプロミスにもシステムメンテナンス時間が設けられていて、この時間帯はすべてのATMを使うことができなくなります。

コンビニATMがメンテナンスで停止になる時間帯

システムメンテナンス時間
セブン銀行ATM 定期メンテナンスなし。基本的に24時間年中無休で利用可能です。
ローソン銀行ATM 毎日午前3時~午前4時
E.netATM 3:00~5:00の間で15分程度利用できなくなることがあります。
Famiポート 毎週日曜日23:10~月曜日7:00
プロミス 毎週月曜0時〜午前7時

 

いずれの場合もシステムメンテナンスは深夜に行われるので、そこまで困ることはないと思いますが、利用できない時間帯があることは覚えておきましょう。

特に注意したいのがプロミスのシステムメンテナスです。

「毎週月曜0時〜午前7時」はどのATMも利用できなくなりますのでご注意ください。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

コンビニからプロミスの借入・返済【よくある質問】

いつでもどこでも利用できるコンビニATMは、プロミスの借り入れ・返済にとても便利であることがわかったのではないでしょうか?

メリットが多い方法であることは間違いないのですが、ちょっと気をつけたいことや注意点もあります。

プロミスのコンビニ利用に関するよくある質問をQ&Aでまとめます。

千円単位で借りられる?小銭も使える?

ATMなのでなんとなく千円単位で借り入れができるように感じられるかもしれませんが、どのコンビニATMでも千円単位での借り入れはできず1万円単位となります。

不要なお金を借りすぎてしまうことになるかもしれませんが、使わなかったお金はその日のうちに返済すれば利息がかかることはありません。

返済は千円単位でできるので、使わなかったお金はすぐに返済してしまうことをおすすめします。

でも、毎回多めに借りて、わざわざATMに立ち寄って返済をするのは面倒かもしれません。

「借りすぎを防ぎたい」「千円単位で借りたい」という場合は、コンビニATMではなく、プロミスATMまたは三井住友銀行ATMを利用してください。

この2つのATMは千円単位での借り入れが可能ですし、利用手数料もいつでも無料です。

Famiポートなら端数の返済も可能

プロミスの最終返済時に1,000円以下の端数の返済が必要になってくることがあるのですが、端数の返済はプロミスATMでもコンビニATMでもできません。

ファミリーマートのFamiポートなら端数の返済も可能ですので、コンビニから一括返済・完済したい場合は、ファミマのFamiポートから返済をするようにしましょう。

他の方法で端数も一括返済したい場合は、「インターネット返済」「店頭窓口(お客様サービスプラザ)返済」が対応しています。

コンビニATMが使えない!エラーが出たらどうすればいい?

コンビニATMで借り入れ・返済をしようとしたらエラーが出てしまったとか、よくわからないけどコンビニATMが使えないということもあるかもしれません。

そう滅多にあることではありませんが、「エラーかな?」と思ったら以下を確認してみてください。

延滞していませんか?

延滞が発生していると追加融資を受けることができなくなります。1日でも遅延していると、返済が確認できるまで新たな融資ができなくなるんです。

毎回ATMから返済している場合、自分では必要な金額を全額返済したつもりでも、約定返済額に足りていないこともあります。

返済金額はインターネットのプロミス会員ページから確認することもできますし、プロミスコール(0120-24-0365)に電話問い合わせをすることでも確認できます。

心当たりがなくても、まずはインターネット会員ページで利用状況をチェックしてみると良いでしょう。

借り入れ限度額をオーバーしていませんか?

当然ですが、プロミス審査を受けた際に設定された限度額をオーバーしてしまうと、新規融資を受けることはできません。

この場合は、まずは限度額以下になるように返済を行いましょう。

限度額を下回った時点で、新たな融資が可能になるはずです。

なお、プロミスでは延滞することなくきちんと返済を行なっていると、限度額を上げてもらうこともできます。

プロミスに限度額そのものを上げてもらいたい場合は、増額審査を検討してみると良いでしょう。

総量規制を超えていて利用停止になっていませんか?

プロミスの限度額は変わっていなくても、他社での借入額が増えたことで総量規制に抵触してしまい、新規融資をストップされることもあります。

総量規制は貸金業者から借りられる金額を年収の3分の1以下としている貸金業法に基づく規制になります。

例えば年収300万円の場合、プロミスなどの貸金業者から借りられる金額は合計100万円までとなります。

プロミスからの借り入れは40万円でも他社借り入れが60万円以上あれば、プロミスの新規借り入れも停止してしまうことがあるんです。

総量規制による貸付停止を解消するには、コツコツと返済を重ねて借入額を減らすのが近道です。

また、延滞せずに返済できているようなら、増額申請をすることで限度額を増額してもらえる可能性もあります。

対応ATMを使っていますか?

全国規模のコンビニATMなら問題ありませんが、地方銀行ATMなどはプロミスの借り入れ・返済に対応していません。

また、提携ATMでもメンテナンス時間で使えないということがあります。

土日でもコンビニATMで借り入れ・返済ができる?

コンビニATMは、メンテナンス時間外であれば土日でも平日と変わらず利用できます。プロミスの場合、手数料も土日だから高くなるということはありません。夜間の借り入れにも便利ですよ。

コンビニATMでプロミスに一括返済できる?

コンビニATMから一括返済することも可能ですが、端数の返済はできません。

例)13,200円を返済したい時
13,000円または14,000円の返済は可能ですが、端数の200円の返済はできません。

コンビニから全額一括返済をしたい場合は、ファミリーマートのFamiポートを利用しましょう。

⇒プロミス【返済方法・返済額・返済日】繰り上げ・一括返済方法も解説

コンビニATMを手数料無料で使う方法はないの?

コンビニATMをはじめとした提携ATMは110円〜220円の手数料がかかってしまうのですが、「プロミスポイントサービス」を利用すれば手数料無料で利用することもできます。

プロミスには独自のポイントがたまる「プロミスポイントサービス」があって、貯まったポイントと交換で提携ATM利用手数料を無料にすることができるんです。

プロミスポイントを貯めるための条件はこちらです。

対象サービス 獲得ポイント 条件
プロミスポイントサービスに申し込む
(初回のみ)
100ポイント 初回登録時
プロミスインターネット会員サービスにログインする
(毎月初回ログイン時のみ)
10ポイント 毎月の初回ログイン時
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」を確認する 5〜20ポイント ポイント獲得対象となるお知らせを確認した時
収入証明書を提出する 160ポイント 初回提出時と翌年以降の提出時
返済日お知らせメールサービスを利用する
(毎月月末にサービスを利用していたら付与されます)
1ポイント 毎月月末
取引確認メールサービスを利用する
(毎月月末にサービスを利用していたら付与されます)
1ポイント
プロミスのホームページで書面(Web明細)を受取る
(毎月月末にサービスを利用していたら付与されます)
1ポイント

 

提携ATMを無料で利用するには40ポイント必要になります。

40ポイントで手数無料になる期間は、「手数料無料サービスに申し込みをした日から翌月末日まで」になります。

40ポイントごとに最長で2ヶ月ですね。

プロミスポイントサービスに申し込みをした時点で100ポイント貯まりますので、これだけで最長4カ月間(2回分)手数料無料にすることができます。

ただし、このポイントサービスを使って手数料無料にする方法は便利なのですが、注意点もあります。

ポイントサービスを使ってできることは他にもあって、実は無利息期間を獲得することもできるんです。

プロミスには30日間無利息期間があるのですが、ポイントサービスで貯まったポイントによって7日間、15日間、30日間の無利息期間の無利息期間をもらうことができるんです。

そもそもプロミスATMと三井住友銀行ATMは手数料無料なのですが、無利息期間を追加で獲得する方法はこのポイントサービスしかありません。

貴重なポイントをコンビニATMの手数料を無料にするために使うのはもったいないようにも感じられます。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可

プロミスでコンビニATMを使うメリット・デメリット(まとめ)

コンビニATMの利便性はみんな知ってる通りだと思いますが、プロミスの借り入れ・返済をコンビニATMから行うメリットとデメリットをまとめます。

コンビニATMから借りる・返済するメリット

・全国どこからでもプロミスを利用できる!
・ほぼ24時間利用できるので緊急時や深夜にも借りられる
・プロミスを利用していることがバレない
・Famiポートなら手数料無料で返済できる

コンビニATMからの借り入れ・返済のメリットは、とにかく「いつでもどこでも」利用できることです。

この利便性の高さに魅力を感じる人は多いと思いますよ。

また、お金を借りているとき知り合いにバッタリ会ってしまった時でも、コンビニATMならプロミスを利用していることがバレることもないでしょう。

周囲に絶対にバレたくないという人にもコンビニATMは便利だと思います。

コンビニATMから借りる・返済するデメリット

・手数料がかかる
・千円単位での借り入れができない

コンビニATMを利用するデメリットは2つだけです。

特に注意したいのは手数料ですね。毎月1回1万円以上の返済を行うと年間で2,640円のATM利用手数料がかかります。

コンビニの利便性と手数料を天秤にかけたら決して高くはないのですが、プロミスの返済は長期化することもあります。

また、返済は毎月行うものなので、その度にコンビニATMを使ってしまうと返済のたびに手数料を支払うことになるということは頭に入れておきましょう。

毎月コンビニからプロミスに返済したいなら、Famiポートを使うことをおすすめします。


↑↑↑
スマホ・PCから24時間365日申込み可


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP