SMBCモビットの支払いを遅延・延滞する前にやるべきこと

ここでは、

・SMBCモビットの支払いを遅延、延滞してしまうとどうなってしまうのか。(督促の流れ、遅延損害金など)
・支払いできない時にやるべきこと
・支払いできない時にやってはいけないこと
・これ以上返済は無理!というときにできること

などを解説します。

万が一、SMBCモビットへの支払いを延滞してしまいそうな時にはどうすれば良いのでしょうか?


もくじ

SMBCモビットの返済が遅れたらどうなる?延滞後の督促の流れ

まずはSMBCモビットに何も連絡をせずに支払いを遅延してしまった場合の流れを確認しておきましょう。

SMBCモビットが行う一般的な催促・督促の流れを解説します。

SMBCモビットからすぐに電話がかかってきます

返済遅延が発生すると、SMBCモビットから早ければ遅延発生日、遅くとも2~3日で電話による確認が行われることになります。

ただ、この初回の電話は督促、取り立てというよりも「お支払いが確認できなかったのでご連絡させていただきました」という感じの状況確認になります。

電話の前に、メールやショートメッセージ(SMS)で連絡が行われることもあります。

どうしても支払いが厳しくて入金できなかった場合は、この時点でSMBCモビットのスタッフに相談することも可能です。

うっかりSMBCモビットへの支払いを忘れていた場合は、いつ返済ができるか返済予定日を聞かれることになるので回答しましょう。

ここで回答した返済予定日までは、再度督促の電話がかかってくることはありません。

なお、延滞が発生してしまうと、支払いが行われるまでは借り入れもできなくなります。

数日でSMBCモビットから自宅に督促状が送られてきます

SMBCモビットからの電話に出なかったり、遅延が解消されない場合は、ハガキによる催促が行われることになります。

圧着ハガキと呼ばれている内容が見えないように貼り合わせてあるハガキで督促状が届くんです。

ハガキの外側にはSMBCモビットからの督促状だとわかるような内容は書かれていませんが、内側に返済金や遅延損害金についてバッチリ書かれているので、家族などに中を見られてしまったらSMBCモビットの返済が遅れていることが確実にわかってしまうでしょう。

延滞約2ヶ月で一括請求を求める督促状が送られてきます

延滞が発生して2ヶ月くらい経つと、これまで通り分割払いで返済することが許されなくなり、一括払いを要求する一括請求通知が届きます。

この一括請求通知には一括払いを要求するということと、○月○日までに返済(元金、利息、遅延損害金などの合計)を行わない場合は、裁判によって一括請求を行うという内容も書かれています。

一括請求通知は普通郵便ではなく、内容証明郵便で届くことになりますので、督促状が普通郵便から内容証明郵便に変わったら、とてもマズいことになっているということになります。

内容証明郵便は、誰がどのような内容の郵便物を誰あてに出したのかを郵便局が証明できる郵便になるので、受け取った後に「もらっていない」「そんな通知は届いていない」と言い張ることは非常に難しくなります。

なお、この時点ですでに信用情報には「延滞」の記録が載っているのですが、一括請求が行われると「事故情報(異動情報)」というさらに不名誉な記録が載ってしまうことになります。

※「延滞」「事故情報(異動情報)」の違いは「延滞のリスク2:ブラックリストに載る」で詳しく解説します。

延滞約3ヶ月で法的手続きが行われ強制執行となります

延滞が解消されない場合、電話や郵送による催促が続くことになりますが、それでも支払いが行われない場合は、実際に裁判所に一括請求を要求する訴訟を起こされてしまいます。

何ヶ月もかけて返済を求めてきたのに一向に返済されないということで、法律の力を借りて1円でも多く取り戻そうとするわけです。

申し立てが行われた場合は、SMBCモビットからではなく裁判所から「特別送達」という郵便が届くことになります。

被告となってしまった債務者が何も主張しないまま裁判を欠席してしまうと、原告(SMBCモビット側)の請求をそのまま認めたということになり、SMBCモビット側は強制執行を申し立てることができるようになります。

この段階になってもSMBCモビットへ支払いが行われない場合は、実際に強制執行が行われ差し押さえとなってしまういます。

▼差し押さえの対象になる財産の例
・預貯金
・不動産
・車
・貴金属、高級腕時計、絵画、パソコンなどの動産
・株式など有価証券
・生命保険(強制解約になり解約返戻金が回収されてしまいます)
・給与、賞与
※手取り額の4分の1。
※手取り額が44万円を超える場合は、33万円を超える全額。つまり、33万円しか受け取れないことになります。

SMBCモビットの返済が遅れたために裁判を起こされて家まで失ってしまう可能性があるとなると怖いような気もしますが、こちらはSMBCモビットからの連絡を一切無視して返済もしなかった場合の最悪の流れであり、必ずこの通りに進むわけではありません。

必要な返済額をどうしても返せないとしても、誠意のある対応でSMBCモビットに相談をすれば対応してもらうこともできます。

SMBCモビットへの支払いを延滞するリスク

延滞のリスク1:遅延損害金(延滞金)が発生する

SMBCモビットへの支払いが延滞してから督促までの流れを見てきましたが、延滞時のリスクは督促が行われるというだけだけではありません。

まず必ず発生するのが「遅延損害金」です。

遅延損害金は延滞金のことで、延滞が発生したその日から延滞が解消する日まで日割りで増えていくことになります。

SMBCモビットの遅延損害金は借り入れ残高に対して実質年率20.0%ですので、計算方法は以下のとおりです。

遅延損害金 = 借入残高 × 遅延損害金利率(20.0%) ÷ 365日 × 延滞日数

例えば、借り入れ残高が30万円で、30日間の延滞が発生している場合は、

30万円 × 20.0% ÷ 365日 × 30日間 = 4,931円

遅延損害金だけで4,931円の支払いが必要になります。

元金と延滞発生までの利息に加えて遅延損害金を払わなければいけないため、返済負担が大きくなります。

なお、遅延損害金は延滞金になりますので、返済期日の翌日(延滞が始まった日)から必ず発生します。

SMBCモビットに事前連絡をした状態で延滞したとしても延滞が解消されるまで日割りで増え続けますので、速やかに返済してしまうことを強くおすすめします。

延滞のリスク2:ブラックリストに載る

よく「カードローン返済を延滞するとブラックリストに載る」と言いますが、これは実際そのとおりです。

しかし、さすがに2~3日の延滞でブラックリスト入りしてしまうというような厳しいものではありません。

そもそもブラックリストがなんなのかというと、「信用情報機関に事故情報(異動情報)が載ること」を指します。

長期間延滞した、代位弁済が行われて一括請求された、債務整理をしたなどはすべて「事故情報」となり、信用情報機関に登録されることになるのです。

このことをブラックリストと呼んでいるのです。

信用情報機関は日本に3社あります

日本には、

・CIC(指定信用情報機関)https://www.cic.co.jp/
・JICC(日本信用情報機構)https://www.jicc.co.jp/
・全国銀行個人信用情報センター https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

の3つの信用情報機関があり、それぞれに個人信用情報を保有していて必要に応じて情報を共有しています。

信用情報はいつ使われるの?

信用情報は、カードローンやクレジットカード、住宅ローンなどのローン審査を受ける際に必ずチェックされることになります。

携帯電話本体を分割払いで購入するときにも参照されるんですよ。

信用情報にはクレジットカードやローンの一定期間の利用状況が記載されているので、審査をする側は「本当に信用してお金を貸せる人物なのかどうか」を判断するために信用情報を参照するのです。

ここでブラックリスト入りしていることがわかったら、「この人は過去にお金のトラブルを起こしている危険な人だから審査は否決にしよう」と判断できるわけです。

「延滞」は返済が遅れていること

延滞するとブラックリストに載ると言われていますが、厳密に言うと「延滞」と「事故情報(異動情報)」は異なります。

どちらも金融トラブルを起こしたという意味では同じなのですが、延滞と事故情報(異動情報)では、掲載される項目が変わってくるんです。

こちらは信用情報機関CICの実際の信用情報になります。

①の「入金状況」には、それぞれの月ごとの入金履歴がマークで記載されることになります。
例えば「$」マークが入っていたら、請求通りに正常に入金されたことを指します。

「A」マークであれば「未入金(利用者の事情により入金日に入金なし)」なので、支払いがなかった(つまり延滞した)ことがすぐにわかるんです。
ただし、この欄はあくまでも入金状況を示す欄なので、事故情報(異動情報)とは異なります。

「異動情報」は延滞を含むさらにネガティブな情報

②の「返済状況(異動発生日)」には「支払いの遅れが3ヶ月以上あった場合等の状況」が記載されることになります。なお「異動発生日」の欄には、「異動」に該当した場合に、延滞などが発生した日付が記載されます。

CICの異動情報として掲載される項目がこちらです。

・返済日より61日以上または3ヵ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
・返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの
・裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)

引用元:CIC「「信用情報開示報告書」表示項目の説明」[PDF]

「入金状況」欄に延滞記録が記載された時点で信用情報に傷がついていることになるのでブラックリストと言えるのですが、延滞の記録が記載されているという状況と、異動情報(事故情報)が載っているという状況ではカードローン審査などを行う金融機関が持つ印象は大きく変わります。

例えば半年以上前に1回だけ延滞したことがあり、入金状況欄にAマークがひとつだけあるという人ならローン審査に通る可能性はまだ残されていますが、異動情報があるとたとえ公務員であっても即アウトと言っても良いくらい審査に影響してしまうんです。

SMBCモビットの支払いを遅延した場合で異動情報が掲載されてしまうケースとして最も考えられるのは、「61日以上遅延(延滞)」した場合となります。

つまり信用情報においては、

・延滞がある程度の期間発生したら「入金状況」にAマークが記載されて信用情報に傷がつく(この状態をブラックリストとする場合もあります)
・延滞が長期化(目安は61日以上)してしまうと事故情報(異動情報)が記載されて完全にブラックリスト入りする

ということになり、さらに事態が深刻になってしまうのです。

どうしてもSMBCモビットへ支払いできない時の対処方法は2つ

SMBCモビットの支払いを滞納してしまった場合の督促の流れ、信用情報に傷がつく、ブラックリスト入りするなどのリスクを確認してきましたが、こういったことには絶対になりたくないですよね。

しかし、返済が長期化してしまって、どうしてもSMBCモビットへの返済に困ってしまうこともあるかもしれません。
そんな時にはどういった対策があるのでしょうか?

返済日(支払い期日)を変更する

「支払い期日には間に合わないけど、1週間後だったら返済できる」といったごく短期間の遅延で返済できるようであれば、支払い期日を一時的に変更するという方法があります。

支払い方法の変更は、会員専用サービス「Myモビ」、スマホアプリ、モビットコールセンター0120-24-7217(営業時間9:00~18:00)から手続きができます。

Myモビやスマホアプリなら、SMBCモビットのオペレーターとお話をする必要もないので、気軽に変更手続きができますよ。

ただし、支払い期限を変更して、変更した日にきちんと返済ができたとしても、本来の返済期日から延滞しているという事実は変わらないので、延滞発生日から返済日までの遅延損害金は日割りで発生してしまいます。

なるべく早く返済してしまいましょう。

SMBCモビットに相談する

返済日を数日後ろ倒ししたくらいではとても返済できないよ・・・という場合は、モビットコールセンター0120-24-7217(営業時間9:00~18:00)に相談してみてください。

どうしても期日通りに請求額を返済することができない場合は、今月の支払いは利息分だけにしてもらえる、返済額を減額してもらえるなどの措置をとってもらえることがあります。

これまでの返済状況によっては、「請求通りの支払いを行なってください」と言われてしまう可能性もあるのですが、本当に困っているということを誠意を持って相談すれば何らかの緩和条件を提案してもらえる可能性が十分にありますよ。

ただ、利息だけを返済した場合、延滞にはならないのですが元金が減ることもありません。

一時的な救済策にしかならないので、やはりできるだけ請求通りに返済できるようにお金の都合をつけたほうが良いでしょう。

SMBCモビットに連絡しないで延滞するのは絶対にダメ!

延滞してしまいそうな時に絶対にやってはいけないのは、連絡をしないまま返済期日を迎えてしまうことです。

延滞することがわかっていてSMBCモビットに連絡をするのはなんとなく気がひける・・・と感じる人もいるかもしれませんが、インターネットから返済日を変更したり、電話をかけて返済についての相談をするだけで自分自身が救われるはずです。

正規の手続きを踏んで法律に基づいて契約した上で借りたお金である以上、請求通りの返済を行うのは当然のことです。連絡をせずに延滞してしまうという不誠実な対応だけは絶対にしないようにしましょう。

SMBCモビットの支払い遅延・延滞のよくある質問

SMBCモビットの返済遅延、延滞についてのよくある質問をQ&Aでさらに見ていきましょう!

口座振替で遅延してしまいましたが再引き落としは可能ですか?

口座振替は毎月の返済手続きを行わなくても自動的に口座引き落としで返済が行われるので、延滞のリスクが最も低い返済方法になります。

しかし、その便利さから、「今月もちゃんと返済できたかな?」と毎月引き落とし状況を確認する人も少ないかと思います。

そのため延滞しても自分では気がつかないこともあるようで、実際口コミでも、SMBCモビットからの連絡でついうっかり残高不足になって延滞していたことに気がついたという人がいらっしゃいました。

口座振替で返済ができなった場合に、再度引き落としがかかることはありませんので、自分でATM、銀行振込、もしくはインターネット返済にて返済する必要があります。

返済が必要な金額はMyモビで確認できますが、不安な場合はモビットコールセンター0120-24-7217に問い合わせると確実です。

延滞に気がついたら速やかに入金するようにしましょう。

もうこれ以上は絶対に返済できない!どうすればいい?

SMBCモビットには、返済が遅れそうな時に返済期日を一時的に返済したり、返済金額について相談できるサービスがあることをご紹介しましたが、返済が厳しい状況が慢性化していてSMBCモビットに相談しても返済そのものがもうできないよ・・・という時があるかもしれません。

そういった場合の対応は2つあります。

1.おまとめローンを検討してみる

おまとめローンは複数からの借り入れを1本化して返済しやすくすることです。

例えば現在3社から金利18.0%で80万円ずつ借りているとします。

おまとめローンでどこか1社から240万円を借りて3社には速やかに返済してしまって、今後は1社だけに返済を行います。

こうすることで今後の返済が段階的に楽になって、前向きに完済を目指せるようになるのです。

おまとめローンでは借り入れ金額そのものは変わりません。元金が減ることもないですし、今後も返済は継続することになりますが、メリットは大きく2つあります。

ひとつは返済負担が減ることです。

おまとめローンが成功すると、これまで月に3回あった返済日が1回になるなど返済回数が減るので、返済の管理がラクになります。

返済負担が減ることで前向きに完済しようという意欲も湧いてくるかと思います。

また、複数社から借りている場合、借入残高がいくらなのかもわからないという人も少なくないのですが、借金を一本化することで状況を把握しやすくなります。

もうひとつは金利が下がる、返済総額が下がるなど、支払う金額が下がるということ。

特に複数の金融機関から金利18.0%で100万円未満を借りている場合は、1社から合計100万円以上のおまとめローンができれば金利は必ず15.0%まで下がります。

ちなみにおまとめローンは総量規制の対象外なので、すでに年収の3分の1近く借り入れがある人でも借り入れ可能です。

おまとめローンに成功しても、毎月の返済額を減らしすぎると、かえって返済総額が増えることもあるのですが、返済計画をしっかり立てて返していけば返済リスクを減らすことができます。

なお、SMBCモビットにおまとめローン商品は用意されていないので、別の大手消費者金融や銀行カードローンで検討する必要があります。

大手消費者金融では、プロミス、アコム、アイフルなどがおまとめローンを取り扱っています。

2.債務整理を検討する

債務整理は借金の減額、返済の全額免除を行う法的手続きです。

債務整理には任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4つの方法があり、それぞれにメリット、デメリットがありますが、まさに借金の返済に困っている人のための救済制度なので、生活を再建したいと考えているのであれば非常に有効な手段になります。

まず、債務整理を弁護士・司法書士に依頼すると、債権者に「受任通知」が送られます。

受任通知を受け取った債権者は、それ以降債務者に直接連絡をしたり取り立てをすることができなくなるので、債務整理を始めると電話、メール、書面などのすべての督促が即ストップします。

返済もストップできるので、債務整理を始めるとすぐに金銭面での負担も精神的な負担も大きく緩和されます。

※特定調停は弁護士・司法書士に依頼しない手続きになるので受任通知が送られません。申し立てを行えば原則として取り立ても止まるのですが、必要な書類の作成などを自分で行うことになるので、時間がかかってしまうと取り立て行為が止まるまでの時間も長期化することもあります。

債務整理の大きなデメリットとしては、費用がかかることと、どの債務整理を行なっても信用情報にブラックリストとして登録されることが考えられます。

債務整理は法的な手続きとはいえ、利用者を信頼してお金を貸した債権者には大打撃になるわけなので、それなりのペナルティもあるのです。

債務整理や借金問題の相談は無料で受け付けている専門家も全国にいらっしゃいます。

検索すると比較的簡単に見つかると思いますが、どこに相談すれば良いかわからない場合は、法テラスに相談することもできます。

借金問題は放っておいても解決することはありませんが、「もうどう頑張っても返済できないよ・・・」という時でも救済措置はありますのでひとり悩まずに周囲を頼ってみてください。

ブラックリストに載った内容はいつ消えるの?

信用情報機関は3社あるため、それぞれが保有している内容は異なるのですが、基本的にはブラックリストとして登録される期間は内容によって以下のようになっています。

ブラックリストの内容 期間
CIC入金状況欄の「延滞」 契約中および契約終了から5年間
事故情報(異動情報) 61日以上の支払遅延(延滞)
保証履行(代位弁済)
強制解約
債務整理(任意整理・特定調停・個人再生)
債務整理(自己破産) 免責の決定日から10年を超えない期間

 

特殊なのは債務整理の自己破産を行なった場合です。

CICとJICCには「契約中および契約終了から5年間」のみ登録されるのですが、全国銀行個人信用情報センターに最長10年間記録されることになります。

<まとめ>

借りたお金を約束どおり返すのは当然なのですが、どうしても返済できない時もあるかもしれません。

しかし、今回ご紹介したとおりSMBCモビットの返済に困った時でもできる対策はあります。

最もやってはいけないことはSMBCモビットに連絡をしないまま返済期日が過ぎてしまうことです。

返済が厳しい時こそ、お金のプロであるSMBCモビットに相談してみてください。


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP