SMBCモビットCMの歴代女優・俳優は?

SMBCモビットのCMシリーズが2019年から一新され、これまでと全く異なるイメージのものになっています。それに出演している女優・俳優は?またSMBCモビットCMの歴代の出演者は?

SMBCモビットのCMが気になっている方、必見です!


もくじ

SMBCモビットの歴代CM出演者


SMBCモビットの歴代CMにキャスティングされている(いた)のは次の4人の女優・俳優です。

竹中直人 2000年~
桃井かおり 2000年~2011年
夏菜 2011年10月~2019年7月
小芝風花 2019年7月~

 

竹中直人さんはSMBCモビットのCMのオンエアがスタートした2000年からずっと変わらず出演されています。いわばSMBCモビットの顔、といったところでしょうか。

一方の女優陣は初代・桃井かおりさんが長きにわたって出演されていましたが、2011年に二代目・夏菜さんにバトンタッチ、そして2019年からは三代目として小芝風花さんが出演されています。

つまり放映が始まって20年以上となるSMBCモビットのCMですが、これまでにキャスティングされたのは「たったの」4人。

消費者金融のCMというと派手で目新しいものを繰り出していくイメージがありますが、SMBCモビットの場合にはじっくりとイメージ作りをしていこうとの戦略が見えてくるようです。

SMBCモビットの歴代CMにはゴルフバージョンも

SMBCモビットは2018年より日本ゴルフツアー機構(JGTO)が主催するジャパンゴルフツアー クォリファイングトーナメント(QT)の協賛をスタートしている関係から、ゴルフをテーマにしたCMも制作しています。

第一弾として2018年8月より「JGTO QT サポート篇」が、2019年2月からは「JGTO QT それぞれの挑戦篇」の放映がスタート。こちらのCMにはプロゴルファーの中里光之介さんらの顔を見ることができます。

さらに2019年11月からはプロゴルファー岩本高志さんとその家族が出演している「JGTO QT 挑戦者のエピソード・絆篇」も制作され、オンエアされています。

SMBCモビットCM出演女優・俳優のプロフィール

では、ここからはSMBCモビットの歴代CMに出演している女優、俳優、そしてプロゴルファーの中里光之介さん、岩本高志さんのプロフィールをご紹介していきましょう。

SMBCモビットCM出演俳優「竹中直人」さんのプロフィール

まずはSMBCモビットのCMが始まった2000年からずっとキャスティングされている竹中直人さんのプロフィールです。

本名 竹中直人
生年月日 1956年3月20日(魚座)
出生地 神奈川県横浜市金沢区
身長 168cm
血液型 A型
デビュー 1983年
趣味 音楽鑑賞、映画鑑賞
特技 絵画、口笛
配偶者 木之内みどり
事務所 レディバード

 

現在は俳優、タレントのイメージが強い竹中直人さんですが、元々はコメディアンとしてデビュー。

そのきっかけは1983年に出演したテレビ朝日「ザ・テレビ演芸」のオーディションコーナー「飛び出せ!笑いのニュースター」でグランドチャンピオンになったことでした。

竹中直人さんの俳優としての出世作はなんといっても1996年に放映されたNHK大河ドラマ「秀吉」でしょう。豊臣秀吉は竹中さんの当たり役となり、他のドラマでも何度か豊臣秀吉を演じることになりました。

以降、映画監督、文筆家にと大活躍されている竹中直人さん。ちょっと意外な活動としては2006年から多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科の客員教授を務められています。それもそのはず、竹中直人さんは同学科を卒業されています。

竹中直人さんの持ちネタの「笑いながら怒る人」も同校在学中に所属していた映像演出研究会での活動中に生まれたものなのだそうです。

SMBCモビットの最新CMでは「Butler篇」として執事(バトラー)をコミカルに演じられています。

竹中直人さんの出演作品など

竹中直人さんは非常に多くのドラマや映画、バラエティ番組などに出演されています。

というのも、スケジュール的に都合がつかないケース以外は仕事を断らないのが竹中直人さんのモットーなのだとか。

ドラマや映画の中には自身でメガホンを握っていらっしゃるものも多数ありますし、竹中直人さんのはなんともエネルギッシュですね。

【ドラマ】
・秀吉(1996年)- 主演・豊臣秀吉 役
・伝説の教師(2000年)- 浅井龍次 役
・GOOD LUCK!!(2003年)- 内藤ジェーン 役
・相棒 Season3(2004年)- 海音寺菊生 役
・のだめカンタービレ(2006年・2008年)- フランツ・フォン・シュトレーゼマン 役
・戦国自衛隊・関ケ原の戦い(2006年)- 石田三成 役
・敵は本能寺にあり(2007年)- 羽柴秀吉 役
・フリーター、家を買う。(2010年)- 武誠一 役
・坂の上の雲(2009~2011年)- 小村寿太郎 役
・軍師官兵衛(2014年)- 豊臣秀吉 役
・失恋ショコラティエ(2014年)- 小動誠 役
・ようこそ、わが家へ(2015年)- 真瀬博樹 役
・仮面ライダーゴースト(2015~2016年)- 仙人 / イーディス 役
・あなたの番です(2019年)- 床島比呂志 役
・私刑人~正義の証明(2020年)- 龍岡泰邦 役
・青天を衝け(2021年)- 徳川斉昭 役  …など

【映画】
・無能の人(1991年)- 主演・助川助三 役(兼監督)
・シコふんじゃった。(1992年)- 青木富夫 役
・119(1994年)- 津田達哉 役(兼監督、共同脚本)
・EAST MEETS WEST(1995年)- 為次郎(トミー)役
・GONIN(1995年)- 原昌平 役
・Shall we ダンス?(1996年)- 青木富夫 役
・東京日和(1997年)- 島津巳喜男 役(兼監督)
・三文役者(2000年)- 殿山泰司 役
・連弾(2000年)- 佐々木正太郎 役(兼監督)
・ウォーターボーイズ(2001年)- 磯村 役
・翔んで埼玉(2019年)- 神奈川県知事 役
・麻雀放浪記2020(2019年)- クソ丸 役
・カツベン!(2019年)- 青木富夫 役  …など

竹中直人さんのSNSなど

竹中直人さんはInstagram、Twitterなどの公式アカウントを開設されていません。

また竹中直人さんの場合、公式ブログなどもありませんので、事務所の公式プロフィールが唯一の情報発信媒体という形になっています。

竹中直人さんの最新情報はこちらでチェックしてみてください。

SMBCモビットCM出演女優「小芝風花」さんのプロフィール


次はSMBCモビットのCM「Butler篇」で今どきのお嬢様役を務めている小芝風花(こしば ふうか)さんをご紹介しましょう。

本名 小芝風花
生年月日 1997年4月16日(牡羊座)
出生地 大阪府堺市堺区
身長 158cm
血液型 A型
デビュー 2011年
趣味 編み物
特技 フィギュアスケート
事務所 オスカープロモーション

 

小芝風花さんの特技はフィギュアスケートで、小学3年生からの遅いスタートながらトリプルトゥループを演技に組み込み、フィギュアスケートの虎の穴とも呼ばれる全国有望新人発掘合宿、通称「野辺山合宿」に3度呼ばれるなど将来を嘱望されていました。

小芝風花さんはフィギュアスケートではシングルだけでなくアイスダンスも並行、後にシングルでも活躍した渡邊純也さんとカップルを組み、2011年10月には第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会で優勝を飾っています。

しかし転機はその後すぐに訪れ、同じ年の11月に開催された「イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011」の全国大会で小芝風花さんは見事グランプリを獲得したのです。

当初はフィギュアスケートとの両立を考えていた小芝風花さんでしたが、「どちらも甘いものではない」と芸能活動一本に絞ることを決意。フィギュアスケートで身につけた身体能力と表現力に加え、こうした決断の良さが、後に女優としての開花につながったのかもしれませんね。

映画「魔女の宅急便」を皮切りに、NHKで放映された「トクサツガガガ」、日本テレビ「美食探偵 明智五郎」など、最近は主役やヒロイン役を務めることが増えている小芝風花さん。

小芝風花さんは可愛らしさと確かな演技力を併せ持つ、今最も旬な若手女優のひとりであることは間違いありません。

SMBCモビットのCMでは、執事役を演じる竹中直人さんと息の合った掛け合いを披露しています。お約束となっている関西弁でのテンポのいいツッコミも見どころのひとつだと言えるでしょう。

小芝風花さんの出演作品など

【ドラマ】
・スケート靴の約束~名古屋女子フィギュア物語~(2013年)- 水元葉子 役
・あさが来た(2016年)- 白岡千代 役
・ふたりのキャンバス(2017年)- 主演・柳井里保 役
・トクサツガガガ(2019年)- 主演・仲村叶 役
・ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ(2019年)- 主演・稲穂みのり 役
・べしゃり暮らし(2019年)- 鳥谷静代 役
・パラレル東京(2019・2021年)- 主演・倉石美香 役
・美食探偵 明智五郎(2020年)- 小林苺 役
・妖怪シェアハウス(2020年)- 主演・目黒澪 役
・書類を男にしただけで(2020年)- 主演・箕輪裕希 役
・モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~(20201年)- 主演・清水萌子美 役  …など

【映画】
・魔女の宅急便(2014年)- 主演・キキ 役
・ガールズ・ステップ(2015年)- 片瀬愛海 役
・天使のいる図書館(2017年)- 主演・吉井さくら 役
・文福茶釜(2018年)- 川島涼香 役  …など

【舞台】
・夕陽伝(2015年)- 陽向 役
・オーランドー(2017年)- サーシャ姫 役  …など

【テレビCM】
・イオン「G.G(グランド・ジェネレーション)」(2012年~)
・井田ラボラトリーズ「CANMAKE」(2020年~) など

小芝風花さんのSNSなど

小芝風花さんはInstagramの他、TikTok、公式サイト、ブログで情報を発信されています。このうち最もよく更新されているのはInstagram。仕事だけではなくプライベートの様子も垣間見ることができます。

公式サイトやブログは主に出演情報のみの更新となっています。

小芝風花さんのTwitterアカウントはありませんので、注意してください。

SMBCモビットCM出演女優「夏菜」さんのプロフィール

小芝風花さんの前に、SMBCモビットCMで竹中直人さんとコンビを組んでいたのは夏菜(なつな)さんは、2011年10月から2019年7月までの約8年間にわたってSMBCモビットのCMに出演していました。

本名 渡辺夏菜
生年月日 1989年5月23日(牡牛座)
出生地 埼玉県戸田市
身長 165cm
血液型 A型
デビュー 2005年
趣味 料理、ショッピング、ゲーム
特技 モダンバレエ
事務所 トヨタオフィス

 

夏菜さんのデビューのきっかけは中学2年生の夏に竹下通りでスカウトを受けたことでした。

それまでにも何度か芸能事務所のスカウトに声をかけられたことはあり、そのたびに断っていたのですが、今回は矢田亜希子さんが所属しているトヨタオフィスからのものだったことで決意。

夏菜さんは、スカウトから1年後に自分で事務所に連絡して、芸能活動をスタートさせました。

2012年後期にオンエアされた「純と愛」の主役・狩野(待田)純役は、NHK連続テレビ小説にヒロインオーディションでは「ファイト」「瞳」に続き3度目の正直として掴んだものでした。

独特な脚本や演出に賛否の声が大きく寄せられ、つらい思いもあったようですが、そのたびにたくさんのファンレターが救いとなったとのこと。

そのときの経験は夏菜さんにとって大きな糧となったようです。

「純と愛」以降、映画でも主役を演じたり時代劇に挑戦したり、音楽番組でリリー・フランキーさんとともにMCを務めたりとますます活躍の場を広げている夏菜さん。

SMBCモビットのCMでも歌やダンスを披露するなど芸達者ぶりを見せていました。

2021年1月には一般人男性との結婚を発表、ちなみに本名として公開されている「渡辺夏菜」は結婚前のもので、独身時代に名乗られていた芸名でもあります。

夏菜さんの出演作品など

【ドラマ】
・ガチバカ!(2006年)- 清家ひかり 役
・嫌われ松子の一生(2006年)- 川尻久美 役
・おくさまは18歳(2011年)- 高木飛鳥 役
・純と愛(2012~2013年)- 主演・狩野(待田)純 役
・世にも奇妙な物語 ’13秋の特別編「0.03フレームの女」(2013年)- 主演・日暮美和 役
・ダブルス~二人の刑事(2013年)- 宮田亜紀 役
・仮面ティーチャー(2014年)- 賀東麻耶 役
・スペシャリスト(2016年)- 我妻真里亜 役
・ハケンのキャバ嬢・彩華(2017年)- 主演・一条彩華 / 御倉花 役
・人生が楽しくなる幸せの法則(2019年)- 主演・中川彩香 役  …など

【映画】
・君に届け(2010年)- 矢野あやね 役
・GANTZ(2011年)- 岸本恵 役
・GANTZ PERFECT ANSWER(2011年)- 岸本恵 役
・監禁探偵(2013年)- 主演・アカネ 役
・タイガーマスク(2013年)- 若月ルリ子 役
・鏡の中の笑顔たち(2015年)- 高橋まり 役
・田沼旅館の奇跡(2015年)- 主演・西川奈緒 役
・恋とオンチの方程式(2016年)- 主演・山吹みどり 役
・銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年)- 猿飛あやめ 役
・夏への扉(2021年)- 白石鈴 役  …など

【舞台】
特別法第001条 DUST(2009年)- 桜井真由 役
ぬるい毒(2013年)- 主演・熊田由理 役

【番組】
ピカルの定理(2011~2012年)
The Covers(2014~2016年)-MC  …など

夏菜さんのSNSなど

夏菜さんは主にInstagramで情報を発信していらっしゃいます。ファッショナブルな姿はもちろんのこと、ちょっとコミカルな一面も見せてくれて見ごたえがあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

またYouTubeには公式チャンネル「なつなかん」も開設されており、こちらでは夏菜さんのカジュアルなトークを楽しむことができます。

出演情報をさくっと調べたいのなら公式ページも便利ですが、夏菜さんの場合、近況はやはり更新度の高いInstagramがお勧めです。

SMBCモビットCM出演女優「桃井かおり」さんのプロフィール

2000年からSMBCモビット(当時は単に「モビット」)のCMに登場していた初代女優は桃井かおりさんは、竹中直人さんとは11年にわたってコンビを組まれていました。

桃井さんのプロフィールは次の通りです。

本名 桃井かおり
生年月日 1951年4月8日(牡羊座)
出生地 東京都世田谷区
身長 162cm
血液型 O型
デビュー 1971年
趣味 料理、旅行
特技 バレエ、デザイン
事務所 アトリエ・エツ

 

桃井かおりさんは1971年、映画「愛ふたたび」で浅丘ルリ子さんの妹役としてデビューを飾りました。

同年に公開された「あらかじめ失われた恋人たちよ」ではヒロインを演じるなど非常に華々しいデビュー年となったのですが、実はご両親には芸能界入りを内緒にしていたとのこと。

映画でデビューを知ったご両親とは一時的に勘当されるなどの軋轢があったようです。

1975年には萩原健一さんに請われドラマ「傷だらけの天使」にゲスト出演、その後「前略おふくろ様」でブレイクした桃井かおりさん。

1977年には映画「幸福の黄色いハンカチ」、1979年には「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」「もう頰づえはつかない」など立て続けに大ヒット作に出演し、その人気を不動のものにしました。

桃井かおりさんは日本アカデミー賞では主演女優賞(1979年)と2度の助演女優賞(1978年・2020年)、ブルーリボン賞では3度の主演女優賞(1979年・1988年・1997年)と助演女優賞(1977年)を受賞。さらに2008年には紫綬褒章(芸術文化部門)を受章されています。

上記以外にも数え切れないほどの受賞歴を持つ桃井かおりさん、特筆すべきは1970年代から2020年代にわたって満遍なく受賞されていることで、まさに日本を代表する名女優と言って良いでしょう。

2005年に制作された「SAYURI」を期に活躍の場をハリウッドに求め、現在、桃井かおりさんはロサンゼルスに居を移されています。

桃井かおりさんの出演作品など

桃井かおりさんはデビューから非常にたくさんの作品に出演されているため、ここでは主演されたものを中心に一部のみをご紹介します。

【ドラマ】
・前略おふくろ様(1975~1977年)- 岡野海 役
・ちょっとマイウェイ(1979~1980年)- 主演・浅井なつみ 役
・小児病棟(1980年)- 主演・看護婦 役
・人間万事塞翁が丙午(1982年)- 主演・かな 役
・名門私立女子高校(1984~1985年)- 三村加代 役
・女検事・霞夕子シリーズ(1985~1993年)- 主演・霞夕子 役
・花へんろ 風の昭和日記(1985~1988年)- 主演・静子 役
・夢に見た日々(1989年)- 土屋多恵子 役
・天上の青(1994年)- 波多雪子 役
・少年H(1999~2001年)- 妹尾敏子 役
・ビューティ7(2001年)- 主演・飯島翔子 役
・伝説のマダム(2003年)- 主演・初島真利 役
・SCANDAL(2008年)- 新藤たまき 役  …など

【映画】
・あらかじめ失われた恋人たちよ(1971年)- 唖の少女 役
・幸福の黄色いハンカチ(1977年)- 小川朱美 役
・男はつらいよ 翔んでる寅次郎(1979年)- 入江ひとみ 役
・もう頬づえはつかない(1979年)- 主演・まり子 役
・影武者(1980年)- お津弥の方 役
・ええじゃないか(1981年)- 主演・イネ 役
・青春の門 自立篇(1982年)- カオル 役
・疑惑(1982年)- 主演・白河(鬼塚)球磨子 役
・メイン・テーマ(1984年)- 伊勢雅世子 役
・ハワイアン・ドリーム(1987年)- レイコ・ケイン 役
・木村家の人びと(1988年)- 木村典子 役
・TOMORROW 明日(1988年)- 主演・三浦ツル子 役
・東京夜曲(1997年)- 大沢たみ役
・SAYURI(2005年)- お母さん 役
・Oh Lucy!(2014年)- 主演・節子 / ルーシー 役
・火 Hee(2016年)- 主演・梓 役(兼監督)
・宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年)- 星ばあ役  …など

【テレビCM】
・マックスファクター「SK-II」(1994~2011年)
・象印マホービン「プラチナ真空釜」など(2009~2013年)
・日本イーライリリー 「いつのまにか骨折」(2014年~)
・アサヒビール「クリアアサヒ」(2015年~)
・レディー・ガガ「アルバム『ジョアン』」(2016年)  …など

桃井かおりさんのSNSなど

桃井かおりさんのSNSはInstagramのみですが、この他、公式サイトを開設されています。

桃井かおりさんの仕事に関する情報をチェックしたい場合には公式サイトが便利。Instagramはプライベートな内容が多く、特に桃井かおりさんが作った食事を披露される機会が多いようです。料理が趣味と言われるだけあって、本格的な出来栄えに驚かされます。

SMBCモビットCM出演者「岩本高志」さんのプロフィール

2019年11月からSMBCモビットのCMに出演されているプロゴルファーの岩本高志さんは、小学生時代には野球をやっていたのですが、進学先の中学校に野球部がなく、ゴルフに転向したという経歴の持ち主です。

高校時代にはジャンボ尾崎杯フジサンケイジュニア選手権で優勝するなどの実績を引っさげ大学卒業後の1998年にプロに転向。しかし肋骨の骨折、椎間板ヘルニアなど故障に悩まされ、なかなか結果の出ない日々に悩まされた岩本さん。

そんな岩本高志さんを支える家族との絆を描いたSMBCモビットのCMでは、岩本さんの奥様、息子さんとの共演を果たしています。

生年月日 1975年1月8日(山羊座)
出生地 東京都
身長 165cm
血液型 A型
プロ転向 1998年
趣味 読書
所属先 K’s GOLF LOUNGE
主な戦歴 2001年 ダイヤモンドカップトーナメント 17位タイ
2001年 サン・クロレラクラシック 16位タイ
2004年 フジサンケイクラシック 13位タイ
2016年 福島オープン 2位

 

岩本高志さんはSNS、公式サイトを開設されていないようです。

SMBCモビットCM出演者「中里光之介」さんのプロフィール

2018年にオンエアされたSMBCモビットのCMに起用されていたのは中里光之介さんです。

お父さんの影響で10歳からゴルフを始めた中里さんは、中学1年生のときにゴルフ部のある中学校に転向。

小さい頃からサッカー、水泳、陸上に親しんだ身体能力を活かし、2006年の全国中学生選手権関東大会で優勝、同年全国決勝大会で2位、JJGAロレックスジュニアゴルフトーナメント 全国決勝大会で優勝するなどの実績を残しました。

2011年12月にはプロに転向。アジアンツアーなどに参戦して実力を蓄え、2016年にはついに国内下部チャレンジツアーで2勝、翌年には3勝目を挙げています。

中里光之介さんは、フォルクスワーゲンのスポンサードを受けるなど、今後ますますの活躍が期待されている若手プロゴルファーのひとりです。

生年月日 1992年8月16日(獅子座)
出生地 東京都
身長 179cm
血液型 A型
プロ転向 2010年
趣味 WWE観戦
所属先 東京ベイ舞浜ホテル
主な戦歴 2016年 ISPSハンダグローバルチャレンジカップ 優勝
2016年 HEIWA・PGM Challenge II ~ Road to CHAMPIONSHIP 優勝
2017年 石川遼 everyone PROJECT Challenge 2017 優勝
2018年 日本プロ選手権 9位

 

中里光之介さんのSNSなど

中里幸之助さんはInstagram、Facebook、公式サイトで情報を発信されています。

Instagramには試合やトレーニングの様子のほか、プライベートショットもアップされていますので、中里さんの近況を知りたい方はInstagramが便利です。

SMBCモビットの現行CMはどんな内容?(2021年3月現在)

以前オンエアされていた竹中直人さんと夏菜さんのCMは「まるで映画のワンシーンのよう」と評判を呼んでいました。

ではキャストが夏菜さんから小芝風花さんにバトンタッチしたSMBCモビットの現行CMのシリーズはどのような内容のものになっているのでしょうか。

もうひとつのゴルフを扱ったCMとともに、その内容をご紹介します。

竹中直人さん・小芝風花さんのSMBCモビットCM「Butler篇」

SMBCモビットCMのButler篇では小芝風花さんがお嬢様を、竹中直人さんが執事(バトラー)を演じられています。オンエア開始日は以下の通りです。

「Butler」篇(2019年7月22日~)
「Butler」篇 第二弾(2020年2月1日~)
  電車内ビジョン広告(2020年10月9日~)
「Butler」篇 第三弾(2021年1月4日~)
  WEB CM LINE篇(2021年1月27日~)

SMBCモビットCM「Butler篇」

「またスマホがない!」と座り込めばサッとスマホを、突然降り出した雨には傘を、お腹が空いたら食事をと、タイムリーにお嬢様をサポートする執事の様子がテンポ良く描かれています。

竹中直人さん演じる執事はどうやらモビットカードを擬人化したもののよう。「幅広いニーズをいち早くキャッチして、スピーディーかつスマートに答えたい」との思いが「SPEED & SMART」のキャッチコピーに込められています。

執事の手助けとそれに対するお嬢様のリアクションの掛け合いが小気味良いCMに仕上がっています。また、CMのオチとなるたこ焼きに対する執事のノリツッコミも必見です。

SMBCモビットCM「Butler篇」 第二段


SMBCモビットCM「Butler篇」の第二弾はお嬢様が友達と出かけた旅先が舞台に。

「女子旅なんだからついてこないで」とお嬢様に釘を刺される執事。しかしバス停で、水族館で、レストランでと次々訪れるお嬢様のピンチに、やっぱり助け舟を出してしまう執事なのでした……。

困ったときに頼れる存在がいることに気づくお嬢様と、どんなときも優しく見守る執事が描かれているこのCM。こちらのラストにもちょっとしたオチが待っています。このあたり、関西弁を操れる小芝風花さんならではの演出といったところでしょうか。

なおこのButler篇 第二段には電車内ビジョン広告も制作されています。内容はテレビでオンエアされているものと同じで、音声が入っていない代わりにセリフ等が字幕になっています。

SMBCモビットCM「Butler篇」 第三段


SMBCモビットCM「Butler篇」 第三段でもお嬢様のピンチに執事が大活躍。

見つからない本を差し出したり、お嬢様本人もうっかりしていた店の予約を済ませていたりまではまだ普通(?)ですが、寿司屋での鰹の注文に自ら釣ってきて応えるというのは時空を超えてしまっているかも……?

第一弾、第二弾、第三段と回数を重ねるごとに、執事の対応がどんどん人外なものになっている気がしますがそれもご愛嬌。

お笑い風味も感じられる竹中さんと小芝さんの掛け合いと、最後には秀吉まで登場するというサービスぶりにも注目です。

SMBCモビットCM「Web CM版」


Butler篇としては上記の3つのバージョンのほか、「LINE篇」とも呼べるWEB CMも制作されています。

こちらは新しく始まったLINEとの連携を告知する内容で、同じキャストであってもお嬢様と執事の掛け合いはほとんどありません。

SMBCモビットCM「JGTO QT 挑戦者のエピソード・絆編」


SMBCモビットはジャパンゴルフツアークォリファイングトーナメント(QT)に関連したCMも制作しており、2019年11月からオンエアされた「JGTO QT 挑戦者のエピソード・絆篇」ではプロゴルファー岩本高志さんとその家族が出演されていました。

ツアートーナメントの資格獲得を目指し、QTに挑むゴルファー岩本高志さんと、それを温かく見守る家族たち。CMではプレー中の岩本さんの姿が描かれつつ、こんなナレーションがバックに流れます。

“出会いはゴルフ場の研修生とキャディ。
プロになっても結果が出ず、度重なる怪我に苦しむ姿をそばでずっと見てきた。
「家族がいなかったらとっくにゴルフはやめてたよ」とあなたは笑う。
これからも一番近くで応援したい。
でも、昔みたいにキャディを頼まれても、喧嘩になるから断るけどね。”

ラストに「あなたの夢の力に。」というキャッチコピーが流れ、CMは終わります。ゴルファーたちだけでなく、頑張るビジネスマンにもシンクロするような内容になっています。

SMBCモビット CMのキャッチコピー

CMのキャッチコピーにはその企業の姿勢や商品の特徴が詰まっています。SMBCモビットがどのような消費者金融なのかを知るうえでも役立つので、併せてご紹介していきましょう。

桃井かおりさん時代(~2011年)

「働く人の頼れるローン。」
「大人が選ぶ、大人のローン。」

初期の頃は、コミカルでありながらも大人をターゲットにした真面目なサービスをイメージさせるCMが作られていました。

現在はアルバイトを含め安定した収入がある20歳以上の方であれば、学生でも申し込めるSMBCモビットですが、これらのCMがオンエアされていた当時は、学生の申し込みは不可であることがはっきりと打ち出されていました。

夏菜さん時代(2011年~2019年)

「あなたの未来にリンクする」
「Speed is value 大人が選ぶカードローン」
「Speed is value 選ばれるカードローン」

映画のような雰囲気を持つものや、スピードを感じさせるCMが多く作られていたこの時代。「あなたの未来にリンクする」の前に「GO!」「次の、わたしへ。」「link.」といったコピーがプラスされているものもありました。

「Speed is value」というコピーはWEB完結で申し込めること、即日融資も可能なことなどをアピールしているものと考えられます。

小芝風花さん時代(2019年~)

「SPEED & SMART 速く、そしてスマートに。 選ばれるカードローン」

こちらもスピーディーに利用できることを打ち出していますが、スマホから申し込めることやカードなしにスマホアプリとセブン銀行で出入金ができることなども宣伝する内容となっています。

夏菜さん時代にもたくさんのバージョンのCMがオンエアされていたSMBCモビットですが、そのどれもがクオリティーの高いものでした。

小芝風花さんにバトンタッチしたButler篇も、面白いものがどんどん制作されることでしょう!どんなユニークなCMが作られるのか、今後もSMBCモビットから目が離せませんね!


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP